いつもの生活に

a0054240_21315168.jpg
a0054240_2132230.jpg
「アメジストセージ(ベルベットセージ、メキシカンセージ、メキシカンブッシュセージ)」
鉢植えの小さな株が、地植えするとみるみる大きくなって灌木のようになる。
6月頃、開花株を買って来て植えたが、その花はすぐに終わってしまった。
今頃が本当の花期らしい。
以前ベランダで鉢植えを育てていた時は、大きくなりすぎたので、学校に持って行って植えた。
今でもあの株は元気だろうか?
山口でも数年前に一度植えたのだけれど、萩のそばで勢いに負けてしまったのか、すぐに絶えてしまった。
ビロードのような手触りの花は気持ちがいいし、遠くから見ても鮮やかできれいな色。
我が家では、白いランタナと並んで、石垣の上から顔をのぞかせている。
冬越しが少し難しそうだけれど、がんばってみよう。

またいつも通りの暮らしが始まった。
午前中、よたろうさんと母と私の3人で庭仕事。
私は花ガラ摘みや、雑草抜き。
よたろうさんはほぼ終わった植物をどんどん抜いて、土を耕し、次のものが植えられるように整理。
(チシャの種を蒔いた。)
それから、大好きな唐辛子を収穫して、あとで佃煮にしていた。
a0054240_22285779.jpg
母は、はびこりすぎて抜かれたツルムラサキの柔らかい芽のところを切ったり、シソの実をしごいて取ったり、里芋の子を食べられるものと食べられないものに分類したり。
木陰に椅子を置いて、ゆっくり作業をする。
だいぶ秋めいてきた光の中で、3人で2時間ほど働いた。
庭がだいぶきれいになった。
夏はあまりの暑さに、押し花や絵手紙など屋内で出来ることに専念していた母も、この頃また少しずつ庭に出るようになった。
花が大好きな母なので、土を触っている時が何よりも幸せそうだ。
無理のない程度に楽しんでほしい。
私はもんぺと麦藁帽子といういつもの服装の上に、西宮のエビスタの雑貨屋さんで買った園芸用のエプロン(全部ナイロンで出来ていて、大きなポケットがついているので便利。おまけにかわいいバラの花模様。)をつけて楽しく働く。
蚊やブトもすこ~し減ってきたし、長袖が苦にならない季節になったのが何より。
でもやはり直接日差しを浴びると暑い。
首筋の手拭いも欠かせない。

昼食の後片付けと掃除が終わってから、徳山に買い物に行く。
二葉屋のパンなど、そこまで行かないと売っていないものがあるので。
帰って来たら、もう夕方だ。
今日は福川まつり。
a0054240_2313118.jpg
とても家庭的にこじんまりとやっていた。
私達が通りかかった時は、ちょうど太鼓の演奏中。
a0054240_22502411.jpg

海は太鼓の音があまり好きではないようで、しっぽが下向きになっていた。
かわいそうなのですぐ会場を後にしたが、一応おまつりなので、お約束どおり生ビールとやきとりを買って食べる私達。
a0054240_22494189.jpg
a0054240_2250091.jpg

海も一口だけもらう。(注1 ビールじゃなくてやきとりね。)
海はそれよりも、帰り道に拾った栗の方がうれしそう。
a0054240_22533525.jpg
ところで、今日の夕食は、人間も栗ごはんだった。(注2 拾ったものではなくて、コースケさんちからむいたのをもらった。)

今日の海。
太陽の高度が低くなったので、影が長くなり、洗濯物の影の中に入ってくつろいでいる。
a0054240_22425897.jpg
さすがに夜は寒くなったので、肌掛けのタオルケットを洗って干していたところに、広々とした影が出来ていた。
もちろん自分も「足長海」になっている。
a0054240_22433427.jpg

稲刈りの終わった田んぼで、稲の切り株から生えている柔らかい葉っぱをおいしくいただけるのも、この季節ならではの楽しみ。
a0054240_22451683.jpg

でも、このおなかは少し食べすぎかも・・・。
a0054240_22455837.jpg


# by hideko0611 | 2007-10-06 22:54 | 趣味の園芸 | Comments(0)

海の嗜好

a0054240_20343029.jpg
a0054240_20345635.jpg
a0054240_20352124.jpg

「彼岸花(曼殊沙華)」
2週間ぶりに帰って来ると、稲刈りの終わった田んぼの畦に、真っ赤な灯火のように、今を盛りと咲いていた。
我が家は半分くらいが白花。
有毒だし、墓地によく植えられることから「死人花」「幽霊花」などの不吉な異名も多いが、どっさり摘んで大きな花瓶に生けると、なかなか風情がある。
「葉見ず 花見ず」と言われるように、花が咲いている時は葉がなく、花が終わってから葉が出るが、それも春には枯れてしまい、春~秋は地上には何もない。
それがこの時期には、あっちでもこっちでもどっさり咲くので、こんなに隠れていたのね~と驚いてしまう。
私は彼岸花を見ると、新美南吉の「ごんぎつね」を思い出す。
「墓地にはひがん花が、赤い布(きれ)のようにさきつづけていました。」
という一文しかないのだけれど、なぜか印象深い。
きつねならぬ海と彼岸花。
a0054240_2050532.jpg


昨日のうちに部屋の掃除と、お土産を宅急便で送る作業をほとんどすませていたので、今日は朝早く家を出ることが出来た。
2、3分の差で徳山に止まるレールスターひかりに乗りそこね、重い荷物をかかえて、広島で乗り換えて帰った。
3連休前だけれど、さすがに午前中の新幹線はすいていた。
午後1時頃、家に帰り着く。
海は
「おみやげ、おみやげ!」
と飛んできて、ふんふん匂いをかいだが、何もないと分かると、さっさと日陰に戻ってくつろいでいた。
クールな出迎えであった。
こちらは猫のお母さんの門柱上での出迎え。
a0054240_2111936.jpg

夕方久しぶりに2人と1匹で散歩に出かける。
冬毛の生え始めた海は、なんだかむくむくとして、いちだんと大きくなったような感じ。
a0054240_2152190.jpg

小学校の運動場に引かれた白線(スポーツテストのソフトボール投げのライン)になぜか異常に興味を示し、その上でごろんごろんを何回も繰り返す。
a0054240_2125289.jpg
a0054240_2131283.jpg
a0054240_2133365.jpg
a0054240_2134939.jpg
しまいにはぺろぺろなめ始めるので、びっくりして急いでやめさせようとしたが、よたろうさんいわく、今は子どもの目や口に入るとよくないので、昔のように消石灰(水酸化カルシウム)ではなく炭酸カルシウム(貝殻・大理石などの主成分)か硫酸カルシウム(石膏)だから大丈夫とのこと。
そう言えば、「オオカミと7匹の子ヤギ」で、がらがら声のオオカミが、チョークを食べてお母さんヤギのきれいな声に変身(変声?)するというのを思い出した。
(チョークの原料は炭酸カルシウムか硫酸カルシウム。)
その後海の声がきれいになったかどうかは、鳴いていないのでよく分からない。
それにしても、何がそんなに海を惹きつけるのだろう?
この前も同じ反応をしていたそうだ。
不思議。
もしかして、麻薬成分でも入っている?
そんなことを考えながら、のんびり散歩をして帰って来ると、秋の日は釣瓶落とし。
すぐに日が暮れた。
a0054240_219243.jpg


# by hideko0611 | 2007-10-05 21:11 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

念願かなう

朝焼けの空。(午前6時11分)
a0054240_22292019.jpg

西宮最終日は中島みゆきコンサート。
今回は9月22日の教え子の運動会と、今日のコンサートのために帰って来たのだ。
なかなかチケットが取れないことで有名な中島みゆき。
もちろん私は初めて。
座席は14列目だけど、なんとど真ん中。
つまりみゆきさんの正面。
始まった瞬間、胸が高鳴ってしまった。
30年来のファンなもので。
20代の頃から今日まで、私の人生の傍らにいつも中島みゆきの歌があった。
大好きな「誕生」も歌ってくれて嬉しい。
「誕生」の歌詞にある「生まれてくれてWelcome」、最新アルバムのタイトルにもなっている「I love you、答えてくれ」の歌詞いある「同じ時代に生まれて嬉しい 」が、今回のテーマだそうだ。
コンサートで歌った曲は、順不同で
「本日、未熟者」
「一期一会」
「ボディ・トーク」
「背広の下のロックンロール」
「昔から雨が降ってくる」
「I love you、答えてくれ」(以上、10月3日発売の最新アルバムから)
「御機嫌如何」
「誕生」
「With」
「ファイト!」
「命の別名」
「ホームにて」
「ララバイSINGER]~「アザミ嬢のララバイ」
「地上の星」
「宙船」
「あなたでなければだめなんです」
「重き荷を負いて」
他2曲(あまりよく知らない。)
アンコール曲の2曲目でコンサートの最終曲「背広の下のロックンロール」は、全員総立ち.・・・ではないけれど、1階席は9割立ち。
もちろん私も。
会場には意外と男性の姿も多く男女比は4:6か5:5ぐらい。
「プロジェクトX」以来、団塊の世代の男性ファンが増えたらしい。
2時間半、すっかりみゆきワールドに浸った私は満足して家路についた…。

# by hideko0611 | 2007-10-04 22:47 | 音楽 | Comments(0)

塩からいお話

西宮で過ごす日もあと2日。
尼崎の杭瀬市場に美味しい塩鮭を買いに行き、半身を山口に送る。
北山塩干店という塩鮭の専門店。
この店で買うようになってから、他の鮭は食べなくなった。
身がしっかりしていて、生臭さが全くない。
以前はほかでは手に入らない元塩の (昔のから~い、塩を吹いてるような)鮭を買っていたが、減塩志向で、今はあまり辛くないものにしている。
この鮭のファンである友人の分も買って、夕方会って手渡す。
その後、9月22日に生まれたばかりの別の友人の赤ちゃんに会いに行く。
健康そうですやすやよく眠る可愛い赤ちゃんだった。

# by hideko0611 | 2007-10-03 21:56 | B級グルメ | Comments(0)

どんぐりころころ

20年来通っている甲東園の美容院に髪を切りに行く。
髪型はよく変えるが、美容院は変えない私は、こちらに帰って来た時に行くことにしている。
帰りは北口から歩いて帰ったが、いつの間にか日差しはすっかり秋の気配。
小学校の塀の外の溝に、クヌギやマテバシイ の団栗がどっさり落ちていた。
団栗を見ると、拾わずにはおれない私、まして団栗界の2大巨頭が大量にあるのでは見過ごせないところだが、さすがに場所を考えて止めておく。
夜は以前の同僚5人と北口の「和素材料理とお酒 くさび」で会食。
学校や子どもの話を懐かしく聞く。
おいしくて店の人の応対も感じがよかった。

# by hideko0611 | 2007-10-02 23:05 | 四季の移ろい | Comments(0)

大阪こてこてツアーその弐

大阪の住吉区に住む高校時代の友人に、天王寺界隈を案内してもらう。
まず四天王寺に行ったのだけれど、関西に住んでいても、お詣りするのは初めて。
a0054240_2240054.jpg

誰が建てたのか (聖徳太子です。)、御本尊は何なのか(救世観音菩薩です。)も知らなかった。
お寺なのに入り口に鳥居があったり、弘法大師の命日の21日にお詣りする人が多かったり、不思議なお寺。
布袋さんをお祀りしたお堂もあって、盛りだくさん。
これは転法輪。
くるくる回すことが出来る。
回すことで、何かご利益があるのだろうか?
a0054240_22453592.jpg

船の舵みたい。
こんなことが書いてあった。
なるほど・・・。
a0054240_22474013.jpg

そこから歩いてすぐの一心寺へ。
入り口に現代アートの仁王さんがいて、びっくりした。
a0054240_2248226.jpg
お昼にお好み焼きを食べて、嶋屋のお芋と「西村屋」の泉州水なすの漬け物(どちらもとっても美味しかった!)を買って帰る。

# by hideko0611 | 2007-10-01 18:33 | 関西観光 | Comments(1)

時の過ぎ行くままに

午前中、実家に帰る。
まちはどんどん変貌して、かつての面影はほとんどないのに、今津の駅を降り旧国道を歩き出すと、地下水が出口を見つけて噴き出すように、30年間の思い出が心の中にあふれ出す。
帰りは上甲子園のムレスナまで歩いて行き、紅茶を仕入れる。
夜はフェスティバルホールに沢田研二のコンサートを聴きに行く。
黄昏の堂島川から見たビル街。
a0054240_22563913.jpg
a0054240_22565510.jpg

満員の客席の9割は中年以上の女性。それでも1階席は最初から最後まで総立ち。私は2階の一番前だったので、座って落ち着いて聴く。
来年還暦のジュリーは、2時間殆ど休みなく歌い続けて元気一杯。
昔の歌を聴くと思い出の泉がまた溢れ出す。

# by hideko0611 | 2007-09-30 21:15 | 音楽 | Comments(1)

大阪こてこてツアーその壱

京都の新婚さんとかねてよりの約束通り、大阪ミナミを探訪。
旦那さんが急な出張で、残念ながら女二人旅。
事前にしっかり予習し、ガイドブックを手にしていたのに、私は何度も方角を90°または180°間違えて、しっかり者のYOKOちゃんに修正してもらい、事なきを得る。
アメリカ村ではもう少しでポップなTシャツを買いそうになった。
人体をデザインした街灯。
a0054240_2259677.jpg

a0054240_230433.jpg

黒い猫が街にとけこんでいた。
a0054240_2324780.jpg

法善寺横丁、
a0054240_2342627.jpg
水かけ不動、えびす橋、
a0054240_235943.jpg
道頓堀、
a0054240_2354838.jpg
a0054240_236620.jpg
a0054240_2362515.jpg
道具屋筋、黒門市場、
a0054240_2365296.jpg
通天閣、
a0054240_2371585.jpg

新世界、
a0054240_2374735.jpg
ジャンジャン横丁をオリエンテーリングのように訪ねて歩く。
お昼にワナカのたこ焼き、
a0054240_2381046.jpg
3時に行列に並んで「八重勝」の串カツ。
通天閣パン(パイ)も買った。
a0054240_23113358.jpg
そう言われると、なんとなく通天閣に見えないこともない。
これぞ正当な大阪こてこてツアーなり。

# by hideko0611 | 2007-09-29 18:12 | 関西観光 | Comments(0)

今日ものどかに

マンションの排水管清掃の日。
午後一番なので、いつものように、お風呂場、洗面所、洗濯機、台所の排水口をきれいに磨いて待つ。
ほとんど生活していないので、さすがに汚れていない。
清掃自体は、あっという間に終わる。
それから大谷美術館にボローニャ絵本原画展を見に行く。
香櫨園駅がすっかり現代的になっている。
a0054240_23153129.jpg

9月末までということで、平日の午後2時頃だというのに、かなり混んでいた。
ふんわり可愛い私好みの絵は少なかったが、やはり原画は色が鮮やかで、画材の感触が伝わってくる。
そのまま神戸に出て、ユザワヤで母に頼まれた糸通し(結局なかった。)を探したり、海文堂を覗いたり。

# by hideko0611 | 2007-09-28 21:37 | 日記 | Comments(0)

あちこちあれこれ

9月も終わろうというのに、夜になっても蒸し暑い。
夏はいつまで続くのだろう。
今日はいろいろな用事を片付けるために、甲東園、山本、庄内、梅田、福島を巡る。
山本は宝塚の植木のまち。
a0054240_2319467.jpg

一番大きな陽春園で、母の土産に珍しい苗を探す。
a0054240_23212059.jpg

フジバカマ、ダリア、カリガネソウ、2色セパレートのリンドウ、背丈の低いチューリップの球根など。
帰って植えるのが楽しみだ。
寄せ植えもしてみよう。
半年分のコンタクトや、よたろうさんに頼まれた墨液2リットル2本など、ずっしりと重い荷物を下げて帰る。
夜は友人と今津の「和肴 けい」で食事。
8月に岩国で会って以来だ。

甲東園の自然食品の店で珍しいりんごを見かけたので1個だけ買う。
a0054240_025375.jpg
林檎NO.5 「あかね」
紅玉とウスターベアメン(?)の子。
8月下旬に採れる種類らしい。
少し小さめで果肉は硬くてすっぱめ。

# by hideko0611 | 2007-09-27 22:32 | 関西観光 | Comments(0)

奈良の仏 奈良の鹿

天気がよさそうなので、奈良に仏像を見に行く。
前回の京都の時と同様、はなちゃんの「ちいさいぶつぞう おおきいぶつぞう」がガイドブック。
中宮寺の弥勒菩薩と新薬師寺の薬師如来&12神将とは初対面。
どちらも小さいお寺で、観光客も少なく、ゆっくり仏像と会話出来た。
下の写真は新薬師寺。
a0054240_23302911.jpg
a0054240_23305131.jpg

萩が花盛りだった。
a0054240_2331916.jpg

薬師如来のどんぐり眼が可愛い…。
それから私の一番好きな興福寺の阿修羅像にも、3年ぶりで会って来た。
息子のような気がする。
奈良公園でまだ鹿子模様も消えやらぬ鹿を撫でてやろうとしたら、
「せんべいはくれんのかい、ふん。」
とばかりに、阿修羅像のポスターが入っている紙袋にかみつかれてしまった。
危なかった!
この写真の鹿はその事件とは無関係のおとなしい鹿たち。
a0054240_2325539.jpg
a0054240_2326937.jpg

a0054240_23381687.jpg
新薬師寺近くの民家の前に、まつぼっくりで作ったこんなオブジェがあった。
a0054240_23274116.jpg
a0054240_2328484.jpg

この辺りは人通りも少なく、古い土塀が続いていてなかなかいい雰囲気。
a0054240_23293589.jpg

帰りは近鉄で鶴橋まで行って、キムチとチヂミを買って帰る。
a0054240_23345844.jpg
a0054240_23351523.jpg


# by hideko0611 | 2007-09-26 19:02 | 関西観光 | Comments(0)

めがねとラケット

世間は平日。
でも運動会の代休で今日までお休みの友人と神戸のシネ・リーブルで映画「めがね」を見る。
「かもめ食堂」と同じキャスト、スタッフの作品。
「たそがれる」というのがテーマらしい。
あくせくせず、無理せず、自然と時の流れの中にとけこんで生きる姿かな。
出てくる食事が、どれもおいしそうで、食べたくなる。
平日の朝一だというのに、ほぼ満席なので、びっくりする。
夕方からは別の友人と卓球をする。
深江の昔からありそうな卓球場で1時間相手をしてもらう。
a0054240_23412325.jpg

試合をしたが、2-3、0-2で敗退。くやしいが、バックやカットが全然歯が立たない。
仲秋の名月。
a0054240_23414773.jpg


# by hideko0611 | 2007-09-25 22:00 | 映画 | Comments(1)

人の力は

昨日大阪に出てみて、やっぱり連休中は人出が多いことが分かったので、今日は家でゆっくり過ごす。
8月の終わりにハイビジョンでやっていた「関口知弘の中国鉄道大紀行春編」をBSでやっていたので、見逃していた第1回を見ることが出来た。
チベットのラサからのスタート。標高5000mの所に鉄道を走らせるということに、単純に感心してしまう。
あんな酸素の薄い所で、枕木を一つずつ並べていった人達の姿に思いを馳せる
。夜はいつも帰って来る度に必ず会う友人と食事。
阪神西宮の近くにあるSANAKA。
初めて行く店だが雰囲気も良く、焼鳥がおいしかった。

# by hideko0611 | 2007-09-25 00:18 | 日記 | Comments(0)

いつもの場所へ

こちらに帰って来るたび恒例の書店巡り、今日はアバンザ堂島のジュンク堂と梅田のブックファーストを覗いてみる。
園芸の本、北村薫の新刊、最近ブームの上橋菜穂子の守り人シリーズの文庫化された分を買った。
雑誌「西宮Walker」も。
西宮も新駅が出来たりして、どんどん変わっているなぁ。
その後阪急の九州物産展へ。
あまり食指が動かず、明太子とドライ明太子(要するにからすみみたいに干したもの)を買っただけ。
a0054240_23435798.jpg
日が沈んだら、少し涼しい風が吹いてきた。
私がサンテレビを見始めてから連敗の阪神も、今日は神宮の涼しい風に吹かれて頑張ってほしいな~。

# by hideko0611 | 2007-09-23 18:27 | 日記 | Comments(0)

青空の下

以前受け持った子ども達の運動会を見に行く。
真夏のような強い日差し。見上げると、真っ青な空に白い雲。
a0054240_2346389.jpg
テントの中にいてもくらくらしそうな暑さの中、6時間近く、親の気持ちになって見ていた。
まだ小学生の幼さを残している中1、中学生活になじんで堂々としてきた中2、すっかり大人っぽくなった中3…それぞれに寄せる思いがある。
最後のプログラムの中2中3合同の組立体操は、いつみても、胸が熱くなる。
a0054240_23463299.jpg
5段の大人塔も無事に立ち上がって、大成功だった。
a0054240_23465572.jpg

世界陸上のアスリート達も小中学生も、見る人に与えてくれる感動に差はない。
でも、日に焼けてしまった。

# by hideko0611 | 2007-09-22 20:09 | 日記 | Comments(0)
line

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
line
カレンダー