<   2018年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧


ぎりぎりの正月支度

a0054240_23354559.jpg
「うちの菊21(濃いピンク)」
たぶん、この花で最後だと思う。
今年は寒菊がよく咲いてくれたので、お正月も活けることが出来る。

今朝は雪は降っていないし、積もってもいないが、やっぱり寒い。
朝の散歩に出るのは一大決心が要る。
(その前に暖かい布団から出るのにも決心がいるが…。)

今日は何があってもお大師様の前かけ作りをしてしまおうと、朝食の片づけをした後、すぐに取りかかる。
生地を切るところまでは出来ていたので、型紙に合わせてアイロンで縫いしろを折り、しつけ糸をかける。
ミシンの調子は悪くなかったが、下糸がなくなっていたのでボビンに巻こうとして一回失敗した。
時々しか使わないので、いつも同じところで失敗する。
2回目は成功したが、今度は上糸がなくなってしまった。
でも、新しい赤糸を以前から準備していkらので大丈夫。
ところが赤は赤でも微妙に色が違うので、さっき巻いたボビンは使えないからもう一度下糸を巻く。
さぁ、いよいよ縫い始め…というところでお昼になったので一旦中断し、午後はひたすらミシンかけ。
3時半頃にようやく12枚の前かけが完成した。
a0054240_23505931.jpg
「僕らは奇跡でできてい「僕らは奇跡でできている」が4話見られた。

夜は毛糸の帽子を6つ編む。
ぎりぎりになってしまったが、明日の朝着せてさしあげよう。

そのほかに、夕方の散歩から帰ってから、昨日よたろうさんと一緒に作ったお飾りや小さな鏡餅を神殿や神棚に飾る。
もちろんその前には、それらの場所をきれいにした。

神様関係、お大師様関係で気になっていたお正月支度が何とか間に合いそうでホッとする。

a0054240_23563239.jpg
快の石垣からの偵察ポーズはいくつかあるが、これが一番人間っぽくて可愛い。
そうそう、不思議なことがある。
この写真の左下に写っている蹲の水は昨日も今朝も凍っていた。
でもそれは上の水(右)だけで、下の水(左)は凍っていない。
a0054240_00084846.jpg
こんな感じ。
どうしてだろう?
上の方は冷たい風が吹き抜け、下の方は石垣で風がさえぎられるからだろうか?


by hideko0611 | 2018-12-30 23:57 | 日記 | Comments(0)

この冬初めての積雪

a0054240_23200449.jpg
「カランコエ(種類不明)」

やはり朝になっても昨夜の雪は融けずに残っていた。
a0054240_23482782.jpg
昨夜、あの後降った様子はないから、本当に短時間にさっと降ってすぐに積もったのだろう。
でも、道の雪がすっかりなくなっていたので、普通に散歩に行く。
ただし行く前に、いつも雪融けが遅い場所まで私だけ歩いて行って、雪がないことを確かめておいた。
a0054240_23350992.jpg
雪中行軍を楽しむ快。
a0054240_23380749.jpg
気温はさすがに低くて2℃だった。

今年もあと三日となってしまったので、あれこれ年末仕事をする。
まず、よたろうさんのお飾り作りの手伝い。
裏白と普通のシダの区別がやっとつくようになった。
ユズリハの木がどれかというのも分かった。
縄も少しはなえるようになった。
でもおかげで指先ががさがさになってしまったよ~。
そのほか、トイレ掃除、マット類の洗濯、榊の交換、お墓参りなど。

今日も日中たびたび雪が舞う(でも積もらない)。
夕方の散歩に出ようという時にも降ってきたが、空がそれほど暗くなっていなかったのでそのまま家を出る。
空が朝ドラのタイトルみたいに「半分、青い」。
a0054240_23414943.jpg
「ゆきがなくなってつまんない…。」
a0054240_23453140.jpg



by hideko0611 | 2018-12-29 23:50 | 山口の自然 | Comments(0)

寒気と雪の到来

a0054240_21361556.jpg
「マサキの実」

NHKの天気予報では昨日の夜から降り始め、今日は一日雪の予報。
Yahoo!の天気アプリでは、雪は降らず終日曇りの予報。
こういうずれが時々あるのはなぜだろう?
そして結果は…
朝の散歩の途中から2時過ぎまで雪がずっと舞い続けたが、積もることはなかった。
a0054240_22071840.jpg
快の毛にのっかった雪は拡大すると、ちゃんと六角形の結晶の形をしていた。
a0054240_22091327.jpg



a0054240_21503993.jpg

もちろん気温もぐんと低くなってきた。

どうしても徳山(文化会館)へ行かなくてはいけない用事があったので、12時半頃から雪の中をバイクで出かける。
ひと月ほど前にヘルメットを新調したので、風防をおろすと全く気にならないが、手がかじかむほど冷たくなったのは今年初めてだ。
用事をすませた後、久しぶりに二葉屋でパンを買い、井筒屋にも寄って帰った。
夕方の散歩のときは雪もやみ、青空が広がり、
a0054240_21545292.jpg



a0054240_21570321.jpg
空気が入れ替わったのかと思うぐらい寒くなくて、これで寒気の底は過ぎたと思ったのに、夕食の支度をしていてふと外を見ると地面や木の葉が白くなっている!(6時半頃)
a0054240_22011504.jpg
あらまぁ…と思いながら、早めに快を玄関に入れてやった。
その雪はすぐにやんだので、夜の間に積もることはないだろうが、明日の朝、路面が凍る可能性はあるので気をつけよう。


by hideko0611 | 2018-12-28 22:02 | お天気情報 | Comments(0)

寒くなった!

a0054240_21083838.jpg
「南天」

昨日と違って朝から日差しはたっぷりあったが
a0054240_21221000.jpg
風が冷たい。
朝より午後、午後より夜…と、どんどん気温が下がっていく。
明日はこのあたりも雪の予報が出ている。
気温は日中でも3℃を超えないとか。

今年最後のピアノのレッスン。
「忘れなぐさ」の指使いの難しいところを、左手、右手に分けて少しずつ指導していただく。
練習を続けていればそのうちにきっと出来るようになると励ましてもいただいた。
がんばろ~。
箸休めではないが、指休めにと「トロイメライ」(簡単な分)をやろうと思ってコピーしたら、以前にやっていたことが判明。
(練習済の楽譜コーナーに入っていた。)
本当にすぐ記憶が消え失せるんだから。
ピアノに行く前に、年賀状を郵便局に出してきた。
私のとよたろうさんのと両方。
なんとか今年も元日に届きそうだ。

午後は庭仕事。
日なたは全然寒くないので仕事がはかどる。
プランターの菊をほとんど切り戻し、裏に持って行く。
表にはこれから咲くチューリップ、クロッカス、スノードロップなどを植えたプランターを持って来た。
草抜きも少しやった。
その後、お大師様の前かけを作り始める。
今日は生地を12枚カットしたところで時間切れ。
明日しつけをかけてミシンで縫おう。

a0054240_21202572.jpg
「あしたはゆきがふるってホント?」
雪の大好きな快である。


by hideko0611 | 2018-12-27 21:23 | お天気情報 | Comments(0)

寒くなる?

a0054240_21030914.jpg
「ガーデンシクラメン」

曇っている朝は、いつまでたっても暗いので、散歩に出るのが遅くなってしまう。
おまけに今朝は雨も降りそうだったので、快を引き立てて超特急で帰って来た。

午前中、ガスコンロ周辺の掃除と冷蔵庫の野菜室の片づけをする。
どちらもずっと気になっていたところだ。

手話サークルの三役で相談しないといけないことが発生したので、午後1時に総合福祉センターに集合した。
といっても、別に問題が起きたわけではなく、センターバスの購入に関するアンケートの内容を相談するだけのこと。
1時間ぐらいで相談は終わり、アンケート用紙に記入して散会する。
帰る頃にはまたあたりが暗くなっていたので心配したが、雨は大丈夫だった。

a0054240_21121814.jpg
「まださんぽにいきたくありませ~ん。」
のポーズの快。
(しばらくしてから、リードにつないでもらうためにやって来た。)

まだそれほど寒くはない。
寒波の襲来は明日からかな?

昨日、庭仕事をしていたら、沈丁花のつぼみが早や色づいていることが分かった。
なんと、畑の梅の木には数輪花が咲いている!
a0054240_21200470.jpg
季節はずれの暑さや寒さが次々やって来ると、植物もどうしていいか分からなくなるのだろう。




by hideko0611 | 2018-12-26 21:21 | 手話 | Comments(0)

今年最後の晴れた一日

a0054240_20394684.jpg

「アイスミント(ミントの葉に霜がおりていた)」

放射冷却現象で冷え込んだ朝は、霜がびっしりおりていた。
a0054240_20423057.jpg
それでもそんなに寒くはない。
太陽は偉大だ。
冬至を過ぎたので、「一陽来復」と心の中で唱えながら歩く。

今日も月と太陽に挨拶をしながら朝の散歩。
a0054240_20590369.jpg


a0054240_20474290.jpg

日中は暖かかったので、今日も外仕事に励む。
午前中は、畑の横の菊だけを植えているコーナーの菊を切り戻し、ついでにヨルガオと支柱も片づける。
午後は庭の草抜きと、種蒔きに使った鉢と土の始末をする。
日差しがたっぷりで気持ちがいい。
こんな天気は年内では今日が最後のようだ。
由布岳もはっきりくっきり見えていた。
a0054240_20503106.jpg
石垣の上からそれを眺めている快。
a0054240_20530588.jpg
そうそう、暖かかったので忘れてしまいそうだが、今日はクリスマス。
a0054240_21095889.jpg


by hideko0611 | 2018-12-25 20:54 | 趣味の園芸 | Comments(0)

じゃがいも豊作

a0054240_20240401.jpg
「サザンカ」

久しぶりの晴れ。
朝は太陽も顔を出したが、
a0054240_20352330.jpg
満月を少し過ぎた月もまだ残っていた。
a0054240_20370746.jpg

まだそれほど寒くもないので、この機会に…と、ジャガイモを掘り上げる。
今年は秋植えの出島だけでは足りなかったので、あとから春に収穫したメークィーンと男爵の残りも植えた。
最初に植えた分で、もう茎や葉が枯れてきたものだけを掘る。
大きいのがけっこうたくさん採れた。
まだ四分の一ほど残しているが、200個近い。
a0054240_20332723.jpg
明日も今年最後の晴れた日になりそうなので、菊の切り戻しをしてしまおう。

年賀状の添え書きを始める。
今日は外仕事をしていたので、20枚だけ。

クリスマスイブなので、いつもの「モンパリ」でショートケーキを買ってきた。
a0054240_20413098.jpg




a0054240_20391051.jpg
「ボクのぶんはないんだよね~。」
ローストチキンの身の部分だけを少しもらった快である。


by hideko0611 | 2018-12-24 20:42 | 趣味の園芸 | Comments(0)

冬の雨の日々 四日目

a0054240_20460914.jpg
「(名残の)ハゼ」

雨続きの四日間が今日でようやく終わった。
結局四日とも、一日中降り続くということはなかったものの、日が差しているかと思えばすぐに雲におおわれ、いつ雨が降るか分からないという梅雨どきのような毎日だった。
今日は朝日には出会えたものの、
a0054240_20495594.jpg
だんだん曇ってきて、買い物帰りにまた降られてしまった。
またまたお気に入りのダウンジャケットが濡れてしまったの~。

やっと年賀状が完成した。
裏面の絵の色塗りを終えて、スキャナで取り込み、印刷する。
思っていた通りのイメージに出来たので、満足している。
山口に帰って来たのがねずみ年の直前だった。
それから干支が一巡りするだけの時間が過ぎ、その年の干支の動物が出てくる絵本や童話の絵と、快のイラストを組み合わせたシリーズも完結した。
去年は宛名は手書きにしたけれど、今年は時間がないので元通り印刷にした。
明日から添え書きをして、なんとか間に合いそうだ。
年賀状つくりの作業をしている間に、また雨が降りそうな空模様になってきた。
a0054240_21164093.jpg
雨雲レーダーで確認すると、なんとかもちそうだったので、そのままいつも通りの時刻に夕方の散歩に行く。
途中と帰ってから間もなく小雨が降ったが、たいしたことはなかった。
この雨の上がった後は寒くなるということなので、ストーブの灯油を補給しておく。

a0054240_21183985.jpg
「ボクはさむいのはへっちゃらです!」


by hideko0611 | 2018-12-23 21:19 | 日記 | Comments(0)

冬の雨の日々 三日目

a0054240_21203445.jpg
「(名残の)モミジ」

朝、いつもどおり7時過ぎに散歩に出ようとしたら、外は一面濃い霧に包まれている。
a0054240_21225872.jpg

a0054240_21301809.jpg


a0054240_21344807.jpg
雨は降っていないので行けないことはないのだが、なんだか外に出る気がせず、結局1時間遅らせて散歩に行く。
昨日とは逆で、その後お昼に近づくにつれて、日が明るく差してきた。
昨日以上に暖かい一日で、バイクに乗るのに手袋なしでも大丈夫だった。
部屋の暖房も必要なし。
暖かいうちに…と、午前中、気にかかっていた用事をいくつか片づける。
宅急便を出し、銀行、図書館に行き、お歳暮を送り、手話サークルのMさん宅に寄って返金をお渡しする。
まだ2、3気がかりは残っているのだけれど、今日のところはここまで。

午後はよたろうさんのイノシシの絵と篆刻をスキャナに取り込み、年賀状の裏面を印刷する。
プリンターやスキャナの調子が悪いと大変なのだが、今日は両方ともいい子でスムーズにいった。
私の年賀状は原本の色塗りの途中。

冬至のカボチャは、今年はポタージュにした。
1個だけ残していた、うちの畑の「くりまさる」。
少し傷んでいるところがあったので、あら~と思ったが、そこだけ避けたら大丈夫で、甘くておいしいポタージュが出来た。

この冬初めてのヤマガラ。
a0054240_21425868.jpg


a0054240_21501599.jpg
「あめもあといちにちでおわりだねっ。」
ところがそうでもなくて、来週の後半はまた雨、そして雪も降ることになっている。


by hideko0611 | 2018-12-22 21:51 | Comments(0)

冬の雨の日々 二日目

a0054240_21293204.jpg
「ロウバイ」

朝も夕方も普通に散歩に行けたが、その合間と夜に雨が降る。
朝は雲一つなくよく晴れて、雨の気配もなかったのに、
a0054240_21381732.jpg
昼前からきっちり降り始めた。
昼まではなんとかもってくれるだろうと思って、雨具を着ずに読書会に出かけたので、お気に入りのダウンジャケットとムートンブーツが少し濡れてしまった。
ちっ!
気温は高め。
この雨続きが終わったら、寒波の到来らしい。

読書会の課題本は「路上のX」(桐野夏生著)。
救いのないラストにやりきれない思いを抱いた人が多かった。
私が感想文を書く当番なんだけれど、書きにくいなぁ。
でもなんとか頑張って書いてみよう。

午後は来客があり、その後で、出来上がった干支キルトの一枚を西宮の実家に送るので、それに添える手紙を書く。
明日の宅急便で出す予定。

頭のてっぺんやおなかに草の実をつけている快。
a0054240_21345218.jpg


a0054240_21400549.jpg
小さな疑問。
どうして「でん」が漢字じゃないのか、ちょっと気になる。
子ども向けだから?
それなら全部ひらがなでもよかったような気がする。


by hideko0611 | 2018-12-21 21:41 | Comments(0)
line

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
line
カレンダー