<   2018年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

柴犬狂騒曲

a0054240_21243347.jpg
「イヌタデ」

夜中の2時半頃から、雨(ずっと激しく降っていた)とともに雷が鳴り始めた。
予想通り、いつものようにパニックになる快。
起きて玄関に行き、ずっとなだめたりなでたりしてやる。
子犬の頃に歌ってやった子守歌まで歌ったが、断続的に鳴る雷のために快はなかなか落ちつけず、結局朝までそこにいた。
その間よたろうさんのスマホに10月のスケジュールを登録していたら、大阪から逃走していた容疑者が、なんとすぐ近くの道の駅、ソレーネ周南で逮捕されたというニュースが入り、びっくりした。
その後、庄野潤三さんの「鍛冶屋の馬」を読んで過ごす。
日常を丁寧に描いている庄野さんの本を読むと、どんな時でも心が落ち着く。
6時半からいつものようにラジオ体操。
その頃にはすっかり快も落ち着いていた。
雨は降り続いていたので、散歩は無理だから私も安心して朝寝をする。
目が覚めたのは8時半過ぎ。
あれっ、雨がやんでいる!
急いで雨雲レーダーを確かめると、しばらく雨雲の空白時間があることが分かった。
雨具でしっかり身をかためて散歩に行く。
家に着く直前に降られたが、なんとかトイレも済ませてほっと一安心。
もう少し早く目覚めていたら濡れずにすんだのに、惜しかった。

その後雨はずっと降り続いたが、風はほとんどなく、予報通り5時前には雨も上がったので、夕方の散歩にも行けた。
雨雲はすっかり通り過ぎていたので降られる心配はなかったが、風がとても強かった。
台風が最も近くを通り過ぎた時間帯だから当然とはいえ、それまでがあまり吹かなかったのでびっくりした。
雨のときには大活躍のトレッキング用ナイロンキャップが、あっという間に風に吹き飛ばされる。
もう少しで川に落ちるところだった。
a0054240_21374897.jpg
あちこちの水がだいぶ増水していた。
a0054240_21404170.jpg
夕方の散歩が終わって帰り着いた頃の不思議な空。
なんと東の空にも夕焼けのような赤い色が見える。
a0054240_21423307.jpg
こんな景色は初めて見た。
こちらが西の空。
a0054240_21442806.jpg
パノラマ撮影してみたが、この時はもう東の空がだいぶ暗くなっていたので空全体が夕焼け…という感じには撮れなかった。
a0054240_21452266.jpg

午後は睡眠不足を取り戻すために、昼寝&読書(今日は昼寝中心)をいつもより延長したので、今日は長かったのか短かったのか、よく分からない一日だった。
でも結局昨日も今日も朝夕2回とも散歩に行けたわけだ。
よかった、よかった。
散歩から帰った後、まだ力が余っているのか庭中を駆け巡っている快(しっかりピンボケ)。
a0054240_21473531.jpg

a0054240_21492469.jpg
「ふぅ~。」

by hideko0611 | 2018-09-30 21:51 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

雨の中の一人と一匹

a0054240_21091401.jpg
「水引(白)」
赤もある。
a0054240_21182960.jpg
花が小さいので撮影が難しい。

今日と明日は雨のやみ間がないというのに、昨日の夕方は快がトイレをしてくれず、どうしようかと心配でたまらなかった。
今朝いつものように4時過ぎに目が覚めると、窓の外で雨音が聞こえない。
急いでスマホの雨雲レーダーを操作すると、なんと雨雲が切れているではないか。
それも7時過ぎまで。
急いでまだ暗い中を6時から散歩に行く。
残念ながら途中でしっかり降り始め、だいぶ濡れたが、チヨコさんちのガレージで雨宿りをさせてもらっているうちに小やみになったので、なんとか帰って来る(トイレ済)。
日中はずっと降っていたので、夕方の散歩は無理だろうと思っていたら、なんとこれまたしばらく雨雲が切れている時間帯があり、5時半から行ってきた。
今度はそれほど降られなかったが、小雨が降る中で日が暮れていくととっても心細くなる。
暗いことは承知で、ショートカットの山道を帰り、1時間かからずに家に着いた(トイレせず)。
明日の午前中が雨(風?)が一番激しいようだが、午後にはそれも通り過ぎていくようだ。
もう少しの辛抱…。

午前中は手話サークルのパソコン仕事。
本日の役員会のレジュメと行事のちらし作りをした。

お彼岸は過ぎたけれど、我が家では盆正月、ひな祭り、彼岸には定番のちらし寿司を作った。
a0054240_21211944.jpg


a0054240_21222915.jpg
「これはきのうの、しあわせだったボクだよ。」

by hideko0611 | 2018-09-29 21:23 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

温室に手をつける

a0054240_22111916.jpg
「ノウゼンカズラ」
この色は珍しい。

台風(主として雨)に備えて、午前中は買い出しに、午後は外仕事に励む。
背の高い鉢だけ、陰に持って行ったり温室に入れたりした。
これをいい機会に、ずっとごちゃごちゃのままだった温室の片づけに手をつける。
中は暑いので、なかなかきれいにする気力が出なかったのだ。
まだ7割程度しかきれいになっていないが、それでもだいぶすっきりした。
ついでに、採っておいた種いろいろを蒔く。
マトリカリア、忘れな草、矢車草、ルピナス、サポネリア。
昨日買ってきた美女なでしこも。
スノードロップとクロッカスはプランターに植えた。
その後、花が終わりかけている背の高いもの(団子菊、紫苑)をばっさり切る。
鉢を下におろすついでに草も抜いた。
久しぶりの庭仕事3時間。

台風が接近していることが嘘のような、からりとした秋晴れの一日だった。
少し欠けてきた朝の月を見ながら散歩する。
a0054240_22231390.jpg
朝の気温はこの秋初めて20℃を下回り17.6℃。
空も
a0054240_22293878.jpg
海も
a0054240_22315362.jpg
すっきり美しい。
私は気持ちよく歩き、快は気持ちよく座る。
a0054240_22275493.jpg
こんな散歩は二日間お預けだよ、快。
さすがに夕方は少し曇って来た。

明日、明後日、雨のやみ間はないようなので、小降りのときを見計らってなんとか散歩に行かなくては。
足長おばさんと足長犬~。
a0054240_22253441.jpg

by hideko0611 | 2018-09-28 22:33 | 趣味の園芸 | Comments(0)

雨の前に走り回る

a0054240_21205224.jpg
「ヤナギタデ」

今日と明日(日中)はよく晴れるらしい。
a0054240_21350792.jpg

ピアノ(ソナチネが1曲上がった)のレッスンの後、すぐに買い出しツアーに出発。
後で数えたら12軒の店に寄っていた!
一番の目的は米沢園芸で春菊(中葉)と水菜の苗を買うこと。
どちらもあったのでよかった。
春菊はこの辺りは大葉(葉が大きくて切れ込みがない種類)のものがよく栽培されているが、私は昔から慣れ親しんでいる葉が細くて切れ込みのある中葉がお気に入り。
去年は両方作ったが、やっぱり中葉ばかり収穫していた。
そのほか、よたろうさんの好きな美女なでしこの種、クロッカスとスノードロップの球根を買う。
クロッカスとスノードロップは、どちらも一度花壇に植えたのだけれど、発芽もしないで消滅してしまった。
今年はプランターに植えてみよう。
どちらも春を告げてくれる花だ。

お昼は一人で「松の樹」でランチ。
担々麵とカニレタスチャーハンのハーフを食べる。
ちょっとだけ迷うが、いつも必ずこのチョイス。
麻婆豆腐も食べてみたいので、今度よたろうさんと行った時にシェアしてみよう。

日中は日差しが強くて、半袖で過ごせるぐらいだった。
東京は11月中旬ぐらいの気温ということだ。
快も木陰で過ごしていた。
a0054240_21310066.jpg
それでも確実に季節は進んでいる。
夏のものを少しずつ片づけている。
麦茶の最後の1パックを使ったので、煮出し用のやかんをきれいに洗って片づけよう。
素麺つゆは昨日の天つゆに流用してきれいになくなった。
素麺はあと一束あるが、これは茄子と一緒に煮て食べよう。
あまり使わなかったかき氷器もしまわなくては…。

by hideko0611 | 2018-09-27 21:37 | お買い物 | Comments(0)

夏野菜の始末

a0054240_21330648.jpg
「ナンバンギセル」
「思い草」の別名も。

台風がまたややこしい進路をとろうとしているが、今日のところは晴れ。
夜から朝にかけて北風が強く、昨日外のテーブルに置いておいたススキ&秋の花の花瓶が倒れていた。
幸い下に落ちることはなかったので、割れなくてよかった。
道にも枯れ枝が少し落ちていた。
a0054240_21363133.jpg

午前中、二人で畑仕事。
私は大根を間引いて、草もついでに抜いておく。
抜いた間引き菜は夕食の煮浸しになった。
a0054240_21382061.jpg
よたろうさんはホウレンソウの種を蒔いた後、苺の畝を作り、そこへマルチを敷く。
私はマルチを畝の端から端まで転がす手伝いをした。

裏に置いてあるプランターの球根が発芽し始めたので、日の当たる表に運んでおく。
そのままにしておくと、葉っぱばかりが徒長してしまうので。
フリージア(赤・ピンク・黄色)、バビアナ(えんじ・紫)、シラー・バルヴィアナ、ムスカリ。

午後は庭仕事をしようかと思ったが、晴れているわりには空が暗くてあまりやる気になれず、昼寝&読書という夏に覚えた快適な過ごし方をする。
読書は「早春」(庄野潤三著)。
震災前の神戸の情景がいろいろ出てきて楽しい。

夏野菜もそろそろおしまいで、今日は名残の天麩羅(ゴーヤ、オクラ、カボチャ)をする。
a0054240_21423414.jpg
トマトは実はついているものの、全然色づかない。
そろそろ引き上げ時だろう。
明日春菊と水菜の苗を買って来よう。

a0054240_21465057.jpg
「あるくとやっぱりまだあつくて、はぁはぁしちゃうの~。」

by hideko0611 | 2018-09-26 21:47 | B級グルメ | Comments(0)

まん丸なお話

a0054240_22014013.jpg
「サルビア・アズレア」

よたろうさんの帽子をきれいにしたら、衣替えも一気にやってしまおうという気になって、今日敢行する。
まだ暑い日もあるだろうから、半袖も少し洋服ダンスには残しておく。
でも、これでいつ寒くなっても大丈夫。

銀杏の実がどんどん落ちてきている。
a0054240_21431414.jpg
近くの小学校のブランコの横にイチョウの木があるので、ブランコの下は銀杏でいっぱい。
子ども達は乗りにくいだろうなぁ。
見上げると、まだまだ枝にはたくさんついている。
a0054240_21455090.jpg

今日は満月がちゃんと見られた。
a0054240_21473039.jpg
夕方の散歩の後、近くを歩いてススキの穂を探してくる。
ちょっと季節的には早いので、なかなか見つからない。
なんとか数本見つけて、家に生えている吾亦紅、紫苑、千日紅、ご近所からいただいたコスモスと合わせて花瓶に活ける。
a0054240_21491529.jpg
月の出は7時半頃。
太陽と一緒で、嶽山から出るので少し遅いのだ。
お団子ではなく、松露饅頭を食べてお茶を飲みながら、
a0054240_21533826.jpg
しばしの月見。
a0054240_21510112.jpg

a0054240_21571981.jpg
「ボクもつきをみましたっ。
でも、おだんごもおまんじゅうももらえませんでしたっ。」

by hideko0611 | 2018-09-25 21:58 | 山口の自然 | Comments(0)

栗と帽子と

a0054240_19572576.jpg
「マメアサガオ」
帰化植物で、あまりにふえすぎるので被害危惧植物に指定している地域もあるそうだ。
赤い花のマルバルコウソウの方がよく見かけるが…。

夕方少し降るだけかと思っていたのに、午後から降り出した雨はそれほどひどくはならないながらもずっと降り続き、夕方の散歩は行けなかった。
7時頃、一旦上がったが、今(8時半)また雨音が大きくなってきた。
もちろん中秋の名月は見られなかった。
満月は明日なので、多分見られるだろう。

今日は栗仕事に励む。
おととい、ロハス島地温泉で買った栗(1Kg入りで600円)が、粒が大きく、虫食い一つないので、栗きんとん(栗100%)を作ってみる。
初めての経験。
ゆでて中身をスプーンでくり抜き、ざっとつぶして砂糖を混ぜて少し加熱し、ラップに包んで茶巾にしぼるだけ。
40gずつ計って12個出来た。
a0054240_20202339.jpg
神戸元町の中華街にある「老祥記」の豚まんみたいだ。
粒がだいぶ荒いし、水分が少ないので、次に作るときはつぶし方や混ぜるものを工夫してみよう。
でも素朴な味わいでおいしかった。
栗100%の栗きんとんは買えばめちゃくちゃ高いのだ。
夕食は残しておいた栗12個を入れて、栗ご飯を炊く。
a0054240_20251686.jpg
こちらもおいしい。
見た目だけじゃなくて、柔らかくて甘いおいしい栗だった。

今日はもう一つ、帽子仕事もする。
昨日よたろうさんが新しい秋冬用の帽子を買ったので、春夏用の帽子を洗った。
ついでに去年までかぶっていた秋冬用の帽子も洗う。
一応全部手洗い可の表示があることを確かめて、外出用のよいものは、台所用洗剤とおしゃれ着用洗剤を組み合わせて、ブラシも使って丁寧に洗う。
畑仕事用の運動帽は洗濯機でじゃぶじゃぶと。
軽く脱水した後、頭にかぶって形を整えて干す。
全部で12個もあった。
頭は一つなのにね。

a0054240_20474166.jpg
「これはきのうのボクだよ。」
a0054240_20492509.jpg
「こっちはほうふのえきにいるボクのなかまだよ。
おんなじポーズだね。」
普通に立ってるだけなんだけど。
全体像はこちら。
a0054240_20514838.jpg


by hideko0611 | 2018-09-24 20:52 | B級グルメ | Comments(0)

ただびっくり!

a0054240_20261581.jpg
「コスモス」

思ったほど晴れずに、ほぼ一日曇り。
よたろうさんと山口の美術館へ「驚異の超絶技巧」展を見に行って来た。
a0054240_20315961.jpg
防府から美術館前を通るバスが出ているので、それに乗って行く。

三連休ということで、かなりの人出。
想像していた以上の超・超・超絶技巧の作品ばかりで、圧倒される。
1本の木から細かいものを彫り出したり、どうみても本物にしか見えないものを作ったり、肉眼ではよく見えないぐらいの小さな絵を描いたり、針先のような焼き物を作ったり、とても人間業とは思えないものばかり。
2時間近くかけて全部の作品を見たら、どっと疲れた。
この2作品は撮影可のもの。
a0054240_20343280.jpg

a0054240_20405102.jpg
美術館前、パークロードのベンチ近くには、どんぐりがたくさん落ちていた。
a0054240_20424852.jpg
大きなこの木は松の仲間だろう。
a0054240_20460387.jpg
ちょっと変わった松ぼっくりだ。
a0054240_20473561.jpg
自然の造形も超絶技巧。

山口に来たらたいてい寄る、商店街近くのレストランスズキでハンバーグランチを食べて、井筒屋を少しのぞいてから帰る。
新山口で降りて、去年手話関係の行事の後で行った帽子屋さん「桑田製帽所」まで歩き、よたろうさんと私それぞれ気に入った帽子を買った。
最初に行った時も思ったが、押しつけがましくなくて感じのいいご主人なので、つい買いたくなる。
(値引きもずいぶんしてもらえた。)
防府の醤油屋の桑田さんと親戚だということが今日分かった。
確かに名前が同じだ。
朝早くから行った(8時13分の電車)ので、4時には帰って来ることが出来た。

a0054240_20501266.jpg
「ボクってかわいいでしょ。」
とでも言いたげな快。

by hideko0611 | 2018-09-23 21:08 | 山口観光 | Comments(0)

運動会日和

a0054240_20303234.jpg
「(雨に濡れた)白萩」

二日間の断続的な雨に悩まされた後の今朝は、北風が強かったが、爽やかに晴れて気持ちがいい。
近くの小学校の運動会開催の花火が6時半に上がり、快はいつものように怖くてぷるぷる震え、よたろうさんになでてもらって落ち着きを取り戻す。
7時前の運動場にはすでに場所取りのシートやテントがいっぱい。
a0054240_20455699.jpg
白線引きをしている先生。
a0054240_20500968.jpg
昨日が雨だったので、昨日の夕方と今朝はかなり忙しかったはずだ。
ご苦労様です。

快のしっぽもふっくらと元に戻り…。
a0054240_20521761.jpg
(花火が鳴っているときはしゅん…と垂れていたんだって。)
明日の出雲大社のみたままつりに、一足先にお詣りさせてもらう。
バイクで約25分。
18Kmほどの距離になる。
黄金色の田んぼと真っ赤な彼岸花の対比を楽しみにして走っていたが、彼岸花は半分ぐらい花が終わりかけていて(今年は開花が少し早かった)、稲刈りも終わっているところが半分ほどあり、あまりいい風景写真は撮れなかった。
a0054240_20421572.jpg


a0054240_20363839.jpg

a0054240_20382107.jpg

a0054240_20401337.jpg
アオサギ1羽発見。
a0054240_20585911.jpg
ロハス島地温泉や「あおがえる」で、トマトや栗などを見繕い、帰りはソレーネ周南で鱧などを見繕い、バイクのかごを山盛りにして帰って来た。

お昼を食べてすぐに手話サークルへ。
9月に入ってからずっと土曜が雨続きだったので、往き帰りや夕方の散歩のときの雨の心配をしないでサークルに行けるのは久しぶりだ。

散歩に出たのが遅かったので、稀勢の里の10勝目の報は、散歩途中に近くの家から聞こえてきたテレビの音で知る。
本当にほっとした。
栃ノ心の勝ち越し、カド番脱出もうれしい。
せっかく横綱や大関になって(それも長い間の苦労の後で)わずか2、3場所で、その座を降りなければいけないなんてあまりにも気の毒だと思っていた。

a0054240_20541650.jpg
「ボクもぬれいぬだっしゅつ~。」

by hideko0611 | 2018-09-22 20:55 | 日記 | Comments(0)

雨を乗り切る

a0054240_19023509.jpg
「ヤイトバナ」
これだけ集まると壮観だ。

ただいま夜の7時。
外の雨音が激しくなった。
今日はもうたいした降りにはならないと安心していたが、そうでもなかった。
朝は8時頃から雨雲がやってきそうだったので、少し早めに6時から散歩。
実際はそれより遅く、読書会をしている最中(11時ぐらい?)から降り始める。
ほとんどやんだ3時頃に夕方の散歩を決行。
なんとか濡れずに帰って来られた。
その後夕方からまた降り出す。
雨続きのこの二日、なんとか快の散歩をうまく乗り切れた。
夜中の散歩に行かずにすんでよかった。
濡れて少ししょぼくれた快のしっぽ。
a0054240_19163365.jpg

読書会は「櫻守」(水上勉著)
私と同様、暗いイメージで水上作品を避けていた人が多かったが、味わいのあるいい小説だった。
何より桜の品種や生態に詳しくなったとの声が多数あり。
来年の春の花見が今から楽しみだ。

銀杏の実がだいぶ色づいてきた。
a0054240_19144511.jpg
その気になればいくらでも拾えるのだが、手間を考えるとなかなかその気にはなれない。

a0054240_19112843.jpg
「あめのときは、ゆうがたすぐにげんかんにはいるんだよ、ボク。」
この後すぐにご飯を食べに入って来てくれた。
二日間明け方から天気を気にして早起きしていたので、私は眠い。
今夜は早寝をしよう。

by hideko0611 | 2018-09-21 19:17 | 柴犬との暮らし | Comments(0)