a0054240_20254428.jpg
「クサギ」

お盆にかかるので、第3週から第5週に延びた読書会の日。
「逃亡」(帚木蓬生著)はあまりの分量の多さと、冒頭の拷問シーンの残虐さにギブアップした人が多かった。
覚悟を決めて読みだしたら、思いのほか面白く、考えさせられることも多い、いい小説だったが…。
会の冒頭で、以前読書会のメンバーだったが、高齢とご病気のために退会されたKさんの訃報を聞く。
お別れの日はそう遠くないと思ってはいたが、やはり悲しい知らせだった。
読書量が豊富で舌鋒も鋭く、でも心はとてもお優しい素敵な方だった。
ご冥福をお祈りいたします。

ランチに久しぶりに参加する(一福)。
お店を出たら、さっきまで真夏のような青空だったのに、通り雨があったらしくて、バイクがひどく濡れていてびっくりした。
朝から真夏のような入道雲がそびえ立っていたので、その予感はあったのだけれど…。
a0054240_20374569.jpg
その後イズミで買い物をしていたら、もうすぐ家というところでまた空が曇って来たので、慌てて帰る。
幸い今日も濡れなかった。
夕方も雨が降る前に…と、久しぶりに4時半から散歩に出る。
やっぱり暑くて、快がいつも以上にちんたら歩いていた。
a0054240_20484149.jpg
7時過ぎに、夕焼けが変な色だなぁと思って外に出て写真を撮っていたら、
a0054240_20335412.jpg
次の瞬間、急にザーッと降ってきたので、その時に快を玄関に誘い込んで入れてしまう。

「まだ8月」と書いたのがついこの間のような気がするのに、暑い暑いと言いながらも8月が去っていく。
涼しくなる(本当か?)のはうれしいけれど、終わるのが一番寂しい月は8月だ。
夏休みの終わりと重なる(今はそうでもない学校もあるが)というのが一番の原因だけれど。


<8月読書記録>
「のこった」       星野 智幸
「ワシントンのうた」   庄野 潤三
「とるとだす」      畠中 恵
「卓球の鬼と呼ばれて」  平野 早矢香
「むすびつき」      畠中 恵
「インド綿の服」     庄野 潤三
「おしゃべりなランナー」 増田 明美
「最後の晩ごはん かけだし俳優とピザトースト」  椹野 道流
「モンテ・クリスト伯」Ⅰ Ⅱ Ⅲ    デュマ  
「逃亡」         帚木 蓬生
「東京近江寮食堂」    渡辺 淳子
「烏百花 蛍の章」    阿部 智里
「こなもん屋うま子 大阪グルメ総選挙」   田中 啓文
「ガンビア滞在記」    庄野 潤三
                      以上16冊

by hideko0611 | 2018-08-31 20:52 | 日記 | Comments(0)

ようやく雨

a0054240_21075296.jpg
「ダリア(えんじ)」

やっと雨が降った。
7月9日の梅雨明け以降、雨が降ったのはたったの5日ほど。
それも台風がらみだったり、降ったといってもぱらぱら程度だったり…で、夏らしい夕立などは一切なかった。
今日は雨雲が切れ切れにやってきて、いつ降るか読めない状態。
朝は8時頃から降りそうだったので、いつも通りに散歩に行く。
まだ降り出さないので、その前に…と、8時半頃からよたろうさんの整形の薬をもらいに行ってきた。
結局降り出したのは、買い物もすませて帰って来た10時過ぎ。
午後は時折雷が鳴り、降ったりやんだり…で、夕方の散歩は無理かなと思っていたが、ひとしきりザーッと降った後(これぞ夕立という感じ)、青空が見えてきたので
a0054240_21211405.jpg
5時頃から散歩に行く。
もちろん雨雲レーダーのチェックは怠りなかったが、見るたびに変化しているので、ややこしかった。
いずれにしても、散歩も外出も濡れることはなかったし、水やりはしなくてもすんだし、よかった、よかった。

a0054240_21173335.jpg
快は気がつかずにあくびなんぞしているけれど、道の向こう側に猫がいて(分かりますか?)、しっかりこちらを注目していた。
a0054240_21190979.jpg


by hideko0611 | 2018-08-30 21:22 | お天気情報 | Comments(0)

もうすぐ収穫

a0054240_21100590.jpg
「千日紅(サーモンピンク)」

手話サークルの人に渡すものがあったので、待ち合わせて、午後2時にふれあいセンターへ。
その後買い物に行ったが、久しぶりに午後外出したら、暑さがこたえる。
今日は日差しが強いため、さらに暑さが増した気がする。
読書会の課題図書を読み終え、お仲間に借りた本も全部読み終え、ほっと一息。
今回はお盆に重なるため、いつもは第三金曜の読書会が第5金曜になったのでよかった。

近くの田んぼの稲穂がだいぶ実ってきた。
a0054240_21174278.jpg
収穫のときまで、台風がやってこなければいいのだけれど。
おいしい新米の季節までもう少しだ。

a0054240_21200231.jpg
「こ、これはいったいなんですかぁ~?」
イチジクの鳥避けにびっくりしている快。

by hideko0611 | 2018-08-29 21:22 | 山口の自然 | Comments(0)

ちょっと防府へ

a0054240_20473169.jpg
「ノカンゾウ」

8月もあと残すところ4日だというのに、今日もまた猛烈な暑さだ。
午前中防府へ買い物に行く。
マツバラからSALEの葉書が来ていて、その中に来年の干支、亥のキットがあるというので見に行ってみたが、残念ながらぬいぐるみ、編みぐるみの類ばかりで、タペストリーの入荷はまだ先になるとのこと。
久しぶりに潮彩市場に行ってみようかと思ったら、以前はあったシャトルバスがなくなっていて(イオンタウン止まりになっていた)、行くのを断念する。
ハニービーに行くにも日差しが強すぎる。
イオンの食料品売り場を回ってさっと帰って来た。
またまたふじっ子さんのコラボ商品でこんなものを発見。
a0054240_20572771.jpg
最近頑張っているふじっ子さんである。

今日も午後は昼寝&読書をして体を休める。
週末の雨の後、暑さが一段落するようなので、それまでは無理はしないでおこう。

a0054240_20592628.jpg
夕方はちょっと上に行って来ただけなのに、帰って来た快のこの長い舌!

by hideko0611 | 2018-08-28 21:00 | お買い物 | Comments(0)

夏の満月

a0054240_22081137.jpg
「千日紅(ピンク)」

今朝はいつも通り5時過ぎに目が覚めたので、6時前から散歩に出る。
気温は25℃台だったのに、湿度が高いせいか、昨日より暑く感じた。
散歩が終わってからすぐに、散歩のときにショートカットする山道の草を刈りに行く。
だいぶ前に刈ったのだけれど、また夏草がぼうぼうと茂ってきたので。
今度は手を切らないように注意して作業した。
夕方試しに通ってみたが、ずいぶん歩きやすかった。
a0054240_22112449.jpg
「いまはここをとおるのは、ボクたちだけみたいだね。」

午前中は銀行、郵便局、ジュンテンドー、フジ、アルク、文房具屋さん、本屋さん、ウォンツ(ドラッグストア)を駆け巡ってきた。
暑いので2、3日に一回しか買い物に行かないから、行くときは一度に用事を済ませようとして、こういうことになる。
ジュンテンドーでプルメリアの鉢植えを見つけた。
ハワイアンキルトのモチーフによく使われるが、実物を見るのは初めてだ。
写真で見た通りの花だった(色は濃いピンク)。
ちょっと欲しい気もしたが、1980円もしたのと、冬は5℃以上の室内に置くように書いてあったのとで、やめておく。

午後は珍しく昼寝をせずに、「西郷どん」を見ながらパッチワークをする。

暑いので夜空を見る気分にはならないが、雨戸を閉めるときに見たら、山の端から満月がのぼるところだった。

a0054240_22231365.jpg
次の満月のときはお月見だ。
少しは秋風が立っているかしら?

by hideko0611 | 2018-08-27 22:24 | 日記 | Comments(0)

猛暑いつまで

a0054240_20543127.jpg
「ホウセンカ」

目が覚めたら、窓の外がすっかり明るくなっている。
時計を見たら6時10分。
いつも5時前後には起きているので、本当に久しぶりに寝過ごした。
昨夜は帰って来たのが10時過ぎだったので、寝たのが12時過ぎ。
二日続けて寝るのが遅くなったこともあるけれど、一番の原因は昨夜のコンサート中の激しい運動で疲れたからだろう。
寝過ごしたけれど、しっかり熟睡して、元気に飛び起きる。

ここ二日ほどの重苦しい蒸し暑さが少しましになった。
湿度が少し下がったのと、風があるからだと思う。
でも日中の猛暑は相変わらず。
庭仕事を少ししたかったが、洗濯などをしていたら11時になってしまったので、日差しも強くてやめておいた。
その代わりに、やらないといけないのに放っておいた小さな仕事(よたろうさんの甚兵衛さんのボタンつけ、私のもんぺのゴムの入れ替え、アイロンがけ、よたろうさんに頼まれた謡の原稿の清書等)を片づける。

夕方はツクツクホーシが鳴いている中を散歩に行く。
夜は虫の音がだんだん大きくなってきた。
あと少しの辛抱だと思いながら、暑さに耐える日々が続く。
3時のおやつに、買ってからまだ一回しか使っていなかったかき氷器を使った。
a0054240_21045607.jpg
入れ物が大きいが、小さいとかいた氷が飛び出してしまうのだ。

a0054240_21065168.jpg
夕方は散歩に行く前に、必ずしばし木陰で思案する快。
「いこうかなっ、どうしよっかなっ。」

by hideko0611 | 2018-08-26 21:07 | お天気情報 | Comments(0)

GO GO Hiromi

a0054240_22493810.jpg
「ブーゲンビリア」
冬の間室内に入れなかった(暖房のない温室には入れていた)ので、瀕死寸前だったが、ちゃんと復活してくれた。
今年からはハイビスカス(同じく瀕死寸前で復活 でもまだ花は咲かない)もこれも室内に入れてやろう。
夏の暑さだけではなく、年々、冬の寒さも厳しくなってきている。

今日も重苦しく蒸し暑い一日だった。
8月も下旬だというのに、こんな気候があとどれぐらい続くのだろう。
昨夜は「逃亡」を最後まで読み終えてしまったので、寝るのが午前1時頃になってしまった。
復讐劇や逃亡劇はラストスパートに入ってくると、途中でやめることが出来なくなる。
今日は午後と夜に予定が入っているので、午前中に朝寝をして睡眠補給する。

午後はいつものように手話サークルだが、夜の予定というのは「郷ひろみコンサート」。
a0054240_23030750.jpg
2年前にも行ったので、今回で2回目。
手話サークルからそのまま文化会館へ行く。
相変わらず元気いっぱい、還暦をとっくに過ぎたとは思えないぐらい舞台を走り回り、踊り回るひろみ君。
久しぶりに聞いた「哀愁のカサブランカ」「ハリウッドスキャンダル」、なかなか名曲だ。
この年齢で聞く「よろしく哀愁」もいいものだ。
不器用な私は「恋はシュミシュミ」の振り付けの足がうまくいかない~。
立ちっ放し、手を振り上げっ放しだったが、朝寝のおかげで体力は大丈夫だった。
6時から2時間ちょっとの熱いステージを堪能し、一緒に行ったマキちゃんとオレンジカフェでお茶をして帰る。
a0054240_23040800.jpg
(お店の閉まる時刻が9時半だったので、ちょっとあわただしかった。)
時々の非日常はいいものだ。

a0054240_23055218.jpg
今朝の散歩で、生まれて初めてヒキガエルに遭遇してかたまったしまった快。
動こうとしないので無理やり引っ張ったら、思いっきり遠くをジャンプして通り過ぎた。
といっても、ショートカットの狭い道幅のところなので、ヒキガエルのすぐそばであることには変わらなかったが…。
ヒキガエルのアップも撮ったのに、画面が切れているわ、ピントが合っていないわ…で残念。
上の写真のヒキガエルを無理やりアップにしてみる。
a0054240_23073756.jpg


a0054240_23094190.jpg
「ふぅ~、へんなものみちゃった~。」

a0054240_23130306.jpg
晩酌をしている快とものみ。
今日、マキちゃんからもらったもの。

by hideko0611 | 2018-08-25 23:14 | 日記 | Comments(0)

台風一過…とはならず

a0054240_20402645.jpg
「猩々草」
サマーポインセチアの別名もあるらしい。
野草かと思ったら園芸種だった。
こぼれ種が毎年顔を出す。

台風が過ぎ去ったのに、今朝はまた風が強かった。
20号の影響だと思っていたが、天気予報では19号だと言っていた。
西宮のマンション(よく知っているところ 西宮浜にある)の屋根が外れたというのを、どのニュースでもやっていたのでびっくりする。
姫路に上陸したのだから、確かに影響は大きかったと思うが…。
今朝は風が少しおさまるのを待って、遅めに散歩に出たが、やはり8時頃になって日が差してくると暑い。
日中も台風の置き土産の重たい蒸し暑さに閉口した。
水やりだけして、昼食後すぐに昼寝部屋で読書。
「モンテ・クリスト伯」と並行して読んでいた読書会の課題本「逃亡」(帚木蓬生著)を読む。
これまた600ページを超す大作で、戦争中憲兵だった主人公が戦犯追及を逃れて彷徨う重い小説。
戦争責任とか、戦争という異常時の中での人のふるまいなどについて、いろいろ考えさせられる。
逃走中も含めて、日々の生活の営みが丁寧に綴られているところや、家族や恋人、かつての同僚との心の交流も描かれているので、最初思っていたよりは読みやすいが、これまた結末がどうなるか気になるところ。
あと100ページほどなので、明日には読み終わりそうだ。

先日「あさイチ」でやっていた、山本麗子さんの「かけオムライス」なるものを作ってみた。
a0054240_20545429.jpg
鶏肉、玉ねぎ、ズッキーニ、ピーマンを、湯むきしたトマト、トマトジュースで煮込んだ(味付けは塩こしょう、醤油、白ワイン)ラタトゥイユ風のものを、白いご飯の上にかけて、その上にオムレツをのせて、またラタトゥイユ風のものをかけて食べる。
汁気が多いのでリゾットっぽくもある。
たまごがふわとろより焼き過ぎてしまったが、味はおいしかった。
レシピにはなかったが、コンソメも入れ、バジルやオレガノもたっぷり入れた。

a0054240_20564430.jpg
「ふぅ~、いつまでもあついね~。」

by hideko0611 | 2018-08-24 20:57 | お天気情報 | Comments(0)

終わった~

a0054240_21020029.jpg
「アメリカンブルー」

台風19号は風だけ吹いて過ぎ去り、20号は今のところ雨も風も全く影響なく通過しようとしている。
山口に最接近しているという夕方の空。
a0054240_21104411.jpg
月まで出ている。
a0054240_21124685.jpg

雨だけは少し降ってほしい。
畑の土がからからで、鋤の刃が入れられないとよたろうさんが嘆いている。
蒸し暑さもそうとうひどかった。
閉め切っていたとはいえ、2階の私の部屋は昼間36℃を越えていた。

今日は二つやりとげたことがあった。
「25 貴婦人の乗馬」がようやく上がって、ブルグミュラーが終了。
一か所どうしてもうまくいかないところがあるのだが、暗譜するまで弾きこんだことで合格にしてもらえた。
もう一つは「モンテ・クリスト伯」の読了。
1巻は3週間、2巻は8日かかったが、3巻は4日で読み終えた。
2段組で各巻が500ページ以上もあるので、夏の間に読み終われるか心配していたが、途中からぐんぐん面白くなり、最後は一気に読み終えた。
主人公が復讐のために連続殺人鬼になるのかと恐れていたが、そんなことはなかった。
なんだかとっても達成感がある。

a0054240_21165594.jpg
私の足を踏んでいても、全く気付かない快。
逆に私が踏んだらものすご~く怒るくせに。
(快が急に止まったり向きを変えたりするときに、つい踏んでしまうことがあるのだ。)

by hideko0611 | 2018-08-23 21:17 | ピアノレッスン | Comments(0)

風強し

a0054240_20053733.jpg
「オクラ」

明け方は一瞬の朝焼け。
a0054240_20104959.jpg

台風19号は山口からだいぶそれてくれたが、それでも西側なので風が一日中強かった(南風)。
少しぐらい雨が降ってくれればいいのだが、そちらはほんの一瞬ぱらぱらときただけ。
今日も水やりは休めなかった。
でも、昨日で懲りたので、蒸し暑さの中での力仕事はやめておく。

「モンテ・クリスト伯」」はいよいよ結末に向かっての面白いところにさしかかってきた。
復讐も次々果たし、かつての恋人とも(身分を明かした上での)再会を果たし、新しい恋も生まれ…。
でも、このままハッピーエンドで終わることはないだろうと思うと、最後を読むのが怖いような…。
あと2、3日で読み終わりそうだ。

a0054240_20125507.jpg
「かぜがつよいので、おさんぽにはいきませ~ん。」
と、夕方の快。

by hideko0611 | 2018-08-22 20:15 | お天気情報 | Comments(0)