ブログトップ | ログイン

のびのびのひび

<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

夜中の豪雨


a0054240_21260128.jpg
「マリーゴールド(緑)」

昨夜(丑三つ時?)、久しぶりに激しい雨音で目が覚める。
朝には激しい雨はおさまっていたが、散歩に行くのはやめておいた方がいいぐらいの降り方だった。
その雨の中をヒロちゃんが千葉に帰り、二人(と犬と猫)だけの静かな生活に戻る。

朝の散歩は10時過ぎから。
今日はその一回だけで済まそうと思っていたのに、トイレをしてくれなかったもので、夕方の4時過ぎにもう一度行く。
朝の散歩の時に、初めてキジの撮影に成功した。
a0054240_20532876.jpg
と言っても、ずいぶん遠いけど…。

昨夜の激しい雨で、どこもかしこも水の流れが激しい。
a0054240_20561863.jpg


a0054240_20592608.jpg


a0054240_21020504.jpg
昼食後さっと買い物(牛乳・卵・バナナ・ヨーグルトなど朝食にどうしても要るもの)に行ってきたが、帰りにはまた雨が降ってきた。
午後はのんびり読書をする。
読みかけの「日本婦道記)(下)」を読み終えて、次は「なでし子物語」(伊吹有喜著)。
これまた面白くて、惹きこまれて読む。

by hideko0611 | 2018-06-20 21:02 | お天気情報 | Comments(0)

梅雨本番

a0054240_19395024.jpg
「友禅菊」

今日も雨雲を読むのが難しい一日だった。
どうせ濡れるなら早いうちに…と、5時15分ぐらいから散歩に行く。
家を出る時には降っていなかったが、帰りはぽつぽつ降り始めた。
でも快がさっさと歩いてくれて、トイレもすませてくれたので、さほど濡れることもなく帰って来られた。
あとはやんでいる時もあったが、長続きしないので、結局今日の散歩はその一回だけ。
朝ごはんから午前中いっぱいは、また玄関で過ごした快。
最近は雨の時は素直に玄関に入ってくれるのが本当に助かる。

ヒロちゃんは新山口の友人と会いに出かけ、よたろうさんは謡のお稽古に行った。
私はたまった洗濯物を乾かしにコインランドリーまでひとっ走り。
いざスイッチを入れようと思ったら、財布の中に一万円札と一円玉しかなくて、急いで銀行まで両替に走る。
あっという間にぬくぬく、ふわふわに仕上がった。
その後はのんびり、「かがみの孤城」の続きを読む。
面白くて500pを二日で一気読み。
最後に救いがあるのが、私好みだ。
辻村深月さんのほかの本も読んでみたくなった。
夕方はピアノの練習をゆっくりする。
ソナチネの最初の曲も初めて弾いてみた。
それほど難しくないのでほっとする。

a0054240_19512545.jpg
「これはきのうのボクだよ。」(台座に乗る犬)




by hideko0611 | 2018-06-19 19:52 | 日記 | Comments(0)

雨の一週間が始まる

a0054240_20173326.jpg
「グラジオラス(紫)」

東京のクニちゃん夫婦と、千葉のヒロシさんが8時30分福川発の電車で帰る。
家を出るときにはそんなこととは知らなかったが、大阪北部を震源とする地震が7時58分に発生していたために、新幹線が不通となり、急遽広島から飛行機で帰ったとのこと。
夜の7時過ぎには東京に着いたと電話があったが、大変だったと思う。
それにしても、震災で亡くなられた4名の方、それぞれの状況がお気の毒でならない。
ニュースを見るたび、心が痛む。
西宮の実家に電話をしたが、やはりかなり揺れたそうだ。
壊れたものとかはなかったが、扉が2か所ほど開いたのだって。

朝の雨の降り始めは意外と早く、5時前から起きてスタンバイしていたが、行けなかった。
その代わり、やむのも早く、今日の散歩は3時過ぎからの1回だけ。
a0054240_20312646.jpg
湿度は意外と低め。

朝9時過ぎから、よたろうさんの書道の紙を買いに、雨の中を文化会館までひとっ走りしてきた。
午後からなら、濡れずにすんだのだけれど、それは結果論。
1時間で往復してくる。
少しは濡れたので、帰ってからお風呂に入って温まる。
その後、雨の間に、いつものごとく、手話サークルの仕事を片づけておく。

午後はのんびり読書。
今年の本屋大賞を獲った「かがみの孤城」(辻村深月著)。
初めて読む作家さんだ。
いじめをテーマにしたファンタジーのような小説。
本屋大賞だけあって、ぐいぐい読ませる。
三分の一を一気に読んだ。

あと2泊するヒロちゃんは、友人と午前午後ダブルヘッダーで会って来た。
明日もう一人の友人と会うそうだ。

鳥撮りのN夫妻から、お家で採れたプラムをどっさりいただく。
甘くておいしいプラム。
a0054240_20340654.jpg

by hideko0611 | 2018-06-18 20:36 | 日記 | Comments(0)

5年祭は滞りなく

a0054240_21574078.jpg
「ポンポンダリア(ピンク)」

姑の法事(神道の5年祭)の今日は、一日中からりと晴れてくれた。

朝の8時半頃、東京からの高速バスでヒロちゃん夫婦が到着。
あと、親戚が2名来て、総勢8名で出雲大社分院の神官をお迎えして、10時前から5年祭を執り行う。
その後親戚だけで墓参りに行き、12時過ぎから会食。
これも直会というのかな?
いつもの通り、あやめさんのお弁当。
a0054240_22034042.jpg
食べきれないぐらいおいしいご馳走がつまっている。
2時頃に会はお開き。
2名の親戚を見送った後、宿泊する夫婦2組と私達夫婦は、昼寝をしたり、ピアノの練習をしたり、思い思いにくつろぐ。
私は「うさぎのミミリー」と「君たちはどう生きるか」を読み終えて、4時過ぎに散歩に行く。
今日は暑いのに、すぐに散歩に行った快。
「でもやっぱりとちゅうでやすんでしまうの~。」
a0054240_22142346.jpg

道路にツバメが数羽かたまっていた。
a0054240_22162754.jpg
大きさや動作から推測して、どうやら成長した子ツバメが混じっているようだ。

さあ、これで一つ大きな仕事が終わった。
ずっと後回しにしていた千日紅の苗の植えつけや、斜面のクズなどの始末をしなければいけないが、明日からはまた天気が崩れそうな予報だ。

by hideko0611 | 2018-06-17 22:16 | 日記 | Comments(0)

準備完了

a0054240_21350173.jpg
「ハイビスカス(ピンク)」

銀行からもらった誕生日祝のハイビスカスは3色みたい。
これが2色目。

午前中は曇り空。
今年も合歓の花が咲く季節になった。
地面に落ちている花を見て気がつき、上を見上げて確認するのはいつものごとし。
a0054240_21395384.jpg
午後は昨日と同じようによく晴れて、日陰は涼しく日なたは暑い。

午前は冷蔵庫の掃除。
足りないものを確認してから買い物に行く。
午後は大掃除の最後、1階の廊下に掃除機をかけて、雑巾がけ。
扉類もすべて拭く。

夕方の4時半過ぎに、東京からクニちゃん夫婦が到着。
接続がうまくいって、予定より早く着いたとのこと。
お客があるせいか、暑いせいか、快が夕方の散歩に行きたがらなかったので、
a0054240_21310991.jpg

6時過ぎから4人でゆっくり宴会をする。
焼肉の用意もしていたが、よたろうさんの作った煮物(筍、蕗、昆布、じゃがいも)やマカロニサラダ、鱧の湯引きなどで皆満足。
どんな料理にも合う白鷹がおいしい。

by hideko0611 | 2018-06-16 21:32 | 日記 | Comments(0)

梅雨の晴れ間

a0054240_20591368.jpg
「隅田の花火」

今日は日差しはなくて湿度が高いという予報だったのに、だいぶ違っていた。
布団干しに最適な強い日差しで、湿度は昨日より低い。
家の中や木陰では爽やかな風が吹き抜けていった。
空の雲を見ていると、まるで梅雨が明けたかのようだ。
a0054240_21013418.jpg

午前中は読書会。
「蜜蜂と遠雷」(恩田陸著)。
著者の最高傑作ではないかと思う。
音楽を文章で表現するという難しい作業を見事に成し遂げている。
登場人物一人一人に注がれる温かいまなざし、音楽やピアノに対する熱い思いは、読んでいる最中も、読み終えた後も心地よく伝わってくる。
ほかの会員の方にもおおむね好評だった。

午後はよたろうさんに手伝ってもらって、大きな食卓や椅子を動かしながら掃除をする。

夕方の散歩は上に行ったら、風が涼しくて気持ちよかった。
ブトが一匹やってきたが、それでも湿度が高い時に比べるとましな方だ。

a0054240_21132294.jpg
「でも、ひるまはあつかったですぅ~。」

by hideko0611 | 2018-06-15 21:14 | 日記 | Comments(0)

梅雨の夕焼け空

a0054240_20555679.jpg
「ハイビスカス」
温室には入れていたのに、この冬の寒さでハイビスカスが二鉢だめになってしまった。
もう買うつもりはなかったのに、銀行からお誕生日祝で届いた。
赤と黄色の両方が植えられているみたい。

今日も晴れの予報だったのに、あまり日差しはなかった。
そして湿度は高い。
布団干しの残りをしたが、あまり乾かない感じだったので、布団乾燥機も駆使して、なんとか夫婦二組分の準備を終える。
こたつ布団、敷物は布団圧縮袋に入れて物置に片づける。

午前中はピアノのレッスン。
「24 つばめ」は、だいぶツバメが飛ぶ感じが出てきたと言われる。
「25 貴婦人の乗馬」はもたもたしながら、馬の背に乗ったばかりという感じ。
一か所音を間違えていたところがあった。

午後は電話台の引き出し、食器棚の引き出しなどの整理。

久しぶりの夕焼け。
a0054240_21063155.jpg
梅雨夕焼け(つゆゆやけ)という季語があると、プレバトで言っていた。

a0054240_21092744.jpg
「なんか、ここのにおいがきになるぅ~。」

by hideko0611 | 2018-06-14 21:10 | 山口の自然 | Comments(0)

涼しく 暑く

a0054240_21051796.jpg
「ガクアジサイ」

今朝は涼しいを通り越して寒いぐらいだった。
もちろん気温は20℃を下回っている。
a0054240_21220529.jpg
(さっきまで17℃台だった。)
でも、日が上がるとあっという間に暖かく(暑く)なる。
夕方は暑さにあえぐ快であった。
a0054240_21242745.jpg

晴れが続いているうちに…と、客用布団を押し入れから出して干す。
そして今日は台所の床掃除。
洗濯したキッチンマットもすぐに乾く。
いろいろなものを整理したので、台所が急に広くなった。
その後、快のお家と化している玄関の掃除。
これで気になっていたところはだいたい片付いた。
その合間に庭の草抜きを少し。

よたろうさんはジャガイモを日に干して、片づけてくれた。
今夜はたけのこ(いただきもの真竹)、厚揚げなどと一緒に煮物にしてもらう。
採りたてのじゃがいもはおいしい。

今朝はキジのオスが目の前を飛んで行ったし、夕方は頭の上の木にウグイスがとまっているのを見たが、どちらも写真には撮れなかった。
気難しいモデルさん達である。
最近ホオジロはよくポーズを取ってくれる。
a0054240_21334226.jpg


これはコガラだろうか?
a0054240_21320285.jpg


by hideko0611 | 2018-06-13 21:25 | お天気情報 | Comments(0)

爽やかな風が吹く

a0054240_20313533.jpg
「ストケシア」
今年は丈高く咲いている。
この薄紫のほかに、濃い紫、白、ピンクなどがある。

遠い所を通ったが、一応台風一過。
拭ったようにきれいな風景が朝から広がっている。
a0054240_20421276.jpg


a0054240_20435839.jpg
徳山湾には大きなタンカーが停まっていた。
a0054240_20483371.jpg
湿度が一気に下がり(雨が続いたここ数日は80~90%台だった)、今日は50%を切っている。
風もあり、爽やかな一日だった。
こういう時に…と、トイレのマット類などを洗い、ついでにトイレと洗面所の掃除をする。
壁紙の汚れが壁紙用クリーナーで少しきれいになった。
クリーナーなどを買いに夜市のナフコに行ったら、なんと7月末で閉店だという。
家具などを置いているtwo one styleも一緒に。
すでに店内の商品は通常の半分近くに減っていた。
同じ敷地内にあったマックスバリューが閉店した影響だろう。
そんなにたびたび行くことはなかったが、園芸コーナーは時折のぞいていたので、ちょっと淋しくなる。
広い敷地だけれど、この後どう利用されるのだろう?

私が家中の掃除をしている間に、よたろうさんは破れていた網戸を張り替え、ジャガイモを掘り上げてくれた。
今回のジャガイモは豊作だったとのこと。
男爵とメークィーンがそれぞれ一輪車に一杯ずつ採れたそうだ。

a0054240_20534783.jpg
「きもちがいいてんきでも、やっぱりとちゅうでひとやすみっ。」
最後のレインウォーカー、底に穴が開いて、歩くたびにキュッキュッと鳴いている。

by hideko0611 | 2018-06-12 20:56 | 日記 | Comments(0)

クレソンを添えて

a0054240_21272403.jpg
「アジサイ(赤)」
青がいいと言いながら、やっぱり赤もいい。

今日の雨は、朝の7時頃から昼の2時頃まで。
雨雲レーダーで判断して、朝は5時半から散歩に行く。
夕方の散歩は4時から行ったが、途中から晴れて暑くなってきたぐらいだ。

雨が降っている間は、今日もあちこちの掃除をする。
お風呂場、洗面所、台所の乾物棚(一番魔窟になりやすいところ)、神殿の間。
よたろうさんの古い下着を切った雑巾が役に立つ。

今日は私の誕生日なので、夕食はよたろうさんがサイコロステーキを焼いてくれた。
私はご近所の方の田んぼ(今は作っておられない)の溝に生えているクレソンを採りに行く。
a0054240_21362637.jpg
もう時期が遅くて、花が咲いたり実がなったりしていたので、いい所だけを採ったが美味しかった。
独特の辛味がなんともいえない。

日没前に島や山の一部にだけ日が当たって、独特の景色になっていた。
a0054240_21384363.jpg

a0054240_21412331.jpg


a0054240_21442898.jpg
「どっちのみちをいこうかな~。」
いつまでたっても決められない快。

by hideko0611 | 2018-06-11 21:44 | B級グルメ | Comments(0)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記