おめでとうレジェンド

a0054240_20583545.jpg

「キンセンカ」

昨夜は早めにベッドに入って、つけっ放しにしていたラジオで明け方、葛西さんの快挙を知る。
本当によかった。
41歳という年齢や、7回目のオリンピックという回数や、長野五輪では金メダルを獲った団体戦に出場出来なかったという不運に寄せる思いもあるが、何よりも葛西さんの思いっきりポジティブな明るさが好きだ。
前回バンクーバーの時も、「金メダルを獲る」と公言していて、それなのに悲壮感が全くないことに驚いた覚えがある。
今回もインタビューの中で、
「銀だったので、次こそ金メダルという目標が出来た。」
という意味のことを言っていた。
8回目、45歳でまだ飛ぶつもりですか、葛西さん。
スポーツ選手に元気をもらえるとよく言うが、この人を見ていると確かに私の中にも力がわいてくる。
ジャンプの団体もこの勢いで思いっきり飛んでほしいものだ。

よたろうさんは今日もふれあいセンターに一日詰めていた。
見に来て下さった人とお話をしたり、ちょっとした絵を描いてあげたりして過ごしていたようだ。
筆で書く線がとてもきれいな小学4年生の女の子が来ていて、そういう子は習字や水墨画をやったらいいと言っていた。
少し寒さがゆるんで日差しも明るいので、私は午前中掃除や洗濯、庭の草抜きなど精力的に活動する。
葛西さんに元気をもらったからかも。
午後は久しぶりにブロ友さんのところへ訪問に行く。
自分のブログさえ更新出来なかったのだから、ほかの人のブログも読めなかったのだ。
東京在住の皆さんのブログの写真を見ると、まるで雪国みたい。
皆さん、週末はお家にこもっておられたようだ。
その後ずっと手をつけないまま放っていた、繕い物に精を出す。
大きなかぎ裂きの出来ていたもんぺは、ざっと繕ってから似たような生地でアップリケ。
a0054240_21242341.jpg

よたろうさんの甚兵衛さんも同様にアップリケ。
(甚兵衛さんということは・・・夏からずっと放っておいたのだ。)
ゴムがゆるんでいた庭用の腕抜きには、新しいゴムを通しておく。
こういう繕い物は、一つしかないものならともかく、ほかにもある場合は、やればすぐにできるのになかなか取りかかれない。
やっと出来たのも、葛西さんに元気をもらったからかも。
夕食後もすぐに洗い物をすませて、さっさと2階へ上がって来た。
今夜は特に気になる競技がないので、早めに床について朝までぐっすり寝ることにしよう。

a0054240_21342378.jpg

「おと~さん、みっかかんおつかれさんでした。」
a0054240_21364113.jpg

「ぼくもさんぽおつかれさんだから、ちくわおくれよ~。」

おお、忘れるところだった。
昨日夜市のマックスバリューで、面白い缶詰を発見。
なんと、だし巻き卵(京風)の缶詰なのだ。
a0054240_21392153.jpg

どんな味なのか、どんな風に缶に入っているのか知りたくて、さっそく開けてみたら・・・
a0054240_21422779.jpg

厚く切っただし巻き卵が四つ、缶の中に詰まっていた。
箸で取り出すのに苦労するぐらいみっちりと。
a0054240_21472084.jpg

そして期待に胸をふくらませて食べてみたら、ちゃんとだし巻き卵の味や食感はしたが、やっぱり自家製の作り立ての方がおいしいことが分かった。

by hideko0611 | 2014-02-16 21:51 | オリンピック | Comments(1)

フィギュアと過ごした二晩

a0054240_22122371.jpg

「ナズナ」

もう誰も心配していないでしょうが、またまた三日分一気に更新。
原因は言わずと知れた男子フィギュア。
と言っても夜は半分以上寝ながら、結果をチェックする程度で、次の日に録画したものをゆっくり観るんだけど。
ただ、昨日(今朝)のフリーだけは、羽生選手から後はしっかり起きて観戦した。
高橋選手の演技は点数に関係なく、素晴らしかったと思う。
競技人生の最後を笑顔で終われてよかった。
羽生選手、おめでとう。
今回は満足の行く演技ではなかっただろうが、これからさらに高みに上っていくのが目に見えるようだ。
そして町田選手もよく盛り返した。
各国の若手ののびのびした演技も見ごたえがあって堪能した。
ジュベール選手の復活もうれしい。

2月13日
午前中、よたろうさんの絵を受け取りに徳山の画材店&画廊の「パレット」へ。
土曜、日曜とふれあいセンターでおまつり(そこで活動するグループの作品展示やカラオケ大会などがある)があり、そこに出品する額作品にマット紙を入れてもらうために預けていた。
大きくてバイクでは運べないので、電車で行く。
みなみ銀座や銀南街を歩くのも久しぶりだ。
近鉄松下が閉店して一年になる。
新しい店舗もいくつか出来たが、やはり寂しい感じは否めない。
帰りはちょうどいい時間にバスがあったので、それで帰って来た。

2月14日
バレンタインデー、今年よたろうさんにあげたのは明治の板チョコのハート型。
a0054240_22241069.jpg

「ちょっこれいと、ちょっこれいと、ちょこれいとはめいじ~♪」
タイガース「(ジュリー)の甘い歌声が懐かしい。
本当はしばらく前においしいミントチョコをあげたので、今回のはおまけ。
その代わり、今日、長い時間をかけて、ネクタイをリフォームした謡の扇入れを作ってあげる。
前も一度作ってあげたんだけれど、すっかり作り方を忘れていて、四苦八苦しながらなんとか完成させる。
a0054240_20522660.jpg


2月15日
冷たい風が吹く一日。
手話サークルでは今日も指文字をやってもらえた。
この一週間、快の散歩のときに一人で練習したので前よりは読み取りが出来るようになっていたが、同う指の形で甲がこっちを向くのと向こうを向くのとが、どうしても混乱してしまう。
人の指文字を見るときは、甲の向きが自分が出すときの反対になるので。
お雛様キットをお配りした皆さんは、部品が小さいので苦労しながらも、どんどん進めておられて、お一人はとうとう完成!
a0054240_2031268.jpg

私は布を選んでカットしただけなんだけど、早春らしい爽やかな配色になってよかった。

a0054240_20483334.jpg

おなかに乗せた前足がなんだか可愛い快。

by hideko0611 | 2014-02-15 22:48 | オリンピック | Comments(2)

そこまで春が

a0054240_3272263.jpg

「シンビジウム(緑)」
今年は全部株分けをしたので、花が咲いたのはこの色だけ。

昨夜は早くからちゃんとベッドに入り、ラジオでの観戦にした。
沙羅ちゃんにかかっていた金メダルの重圧はどれほどだっただろうと思うと、かわいそうでならない。
若いのだからまだまだこれから二度、三度と挑戦できますように。
あの原田さんだって長野の前の大会では失速して辛い結果になったんだもの。
平野君と平岡君はオリンピックという大舞台を楽しんでいたように見える。
スノボは絶対に自分ではやるはずのないスポーツだけど、見ている分には気持ちのいいものだ。
体操競技やトランポリンにも共通する、重力から解放されたような姿を見ていると、自分まで空中を自由に飛んでいるような感覚になる。
スパイダーマンの映画をふと思い出した。
というわけで、元気に卓球に行ったら、マキちゃんと久しぶりに会えてうれしかった。
彼女がいつも行く火曜日が教室が休みで、今日は仕事も休みだったから来れたのだって。
サナエちゃんが来れなかったのが残念。
Hさん、K田さんと一緒に4人で楽しく練習&ダブルスの試合をする。
こういう気のおけないメンバーと一緒に打つのは本当に楽しい。
もう少し打っていくという彼女達はカップヌードルで昼食。
a0054240_481341.jpg

また近々一緒にランチをしようと約束して別れる。
私はイタリアンのAntica Cucinaに行ってみたら、なんと昨日で閉店!
まだ一度も行っていないのに。
cafe「くるる」でラーメンを食べて帰る。

a0054240_3553565.jpg

「三にんでおさんぽ たのしいな~。」
a0054240_3571696.jpg

「おと~さんにもらうおやつはうれしいな~。」
今日も水墨画帰りのよたろうさんと待ち合わせて早めの散歩。

買い物があったので、早めに家を出て手話講座に行く。
今までだったら家を出るときには真っ暗だったのに、5時半前だから当然とはいえ、空がまだまだ明るい。
いくら寒くても、春の訪れが近いことを感じてうれしくなる。
(今朝もとっても寒かった。)
梅の花もあちこちでだいぶ開いてきた。
a0054240_422868.jpg


a0054240_4103530.jpg

by hideko0611 | 2014-02-13 04:03 | 卓球 | Comments(2)

今夜も・・・

a0054240_2144329.jpg

「(庭の)梅」

数日ぶりに由布岳が見えるぐらいすっきりと晴れたが、
a0054240_21495081.jpg
朝の寒さはこの冬一番だったような気がする。
建国記念の日で祝日なのに、よたろうさんは謡の稽古で徳山へ。
午前中は布団やたまっていた洗濯ものを洗って干したり、私の部屋の片付けの続き(今日はCD編)をしたりして過ごす。
部屋がどんどん片付いていくのは気持ちがいい。
部屋を狭くしていた古いソファを処分したので、そこから片付けモードに火がついた。

今日こそ早く寝ようと思っていたのに、スノーボードハーフパイプの平野歩夢君と、女子ジャンプの高梨沙羅ちゃんは観なくては・・・。
でもブログだけはとにかくアップしておかないと・・・と、夕食後すぐにパソコンの前に座る。
これから下りて夕食の洗い物をして・・・その後どうなるか・・・どうせ半分以上寝ているなら、ベッドに入ってラジオをつけていても同じだし・・・。

a0054240_21594892.jpg

ぬいぐるみ兼枕の犬を洗ってガラス戸に立ててみたら、最初だけ興味を持ってガラス戸にタッチしてくれたのに、すぐに見限って無視する快。

by hideko0611 | 2014-02-11 22:01 | オリンピック | Comments(2)

海峡越えて

a0054240_2112269.jpg

「肥後椿<国華>」

曇り空で寒い一日。
急に思い立って一人で博多阪急へ行って来た。
在九州時間は約3時間という駆け足旅行。
本当は12月に正月の買い物を兼ねて行こうと思っていたのが、よたろうさんの神経痛がひどい時期で行けなかったのだ。
久しぶりに懐かしい関西のものを買おうと思っていたけれど、いくら阪急とはいえ、場所が九州ではそうそうあるものではなかった。
クラブハリエのバームクーヘンのバレンタイン仕様包装を買ってみた。
a0054240_2191375.jpg
これはもちろん自分用。
母と私でちまちま楽しんで食べるのだ。
a0054240_21125092.jpg

博多は苺のあまおう一大産地。
だからあまおう関係のお菓子も多かった。
a0054240_21144529.jpg

このほか、大都市のデパートでしか買えない日本各地のおいしいものを少しばかり買い込んで帰る。
a0054240_21224847.jpg

大型書店は隣のビルに丸善が入っている。
そこでよたろうさんが探しているワイド版の岩波文庫の「唐詩選」を探したが、品切れだった。
本棚の整理が終わったばかりの私は、今は本を増やす気になれず、新刊や文芸書の棚をざっと見ただけで何も買わなかった。
パッチワーク関係の本がたくさん並んでいるのをざっと立ち読みする。
予定どおり4時過ぎに福川駅に帰ってきた。

そして夜はまた炬燵でスピードスケートの500mを半分以上寝ながら観る。
終わって午前2時過ぎに寝ようと思ったら、今度は眠れない。
そのまま「ラジオ深夜便」を聴いていたら、3時からの財津和夫さんの特集で最初にかかった曲がなんと「WAKE UP」!
おかげでますます眠れなくなってしまった。

a0054240_2128544.jpg

「ねむいときにはねるにかぎるのさ。」

by hideko0611 | 2014-02-11 21:31 | お買い物 | Comments(0)

書けなかったわけ

a0054240_20131633.jpg

「椿」
2月9日。
二日間ブログを更新していなかったのは、私が風邪をひいて寝込んでいたのでも、家族や快やひとみの具合が悪かったのでもなくて、ただただオリンピックのせい。
ヒロちゃんから心配して電話がかかってきた(ごめんなさい)。
夜の11時頃から明け方の3時頃までに、観たい競技が集中しているんだもの。
とうとう応接間の炬燵のところにマットと毛布を持ち込んで、いったん本格的に寝て、夜中に起きて観戦することにした。
ところがあまりにも寝心地がよすぎて、競技が始まっても起きることが出来ない。
今日なんて町田樹君が火の鳥になって飛んでいるところは少し観たけれど、鈴木明子さんは気がついたら終わっていたし、ジャンプのノーマルヒルも予選の結果を少し聞いただけ。
どちらも結果は残念だった。
こんな状態でも、完全に眠ってはいないので睡眠不足、次の日はやっぱり眠い。
というわけで、ブログを書く暇と元気がなかったのだ。

今日は録画していた開会式もゆっくり見た(昼間)。
北京オリンピックの時ぐらいから、開会式の各国選手団入場を見ながら、大きな一枚ものの世界地図でその国(や地域)の場所を確認している。
a0054240_20431153.jpg

地図が読めないのに、地図を見るのはけっこう好き。
民族の独立やソ連邦の崩壊などで新しい国家がどんどん出来てきて、どのあたりにあるのかさえ全然分からない国や地域も多い。
「おお、こんなところにあるのか~。」
「意外と大きい国なんだ~。」
と驚きながら確認する。
すぐに見つからないときには、メモをとっておいて後で地図帳の索引で調べて探す。
ケイマン諸島とヴァージン諸島はそれでもなかなか見つからなかった。
どちらも西インド諸島の一部。
だいたいの場所は分かるんだけどなぁ・・・。
もちろん選手団のユニフォームも楽しく見る。
夏のオリンピックに比べると、衣装のバリエーションが少ないのは残念だ。
どうしても防寒着になってしまうものね。

a0054240_20472317.jpg

「ボクもねむいですぅ~。」

by hideko0611 | 2014-02-11 20:51 | オリンピック | Comments(0)

雪はぽっちり

a0054240_3312213.jpg

「カンアヤメ」

朝起きてみると、雪は積もっていた。
ただ、ほんの少々。
a0054240_336413.jpg

それも、降り始めたのが遅かったのか、水分が多いせいか、全く凍っていない。
だから少しだけ時間を遅らせたが、朝食後に散歩に行けた。
凍っていなくても、山道は水分を含んだ落ち葉がすべるので、ぐんぐん引っ張る快を一生懸命抑えながら散歩。
すってんころりんすることもなく無事に帰って来た。

午前のうちに暖かい日差しが戻ってきた。
玄関先で寄り添う一匹と一人。
a0054240_3432425.jpg

全身を預けきっている寝姿の可愛いこと。
a0054240_4155343.jpg

あらあら、頭をぐいぐい寄せてきた。
a0054240_4171481.jpg


手話サークルにももちろんちゃんと行けた。
今日は久しぶりに指文字の練習をさせてもらった。
やっぱり読み取りが難しい。
同じ指で向きが違うのがいっぱいあるもので・・・。
自分が出すときに「た」と「さ」をよく間違えることも分かった。
聾の人でも指文字の苦手な人はけっこういるようだ。
繰り返し練習して、なんとかマスターしなければ・・・。

ソチオリンピック、フィギュア団体はやっぱりライブで観ようと思って、早めにいったん寝ることにする。
(布団に入ると朝まで寝てしまうので、炬燵で。)
というより、夕食にワインを飲んだので、9時前には眠くて我慢できなかったというのがほんとのところだ。
そしてちゃんと女子シングルに間に合うように目覚める。
ロシアのリプニツカヤ、女子シングルで金メダル争いに絡んでくるのは間違いない。
真央ちゃんは、トリプルアクセルの失敗が響いて3位ながらも、日本の決勝進出は決めた。
その後、女子モーグルはラジオで聴きながらブログを書いている。
部屋のテレビを応接間に移動させたのを、オリンピックの間だけ元に戻したくなるが、作業が大変なのでやめておく。
上村愛子さん、初々しい高校生だった頃から、16年間、5回連続のオリンピック出場はそれだけでも偉業なのに、7位、6位、5位、4位という成績も立派だ。
でも、最後になんとかメダルを獲らせてあげたい。
ジャンプの葛西さんも。
あ~、ぎりぎり6位で決勝進出が決まった~。
これは最後まで聞かなくては・・・。

残念。
ほんとに紙一重の差で4位だった。
タイムは一位だったのに・・・。
でも素晴らしい成績だったことには間違いがない。
本当にお疲れ様でした。

by hideko0611 | 2014-02-09 04:05 | スポーツ観戦 | Comments(0)

今日も霙

a0054240_2234488.jpg

「(さぼーるの)紅梅」

朝、珍しく黒髪島に雪が残っていた。
a0054240_22412427.jpg

庭に雪が残っていたのは、なぜかクロッカスの鉢の中だけ。
a0054240_2310443.jpg

雪というよりも氷の結晶だ。

昼から雨(or霙or雪)が降るという予報だったので、その前に・・・と急いで買い物に行ったが、11時過ぎに帰る頃にはもう降り始めていた。
やっぱり昨日と同じ霙。
午後はほとんど雨に近かったけれど、夕方からは雪になる。
ひどく降ってきて、快も行きたがらなかったので、夕方の散歩はパスする。
その後また霙に戻り、あまり積もらない。
夜のうちにどうなるかは分からない。
明日は全国的に大雪になりそうだとニュースが繰り返していた。

部屋の掃除のつづき、ようやくパッチワーク用の生地の整理をした。
色合わせのためにたくさん出した生地、新しく買った生地がごちゃごちゃになって部屋のあちこちにある。
と言っても、分類から全部きちんとやり直すのは時間的に無理なので、今おおざっぱに分類してある整理ケースに入れていった。
この方式であっという間に片付く。
後、机の上の本棚、本棚の上の飾り物を片付ける。
こんなにきれいになったのは2年ぶりぐらいかな。

いよいよソチオリンピック開幕。
それに先立って行われた昨日のフィギュア団体の予選を見ようと思っていたのに、羽生君は10番目。
しっかり寝入ってしまい、1位だということは分かったが、演技は全然見られなかった。
ほかの選手もほとんど見ていない。
やっぱりこたつで観戦というのはいけないね。
再放送もないし、録画しておけばよかった。
今夜の開会式は最初から見るのをあきらめて録画している。
約6時間の時差はちと辛い。
さあ、寒い中、熱い戦いが始まる。

a0054240_2313927.jpg

「ボクのせなかになんかついてる~。」
a0054240_2334110.jpg

たんぽぽの綿毛のように見えるけれど、ちょっと季節が早い。
じつはツワブキの綿毛だった。

by hideko0611 | 2014-02-07 23:05 | 山口の自然 | Comments(0)

宝の山に囲まれて

a0054240_23271155.jpg

「侘助」

少し雨が降る程度だろうと油断していた。
なんとまあ、朝から夜の初めまで、霙に近い雪がずっと降り続いた。
パッチワークから帰って来たら、家の周辺はあっという間に雪国になっていた。
a0054240_23322931.jpg

この前表舞台に出してやった春に咲く花たちの芽が、雪にうずまっている。
a0054240_23353666.jpg

そして快がごんぎつねになっていた。
a0054240_0171479.jpg


a0054240_23371989.jpg

なぜかいつもの玄関先ではなくて、先住犬、海のケージの前(ここは屋根がある)にいた。
a0054240_23461145.jpg
めったにないことだ。

半分雨まじりのせいか、ずっと降り続いている割にはそれほど積もることもなく、夕方になってもこんな感じ。
a0054240_23441666.jpg

だから普段どおり散歩に行ったが、さすがに上へ行くショートコースにする。
そして早めに玄関に入れられた快は、またごんぎつねになってすやすや眠っている。
明日も午後から雨の予報。
たぶん今日のような霙に近い雪だろう。

午後から部屋(2F)の本棚の整理の続きをする。
DVDの機器を応接間(1F)に移動させたので、ソフトの方も全部移動させ、その代わり応接間から本を持って上がってきた。
たくさんの本やDVDを持って、何度も階段を上り下りするのはいい運動になった。
自分の好きな本がずらりときれいに並んだ本棚を見つめてうっとりする。
私のこれからの人生で、この本をすべて読み返すことはないだろうが、いつでも読み返せる好きな本がこんなにあると思うだけでうれしくなる。
宝石も絵画もブランド品も持たない私の唯一の宝物だ。
本といえば、昨日宮脇書店で見つけたねこマンガ「まめねこ」が面白い。
「あずき」と「だいず」と名づけられた(だから豆猫)、性格の全く違う2匹の猫のつぶやきで構成されているゆるゆるとした世界。
擬人化されているわけでも、猫可愛がりされているわけでもなく、家族と猫が自然な距離で暮らしている。
ひょうひょうとしたおじいさんとの関わり方が特に面白い。
猫たちがかつお節を食べたのを猫嫌いのお母さんが怒ったら、
「それ、わし。」
と自分が食べたことにするおじいさん、いいなぁ。
猫たちのつぶやきが関西弁(だと思う)なのもいい雰囲気。
この本を読んでいたら、急に読み返したくなった本がある。
理論社の児童文学で「マアおばさんはネコがすき」。
作者の稲垣昌子さんは児童文学を研究している主婦で、自分が猫を飼っていた体験をもとに書いた本なので、猫の実態、人との関わりがとってもリアルだ。
今から50年前に書かれた本で、子どもの頃図書館で借りて大好きになり、大人になってから買ったんだとおもう。
福田庄助さんの絵もいい。
a0054240_018198.jpg

by hideko0611 | 2014-02-07 00:14 | 読書 | Comments(2)

梅見そば

a0054240_22474171.jpg

「マンサク」

寒い夜だったけれど、雪は山に粉砂糖を降りかけた程度に降っただけ。
a0054240_22505583.jpg

あまり寒かったら金曜に行こうと思っていた卓球にもちゃんと行けた。
卓球と手話のダブル徳山往復にもすっかり慣れたが、それもあとひと月ちょっとで終わり。
(手話奉仕員養成講座は3月19日が閉校式。)
卓球はジョーさん、S村さん、Kさんと4人で楽しくダブルスを繰り返す。
私とS村さんのペアが何回リベンジしても、どうしても勝てない。
フルセットに持ち込むところまでは行ったんだけどなぁ。
Kさんは数ヶ月前に入ったばかりなのに、どんどん上達している。
今日も最初はS村さんのサーブをほとんど取れなかったのに、途中から取れるようになっていたし、スマッシュも何度かきめていた。
間もなく7年が終わろうとしているのに、上達曲線の傾きがとっても小さな私。
すぐに追い越されそう、いや、もう追い越されているかも。

水曜のお昼のお楽しみ、一人ランチは蕎麦処「さぼーる」へ。
中央病院を通り過ぎて、ケンタッキーのところを山側に入って1kmほど走ったところにある、隠れ家的なお店。
a0054240_2323527.jpg

お蕎麦のおいしさを味わうために、天ざるを注文してみたが、お蕎麦はすっきり、天麩羅はさくさくしていておいしかった。
a0054240_2341685.jpg

床の間はこんな感じ。
a0054240_236922.jpg

梅の見える窓に面した席は一人でもくつろげる。
a0054240_238571.jpg

帰りに出会った(たぶんお店の)猫ちゃんがいい面構えをしていた。
a0054240_23105327.jpg

とことこやって来て体をすりつけてきたわりには、あっさりまた行ってしまった。
a0054240_2394929.jpg


よたろうさんの水墨画教室が3時に終わるので、ふれあいセンターまで、散歩のついでに快と迎えに行って来た。
a0054240_23174828.jpg

「おと~さん、はやくでてこないかなぁ~。」
a0054240_2320171.jpg

「やっとでてきた~。」
a0054240_23213536.jpg

「わ~い、ひさしぶりにじてんしゃときょうそうだ~い。」

by hideko0611 | 2014-02-05 23:23 | B級グルメ | Comments(0)