<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


値下げ

a0054240_161169.jpg
a0054240_16112430.jpg

「日本サクラソウ」

朝ラジオを聞いていると、天気予報で山口県全域に強風注意報が出ていた。
空模様も怪しい。
卓球の帰りが心配だったので、朝から雨具を着こんでいったが、なんとか大丈夫だった。
今日の卓球は、生徒5人でひっそり。
その代わり、レッスンを30分以上みっちりつけてもらえた。
そのほかの時間は、新しくなったマシーンで、左右の打ち分け、ドライブ打ちの練習をみっちりする。
「フォアがよくなったね。」
とIさんに言ってもらえた。
先生にもドライブはめちゃくちゃ言われたが、スマッシュ打ちは何度も「よし!」が出たのでよかったことにしよう。
ところで今日は月謝を払う日だったけれど、私は1000円安くなった。
a0054240_16381737.jpg
(6000円→5000円)
私のように週に1回の者は安くなり、フリーの人は高くなり、1回当たりの費用を公平にしたというわけ。
何はともあれ、これもよかった。
映画の話をよくする岩国のYさんに、先日ポール・ニューマンの「ノーバディーズ・フール」のDVDを貸してあげたのだけれど、
「ポール・ニューマンはあの役には品が良すぎるね。
クリント・イーストウッドの方がいいかもしれない。」
との感想だった。
確かにそうかもしれない。
どんな無頼の役をやっても品のいいところが私は好きなんだけれど・・・ね。
午後からは強い風と雨。
低気圧が通過している最中だ。
a0054240_16385140.jpg

雨の降る前に海は短い散歩をすませておいた。
よたろうさんはこの悪天候の中、篆刻の重い荷物を持って徳山へ。
ご苦労様。

by hideko0611 | 2009-04-20 16:37 | 卓球 | Comments(0)

夏近し

a0054240_21471180.jpg

a0054240_21494075.jpg
「スイートピー」
「赤いスイートピー」の歌が流行った頃、まだ赤色のスイートピーは実在していなくて、その後の品種改良で生まれたらしい。
我が家でも初めて咲く色。
水色、白などが売り切れていて、赤、紫などの強い色がたくさん残っていたのだけれど、明るい日差しの中で、それなりに素敵。

日中は30℃を越えて真夏日のところもあったそうだ。
山口も初夏のような1日。
庭の草抜きはほぼ終わった。
でも最初に抜いた辺りに、もう新しい草が生えてきている。
これからは私の作業と草の生命力とのいたちごっこの日々が続き、そのうち盛夏になるとお手上げ状態になる。
昨日コースケさんちにぬかをもらいに行った時、軒先にツバメが飛び交っているのを発見。
すでに巣に入居しているつがいと、もう一つの物件(巣)を検討しているつがいがいて、にぎやかなこと。
a0054240_21593240.jpg
もう何年もやって来ているらしい。
いいなぁ・・・。
ツバメが巣を作る家には幸運が来るとかいう言い伝えがあったような・・・。
我が家は猫がいるのと、昔ながらの家の造りでないのとで無理なのだろう。
コースケさんちでも、ヘビにやられることが多いという話だった。

お昼にはそうめん(徳島の半田そうめん・・・冷麦ぐらいの太さでコシがある)、夕食にはトマトのサラダを食べて、食卓の上もすっかり夏に近づいている。
a0054240_2218091.jpg
きゅうりは食べていないけれど、先日畑にきゅうり(去年と同じとげなしきゅうりのフリーダム)とトマト(桃太郎)の苗を植えたので、そのつながりで一緒に写す。
どちらも2本ずつ。
一斉に採れて、一斉に枯れてしまうので、今年は1ヶ月ほどずらしてまた2本植えることにした。
あと去年採ったオクラの種を蒔かなくては。
朝食用に赤チシャも3本ほど。
夏の野菜は虫との戦いがいやだよ~。
虫のつきやすい植物は、今のところ草を抜きながらこまめにチェックしている。
(ホオ、つまりカメムシがつくホオズキとか、アオムシの大好物のハボタンとか。)
水やりももちろん毎日必要な季節になって来た。
よたろうさんが
「絵になるね。」
と2階から写真を撮ってくれる。
a0054240_22383248.jpg
この時は水やりだけなので、帽子とよたろうさんの長靴という簡単装備。
そうそう、ユニクロにシャツを見に行って来たが、スタンドカラーはなかった。
着心地のよさそうなリネンのシャツを2枚買って来る。
リネンって亜麻のことなんだけれど、表示は麻100%とはこれいかに?
ソフトリネンと書いてあったから、それが麻製なのだろうか?
まあ、とにかく明日からこのシャツを着て、楽しく庭仕事をしよう。

by hideko0611 | 2009-04-19 22:30 | 四季の移ろい | Comments(0)

豊かな気分

a0054240_2252489.jpg

「シモクレン(モクレン)」

コースケさんに、毎年恒例のタケノコ掘りに連れて行ってもらう。
よたろうさんにスタンドカラーのチェックのシャツを借りたので、それを着用。
a0054240_23154926.jpg
なかなか着心地がいい。
車を降りてから、竹薮と杉林の間をてくてく歩いて行く。
a0054240_2312217.jpg
a0054240_23121698.jpg
a0054240_23123568.jpg

目的地の山の斜面までけっこう遠い。
杉林は、昔は田んぼだったそうだ。
a0054240_23125278.jpg

今年は暖かいせいか、タケノコの生育がいい。
地面からすっくり頭を出しているものが多く、見つけるのが楽だった。
a0054240_2316724.jpg

(今年も私は「ここ掘れ、ワンワン」係。)
ゼンマイもどっさり生えている(採らなかったけれど)。
a0054240_23173129.jpg

竹の根はとても頑丈なので、タケノコを掘るにはとても力がいる。
1本目を掘り始めたところで、我が家の鍬が折れてしまった。
いくら地面が硬いとはいえ、びっくりした。
コースケさんに鍬を借りて、よたろうさんがどんどん掘っていく。
私も掘るように言われて、1本だけチャレンジしたが、案の定途中で折れてしまった。
a0054240_23163719.jpg

こんなふうに、赤いぶつぶつ(根)が見えるところまで掘らなくては・・・ね。
a0054240_2319144.jpg

それも入れて10本ほどの収穫をかついで(よたろうさんが)、意気揚々と帰る。
a0054240_23194421.jpg
タケノコが多いので、外で薪に火をつけ、古い羽釜でぬかを入れてゆでる。
a0054240_23192843.jpg

夕食にワカメ、鶏肉と炊き合わせたが、さすがに掘りたてをゆがいただけあっておいしかった。
残りのタケノコは、おすそ分けする分以外、1cmほどの厚さに切って、小分けにして冷凍庫へ入れた。
入り切るか心配だったけれど、なんとかおさまる。
(その代わり、二葉屋の食パンが追い出された。)
実は昨日、タダオさんちからも大きなタケノコをいただいている。
ただ今、タケノコ長者の我が家である。
まぁ、このあたりのお家はみんなそうだけれど。

by hideko0611 | 2009-04-18 23:21 | 山口の味 | Comments(0)

新しい帆をはって

a0054240_1751271.jpg

a0054240_21144413.jpg
a0054240_21151672.jpg
「オダマキ」

予定どおり、午後から文化会館へキルト作品展、美術館へ水墨画展を見に行く。
その前に、2号線沿いのトーカイに寄ってみたが、やっぱりカットクロス(切ってある布)でギンガムチェックはなかった。
反物の中から探して、ピンク、赤、茶を30cmずつ切ってもらう。
チェックって、大きさによって全然イメージが変わることが分かった。
キルト作品展は、多様な作品があって楽しかった。
色使いがすてきだなと思って名前を見ると、どれも同じ人。
やっぱり色使いに個性が表れるんだね。
会場で先生とお会いする。
先生の作品は
「10年ぐらい前のものなの。」
という、柔らかい色づかいのヘキサゴン(クイズ番組ではない!六角形)。
先生と私は色の趣味がよく似ているので、どれも見ていて心地よい。
ちょっとしたプレゼントが当たる抽選があるのだけれど、当たる確率はかなり高いそうなのに、去年に続いて今年もはずれで残念。
水墨画展では、今日1日よたろうさんが受付をしていた。
何人かの方に紹介されたので、ちゃんとした服装で、お化粧もしていてよかったと胸をなでおろす。
よたろうさんに案内してもらって作品鑑賞。
これがよたろうさんの作品。
a0054240_1884629.jpg

タイトルは「永日」で、私がつけたのだけれど、意味をすっかり忘れていた。
「日中のながいこと。特に春にいう。ひなが。はるなが。」(by広辞苑)
まだ受付の仕事が続くよたろうさんと別れて、買い物をしながら帰る。
帰り道、政所の旧日下医院の前を通ったので、中をのぞいてみる。
中に入っている雑貨屋さんで、帆布のしゃれたトートバッグを見つけたので思わず買ってしまう。
a0054240_21161380.jpg

電車で出かける時に、単行本を読みたいと思うと、バッグのほかにもう一つ小さい袋がいるのがいつもめんどうだった。
どこかに忘れそうになるし。
これなら取っ手が長いので肩からかけられて、中身はたくさん入るけれどトートにしてはスリムなので、ショルダーバッグ感覚で一つですむ。
色もカーキだけれど、グレーに近くて、ほんの少しオレンジのステッチが入っているのがいい。
ジーパン(やっぱり「ジーンズ」や「デニム」よりしっくりくる)の多い私にはぴったり。
帆布バッグは本当に丈夫だ。
京都の「一澤帆布」が有名だけれど、よたろうさんは大阪のミナミで数年前に買った「牛や(山形県米沢市のメーカー)」のおっきな帆布トートを愛用している。
a0054240_2117435.jpg

篆刻や書道の重い道具を入れて持ち運びしても、全然傷んでいない。
布自体も強いけれど、縫製もしっかりしていることが分かる。
ちなみにホームページによると、私が今日買ったバッグの「須田帆布」はつくばで、家庭内手工業のような感じでやっているメーカーらしい。
バッグだけではなくて、農夫のシャツなるものも販売していて、なかなか着心地もよさそうだが、作業着としてはちょっと値がはる。
スタンドカラーで材質はヒッコリー(綿100%)だって。
ユニクロで似たようなものがないか探してみよう。
シャツ類は最近着ないのでほとんど処分したのだけれど、カットソーやトレーナーだと、庭仕事の時にかがむと背中が見えて、そこを蚊やブトにやられる。
今年すでに2つやられてしまった。
なんとしても今年の夏はシャツを手に入れなければ。
よたろうさんがもう着なくなったワイシャツをあげると言ってくれたが、
「かわいくないのでいやだ。」
と断る。
ストライプかギンガムチェックがいいな。
足首を守るために、長めの靴下も手に入れた。
(こんなに気をつけていても、膝の裏に続いて、服の上から背中をブトに刺されてしまって、とってもかゆい・・・。)
今日は午前中、草抜き(手押し車1杯分)といっちゃんに手伝って(というか、ほとんどして)もらって、人からいただいた糸葉水仙の球根を植えたり、日陰者だったコンボルブルスを日の当たる世界に植え替えたりした。

こちらは口で草抜きにいそしむ海。
a0054240_21175927.jpg


by hideko0611 | 2009-04-17 21:30 | お買い物 | Comments(0)

チェックさがして

a0054240_1731444.jpg

「ヒメリンゴ」

今日は第3木曜だけれど、先生の都合(明日から文化会館で開かれるキルト作品展の準備)でパッチワークはお休み。
第5週に変更になっている。
でも2週間バッグしかやっていないので、今年の課題サンプラーキルトに少しでも手をつけておこうと、今日は曇りということもあって、中庭の草抜きバケツ1杯分だけで庭仕事を終える。
布合わせをしようとしたら、薄緑のチェックの布を持っていないことに気がつく。
バラとか小花模様を中心にする予定なので、そういう布はいっぱい持っているから何とかなるだろうと思っていたが、その合間をうめる穏やかなチェックって全然持っていない。
夕食の買い物がてら、ゆめタウンのトーカイへ行ってみるが、意外なことにチェックって少なかった。
それも淡い色はほとんどない。
どうしようか迷ったあげく、一番淡いベージュ(薄茶)のチェックを購入。
家に帰って合わせてみたら、中心にくる大きな布が薄緑にピンクのバラ模様なので、なんとか合いそう。
a0054240_1844861.jpg
この周囲を、ピンクと白の三角形のピースがぐるっと取り囲む。
明日は、文化会館にキルト作品展を、美術館によたろうさんも出品している水墨画展を見に行く予定。
両方の建物が2号線をはさんで向かい合っているので、大変便利。
ついでに2号線沿いのトーカイで、淡い色のチェック布を探してこよう。
パッチワークをしなが久しぶりに「ミヤネ屋」を見ていたら、イチローが復帰第1戦で日米通算最多安打3085本を達成、それもなんと満塁ホームランで飾ったというニュース。
先日のWBCの決勝打といい、小説に書いたら、
「そんなことあるわけないだろ~。」
と言いたくなるようなことを次々実現してしまう人だ。
でも最近私が一番「あっぱれ!」をあげたいのは、パリーグ1位の楽天。
もちろんセリーグ5位の阪神にもがんばってほしいが。

a0054240_17571943.jpg

海が水を飲むところはいろいろあるが、ここコースケさんちの畑の溝を流れる水は、山から湧いて出たばかりのとってもきれいな水。
海の後方に水の出口が見える。
a0054240_182733.jpg
家には海用の水入れ(古い炊飯器の内釜)があって、そこからも飲むのだけれど、このつくばいの水もお気に入り。
乙女椿が浮かんでいて、なんだか風情がある。

by hideko0611 | 2009-04-16 18:04 | パッチワーク | Comments(0)

卵世代

a0054240_2174344.jpg
a0054240_221178.jpg

「シバザクラ」

骨休みの雨は1日でおしまい。
今日もしっかり草抜き、植え替え、古土の処理をする。
雨の後は、面白いほど草がするする抜ける。
あっという間に大きなバケツ2杯分。
なかなか途中でやめられない。
先週ムスカリ、ヒヤシンスが退場したが、今週はアネモネ、チューリップが表舞台を去ろうとしている。
今度はだいぶ背が高くなったユリのプランターを登場させた。
つぼみがふくらんでいるのはバラにクレマチス、シラーベルビアナ。
こぼれ種のコスモス、ほおずきが芽を出してきた。
植物の成長は1日で目をみはるほど、1日どころか、朝つぼみだったバラが昼過ぎには咲いている。
a0054240_21471384.jpg
その代わり、1週間前に草を抜いたところがまた生えてきているけれど、しかたがない。
「お茶の新芽が伸びとるね~。」
と母。
八十八夜は5月2日、まだまだ先だというのに。

昨日漬けた大根の漬け物が1日でおいしく漬かって食べられるようになったので、レシピを紹介。
a0054240_21465341.jpg

大根5Kgに対して、
  酒1合
  砂糖300g
  酢1合
  塩200g
  唐辛子
大根は皮をむいて拍子木切りにしたが、皮をつけてもいちょう切りでもいいと思う。
大根2本で700gだったので、それぞれ0.14倍した分量で漬けてみた。
いつもいろいろいただくタダオさんちに、朝市で買ったゆでだこ半分とこのお漬け物少々をおすそ分け。
またそのお返しにと卵をいただいてしまう。
黄身の色が濃くて盛り上がったおいしい卵が最近なかなか売っていない。
いただいた卵はどこかから(ちゃんと聞かなかった)取り寄せておられるもので、家でさっそく卵かけご飯にしてみたが、殻がしっかり硬く、味もおいしい。
最近卵かけご飯のしょうゆが何種類も商品化されたり、メニューが卵かけご飯だけの店が出来たりしているけれど、私は子どもの頃から卵かけご飯が好きだった。
小さい頃は好き嫌いが多かったので、よけいに卵に傾倒していったのだろう。
卵がごちそうだった時代だしね。
(ゆで卵も卵焼きも目玉焼きもオムライスも温泉卵も炒り卵も茶碗蒸しも卵豆腐も好き。)
80個取り寄せて3人の娘さんちと4軒で分けていたのが、
「コレステロールが高い!」
と敬遠されているそうなので、代わりに参加させてもらうことにする。
a0054240_21463078.jpg


今日は一昨日よりさらに近い!
a0054240_2140953.jpg
a0054240_21535123.jpg


by hideko0611 | 2009-04-15 21:52 | B級グルメ | Comments(0)

I Love 昭和

a0054240_1894116.jpg

「シンビジウム」

火曜日は私の休日。
午前中はまだ小雨が降っているので、どうしようか迷ったけれど、防府へ街歩きに出かける。
今日は一人。
よたろうさんも謡の稽古がお休みなんだけれど、お店をゆっくり見ようと思ったら一人の方がいいので。
よたろうさんは家で謡を一唸りしたり、絵を描いたり字を書いたりして、彼も楽しい休日。
先日美容院で山口のタウン誌「Yamaguchi」の雑貨屋特集を見て、ちょっと近場の雑貨屋めぐりをしてみようと思いたった。
「雑貨」というのは広辞苑によると、
「雑多の貨物。また、こまごまとした日用品。」
とあるけれど、
「なくても生活にはいっこう差し支えないが、気に入りのものがあると生活が楽しくなるもの」
と私は定義している。
我が家にはもう新しい雑貨が入り込む余地はないぐらい、今までの人生で集めたあれやこれやが所狭しと並んでいることもあり、こちらに帰って来てから2年半近く、ほとんど雑貨屋に足を向けることはなかった。
最近少し心の余裕が出来て、またちょっとのぞいてみようかなと思ったわけ。
晴れていたら山口に行ってみようかと思っていたのだけれど、雨なので地理が分かっている防府にする。
残念なことに、一番行きたかった2軒が今日は休日。
1軒なんて、臨時休業。
結局行った2軒は、前から知っていたところ。
a0054240_2163534.jpg
a0054240_2164936.jpg
のんびりあれやこれや眺めたけれど、特にほしいものはなし。
結局今日買ったのは、昔からあるというレコード屋さん(という表現がぴったり)で、「服部良一トリビュート」。
これが聴いてみるとなかなか面白い。
福山雅治、井上陽水、さだまさし、ゴスペラーズ、布施明、森山良子、徳永英明、小田和正、佐藤しのぶ、山崎まさよしなど、そうそうたるメンバーが参加している。
息子の服部克久、孫の服部隆之のアレンジが、昭和(戦後間もなくの昭和)の名曲を新しく蘇らせているのはさすが。
新しくて懐かしい素敵なアルバムに仕上がっている。
あと、パッチワーク用の布を少し。
防府の肉屋さんで、母の好きな牛すじ(アキレスじゃない)を売っているところがあるので、そこで買い物をした時、大根の漬け物を味見させてもらう。
a0054240_212112.jpg
すじを大根と焚くという話からそうなったのだ。
作り方も教わって帰り、家でさっそく漬けてみた。
a0054240_2122024.jpg

昔ながらの対面販売の面白さ。
私はやっぱり昭和にどっぷりつかっている人間なんだなぁと改めて思う。

午後遅くからようやく日が差し始めたので、海は夕方になってからようやく日光浴を楽しんでいた。
a0054240_2131727.jpg

「なんか用?」
a0054240_2114376.jpg

「用がないなら呼ばないでねっ。」

by hideko0611 | 2009-04-14 21:11 | 山口観光 | Comments(1)

体力消耗

a0054240_18272415.jpg

「ボタン」

今日の卓球はまきちゃんもサナエちゃんも、猫のえさをいただいた岩国のYさんも来ていなかった。
つまり親しい女子(っていう年でもないけど)は誰もいなかったというわけ。
その代わり男性陣が珍しく6人も。
私の初試合でペアを組んだKさんが4ヶ月ぶりに来ておられたので、旧交を温め合う。
(ダブルスの試合をしたということ。)
93歳のお母さんが転んで骨折なさったので、しばらく来れなかったとのこと。
2回も手術をしたのに、もう元気に歩いておられるということで、よかったよかった。
先週Iさんに切り返しを鍛えてもらった成果か、今日は先生とのレッスン時に珍しく切り返しが続いた。
ダブルスを3試合したけれど、サーブミスは5本・・・だったかな。
私にしては少ない方だった。
あとドライブのこつがつかめたらなぁ~。
卓球は10時から12時までなので、その後徳山でパンなどの買い物をして帰ると、帰りが2時近くなることもある。
その後食事をすると遅くなるので、今日はお弁当を作って持って行った。
ちょうど昨日のたけのこご飯が残っていたので、卵焼き、ソーセージいため、朝食の残りのイチゴ、常備菜のよたろうさん特製きゃらぶき(我が家で採れたもの)という、あり合わせのお弁当だけれど、やっぱり手作りのお弁当っておいしいね。
a0054240_21121588.jpg

花見や山登り以外では、久しぶりに作ってみた。
次からも、おにぎりだけでもいいから持って行こうかな。
卓球をするとおなかがすくんだもの。
汗もしっかりかいて、いい運動になった。
朝の草抜き、午後の植え替え(今日は母と多肉植物の植え替えの続きをした)&古い土の再生、夕方の海の散歩と、ほかにもよく体を動かした1日。
昨日の夜、ずっと読み続けていた宮部みゆきの「楽園」を最後まで読み終えるために夜更かし(1時就寝)したので、とっても眠い。
宮部さんは新刊が発売されると必ず買う作家の一人なんだけれど、最近はファンタジーやゲームの世界に題材をとったものがふえてきたのと、中身が重い(暗いではない)のとで、この「楽園」上・下巻のほかに、「ドリームバスター4」と時代もの「おそろし」が読まないまま本棚に立てられている。
新刊の「英雄の書」上・下巻はまだ買ってもいない。
面白いのだけれど、読むのにエネルギーがいる。
「楽園」は、話の結末がどういう方向へ向かっているのか、下巻の途中まで全然見えてこなかった。
さすがにゴール直前は一気に読ませる筆力。
・・・というわけで、今夜は早めに寝ることにする。
「ダ・ヴィンチ」の有川浩特集を読みながら。
(「ダ・ヴィンチ」を前回買ったのは、宮部みゆき特集の時だった。)

a0054240_2174779.jpg

昨日と違って、にらみ合うのではなく見つめ合っている海とこたろう。
海は我が家の猫とそうでない猫との区別はついているみたい。
a0054240_2110404.jpg


by hideko0611 | 2009-04-13 21:15 | 卓球 | Comments(0)

季節の味

a0054240_18252447.jpg

「モッコウバラ」

阪神が巨人に三連敗だぁ・・・と書こうとして、念のためにネットで調べてみると、なんと同点に追いついて延長12回を戦っている最中ではないか!
(夕方6時半現在)
テレビ中継は8回までしかなくて、その時点では5-6で負けていた。
昨日、一昨日のことがあるので、おそらくそのまま負けたのだろうと思っていたのに、意外なしぶとさを発揮している。
今、このブログを作りながらネットの速報を見ているのだけれど、何回までやるのかしらん?
金本が1試合3ホームラン(それも2試合)なんていう神がかり的な活躍をしているわりに、勝てない阪神。
現在5位と低迷している。
遠く山口から応援しているので、新生真弓阪神がんばれ!
と書いているうちに、12回が終わって引き分けで試合終了になってしまった。
でも、三連敗しなくてよかった。

午前中、よたろうさんはオモトの植え替え、ジャガイモの芽かき。
それから、ご近所のお花友達の一人Aさんからいただいたシオンとパイナップルリリーを中庭に植えてもらう。
パイナップルリリーは別なお花友達Kさんからも球根をいただいていたので、それも一緒に植える。
海がうろついている右手のところ。
a0054240_20335431.jpg
a0054240_203467.jpg

私は草抜きやプランターの移動など。
シャコバサボテンの植え替えも。
午後は母と一緒にベゴニアや温室の多肉植物の植え替え。
a0054240_20555896.jpg

今日も4時間庭でしっかり働いた。

夕方庭にいる時、大きなかごを背負って道を歩いているタダオさんの奥さんを見かけて、思わず声をかける。
「それはなんですぁ~。」
a0054240_2024114.jpg
かごのことを聞いたつもりだったのだけれど、中身のことを聞かれたと思った奥さんに、
「甘夏ですよ。分けてあげましょう。」
と5ついただいてしまった。
実は、その前にめかぶももらっていたのだ。
a0054240_20234843.jpg

これで我が家の柑橘類は、文旦、はっさく、デコポン、はるかも入れて5種類になった。
a0054240_20511513.jpg
この甘夏でもう一度マーマレード作りに挑戦してみよう。
コースケさんちからは、毎年恒例のタケノコのおすそ分け。
今夜ゆでたものを、明日いただくことになっている。
「そのままとゆでたのとどっちがいい?」
と訊かれたので、あつかましく後者を選択。
今夜のたけのご飯のたけのこは、昨日親戚のおばさんが持って来て下さったもの。
a0054240_20513510.jpg
やっぱりゆでてあって助かった。
冷凍庫には先日来いただきものが続いたおもちがまだたくさん入っているけれど、そろそろたけのこのためにスペースを空けなくては。

至近距離でにらみ合うさねもりと海。
これこれ海、先に目をそらしてどうする。
a0054240_20434235.jpg


by hideko0611 | 2009-04-12 20:46 | 趣味の園芸 | Comments(0)

痛っ こわっ

a0054240_18164920.jpg

「カロライナジャスミン」

今日は海にとって災厄(最悪)の日、年に一度の狂犬病予防接種の日。
何も知らない海は、いつもの通りしっぽをぴんと立てて意気揚々と散歩に出発。
a0054240_18382290.jpg

小学校のビオトープの八重桜を人間は楽しみ、
a0054240_18215899.jpg

海は桜の花びらを浮かべた水を飲んで楽しむ。
a0054240_18225055.jpg

ジャーンプ!
a0054240_18231758.jpg

でも会場が近づくと、しっぽが垂れ、足がすくんで動こうとしない。
海はびびりなのだ。
新しい首輪が少しゆるいので、強く引っ張ると抜けそうになる。
私が手続きをしている間に、よたろうさんが何とかお医者さんの前まで引っ張って行き、体をだっこして台に乗せると・・・一瞬にして注射は終わっていた。
それでもしばらくはしっぽ垂れ垂れ状態。
a0054240_1825392.jpg

あまり興奮して疲れたのか、帰りに小学校の体育館前の日陰で長々と休憩し、
a0054240_18263554.jpg

家へ帰る途中の坂道でまた長々と休憩した海である。
a0054240_18275279.jpg

のどが渇いたので、もう一度水も飲んだ。
a0054240_18291898.jpg

ふう~。
海もお疲れだが、私達もちょっと疲れた。
注射の証明をもらって、1年間は無罪放免。
a0054240_18324596.jpg


注射は朝の9時からだったので、10時前に帰って来て、2時間一人で草抜き仕事。
午後は買い物から帰って来て、母と一緒に1時間半、植え替え仕事。
ブトと蚊の攻撃を恐れながら、半袖のTシャツで作業をしたが、幸い一つも刺されず。
でもこんな格好では、刺されるのは時間の問題だろう。
突然半袖が気持ちいい季節になってしまったけれど、ちゃんと防御しよう。
私は日本脳炎の予防注射はしていないのだから。

by hideko0611 | 2009-04-11 18:38 | 柴犬との暮らし | Comments(0)
line

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
line
カレンダー