<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


受難の季節

a0054240_20451020.jpg

「ルリマツリ(プルーンバーゴ) イソマツ科プルーンバーゴ属」

1日に何ヶ所も蚊やぶとに刺されて、たいがい慣れっこになっているが、どうしても
「許せねぇ!」(NHKドラマ「オトコマエ!」の藤堂逸馬風に)
と叫びたい刺され方がいくつかある。
その1
服の上から刺される。
しかも2枚の布地を越えて(どこかか分かりますね。)
白い服でもおかまいなし。
その2
もんぺと靴下の間の、1cmしか開いていない肌の露出部分をねらって刺される。
(私の足が長いということを言いたいのではない。)
その3
顔を刺される。
去年は唇を2ヶ所も刺されるという椿事があったが、今日は右のまぶたをもろに刺された。
四谷怪談になるかと思ったが、そこまではいかず、今は右目だけが一晩中泣きはらした状態。
海の散歩の時に私が持って歩くショルダーバッグには、蚊に効くカトリスをつけている。
a0054240_20384515.jpg

中身は海のおやつ、トイレ袋という必需品の他に、「ひどい虫さされ・しぶといかゆみに」効くはずのムヒアルファEXと、虫除けスプレーを入れている。
a0054240_20391365.jpg

本当は携帯用の殺虫剤があればいいのだけれど。
顔の周りをぶんぶん飛び回るぶとは、本当にうっとうしいったらありゃしない。

いっちゃんが来てくれる金曜日は、3回連続でお寿司シリーズ。
先々週はちら寿司し、先週は手巻き寿司、そして今週は久しぶりに巻き寿司を作った。
a0054240_20381120.jpg

かんぴょう、玉子焼き、しいたけ、あなご、きゅうりを芯にした正統派巻き寿司。
ひろちゃんがだいぶ前にくれた千葉の海苔を、先週と今週で使いきったが、おいしい海苔だった。
来週はいなり寿司とも考えたが、そろそろほかのメニューにしてみよう。

海とポォとシャイのスリーショット。
まずポォが1匹でピンクパンサーを乗っ取っていた。
a0054240_2041270.jpg
そこへシャイもやって来て、2匹でくつろいでいたところへ・・・。
a0054240_2041311.jpg

散歩に行く前の海がごあいさつ。
a0054240_20373580.jpg
耳を全部寝かせてシャーシャー威嚇しているシャイ(これが普通の猫の反応)に対して、春風駘蕩のポォ。
ところでシャイの右目はどうしたのか、なかなか治らない。
a0054240_20505496.jpg
ぶとに刺された私の目と、いい勝負である。

by hideko0611 | 2008-07-11 20:44 | 山口の自然 | Comments(2)

採れすぎて・・・


a0054240_2219639.jpg
「キキョウ キキョウ科キキョウ属」

目が覚めると5時40分だった!
と言うのも、なぜか目覚ましが4時に鳴ったのだ。。
昨日携帯ラジオを探して、ベッド周りをごそごそしているうちに、目覚まし時計をベッドの上に落としたのは覚えている。
それだけのことで、なぜにこういう結果に?
4時からちょっとだけ目をつぶっただけなのに、あっという間に1時間40分が過ぎていた。
眠りの精の魔法である。
「眠りの精」(ブラームス編曲)は、学生時代、音楽の時間に習ったが、美しい日本語訳詩が印象的で好きな曲の一つだ。
「月の光に 花も草も 夢を追いつつ うなじたれぬ♪」
堀内敬三と言う人の訳詩だった。
「遠き山に日は落ちて」「冬の星座」など、今も私の心に残っている訳詩をした人だが、なんとラジオ体操の歌や、ラジオ体操そのものも作曲しているらしい。
でも調べてみたら、それは戦前使われていた曲で、今とは違うものだった。
それはともかく、眠りの精にどっさり砂を目にかけられて寝過ごした私は、急いで飛び起きて、待っていた海を連れて散歩に出かける。
6時半のラジオ体操までに帰って来れるか?
途中でだいぶ海と疾走した。
カメラを持って行く暇もなかったので、飛ぶように走るかっこいい海の写真はない。
誰にも会わなかったからいいけれど、朝6時頃全力で走って散歩している柴犬と中年女性って一体・・・・・。
小学校まで行ったので、帰り始めた時はすでに6時14分。
これではとても間に合わないと思ったが、帰りは昔よたろうさんの通学路だった近道を通ったので、27分には家に帰り着くという快挙。
急がせてもちゃんとごろんもトイレもした海もえらいが、海に負けずに走り続けた私もえらい。
帰ったら汗だくだったので、汗をかかない涼しいうちに散歩するという本来の目的は果たせなかったが、充実感があったので、まあいいことにしよう。

暑くなるにつれて、ぐんぐん伸びているキュウリ。
今年はいぼなしキュウリのフリーダムを種から育てた。
2月に千葉のひろちゃんちで食べさせてもらって、日持ちと歯応えのよさに感動したキュウリ。
いっちゃんが米沢園芸で種を見つけてくれて、分けてくれた。
千葉で食べたのとは育つ時期が違うからか、なんだか普通のきゅうりと変わらない気がするが、ともかくとても勢いがよい。
a0054240_22175837.jpg
a0054240_22181691.jpg

虫にやられてよれよれのナス、雨に打たれて今ひとつ景気のよくないトマトをしり目に、我が世の夏を謳歌している。
当然一斉に実をつけて、食べきれないぐらいぶら下がっているので、今日2軒ほど知人にバイクで配達してきた。
これは残りで、曲がったのと落としてしまって傷がついたのと、小さいのと。
a0054240_22155145.jpg

家でもからし漬にしてみた。
a0054240_22165273.jpg

一つだけでも野菜がよく育ってうれしい。

黒猫のポォを抱いていると、竹久夢二の「黒船屋」の美女になったような気がする。
a0054240_2221092.jpg

みごとに長いしっぽをピンと立てて、後を着いて来るポォ。
a0054240_2235325.jpg

足元で見上げるポォ。
a0054240_224337.jpg

昨日は海にべろべろ体をなめられても、平気でじっとしていた。
ポォは、昔中華街で買った七宝焼きの猫の置物に似ている。
a0054240_226126.jpg


by hideko0611 | 2008-07-10 22:24 | 趣味の園芸 | Comments(0)

ポォの帰館

a0054240_21523347.jpg

「ブルースター(オキシペタルム)(オクシペタルム) ガガイモ科トゥイーディア属」

数日前から朝夕ヒグラシが鳴き始めていたけれど、今日はこの夏初めてほかのセミ(チイチイゼミ?)が鳴くのを耳にした。
でもまだそれほどうるさくは鳴いていない。
西宮のクマゼミのシャーシャーという大合唱は、もう始まっているのだろうか?
からっと晴れた、気持ちのいい1日。
a0054240_22394491.jpg

温度もここ数日に比べると少し低めで、何より湿度が低い。
こんな日は心も体も軽く、いろいろ仕事をしたくなり、台所の床を洗剤で磨いたり、大きなマット類を洗濯したり、楽しく働く。
私の部屋の掃除も始めたが、携帯用のラジオがどこかへ行ってしまっていて、それを捜し始めたら気になって、掃除は途中で放り出してしまった。
なくなったことよりも、どこへやったか思い出せない自分がもどかしい。
小さいものなので、どんなところにも入りこみそうだ。
朝の海の散歩の時に、聴こうと思っていたのに・・・。
そうそう、ラジオを捜していたら、万歩計が出てきたのでつけてみる。
今日の歩数。
a0054240_22383093.jpg

朝の散歩だけで2500歩ちょっとだった。
1日10000歩ぐらい歩かなくっちゃね。

まるまる5日間留守にしていたポォが帰還、いや帰館の方がいいかもしれない。
別に危険な目に合ってきたようにも見えないので。
5日間、いったいどこで過ごしてきたのだろう?
別にやつれても、汚れてもいない、いつもどおりポーッとしたポォである。
親と一緒ならともかく、4日間はたった1匹(時々シャイもいなかったので、2匹の時もあったのだろう)で暮らしていたわけだ。
親離れをして自立したわけでもないのに、本当に不思議だ。
今日、久しぶりなので写真を撮っていたら、こんな顔が撮れた。
a0054240_2234280.jpg
なんだか人間みたいな顔に写っている。
人面猫か?
次の瞬間、あわてて猫らしい顔に戻っていたが、私とよたろうさんは、やっぱりポォは普通の猫じゃなかったと言い合っている。
a0054240_2241230.jpg

全身ほぼ真っ黒で、眼も濃い緑っぽい色なので、写真写りのあまりよくない猫ではあるが(実物はかわいい)、時々妙に人間くさい表情をする時がある。
久しぶりに母さんと一緒。
a0054240_227861.jpg

久しぶりにシャイともじゃれ合って遊ぶ。
そして久しぶりのスリーショット。
a0054240_2281845.jpg

いる時は1日中いるのがまた不思議。
まぁ、5日間もいなかったので、どこかの寄宿舎へ行っていたことにしておこう。

「相棒」をシーズン5まで全部見終わった。
全部で95話。
テレビの再放送と、レンタルビデオ屋「じゅげむ」から借りたのと。
すっかり相棒ワールドにはまってしまい、オフィシャルガイドブックまで買ってしまった。
a0054240_22164533.jpg

いろいろなパターンの話があるので、これだけ続けて見ても楽しめる。
よく練られたプロットの話が多く、解決まで2転3転することが多い。
個性豊かな脇役だけでなく、多彩なゲストが怪演したり、意外な役柄を演じたりしているのも面白い。
もちろん、全く異なるタイプの主人公2人のからみ合いや、どんな暗い話でも底を流れているヒューマニティーも魅力。
何より、ほとんどパッチワークをしながらだったが、それでもちゃんとストーリーが分かるのがいい。
次はシーズン6がDVD化されるのを待つことにしよう。

無心におやつ(主に固いヒメダラ)をあむあむ食べている時の海の顔を、あむあむ顔と名づけた。
a0054240_22421987.jpg
a0054240_22424577.jpg
a0054240_22434183.jpg


by hideko0611 | 2008-07-09 22:53 | 猫のいる風景 | Comments(2)

眠いよ~

a0054240_17543390.jpg

「クロホオズキ(ニカンドラ)(オオセンナリ) ナス科ニカンドラ属」
しばらく青い花シリーズでいってみよう。

今日もまたまたかんかん照りの1日だけれど、ニュースでは関西地方は大雨の様子。
さすがに、こちらは梅雨明けしただけのことはある。
今日も5時に起きて散歩。
本当は夕方も日が沈んでからの方がいいのだけれど、今日の山口の日の入りは7時29分。
しかも太陽熱で暖まった地面は、その時刻でもまだ高い温度を保っているだろう。
それ以後の散歩となると、とても無理・・・なので、夕方の散歩は短めに切り上げることにする。
a0054240_20185553.jpg

・・・と思ったのに、何かの気配を感じて家に入ろうとしない海。

今日はよたろうさんの謡がお休みなので、2人で出かけることも出来たのだけれど、この暑い中ぜひとも行きたいところがあるわけではなし、結局私一人で防府にパッチワークの布地を買いに行く。
長い間歩くと倒れそうなぐらいの日差しの中を、天神さんの近くのパッチワークの店「ハニービー」まで歩く。
今日はパッチワーク教室が開催されていたので、店の人と話はせずにカットクロスを少し求めて帰る。
もう1軒、サティの2階の「マツバラ」では、キャシーマムのむら染めハワイアン生地を何種類か切ってもらう。
今日は食材はほとんど買わず、昼過ぎに家に帰り、暑い午後はハワイアンのバッグの組み立て部分にミシンをかけて過ごす。
2日続きの早起き、これは昼寝でもしなきゃやってられないとベッドに横になり、うとうとしかけたとたん、下で車の停まる音。
親戚のおばさんが野菜(きゅうり・モロッコ豆・じゃがいも・玉ねぎ)をどっさり持って来て下さった。
この時とばかりに、
「久しいですね~。」
と覚えたての方言であいさつをする。
結局昼寝は出来ずじまい。
今日から、夜早く寝る頃にしよう。
今までのように12時に寝ていたのでは、受験生なみの睡眠時間しかとれないことになるので。

「からまっちゃったよ~。」
a0054240_2017166.jpg


by hideko0611 | 2008-07-08 20:22 | 柴犬との暮らし | Comments(2)

いつまで続く・・・?

a0054240_2133536.jpg

「ブルーファンフラワー(スカエボラ) クサトベラ科クサトベラ属」
つけられていた名札にはパープルファンと書いてあったのだけれど、「趣味の園芸」で「ブルーファンフラワー」と紹介していた。
宝塚の陽春園で購入して、持って帰ったもの。
もう1ヶ月以上、次々花が咲いているが、切り戻しをすると秋まで咲くらしい。
「趣味の園芸」で「夏に似合うブルーの花」の特集をしているが、私もブルー(水色・青・紫といろいろ)の花が好きなので、けっこう集まっている。
プルーンバーゴ(ルリマツリ)、ブルースター、友禅菊、ペチュニア、キキョウ、ラベンダー、カンパニュラ、デルフィニウム、デュランタ宝塚・・・etc.。
炎暑の中、少しでも涼を求めたい。

5時にちゃんと起きられた!
今日の山口の日の出は5時9分なので、ほぼ日の出と同時に海と家を出る。
a0054240_21384995.jpg
さすがにそれほど暑くない。
海も元気に歩いて、3ごろん、1伏せしかしなかった。
a0054240_21391790.jpg
a0054240_21392996.jpg

(夕方と合わせると、今日は6ごろん、1伏せ、1座りだから、なかなかいい成績である。)
帰ってから庭の水やりをしても、6時半のラジオ体操までに十分時間がある。
植物も太陽が高く上るまでに水をもらってうれしそうだ。
いつまで続くか分からないが、夏の朝の早起きに挑戦してみよう。

先週さぼってしまった卓球にも、もちろん元気に行く。
Iさんに、
「久しいですね~。」
と言われてしまった。
今はクーラーが効いているので、6月よりは汗の量が少なく、気持ちよく練習出来る。
シェイクに転向する件は、今日もう1回やってみたらやっぱりうまくいかないので、あきらめた。
長年愛用してきたペンホルダーとこれからも付き合っていくことにする。
だいたい不器用な私に、新しいことが巧く出来るはずがないのだ。
何でも新しく始めることは簡単だが、続けることは難しい。

今日もアスファルトの上で、目玉焼きが出来そうな暑さだった。
a0054240_21333145.jpg

夕方の散歩を終えて、家のすぐ横のおやつ場で「やれやれ」顔の海。
a0054240_22504620.jpg


by hideko0611 | 2008-07-07 21:42 | 卓球 | Comments(2)

早くも梅雨明け

a0054240_20485414.jpg

「ネジバナ(モジズリ)(ネジリバナ)(ネジレバナ)(ねじり草) ラン科ネジバナ属」
こんなにまとまって生えているわけではない。
1本ずつすっくと立っている。
地面から生えているところを撮影しようとするとぼけてしまうので、束にして握りしめたところを撮影。

九州北部・山口が梅雨明け宣言。
梅雨入りしたのは一番遅かったのに、この梅雨明けの早さはなに?
梅雨入りが6月10日だったので、期間が1ヶ月もなかったことになる。
そのわりに雨はよく降ったような気がするなぁ。
ほとんど庭の水やりをする必要がなかったもの。
昨日の夕方積乱雲を見つけて、そろそろ夏の空だなぁと思っていたところだった。
今朝の空は巻積雲が一面に広がり、一気に秋の空の風情。
a0054240_2114163.jpg

ところで、朝はラジオ体操が終わって、7時前に海の散歩に出るのだが、その時間ですでにもう暑い。
a0054240_212476.jpg

海もごろんしたり、「もう1歩も歩くもんか。」の自主的伏せをしたり、忙しいこと。
下の方へ行くと、散歩の人やごみ捨ての人に、
「どうしたんですか?」
と質問を受けることもしばしば。
(上の方へ行くとほとんど人に会わない。
会ってもよく知っているご近所の人。)
海はちゃんと日陰とかレンガの上とか、気持ちのいいところで座りこむ(伏せこむ?)ことにしている。
a0054240_2165669.jpg
a0054240_2171776.jpg

a0054240_21335969.jpg
まあ、確かに暑い。
散歩から帰って来たら、私も全身汗びっしょりで、シャワーを浴びて全部着替えた。
これでは、もう少し早い時間に散歩に出かけなければいけないなぁと思っているのだけれど、そのためには私が早く起きなくてはいけない。
(つ、つらい・・・。)
明日試しに、5時に起きて散歩してみようと思ってはいる。
まあ、それぐらいのかんかん照りなので、久しぶりに朝の水やりをする。
その後、母の懸案事項であった、1週間前に買ったアジサイ(「城ヶ崎」と「隅田の花火」)と鉢が小さくなった「金のなる木」の植え替えやプランターの草花の世話をしていたら、午前中2時間半も外で作業してしまった。
熱中症にならないように気をつけなければ。
これでまた全身汗びっしょりで、また着替える。
よく乾くからいいようなものの、洗濯機を2回回すことになった。
ヒグラシは一昨日からすでに鳴き始めている。
他のセミも間もなく後を追って鳴き出すだろう。
ポォは今日も帰って来ない。
この暑さの中、いったいどこにいるのだろう・・・。
母さんが時々優しい声で呼んでいるのだけれど。
a0054240_21193327.jpg

海は午前中から午後の途中までずっと玄関に倒れていた。
a0054240_212247.jpg
もう少し涼しいところはないのだろうか?
水だけ持って行っておいてやった。
いよいよ酷暑の夏が始まる。
a0054240_2122268.jpg


by hideko0611 | 2008-07-06 21:27 | 四季の移ろい | Comments(0)

朝のクラシック

a0054240_17573235.jpg

「ストケシア(ルリギク) キク科ストケシア属」

食事の支度や後片付けの時(特に朝)に、テレビではなくラジオをつけるのが習慣になった。
だいたいNHKFMに周波数を合わせている。
月曜日は「気ままにクラシック」。
笑福亭笑瓶と、ソプラノ歌手幸田浩子の司会で、垣根を低くして、気軽にクラシックを楽しめる番組。
火曜から金曜の朝は「クラシックカフェ」。
クラシックの名曲をたっぷりと堪能できる。
今日土曜日はクラシック番組はやっていないので、CDで小野リサを聴いていた。
ねぜCDも聴けるかというと、しばらく前に、台所に置いていたラジオの調子が悪いので、新しいのを買おうかと思ったが、2階に置いてあったラジカセを持ってきたのだ。
a0054240_2019484.jpg

少しかさばるのが難だが、CDもテープもかけられるのがいい。
私の音楽鑑賞歴はCDの段階でストップしている。
MDもipodも経験なし。
このラジカセは、忘れもしない、阪神淡路大震災の後、マンションが全壊して仮住まいに移った後、冷蔵庫と共に真っ先に買った電化製品だ。
ガスも水道もストップしたままの寒い夜、音楽を聴くことで少しでも心を温かくしようとした思い出の品。

昨日は、猫が3匹とも1日中留守にしていた。
いつも庭先でどて~っとしている母さんまでいないのは珍しいが、みんなそろっていないのでそれほど心配はしなかった。
今朝になって、母さんとシャイは帰って来たが、またポォが戻っていない。
これで丸2日見ていないことになる。
よたろうさんと私は、いろいろな物語を勝手に作っているが、真実は分からない。
物語の例としては、母さんが2匹の仔猫に狩りの仕方を教えるために、どこかへ連れて行ったとか、新しいお父さん捜しに出かけたとか、子別れの儀式をしているとか・・・。
シャイの右目が何かに引っかかれて半分開かないのが、謎を深めている。
ポォは帰って来るだろうか?
a0054240_2050411.jpg

海の顔が夏やせか少し細くなったような気がするが、
a0054240_20435580.jpg
今日よく見たら胴からおしりにかけては全然変化なかった。
a0054240_20442265.jpg

(ただ、冬毛が抜けてから、しっぽも小さくなった。)
生き物を飼うというのは楽しいけれど、心配事と隣り合わせでもある。

by hideko0611 | 2008-07-05 20:56 | 音楽 | Comments(2)

我が家の夏の飲み物事情

a0054240_20413071.jpg

「スモモ バラ科サクラ属」

おととい、昨日と失態続きだったので、今日は自重してバイクでは出かけないことにする。
・・・というわけでもないが、いっちゃんの車でジュンテンドーへ出かけ、高枝切りはさみ、衣装ケース、スイレン鉢(植えるのはハナショウブだけど)、海のえさ、立ってかけられるアイロン台、脱衣所用の扇風機など、車がないと買えない買い物に行って来た。
昨日から真夏のような暑さで、海の散歩、庭仕事、買い物・・・そのたびに汗だくになる。
幼児のように、1日に何回も着替えないといけない。
ちょっと外に出ただけでも、熱中症になりそうだ。
また今年も、熱中飴を手に入れなければ・・・。
ところで、昨日また新しいサイダーを発見。
ぶどう果汁をしぼりこんだもの。
a0054240_21115928.jpg

買った後で、ファンタグレープとどこが違うのだろうかとちょっと考えたが、飲んでみるとやっぱり違っていた。
こちらの方がおいしい(果汁10%)。
でも時々、ファンタの無果汁で人工的な味も飲んでみたくなる。
ただし私は、ファンタはオレンジしか買わない。
ところで我が家の飲料だが(アルコールは除く)、夏も麦茶ではなくほうじ茶を飲んでいる。
飲みなれるとこの方がおいしい。
今飲んでいる分は、今年私とよたろうさんが摘んだ自家製のお茶を焙じたもの。
それと最近、母がデイサービスの知人にすすめられてびわ茶を飲み始めた。
その知人曰く、
「なんにでも効く。」
そうだ。
市販もされているが、確かにびわ茶はいろいろ効能(強壮、疲労回復、下痢止め、湿疹、あせも、咳止め、健胃、制ガン作用)があるそうで、わりあい飲みやすい。
びわ茶も自家製。
よく洗って、数日乾燥させて、細かく切って、じっくり煮出して・・・というのがちょっとめんどうだが、びわの葉は無尽蔵(でもないけど)にあるので、しばらく続けられそうだ。
私とよたろうさんも飲んでいる。
利尿効果があるようなので、主に朝と昼に。
夏バテにも効くということなので、しっかり飲もう。

あまりに暑くて、散歩に行く前からハァハァあえいでいる海。
a0054240_2184869.jpg
座り込みの回数も一段と多い。
ここはまだ家を出てすぐのところ。
a0054240_219322.jpg

またここでも。
a0054240_21251284.jpg

それでもしかたなくとぼとぼ歩き出す。
a0054240_21234243.jpg

帰り道では、ある場所で私達もゆっくり座りこむので、ますますくつろぐ海。
a0054240_2193836.jpg

「水でも飲まんとやってられませんわ。」
a0054240_21225145.jpg

「きなこ頭にでもならんとやってられませんわ。」
a0054240_21242754.jpg
a0054240_21444711.jpg


by hideko0611 | 2008-07-04 21:15 | お気に入り | Comments(0)

またやってしもた

a0054240_2175243.jpg

「ナツツバキ(夏椿)(シャラの木・・・娑羅双樹ではない) ツバキ科ナツツバキ属」

今までに何回かやってしまったことがある。
でも近年はほとんどなかったのに、久しぶりにやってしまった。
昨日に引き続き、ピンクパンサーがらみの失態。
・・・と言っても、単なるガス欠なんだけど。
昨日ガソリンスタンドまで押して行って、そこに置かせてもらったのに、鍵のことだけで頭がいっぱいで、ガソリンがほとんど空っぽになりかけていたことを、すっかり忘れていた。
それでも今まで、空っぽに近い表示でも何とか大丈夫だったので、たかをくくっていたところがある。
パッチワークに行くために家を出て、坂を下り始めたところで、エンジンを切ろうかとちらっと考えた。
福川まではエンジンをかけないでも下りられるので。
スーパー「アルク」の手前でバイクがぷしゅ~と止まってしまった。
昨日のようにパニックにはならなかったが、
「困ったな~。」
いろいろなことが頭をよぎる。
いつもの(昨日の)ガソリンスタンドまでは、押して行けない距離ではない。
(それでも20分はかかるだろう。)
パッチワークの始まる時刻ぎりぎりでなければ、押して行ったかもしれない。
「アルク」の向かいに別なガソリンスタンドがあるにはあるのだけれど、セルフなのだ。
a0054240_21365156.jpg

私はセルフで給油したことがない。
迷ったけれど、今日は朝から湿度も温度も高くて、ちょっと押して歩いただけで、全身じっとり汗が出ている。
背に腹はかえられないので、そこに行った。
セルフでも人がちゃんといて、
「初めてなんですぅ~。」
とぶりっ子をしたら、とても親切に教えてくれた。
「やりましょうか?」
と言ってもらったが、今後のために教えてもらいながら自分でやってみる。
なぜ今までセルフを敬遠していたかと言うと、
①あふれたら大変!
②止まらなくなったら大変!
③爆発したり、火事になったら大変!
主にこの三つの理由から。
実際にやってみても、①は起こりうることが分かった。
おそるおそるやってみて、なんとか完了。
おつりの出方がおもしろかった。
精算機に給油量の書かれたレシートのバーコードをかざすと、じゃらじゃらおつりが出てくるのだ。
ゲームみたい。
ところで、もしお金が足りない場合はどうなるのだろう?
給油が自動的にストップするのかな?
親切だったスタンドの人に今度訊ねてみよう。
でもこれでセルフの給油も出来るようになった。
人生に無駄なことはないものだ。
(パッチワークは若干遅刻したが、先生の説明はまだ始まっていなかったのでよかった。
た最初冷房の調子が悪くて、汗だくだった私はとてもつらかった。)

海とポォのツーショット。
a0054240_21334471.jpg
a0054240_21342624.jpg
a0054240_21345374.jpg

逃げるものは本能的に追いかけるし、敵対心をむき出しにされると負けていない海だが、ひょうひょうとしたポォには毒気を抜かれるみたいだ。

by hideko0611 | 2008-07-03 21:41 | 日記 | Comments(0)

やってしもた

a0054240_19321561.jpg

「アーティーチョーク(朝鮮アザミ) キク科チョウセンアザミ属」

もしかしたら、してしまうかもしれないとたまに考える。
でも、たぶんしないだろうと楽観している。
そしてたいていの人は、一生しないだろう。
そういうことを今までの人生でいくつかしてきたが、今日また一つやってしまった。
愛車ピンクパンサーのヘルメット入れ(座席の下)に、キー閉じ込めをしてしまったのだ。
a0054240_2091692.jpg
ヘルメット入れはパンッと手で閉めると、そのまま鍵がかかってしまう。
その中に、キーホルダーはもちろん、財布や携帯をいれたバッグも入れて、パンッ!をしてしまた。
閉まった瞬間、「しまった!」と思い(しゃれではなく、ホントに)、ちょっとパニックになりかける。
場所は新南陽の生協の駐輪場。
キーロックはしていなかったので、押して動かすことは可能だけれど、バイクなしで歩いて帰るだけでかなりの距離だ(1時間半ぐらいかかるだろう。)し、まして福川からの上り坂はとても無理。
すぐ近くにいつも行くガソリンタンドがあることを思い出し、そこなら鍵を開ける方法が分かるかもしれないとバイクを押して行った。
結果は・・・無理。
福川駅近くの自転車屋さんに頼めば、軽トラックで迎えに来てくれるかもしれない。
でも家にもう一つ合鍵があったはずなので、バイクをガソリンスタンドに預かってもらって、タクシーで家まで帰ることにする。
なかなか空車が通らない。
それほどひどくはないが、朝からの雨がずっと降り続いている。
やっとつかまえたタクシーで家まで帰り、合鍵を捜すが、なかなか見つからない。
バイクの中の荷物には、太刀魚も入っているので、早く取り出さないと・・・とあせる。
思っていたのとは違う場所からやっと鍵が見つかり、またタクシーでガソリンスタンドへ。
鍵がぴったり合って、パチンと座席のふたが開いた時は、ほっとして力が抜けた。
今までこの鍵は使ったことがなかったので、本当にこのバイクの鍵かどうか心もとなかったのだ。
小雨に濡れながら、それでも問題解決したので、るんるんと家に帰った。
車ならJAFを呼ぶところだが、今回のキー閉じ込め解決料はタクシー代往復2500円。
けっこう高くついてしまった・・・。
そもそもこういうことは普通の人はやらないのだ。
だって座席のふたは、まず鍵を差し込まないと開かないのだもの。
ところが今日はなぜか鍵を出す前にに開いた(というか、ちゃんと閉まっていなかった)上に、ふだんは手に握りしめているキーホルダーを、買い物をした袋の中に入れてしまっていた。
おまけに雨なので、濡れないようにバッグもヘルメット入れに入れてしまった・・・と不幸、ではなく不注意が重なった結果。
でも去年スズメバチに刺されて、やっぱりその近くにある市民病院までタクシーで往復したことを思えば、出費の痛さだけですんでよかった、と思い直す私である。

海のこの表情は、「オトコマエ!」
a0054240_2071071.jpg

ではこの表情は?
a0054240_2074765.jpg

今日は雨なので、猫は温室のざるの中に入ってねこざるになっていた。
a0054240_2083492.jpg


by hideko0611 | 2008-07-02 20:09 | 日記 | Comments(0)
line

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
line
カレンダー