カテゴリ:柴犬との暮らし( 145 )


雨の中の散歩

a0054240_21293345.jpg
「アルストロメリア<プルケラ>」
独特の色合いと花姿が魅力的な花。
庭にも昔はあったはずなのに、ここ数年見かけなかった。
ところが今年復活した。
どういう理由からは分からないが、うれしい。

先週の木・金のような雷を伴う夜中の大雨を心配していたが、夜はそれほど降らなかった。
朝もまだ本降りではない。
今のうちならなんとか行けそうだと、5時半過ぎから散歩を決行。
途中でだいぶ降られたが、なんとか行けた。
その後雨は激しくなってきたので、その時行っておいてよかった。

手話サークルも場合によっては行けないかと思っていたが、雨具に身をかためて行く。
本日は悪天候のため、出席は10名(うち、聾者1名)。
終わって帰る頃には雨がほとんど上がっていた。

夕方の散歩は普通通りに行く。
なぜかこの二日間、トイレをあまりしてくれなかったので心配していたが、今日は普通通りだった。
悪天候だと、快も習慣が乱れてしまうのだろう。
帰りに虹がちらりと見られたが、カメラを持っていなかったので撮影出来ず。
後からカメラを持って行ってみたが、すでに消えてしまっていた。
「チコちゃんに叱られる」でやっていたように、雨が上がったときに雨雲の終わったところの太陽の反対側に出ていた。

a0054240_21390731.jpg
「あしがぬれたのでなめてるの~。」


by hideko0611 | 2019-06-15 21:39 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

水浴び

a0054240_21113511.jpg
「鉄砲百合」

ピアノは「愛の夢」が上がった。
仕上げのときは、私にしては珍しくほとんどノーミスで弾けたので気持ちがよかった。

午後は暑いのでやめておこうかと思いつつ、明日から雨が降りそうなので、斜面の草の掻き下ろしの残りをやってしまう。
1時間だけだが、これが限界。
終わってからシャワーを浴びて、2階の部屋でくつろぐ。
まだそれほど気温が高くないので、風が通る室内は午後でも涼しくて気持ちがいい。
来週が読書会なので、そろそろ取りかからないといけないと思って、課題本「宝島」(真藤順丈著)を読み始める。
バイオレンスの場面から始まっているので、ちょっと苦手な分野だ。
500ページを超える大作でもあり、ちょっと本腰を入れて読まなければ…。
a0054240_21240635.jpg
水飲み場に座り込んでくつろぐ快。
今からこれでは、真夏になるとどうなることやら…。


by hideko0611 | 2019-06-13 21:25 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

青空散歩

a0054240_20294286.jpg
「ドクダミ(八重)」
今年はなぜか、こんな花も…。
a0054240_20364817.jpg

昨日の雨は明け方近くまで残っていたようだ。
でも朝になるとすっきり晴れて、
a0054240_20450562.jpg
快と楽しく散歩に出かける。

5月になっても夏のような暑い日があるかと思えば、朝夕は冷え込んだりして、なかなか昼寝部屋のこたつが片付けられなかったのを、ようやく今日片づける。
今度は夏の昼寝部屋の設えにした。
掃除を始めたよたろうさんはすっかりはまってしまい、せっせと窓拭きをしていた。

午後は二人で草刈りを少しする。
クローバーのように茎が柔らかい草は、草刈り機が使いにくいということが分かった。
草刈機が使えないところは、私が鎌で刈っていく。
一日にたくさんは出来なくても、やったらやっただけの結果は出るので、それでよしとする。

夕方も気温23℃台、湿度30%台と快適な中、散歩に出る。
気持がいいのか、快もへたりむことなく帰って来た。
a0054240_20495143.jpg

数日前の大相撲中継のゲストだった武井壮さんの解説が素晴らしかった。
一流のアスリートにしか分からない力士の身体の微妙な反応や技の応酬を瞬時に見抜いている。
解説の北の富士さんも感心していた。
力士や北の富士さんに対する敬意、自分自身の努力している姿も感じられ、好感の持てる解説だった。
大相撲解説は先場所から荒磯親方(元横綱稀勢の里)も登場して、北の富士さん、錣山親方と共に楽しみにしているが、武井さんもこれからもっと登場してほしい。

とかげが直角になっていました~。


by hideko0611 | 2019-05-21 20:50 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

行けました~

a0054240_21000378.jpg
「スイカズラ(忍冬)」
白い花がだんだん黄色くなるので、両方の色の花が混ざっている。
芳香があるので、少し摘んで来て洗面所の花瓶に挿した。

a0054240_21040996.jpg
「あさはさんぽにいけました~。」
朝はまだ降っていなかったので、5時半から散歩に行く。
空はこんな感じ。
a0054240_21082411.jpg
降り始めたのは昼前からだったので、結果的にはそれほど急がなくてもよかった。
月に一度の泰盛堂の出張販売が文化会館であるので、よたろうさんに頼まれた書道用の紙や筆を買いに行って来た。
バイクで行く方が早いから、雨が降る前に帰って来られると思ったので。
徳山で少し買い物をしていたら降り始めたが、それほどひどくならないうちに帰って来られた。

雨雲レーダーが気になって早起きしていたので、午後はのんびり相撲を見ながら読書&昼寝をする。
炎鵬、照強、石浦の幕内小兵三銃士が、素晴らしい取り口で勝利。
見ていて思わず声が出た。
雨は夕方から激しくなる。
もちろん散歩はパス。
明日からは晴れが続くようなので、今日の雨は畑や庭にとっては貴重なものとなった。


by hideko0611 | 2019-05-20 21:11 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

冬毛の行方

a0054240_20292770.jpg
「シラー<ベルビアナ>」

今日もはっきりしない天気だ。
朝も夕方も遠くに青空があって、近くに黒い雲がたれこめている状態。
a0054240_20320271.jpg
まるでグラデーションの生地のようだ。
それでも時々日差しがあるので、よたろうさんの冬物衣料の洗濯の続きをする。
夕方までになんとか乾いたようだ。

午後は畑のはすがらの生えている一画が草ぼうぼうだったので、そこの草抜きをする。
途中で蟻の巣を壊してしまったようで、大量の蟻が抗議活動にやって来た。
去年これでひどい目に遭ったことを思い出し、急いで撤退してほかのところに移動する。

快の冬毛もそろそろ終末期。
ぼそっと抜けるのが面白い。
a0054240_20370555.jpg
「なにっ?なにしてるのっ?」
a0054240_20390483.jpg


by hideko0611 | 2019-04-26 20:40 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

どんどん抜ける

a0054240_20213864.jpg
「(イオンタウン防府の巨大な)ヤブツバキ」
造花と見まごうほどだった。

昨日載せるのを忘れていたが、昨日の朝のうっすらとかかっていた虹。
a0054240_20233427.jpg
虹がかかるのは年に数回しかないので、一日遅れでも載せておこう。

昨夜も日付が変わってからひとしきり雨が降った。
気温ももう一つ上がらない。
午前中、用事と買い物、洗濯を片づけ、午後は今週に迫った読書会の課題本「ファーストラブ」(島本理生著)を一気に読み上げる。
久々の小説らしい、そして後味の悪くない課題本だったので、読むのは苦にならなかったが、読み終えてほっとする。

快の毛が例年のごとく、落武者のようになってきた。
a0054240_20283880.jpg
抜けた毛は何に使うわけでもなくためてあるが、小さなぬいぐるみが作れそうなぐらいたまってくる。
「ボク、ころもがえのまっさいちゅう~。」
a0054240_20303875.jpg


by hideko0611 | 2019-03-12 20:30 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

足がちべたい

a0054240_20521013.jpg
「うちの椿①(ピンク 侘助)」

午前中いっぱいぐらい雨かと思っていたが、7時過ぎにはやんでいたので、いつものように散歩に出る。
ところが途中で降ってきたので、<快、雨だから急ぐよ>攻撃で、一人と一匹は脱兎のごとく家まで駆けて帰った。
毛皮はびしょぬれでも平気なのに、肉球が濡れるのはいやみたいで、帰って来たら足の裏をぺろぺろしている快。
a0054240_20543847.jpg
(カメラのレンズも濡れている。)

雨が本当に上がったのは10時半過ぎ。
昨日お休みだったユニクロにもう一度行き、よたろうさんに頼まれたものを買ってきた。
冬物はSALEになっていて、春物は届いたばかり。
よたろうさんに浮世絵(東海道五十三次)のTシャツも買ってしまった。

午後は晴れるかと思ったが、どんよりとした曇り空が続いていた。
肉じゃがを作りながら、梅&鴬のタペストリーの作業を進める。
雄蕊の刺繍にけっこう時間がかかって、まだ少し残っている。
雄蕊ってあんなにたくさんあったのかしら?

今日の鳥撮りはほとんどシルエットだけれど、ヒヨちゃん。
a0054240_21012100.jpg
この子はシルエットだけで、どこにいても見分けられる。

夕方5時を過ぎて、ようやく太陽が顔を出した。
a0054240_21044689.jpg




by hideko0611 | 2019-02-06 21:05 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

ひなたぼっこ

a0054240_20050115.jpg
「うちの菊⑯(濃いえんじ 八重)」
そろそろ寒菊が咲き始めた。

今日も外仕事に最適の小春日和だったが、いろいろしなければならないことがあり、午前中は徳山まで往復。
午後は干支のタペストリーのキット作り。
手話サークルで毎年作っている人が5人いるので、私のもう一つの分と合わせて六つ分生地をそろえる。
同じ生地が六つ分ないので、代わりの生地を探すのにちょっと苦労する。

朝は山から出る朝日を見て、
a0054240_20071777.jpg
夕方は山に沈む夕日を見て散歩する冬の暮らし。
a0054240_20105881.jpg
山口の今日の日の出は午前7時。
日の入りは午後5時5分。
明後日からしばらくが、一番日の入りの早い時期で午後5時4分。
その後はだんだん遅くなってくるから、夕方のあわただしさに関しては、もう少しの辛抱だ。
北海道(根室)の日の入りが午後3時44分なのを考えると、これぐらいがまんしなくては。
a0054240_20124894.jpg
日中は暖かいので、気持ちよく日なたでお昼寝中の快。


by hideko0611 | 2018-11-30 20:13 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

柴犬狂騒曲

a0054240_21243347.jpg
「イヌタデ」

夜中の2時半頃から、雨(ずっと激しく降っていた)とともに雷が鳴り始めた。
予想通り、いつものようにパニックになる快。
起きて玄関に行き、ずっとなだめたりなでたりしてやる。
子犬の頃に歌ってやった子守歌まで歌ったが、断続的に鳴る雷のために快はなかなか落ちつけず、結局朝までそこにいた。
その間よたろうさんのスマホに10月のスケジュールを登録していたら、大阪から逃走していた容疑者が、なんとすぐ近くの道の駅、ソレーネ周南で逮捕されたというニュースが入り、びっくりした。
その後、庄野潤三さんの「鍛冶屋の馬」を読んで過ごす。
日常を丁寧に描いている庄野さんの本を読むと、どんな時でも心が落ち着く。
6時半からいつものようにラジオ体操。
その頃にはすっかり快も落ち着いていた。
雨は降り続いていたので、散歩は無理だから私も安心して朝寝をする。
目が覚めたのは8時半過ぎ。
あれっ、雨がやんでいる!
急いで雨雲レーダーを確かめると、しばらく雨雲の空白時間があることが分かった。
雨具でしっかり身をかためて散歩に行く。
家に着く直前に降られたが、なんとかトイレも済ませてほっと一安心。
もう少し早く目覚めていたら濡れずにすんだのに、惜しかった。

その後雨はずっと降り続いたが、風はほとんどなく、予報通り5時前には雨も上がったので、夕方の散歩にも行けた。
雨雲はすっかり通り過ぎていたので降られる心配はなかったが、風がとても強かった。
台風が最も近くを通り過ぎた時間帯だから当然とはいえ、それまでがあまり吹かなかったのでびっくりした。
雨のときには大活躍のトレッキング用ナイロンキャップが、あっという間に風に吹き飛ばされる。
もう少しで川に落ちるところだった。
a0054240_21374897.jpg
あちこちの水がだいぶ増水していた。
a0054240_21404170.jpg
夕方の散歩が終わって帰り着いた頃の不思議な空。
なんと東の空にも夕焼けのような赤い色が見える。
a0054240_21423307.jpg
こんな景色は初めて見た。
こちらが西の空。
a0054240_21442806.jpg
パノラマ撮影してみたが、この時はもう東の空がだいぶ暗くなっていたので空全体が夕焼け…という感じには撮れなかった。
a0054240_21452266.jpg

午後は睡眠不足を取り戻すために、昼寝&読書(今日は昼寝中心)をいつもより延長したので、今日は長かったのか短かったのか、よく分からない一日だった。
でも結局昨日も今日も朝夕2回とも散歩に行けたわけだ。
よかった、よかった。
散歩から帰った後、まだ力が余っているのか庭中を駆け巡っている快(しっかりピンボケ)。
a0054240_21473531.jpg

a0054240_21492469.jpg
「ふぅ~。」


by hideko0611 | 2018-09-30 21:51 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

雨の中の一人と一匹

a0054240_21091401.jpg
「水引(白)」
赤もある。
a0054240_21182960.jpg
花が小さいので撮影が難しい。

今日と明日は雨のやみ間がないというのに、昨日の夕方は快がトイレをしてくれず、どうしようかと心配でたまらなかった。
今朝いつものように4時過ぎに目が覚めると、窓の外で雨音が聞こえない。
急いでスマホの雨雲レーダーを操作すると、なんと雨雲が切れているではないか。
それも7時過ぎまで。
急いでまだ暗い中を6時から散歩に行く。
残念ながら途中でしっかり降り始め、だいぶ濡れたが、チヨコさんちのガレージで雨宿りをさせてもらっているうちに小やみになったので、なんとか帰って来る(トイレ済)。
日中はずっと降っていたので、夕方の散歩は無理だろうと思っていたら、なんとこれまたしばらく雨雲が切れている時間帯があり、5時半から行ってきた。
今度はそれほど降られなかったが、小雨が降る中で日が暮れていくととっても心細くなる。
暗いことは承知で、ショートカットの山道を帰り、1時間かからずに家に着いた(トイレせず)。
明日の午前中が雨(風?)が一番激しいようだが、午後にはそれも通り過ぎていくようだ。
もう少しの辛抱…。

午前中は手話サークルのパソコン仕事。
本日の役員会のレジュメと行事のちらし作りをした。

お彼岸は過ぎたけれど、我が家では盆正月、ひな祭り、彼岸には定番のちらし寿司を作った。
a0054240_21211944.jpg


a0054240_21222915.jpg
「これはきのうの、しあわせだったボクだよ。」


by hideko0611 | 2018-09-29 21:23 | 柴犬との暮らし | Comments(0)
line

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
line
カレンダー