カテゴリ:テレビウォッチング( 92 )

ローラと再会

a0054240_20591834.jpg
「(うちの)ハイビスカス(黄色)」
昨日のと同じ三色セットの一つ。

朝のラジオ体操をしていて、空を見上げる動きがあった時に七色の雲を見つけた。
a0054240_21041155.jpg
彩雲とか瑞雲とか言うらしい。
私は初めて見たような気がするが、それほど珍しい気象現象ではないそうだ。

朝の気温は20℃を下回り、爽やかだった。
外での力仕事は出来るだけ早い時間帯にしようと思って、朝食前に斜面(畑の西側)の刈った草集めを1時間する。
その後昼前に、木を覆っているクズの処理の続きを1時間半。
そのたびに汗びっしょりになり、服を全部着替えてシャワーを浴びた。
普通に家の中で過ごすには快適だったが、やはり外は暑い。

先週の土曜日から、懐かしい「大草原の小さな家」の放送が始まった。
もう今から40年近く前の放送になる。
現代劇ではないので、かえって時が立っても色あせない。
この番組の再放送の話をパッチワークでした時に、お父さん役のマイケル・ランドンが好きだったという人が私も含めて3人いた。
ハンサムでたくましく優しい「とうさん」。
放映後それほど時を置かず亡くなったこともあって、よけいに心に残っている。
第一回放送は2回分が一緒になっているのでちょっと長かったが、面白く見た。
子どもの頃家にあった講談社の「世界文学全集」で最初に出会い、その後このドラマに出会い、福音館から出ているシリーズもすべて読んだ。
テレビドラマのビデオも4巻持っている。
a0054240_21140922.jpg
いつの時代も変わらない家族愛、隣人との絆と、今は失われてしまった自然と真っ向から向き合って生きていく人の姿は、当時と同じ感動、魅力を感じさせてくれた。
これからも続くので楽しみだ。
先週の「ポツンと一軒家」に登場した、独力でログハウスを建てているカメラマンの方のお話も面白かった。
実際はクズをやっつけるだけでも、と~っても大変なんだけどね。

a0054240_21183880.jpg
「きょうはちょっとだけ、ふりむいてあげました~。」

by hideko0611 | 2019-06-09 21:18 | テレビウォッチング | Comments(0)

家で呑み鉄

a0054240_20303066.jpg
「黄水仙」

今朝も大霜。
a0054240_20331129.jpg
気温は3℃台だった。

手話サークルは役員会だったので、早めに昼食をすませて、12時過ぎに家を出る。
コンビニでコピーと支払いを済ませてからサークルへ。
今日は天気がいいので参加者は16名。

最近気に入っている番組の一つが、六角精児さんの「呑み鉄本線・日本旅」。
今日の放送は島原鉄道だった。
ひたすら列車旅とお酒を楽しむだけの、ゆるやかな番組。
自分も一緒に飲みながら列車に揺られている気分になる。
番組に出てきた、島原にある「呉竹」という飲み屋さんに行ってみたいねとよたろうさんと話す。
快の散歩があるので泊まれないから、最終列車で帰って来れたら飲めるんだけど…。
う~ん、今調べてみたら、島原を6時15分に出発しないと、その日のうちに帰って来られないことが分かった。
ちょっと無理みたい。
残念だ。

a0054240_20493414.jpg
何だか可愛い表情の今日の快。



by hideko0611 | 2019-02-02 20:50 | テレビウォッチング | Comments(0)

桜咲く3月が終わり…

a0054240_22032294.jpg
「枝垂れ桜」

晴れの日は今日も続く。
昨日、今日は気温が少し低めというような予報だったが、それほどのこともなく、桜はどこもかしもも満開。
今年は一気に咲いたので、ヤマザクラもソメイヨシノも陽光桜もそろい踏み。
なんだかもったいないような気もするが、町も山もすっかり桜一色に染め上げられている。
a0054240_22171894.jpg
朝の桜もきれいだが、
a0054240_22055250.jpg
今夜はちょうど満月。
a0054240_22090400.jpg
月と花を一緒に見る贅沢もいいだろう。
(と言っても私は行かないが…。)

午前中は二人で草刈り。
もちろんよたろうさんが刈って、私ががんぜきで集めていく。
斜面の草刈りはとっても大変。
斜面の草集めもとっても大変。
私は3回ぐらい滑り落ちそうになった。

総会資料を綴じるので、早めに手話サークルに行く。

3月31日ということで、月末であり年度末でもある。
おまけに土曜日。
なんだかいろいろなことが一斉に終わったり替わったりしている感じ。
「あさイチ」の司会を降りるイノッチの、
「〇〇ロスとかいうのはやめようよ。」
と次の人のことを気遣って言っていた言葉に感心する。
当事者がそう言えるのって素敵だなと思う。
「わろてんか」も「越路吹雪物語」も終わってしまった。
「わろてんか」は後半ぐんぐん面白くなっていった。
最終週も最終日も間延びせずに終わる朝ドラも珍しい。
そして最後は明るいエンディングだったのもよかった。
濱田岳君の演技は最高!
このドラマのMVPはあなたです。
「越路吹雪物語」は、越路さんの最期の様子は岩谷さんのエッセイで知っていたので、そこで終わることは分かっていたが、主人公の死で終わる最終回というのはやっぱり切ないものだ。

a0054240_22191557.jpg
「おひるねしてたけど、かくしどりされそうだったので、おきてみました~。」

<3月読書記録>
「歌に恋して 評伝岩谷時子物語」    田家 秀樹
「花ひいらぎの街角」          吉永 南央
「壇蜜日記」              壇蜜
「ビブリア古書堂の事件手帳⑦ 栞子さんと果てない舞台」   三上 延
「白に染まる」             中島 要
「月の満ち欠け」            佐藤 正午
「居酒屋ぼったくり9」         秋川 滝美
「続・私の部屋のポプリ」        熊井 明子     計8冊

by hideko0611 | 2018-03-31 22:23 | テレビウォッチング | Comments(0)

懐かしい風景

a0054240_22303675.jpg
「ノボタン<コートダジュール>」
シコンノボタンとよく似ているけれど、花が少し小ぶりで、おしべが白い。
スパイダーフラワーの別名は、おしべが蜘蛛の足に似ているかららしい。
シコンノボタンはこちら。
a0054240_22334394.jpg


急に涼しくなった。
夜から朝にかけては肌寒いくらい。
a0054240_2372485.jpg

気温が20℃を下回るのももうすぐだろう。
暑い→寒いへひとっとび!
扇風機を片づけて、私の衣替えをしなくては…。

晴れるのは午前中だけだというので、急いでベッドカバーや、夏物の布団カバーを洗って干しておく。
午後からは予報通り曇ってきたが、なんとか乾いた。
その後、自治会館へ行って明後日の部落のお祭りの会食会場準備をする。
よたろうさんはご近所の男性3人と神社の鳥居にかけるしめ縄作り。
自治会館は一年に一回、この時だけしか使わない。
一年分のほこりを掃き出したり、雑巾で拭いたり、周囲の草を抜いたり、トイレをざっとそうじしたり、敷物を敷いたりする。
よたろうさんが来てくれたので、机を並べておしまいにする。
食器類は、当日のお手伝いの人と一緒に出して洗って準備をする。
飲み物も酒屋さんから夕方届いたので、冷蔵庫に入れておいた。
あとは、汁ものの材料(えそミンチ、豆腐、かまぼこなど)を買えばいいだけなんだけど、明日は終日雨の予報。
それでも行かなくては。
生ものなので、今日のうちに買っておくというわけにはいかないのだ。
お祭りが終わったら、大きな行事はほとんど終わるので、もうひと頑張りだ。

午後はスマホ教室。
「インターネットの検索」がテーマだった。
いつも知らないことを一つか二つ覚えて帰って来る。
今日は「dメニュー」を使っての検索だった。
ヤフーやグーグルの検索方法と同じだけれど、画像が長押しするだけで保存出来ることが分かった。
YouTubeの見方にも慣れる。
今まであんまり本気で見たことはないけれど、いろいろ楽しめそうだ。
夜、よたろうさんと、胡瓜でびっくりする猫を見て楽しむ。
メディアプレーヤーで聞く音楽の音質もなかなかいいし、電車の中で多くの人がスマホを使っているのも納得だ。
(でも私はやっぱり読書をする方が好き。)
ポケモンGOもインストールしたけれど、私の家の辺りにはいないみたい。

見損ねていたので、昨夜再放送で「鶴瓶の家族に乾杯」をやっていたのを録画して、今日見た。
訪ねた場所が西宮だったので。
鶴瓶さんは西宮在住。
(一度、夙川のイカリスーパーの前で会ったことがある。)
今回の相棒の佐渡裕さんは、芦屋在住で、西宮北口の兵庫県立芸術文化センターの芸術監督なので、二人の地元を回るということになる。
兵庫県立芸術文化センターは、2005年に震災後再開発された場所に出来たが、私もよたろうさんも一度も行くことなくこちらへ帰って来てしまったのが、とても残念だ。
北口周辺、甲子園、西宮浜という懐かしい場所を二人が巡って行くのを見るのは、とても楽しかった。
一人ぐらい知っている人が出ないかと思ったが、さすがにそれはなかった。

今夜もちょっぴり夕焼け。
大平山に夕日が沈んでいく。
a0054240_234711.jpg

by hideko0611 | 2016-10-07 23:11 | テレビウォッチング | Comments(0)

トットちゃんと仲間たち

a0054240_21431240.jpg
「ハイビスカス(赤)」

夜の雨は朝には上がっていたが、またまた微妙な位置に雨雲がいる。
少し降られそうだと思いつつ散歩に出たが、ぱらぱらっときたぐらいですんだのでよかった。
午前中から日差しも出てきたので、雨で延ばしていたものも含めて、いろいろな用事で徳山方面まで往復してきた。
午後もまた新南陽方面へ出て、用事をすませる。
昨日バイクを押して歩いた距離を、バイクの走行距離で確認してみたら、1.9Kmだった。
そしてしんどかったところはやっぱりだいぶ上り坂だった。
昨日電話を借りたウォンツにもお礼を言いに行った。

明日からよたろうさんは大学時代の仲間と囲碁を楽しむ小旅行。
熱海方面に行く。
そういえば、私は熱海って一度も行ったことがないなぁ。
伊豆半島は下田や伊豆高原などに行ったけれど。
次の日曜が母の三年祭(仏教で言う三回忌にあたる)なので、よたろうさんがいない間に家の中の掃除が出来てちょうどいい。
よたろうさんは今日自分のテリトリーをきれいにしていた。
今週は明日以外ずっと曇りか雨なので、少し早いけれど、明日お客さん用の布団を全部干しておかなくては…。
菊の定植の最後の分もやってしまいたい。
千日紅の苗の残りをお花友達二人にもらってもらったので、プランターが二つ空いたからこれで植えられる。

「トットてれび」、先週の土曜日の分を見る。
黒柳さんが書いた「トットチャンネル」「トットひとり」の本もよかったが、このドラマはそれをみごとに映像化している。
黒柳さん(満島ひかりさん)も、渥美さん(中村獅童さん)も向田さん(ミムラさん)も森繁さん(吉田鋼太郎さん)も、単なるそっくりさんに終わらず、その人の内面まで映し出そうという俳優さんの心意気のようなものが感じられる。
今日の最後に流れた渥美さんの「男はつらいよ」の歌、思わず涙がこぼれてしまった。
黒柳さんは子どもの純粋さ、無邪気さをそのまま持ち続けている稀有な人だと思う。
書かれた本はほとんど読んでいるが、とても素直な文章なので、胸にすとんと落ちる。
CMのない30分ドラマというのは、時間的にもちょうどいい。
映画なら1時間半ぐらいがちょうどいい。
最近はドラマも映画も長すぎるような気がする。

夕方の散歩、快はいつになく頑張って歩いていたが、とうとう途中で道のヘリにへたりこんでしまった。
a0054240_22104258.jpg

明日からはお水を持って散歩に行ってやろう。
by hideko0611 | 2016-06-13 22:12 | テレビウォッチング | Comments(0)

大人の楽しみ

a0054240_19293916.jpg
「うちのアジサイ③(白)」

ちょこっと庭仕事をしようと思って、作業着に着替えることもせずに庭に出たが、やっぱり出たら出たでいくらでもやることが見つかり、結局そのまま2時間半ほどあれやこれやとやってしまう。
支柱を立てたり、鉢の土を空けたり、花の終わった鉢を移動させたり、花がら摘みをしたり、そしてその合間に草を抜く。

「村上海賊の娘」の上巻を読み終わった。
読み応えのある小説だ。
すぐに下巻に取りかかる。

おなかをなでてほしい快。
a0054240_19365726.jpg


「笑点」を見ながら、ちょっと早めの夕食(宴会)。
演歌・「笑点」・相撲を楽しんでいる近頃の私。
子どもの頃には、どれもお年寄りの楽しみだと思っていたが…・
by hideko0611 | 2015-06-07 19:40 | テレビウォッチング | Comments(0)

二人で紅白

a0054240_0463463.jpg
「(セツコさんちの)椿」

今日はきっちり予報どおりに天気が展開していった。
午前中は晴れ間もあり、洗濯したトイレマットを外に干そうかと思ったぐらいだったが、あっという間に曇ってきて、昼過ぎから雨。
そして久しぶりに雷鳴がとどろく。
外にいた快を呼んだらお約束のように玄関に飛び込んできたので、今日は2時からずっとそのままホテル住まいだった。
4時過ぎにほとんど雨が上がったので散歩に行けるかなと思ったけれど、また降り出したので、今年最後の散歩はとりやめになる。

今年はおせち料理を作らないつもりだったが、お正月に料理をしなくてもよいようにやっぱり煮しめ、黒豆、ごまめなど作ってしまう。
亡くなった母が好きだった数の子と栗きんとんは作らなかった。

年越しそばにのせたかねてつのかまぼこ(見えにくいけど)がおいしい。
a0054240_0441116.jpg

よたろうさんが今年は紅白を全部見てみると突然言い出したので、二人で最後まで見る。
途中で涙をふくタオルを持って来てと言うのでどうしたのかと思ったら、あまり眠くてあくびをしたら涙が出て…という顛末だった。
みゆきさんの「麦の唄」、曲全部を聴くのは初めてのよたろうさんも気に入って、今度コンサートに一緒に行ってもいいとのこと。
その他いろいろ二人で勝手なコメントをしながら最後までうたた寝することもなく無事に見終わる。
こたつで見ていたのに二人ともよく頑張った。
子どもの頃は面白くなかった演歌を聴くとほっとするようになったのは、それなりの年になったからだろうね。
天童よしみさんが歌ったやしきたかじんさんの「やっぱ好っきゃねん」が心にしみた。
やっぱり大阪の歌はいいなぁ。
上田正樹さんの「悲しい色やね」とかBOROさんの「大阪で生まれた女」とか。

さて今年も今日でおしまい。
いろいろ悲しいこともあった1年だったが、よたろうさんの足が去年ほど悪くならなかったのだけは何よりだ。
これからも二人で小さな幸せを積み重ねて生きていけますように。
そして大きな災害が日本や世界を襲うことがありませんように。
ブログを訪問して下さった皆様、ありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎え下さい。
来年もよろしくお願いします。
a0054240_04846.jpg
「ボクもひきつづきよろしくです。」

<12月読書記録>
「約束の海」     山崎 豊子
「すかたん」     朝井 まかて
「先生ののお庭番」  朝井 まかて
「言葉尻とらえ隊」  能町 みね子
「リタとマッサン」  植松 三十里
「晴れた日に永遠が…」中野 翠
「ちょちょら」    畠中 恵
        以上7冊
by hideko0611 | 2015-01-01 00:30 | テレビウォッチング | Comments(0)

びっくり!

a0054240_14553250.jpg
「山茶花」

12月10日。
また食後すぐに爆睡。
今回は常夜鍋でした…。
種から育っているほうれん草はただ今育ちざかりで、どんどん間引いては食べないといけない。
ほうれん草と豚肉(しゃぶしゃぶ用)だけの常夜鍋は、そういう時に持ってこいのメニューだ。
水にたっぷりと酒と昆布、にんにくと生姜を入れたところへ、具を入れては煮えばなを食べる。
だから食卓の上にガスコンロを置いての食事。
後は鯵をどっさりいただいたので、お刺身にして食べたが、新鮮なので身が甘くておいしかった。
というわけで、美味しく食べて飲んで…お休みなさい、というわけ。

朝のうちは気持ちよく晴れていた。
朝日に向かって歩いていく快。
a0054240_1542191.jpg

卓球に行って、宮脇書店に寄って帰るのはいつも通り。

昨日録画した「情熱大陸(鈴木亮平さんの回)」を見ていたら、びっくりしたことが・・・。
実家が西宮ということで、甲子園球場が出て来たのもびっくりしたが、その後で行った母校の中学校が何と私の母校だった!
そしてそこで登場した担任の先生が、私の知っている人だった!
もちろん時代がはるかに違うので、知っているのは教師同士としてお隣の学校におられた顔見知りというだけのことだけど。
その中学校には三つの小学校から進学する。
まさかね、と思いながらWikipediaで検索したら、なんとなんと小学校まで同じではないか!
急にめちゃくちゃ親しみを感じてしまった。
彼の年齢的に言って、阪神淡路大震災の時に小学生だったはず。
だから今はどこにも存在しない、昔の今津近辺を歩いたり、食べたり、買い物したりしていたはずなのだ。
それだけで、その風景が蘇ってきて、無性にうれしくなってしまった。
これから贔屓にして応援しよう。

夕方から天気は下り坂で、夜はずっと雨。
by hideko0611 | 2014-12-11 15:14 | テレビウォッチング | Comments(0)

懐かしの・・・

a0054240_23524228.jpg
「うちの菊⑪(黄色中輪)」

今日も空は雲一つない快晴。
昨日、一昨日に比べると気温は高めでストーブの要らない一日だった。
(午後の部屋の温度は29℃もあった。)
卓球に行って汗を流し、米沢園芸→宮脇書店といういつものコースをたどって帰ったら遅くなったので、庭仕事はお休み。
よたろうさんが干してくれていた布団を取り込んで、洗濯をして、夕食の下ごしらえをしたら、もう散歩に行く時刻(4時)になってしまった。

百恵ちゃんの懐かしいTVドラマ「赤い衝撃」を午後に再放送していることが分かったので、今日のは第3回だったけど、録画しておいて夜見た。
百恵ちゃんと友和さんを見て、その後「キャロリング」で、二人の息子の三浦貴大君を見ると、なんだか親戚のおばさんになったような気がする。

夜の空にはもうオリオンがすぐに見つけられる。
冬が近いんだと改めて感じる。

a0054240_0142430.jpg
「きょうはひげにごみがついた~。」
by hideko0611 | 2014-11-06 00:08 | テレビウォッチング | Comments(0)

50年の歳月

a0054240_0164343.jpg
「秋明菊」

よたろうさんの風邪はとうとう2週間目に入った。
朝畑に出ていないので、ユキちゃんが心配して、
「お父さん、悪いの?」
薄紙をはぐようによくはなっているんですけどね。
アルコールを全く欲しないというのは、まだ回復期に入っていない何よりの証拠。
でも今日は謡のお稽古にも行ったし、午後からは絵を描いていたので、ほとんど床には伏していない模様。
ずっとひとつ屋根の下で暮らしている私も、2、3日前からのどがイガイガ(このあたりでは「やらやらする」と言う)してきて、咳も少し出るので、イソジン大明神にひたすら頼っているところだ。

午前中は美容院へ。
午後は台風で動かした庭の物を元に戻すだけで終わってしまった。
ハイビスカスに虫がついているのを退治したり、鉢の中の草を抜いたり、ついでにちょこちょこした仕事をしてしまう。
そして、夏じゅう頑張って、盛大に花を咲かせてくれたアサガオを片付け始めた。
今日は6鉢のうち3鉢で時間切れ。
一応今熟している種だけは来年のために採っておく。


台風の風があまり強くなかった証拠に、旧道に落ちている枝も少ないし、細い枝ばかり。
a0054240_0253810.jpg

そして、台風が通り過ぎたら、急に北風が吹いて寒くなった。
布団を干したついでに、冬用の敷パッドに取り換え、毛布も出しておく。
ストーブはこの前出したが、今日は灯油もすべて満タンにしておいた。
これでいつ急に寒くなっても大丈夫。
そうそう、私の冬物衣類も出さなくては。
風邪ひきさんが家にいて、寒くなってきたら夕食はやっぱりこれでしょ、というわけで、今夜も寄せ鍋。
鶏団子(丸くなっていないけど)を入れるのが、昨年から我が家のマイブームだ。
a0054240_0295652.jpg


「東京オリンピックを呼んだ男」を夜、一人で観る。
3時間近い長丁場で、途中うたた寝してしまったところを巻き戻して見たりしていると、またまた寝るのが遅くなってしまった。
オリンピック招致の陰に、こういう人(アメリカ在住の日系アメリカ人)がおられたことは全く知らなかった。
それにしても、大沢たかおさん、年々存在感のある役者さんになっているなぁ。
前回の東京オリンピックからちょうど五十年ということで、最近、東京、東京オリンピック、新幹線関係の番組が多いが、私にとってはそんなに昔のように思えないのに、もう半世紀・・・。

a0054240_0394460.jpg
「ボクはまだ3さいだよ。」
by hideko0611 | 2014-10-15 00:40 | テレビウォッチング | Comments(2)