カテゴリ:四季の移ろい( 290 )

しとしと じめじめ

a0054240_20484789.jpg
「アジサイ(ピンク)」

今日はほぼ一日小雨の降るような予報だった。
パラパラ降っているので朝のラジオ体操は部屋の中でしたが、散歩は普通通り行くことにする。
(多少の雨は気にならなくなってきた私と快。)
a0054240_20512342.jpg
それが正解で、その後午後までずっと降っていた。

今日も一日ちまちまと家の中の片づけや掃除をする。
小さな置物の飾り棚、布巾やごみ袋類を入れている引き出し4段、台所のカウンター、お風呂の天井と壁など。
パッチワークのミニトートをキルティングが出来るようにしつけを書け、中袋(というよりリバーシブルにするつもりなので、両方共表になる)も裁断し、しつけをかけておく。

雨が上がったので、夕方の散歩は少し早め(4時頃)に家を出た。
湿度が高いが気温はそれほどでもない。
a0054240_20560484.jpg

電線にとまっていたこの鳥はカワラヒワのような気がする。
a0054240_21012230.jpg


台所を片づけていて、まだ未使用の塩2種類を発見。
a0054240_20585492.jpg
採りたての新じゃがをフライにしたので、それにかけて食べてみた。
パクチーソルトはそれほどパクチー臭はしない。
トムヤム塩はけっこう辛い(塩辛いではなく、唐辛子辛い)。
これでおにぎりを握ったら、どんな味になるだろう?

by hideko0611 | 2018-06-06 20:58 | 四季の移ろい | Comments(0)

ベッドの衣替え

a0054240_20460433.jpg
「ヒメヒオウギアヤメ」

まだ朝はちょっと寒いが、日中はようやく暖かくなった。
というより、暑くなったと言った方がいいかもしれない。
もういいだろうと、冬用の寝具(敷パッド、布団カバー)を二人分洗濯する。
ついでに布団も干した。
毛布はだいぶ前に片づけたし、湯たんぽも1週間ほど前にカバーも洗ってしまいこんだが、なかなか布団のぬくぬくセットから離れられなかった。

今日はよたろうさんが昼前から書道のお稽古で出かけるので、その前に二人で庭の水仙を下に植えに行ったが、あとはマイペースで庭仕事をする。
花のほとんどない冬の間じゅう頑張ってくれたヴィオラの吊り鉢を片づける。
最後に、ほんの少し咲いている花を摘んでガラスの壜に挿し、私とよたろうさんの部屋の机の上に飾る。
a0054240_20580379.jpg

花の終わったフリージア、ムスカリなどのプランターは家の裏に退場させる。
倒れかけていたゴテチャに支柱を立てる。
そのほか、家の正面をきれいにしたのが今日の収穫。
毎日ちょっとずつでも何かすれば、だんだんきれいになる。
昨日よたろうさんが作ったきゃらぶきがあまり濃い味付けにならず、とてもおいしく出来たので、何人かにおすそ分けした。
そのままおつまみにしてもいいぐらいの味付けで、皮もむいてあるので柔らかく、食べやすい。
a0054240_20594850.jpg
午後はこの前の残りのカボチャをポタージュにしながら、寝具を洗いながら、ベッド回りの掃除をしながら、ピアノの練習をしながら、テレビ台の扉の蝶番の修理をする。
これだけながら仕事も珍しい。
結局、蝶番の修理はどうしてもうまくいかず、帰って来たよたろうさんに直してもらった。

a0054240_21103154.jpg
「あつくなると、あるきたくなくなるのっ。」
それはよく分かるけれど、こんな狭いところで通せんぼしながら座るのはやめてほしいものだ。
(写真では分かりにくいが、左は金網、右は崖で、快の体=道幅になっている。)
a0054240_21121581.jpg


by hideko0611 | 2018-05-11 21:14 | 四季の移ろい | Comments(0)

緑の季節

a0054240_21321793.jpg
「桜草」

雨上がりの朝は湿度高め、でも気温は低めなので気持ちがいい。

駅前通りのイチョウの木があっという間に緑になった。
a0054240_21345091.jpg
季節はどんどん移り変わっていく。
でも、日毎の気温の変化が激しいので、まだ毛布もしまえないし、衣替えも出来ない。
昨夜はまだ湯たんぽをして寝ていたのに、今夜はお風呂上がりに裸足のままでも平気だ。

今日は二人で畑仕事をいろいろとした。
午前中は、私はまずフェンス際の草を刈り、続いて花壇の草抜きをする。
よたろうさんはその間にいくつかの畝を耕してきれいにする。
それから二人でモロッコの種を蒔き、ジャガイモの芽かきをする。
畝の準備が出来たので、夕方の散歩から帰った後、西瓜とゴーヤの苗を植えつけて、オクラの種を蒔く。
明日からも4日ほど☼が続くようなので、仕事がいろいろ出来そうだ。

a0054240_21470337.jpg
ちょっと気温が上がると、とたんに伏せの休憩が多くなる快である。
日陰で風が吹いているところが、とても気持ちがいいみたい。

by hideko0611 | 2018-04-18 21:48 | 四季の移ろい | Comments(0)

寒い朝

a0054240_20463430.jpg
「八重桜」

今朝は寒いことは覚悟していたが、それでも霜がおりるほどではなかった。
それでも、朝寒いときに散歩に出発するのは覚悟がいる。
雲はまるで冬のような空。
a0054240_20485109.jpg

今日も寒いので庭仕事、畑仕事はお休み。
というわけで、電車で防府へ買い物に行って来た。
シャトルバスでイオンタウンに行き、ホームカミングでお菓子などを見繕い、駅前のイオンで買い物をして帰る。
探していたものは売り切れていてあまり収穫はなかったが、しばらく忙しく過ごしていたので、いい気分転換になった。

帰ってからピアノの練習をしたり、読書会の課題図書「忘れられた巨人」(カズオ・イシグロ著)を読み始めたりしてのんびり過ごす。
寒いので夕方の散歩も早め(3時半頃)に出かけたが、少し寒さはゆるんできたようだ。
もうこれで冬とはお別れ出来るかな?
明日からはまた庭仕事、畑仕事に忙しい日々が始まる。

柿の若葉が出始めた。
a0054240_21004631.jpg
カエデの若葉も。
a0054240_21030135.jpg
桜の花が散るとすぐに新緑の季節がやって来る。
昨日手話サークルのTさんが手帳を見せて下さった。
季節の動植物の記録が書いてある。
桜の開花・満開、鶯の初音、燕の初飛来など。
手帳はこれから先の「未来」の予定を書くものとばかり考えていたが、「今」を記録するものでもあるのだ。
今からでもつけていこうと思った。
子どもの頃、学校の勉強で「季節だより」というのを書いたことを思い出す。

寒くても日差しがあるとうれしいね、快。
a0054240_20580066.jpg






by hideko0611 | 2018-04-08 21:07 | 四季の移ろい | Comments(0)

また冬がやってきた

a0054240_20274635.jpg
「(うちの)ボタン(ピンク)」
桜の花が終わったと思ったら、息つく暇もなく春の花が次々咲き始める。
これもその一つ。

予報通り、気温が急激に下がり、冬に逆戻りしたようだ。
朝も夕方も、今頃の季節ではおかしい表現だろうが、時雨のような冷たい雨が降ってきた。
風も強いので、寒さがいっそうこたえる。
箪笥にしまっていたヒートテック(それも極暖!)を取り出して身につけ、ハイネックの上着を着て、裏起毛のパンツをはく。
散歩の時は手袋着用。
a0054240_20310456.jpg
ちなみにこれは夕方の気温。
ファンヒーターや石油ストーブの灯油を補充し、昨日から湯たんぽも入れて、ぬくぬくと暮らす。
寒いので外仕事もお休み。

手話サークルの定期総会の日。
終わってからの交流タイムで桜餅を食べることになっていたので、それを受け取りにイズミに行くため、早め(12時過ぎ)に家を出る。
総会はいつものように、特に何事もなく無事に終了。
初めての提案(事業報告や事業計画)だったけれど、それほど説明することもなかった。
大きな行事が終わってほっとする。

a0054240_20383906.jpg
「おひるごろはいいてんきでした~。」

by hideko0611 | 2018-04-07 20:38 | 四季の移ろい | Comments(0)

満開の日々

a0054240_20350261.jpg
「ユキヤナギ」
最近気がついたのだが、この花もかなり香り高い。
沈丁花ほどではないが、梅よりもよく香っているのではないだろうか?

晴れはまだ続いている。
春霞はだいぶ薄らいできた。
開花が遅かったお寺の桜も、だいぶ華やかになってきている。
a0054240_20464425.jpg
今日は午前中畑仕事。
よたろうさんが草を刈り、私ががんぜきで集めていき、整理した竹を並べ直す。
その後、畑の草取り。
最後のキャベツを収穫したので、キャベツと白菜(1本だけブロッコリーも)を植えていた畝をきれいにしていく。
ここにはシランやブルーベリーを引っ越しさせる予定にしている。
少しずつ少しずつ畑がきれいになっていくのを見るのは楽しいものだ。
この前、一生懸命草抜きをしたところに、チューリップが咲き始めた。
ちょっと丈が低いが…。

午後は買い物に行ってから、庭仕事。
昨日買ってきた苗(宿根ガーベラ。ローズマリー、オダマキ)を植えつけたり、カサブランカを植えていた鉢を空けたり、裏の草をに抜いたりする。
終わるとすぐに夕方の散歩だ。
我ながらよく働くと自画自賛。

a0054240_20432872.jpg
桜と一緒に快を撮りたいのに、お尻を向けて振り向いてくれない快である。

アスパラが今が旬らしく、安くて茎がみずみずしいのをスーパーで、よく見かけ、毎日のように食べている。
数日前の三点セットは、いかなごのくぎ煮、アスパラのごま和え、そして畑の菜花の酢味噌和え。
a0054240_20553522.jpg
いかなごのくぎ煮は最近はこの辺りのスーパーでも普通に並んでいるが、これは西宮の小さなお店の手作りのもの。

by hideko0611 | 2018-03-30 20:57 | 四季の移ろい | Comments(0)

「きれい」と「怖い」と

a0054240_20590861.jpg
「ソメイヨシノ」

昨日一昨日に比べると少しましだが、やっぱりまだ春霞に包まれている朝。
a0054240_21454982.jpg
予定通り、徳山へ謡のお稽古に行くよたろうさんと待ち合わせて、東川の桜を見に行く。
a0054240_21310143.jpg
まだ少し早いかと思っていたが、そんなことはなかった。
a0054240_21332947.jpg



a0054240_21071509.jpg


a0054240_21092986.jpg
陽光桜とソメイヨシノが混ざっているが、陽光桜は遅いぐらいで、ソメイヨシノがちょうど満開を迎えて見頃になっていた。
a0054240_21200588.jpg
写真を撮ろうとすると、簡易トイレが入り込んでしまうのは難点だが、必要なものなので仕方がない。
家族連れや(高齢の)友人グループが花の下でお弁当を広げている。
私達も「なかくら」で出来たてを買ってきたお弁当を広げる。
a0054240_21482614.jpg
近くのお店(「一閑」)で桜餅を買って来て、食後のデザートにした。
a0054240_21502973.jpg
上品なこしあんで、サイズは少し小ぶり。
子どもの頃、ここで魚を獲ったことがあるというよたろうさんの話では、東川は昔は汚かったということだが、今は透き通ってとてもきれいだ。
a0054240_21164633.jpg

桜の花には、蜜を吸っているのか花を食べているのか分からないが、鳥もいろいろやって来ている。
これはつぐみんかな。
a0054240_21114105.jpg
これはヤマガラ?
a0054240_21134967.jpg

近くの会社の敷地内にみごとな枝垂れ桜があって、いつも見るのを楽しみにしている。
a0054240_21283669.jpg

それにしても、今年の桜は咲き始めてからが早いこと!
うちの家の近くは寒いせいか、まだあまり咲いていないところが多いが、明日は一気に花開きそうだ。

花見をして帰ったのに、今日も頑張って二人で草刈り部隊を結成する。
今日は私は刈らずに、がんぜきで集めるだけにした。
終わったらすぐに散歩に行かないといけないので、手がぷるぷるしたら困るから。
故障していたよたろうさんの草刈り機が直ってきたので、よたろうさんはそれを使う。
2時半から3時半までの1時間働いた。
この三日間で、だいたい畑の周辺(何も植えていない平らなところ)が終わった。

夕方の散歩は上に行ったが、そこで恐ろしいことがあった。
小畑に抜ける道が分かれている辺りまで行ったら、近くで犬の吠える声がした。
それも複数。
ここまで散歩に来る犬はいないので、いやな予感がして快のリードを引っ張って、くるりと向きを変え、そのまま走って逃げる、
振り返ったら、野犬の群れがいた!
4匹ほどいたと思う。
黒と茶色と白がそれぞれいたような…。
そのうちの黒(黒柴みたいな感じ)がこちらに向かってゆっくり追いかけてくるみたいだったので、ドキドキしながらさらに走る。
幸い、ずっと後ろを振り返りながらではあるが、快がちゃんと走ってくれたので助かった。
その後はもう野犬がついてくることはなかったが、人の家があるところまで帰って来て、ようやくほっとする。
自然の中にいる野犬は、向かってきたり、追いかけてきたりすることはほとんどないと思うが、こちらも犬連れではあることだし、乱闘になったら大変!
あ~、怖かった……。
a0054240_21373781.jpg
「おか~さんったら、なんでとちゅうからあんなにはしったんだろう?(by快)」

by hideko0611 | 2018-03-27 21:38 | 四季の移ろい | Comments(0)

菜種梅雨とはいえ…

a0054240_19424923.jpg
「陽光桜」

いくら菜種梅雨と言っても、降り過ぎなんじゃないだろうかと思う。
朝から夜まで、一瞬もやむことなく降り続く。
雨雲レーダーでうっすらとなっているのが朝だけだったので、思い切って小雨の中を散歩に行く。
もちろん雨具に身を包んで。
途中でどっと降り出したらどうしようと思っていたが、小雨のまま家までたどりつけたのでほっとした。
遠出をした一昨日、草抜きに明け暮れた昨日、そして今日は一日デスクワーク。
手話サークルの仕事をする。
来年度の準備、定期総会の準備など。
夕方の散歩は無理だったので、大相撲もしっかり観ることが出来た。

明日は一旦雨が上がるけれど、また明後日は一日雨のようだ。
快がかわいそうだがしかたがない。

このかばんは私とよたろうさんがお揃いで買ったもの。
a0054240_19475630.jpg
新山口の駅で若い女性が持っているのを見てひと目ぼれ。
よっぽどその人にどこで買ったのか聞こうかと思ったが、恥ずかしくて聞けず、ネットで調べてみたらすぐに通販商品で見つかった。
帆布製で、ショルダーにも出来るし、手持ちにも出来る。
犬の顔というのは、ちょっとした目鼻のバランスや輪郭で漫画っぽくなったり、リアルすぎて可愛くなくなったり難しいものだ。
この柴犬はちょうどいいバランスだった。
この顔でポーチも作ってみたいと思っている。

a0054240_19533718.jpg
「これはきのうのボクだよ。
あしたははれてほしいな~。」

by hideko0611 | 2018-03-19 19:53 | 四季の移ろい | Comments(0)

一気に満開

a0054240_21001905.jpg
「桃」
たぶん桃だと思うのだけれど、よその木なので梅が桃かよく分からない(桜ではない)。

今日も一日気温は高め。
でも、曇っているので、昨日、一昨日ほどの気温の上昇はない。
ハクモクレンがあっという間に満開になった。
a0054240_21021732.jpg
うちだけかと思っていたら、ほかの木も同じだった。
これは小学校の裏庭にあるハクモクレン。
a0054240_21083169.jpg
高知では桜の開花が観測されたそうだ。

午前中はパッチワーク。
ランチは皆で喫茶サンレモに行く。
以前中学校の近くにあったというお店が産業道路沿いに移って開店したそうだ。
私は初めてだが、皆さんはよく知っておられた。
焼きサンドやサンドイッチなどもあったが、私はオムライスにする。
なぜかオムライスが一番遅くて、先にサラダや紅茶が出てきたので、オムライスを食べる頃にはかなりの満腹感。
そういえば、こんなダイエット法があったような気がする。
食事の最初に水を飲むとか、生野菜のサラダを食べるとか…。

夕方はいつ雨が降るか分からないので、早めに3時頃散歩に出る。
帰る頃に少しパラパラ降ってきたが、たいしたことはなかった。
今夜はしっかり雨になり、明日の朝になるとやむという理想的な展開になる…はず。

a0054240_21110884.jpg
横顔はとても凛々しい快である。

by hideko0611 | 2018-03-15 21:11 | 四季の移ろい | Comments(0)

冬ごもり

a0054240_21055620.jpg
「ツルウメモドキ」

今朝は曇っていたので、曖昧な感じの日の出だった。

a0054240_21073021.jpg

気温は低く、水たまりの水が凍っている。
a0054240_22245982.jpg

今朝、七草粥に何を入れようかと考えた結果、畑のカブ(葉と白い部分)、春菊、そして知人の土地(元畑だったところの溝)に生えているクレソンを採らせていただいて入れた。
a0054240_21091840.jpg
大根葉にちりめんじゃことかつおぶしを入れて炒めたものものせたので、無理をすれば四草粥と言えないこともない。
ちゃんと七草粥の歌
「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン ストトントン♪」
を歌いながら、菜を刻む。
メロディーはよく分からないので適当に歌ったが、さっきYouTubeで聞いてみたら、当たらずといえども遠からずだった。

昨日machicoさんから借りた「キルト時間」の型紙部分をコピーしにコンビニへ。
我が家のプリンター&コピー機はA3には対応していないので。
これから雨、雪、寒い日が続くときの手仕事の準備が出来た。
そうそう、雨や雪の前の準備と言えば、何よりも大切なのが食料品。
夕方の散歩の後で、よたろうさんと畑の野菜を収穫してきた。
まだ十分結球していない白菜とキャベツ、今年はあまり大きなのが出来ていないジャガイモ、それからネギ、春菊、聖護院大根。
牛蒡と人参はスーパーで買って来たし、カボチャ、サツマイモ、タマネギは保存してある。
これで野菜部門は大丈夫。
肉・魚部門はお正月前に冷凍庫に備蓄してあるので、これまた大丈夫。
犬と猫の食糧の予備も買って来た。
これで冬ごもりの準備完了。
私の前世は熊ではなくてリスかもしれないなぁ。
おおげさではなくて、山の上に家があり、店が遠くて、バイクしか交通手段がないと、雪が積もったらもうお手上げ、絶海の孤島状態なのだ。

夕食にお正月恒例のちらし寿司を作る。
いつもは3日か4日に作るのだが、今年は少し遅くなってしまった。
いただきものの牡蠣フライ(衣もつけて揚げるばかりにしてある状態)に、サラダ菜とクレソンを添えて、おいしくいただく。
a0054240_22182915.jpg

年が明けてから、毎日てきぱき散歩をするいい子の快。
なんだか得意げにポーズをとっている(気がする)。
a0054240_22203791.jpg

今年の大河ドラマ「西郷どん」が今日からスタートした。
主役の鈴木亮平君は、私と同じ小学校、中学校なので(もちろん時代は全然違うが)、勝手に親近感を感じてかねてから応援している。
西郷さんの城山での最期は変えられないだけにちょっと悲しいが、それまでにどれだけの人間的魅力を見せてくれるかとっても楽しみ。
子役さんも西郷さんのイメージによく合っていて、少年期の出口にいる初々しさが感じられる。
画面もきれいだ。


by hideko0611 | 2018-01-07 22:09 | 四季の移ろい | Comments(0)