ブログトップ | ログイン

のびのびのひび

カテゴリ:山口の自然( 137 )

今年のお花見①

a0054240_20131087.jpg
「ハナビシソウ」

うちの近くでは陽光桜が満開なので、
a0054240_20253691.jpg
ほかもそうだろうと思って、陽光桜がたくさん植えられている東川に、今年最初の花見に行ってみる。
(いつもソメイヨシノが見頃になっている頃に行くので、陽光桜はすでに盛りを過ぎている。)
よたろうさんが1時から文化会館で書道のお稽古なので、11時前に家を出た。
徳山駅前の吉野家で昼食を買い、水木で食後の和菓子を買って行った。
a0054240_20424600.jpg

ところが、まだ東川の桜はほとんど咲いていなかった。
こんな感じ。
a0054240_20281303.jpg


a0054240_20305989.jpg


a0054240_20330119.jpg
一番開花が進んでいるところのベンチでランチにする。
もちろんほかに花見客は誰もいない。
それほど寒くないし、少しとはいえ咲いている桜の下で食べるごはんはおいしい。
食事中通りかかった、同年代と思しき女性が、なぜかくるみパンを下さった。
「今、そこで買ったんだけど、くるみパンは三つだけ残っていて…。
私と主人が一つずつなので、一つ差し上げます。」
一旦通り過ぎてから、また引き返して来られた。
ありがたく頂戴する。
後でそのお店(川のすぐ横にある「スフレ」 以前は「木村屋(キムラヤ?)」と言ったらしい)に寄ってみたら、なるほどおいしそうなパンがいろいろあったので、金時豆パンとかシナモンパンとかあんドーナツとか、あれこれ買い込んでしまった。
a0054240_20373780.jpg

私は徳山のイズミで買い物をして2時前に帰る。
帰って来たら、快が今日は日陰で寝るという、夏のような過ごし方をしていた。
a0054240_20390306.jpg

今日は桜を見に行く前と帰ってからと、合わせて2時間ほどで斜面のカンナとジンジャーをすべて刈り取った。
刈ったものを斜面の一番下まで引きずり降ろすのがちょっと大変。
茶色く枯れたのがぼうぼうと生えていてずっと気になっていたのだ。
身体を動かす仕事をした後は気持ちがいい。

by hideko0611 | 2019-03-22 20:39 | 山口の自然 | Comments(0)

翳む3月

a0054240_21065302.jpg
「沈丁花(白)」
挿してから何年もたつのに、いっこうに花が咲かなかったこの木に、初めての花が咲いた。
親木はもう枯れてしまったので、よけいに感慨深い。

最近、曇っているのかかすんでいるのかよく分からない日が多い。
春の特徴だろうが、黄砂なのかPM2.5なのか、靄なのか…?
朝も、
a0054240_21120252.jpg
夕方も。
a0054240_21152863.jpg

今日も洗濯、掃除、買い物、ピアノの練習だけで一日が過ぎてしまった。
久しぶりに太陽ラーメンでお昼を食べた。
阪神ファンのご主人と、いつも一言二言話をする。
今日は今年は期待できそうだね、と。
矢野阪神、頑張って下さいね。
今日から3月なので、家じゅうのカレンダーをめくって回ったら、大相撲カレンダーは今月が稀勢の里関だった…。
荒磯親方も頑張って下さいね。

ハシブトガラスの嘴は本当にでっかい。
a0054240_21172439.jpg
キョエちゃんみたいだ。

a0054240_21192358.jpg
今日は暖かかったので、くつろいで休んでいる快。
冬毛がどんどん浮いてきている。

<2月読書記録>
「氷菓」         米澤 穂信
「お茶をどうぞ 向田邦子対談集」
「愚者のエンドロール」  米澤 穂信
「ガンビアの春」     庄野 潤三
「送り火」        高橋 弘希
「この先には何がある?」 群 ようこ      以上6冊


by hideko0611 | 2019-03-01 21:23 | 山口の自然 | Comments(0)

雨上がる

a0054240_20383293.jpg
「うちの椿③(ピンク)」

昨夜から降っていた雨は予報通り、朝にはほぼやんでいた。
完全にやむのを待って、先に朝食をすませ、いつもより1時間遅れで朝の散歩に出る。
雨上がりの常で、霧(靄?)が濃くかかっていた。
a0054240_20405752.jpg

ピアノのレッスンに行き、買い物をして帰る。
先生に、黒鍵と白鍵の装飾音の弾き方の裏技を教えていただいた。
JAの前でゆっぴーさんとばったり出会った。
この前「松の樹」に行って、担々麵を食べたらおいしかったとのこと。
見るからに辛そうなので敬遠していたけれど、私のブログを見ておいしそうだったから食べて見たそうだ。
良かった。
またランチをご一緒したい。

雨で土が湿っているので畑仕事はお休み。
午後は昼寝&読書の時間。
庄野潤三さんの「シェリー酒と楓の葉」を読み始めた。
時や場所を超えて、変わることのない普通の人の普通の日々の営みを丁寧に紡いでいる本を読んでいると、心が落ちつく。

a0054240_20475071.jpg
雨上がりで少し寒いのか、こんな表情とポーズの快。

今日の鳥撮りはジョウビタキ(♂)と
a0054240_20501427.jpg
メジロ(シルエットだけだが、まんまるお目目なので、たぶんそうだと思う)。
a0054240_20511592.jpg
うちの家の沈丁花も満開になってきた。
少し離れたところでも、芳香が漂ってくるのはうれしい。
a0054240_20533968.jpg


by hideko0611 | 2019-02-28 20:55 | 山口の自然 | Comments(0)

うっすら雪山

a0054240_21442263.jpg
「紅梅(八重)」

昨夜また少し雪が降ったので、朝はうっすら雪景色。
a0054240_21470604.jpg


a0054240_21484175.jpg
道にはまったく積もっていないが、気温が低かったのでアスファルトが凍ってブラックバーンになっていると怖い。
うちの家の前の坂道は大丈夫だったので、いつもの時刻に散歩に出たが、陸橋の上が危なかった。
a0054240_21505366.jpg
「快、ゆっくり、ゆっくりね。」
と言い聞かせながら(もちろんリードを強く引っ張りながら)おそるおそる渡り、事なきを得る。
気温は2℃台だった。
散歩友達のIさんが、
「大平山がきれいだったよ。」
と教えて下さったので、一旦家に帰ってから一人で見に行ってみた。
本当に、朝日を浴びてまるで信州の山々のように白くきれいに雪化粧していた。
a0054240_21575572.jpg
日中は暖かくなり、夕方の散歩から帰ったら、ヒートテックの極暖を着ていた私は汗びっしょり。
気温は12℃台だった。

梅の花がだんだん咲き始めているので、突然梅のタペストリーが作りたくなった。
先日Fさんの家で見せてもらった「和の花を描く」という朝倉恵子さんの本の中で見つけたデザイン。
この本に出て来る花はどれも素敵で、いろいろ作りたくなる。
午前中はまず生地選び。
生地の入っている引き出しをあれこれ引っ張り出して、合わせてみる。
この作業が一番大変で、一番楽しい。
(片付けるのはもっと大変で、楽しくない。)
だいたい決まったので、午後は鴬のアップリケに取りかかる。
まだ一部しか出来ていないけれど、こんな感じ。
a0054240_22001026.jpg
私の好きな刺繍の部分も多いので楽しみだ。
早くしないと梅がどんどん咲いてくるので、百合の花はちょっと置いておいて、こちらを先にやることにした。
一週間で仕上げるのを目標にしている。
サイズは40cm×40cm。

a0054240_22023238.jpg
「これからさんぽにいくんですね。」
と、確認顔の快。
この後すぐつながりにやって来た。

by hideko0611 | 2019-01-27 22:03 | 山口の自然 | Comments(0)

早春の気配

a0054240_20250194.jpg
「プリムラ・マラコイデス」

うっすら雲がかかっていると、朝日の形が真ん丸に見える(今日)。
a0054240_20270734.jpg
そうでないときは、まぶしすぎてよく見えない(数日前)。
a0054240_20304858.jpg

福川の朝早くから開いている魚屋さんに、朝食後すぐセグロを買いに行ったら今日はなかった。
ここ数日ずっと店頭に並んでいたはずなのに…。
トロ箱でいつもなら1000円ぐらいなのに、今日は3000円だったから仕入れなかったそうだ。
後で生協ものぞいてみたがやっぱりなかった。
というわけで、予定変更して今夜はブリの照り焼きにする。
この辺りはそれほどでもないが、海が荒れているのだろうか?

午後1時15分にTさん(読書会のお仲間)と図書館前で待ち合わせて、本を貸してあげる。
「三月のライオン」と「重版出来!」。
小説もコミックも映画もドラマも漫画もみんな好きだというパワフルなTさん。
今日はこれから陶芸教室だって。
私はその後近くのFさん(パッチワークのお仲間)のお家へ行って、パッチワークの作品を見せてもらったり、一緒にパッチワークの本を見ながら作りたいものの話をして1時間ほど過ごす。
ピースワークが大好きでこつこつ大作を作り上げる物静かなFさん。
12年でいろいろなタイプの素敵なお仲間がたくさん出来た。

a0054240_20380634.jpg
「きょうもいっぱいすわりました~。」(手前は私のお散歩バッグ)

梅の開花が少しずつ進んでいる。
こちらは散歩道の途中にある、一番開花の早い梅の木。
a0054240_20423634.jpg
こちらはうちの鉢植えの紅梅。
a0054240_20443537.jpg
今日は暖かかったので、ついついもうすぐ桜でも咲きそうな気がしてくるが、まだ1月だった。

by hideko0611 | 2019-01-23 20:45 | 山口の自然 | Comments(0)

雲の描く絵

a0054240_20300720.jpg
「ゼラニウム」
温室の中に入れているので、冬でも花が咲いている。

今朝の雲はとても芸術的できれいだった。
a0054240_20314976.jpg



a0054240_20372531.jpg
年末に買った根菜類が残っているので、掘り上げた里芋も一緒に煮しめを作る。
味がよくしみるように、午前中に作っておく。
それぞれの材料を下茹でするのにけっこう手間がかかるが、いろいろな野菜の味が混然一体となっておいしい。
a0054240_20445657.jpg

午後は暖かくなったので、1時間半ほど畑仕事をする。
グリーンピース、スナップえんどう、ソラマメの豆三銃士に肥料を施し、横に延びている蔓を支柱に結びつける。
少し草抜きもした。
今は雑草の勢いが弱いときなので、ホトケノザなど数少ない草をどしどし抜いていく。
白菜を漬物にしようと思って収穫したが、虫(ナメクジも)の被害がすごいのと、「黄ごころ」は二つとも中の方が腐っていた。
すっかりやる気をなくしてしまう。
今までこんなことはなかったのに…。

その後「大岡越前」を見ながら、パッチワーク。
勧善懲悪というのはやっぱりいいなぁ。
若い頃、ヒガシのファンだった私、平岳大君も好きなので、ツーショットもうれしい。
何よりあの昔から変わらないテーマソングが流れると、一気に昭和に逆戻りしてしまう。

夕方の空もきれいだった。
a0054240_20464719.jpg
「きょうはあめのしんぱいがないので、あさもゆうがたもゆっくりさんぽができたよ~。」
a0054240_20492460.jpg
明日は少し雨が降るような降らないような予報。
降水確率30~60%って、とっても微妙。


by hideko0611 | 2019-01-11 20:50 | 山口の自然 | Comments(0)

この冬初めての積雪

a0054240_23200449.jpg
「カランコエ(種類不明)」

やはり朝になっても昨夜の雪は融けずに残っていた。
a0054240_23482782.jpg
昨夜、あの後降った様子はないから、本当に短時間にさっと降ってすぐに積もったのだろう。
でも、道の雪がすっかりなくなっていたので、普通に散歩に行く。
ただし行く前に、いつも雪融けが遅い場所まで私だけ歩いて行って、雪がないことを確かめておいた。
a0054240_23350992.jpg
雪中行軍を楽しむ快。
a0054240_23380749.jpg
気温はさすがに低くて2℃だった。

今年もあと三日となってしまったので、あれこれ年末仕事をする。
まず、よたろうさんのお飾り作りの手伝い。
裏白と普通のシダの区別がやっとつくようになった。
ユズリハの木がどれかというのも分かった。
縄も少しはなえるようになった。
でもおかげで指先ががさがさになってしまったよ~。
そのほか、トイレ掃除、マット類の洗濯、榊の交換、お墓参りなど。

今日も日中たびたび雪が舞う(でも積もらない)。
夕方の散歩に出ようという時にも降ってきたが、空がそれほど暗くなっていなかったのでそのまま家を出る。
空が朝ドラのタイトルみたいに「半分、青い」。
a0054240_23414943.jpg
「ゆきがなくなってつまんない…。」
a0054240_23453140.jpg


by hideko0611 | 2018-12-29 23:50 | 山口の自然 | Comments(0)

寒い朝


a0054240_21411244.jpg
「ヴィオラ」

海の方を見ると、昨夜は放射冷却現象でだいぶ冷え込んだようだ。
a0054240_21434649.jpg
朝の散歩は寒くて、霜もだいぶおりていた。

午前中はピアノのレッスン。
「人形の夢と目覚め」、3か月もやっていてまだまだなめらかに弾けないところもあるが、おまけであげていただいた。
もう一つやっている曲が「忘れな草」なので、ピアノの先生にうちのワスレナグサの苗をおすそ分けした。

日中は少し暖かかったので、重い腰を上げて外仕事をする。
種を蒔いたポピーが少し大きくなったのを、花壇の一隅に植えた。
残りのワスレナグサも。
うまくついてくれたら、春先には風にそよぐポピーの群生が見られるはず…。
チェリーセージ類3種を切り戻し、ハマユウに霜よけの大きなビニル袋をかぶせて、庭の冬支度はほぼ完了した。

a0054240_21450362.jpg
朝、庭の柿の木のてっぺんにミヤマホオジロがとまり、しばらくじっとしていてくれたので、全身バッチリ撮影出来た。
これは♀らしい。(♂の冠羽は黒と黄)

ようやく「西郷どん」の予約録画を全部見た。
土曜日の再放送分で録画しているので、土曜日に「西南戦争」、そして日曜日は最終回の「敬天愛人」を見て追いつける。
すっかり貫禄を増し、西郷隆盛その人にしか見えない鈴木亮平君。
でも、過度の体重の増減の繰り返しは身体によくないと思うので、気をつけて下さいね~。
今回はドーナツで増やしたと「あさイチ」で言っていた。
悲しいだけでなく、ある意味爽快な終わり方だと、これも「あさイチ」で言っていたので楽しみだ。

a0054240_21521183.jpg
「きょうはまえからとられました~。」


by hideko0611 | 2018-12-13 21:56 | 山口の自然 | Comments(0)

イチョウ散る

a0054240_20192119.jpg
「キルタンサス」

ふと気がつくと、駅前通りのイチョウがすっかり裸になっていた。
a0054240_20210786.jpg
下の落ち葉もなくなっていたから、市の清掃の方が片付けられたのだろう。
それなのに、信号のそばの2本ほどが、まだたくさんの葉をつけている。
a0054240_20230970.jpg
晩生型のイチョウなのだろう。

風が冷たい一日だったが、夕方になってようやく気温が上がってきた。
散歩から帰って来たら、ニットの帽子の下に汗をびっしょりかいていた。

旧道沿いのカンナを切り、すっきりさせる。
2種類のアメジストセージもばっさり切り戻した。
この作業をしたのは夕方の散歩の後(日中は寒かったので)。
日没が少し遅くなってきたので、5時20分頃まで作業が出来た。。
と言っても調べてみたら12月2日から7日までが、一年で一番日没が早い(5時4分)ときで、今日はそれより1分遅いだけ(5時5分)だった。
ここ数日雨や曇りで実際の日没より早く暗くなっていたから、今日はいつまでも明るいような気がしたのだろう。
一日曇りの予報だったのに、今日は日差しの多い一日だった。
全身に夕日を浴びている快。
a0054240_20282195.jpg

by hideko0611 | 2018-12-12 20:31 | 山口の自然 | Comments(0)

冬の雲

a0054240_19220324.jpg
「よその菊(白 アネモネ咲)」

朝の冷え込みは、この冬一番。
a0054240_19243492.jpg
(明日もたぶん同じことを書くと思う。)
海霧もしっかりかかっている。
a0054240_19363316.jpg

よたろうさんは一日学び・交流プラザで能楽の発表会。
私は美容院に行って来た。
寒いので外仕事をする気になれない。
午後はこたつにもぐりこんで、ぬくぬく読書&昼寝。
至福のひととき。
でもすぐに夕方の散歩の時間がやって来る。
最近は3時半頃に家を出て5時までには帰るようにしている。

冬になって来ると、空を見るのが楽しみになってくる。
青く晴れた空に、様々な白い雲の形。
木や草のシルエットも面白い。
a0054240_19283004.jpg

a0054240_19310650.jpg

a0054240_19325281.jpg


a0054240_19344362.jpg
今日も由布岳がうっすらと見えた。
a0054240_19401807.jpg



a0054240_19382177.jpg
「ゆうひがまぶしい~。」

by hideko0611 | 2018-11-23 19:41 | 山口の自然 | Comments(0)