2013年 01月 27日 ( 1 )

おお寒っ

a0054240_23211870.jpg

「ユリオプスデージー」

昨夜いつものように3時頃ひとみに起こされる(ごはんの催促)。
その時に背中がぞくぞくしたので、(風邪でもひいたのかな?)と心配したが、ただ単に寒かっただけだった。
私のベッドは窓ぎわにあって、レースのカーテンを閉めているだけなので、寒気が部屋に入り込んでいたのだ。
(そのかわり夏は涼しい。)
昨夜は湯たんぽもしていなかったし・・・。
今夜は厚いカーテンも閉めて、湯たんぽも入れて、万全の態勢を整えて寝ることにしよう。
それぐらい寒かったので、夜の間に降った雪が凍っていたら困るなぁと思ったが、雪は降らなかった模様。
ただし今日も昨日と同じぐらい寒い。
日が差している分、日中の部屋の中は暖かいが、一歩外に出ると、いや外じゃなくて日の差さない部屋や廊下に出ただけでも、冷たい空気に全身が包まれる。
午前中、9枚つなぎのキルトを三枚重ねにして、しつけをかける。
大きいキルトになると、しつけをかけるだけでも大変だ。
中央から落としキルトを始めたが、これまた大きいのでやりにくい。
これぐらい(約1m四方)で大きいと言っていたら笑われそうだが、私にとっては大作なのだ。
来週の教室で、フープの使い方をもう一度ちゃんと習ってこよう。

昨日煮込んだカレーを二日連続で昼食に食べる。
昨年夏に漬けたらっきょうがちょうど食べ頃。
a0054240_062683.jpg
オタフクのらっきょう酢のおかげで、とってもおいしく出来た。
洗って薄皮をむいて上下を切るのが大変だけど、よたろうさんを雇って来年は倍量漬けてみよう。

午後は手話。
寒いからかいつもより少し少なめの人数。
昨日の朝の雪の話、腰痛の話、ゴールデンボンバーが紅白で使ったお面のわけなど、話題はあちこち飛びながら手話の会話が進んでいく。
音声での会話で滑舌のよさが大切なように、手話での会話もめりはりや明確さが大切だ。
私の場合、使えるようになった手話の単語も、指が曲がっていたりしてあいまいなことが多い。
手(指)の向きや位置によって全然違った単語になってしまうし、動かす場合も1回なのか2回なのか数回なのか決まっている。
本当に難しいですよ~。
帰りは寒くて手が凍えそうだった。
時刻が遅いので、快の散歩は上に行こうと思って歩き出したが、冷たい風がびゅうっと吹きつけてきたので、あっけなく挫折して下へ行く。
帰りは景色のいいところで快と寄り添って休憩。
a0054240_23565211.jpg
a0054240_2357575.jpg

日がだいぶ長くなってきた。
家に入る坂のところで、最後の休憩。
a0054240_23594443.jpg

そうしたら雪が舞ってきたので、そのまま快は玄関へ。
by hideko0611 | 2013-01-27 00:10 | 手話 | Comments(0)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611