ブログトップ | ログイン

のびのびのひび

2012年 02月 21日 ( 1 )

知らない人から

a0054240_20543183.jpg

「カンアヤメ」

昨日とはうって変わって、「青空はかけらもない」空模様。
a0054240_20573779.jpg
朝の散歩の時からぽつりぽつりと落ちてきた。
それはすぐに上がったけれど、夕方の散歩の時も途中から降って来て(濡れるほどではない)、快は早くからケージ入り。

ふきのとうが目につくようになってきたので、今日もふき味噌を作る。
a0054240_2144510.jpg

レシピは
①ふきのとう3、4個は外側の汚ないところをとって、重曹を入れた湯でさっとゆで、しばらく水にさらしてからみじん切りにしてしぼる。
②ごま油かサラダ油でふきのとうを炒めて、
 味噌 60g
 砂糖 大さじ1~2(味噌の塩辛さによって加減する)
 酒 大さじ1と1/2
 みりん 大さじ1 を混ぜた調味料を入れて、さらに炒める。   
 こげつきやすいので、私は水を少々入れてゆるめてから炒めた。

アルクで久しぶりに紅玉を見かけたので、ジャムも作った。
a0054240_2154180.jpg

林檎3個をイチョウ切りにして、重量の6割の砂糖で煮る。
今日は三温糖を使い、皮は1個分しか入れなかったので、濃い飴色に仕上がった。
上白糖で、皮をたくさん入れると、きれいな薔薇色になるが、飴色の方がおいしそうに見える。
a0054240_2192391.jpg

ジャム作り専用にしている竹べらが行方不明になっていて、木杓子を使ったら、鍋は深いわ、木杓子は短いわで熱くてやりにくかった。
最近いろいろなものが行方不明になる。
この前から4つも。
快の登録票、クリーンリーダーの報告書、買って間もない栗原はるみさんの菜ばし、そしてこの竹べら。
初めの三つは結局全部出てきたので、竹べらも出てくることを期待しよう。
置く場所はちゃんと決めているのに、そこにないのが不思議だ。
借り暮らしの小人さんが持って行ったことにしておく。
そうそう、アルクで買い物を済ませて、駐輪場でバイクを動かそうとしたら、隣に自転車を停めていたおじさん(おじいさん?)に話しかけられた。
「八朔はいらんかね。」
八朔好きの私は喜んでいただいた。
もちろん全然知らない人。
友達の家になったものをもらってきたけれど、これが二度目で、前にもらったものがまだあるんだって。
自転車の前かごに載せた袋には20個ぐらい入っていて、全部あげると言われたけれど、さすがにそれはあつかましいので、5個だけいただいた。
a0054240_21254338.jpg

野生的な味(つまりちょっと酸っぱい)だが、みずみずしい。

甘えん坊の快。
私の服のすそをくわえて、噛んでいるのかと思ったら、陶酔した表情で、ちゅぱちゅぱ吸っている。
a0054240_21182225.jpg
ライナスの毛布かいっ。
散歩に行くためにリードにつないで、よたろうさんを待っている間に、ごろんとおなかを見せて満足そう。
a0054240_21194271.jpg

この顔を見ていると、たいていのいたずらは許してしまいそう。
a0054240_21203645.jpg

by hideko0611 | 2012-02-21 21:31 | B級グルメ | Comments(2)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記