2007年 11月 16日 ( 1 )


15分の楽しみ

a0054240_17581173.jpg
a0054240_17592723.jpg
a0054240_17595837.jpg
a0054240_1801556.jpg

「サザンカ四姉妹」
冬の花のイメージが強いのは、唱歌「たき火」の中に「さざんか さざんか さいたみち」と出てくるせいだろう。
花期が長いので、もちろん冬の間も咲いているのだが、咲き始めは意外と早く、一番上の花は10月末から咲き始めた。
11月9日から七十二節気の「山茶始開(サザンカやツバキの花が開き始める)」。
上から二番目の花はとてもきれいなのだけれど、まずイラガがとりつき、次にあの怖ろしいスズメバチがとりつき(チョウセンナンテンの花が終わったら、近くにあったこの木に鞍替えしたのだ!)、私は近寄れない怖ろしい木。
唐突だけれど、昔、山茶花究(さざんか きゅう)という俳優さんがいたなぁ。
どんな顔の人だったか思い出せないけれど。

今日はいっちゃんの来る日なので、お昼は庭でおにぎりパーティーをしようと思って「おむすび山」も買っていたのに、あいにくの曇り空。
a0054240_1818521.jpg
お日様が出ていないと、母が外に出るには寒いので、今日は家の中で食べた。
残念。
今日はもう一つ残念なことがあった。
パッチワークの新しい作品「着物のタペストリー」に昨日からとりかかっている。
a0054240_18235859.jpg

これは出来上がった人に貸してもらった見本。
昨日、襟以外ほとんど仕上がって喜んでいたが、どうも袖と脇がきれいに合わない。
ちょっと手直しをしてみたけれどうまくいかないので、もう一度途中までほどいてやり直すことにした。
a0054240_18253666.jpg

朝ドラの「ちりとてちん」の中で、
「不器用な者ほど、いっしょうけんめい練習するんや。」
というセリフがあった。
布をまっすぐ切るだけなのになぜかゆがんでしまう私だけれど、途中で投げ出さずにやってみよう。
ところで「ちりとてちん」、なかなか面白い。
放映前は配役が地味な感じがしたけれど、どの人もなかなかいい味を出している。
よたろうさんは、斜に構えた四草君がお気に入り。
私はキム兄の熊さんも草々さんもいいけれど、うらぶれた草若師匠がいつ立ち直るのか見届けたい。
「時代屋の女房」の渡瀬恒彦をふと思い出した。
天神橋筋商店街、中之島など懐かしい場所が出てくるのもいいが、何よりも大阪風の笑いが満載だ。
そこに落語の笑いが重なってくる。
落語の好きなよたろうさん共々、毎日楽しみに見ている。
二人とも泣いたり笑ったり、なかなか忙しい。
時には1日2回見ることもある。
「ちゅらさん」や「芋たこなんきん」もよかったが、今までの朝ドラの中では一番面白い。
今まであまり聴いていないが、落語もちょっと聴いてみたくなった。

林檎NO.19 「むつ」
a0054240_2141147.jpg

正確には無袋の「サンむつ」。
印度とゴールデンデリシャスの子。
王林の兄弟。
だから色が緑だけれど、袋をかけて育ててその袋を取ると、美しい紅色に染まる。
一時期好きでよく食べた。
果肉は柔らかめで甘味と酸味のバランスが良い。

林檎NO.番外編
a0054240_22125135.jpg

ロッテの「贅沢林檎」というふじ林檎果汁が44%も入ったチョコレート。
明治のストロベリーチョコと同じようなものだが、確かにりんごジュースを食べている感じ。
アマゾンの本代を払いに行って、セブンイレブンで見つけた。
ついでに復刻版チェリオも。
a0054240_2216479.jpg

サッポロ一番ピリ辛味噌ラーメンにも惹かれたが、今日はやめておいた。

今日の海。
大事件!
生きているモグラを捕まえたのだ。
日頃はこんなにだら~っとしているのに、
a0054240_215543100.jpg

猟犬の血を引く本性を現して、草におおわれた溝を右に左に追いかけ、
a0054240_2271924.jpg
ぱっくりくわえて倒してしまった。
いつものように家まで持って帰ったところを、さっと取り上げる。
今まで死んだもぐらを拾って帰ったことは何回もあるけれど、猟をしたのは初めてだ。
(食べるわけではない。)
モグラは災難だったね。
モグラをくわえている証拠写真もあるのだが、掲載は差し控える。
代わりに、海のおもしろ顔三連発。
a0054240_21364252.jpg
a0054240_2137765.jpg
a0054240_21372384.jpg


by hideko0611 | 2007-11-16 21:50 | パッチワーク | Comments(3)
line

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
line
カレンダー