秘密のごちそう

a0054240_2375324.jpg

「シンビジウム」
実は・・・花の後ろに海がいた。
a0054240_2383257.jpg


今日も空気が冷たい。
午前中は美容院へ。
髪をさっぱりと短くしてくる。
午後はお大師様に帽子と前かけをつけてあげた。
なんだか帽子がやけにでっかい。
「鉄かぶとみたいだ。」
と、よたろうさんに言われた。
耳まで隠れてあったかいからいいんだい!
a0054240_23114825.jpg

年賀状も出したし、明日明後日は掃除と料理をしよう。

料理と言えば、「けんちょう」という料理はどれくらい知名度があるのだろうか?
しばらく前に母が、
「けんちょうを食べてみたい。」
と言うので、それはどんな料理か訊ねてみたら、大根ととうふを炒めて煮るという説明。
私は今まで作ったことも食べたことも、聞いたこともない。
けんちん汁ではないかと言っても、違うとのこと。
炒りどうふのようなものだろうか?
ネットで検索してみると、意外なことにたくさんヒットした。
ウィキペディアにも載っている。
山口県の郷土料理のようだ。
要は豆腐と大根、人参などの野菜(なんでもいい)を、醤油、みりん、酒、さとうなどの調味料を入れ、水分がなくなるまで炒り煮にする料理。
大根の切り方は、イチョウ切りでも薄切りでもせん切りでもいいみたい。
だしも入れた方がおいしいだろう。
私の疑問は、水分が少ないから、あまり長い時間は火にかけられないだろうに、大根がちゃんと柔かくなるだろうかということ。
大根ってある程度煮ないと柔らかくならないのに。
作ってみて出た結論は、大根をうす目に切り、先にしっかり炒めてから豆腐と調味料を入れたらいいのではないかということ。
大根と豆腐しか入れないのかと思っていたので、色がもう一つ。
でも、味はおいしかった。
a0054240_23262847.jpg
人参は必ず入れた方がいいと思う。
作ってすぐよりも、煮物の常として、次の日ぐらいの方が味がしみておいしいんだって。
母が言うには、田舎の人の忙しい時の料理で、たくさん作っておいて、何回も煮返して食べるようだ。
また人参も入れて作ってみよう。
ごぼうや椎茸を入れたらさらにおいしそう。

by hideko0611 | 2009-12-29 23:27 | 山口の味 | Comments(0)
line

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
line
カレンダー