旨味と渋味

a0054240_1747159.jpg

「レックスベゴニア シュウカイドウ科ベゴニア属」

朝の部屋の気温が20℃を切るようになった。
a0054240_2215856.jpg
そのせいか、珍しいことに雨も降っていないのに、ラジオ体操の間も小屋に入ったままの海。
a0054240_22153754.jpg

途中でやっと小屋から出て来たが、やけにおとなしい。
a0054240_2239415.jpg

いつもなら、よたろうさんの体操を思いっきり邪魔しながら、ボール遊びをせがむのに。
それとも、今日はラジオ体操が始まって80周年の記念日らしいので、よたろうさんがゆっくりラジオ体操が出来るように、おとなしく控えていたのか?
ラジオ体操は、1928(昭和3年)年に当時の逓信省簡易保険局(現在のかんぽ生命保険)が国民の健康増進を目的に制定し、11月1日午前7時に、天皇の御大典記念事業の一環として放送を開始したそうだ。
と言っても、私達家族はいつも通りに体を動かすだけ。
3人が元気で顔をそろえて体操出来ることが何よりだ。
(母はサンルームで椅子に座って、私達はガラス戸を隔てて庭でやっている。)
人間は元気なのだけれど、今まで使っていたラジオが壊れてしまい、今は台所に置いていたラジカセで代用している。
昨日と違って日中は日差しもあり、気持ちのよい1日。
寒くなる前に、トイレや洗面所など水周りをきれいにする。

たこは昨日はそのまま刺身で、今日はたこめしになって、すべておいしく食べ尽くされた。
いただいた方の話によると、おいしいアサリの採れる津木のあたりで獲れたたこで、塩を入れた番茶でゆでたとのこと。
スーパーで売っているたこと違って、たこそのものの味がした。
それから、3日前に焼酎であわせた柿を試しに食べてみたが、まだ渋が完全に抜けていなかった。
実は私は、渋柿を食べるのは生まれて初めてなのだ。
口が曲がるほど渋くはなかったが、口の中全体に苔のように水溶性のタンニンがへばりつく、なんとも言えないいや~な感じ。
ぐみの実を食べた時にも同じ感覚があった。
(調べてみると、やはりぐみの実も種類によってはタンニンを含んでいて、「ぐみ」とう名の由来は渋さを表す「えぐみ」から来ているという説もあるそうだ。)
水溶性なので、お茶を飲んで和三盆のお菓子を食べて口直しをしたら、すぐに回復したのでよかった。
まだちょっと早すぎたのか、私の焼酎の入れ方が足りなかったのかは不明。

a0054240_22102675.jpg

フェンスを隔ててガンを飛ばし合う海とシャイ。
a0054240_2227423.jpg
a0054240_22115422.jpg

大好きなお姉ちゃん家に、なんとか上がりこもうとする海。
しっぽがブレているのは、ぶんぶん振り回しているから。
a0054240_2213346.jpg

頭をなでてもらって、がまんする。
お姉ちゃん家にも干し柿が・・・。
a0054240_22285895.jpg

by hideko0611 | 2008-11-01 22:23 | 山口の味 | Comments(0)