そろそろ夏

a0054240_21280672.jpg
「ストケシア」
このほかにもいろいろな色がある。
a0054240_21294856.jpg


a0054240_21325081.jpg


a0054240_21364799.jpg
虫もつかないし、やたら増えすぎることもなく、毎年きちんと咲いてくれる、宿根草の優等生。

午前中は二人で畑仕事に勤しむ。
私は植え替えたネギの株元に刈った草をかぶせ、残っていた一画の菊の切り戻しをした。
そのほか旧道にはみ出したクズを刈り、よたろうさんが剪定したハクモクレンや南天の後始末をする。
よたろうさんはツルムラサキを植え替えたり、瓜の畝の草抜きをしたりしていたようだ。
(今日はお互いに個人作業)。

午後は庭仕事をしようかと思ったが、やめて、のんびり読書をする。
今読んでいるのは「トリニティ」(窪 美澄著)。
60年代の出版業界を舞台にした、三人の女性の三者三様の生き方を描いていて、なかなか面白い。
(そこに一人の孫にあたる、現代の若い女性の生き方もからんでくる。)

a0054240_21372535.jpg
ツバメがそろそろ巣立ち始めたようで、飛び交う数が増えてきた。

a0054240_21404154.jpg
暑くなってきたので、水飲み場で水浴をするようになってきた快。
いずれにしても、梅雨入りもまだだけど、そろそろ季節は夏。

by hideko0611 | 2019-06-19 21:41 | 四季の移ろい | Comments(0)