今日も講演会へ

a0054240_21213569.jpg
「よその菊(スプーン咲き 黄色)」
うちの菊は黄色がまだ咲いていない。
今つぼみのものの中に黄色があったらいいのになぁ。

12月1日に手話サークルで消しゴムはんこを作るので、その材料や道具を買いに下松のDAISOにひとっ走りしてきた。
一昨日近くのDAISOを二つ回ったが、足りないものがあった。
明日から寒くなるということだし、午後から徳山に出る用があったので、ついでに行って来た。
ところが私は下松のDAISOの場所を知らなかった。
西村ジョイの近くだということだけを聞いて、あとはスマホの地図アプリで何とかなるだろうと思っていたら、甘かった!
まず、アプリがちゃんと機能しない(後で確認したら、いつの間にか機内モードになっていた)。
それに私は以前から下松に行く時は、ちょっと道を変えると迷ってしまい、久米をぐるぐる回っていたり、いつの間にか光に行っていたりしたことがあるのだ。
ウォーキングのグループの人達に一回、自転車で走っていた高校生のお姉ちゃんに一回尋ねて、やっとたどり着いたら…
なんとそこは私のよく知っている場所だった。
お肉やハム・ソーセージ、コロッケなどがおいしい「朝日屋」さんのすぐ隣だったのだ。
いくら道沿いは駐車場で店舗は奥にあるとはいえ、普通なら今までに気がついていそうなものだ。
まぁ、とにかく必要なものは買えたので(ソーセージとミンチカツも買えた)よしとする。

午後1時半からは徳山の駅前図書館に、絵本編集者の松田素子さんの講演を聞きに行く。
読書会のクニコさんに誘っていただいた。
松田さんは福川の出身で、お酒を造っていた「男自慢」のおうちのお嬢さん(と言っても、私とほぼ同世代)。
1時間という時間ではとても足りないほど、中身の濃い素敵なお話だった。
絵本との初めての出会い、作者と編集者がいかにお互いの思いをぶつけ合いながら一つの作品を時間をかけて完成させていくか、人生を変えた人との出会い、災害や政治などのさまざまな問題の中で絵本の果たす役割、まど・みちおさんの思い出など…。
一つのテーマだけでも何時間もお話が聞けそうだった。
途中で何度も目頭が熱くなった。
誘っていただいてよかった。

a0054240_22315321.jpg
枯草と同化しようとしている快。

a0054240_22353289.jpg
夕方の空は飛行機雲が入り乱れて面白い光景になっていた。

by hideko0611 | 2018-11-11 22:30 | 読書 | Comments(0)