のびのびのひび hideko0611.exblog.jp

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

夏は来ぬ

a0054240_21411066.jpg
「アマリリス」

手話サークルの料理教室の日。
役員集合時刻は9時だったが、私はギョーザ用の豚ひき肉をアルクに受け取りに行って、9時半頃に行く。
メニューはギョーザのほかに、中華風春雨サラダ、レタスとトマトのスープ、デザートに凍蛋(トンタン)。
ギョーザは当初皮から作ろうかという声もあったが、今回は市販の皮を使用した。
茹でた春雨のざるが落下して、春雨が床に散乱したり、フライパンがあまりよくなくて焦げ焦げのギョーザが出来たり、多少のハプニングはあったが、いつも通り皆で協力して、おいしく出来上がった。
サラダとスープは色あいがとてもきれい。
トンタンというのは、カスタードクリームを寒天で固めたような感じのもの。
開始が早かったので(10時~)、いつもより早く3時前に終わった。
マキちゃんが、8月の郷ひろみコンサートのチケットを届けに3時過ぎに家に来てくれたので上がってもらい、久しぶりに1時間ちょっとおしゃべりをする。
彼女は新しい資格に挑戦して、みごとに取得していた。
周防大島のジャムと、今治のバリィさんのじゃこたまふりかけをいただく。

朝が少しあわただしかったので、朝の散歩は6時頃から行ってきた。
帰ってから時間に余裕があったので、菊のプランターの最後の一つの挿し芽をすませてしまう。
今日は吹き抜ける風が気持ちのいい一日だった。
ご近所の田んぼに苗が植えられて、いよいよ初夏という感じ。
a0054240_21511217.jpg
「おとうさんに、おしりがでかいといわれたよ~。」
a0054240_21580907.jpg


by hideko0611 | 2018-05-26 21:59 | 手話 | Comments(0)