冬ごもり

a0054240_21055620.jpg
「ツルウメモドキ」

今朝は曇っていたので、曖昧な感じの日の出だった。

a0054240_21073021.jpg

気温は低く、水たまりの水が凍っている。
a0054240_22245982.jpg

今朝、七草粥に何を入れようかと考えた結果、畑のカブ(葉と白い部分)、春菊、そして知人の土地(元畑だったところの溝)に生えているクレソンを採らせていただいて入れた。
a0054240_21091840.jpg
大根葉にちりめんじゃことかつおぶしを入れて炒めたものものせたので、無理をすれば四草粥と言えないこともない。
ちゃんと七草粥の歌
「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン ストトントン♪」
を歌いながら、菜を刻む。
メロディーはよく分からないので適当に歌ったが、さっきYouTubeで聞いてみたら、当たらずといえども遠からずだった。

昨日machicoさんから借りた「キルト時間」の型紙部分をコピーしにコンビニへ。
我が家のプリンター&コピー機はA3には対応していないので。
これから雨、雪、寒い日が続くときの手仕事の準備が出来た。
そうそう、雨や雪の前の準備と言えば、何よりも大切なのが食料品。
夕方の散歩の後で、よたろうさんと畑の野菜を収穫してきた。
まだ十分結球していない白菜とキャベツ、今年はあまり大きなのが出来ていないジャガイモ、それからネギ、春菊、聖護院大根。
牛蒡と人参はスーパーで買って来たし、カボチャ、サツマイモ、タマネギは保存してある。
これで野菜部門は大丈夫。
肉・魚部門はお正月前に冷凍庫に備蓄してあるので、これまた大丈夫。
犬と猫の食糧の予備も買って来た。
これで冬ごもりの準備完了。
私の前世は熊ではなくてリスかもしれないなぁ。
おおげさではなくて、山の上に家があり、店が遠くて、バイクしか交通手段がないと、雪が積もったらもうお手上げ、絶海の孤島状態なのだ。

夕食にお正月恒例のちらし寿司を作る。
いつもは3日か4日に作るのだが、今年は少し遅くなってしまった。
いただきものの牡蠣フライ(衣もつけて揚げるばかりにしてある状態)に、サラダ菜とクレソンを添えて、おいしくいただく。
a0054240_22182915.jpg

年が明けてから、毎日てきぱき散歩をするいい子の快。
なんだか得意げにポーズをとっている(気がする)。
a0054240_22203791.jpg

今年の大河ドラマ「西郷どん」が今日からスタートした。
主役の鈴木亮平君は、私と同じ小学校、中学校なので(もちろん時代は全然違うが)、勝手に親近感を感じてかねてから応援している。
西郷さんの城山での最期は変えられないだけにちょっと悲しいが、それまでにどれだけの人間的魅力を見せてくれるかとっても楽しみ。
子役さんも西郷さんのイメージによく合っていて、少年期の出口にいる初々しさが感じられる。
画面もきれいだ。


by hideko0611 | 2018-01-07 22:09 | 四季の移ろい | Comments(0)