ブログトップ | ログイン

のびのびのひび

怪しい物体

a0054240_20556100.jpg
「(ノリコさんちの)レウィシア」

今日の雨はこの時期にしてはよく降った。
天気予報で「まとまった雨」と言っていたけど、本当にその通りだった。
雨雲レーダーで見ると、今日の雨雲はとっても大きなかたまりで、日本列島の半分ぐらいをおおっている。
次から次へ…という感じでもないのだけれど、大きいのでなかなか通り過ぎてくれない。
明け方から降り出したのだと思うけれど、ようやくやんだのは午後3時前。
快はずっと玄関でおとなしく過ごしていた。
私は洗濯をして、自治会の会計報告を作って、アイロンがけをして、大阪の阪神百貨店に塩鮭の注文をして、ピアノの練習をして、パッチワークもして、有意義に雨の日を過ごす。
いつも通り4時前に散歩(今日は1回だけ)に行ったが、その時には日が差して青空も見え、寒くも暑くもないちょうどいい気温だった。
つい2時間前とは別の日みたい。

散歩から帰ってすぐに、デジカメの修理を頼むためにエディオンに行ったのに…定休日だった。
カメラはうんともすんとも言わなくなってしまったので、一日でも早い方がいいかと思って行ったのに~。
しかたがないので、もう一つの目的だったよたろうさんのホワイトデーのお返しをイズミで買って帰る。
帰るときにはすでに風が冷たくなってきていた。
明日からまた寒くなるようだ。
この激しい寒暖の差は、体にこたえる。
ハクモクレンは開花をストップしている。

午前中、外を眺めていたら、遠くの高い電線に奇妙な黒いものがぶら下がっっている。
(カメラの不調で写真が撮れなくて残念。)
上にとまっているのならカラスだけれど、下だし、雨の中だし、カラスにしてはなんだか四角い。
双眼鏡を出してもらって眺めてみたら、四角い箱かかごのようなものがぶら下がっている。
「あっ、ドローンだ!」
とあわてんぼうの私は叫んだが、もちろんそうではなかった。
電線の張替えか追加のために自動で動くようになった装置だった。
みるみるうちに電線に沿って動いていく。
人が作業出来ないところを補うための装置かな?
光回線だったらいいんだけれど、たぶん違うだろうなぁ。

「ひなたぼっこをしているのは、おとといのボクだよ。」
a0054240_21164684.jpg

by hideko0611 | 2016-03-09 21:17 | 日常の謎 | Comments(0)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記