もう一度シャスターデイジー

a0054240_22474499.jpg
a0054240_2248461.jpg

「(コースケさんちの)ケイトウ2種」
夕方になると、西日を浴びていっそう鮮やかな赤色に染まる。
山もスポットライトを浴びたように明るい。
a0054240_23244416.jpg


天気は回復したが、今日から寒くなると言っていた通り、ちょっぴり冷たい北風が吹いた一日。
南の海には台風が二つもいるというのにね。
これで10月の中旬だというのだから、本当に変な気候だ。
でも日差しも少し柔らかになり、絶好の庭仕事日和。
午前中はパッチワーク。
いつもながらのおしゃべりたっぷりと、各自の手仕事ちょっぴりの楽しい時間。
買い物をした後、遅くなったので太陽ラーメンでご主人と阪神タイガースの話で盛り上がりながら食べて帰る。
ここのラーメンと、「くうかい」のうどんと、「マサラ」のカレーはいつ食べてもおいしい。
午後は2時間ほどまとまった庭仕事をする。
まずはパッチワーク仲間の八千代さんからいただいたシャスターデイジーの苗を植えつける。
私も八千代さんも、数年前にパッチワーク仲間のノリコさんから分けていただいた。
うちのもとってもよく育ってたくさんの花が咲き、株もどんどんふえて人に分けてあげるぐらいだったのに・・・。
去年はあまり元気がなかったので、今年は違う場所に植え替えて、それなりに咲いたんだけれど、なぜか一株しか残らなかった。
土を耕して、堆肥と肥料を入れて、いただいた苗を植えつける。
次に千日紅を片付けた。
名前の通り、夏中庭を彩ってくれた功労者だけど、そろそろプランターを空けて春咲きの球根を植えないといけない。
来年の種用に茶色い部分が多いものを2、3本ずつ日の当たる温室に吊るし、ドライフラワー(2回目)用に、茶色い部分がほとんどないものを日の当たらない2階の廊下に吊るしておく。
この前から吊るしてあった分はすっかり乾燥して、ドライフラワー完成。
a0054240_2382438.jpg

これでプランターが六つ空いた。
最後に、花がほとんど終わったカクトラノオを思いきり短く切り、ふえすぎた株を減らしていたら、左手の人差し指と中指の間に何かが刺さったような鋭い痛みが走った。
その直後、カクトラノオの中からアシナガバチが飛び出してきた。
中ではさらに3、4匹がうごめいているのが見える。
刺された直後も痛かったが、その後もう一度これでもかっという具合に痛さがぶり返してくきた。
スズメバチのように命の危険はないにしても、相当痛い。
前に快が刺された時に、きゃんきゃん鳴いたのもよく分かる。
でも私は泣かずに、ちょうどすぐそばにあったアロエの鉢から葉っぱをちょっと折って、ぬるぬるする粘液を刺されたところになすりつけておいた。
おそるべし、アロエの威力。
痛みは間もなく去り、腫れもそれほどひどくない。
カクトラノオが、切られた腹いせに、アシナガバチに復讐を頼んだに違いない。
私は負けずに、そのあたりにスズメバチ・クマバチ用の強力な薬剤をかけてから、容赦なくカクトラノオの残りを切り取っていった。
それにしても、スズメバチでなくて本当によかった~。

「ボクは、きょうもおばあちゃんとパンくいきょうそうあそび~。」
a0054240_2321029.jpg

「いま、パンがおくちのなかにはいった~。」
a0054240_23214616.jpg

「こんどはおちた~。」
a0054240_2323922.jpg

「んまっ。」
a0054240_23222076.jpg

(青い網の中には自家製アジの干物が入っている。)

by hideko0611 | 2012-10-18 23:31 | 趣味の園芸 | Comments(0)
line

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
line
カレンダー