底まで柴犬

a0054240_21114651.jpg

「リュウキュウアサガオ」
石垣に這わせていて、
a0054240_2114221.jpg
10月になっても、まだ咲き続けている。

今日も庭仕事をしたいところだけれど、日曜日に部落のおまつりがあるので、飲み物やおつまみを買いに行く。
イズミで夏にはケース売りしていた250ml入りの缶ジュース類が、すっかり姿を消していた。
こんなところにも秋の訪れ。

あいかわらず、ひとみとつき合って部屋で数時間過ごしている間に、
a0054240_21283483.jpg
録画してあった邦画を毎日観ている。
「毎日が夏休み」(原作 大島弓子)
「ウホッホ探検隊」(原作 干刈あがた)
「天国にいちばん近い島」(監督 大林宣彦)
「きみの友だち」(原作 重松清)
ずいぶん古いものも多いけれど、原作の面白さ、少女や少年のういういしい演技、監督の切り口などで楽しめた。
パッチワークは7枚目、モンステラのアップリケ。
布が厚いので、ちょっと縫いにくい。

柴犬のコミックエッセイをたくさん描いておられる影山直美さんのブログで紹介されたグッズが気に入って、即ネットで購入。
それがこれ。
a0054240_21301342.jpg

東京のナショナル麻布という高級スーパーのエコバッグ(800円)。
素材は紙と言ってもいいぐらいの薄いナイロンだけど、柄が素敵。
表も裏もイラスト風に加工した柴犬の写真。
マチのところにも、
a0054240_21341092.jpg

なんと底にまで柴犬。
a0054240_21344618.jpg

後姿や魚をくわえているところなんて、実際に柴犬を飼っている人でないと思いつかない絵柄だと思う。
快をモデルにしたんじゃないかと思うぐらい似ている。
柴犬を飼っている人はみんなそう思っているだろう。
さて、何を入れるのに使おうかな?
あんまり重いものは入れたくないし、汚れるのもいやなので、室内でパッチワーク関係の物(作業途中の生地やキルト芯など)を入れておくのに使おうかな。
二つあるのは、一つよたろうさんにプレゼントしたから。

こちらは
a0054240_21401730.jpg
うちの柴犬さん。

by hideko0611 | 2012-10-11 21:40 | お買い物 | Comments(0)