ブログトップ | ログイン

のびのびのひび

寒い時にはおいしいものを

a0054240_21554350.jpg

「ヴィオラ」

昨夜、海は一度も鳴かなかった。
イノシシ三兄弟は、我が家に近寄らなかったようだ。
でも今日の日中は時々鳴いていたので、まだ油断は出来ない。

今週二度目の卓球に行く。
去年の4月から始めたFさん(ご主人の方)が、どんどんうまくなっておられる。
奥様の方はかなりのベテランだったけれど、ご主人は全くの初心者だったのに、今ではバックのスマッシュをばんばん打ってこられる。
すごいなぁと感心する。
私も2月は週2なので、ちょっとがんばってみよう。
明日から2、3日、また寒さが厳しくなり、雪も降りそうなので、いつものように食材を買いこんで帰る。
徳山の「こあ」で、高瀬味噌と田中豆腐店の豆腐と厚揚げ、
a0054240_2212532.jpg
戸田の「ゆーとぴや」で高瀬こんにゃく(にしみこんにゃく)と夜市ごぼうと地物の苺を購入。
a0054240_22122129.jpg
直売所を二つも回ったのは、高瀬味噌以外、そこにしか置いていないものだから。
あと、「たから」の肉屋さんで焼肉用カルビと普通の牛肉、近鉄松下のユーハイムでフランクフルタークランツ(金曜日の午後にしか入荷しない)と、おいしいものを手に入れる。
a0054240_22162178.jpg

(すでに一かけ食べている。)
これで1月中買い物に行かなくても大丈夫。
あと3日だけどね。
今日はおいしいものがもう一つ手に入った。
卓球に来ているKさんが、途中で帰ったんだけれど、今から宮島に行くというので、「うえの」という店のあなご飯がおいしいんだよ、もし買えたら買って来てねと頼んでいたら、夕方「買って来たよ~。」と電話があった。
大神の人なので、ポチタマ動物病院まで届けて下さる。
広島の福屋駅前店で数量限定で売っているぐらいなので、なかなか手に入らない。
a0054240_22232684.jpg

本当にここのあなご飯はおいしい。
あなごもご飯も。
a0054240_22234136.jpg


この前大阪のジュンク堂で樹村みのりさんのコミック「愛ちゃんをさがして」を買って来たのを、昨夜読んだ。
この人は萩尾望都、竹宮惠子、大島弓子、青池保子、木原敏江、山岸涼子など昭和24年頃の生まれ、いわゆる「花の24年組」の一人だけれど、寡作で政治や社会にテーマを求めた重い作品もあり、独特の世界を持っている。
漫画というより小説に近いかもしれない。
最近はほとんど新刊を見かけなかったので、懐かしくて買ってみた。
自分の飼った(関わった)猫たちとの思い出を描いたもので、大島さんの「グーグーだって猫である」とはまた一味違った猫物語。
我が家の猫たちとも重ね合わせて読んだので、途中で何度か涙することもあった。
樹村さんの作品の中では「菜の花畑のこちらがわ」シリーズがいい。
また読み返したくなった。

a0054240_22372692.jpg

「アタシ、おなかの毛がだいぶはえてきたの。」(byものみ)
by hideko0611 | 2011-01-28 22:44 | B級グルメ | Comments(0)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記