イチョウ散る

a0054240_20192119.jpg
「キルタンサス」

ふと気がつくと、駅前通りのイチョウがすっかり裸になっていた。
a0054240_20210786.jpg
下の落ち葉もなくなっていたから、市の清掃の方が片付けられたのだろう。
それなのに、信号のそばの2本ほどが、まだたくさんの葉をつけている。
a0054240_20230970.jpg
晩生型のイチョウなのだろう。

風が冷たい一日だったが、夕方になってようやく気温が上がってきた。
散歩から帰って来たら、ニットの帽子の下に汗をびっしょりかいていた。

旧道沿いのカンナを切り、すっきりさせる。
2種類のアメジストセージもばっさり切り戻した。
この作業をしたのは夕方の散歩の後(日中は寒かったので)。
日没が少し遅くなってきたので、5時20分頃まで作業が出来た。。
と言っても調べてみたら12月2日から7日までが、一年で一番日没が早い(5時4分)ときで、今日はそれより1分遅いだけ(5時5分)だった。
ここ数日雨や曇りで実際の日没より早く暗くなっていたから、今日はいつまでも明るいような気がしたのだろう。
一日曇りの予報だったのに、今日は日差しの多い一日だった。
全身に夕日を浴びている快。
a0054240_20282195.jpg

# by hideko0611 | 2018-12-12 20:31 | 山口の自然 | Comments(0)

続 イノシシ親子誕生

a0054240_20154539.jpg
「スミレ」
今頃からもう咲き始めている。

10時頃から冷たい雨が降り始め、その後はやむことなく降り続く。
だから散歩は朝の一回だけ。

録りためた「西郷どん」4回分を見ながら、ひたすらちくちく。
イノシシのタペストリーのパイピングをして、2枚目完成。
a0054240_20210492.jpg
空の部分はシェイズのスカイの生地、パイピングは手染めOSANAIの生地という豪華版。
この前作った1枚目と並べてみると、春と夏という感じ。
a0054240_20243191.jpg
今日仕上がった分は、西宮の実家に送る。
一人暮らしをしている高齢の叔母が毎年楽しみにしてくれている。


「あさのさんぽはのんびりさせてもらいました~。」
a0054240_20303872.jpg

# by hideko0611 | 2018-12-11 20:32 | パッチワーク | Comments(0)

懐かしの味

a0054240_20480869.jpg
「シャコバサボテン(オレンジ)」

寒さも三日目ともなればだいぶ慣れた。
一昨日より昨日、昨日より今日と日差しの量が増えているということも関係している。

というわけで、しばし庭仕事。
花壇とプランターの花の終わった菊を切り戻し、色や形を書いたラベルを再確認する。
ついでに花壇の草を少し抜いた。
今は土が湿っていて抜きやすい。

イノシシのキルティングも終わり、明日パイピングをして完成(の予定)。

「まんぷく」を見ていたら食べたくなって、お昼はチキンラーメン。
専用の丼も持っているのだ。
a0054240_20553193.jpg
復刻版の袋入り。
a0054240_20525756.jpg
でもちゃんと卵ポケットはついている(私は入れない)。
初めてこれを食べたときは、やっぱり驚きだった。
その後は、次々に発売された、鍋で煮るタイプのラーメンに野菜などを入れて食べた方が多かったと思う。
昔は明星チャルメラをよく食べていた。
今はもっぱらサッポロ一番。

a0054240_20575667.jpg
今日もも台座に乗るモデル犬、快。

# by hideko0611 | 2018-12-10 20:59 | B級グルメ | Comments(0)

ぬくぬくとちくちくする

a0054240_21184725.jpg
「寒アヤメ」

昨日が今回の寒気の底だったようで、今日は少し気温が上がりつつある。
雪がちらつくこともなかった。

お正月前の部落の墓掃除の日だったので、昨日ほどの冷え込みでなくてよかった。
今回はいつもより遅めの8時半からという連絡だったので、快の散歩から帰り、急いでパンとカップスープの朝食も摂ってから行くことが出来た。
でも多くの人が従来通り8時からされていたみたいで、私が8時半に行ったら階段掃除に取りかかっている人もおられた。
小一時間墓掃除をして帰る。
やっぱりかなり寒かったのですぐお風呂に入って身体を温め、その後はずっと部屋でぬくぬくしながら、イノシシのタペストリーの2枚目をちくちくする。
トップが仕上がり、しつけをかけてキルティングに入る。
a0054240_21361994.jpg
明日にでもキルティングは仕上がりそうだ。

a0054240_21270718.jpg
縁石の上でポーズをとるのが好きな快。

寒くなってきたので、ふくらジョウビタキになっている。
a0054240_21284365.jpg



# by hideko0611 | 2018-12-09 21:30 | パッチワーク | Comments(0)

寒くて初雪

a0054240_20431049.jpg
「うちの菊⑳(黄色に少し赤まじり)」

いよいよこの冬初めての寒気の到来。
朝も夕方も散歩バッグの中の温度計は5℃台だった。
もちろんヒートテックは極暖にする。

朝、昇ってきた太陽がすぐに厚い雲に呑み込まれてしまった。
a0054240_20463188.jpg
雪は降らないと思っていたが、朝から白いものが舞い始める。
快の毛の上で白いつぶつぶになっているのが雪。
a0054240_20482437.jpg
その後も何度も雪は舞ったが、ほんの少しで、とても積もるところまではいかなかった。

よたろうさんの眼鏡の修理に三城まで行ってから、手話サークルへ。
寒いので出席は少ないかと思っていたが、13人という平均的な人数だった。
帰るときは今日一番の雪の舞い方で、しかも私の家の方向の山のあたりが白いもので包まれていたので心配したが、家に帰った時にはそれは通り過ぎていて、夕方の散歩は大丈夫だった。
それでも家にたどり着く寸前に、また白いものが…。
a0054240_20591521.jpg

今度はなんとか白いつぶが撮れたかな?

a0054240_21062720.jpg
「ボクはさむいのはへいきだ~い。」

# by hideko0611 | 2018-12-08 21:09 | お天気情報 | Comments(0)

冬将軍到来

a0054240_21073729.jpg
「うちの菊⑲(白 八重)」
この花はきれいなので、来年はふやそう。

a0054240_21224862.jpg
朝、旧道に太めの枝が落ちていた。
昨日は落ちていなかったから、昨夜風が強かったのかな?

うちの家のではないが、蠟梅が一輪開いていた。
a0054240_21244182.jpg

午前11時頃に前線が通過したのか、急に雪でも降りそうなぐらい空が暗くなり、冷たい風も強く吹いてきた。
ちょうどイズミを出たところだったので、急いで家に帰る。
カスミソウとポピーの苗を畑に植えようかと思っていたが、あまりに寒いのでやめて、干支のタペストリーの2枚目に取りかかった。
その後も気温はほとんど上がらず、夜はぐんと冷え込みが厳しくなる。
夕方の散歩から帰った時点で6℃しかなかった。
明日はさらに冷え込むとのこと。

そうそう、お散歩友達のIさんの奥様から、可愛いイノシシの編みぐるみをいただいた。
a0054240_21155288.jpg
背中にしましまがあるので、
a0054240_21181358.jpg
まだうり坊らしい。
「うりブー」と命名する。

a0054240_21193662.jpg
暑くても寒くてもここで必ず伏せこむ快である。


# by hideko0611 | 2018-12-07 21:27 | 四季の移ろい | Comments(0)

冬将軍近づく



a0054240_21110541.jpg
「千両(黄色)」

今朝も曇っているので、明るくなるのがいつもより遅い(午前7時過ぎ)。
そして日が沈むのはいつもより早い(午後5時前)。
昼間(日の出ている時間)が10時間もない!
だから一日がとっても短く感じる。
でも朝夕濡れずに散歩が出来るだけでもよしとしよう。
a0054240_21161988.jpg

午前中はパッチワーク。
皆さんにイノシシのタペストリーが可愛いと言ってもらえてうれしい。
今日はプチ忘年会ということで、ジョイフルでランチの後、machico先生の家で大作のキルトを見せてもらった後、ティータイム。
10時前から2時頃まで雨が降っていたが、それほどひどくはなかったので、往き帰りも移動のときもあまり濡れることはなかった。
ティータイムのときは、青大将の話から政治・国際情勢まで、皆でぺちゃくちゃ楽しくおしゃべり。
ところで私はジョイフル初体験だった。
あまり近く過ぎて行ったことがなかったのだ。

十年日記によると、去年の今日は雪が降っていた。
二日前の異常な暑さが嘘のように明日から寒くなりそうで、夜は雪が降る可能性もあるようだ。
さすがに二十四節気の「大雪」だけのことはある。
二日ぶりに湯たんぽも設えたし、今夜はぬくぬく寝ることにしよう。

しばらく見なかったジョウビタキの♀。
a0054240_21170676.jpg
木の葉が落ちてきたので、姿が見やすくなってきた。

# by hideko0611 | 2018-12-06 21:17 | パッチワーク | Comments(0)

一枚目完成

a0054240_22595147.jpg
「乙女椿」

昨日ほどではないが、暖房も湯たんぽも要らない暖かさだった。
今日は雨の心配もないので、朝も夕方もゆっくり散歩が出来た。
と言っても、朝はまだ曇っていて、7時過ぎにならないと明るくならず、ちょっと家を出るのを遅らせた。
暗いせいか、快もいつもの朝ほどすぐに行きたがらなかった。
a0054240_23150293.jpg
(こんなポーズで座り込んでいた。)

落ちたイチョウの葉ばかりに注目していたら、木の方がすっかり枝だけになってしまっているものもある。
a0054240_23025138.jpg
お寺の桜も、
a0054240_23053471.jpg
その向かいにある枝垂れ桜も。
a0054240_23073194.jpg

ワンデーのコンタクトが12月の末頃でなくなりそうなので、少し早いが徳山まで買いに行って来た。
寒くなる前に遠出はすませておきたい。

干支のタペストリーの1枚目がようやく完成した。
a0054240_23120794.jpg
「義母と娘のブルース」の最後3回(9月の放送分)を見ながらパイピングをする。
「西郷どん」は34回からためこんだままだ。
よたろうさんの篆刻を白い生地に押してもらって、左下に縫い付ける。
すぐに2枚目に取りかからなくては…。
1枚はいつものように実家に送る分。
そろそろ年賀状のデザインも考えないといけないし、大掃除とはいかなくても中掃除ぐらいはしないといけないし、やっぱり師走はあわただしい。



# by hideko0611 | 2018-12-05 23:16 | パッチワーク | Comments(0)

12月の夏日

a0054240_21224382.jpg
「よその菊(赤 中央ぼかし)」

12月なのに、各地(下関も)で夏日になるという異常気象。
そのせいで、雨の降り方もとても初冬とは思えない。
急に空が暗くなり、ザーッと降って来たかと思うと、すぐにやむ。
午後はそれを何度も繰り返した。
でも散歩は朝も夕方も行けたし、午前中防府まで買い物に行ったが、全く濡れなかった。

防府に行ったのは、干支のタペストリーの母さんイノシシの生地が足りなくなったから。
ざっくりした粗い目の生地で、ほかの茶系の生地で代用したら、感じが違ってしまう。
マツバラに行ったら、その生地はすぐ見つかった。
ほかにも使えそうなので大き目のカットクロスにした。
その生地の色違い(赤)の小さなカットクロスと、今回でなくなりかけていたキャシーマムのグリーン系のむら染め生地も買っておく。
その後、イオンの中をあちこち回って買い物をして帰った。

畑の大根の中に、1本、特別に太いものを見つけて収穫してきた。
a0054240_21244231.jpg
今ではセクハラになるからか言われることのないが、見事な大根足!
いやいや足大根。
三分の一を切って煮たが、あとはどうやって食べようか。

イチョウはますます積もり続け、木の下は小山のようになっている。
a0054240_21265828.jpg
夕方は雨のように激しく降り続いていた。

# by hideko0611 | 2018-12-04 21:27 | 趣味の園芸 | Comments(0)

雨の日はごろごろしよう

a0054240_21122079.jpg
「宿根アスター」

雨は予報通り、夜からずっと降り続いている。
朝のラジオ体操はしたけれど、散歩に行けないのでその後またベッドでごろごろする。
めったにないことだ。
LINEの返事を書いたり、本を読んだり…。
読んだのはいずれも読みかけていた「文字通り激震が走りました」(能町みね子著)と「太郎物語~青春篇」(曽野 綾子著)。
LINEの着信音が鳴らないのでずっと不便だったが、ネットでいろいろ調べて設定してみたら、ちゃんと鳴るようになった。
よかった。
午前中は朝食後もそのままごろごろ暮らしを続ける。
午後にはやんだので、それっとばかりに今日一回だけの散歩に1時半頃から行って来た。
(急いだのでカメラを持って行くのを忘れた)
完全にやんだわけではなく、小雨は降っていたが、気温が高いので気にならない。
トイレもすませて帰って来てほっとする。
帰って来てからまた2時間ほどごろごろ。
ごろごろしすぎて疲れてきた。
これではいけません、と、起きてピアノの練習と夕食の準備をする。
明日も一日雨模様らしいが、朝のうちになんとか散歩に行けそうだ。

a0054240_21271389.jpg
「はやくはれてほしいな~。
 これはきのうのボクだよ。」


# by hideko0611 | 2018-12-03 21:28 | 日記 | Comments(0)

クリスマス月

a0054240_21594820.jpg
「うちの菊⑱(黄色)」
待望の黄色が咲いた。
ごくごく普通の形だけれど。

朝から元気に庭じゅうを走り回っていた快。
a0054240_22082020.jpg
朝の散歩の後、そのまま畑仕事に突入。
(私達が散歩に行っている間に、よたろうさんがえんどうに支柱を立てていた。)
私はソラマメの苗の間に、草を刈ったものをお布団のように敷き詰めていった。
ちょっと遅い朝食の後は、明日からの雨に備えて買い物。

午後は(自分の)2枚目の干支タペストリーの生地をそろえ、残りの生地を片づけた。
(昨日まであれこれ出したり広げたりしていたので、部屋中に生地が散乱していたのだ。)
1枚目は母さんイノシシの体の刺繍を忘れていたので、それをやってからしつけにかかる。
そうしていたら、なんだか曇ってきたので、ちょっと早めに散歩に行くことに。
帰って来たら5時前からもう小雨が降り始めた。
a0054240_22343027.jpg
「あしたもおさんぽにいけますよ~に。」

クニちゃんからお歳暮が届いたが、その中にこんなかわいいお菓子があった。
a0054240_22170557.jpg
京菓子の鶴屋吉信さんの「ホワイトクリスマス」。
可愛くて、食べるのがもったいない感じ。
全部真っ白で同じように見えても、落雁と和三盆ともう一つ、スリコハク(?)の3種類から出来ている。
クリスマスにはちょっと早いが、せっかくなので3種類それぞれを味見してみた。
そうそう、クリスマスの小物も飾らなくては…。
別な方からヨックモックのクッキーも届いた。
味わっていただこう。

木の枝の間にいる野鳥を撮影してみた。
a0054240_22235376.jpg
雀かと思ったが、拡大してみたら、黄色と黒の冠羽が目立っている。
調べてみたらどうやらミヤマホオジロのようだ。
初めて撮れた。

# by hideko0611 | 2018-12-02 22:27 | お菓子の家 | Comments(0)

消しゴムを彫る

a0054240_20024222.jpg
「うちの菊⑰(ピンク 芯が赤)」
似ていても少しずつ違う。

12月のスタートは相変わらずの小春日和(朝は曇っていた)。
手話サークルは消しゴムはんこ作りの日。
早めに行って、机、椅子のセッティングをする。
本日の参加者は19名(聴者11名 聾者8名)。
よたろうさんにも助っ人に来てもらった。
意外と経験者が少なかった。
机を授業のように前向きに横二列、縦五列に並べて、その間を私とFさんが学校の机間巡視のように回って歩く。
と言ってもたいした指導が出来るわけでもないのだが…。
よたろうさんは実演したり、難しいところを彫ってあげたりして、とても役に立つ存在だった。
消しゴムを彫るのは一見簡単そうに見えるが、ぐにゃぐにゃしているためにかえって石や木より彫り辛いとよたろうさんは言う。
皆さん苦労しながらも楽しくやっておられたように見えるので、よしとしよう。

午前中は干支のタペストリーのキット組みの仕上げをした。
今日のサークルで皆さんに配ったので、これも一段落。

今日の夕方の空。
a0054240_20201209.jpg
明日から天気が崩れるようだが、これでいろいろな仕事にゆっくり取りかかれそうだ。

a0054240_20165127.jpg
「きょうはゆっくりさんぽしてもらえました~。」

<11月読書記録>
「あの時 この歌」   由紀 さおり・安田 祥子
「太郎物語~高校編」  曽野 綾子
「風は西から」     村山 由佳
「路上のX」      桐野 夏生          以上4冊

# by hideko0611 | 2018-12-01 20:21 | 手話 | Comments(0)

ひなたぼっこ

a0054240_20050115.jpg
「うちの菊⑯(濃いえんじ 八重)」
そろそろ寒菊が咲き始めた。

今日も外仕事に最適の小春日和だったが、いろいろしなければならないことがあり、午前中は徳山まで往復。
午後は干支のタペストリーのキット作り。
手話サークルで毎年作っている人が5人いるので、私のもう一つの分と合わせて六つ分生地をそろえる。
同じ生地が六つ分ないので、代わりの生地を探すのにちょっと苦労する。

朝は山から出る朝日を見て、
a0054240_20071777.jpg
夕方は山に沈む夕日を見て散歩する冬の暮らし。
a0054240_20105881.jpg
山口の今日の日の出は午前7時。
日の入りは午後5時5分。
明後日からしばらくが、一番日の入りの早い時期で午後5時4分。
その後はだんだん遅くなってくるから、夕方のあわただしさに関しては、もう少しの辛抱だ。
北海道(根室)の日の入りが午後3時44分なのを考えると、これぐらいがまんしなくては。
a0054240_20124894.jpg
日中は暖かいので、気持ちよく日なたでお昼寝中の快。

# by hideko0611 | 2018-11-30 20:13 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

小春日和

a0054240_21421471.jpg
「ヒメツルソバ」

小春日和の一日。
畑仕事は、
〇ソラマメとスナップエンドウの畝の草を抜く。
 ちょっぴりしか生えていなかったので、すぐに終わった。
庭仕事は、
〇ヨルガオの種を採った後、抜いて片づける。
〇クリスマスローズを地におろす。
 こんな時期に大丈夫かと思いつつ、鉢の中で根が回っているので…。
〇姫イズイとホウチャクソウを地におろす。
 こちらは根だけだから大丈夫だろうと思う。
〇庭の奥のアヤメ類の枯れた葉を刈る。
〇バラの周囲を中心に草抜き。
こんな気候が続くと、外仕事もはかどるのだけれど。

カエデやイチョウもきれいだが、雑木林の紅葉も微妙なグラデーションできれいだ。
a0054240_21494237.jpg
イチョウの落ち葉はすっかり下の地面を埋め尽くそうとしている。
a0054240_21521702.jpg
イチョウに関しては、あまりに落葉が多いからだろうが、毎年専門の掃除の人が出動して吹き飛ばして(その後吸引?)いる。
a0054240_21545462.jpg
「ボクもみました~。
ゴーゴーとおとがしたよ。」



# by hideko0611 | 2018-11-29 21:59 | 趣味の園芸 | Comments(0)

真冬の準備

a0054240_20113552.jpg
「ナツヅタ」

一日のどこかで雨が降りそうな予報。
結局お昼過ぎに少し降っただけだったので、朝も夕方も普通に散歩に行けた。

午前中は、手話サークルのFさんのお宅に行って、土曜日の消しゴムはんこの準備と打ち合わせをする。
はんこ用の消しゴムを半分に切るのはけっこう大変だ。
私は説明書きを書いていて、切るのはFさんにお任せだった。
皆さん、うまく作れるといいのだけれど。
ま、不器用な私でも出来たのだから、大丈夫だと思う。
終わってからむらすずめと、ローソンのゴディバとのコラボスィーツでお茶にする。
どちらもおいしかった。

午後、雨の降る前にほうれん草の畝の草抜きをする。
草と言っても、じつは香菜。
一度種を蒔いたら、またその種(コリアンダー)が落ちて芽を出す。
それほど大量に消費出来るものではないので、ほぼ雑草化している。
よたろうさんは「カメムシのにおいだ~。」と拒否している。
カメムシと言えば、人の目を盗んで、なんとか暖かい室内に入り込もうとしている。
見つけるたびに、そうっとつまんでは外へ放り出すという攻防を繰り返している。
気をつけないと、つまんだ瞬間にあのにおいを放出されてしまう。
洗っても消えない。

また融雪剤が道路に置かれる季節になってきた。
a0054240_20220411.jpg
今年は暖冬だというが、それでも道が凍ったり雪が積もったりすることはあるだろう。
イチョウの木があっという間に裸になってきている。
a0054240_20304933.jpg
道路の端にじゅうたんのように積もっているので、バイクでスリップしないように気を付けなくては…。
a0054240_20291032.jpg
「ボクはさむいのはへいきだよ。」

# by hideko0611 | 2018-11-28 20:31 | 日記 | Comments(0)