徳山めぐり

a0054240_20574858.jpg
「ジャーマンアイリス(青と白)」
毎年株が大きくなって、花がたくさんつくようになったのでうれしい。

ピアノのレッスン日。
「「22 舟歌」が上がる。
ブルグミュラーもあと3曲だが、どんどん難しくなり、練習してもなかなかうまく弾けない。
だからこそやりがいがある…と自分に言い聞かせて、ぼちぼちやっている。
「23 帰途」はもう少し。
途中の和音が次々変化していくところが、法則性がなくて覚えにくいのだ。
そろそろ「24 ひばり」の練習も始めよう。

今日はよたろうさんが文化会館に太鼓を聴きに行くということで、お昼の用意もしなくていいので、そのまま徳山に出て、久しぶりに米沢園芸、宮脇書店、ユニクロをめぐって来た。
「亭主元気で(時々)留守がいい」。
米沢園芸では、最後の夏野菜苗、キュウリの第二弾を買う。
水茄子の苗があったので一つだけ買ってみたけれど、山口の地でうまく育ってくれるだろうか。
お漬物にしたら、とってもおいしいので、家で作れたらいいなぁ。
宮脇書店では、山本周五郎の「日本婦道記」の完全版(31話)が講談社文庫から出ていたので買う。
山本周五郎の本の中では好きなベスト3に入る。
初めて読む話が2話あり、楽しみだ。
ユニクロでは、私とよたろうさんのTシャツを買う。
シーズン初めなので、サイズも柄もそろっていた。
お昼は松の樹で担々麺の一人ランチ。
帰ってからは毛布の洗濯をしたり、よたろうさんの衣替えをしたりしたので、今日も外仕事はお休み。

a0054240_21065541.jpg
今日も散歩の途中で瞑想にふける快。


# by hideko0611 | 2018-04-26 21:14 | お買い物 | Comments(0)

今度は3月

a0054240_20371099.jpg
「(うちの)ボタン(白)」

朝には雨はやんでいたが、雲が多くて気温も低め。
a0054240_20390999.jpg
一昨日からラジオ体操は外でやっていたが、今日はまた中に逆戻り(だって寒いんだもん)。
庭を見たら、昨日の雨で、今から花を咲かそうというもの達が、軒並みバタバタ倒れていた。
白ボタンもそうだし、矢車菊、サポ子リア、カスミソウ、イキシア、麦、ジャーマンアイリスなど。
花や蕾で頭が重かったり、背が高かったりするもの達。
よたろうさんが支柱を立ててくれたので、たぶん復活するだろう。

昨日がつまらない一日だった快がかわいそうなので、今日は好きなだけ座ったり伏せたり匂いを嗅いだりさせてやり、のんびり散歩する。
a0054240_20432422.jpg


a0054240_20462614.jpg


a0054240_20484412.jpg
寒いので私も仕事モードに入れず、買い物に行っただけで、後はのんびり過ごす。
プリンターのインクと洗濯用洗剤がなくなりかけていたので、どうしても買いに行かないわけにはいかなかったのだ。
明日がレッスン日なので、ピアノの練習はちゃんとやった。
外仕事は、夕方よたろうさんとブルーベリーの苗を2本植えに行っただけ(それも私は物を運んだだけ)。
キュウリの苗がどうも調子が悪い。
あとの苗達は元気に生育している。
夕方の4時頃になって、ようやく青空が顔を出してきた。
a0054240_20534993.jpg



a0054240_20563639.jpg
ヒートテックをまた出してきて着用し、夜はストーブをつけたし、湯たんぽも入れた。
7月から3月に逆戻り。
本当にどうなっているんだか。

電線にとまっている鳥をとって、拡大してみたら、スズメかと思っていたのに違うみたい。
a0054240_20572472.jpg
ヒバリに似ているが、ヒバリは電線にはとまらないだろう。
タヒバリかビンズイか?
鳥撮り夫婦のNさん夫婦に尋ねてみよう。


# by hideko0611 | 2018-04-25 20:58 | お天気情報 | Comments(0)

降りこめられる

a0054240_20123083.jpg
「(よその)ボタン(白)」
毎年みごとな花が咲いている。
うちの家も今年は白が蕾をたくさんつけた。
咲くのが楽しみだ。

予報通り一日中雨。
それもかなりの雨量だった。
風も強くて、庭の椅子が一つ、下の道まで転げ落ちていた!
(壊れなくてよかった。)
それでも朝はなんとかいつもの時刻に散歩に行くことが出来た。
上に行って大急ぎで帰って来る。
家に着いて間もなく、どっと降り出した。
快はほとんどを玄関暮らし。
雨はやまなかったが、ずっと中に入れていると夜中に鳴き出すこともあるので、夕方3時間ほど外に出してやった。
快にとってはつまらない一日だっただろう。
(もちろん写真はなし。)
a0054240_20265666.jpg
「これはおとといのボクだよ。」

晴れた日には出来ない仕事をするのはいつもの通り。
今日は
①流しとガスコンロをきれいに磨く
②よたろうさんに頼まれた分と、私の手話サークルの分のパソコン仕事
③パッチワーク用の生地の整理
が出来た。
プリンターインクの黒がなくなりそうでひやひやしたが、なんとか印刷までこぎつけた。
明日買いに行かなくっちゃ。

日付が変わる頃には雨が上がりそうだ。
やれやれ…。



# by hideko0611 | 2018-04-24 20:27 | お天気情報 | Comments(0)

赤?緑?

a0054240_20505066.jpg
「カレーバイン(ビグノニア)」
カレーの香りのする花。
だから別名カレーカズラとも言うらしい。
(ツリガネカズラの別名もある。)
昔、母がご近所の方に分けていただいたものらしい。
今年は珍しくどっさり咲いた。

昨日の予報では、午前中から降り始めて、明日は一日中雨、明後日の午前中まで雨が続くということで、どうしようかと思っていたが、結局今日はほとんど降らなかった。
明日が一日中雨というのは変わらないので、それはそれで困るが仕方がない。
いつ降り出すか分からない天気だったので、まとまった庭仕事、畑仕事は出来なかった。
朝、よたろうさんが石垣の草や琉球朝顔の蔓などを始末していたので、私も別の石垣や家の入口の草を抜いてきれいにする。
夕方の散歩を今日は2時頃から行ったので、帰りも早く、夕方の時間を使って庭の草抜きとダリアの球根の植えつけをした。
ダリアは植えるところがないので、花壇の空いているところにポンポンダリアを植え、残りは畑に持って行った。

最近、とても気になっていることがある。
雑草のギシギシに花が緑色のものと赤色のものがあることに気がついて、どうして2種類あるのだろうかと考え始めた。
a0054240_21292641.jpg


a0054240_21245319.jpg
そして少し調べてみたら…
私がギシギシと思いこんでいたものは、じつはほとんどがスイバだったようだ。
そもそも、私の中でギシギシとスイバはごっちゃになっていた。
(同じものだと思っていた。)
どちらもタデ科ギシギシ属で、図鑑で見ても実によく似ている。
葉の形や茎への付き方が少し違うようだ。
花の色はスイバが赤みを帯びているが、ギシギシも最初は緑色で赤に変わるらしい。
おまけにスイバは雌雄異株で雌花と雄花がある。
さらにギシギシには種類がいくつかある。
花の時期がギシギシは6月頃からなので、今咲いているのはほとんどがスイバだろう。
な~んてことを、散歩しながらずっと考えている。

a0054240_21361208.jpg
今日も帰り道はくたびれモードの快である。
a0054240_21420905.jpg


「ふぅ~。」


# by hideko0611 | 2018-04-23 21:43 | 日常の謎 | Comments(0)

上へ 下へ

a0054240_21484848.jpg
「(よその)ボタン(赤紫)」
うちにもこの色の株があるのだけれど、なぜか今年は一つも花をつけなかった。
数年前に、永源山のつつじ祭りで買ったもの。
まだ若いからか、年老いたからか、花をつけない理由は分からない。

今日も夏のような陽気だ。
明日から天気が崩れそうなので、今日は洗濯機を何回も回して、毛布やよたろうさんの冬物のパンツ類、普段着類をどしどし洗う。
午前、午後ともよたろうさんがいないので、この時とばかりにあちこちも片づけた。
パッチワークの桜のタペストリーを鯉のぼりのモビールに替え、テーブルクロスを夏向きのグリーン系に替え、私の靴の整理もする。
よたろうさんの部屋を片づけていると、財布を忘れて出かけたことに気がついた。
一日出ているのでお昼も食べないといけないだろうから、届けに行かないといけないかと思い、急いで携帯に電話する。
そしたら、小銭入れに700円ぐらいあるから大丈夫とのことだった。
結局、駅のうどん屋さんで肉うどんと稲荷寿司1個は食べられたらしい。
次からは小銭入れに5000円入れておこうと反省していたが、そもそも財布を忘れなければいいのにね。
(でも私もよくいろいろなものを忘れるから、人のことは言えない。)

私は午後から、斜面の草を集める作業を1時間半ほどした。
斜面の上三分の一はがんぜきで上にかき上げて一輪車で畑に運び、下三分の二は下にかき下ろした。
その分はそのままにしてそこで腐らせるか、一輪車でまとめて上に運び上げるか思案中。
今年初めて汗をかくほど働いたので、戻ってお風呂に入り、夕方の散歩までのんびりくつろぐ。

a0054240_22163216.jpg
「またまたあくびをしてるところをとられちまった…。」
舌がくるりんとカールしているのが面白い。


# by hideko0611 | 2018-04-22 22:18 | 趣味の園芸 | Comments(0)

今日も7月

a0054240_22190718.jpg
「(うちの)ボタン(黄色)」

予報通り、昨日以上に暑くなる。
30℃を超えて真夏日になったところもあるようだ。
今年初めて半袖を着る。
それでちょうどいいぐらいだった。

朝1時間ほど、よたろうさんと畑仕事。
里芋を掘り起こしたところをきれいにする。
それと、苺に寒冷紗をかけた。
鳥に食べられないためだけど、毎年ナメクジに食べられる被害の方が大きい。
今年はマルチを敷いたので少しはましだと思うが…。
もうだいぶ小さい実が出来始めている。
楽しみだ、うふふ。

それから二人でイオンタウンに行って、5月20日で閉店するお店で、安くなっていたよたろうさんのパンツ(下着ではなく、いわゆるズボンね)を買う。
私が昨日サイズは確認しておいたが、股上や太腿などは試着してみないと分からないので、本人を連れ出した。
サイズはちょうどだったので、無事購入。
coco壱番屋でカレーを食べて、よたろうさんは碁会所へ、私は手話サークルへ。

a0054240_22282481.jpg

朝の旧道は木漏れ日が差していて、とても気持ちがいい。


# by hideko0611 | 2018-04-21 22:29 | お天気情報 | Comments(0)

もう7月?

a0054240_20542734.jpg
「(うちの)ボタン(赤)」
蕾のときはローズ色なのに、咲くとこの色になる。

朝はいつも5時半前後に起きて、机に向かっていろいろなことをするのが日課。
今朝はなんだかとても眠かった。
ふと時計を見ると、まだ4時半。
つまり1時間間違えて早く起きたことになる。
そりゃ、眠いわ~。
読書会の感想メモをまとめたかったので、そのまま起きて作業をする。

読書会は出席者が少なくて5人(最後の方で一人増えて6人)だったが、話は盛り上がった。
「忘れられた巨人」(カズオ・イシグロ著)。
翻訳のために少し読みにくいのと、イギリスの古い歴史や文化についてほとんど知らないのとで、理解しにくい部分が多い。
最後ににベアトリスが一人で渡る島は死後の世界だと言われて、びっくりする。
そういう読み方はしていなかった。
「忘れられた(原題では「埋葬された」)巨人」というのはどういう意味なのだろう?
いろいろ考えさせられるところの多い小説だった。

午後は一人で斜面の草刈りをする。
フキの生えているところはよたろうさんが草刈り機で刈っていないので、背の高いスイバやクズ、シロホ(チョマ)などを鎌で刈っていった。
斜面を前後左右に行ったり来たりするのは、足場が悪いせいもあってなかなか大変。
でも目立つ雑草を刈っただけで、きれいになったようでうれしい。
書道の展覧会の準備に行っていたよたろうさんは4時半頃帰って来て、私が散歩に行っている間に、里芋を掘り上げて植え直した。

夏のような暑さの一日だった。
7月並みというところもあったようだ。
でも、朝夕はやっぱりまだ4月。
一日の時間帯や行く場所によって、気温があまりにも違うから、着る服(下着も)をいろいろ替えないといけないので、部屋の中に服が山積みになっている。
散歩にはちょうど気持ちのいい気温と湿度だ(夕方で23℃ 35%)。
a0054240_21120665.jpg

蟻に襲われた農婦の手は、ぷっくり腫れ上がってきて、とてもかゆい。
a0054240_21154317.jpg
「それはおきのどく~。」


# by hideko0611 | 2018-04-20 21:16 | お天気情報 | Comments(0)

農婦、蟻に襲われる

a0054240_20225047.jpg
「藤」
早く見に行こうと思いながら、ちょっと遅れてしまった。
真覚寺の見事な藤。
a0054240_20334487.jpg
うちの家の藤は今年は花をつけなかった。
去年咲きすぎたのか、切るタイミングを間違えたのか・・・。

今日も気温は高め、湿度は低めという理想的な一日だった。
午前中はパッチワーク。
私も含めて、皆さん、蓮のタペストリーに意欲満々。
土台布とアップリケ布の組み合わせも、それぞれ個性的で素敵だ。
皆のが一同に会したら圧巻だろうなぁ。
私は探していたベナテックスの生地を扱っているネット通販のお店をmachicoさんに教えてもらい、しかも探していた同じ生地をmachicoさんが持っていて分けてもらえて、ほくほくしている。
パイピング部分の生地がないので、どうしようかと思っていたところだった。
皆さんはランチに行かれたが、私はさっと家に帰って、午後からよたろうさんと畑仕事。
暑くもなく寒くもない今の季節は、絶好の畑仕事日和なのだ。
今日はフェンス付近の刈った草を片づけ、刈り残した草を刈り、菊の一部を掘り起こして植え替える。
一部は挿し芽にした。
とても丈夫な種類なので、そのまま土に挿していったが、ついてくれますように…。
よたろうさんは草刈りをしながら、畝つくり。
私は作業中に、また手首を数か所蟻に刺されてしまった。
小さい蟻なのに刺されると痛いし、何日も腫れるので嫌だ。
手袋の手首部分が長いのを探さなくっちゃ。

タンポポが一斉に綿毛になっている。
a0054240_20381945.jpg
小学校2年生の国語の教科書に載っていた「たんぽぽのちえ」を思い出す。
晴れた日にタンポポは一斉に背伸びして、種を飛ばすのだ。

a0054240_20354922.jpg
「きもちいいけど、ちょっと、あつい…。」


# by hideko0611 | 2018-04-19 20:39 | 趣味の園芸 | Comments(0)

緑の季節

a0054240_21321793.jpg
「桜草」

雨上がりの朝は湿度高め、でも気温は低めなので気持ちがいい。

駅前通りのイチョウの木があっという間に緑になった。
a0054240_21345091.jpg
季節はどんどん移り変わっていく。
でも、日毎の気温の変化が激しいので、まだ毛布もしまえないし、衣替えも出来ない。
昨夜はまだ湯たんぽをして寝ていたのに、今夜はお風呂上がりに裸足のままでも平気だ。

今日は二人で畑仕事をいろいろとした。
午前中は、私はまずフェンス際の草を刈り、続いて花壇の草抜きをする。
よたろうさんはその間にいくつかの畝を耕してきれいにする。
それから二人でモロッコの種を蒔き、ジャガイモの芽かきをする。
畝の準備が出来たので、夕方の散歩から帰った後、西瓜とゴーヤの苗を植えつけて、オクラの種を蒔く。
明日からも4日ほど☼が続くようなので、仕事がいろいろ出来そうだ。

a0054240_21470337.jpg
ちょっと気温が上がると、とたんに伏せの休憩が多くなる快である。
日陰で風が吹いているところが、とても気持ちがいいみたい。


# by hideko0611 | 2018-04-18 21:48 | 四季の移ろい | Comments(0)

雨の日の正しい過ごし方

a0054240_21305238.jpg
「ツルニチニチソウ」

窓の外では雨の音が少し大きくなってきた(午後9時半)。
夕方から雨という予報だったのに、朝の9時頃からもうぱらぱら降ってきた。
草の抜きすぎか、肩甲骨あたりの筋が痛いし、雨は降ってくるし…というわけで、今日はまたお買い物日和。
SALEの葉書がきていたので、防府のイオンの中にあるお店に行って、革靴を見てきた。
とても履きやすく、歩きやすい靴なので、今まで履いたことのないデザインだけど、思い切って買った。
靴はちょっとでも違和感を感じたら、絶対に履く気になれない。
健康にも関係しそうな気がする。
10時32分の電車で行って、12時19分の電車で帰って来た。
駅のホームと車内で、「忘れられた巨人」をほとんど読み終えることが出来た。
(実は昨日は早く寝てしまって、ちょっとしか読めなかったのだ。)
家に帰って残りを読み終える。
読み進めるにつれて、どんどん面白くなってきた。
ファンタジーや歴史伝承ものの要素も十分にあるが、老夫婦の心の結びつきや葛藤が大きなテーマになっている、今まで読んだことのない不思議な小説だった。
イギリス人なら誰でも知っているのであろう「アーサー王伝説」が下敷きになっているようなので、物置の中から「アーサー王と円卓の騎士」を引っ張り出してきた。
福音館古典童話シリーズをセットで買った中の1冊だが、1ページも読んでいない。
ちょっと目を通しておきたいが、とても分厚いので、読書会までには間に合いそうもない。

手話サークルの料理教室のチラシも作ったし、ピアノの練習もしたし、雨の日の理想的な過ごし方をした一日だった。
a0054240_21451556.jpg
「でも、ゆうがたものさんぽはなかったねっ。」
雨がやまなかったからですよ、快。


# by hideko0611 | 2018-04-17 21:46 | お買い物 | Comments(0)

雨の後は

a0054240_20512770.jpg
「君子蘭」
温室に入れていたのに、葉っぱがこの冬の寒さでだいぶやられてしまった。
こんなことは初めてだ。
でも、花はちゃんと咲いてくれた。

よたろうさんは、午前中2時間かけて道路の西側の斜面の草刈り。
7割方終わった。
私は刈った草を集めていくつもりだったが、乾いてからの方が軽くてかさも減るからと言われ、今日はやめておく。
私がしたのは、ジャガイモの畝の草をきれいに抜いたことと、ジャーマンアイリスや花しょうぶの周囲の草をざっと抜いたこと、香菜を一部だけ残して始末したこと。
雨の2、3日後というのは、土が柔らかくなっていて、一番草が抜きやすいのだ。

夕方の散歩に行くまでの1時間ほど、「忘れられた巨人」を読む。
ようやく半分までいった。
読んでいるうちにだんだん面白くはなってきたが、あまり得意な分野の本ではないので、読むのにエネルギーがいる。
今夜のうちに四分の三まで読んでしまおう。

a0054240_21021795.jpg
「こ、このへんてこなぶったいはなんですか~。」
それは打ち捨てられたタケノコです。


# by hideko0611 | 2018-04-16 21:03 | 趣味の園芸 | Comments(0)

四辻へ

a0054240_20213784.jpg
「オオデマリ」

四辻にある聴覚障害者情報センターに、県手連の総会に行く日。
昨日の雨は夜のうちに上がるはずだったが、朝方まで引きずらないか、夜もたびたび雨雲レーダーをチェックする。
なんとか大丈夫そうだったので、また6時頃から散歩に出る。
空はほんの少し雨の名残りがある、不思議な色合い。
a0054240_20242073.jpg
それでも少しずつ青空がのぞいてきた。
a0054240_20273701.jpg
今の季節は巣作りなどで忙しく飛び回っているツバメが、珍しく電線の上で一休みしていた。
a0054240_20314658.jpg
今日はお弁当持参なので、おかずは昨夜のうちに準備しておき、ご飯は私と快の散歩ちゅうに、よたろうさんがおにぎりにしてくれた。
時間はゆとりがあるようでもぎりぎりとなり、8時58分の電車で福川から出発。
前の駅から乗って来たBさんとも無事合流した。
午前中は総会、午後は塚原さんの講演会「手話~昔と今の違い~」に参加して、4時過ぎに帰って来た。
天気もよかったし、お昼はお弁当のおかずをBさんと取り替えっこするという学生時代のようなことをして、楽しい一日だった。

久しぶりに一日手話に触れて、新鮮な気持ちで一年がスタート出来そうだ。
それでも一応仕事なので、責任を果たせてほっとする。

a0054240_20350226.jpg
「ボクのけがちょっときれいになってきたでしょ。」



# by hideko0611 | 2018-04-15 20:35 | 手話 | Comments(0)

2時間散歩

a0054240_20433223.jpg
「ムベ」

朝から雨が降り出すのは分かっていたが、さて、何時頃からかが問題だ。
スマホの1時間ごとの天気予報で見ても、見るたびに違っている。
今朝の段階では9時頃から降るとの予報。
でも空が暗いので、ラジオ体操をパスして6時10分に散歩に出る。
快が上に行きたがるので行ったが、野犬におびえながらかなり上の方まで行ってもトイレをしてくれない。
しかたがないのでまた下に行き、2時間かけて散歩をした。
(トイレも無事にすませた。)
雨が降らなかったのは幸いだった。
よたろうさんを防府の水墨画に送り出してから、1時間ほど庭の草抜きをする。
雨が降り始めたので10時過ぎに作業を終了する。
それから雨は一日中降り続いた。
手話サークルは雨が小やみの時を見計らって行き、見計らって帰る。
快もお昼からずっと玄関暮らしでおとなしくしていた。
まるで梅雨のような雨だ。

昨日の夜中に目が覚めてしまい、読書会の課題本「忘れられた巨人」(カズオ・イシグロ著)を100ページまで読む。
歯ごたえのある本だ。
ファンタジーなのかリアリズムなのか、今の段階ではまだよく分からない。
というわけで、少し眠い。
続きを読みながら寝ることにしよう。

a0054240_20551422.jpg
「これはきのうのボクだよ。
あしたははれるといいなぁ。」


# by hideko0611 | 2018-04-14 20:55 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

ちょっとのんびり

a0054240_20563750.jpg
「ヒラドツツジ」
桜が終わったら、次はツツジの季節。
これは昔実家にもあった一番素朴な種類。

アルクで珍しいものを見つけた。
高山ラーメン。
a0054240_21014457.jpg
有名麺メーカーとコラボしたものではなく、本当に高山のお店の生ラーメン。
時々アルクにはこういう思いがけない一品が並んでいることがある。
一度きりのこともあるのが残念だ。

よたろうさんが書道のお稽古でお昼前から留守なので、今日はのんびり過ごす。
庭仕事をしようと思っていたが、アメジストセージの株を掘り起こして小さくして植え直したり、ご近所の方に分けていただいたシラー・カンパヌラータを植えつけたりしたぐらい。
夕方よたろうさんが帰って来てから、花壇の水仙を下の畑に植えつけに行く。
カボチャ(くりまさる)と、黄色いミニトマトの苗もよたろうさんに植えてもらった。

明日から明後日に欠けてまたまとまった雨のようだ。
雨の前によく見られるうろこ雲が夕方空いっぱいに広がっていた。
a0054240_21093823.jpg
明日の朝は散歩に行けそうだが、明後日はどうだろう?

a0054240_21112621.jpg
今日も台座に乗って置物になっている快である。


# by hideko0611 | 2018-04-13 21:12 | Comments(0)

がんぜき乙女になる

a0054240_21455511.jpg
「モッコウバラ(黄)」
こちらはまだ咲き始め。
一方隣のカロライナジャスミンはあふれんばかりに咲き誇っている。
a0054240_22152862.jpg

昨日は雨が降ったり、むしむししたりしたが、今日は一転して爽やかな晴れの一日。
午前中はピアノのレッスン、その後買い物をして帰ったので、よたろうさんが一人で草刈りをしていた。
私は午後、がんぜきを持って、斜面の刈った草を集めて山にしていく作業を2時間やった。
途中一度も休まずに。
有森さんではないが、そんな自分を自分でほめたい。
途中で刈り残しの草があれば鎌で刈り取り、ごろごろした大き目の石はひとまとめにしていく。
これで下の畑の周囲の斜面の草刈りはおしまい。
でも、もっと大変な道路の反対側の斜面が残っている。
こちらは斜面の長さが倍ぐらいあるのだ。

終わって一休みしようと思ったら、もう快が散歩にスタンバイしていたのですぐに出かけた。
散歩が早かったので、夕食も早めにし、食後パッチワークの続きをする。
しつけをかけ終わり、少しずつ周囲を切り取りながらアップリケをしていく。
a0054240_22103091.jpg
せっかくの素敵なデザイン、気に入りの生地なので、一針一針丁寧に縫っていく。
久しぶりのアップリケのやり方なので、切り取ってしまう上の生地にキルトラインを描くという無意味なことをしてしまっていた。
無意味なだけでなく、蓮の茎なのかキルトラインなのか区別がつきにくくてややこしい。
作業をしながら、録画しておいたドラマ「大阪環状線一駅ごとの愛物語」の第二話を見る。
懐かしい風景、懐かしい関西弁(関西出身の俳優さんがほとんどなので、とても自然)で繰り広げられるドラマは30分問という短い時間だけれど、映画を見ているような雰囲気。
過去に関西テレビで(大阪で)放映されていたものだった。
「まえだまえだ」の前田旺士郎君が、すっかり爽やかな青年に成長していて、時の流れの速さに驚いてしまう。
(「わろてんか」にも出ていたけれど。)
このドラマは保存版にすることにする。

a0054240_22122028.jpg
朝の散歩の後、気持ちよくくつろいでいる快。


# by hideko0611 | 2018-04-12 22:16 | 趣味の園芸 | Comments(0)
line

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
line
カレンダー