おさんぽ おさんぽ おさんぽ

a0054240_2255661.jpg

「オキザリス<プルプレア 白>」

今日の天気のポイント予報は一日雨、しかも明日も雨だった。
明後日もまだ雨マークが続いている。
朝はなんとか降らずに持ちこたえていたので散歩に行けたが、困ったことに快がトイレをしてくれない。
昨夜もしなかったので、このままだと5回、もしかすると6回連続でトイレに行けないことになってしまう。
いつもの下コースから帰って、上にも行ってみたがだめだった。(所要時間1時間半)
明日の神社のお祭りの買い出しをした後、11時頃からもう一度散歩に行く。
途中でちょっと降られたが、なんとかまだ天気は持ちこたえている。
それでもトイレをしてくれない。
だからまたまた上へ、それも最大限遠くまで(小畑へ抜ける道まで)行ってみたのに、やっぱりだめ。(所要時間2時間)
今までになかったことなので、とってもあせってしまった。
せめてもの救いは、その後空が明るくなってきて、雨雲レーダーでも夜まで降らないことが分かったこと。
だから手話サークルから帰って(実は帰ってからもう一回サークルに届け物に行って遅くなったので、家を出たのが5時20分過ぎ)夕方の散歩に行けた。
そして34時間ぶりに、ようやくトイレをしてくれた(5時40分!)。
雨で行けない時ならともかく、こんなことは初めてだ。
日が沈んで(本日の日没は5時42分)だんだん暗くなってくる中を、
a0054240_2221394.jpg


a0054240_2223086.jpg


a0054240_22242369.jpg


それでもホッとしたので、心も軽く帰って来た。(所要時間1時間ちょっと)
快のトイレに振り回された一日だった。
一日3回の散歩も初めてのこと。

「くらくなってきても、ちょっとすわってみました~。」
a0054240_22263417.jpg

# by hideko0611 | 2017-10-14 22:27 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

今年も干支のキット作り

a0054240_2043248.jpg
「フジバカマ」

昨夜からの雨は朝にはほぼ上がっていた。
まだ少し降りそうな気配もあったが、たいしたことはなさそうだったので、普通に散歩に行く。

今日はどこへも出かけずに、一日いろいろな仕事を片づけた。
まず、手話サークルの陶芸体験のちらし作り。
だいたいの骨子は出来ていたが、細かい所をいろいろ気をつけて作り直す。
例えばFAXで送ると写真は真っ黒になってしまうので、イラストにする…とか。
クリップアートではいいイラストがなかったので、教師時代に買った素材集の中から引っ張り出してきた。
ほかにも誤解を招きそうな表現とか、理解しにくい表現とかをチェックしていく。
そうそう、今朝、パソコンにエラー表示が出て、それも修復不可能と書いてあったので、どうしようかと心配したが、電源を入れ直したらちゃんと回復した。
よかった~。
ちらしが完成したら、もうお昼を過ぎていた。
午後からは今年の干支キルトのキット作りに取りかかる。
手話サークルの人達7人と、ヒロコさんの分、そして私が作る二つ分、全部合わせて10セット。
生地を探して、採寸してカットして…ほぼ終わったら、夕方の散歩の時刻になっていた。

夕方、自治会館に届けられた飲み物を冷蔵庫にしまいに行く。
明日豆腐やエソミンチなどを買えば、準備完了。
でも、困ったことに、日曜日は雨模様だ(明日の午後から)。
ひどい降りになりませんように…。

夕方の散歩の途中で、不思議なかっこうの伏せをしようとしている快。
a0054240_20205517.jpg

でも、どうも具合が悪いので、
a0054240_2023307.jpg

普通のお座りに戻りましたとさ。
a0054240_2026093.jpg

ただ今、金木犀の花盛り。
あちこちでオレンジ色の芳香に包まれる。
a0054240_20344748.jpg

# by hideko0611 | 2017-10-13 20:35 | パッチワーク | Comments(0)

祭の下準備

a0054240_2094752.jpg
「ホトトギス」

雨が降って、その雨が寒さを連れて来ると言っていたようだが…
雨は結局夜までほとんど降らず。
朝、いつものように雨雲レーダーで確認して、降り出す前に…と6時過ぎ、まだ日も昇らないうちから散歩に行ったのに。

ピアノの稽古に行く時(10時前)に、ほんの少し降ったかな。
久しぶりに雨具にしっかり身を固めて行く。
「15 バラード」が上がる。
3拍子のリズムは早いテンポで弾けたのに、途中のゆったりしたところの指遣いがごちゃごちゃになってしまった。
「銀の龍の背に乗って」は挫折した。
リズムが難しくて、弾いても弾いても上達しない。
このままだとみゆきさんの歌まで嫌いになりそうだったので、ひとまずやめておく。
次はもう少し簡単な初級クラスの楽譜を探してみよう。

今度の日曜日の部落の秋祭りの準備をする。
自治会館の掃除はいつもならよたろうさんと二人でするのだけれど、今年はよたろうさんが出来ないので、ピアノから帰って一人でやった。
と言っても床を箒と掃除機でざっときれいにし、上敷きを敷いて、長机と座布団を並べて、土間の机や椅子を拭いて、鍋ややかんなどをざっと洗って伏せておくところまで。
これで1時間。
周囲の草は近くの方が刈って下さっている。
食器類は当日、当番の人に洗って拭いてもらう。
掃除の足りないところもやってもらうことにする。
片づけをしながら足りないものをチェックして、午後から買いに行った。
ガスボンベ、ビール用のプラスチックコップ、新しい食器洗い用スポンジなど。

夕方も今にも降りそうな曇り空なので、3時半には散歩に出た。
(降らなかった。)
ちょっとはぐらかされたような一日。

セイタカアワダチソウはススキと一緒に群生していると、けっこうきれい。
a0054240_2054163.jpg

最近あまり見ないような気がしていたが、やっぱり今の季節は、あちこちに生えている。

a0054240_20555311.jpg
「きょうもまだまだあついのだ~。」
# by hideko0611 | 2017-10-12 20:56 | 日記 | Comments(0)

暑い日々

a0054240_21101185.jpg
「ヒイラギモクセイ」

今日も9月並みの暑さだ。
パジャマも散歩の時の服も半袖に戻す。
明日は雨で、その後気温が下がるということだ。
ややこしいったらありゃしない。

今週の日曜日が部落のお祭りなので、神社に飾るしめ縄作りの手伝いをする。
a0054240_21151998.jpg

と言っても、私は藁の束を渡すだけ。
やっている最中に、眉間や眉の横、首すじをブトに刺されてウヮッと思ったが、大丈夫だった。
小さな蚊だったみたい。
気温が高いせいで、また蚊やブトが大暴れしているのだ。

畑の菊が徒長して倒れているのを起こさなければ…とずっと気になっていた。
今日ようやく作業を始めたが、あまりにも徒長しすぎ、倒れすぎていて、なかなか支柱が立てられない。
やはり挿し芽にして再生させないと、植えっぱなしはだめだなぁ。
一部をくくっただけで力尽きる。
夕方、せめて庭の花壇の菊だけでも…と思って、支柱を立て直す。
こちらはうまくいった。
今、一番早咲きのピンクと白が咲き始めているところ。
これからは菊の季節だ。
作業をしていたら、庭の花壇にセイタカアワダチソウが咲いているのを発見。
a0054240_212273.jpg

こんなことは初めてだ。
アメジストセージの株間から生えていたから、気がつかなかったのだ。
いつまでも暑いのと雨が降るのとの繰り返しで、なかなか秋の庭仕事が進まない。
午後は結局「グーグーだって猫である」を6巻まで再読してしまった。
(「キャットニップ」の1巻も)。

a0054240_21262935.jpg
「どうしてこんなにあついのぉ~?」
# by hideko0611 | 2017-10-11 21:28 | 四季の移ろい | Comments(0)

今度は黒

a0054240_20312942.jpg
「キンモクセイ」

今朝は一面景色がもやっている。
a0054240_20344931.jpg


a0054240_20374273.jpg

午前中は図書館友の会の仕事で、学び・交流プラザへ。

午後は、昨日干してよく乾いた客用布団を圧縮袋に入れて押し入れに片づける。
すぐにこの作業をしておかないと、いつまでもそのままになってしまいがちなのだ。

日中は夏に逆戻りしたかのように暑い。
夕方の散歩から帰って来たら、真夏の時と同じぐらい汗をかいていた。

昨日掘り上げたサツマイモを使って豚汁(さつま汁)を作る。
a0054240_20441519.jpg

今年のサツマイモは全部紅はるか。
予想通りとってもおいしい。
枝豆はだだちゃ豆が終わって残念だと思っていたら、黒豆が出始めた。
a0054240_20475116.jpg

JAで買ったので、丹波の黒豆ではないが、もちろん中の豆はしっかり黒色。
a0054240_20511460.jpg


a0054240_2053494.jpg
「このコはだーれ?」
ステンレ製のごみ箱に映る快と本物の快。
# by hideko0611 | 2017-10-10 20:54 | B級グルメ | Comments(0)

猫と人と

a0054240_21545699.jpg
「オキザリス<ヒルタ>」

10月は、終日雨と終日秋晴れを繰り返している。
今日は秋晴れの方、そして日中は相変わらず暑い。
朝、私と快が散歩している間に、クニちゃん夫婦がよたろうさんの指示で畑仕事を手伝ってくれた。
ゴーヤを片づけて、大根を間引き、サツマイモを一列掘り上げてくれて大助かり。
じつは、この2週間、よたろうさんの腰痛がひどくなり、右足が踏み立てられなくなって、一時は歩くのもままならなかったのだ。
ここ数日はずいぶんよくなっている。
痛みはあるが、ちゃんと足が踏み立てられるようになった。
私の庭仕事衣装を全部貸してあげたノリちゃんが、私と間違えられて散歩の人達に声をかけられるというハプニングあり。
体型が似ているので。
朝食後はゆっくりしてもらって、お昼過ぎに二人は帰京した。

午後はのんびり漫画を読んで過ごす。
買ったまま未読だった「フイチン再見」の10巻(最終巻)と、大島弓子さんの「キャットニップ」2巻。
その後「グーグーだって猫である」を読み返したくなったが、我慢して、久しぶりにピアノの練習をしてから散歩に行く。
大島さんの猫漫画は、人が猫(動物)と共に生きるとはどういうことかをきちんと伝えてくれる。
猫の野生、個性を尊重しつつ、出来る限りの愛情を注ぐ姿に感銘を受けるが、人より寿命の短い猫との付き合いはやっぱり切ない。

ハゼの紅葉が少し見られるようになってきた。
a0054240_227563.jpg

日没がどんどん早くなり、散歩の帰りには西の空が赤い。
a0054240_22103741.jpg

「真っ赤な秋」を歌いたくなるこの季節。

a0054240_22143499.jpg
「リードであそばないでったら~。」
# by hideko0611 | 2017-10-09 22:12 | 読書 | Comments(0)

焼肉パーティー

a0054240_2058062.jpg
「イヌタデ」

東京で暮らしているクニちゃん夫婦が、遊びに来てくれた。
昨日広島泊まりで、昼過ぎに到着。
今朝はまだ少し曇っていたが、午前中から日差しが出て、夏のような暑い一日となった。

夜は焼肉。
東京は肉と言えば豚肉ということで、「ふじや」さんのカルビとロースの焼き肉を、クニちゃんもノリちゃん(奥さん)も喜んでくれてよかった。
話には聞いていたが、肉じゃがも豚肉というのはやっぱりびっくりする。
マカロニサラダも好評でよかった。
明日は4人で畑仕事をする予定。

この角度の快は、何とも言えない顔。
a0054240_216538.jpg


今年は柿のなり年のようで、枝もたわわに実っている。
a0054240_2110393.jpg

これは次郎柿で、こちらは熟柿用のすぼ柿。
a0054240_2112473.jpg
葉っぱが全部落ちているのが心配だが…。
残念ながら、干し柿に適した西條柿の方はイマイチ。
スーパーで見かけたら買って来よう。
# by hideko0611 | 2017-10-08 21:15 | B級グルメ | Comments(0)

友の会

a0054240_2138052.jpg
「アキノタムラソウ」

今朝はまだ暗い曇り空だった。
普通に散歩には行けたが、帰って来たら少し降ったし、源氏物語の講義の最中に音がするぐらい激しく降り出してびっくりした。
でも、それが今回の雨雲の最後だったみたい。
その後は晴れてきた。

さて、源氏物語も今日の「夢浮橋巻」で、いよいよ一区切り。
ちょうど3年半通ったことになる。
54帖全部学ぶには4年半かかるので、1年遅れたわけだが、それでもたくさんのことを学べた。
古典の単語や文法はもちろん、当時の社会や風習、そして光源氏を中心とする人間模様(男性の身勝手さに腹の立つこともあったが)など…。
季節ごとの素敵な俳句や季語もたくさん紹介して下さった。
次回からはテーマを変えて午後の講義となるので、手話サークルと重なって参加出来ないのが残念だ。

源氏物語の講義のある日は、徳山の商店街に寄って帰ることにしている。
そして「いよや」さんで赤飯を買って帰るのもお約束。
私とよたろうさんは二人だけで「赤飯友の会」を結成しているぐらい、赤飯が好き。
スーパーの赤飯やコンビニの赤飯おにぎりもおいしいが、「いよや」さんのは味ももっちり具合もちょうどいい。
(黒ゴマと塩は自分でふりかける。)
a0054240_2151333.jpg

福川の本店は予約しないと買えないので、徳山に出た時に買うようにしている。
今日びっくりしたのは、お店の人が、このブログを見ていて下さったこと。
快のことも尋ねられた。
なぜブログを書いているのが私だと分かったかというと、バイクで分かったそうだ。
夜中の散歩のことも、お月見饅頭のことも読んでおられた。

いろいろな人との出会いがあるから人生は面白い。
a0054240_21534582.jpg
「ボクもそうおもうよ。」
# by hideko0611 | 2017-10-07 21:54 | B級グルメ | Comments(2)

夕方に行けた~

a0054240_19485979.jpg
「ミズヒキ」

昨夜の9時から降り始めた雨は、夜から朝、そして昼を過ぎても同じ調子で降り続いている。
ポイント予報では、今日いっぱい雨だった。
これはまた恐怖の深夜の散歩か~、と覚悟を決めて、それでも時々雨雲レーダーをのぞいていたら、午後6時を過ぎると小雨になりそうだ。
これなら少しでも早い時刻に少雨決行で行ってしまおうと思っていたら、午後4時前にはほぼ雨が上がった。
だいたい雨雲は通り過ぎたようだ。
やれやれ、よかったと思いながら、散歩に出る。
さすがに雨量は多かったようで、あちこちの水かさが増していた。
a0054240_19552384.jpg


a0054240_19565932.jpg

空はまだまだ晴れない。
a0054240_19584371.jpg

a0054240_2003433.jpg
「でも、さんぽにいけてよかったぁ~。」と思っているに違いない快。

今夜は「あさイチ」の炊き込みご飯シリーズ第二弾。
a0054240_206172.jpg

鮭ときのこの炊き込みご飯。
きのこ(今日は舞茸としめじと椎茸)を別にサラダ油でしっかり炒めておいて、鮭と昆布を入れて炊いた(醤油も入れておく)ご飯に後で混ぜ合わせるスタイル。
その時バターも一緒に混ぜ込む。
こくがあって、でもしつこすぎずにおいしかった。
コロッケはいただきもの。(ラッキー!)
豆腐は大潮田舎の店のせせらぎ豆腐に、なすときゅうりの古漬けを細かく刻んで生姜汁を絞ったものを載せて食べた。

今日の雨の日仕事は、流しと冷蔵庫、食器棚の掃除と整理。
四角い食器が奥の方で眠っていたのを、表に出してやる。
どうしても手前にある同じものばかり使ってしまうので、時々食器棚も並べ替えをしてやらないといけない。
# by hideko0611 | 2017-10-06 20:11 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

好みはそれぞれ

a0054240_21403147.jpg
「ススキ」

パッチワークでmachicoさんの完成版「干支キルト~快君バージョン」をいただく。
さすがプロ、やっぱりすっきりまとまっている。
私の試作版も含めて、早く作ってみたい。

夕方から曇りで、残念ながら十六夜の月は見られなかった。
代わりに「いよや」さんのお饅頭、今日は月にススキを食べてお月見気分になる。
a0054240_2150262.jpg

ところで夕食のサンマ、私は開きでよたろうさんは丸のまま。
a0054240_2234828.jpg

なぜなら私は内臓が好きじゃなくて、よたろうさんは大好きだから。
(ちなみにうちは生サンマじゃなくて塩サンマ)
私達は食べ物の好みがことごとく違っている。
粒餡とこし餡。
ゆで卵の黄身と白身。
肉の脂身と赤身。
木綿豆腐と絹こし豆腐。
ポテトサラダに林檎を入れる、入れない。
青梨(二十世紀)と赤梨(幸水・豊水など)。
かたい林檎(ふじなど)と柔らかめのりんご(ジョナゴールド、シナノスィートなど)。
ラーメンの細麺と太麺。
(全部前者がよたろうさんで、後者が私。)
時々歩み寄りながらも、だんだんそれぞれの好みを尊重(主張?)するようになってきた。

a0054240_2261410.jpg
「ボクは、たべられるものならたいていすきですぅ~。」
# by hideko0611 | 2017-10-05 22:09 | B級グルメ | Comments(0)

きれいな満月

a0054240_2130112.jpg
「秋明菊(白)」

今日も日中は暑いけれど、気持ちのいい秋晴れ。
a0054240_21325152.jpg

景色も洗いたてのようにきれいだ。
a0054240_21342093.jpg

快は涼しい木陰ですやすやお昼寝。
a0054240_21361978.jpg

布団の残りを干したり、よたろうさんの夏の昼寝用寝具を洗ったり、お日様を有効活用した。
でも明日の夜から雨で、金曜日はまた一日雨の予報なので、快の散歩が心配だ。
また夜中の散歩が必要になった時のために、一応今日エディオンで、ストラップ付きの(今持っているのよりは)明るいLEDライトを買って来た。
でももうあんな時刻の散歩はいやだよ~。
それなら雨の中を行く方がまだいい。

今日は中秋の名月。
a0054240_2158563.jpg

別名芋名月だけれど、栗ご飯にした。
あさイチで「鶏だけ炊き込む栗ご飯」というのを紹介していたので、それを作ってみる。
a0054240_21453631.jpg
昆布と塩、小さめの角切りにした鶏肉を入れたご飯を炊いて、栗は別に茹でてから中身をスプーンでくり抜いて、両方を合わせるというレシピ。
栗がみじんになってしまうのでどうかなと思ったが、かえってごはんとからんでおいしいということだった。
確かにどこを食べても栗の味がしておいしい。
鶏と昆布でちょうどいいだしが出ている。
ほかのおかずも一応和食っぽくそろえて、
a0054240_21472276.jpg

食後の甘いものは「いよや」さんのうさぎまんじゅう。
a0054240_2150579.jpg

子ウサギはよたろうさんにあげた。
# by hideko0611 | 2017-10-04 21:52 | 山口の自然 | Comments(0)

真夜中の散歩

a0054240_21473440.jpg
「ミゾソバ」

昨夜はめったにない経験をした。
夜中になっても、玄関に入れていた快が、きゅ~ん、きゅ~ん(実際はもっと表情たっぷりに、何かしゃべっているみたいに)鳴きやまない。
しかたがないので、庭に出してやったが、それでもなお鳴き続ける。
不審動物がいて吠え立てるのと違って、うるさくはないが、気になって寝られない。
昨日は一日雨で、朝も夕方も散歩が出来なかった。
一昨日の夕方から数えると、31時間ほどたっている。
朝まで待たせると38時間たつことになる。
こういうことはめったにない。
夕方と朝の散歩が出来ないことはたまにあるが、その時は雨が上がり次第、昼過ぎに行くので、まだましだろう。
どうもトイレがしたいようだ。
可哀そうなので、深夜の散歩を決行した。
その時12時40分。
うちの家の近くには街灯がない。
真っ暗な切通しもある。
幸い雨が上がって、満月に近い月が昇っていたので、それほど暗くはなかった。
念のためにスマホとLEDライトを持って行った。
足元の少し先と快を照らしながら歩く。
さすがに人っ子一人歩いていない。
2号線まで出ると、車はある程度走っていた。
信号を渡るとすぐにトイレをすませてくれたので、急ぎ折り返して帰って来た。
一回だけ明るい2号線の方を向いて座り込みかけたが、あとはすいすい歩いてくれて、いつもの半分の時間で帰ってこれた。
その時午前1時30分。
もうほとんど草木も眠る丑三つ時ではないか…。
その後の快は静かに朝まで過ごす。
私もすぐ眠りについたが、やっぱり朝は眠くていつもより起きるのが遅くなった。
その分昼寝をして補う。
ちなみに、よく晴れた今日、快は朝も
a0054240_2205513.jpg
夕方も
a0054240_2224550.jpg
普通に散歩に行きましたとさ。
なんだか昨夜のことは夢のような気がする…。

終日の雨から一夜明けた今日は、今度は終日からりと晴れて、日中は暑いぐらいだった。
a0054240_2219869.jpg


a0054240_22234511.jpg


a0054240_2221084.jpg

(昼寝をしていると大汗をかいてしまった。)
客用布団を二組干したが、ふかふかになった。
午前中、よたろうさんの書と絵を軸にしてもらうために、防府の表具屋さんへ持って行く。
定休日だったが、電話をしたら店まで取りに来て下さった。
この前行けなかったハニービーにも寄ったが、巻の生地ではほしいものはなかった。
干支のキルト用にカットクロスを少々購入。
小さな犬の足跡柄が使えそう。
a0054240_22312192.jpg


本日の夕食の前菜。
アスパラの胡麻和え、かつおの佃煮、大根おろしとなめたけの和え物。
a0054240_22172872.jpg

# by hideko0611 | 2017-10-03 22:04 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

終日雨

a0054240_19375581.jpg
「ブッドレア」

間もなく午後8時。
まだ雨は降り続いている。
これで30時間は降っているのではないだろうか?
これだけ長い間、小やみになることもなく降り続くこともなかなかない。
快はずっと玄関に入れておくと、
「出しておくれや~い。」
とわんわん吠え立てるので、朝から夕方までは外に出しておく。
雨のかからない場所にいるとはいえ、これだけ降るとちょっと濡れる。
雨がひどくなりそうな4時頃には中に入れたが、ちょうど散歩の時間帯なので
「出しておくれや~い。」
とわんわん吠え立てた。(もちろん出さない。)
朝も夕方も散歩に行けなかったのも久しぶり。
だからよけいに鳴いたのだと思う。

午前中はよたろうさんの服の衣替え。
半袖シャツにアイロンをかけて衣装ケースにしまい込み、長袖シャツをクローゼットにかける。
Tシャツやポロシャツを衣装ケースにしまい込み、セーター類を箪笥にしまう。
ズボン類、パジャマも冬物と入れ替えて一丁上がり。
午後は手話サークルの仕事。
11月の行事のちらし作りや細かい案の作成をした。

10月最初の月曜日なので、新しい朝ドラと昼ドラが始まった。
今までのドラマの名残りを惜しみながらも、見ているうちにいつの間にか新しいドラマの世界に入り込んでいくのは、4月のクラス替えとよく似ている。
「ひよっこ」の温かい世界は見ていて心地よかった。
「やすらぎの郷」は様々な老人問題を提起していて、ちょっと重いところもあったが、野際陽子さんの遺作をちゃんと見ることが出来てよかった。
 次は「わろてんか」と「トットちゃん」。
どちらも明るく楽しめそうだ。

夕食はポトフ(キャベツ、人参、タマネギ、ジャガイモ、ソーセージ、アスパラガス)と昨日の枝豆の豆だけを取り出して炊き込んだ枝豆ご飯。

本日は写真を一枚も撮らなかった。
# by hideko0611 | 2017-10-02 19:52 | お天気情報 | Comments(0)

新しい靴

a0054240_2033515.jpg
「黄花コスモス」

今朝は薔薇色の朝焼けに間に合った。
a0054240_20371084.jpg

日の出直後(直前かもしれない)のほんの一瞬なので、見逃してしまうことも多い。

今日まで晴れるという予報だったが、10月のスタートは、あまり太陽が顔を出さない一日だった。
明日は間違いなく一日雨なので、冬物と取り替えた夏物の布団カバーを洗ったり、昨日空けたプランターの土を始末したり、買い物に行ったりけっこう忙しく過ごす。
扇風機は早々と物置に片づけた。
なんだか今年は冬支度に入るのが早い。
来年のカレンダーと手帳も全部準備した。
まだあと3ヶ月もあるというのにね。

散歩用の靴はReebokのレインウォーカー。
クッション性が高いので足が痛くならないし、足首をしっかり固定してくれる。
滑りにくいし、一応防水なので、濡れた草むらに入っても大丈夫。
と、いいことずくめだが、傷むのも早い。
底が削れてきたり、つま先が口を開いたりして、半年ともたない。
値段もけっこう高いので何とかならないかなぁと思うが、毎日山道を2時間歩いていれば仕方ないかもしれない。
靴底については足を引きずるからだよとよたろうさんにいつも言われる。
確かにそうかもしれない。
本日新しいものをおろした。
a0054240_20551073.jpg

元からついている紐は丸紐ですぐほどけてしまうので(快を待たせておいて結ばないといけない)、平紐に付け替えて履く。

今夜はよたろうさんが鯖の味噌煮を作ってくれて、私がニラ玉を作り、枝豆をゆでる。
a0054240_20592896.jpg


コスモスの前で記念撮影に応じる快。
「はい、ポーズ。」
a0054240_2122781.jpg

# by hideko0611 | 2017-10-01 21:03 | お買い物 | Comments(0)

冬支度

a0054240_21564332.jpg
「野菊」

9月の最終日は、昨日と同じように、日なたと日陰の温度差、そして朝夕と日中の温度差が大きな一日だった。
火、水の雨の後、また季節が一歩進むということなので、早々とストーブ、ファンヒーターを物置から出して来た。
ついでに灯油も注文し、いつ寒くなってもいいように準備だけしておく。
と言っても日中は半袖でも過ごせるぐらいなんだけど。

花が終わった千日紅(白とえんじ)、ストロベリーフィールズを抜いて(どれも一株だけ、来年蒔く種の分を切って干しておく)、プランターの土を空ける。
女郎花の切り戻しもした。

午後は手話サークル。
行事の打ち合わせで三役は嶽山荘まで行って来た。
1時間ほどかかったので、今日はほとんど活動は出来ず。
でも行事の日程や内容がほぼ決まったのでよかった。

夕焼けが見えないかと海の方を見ていたら、うっすらと由布岳が見えた。
a0054240_225515.jpg

夏の間はほとんど見えなかったと思うので、久しぶり。

<9月読書記録>
「ソロモンの偽証」(上・中・下)       宮部 みゆき
「70からはやけっぱち」          野際 陽子
「鑑識・米沢の事件簿2 知りすぎていた女」  ハセベバクシンオー
「昭和あの日・あの味」
「ポケット版 大阪名物なにわみやげ」     井上 理津子・団田 芳子
「ペテロの葬列」               宮部  みゆき
「コンビニ人間」               村田沙耶香
「菜の花食堂のささやかな事件簿 きゅうりには絶好の日」  碧野 圭
「希望荘」                  宮部 みゆき
「誰か」                   宮部 みゆき
「生と死と」                 吉田 とし
「負の方程式」(短編)            宮部 みゆき
「名もなき毒」                宮部 みゆき
「ひかりの魔女」               山本 甲士
「しっかり母さんとぐうたら息子の人生論」   対談 沢村 貞子・植木 等
「桜ほうさら」                宮部 みゆき
「給水塔の町」                泉 麻人
                                  以上19冊
# by hideko0611 | 2017-09-30 22:17 | 四季の移ろい | Comments(0)