どこかに春が

a0054240_20375372.jpg
「シンビジウム(ピンク)」

3月のスタートは曇り空。
夕方突然晴れてきたが、夜から明日にかけては雨らしい。
どこかで雨の切れ目があって、濡れずに散歩に行けたらいいなぁ。

早朝のラジオで、「どこかで春が」が流れてきた。
小鳩くるみさんの歌が素敵だったので、今どうされているのかなと思ってWikipediaで調べてみたら、なんと歌はお休みして、イギリス文学、児童文学の研究者として、大学で教えておられるそうだ。
「どこかで春が」は歌詞もメロディーもとてもいい。
今の季節にぴったり。
今日はウグイスの声を聞いた。
散歩友達のIさんは一週間以上前に聞いたということで、私も早く聞きたくて、毎日まだか、まだかと待っていた。
とても上手に鳴いていた。
数羽いたような気がする。
梅の木にはメジロがどっさり。
(この写真では一羽だけど。)
a0054240_20534969.jpg

家の近くの電線にとまっていた小鳥。
写真で確認したらヤマガラだった。
a0054240_20571953.jpg

肉眼で見ているときは、全く何の鳥か分からない。

手話サークルのゲーム(ユンノリ)の件で、Fさんの家に行く。
考えたルールを説明して、問題がないか見てもらった。
実際に少しやってみる。
もう少し簡単にした方がいいところが一、二か所あった。
でも、なんとかやれそうな感じ。
皆さんが賛成してくれるといいのだけれど…。
その後美容院へ。
行ったのが遅かったが、午後1時には終わった。
さっと用事を済ますことが出来てよかった。

夕食にワタリガニを蒸して食べる。
a0054240_2112659.jpg

こちらではズワイガニをめったに見かけないので、代わりにワタリガニをよく食べる。
身が甘くておいしい。

a0054240_2162647.jpg
「カニもボクはもらえな~い。」

<2月読書記録>
「シャッター通りに陽が昇る」    広谷 鏡子
「終わらざる夏」(上・下)     浅田 次郎
「杏の気分ほろほろ」        杏
「桜風堂ものがたり」        村山 早紀
「天下人の茶」           伊東 潤
「本バスめぐりん」         大崎 梢
「みかづき」            森 絵都
「強父論」             阿川 佐和子
「なでしこ日和」          中島 要
                             以上10冊
# by hideko0611 | 2017-03-01 21:11 | 四季の移ろい | Comments(0)

もう二ヶ月が終わった

a0054240_20484415.jpg
「エケベリア<錦晃星…だと思う>」

暖かい日と寒い日を繰り返しながら2月が終わった。
まさに三寒四温。
まだ枝だけの桜とお寺の鐘の背景は、春めいた水色の空。
a0054240_20544275.jpg

日に日に梅の花が開いてきて、ほとんど茶色一色だった風景が華やかになってきている。
a0054240_20571545.jpg


a0054240_20593190.jpg

何の変哲もない梅(たぶん梅の実を採るための木)だけど、きらきら輝いて見える。

よく見かけるのに、すぐ隠れてしまい、ほとんど撮影出来たことのないシロハラ。
今日ようやく撮れたような気がするんだけど…。
a0054240_2155772.jpg

尾羽が見えないから、白いところがあるかどうかよく分からない。
この子(ハシブトガラス)みたいに、すぐそばにずぅっととまっていてくれたらいいのになぁ。
a0054240_2184926.jpg


昨日明屋書店で見つけた吉本ばななさんの「毎日っていんな」というエッセー集を、味わいながら読んでいる。
帯に書いてある「読むほどに日々が愛おしくなる50のエッセー」「楽しげなことだけ集めてみました。」「この歳になって、新しく何かを取得できるなんて、なんてすばらしいことだろう!」という言葉に惹かれて、ほとんど中身を読まずに購入。
ばななさんの本は昔「TUGUMI」を読んだぐらい。
思っていた「楽しげなこと」とはちょっと違ったけれど、刻々と過ぎていく時間の中で、今という時間、かつて今だった昔の時間、そこで共に生きる(生きた)人(動物や自然も含む)との関わりを、柔らかい文章で紡いである。
私が日頃大事にしたいと思っていることを、同じように(私以上に)大事にしている人の言葉は、一つひとつ胸にスーッと沁み込んでくる。
買ってよかったと思える本の一冊。

午前中DVD「(500)日のサマー」を見る。
一つの恋の始まりから終わり(と新しい恋の始まり)までを描いたもの。

久しぶりにインゲン(鶏ひき肉と椎茸)の田舎風炒めを作る。
サラダ菜で巻いて食べるとおいしい。
ニンニク、ショウガ、豆板醤を入れると、どうしてこんなにおいしくなるのだろう?
よたろうさんは得意のカツオ菜の煮物を作ってくれた。
a0054240_2134057.jpg


a0054240_21275436.jpg
「はれはきょうまでなんだってね~。」
# by hideko0611 | 2017-02-28 21:35 | 日記 | Comments(0)

夕方の鳥撮り

a0054240_2024476.jpg
「(家の近所の)しだれ梅(紅)」

なかなか本気で暖かくなってくれない。
朝は霜がいっぱいおりていて、手袋が必要なぐらいの寒さ。
a0054240_20324992.jpg


午前中、よたろうさんに手伝ってもらって、牡丹と薔薇に寒肥をやる。
寒の時期を過ぎてしまったけれど、まあいいだろう。
鉢植えのままだった牡丹(去年永源山で買ったもの)を地植えにしたが、鉢から抜いてみたら、ほとんど新しい根が出ていなかった。
今年花は咲いてくれるかしら?
きれいな赤紫色なんだけど。

午後はDVDを1本見た。
「パリ三丁目の遺産相続人」。

夕方Nさん夫婦が一昨日の会食のレシピを届けに寄って下さった。
今から鳥の撮影に行くということだったので、ちょうど早めの散歩を終えていた私も一緒に連れて行っていただいた。
思っていたよりも上の方まで行く。
私も入ったことのない横道に行くと、開けた林の中のような感じのところがあった。
a0054240_20432827.jpg

私のカメラではとても撮れなかったが、アオジとかがいたみたい。
私が唯一撮れた、ぼけぼけのジョウビタキの♀。
a0054240_2048118.jpg

その辺りは杉の木がいっぱいあって、今は花盛り。
a0054240_20503559.jpg

私達は誰も花粉症ではないので平気だったが、辛い人はこの写真を見るだけでも嫌だろうな。
空はまだ明るく青いが、
a0054240_2056286.jpg
6時近くなってきたので、ぐんぐん寒くなってきた。
その辺りで田を作っている人(私とは初対面 Nさん夫婦とは面識あり)と会って話をしていたら、よたろうさんの同級生だということが分かってびっくりした。
世の中は狭いものだ。
(まあ、今日の場合は一応ご近所と言えないこともないぐらいの距離だけどね。)

a0054240_214968.jpg
「ボクは連れて行ってもらえなかった…。」
# by hideko0611 | 2017-02-27 21:05 | 山口の自然 | Comments(0)

ユンノリの支度

a0054240_19471337.jpg
「馬酔木」

今日は暖かめの一日。
それはいいのだけれど、今度は散歩で駆け回った後汗をかいてしまい、その後が寒くなる。
ちょうどいい気温というのはなかなかないものだ。

一日かけて手話サークルでするゲーム候補の「ユンノリ」(韓国のすごろくのようなもの)のユッ(棒)とマルパン(盤)を作る。
ユッは以前ユキちゃんの弟さんに竹で作ってもらったもの。
十分乾かしておかなかったのでカビが生えてしまったから、よく干して、今日ペンキを塗った。
表と裏があるので、青と白の水性ペンキで塗り分ける。
a0054240_19543486.jpg

ルールは出来るだけシンプルにして、でも面白さは残しておかないといけないので、あれこれ考える。
なんとかルールもまとめて、今度の土曜日にほかの役さんに提案するが、その前に行事係のFさんに見てもらうことにする。

お昼は私はきつねうどん、
a0054240_2013819.jpg
よたろうさんは肉うどん。
下関で買って来た岩海苔をたっぷり入れる。
油揚げを甘辛く炊いたのも、肉と玉ねぎの煮たのも、たくさん作って小分けにして冷凍してあるので、すぐに食べられて便利。

しばらく夜が遅かったので、今日は早めに寝ることにしよう。

a0054240_2035421.jpg
高い所から見下ろすのが好きな快。
# by hideko0611 | 2017-02-26 20:14 | 手話 | Comments(0)

宴が続く

a0054240_21133996.jpg
「(防府天満宮の)しだれ梅(紅)」

久しぶりに朝は大霜。
手袋をつけないと寒いぐらい。
日中は日差しがたっぷりで少し暖かくなったが、空気は冷たいままだった。

午前中はグラスや布巾を漂白したり、洗濯をしたり、サンルームの鉢植えに水をやったり草を抜いたりしていると、あっという間に過ぎていく。
グラスと言えば、昨日防府のイオンタウンで、「フランスのカフェで使われている」というグラスを2客買ってきた。
水や牛乳を入れたらおいしそうな素朴な厚手のグラス。
「割れにくいです。」
とお店の人が言っていたが、それが何よりだ。
朝食のときに牛乳を入れてみた。
a0054240_21224051.jpg

確かにおいしそうだ。
昨夜ビールを入れてみたが、もちろんそれもおいしそう。
ビール用と水・牛乳用のグラスを分けていたが、これからはこのグラスだけにする。
だから今までのグラスを全部きれいに洗って漂白して片づけたのだ。

手話は役員会で1時からなので、あわただしく家を出る。
今日の学習は、聾者にいろいろ話をしてもらってその手話を読み取る練習。
話をしたり教えたりするのが好きな聾者を中心に、次から次へと話題が出て楽しかった。

夜は鳥友達のNさん宅にお呼ばれ。
ご主人の命名では「浅き春の宴」。
奥様に車で送迎していただき、助かった。
料理上手のご主人がまた腕をふるって下さって、中華料理のコースをたっぷり堪能させていただく。
中華風のお刺身、蟹玉スープ、海老のチリソース、酢豚、ギョーザ、マーボー豆腐、杏仁豆腐と至れり尽くせりのご馳走だった。
私はビール、よたろうさんはビールと紹興酒でおいしくいただく。
ギョーザの焼き方が素晴らしいし、海老チリの辛さが絶品。
レシピを教えていただくことにした。
前に差し上げたうちの畑のキャベツを絶賛して下さった。
甘くてみずみずしくて、包丁を入れたら熟した西瓜が割れるような感じでパカッと割れたそうだ。
確かに今年のキャベツはおいしかった(過去形じゃなくてまだあるけど)。
品種の違いか、気候がちょうどよかったのか…。
ギョーザはそのキャベツ入り。
話も大いに弾み、楽しいひとときを過ごす。
今度はうちでジンギスカンの予定。
「往く春の宴」になるかな?
今週は木・金・土と夜、外に出る珍しい過ごし方だった。
しかもそのうちの二日は、おいしい食事とアルコールと楽しい友人達との語らいの宴。
雨や雪、ひどい寒さにならなくてよかった。

そうそう、昨日手話のステップアップ講座に行く前に撮った夕焼けの写真をアップするのを忘れていた。
a0054240_21483579.jpg

ちょっと不気味な赤が入っている。

a0054240_21381014.jpg
「ボクはひとりでよるのおるすばんだったんだよ~。」
# by hideko0611 | 2017-02-25 21:49 | 日記 | Comments(0)

曇り空の梅

a0054240_2335202.jpg
「(防府天満宮の)しだれ梅(白)」

防府のマツバラで、久々にキルト芯の安売りをしているので、朝食をさっさとすませて行って来た。
その前にイオンタウンにシャトルバスで行って、ホームカミングでお菓子&食材の買い出し。
飛騨高山のめしどろぼ漬や、淡路の味付け海苔など、こちらではなかなか手に入らないものをゲット。
よたろうさんには鶏卵われせんべいと、巨峰の干し葡萄をお土産に買う。
次に防府天満宮へ梅を見に行って来た。
途中で昔からあるうどん屋さんで昼食を…と思ったら、なんと11月で閉店していた!
お店の後片付けに来ていた奥さんと挨拶が出来てよかったが、また一つなじみの店がなくなった。
年に1回ぐらいしか行くことはなかったが、昔の人形などがいろいろ飾ってあって、タイムスリップしたような空間だった。
揚げたての天ぷらをいろいろうどんにのせてもらうことも出来た。
奥さんの人柄も好きだったのに…淋しい。
天満宮に着いた時は晴れていたのに、
a0054240_23452555.jpg

参道沿いの店で昼食をとって外に出てみたら、天気が急変していた。
空は灰色になり、雨もぽつりぽつりと落ちてきている。
近くのしだれ梅だけ見てすぐに帰って来た。
a0054240_2349381.jpg


a0054240_23504896.jpg


a0054240_23522460.jpg
せっかくの梅も灰色の空を背景にしていては、もう一つ冴えない。

ハニービーをちょっとのぞいて、駅まで戻ってマツバラに行く。
今日から三日間5000円で5500円の商品券が買えるので、それを買ってキルト芯を購入した。
商品券を買ったらガラポン抽選会に参加出来て、そこで300円を当てたので、5000円で5800円の商品券を買ったことになる。
キャシーマムのむら染めがすごく値上がりしていた。
今アップリケをしているマリーゴールドの黄色の花びら用に少しだけ買ったが、値段を聞いてびっくりした。
2時36分の電車で帰って来て、すぐに散歩に行く。

夜は手話のステップアップ講座。
寒くなってきていて、手袋の中の手がかじかみそうだった。
スピーチは私が一番最後になってしまった。
いくつか単語の間違いを指摘してもらう。
今までよりはスムーズに出来たような気がする。
今回はちゃんと原稿も書いたし、だいぶ練習したので。
Nさん夫婦が手話で夫婦漫才のようにされたのが、とても素敵だった。
大きな病気をされたのに、それを乗り越えての復帰。
本当によかった。
皆さん上達されている。
4年間も学んできたんだものね。
いよいよ来月、あと一回でおしまい。
終わった後の打ち上げはOCEMでしようかと思っている。
帰りもやっぱり寒かった。

a0054240_083578.jpg
防府で見かけた福ちゃん猫。
(首に「福」と書いたものをつけていたので。)
# by hideko0611 | 2017-02-25 00:09 | 山口観光 | Comments(0)

夜のお出かけ

a0054240_22184128.jpg
「フキノトウ」
すっかり開ききったもの。

夜中は雨がひどく降った。
でも、雨音で眠らなくなるほどではなかった。
朝にはだいたい上がっていたので、いつもの時刻に散歩に出る。

今日はピアノのレッスンの日。
家で出来ていたところが、先生の前で急に出来なくなってしまう。
そうなると頭が真っ白になって、ますます出来なくなる。
先生には、そういうものだと言われた。
うまくいかなかった記憶があるなら、それをどう修正したかという記憶もあるが、そうでない場合はどう修正したらいいか分からなくなってしまうのだそうだ。
それでも一応「5無邪気」が上がった。
霧のような雨が降る中を帰って来た。
朝は気味が悪いぐらい暖かかったが、その後寒くなってきた。
熱いお風呂に入って、熱いラーメンを作って食べて温まる。
a0054240_22505425.jpg

畑の菜花とブロッコリーをちょっぴり入れてみた。

午後は手話のスピーチ練習とピアノの練習を地道にこなす。
2時頃また小雨が降ってきたので、早めに夕方の散歩に出た。

夜はめったにないことだが、私だけ知人3人と一福で飲み会。
その中の一人のご主人に車で送迎してもらって楽ちんだったが、帰る頃(10時前)はまたまた霧雨。
獺祭の冷酒や梅酒、生ビールを少しずつ飲みながら、おいしい料理と会話を楽しむ。
4時間があっという間だった。

パン屋さんの店先で、何かとついばんで移動しようとしないハクセキレイ一羽。
a0054240_2242953.jpg

きっとパン屑が落ちていたのだろうね。

帰り道で、いつものように移動しようとしない柴犬一匹。
a0054240_22452079.jpg

# by hideko0611 | 2017-02-23 22:52 | 日記 | Comments(0)

おでんに熱燗

a0054240_19322676.jpg
「房咲き水仙(八重)」
年末から咲いているこの種類も、いまだにあちこちで咲いている。
見た目はもう一つだけれど、香りのいい種類。

今日は昼頃からずっと雨の予報。
夕方の散歩は行けそうにないので、朝はのんびり歩いてやった。
快は歩きたくないんじゃなくて、何かを見ていたいのね。
a0054240_19365829.jpg

帰ってから、風も強くなるということなので、椅子を片づけ、ついでに花の終わった菊を全部切り戻しておく。

午前中は太陽ものぞいていたのでまたDVDを借りに行き、夜よたろうさんと一緒に「ルドルフとイッパイアッテナ」を見た。
ちょうど2月22日、ニャンニャンニャンの猫の日なので、猫が主人公の映画にした…というのは嘘で、ただの偶然。
とても面白く、二人とも楽しめた。
ルドルフの頭と眼がちょっと大きすぎたけど…。

忙しくてお弁当や買ったお惣菜の日が多かった先週。
今日は昭和の食卓にする。
おでんをたいて(底の方なので見えないけれど、採りたての大根がとろけるようにおいしい!)、
a0054240_19423274.jpg

よたろうさんがセグロイワシを梅干しと生姜で炊いてくれて。私が大根葉の炒め物とフキ味噌(フキはもうすっかり花が開いてしまっている。)を作った。
おとといの煮豆もまだ残っている。
a0054240_1944587.jpg

夕方の散歩に行かないから浮いた時間を使って、明後日の手話ステップアップ講座でするスピーチの原稿をまとめる。
しばらく前からだいたいの構想はまとまっていたので、今日は手話の単語を確かめながら、文にしていった。
明日と明後日、実際に練習する。
もっと早くとりかかればいいのだけれど、いつもぎりぎりになってからしかやらないのは悪い癖だ。

雨は2時半頃から降り始め、夕方には雨音が激しくなってきた。
快を早めに玄関に入れて、私達も早めに夕食。
おでんなのでもちろん熱燗。
# by hideko0611 | 2017-02-22 19:50 | B級グルメ | Comments(0)

晴れたらいいね

a0054240_20363845.jpg
「房咲き水仙<グランドモナーク>」

今日は朝から晴れ。
朝晴れていると、それだけで幸せな気持ちになれる。
昨日の雨で旧道に枯れ枝が落ちていた。
a0054240_20423373.jpg

野山の木々は雨や風で自然剪定されている。
梅がだいぶ咲いてきた。
a0054240_2058386.jpg

茶色一色だった風景にだんだん色がついてくるのはうれしい。

午前中に最後のDVD「ピアノ・レッスン」を見る。
これは私に映画の楽しみを教えてくれた映画通の友人Uさんが、一番最初に私に勧めてくれた映画だ。
たぶん選んでもらう前に、結末が悲しいのは嫌だと条件をつけたような気がする。
今見てもやっぱり好きな映画の一つだ。
ストーリーも映像も役者さんも。
何よりも、主役のホリー・ハンターぐらいにピアノが弾けるようになりたいよ~。

午後2時頃、手話サークルのBさんが来て、畑の大根をあげる。
おいしい大根の漬物と物々交換。
レシピを教えてもらったが、どうしても彼女のようにはうまく漬からない。
塩も砂糖もとんがっていなく柔らかく落ち着いている。

明日は雨なので、その後買い物に行って、DVDも返却してきた。
朝は大丈夫だけれど、午後は何時頃からどのくらい降るか心配だ。

a0054240_20552868.jpg
「これはきょうのボクだよ。」
ちょっと二重あごぎみの快。
# by hideko0611 | 2017-02-21 21:01 | 日記 | Comments(0)

半日雨

a0054240_20222259.jpg
「木瓜」

予報では朝の6時台から昼の2時台までが雨だった。
6時台というのが微妙なところ。
なんとか朝の散歩に行けるかなと思ったが…無理だった。
もう5時台から雨の音。
雨雲レーダーは、雲が出たり引っ込んだりで、全く予測がつかない。
でもなんだか昼前後の方が雨脚が強そうだったので、小降りになった10時前に雨具を着て散歩に出る。
幸い快が上に行きたがったので、さっと行ってさっと帰って来た。
(ほとんど濡れず。)
そのまま雨具を脱がずに買い物に行く。
やはり雨はだんだん強くなってきた。

午後は借りているDVDの「草原の実験」を見る。
セリフが一切ない映画。
衝撃のラストシーンで、その時初めてタイトルの意味に気づく。
主人公の美少女がロシアと韓国のハーフで、とても素敵だった。

2時台にやむはずの雨はその後も降り続き、4時前にようやく上がる。
雨がやむのを待っている間に、五目煮豆を煮た(ちょっと薄味)。
日も差して来たので、夕方もちゃんと散歩に行った。
雨に濡れそうだったので、朝も夕方もカメラを持って行かなかったから写真はなし。
「これはおとといのボクだよ。」
a0054240_20435180.jpg


よたろうさんの部屋に置いていたシクラメン、花がだいたい終わったというので私が引き取ったが、暖かい二階の窓際に置いていたら、また花がどんどん咲き始めた。
a0054240_20355378.jpg

葉をかき分けてみたら、蕾もまだまだ上がってきている。
a0054240_20391138.jpg


底面給水鉢のシクラメンは本当に管理が楽だ。
# by hideko0611 | 2017-02-20 20:44 | お天気情報 | Comments(0)

貴田みどりさん 山口へ

a0054240_20174443.jpg
「シンビジウム(えんじ)」

聴障会主催の日曜教室に参加する。
徳山の保健センターまで、同じサークルのAさんの車に乗せてもらった。
今日の講師は、NHKの「みんなの手話」でアシスタントをしておられる貴田みどりさん。
聾者の女優さんでもあり、ダンサーでもある。
お会いするのを楽しみにしていた。
壇上に上がられた貴田さんは、テレビで見るよりもさらに美人さん。
手話もとてもきれいで正確、分かりやすい。
女優としての悩みや、将来の夢などについて語られた。
午後は聴障会の会長とのトークショーで、生い立ちやテレビ、映画の裏話などを聞く。
楽しい一日だった。
サインも写真もNGだったのは残念。
3年前にお会いしただけの柳井の聾者のご夫婦にお会い出来たのもよかった。
ご主人は、会社勤めをしながら大畠で遊漁船業も営んでいる方。
船は苦手だが、ぜひいつか鯛を食べに行ってみたいなぁ。

よたろうさんは今日もふれあいセンターの文化祭の水墨画のブースへ。
ちゃんとお昼はうどんを食べたとのこと。
今週は二人ともちょっと忙しい一週間だった。

寒くても日差しの明るさや角度はすっかり春の感じ。
a0054240_20434756.jpg
午後の日差しを浴びてまどろむ快。
a0054240_20501548.jpg

夕方の空もきれいな青。
その中をトンビが優雅に舞っていた。
a0054240_20332441.jpg

西の空はもう黄昏の気配。
じつはこの時、もう5時半を過ぎていた。
a0054240_20372456.jpg

日の入りの時刻がどんどん遅くなってきている(18時1分)。
逆に日の出はすっかり早くなり(6時55分)、ラジオ体操が終わったらすぐに散歩に出られるぐらいになった。
# by hideko0611 | 2017-02-19 20:46 | 手話 | Comments(0)

万華鏡キラキラ✨

a0054240_219592.jpg
「シンビジウム(緑)」
暖かい日が続いたので、硬かった蕾が一気に開花した。
この子はとっても優等生で、4本も花芽(花茎?)が上がっている。

春からまた冬に逆戻り…ということだったが、午前中はそれほどでもなかった。
今日、明日が福川のふれあいセンターの文化祭(梅まつり)なので、
a0054240_21352172.jpg
絵、パッチワークなどの展示を見て、古本市で本を10冊もらって来た。
a0054240_2114466.jpg

その後、二日間水墨画のブースに詰めっぱなしでお客さんの対応をするよたろうさんに、イズミでお弁当、お茶、のど飴などを買い、もう一度ふれあいセンターに差し入れに行く。
他のグループの水墨画の仲間が見に来られて、一緒にお昼を食べるかもしれないということだったので、お弁当は多めに買っておいた。
歩いて行けるところにお昼を食べられるところがないのが困りものだ。
マリーザも休業中だし…。
明日はおうどんの出店があるので、お弁当の心配はいらない。
よたろうさんの水墨画2枚。
a0054240_2145585.jpg


a0054240_21413330.jpg


午後の手話サークルは万華鏡作り。
Kさんが全部上手に説明してくれて、私はホワイトボードに説明を書いて、アシスタントを務めただけ。
ちょうど1時間で、皆さんうまく作れてよかった。
手順を考えて、準備をしっかりしておくというのは、本当に大事だなぁ。
帰る頃(4時前)は、往きと比べると格段に寒くなっていた。
風も強く吹いたみたいで、駐輪場の自転車がばたばた倒れていた。
今日は雨水。
もう、積もるほどの雪が降ることはないだろうが、明日も寒くなるようだ。

a0054240_21285270.jpg
「おと~さんはもうかえってるかな~。」
散歩から帰って来たら、よたろうさんにおやつをもらえるのが楽しみな快。
# by hideko0611 | 2017-02-18 21:30 | 手話 | Comments(0)

一日だけの春

a0054240_19582633.jpg
「霜降りレタス」

今日は4月並みの暖かさ。
明日はまた冬の寒さに逆戻りだと言う。

夜から降り出した雨は予報では昼過ぎにやむことになっていたが、それよりも早く9時前にはやんでくれた。
でも読書会があるので、朝の散歩はパスさせてもらう。
読書会の課題本は「天下人の茶」(伊東潤著)。
一つの歴史的解釈として、こういうの(利休が、信長も秀吉も明智光秀も弟子の茶人たちも操っていた)もありかなという感じ。
人物の造形もきちんとしているし、全体の構成も巧みである。
次の課題本は阿川佐和子さんの「強父論」。
今までエッセイで読んでよく知っている、阿川さんと父阿川弘之さんの独特の父子関係を描いたもの。
読みやすい語り口なので、午後あっという間に半分以上読んでしまった。
でも今夜も早く寝なくては。
寝だめは出来ないが、睡眠不足を取り戻すことは出来る。
二日分の睡眠不足は、二日かけて取り戻すのだ。

2時前に今日一回だけの散歩に行って来た。
家の中はうすら寒いような気がしたので、いつも通りの服装で行ったら、大汗をかいてしまい、帰ったらすぐお風呂を沸かして入る。

鳥の中で一番撮影しやすいのはヒヨドリ。
これが今日で、
a0054240_2014852.jpg

これが昨日。
a0054240_20181033.jpg

「写してちょうだい。」
と言わんばかりにポーズをとっている。
反対にどうしても撮れないのがアカハラ。
飛んでいるのはよく見るのに、すぐに物陰に隠れてしまう。

a0054240_20203786.jpg
「きょうはしゃしんをとってもらえなかったから、これはきのうのボクだよ。」
# by hideko0611 | 2017-02-17 20:22 | 日記 | Comments(0)

面白すぎて寝不足

a0054240_20583195.jpg
「オオイヌノフグリ」


今週は春と冬が入り混じるということだったが、今日はその中の春の部。
桜が咲きそうな暖かさだ。
景色もかすんでいるので、いっそう春めいている。
a0054240_2111345.jpg

それでもやぱっぱり朝は霜で真っ白。
a0054240_2135730.jpg

暖かくなったので、メジロが真ん丸にふくれずに普通サイズになっていた。
a0054240_21275441.jpg


午前中はパッチワーク。
日当たりのいい部屋の中は暑いぐらいだった。

昨夜「みかづき」を読み終えたのは午前2時。
眠いのを忘れるぐらいの面白さだった。
ゆとり教育とか週五日制とか、個性重視とか、生きる力とか、出て来る言葉がすべて懐かしい。
それらに翻弄されながら、でも子ども達と楽しく過ごした日々が走馬灯のように蘇る。
一家三代(正確には四代)の大河ドラマ的な展開も面白かった。
壷井栄さんの「暦」や「襠裲」を彷彿とさせる。
この本は本屋大賞を獲りそうな気がする。
それにしても二日続けての睡眠不足だ。
今夜は早く寝よう。

夕食は牡蠣のガーリックソテー(ほうれん草、エリンギ)、じゃがいもと鶏肉の甘辛煮。
このじゃがいもは、よたろうさんが畑を耕していたら土の中から転がり出て来た掘り残しものを使った。
a0054240_21172695.jpg


a0054240_21233577.jpg
「あしたはまたあめなんだってね。」
# by hideko0611 | 2017-02-16 21:48 | Comments(0)

ようやく晴れ

a0054240_20135047.jpg
「黄梅」
梅と名がついているが、ジャスミンの仲間らしい。

さすがに昨夜は雪も雨も降らなかった。
それでも、朝の冷え込みは相変わらず。
霜もおりている。
日中雨、雪の心配がないので、久しぶりに洗濯物を外干しし、布団も干す。
布団の上で気持ちよく寝ていたものみが、布団をはがされて不満そうだった。

天気が回復したので、またDVDのレンタルに行って来た。
3枚借りたうちの1枚「ヤング・アダルト・ニューヨーク」を見たが、もう一つのれなかった。
昨夜12時まで本を読んでいて眠かったせいもあるかもしれない。
読んでいたのは「みかづき」(森絵都著)。
戦後間もない時代からの塾の世界を描いた小説で、本屋大賞にもノミネートされている。
教えるということのあり方、学校と塾との対立など、いろいろ考えさせられることも多いが、何より面白くてついつい夜更かししてしまった。

節分の恵方巻のリベンジで、胡瓜と穴子を巻いてみた。
具が少ないので、うまく真ん中になってくれたが、これはほとんど細巻だ。
a0054240_20331678.jpg

鳥友達のNさんからは手作りのシフォンケーキをいただいた。
a0054240_203642.jpg

お寿司とケーキとくれば、それだけでご馳走感がある。
あとは煮物三種。
a0054240_20395995.jpg

セグロイワシの梅干し&生姜煮
聖護院大根と手羽先の煮物
茄子と海老の煮物
あいかわらず燗酒がおいしい。
純米酒なのでぬる燗にして飲んでいる。

a0054240_20434330.jpg
今日も瞑想中の快。
# by hideko0611 | 2017-02-15 20:44 | お天気情報 | Comments(0)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
プロフィールを見る
画像一覧