雨の3月晦日

a0054240_21582564.jpg
「アリアケスミレ」

久しぶりによく降った。
朝はなんとか持ってくれるかな~と期待していたが、5時頃にすでにしっかり雨の音がしている。
雨雲レーダーで見ても、一面雨雲におおわれていて、朝の散歩はとても無理だった。
その後も小やみになることもなく降り続き、夕方の散歩も無理かと心配したが、3時半頃にはほとんどやんだので、いつもと同じ時間帯に散歩に行けてよかった。
a0054240_2234818.jpg
「ボク、すいぶんぬれちゃったよ~。」
おまけに昨日の4月中旬並みの暖かさから一転、また冬に逆戻りしたような寒い一日だった。
おかげでサークルの事務仕事、ピアノの新しい曲「10優しい花」の練習、パッチワークが進んだのでいいことにしよう。
たまった録画番組も少し消化出来たし。
家の中の仕事をしながらなので、肉じゃがも落ち着いて煮ることが出来て、おいしい味に仕上がった。
a0054240_2285387.jpg


陽光桜は雨や寒さにも負けず、すっかり満開。
a0054240_22113659.jpg

ハクモクレンは真っ白に美しかったのが、今や見る影もなくなり、茶色の花びらがわずかに木にくっついているだけ。
a0054240_2217413.jpg
(一昨日撮影)
でもその下には新しい葉がちゃんと控えている。
a0054240_22144973.jpg

明日から4月、新年度が始まる。

<3月読書記録>
「毎日っていいな」    吉本 ばなな
「異国の花」       中島 要
「鴨川食堂おまかせ」   柏井 壽
「まひるまの星」     吉永 南央
                   以上4冊
# by hideko0611 | 2017-03-31 22:18 | 日記 | Comments(0)

春のお茶会

a0054240_20255490.jpg
「野苺」

久しぶりにポカポカ陽気の一日。
でもこれも今日一日だけのことらしい。
また明日は天気が崩れ、寒気もやってくるそうな…。

パッチワークの友人、ミエコさんとタカコさんをお茶にお招きする。
急だったが、ミエコさんによたろうさんの作った篆刻を渡すついでに、天気もいいことだしお誘いしてみた。
大判焼やどら焼きを食べながら、2時間ほどお茶のひとときを楽しむ。
少し霞んではいるが、
a0054240_20353584.jpg
部屋の中から見える海の景色も楽しんでもらえたようだ。

午後は庭仕事を少し。
アガパンサスを抜いて空いたところに、ミニのアガパンサスとタイマツバナを植えつける。
タイマツバナはノコギリソウの陰で不遇をかこっていたのを助け出してやったもの。
その後、ついでに周辺の草抜き。
特にハナニラは徹底的に抜いていく。
消え失せたかと思っていた桜草が芽を出し始めたのがうれしい。
a0054240_20403832.jpg


レコード屋さん(もちろん今はCDだが、どうしてもこう呼びたくなる)のポイントカード700円分が、明日で切れてしまうので、もったいないからCDを買いに行って来た。
迷った挙句、荘村清志さんとイ・ムジチの競演しているものにした。
a0054240_20454634.jpg

クラシックのCDを買うのは久しぶり。
すぐに聴いてみる。
やっぱり、いいなぁ。

a0054240_2049168.jpg
「ん?よんだ?」
# by hideko0611 | 2017-03-30 20:50 | 日記 | Comments(0)

春愁

a0054240_20305725.jpg
「(防府駅前の)コブシ」
ハクモクレンに比べると地味だけれど、すっきりすがすがしい感じ。

夜明け前まで雨が降り、その後も一日中厚い雲におおわれていた。
気温も上がらず、なんだか冬に逆戻りしたみたいだ。
灯油はあと一缶だけ。
足りるかしら?

朝の散歩の後、畑に下りて、サニーレタス、菜の花など、朝食に使う野菜を採ってくる。
まるで小さな花束だ。
a0054240_2050496.jpg


3月もあと3日で終わる。
3月は年度の変わり目ということで、早く終わってほしいような、いつまでもそのままでいたいような不思議な気持ちになる月。
学校というところは、たいていの場合一年ごとに受け持つ子どもも同じ学年の先生も変わる。
職場も、新任からは5年で、その後は8年が最長で次の学校に転任していく。
だから仕事をやめて10年たった今でも、3月は感傷的な気分になる。
今はテレビ番組の改変で、朝ドラが終わるとか、ニュース番組のキャスターが変わるとかそういう変化しかないけど…ね。
まあ、今年は手話のステップアップ講座が終了し、4月からサークルで今までとは違う仕事を担当することになり、例年よりは変化が大きいかな。

買い物、洗濯、掃除、ピアノの練習、散歩で一日が終わる。
寒いもので、なかなか庭仕事に継続して取り組めない。

a0054240_20461255.jpg
物思いにふける快。
# by hideko0611 | 2017-03-29 20:53 | 日記 | Comments(0)

防府をてくてく

a0054240_20522569.jpg
「ノジスミレ」

昨夜は雨音で目が覚めるぐらい降っていた。
今日は一日降ることはなかったが、やっぱりまだ寒い。
だから桜の開花もなかなか一足飛びには進まない。
a0054240_21271436.jpg

それでも、早咲きのヤマザクラとか、
a0054240_2057492.jpg

陽光桜は
a0054240_210284.jpg
だいぶ開いてきた。
今日も景色はかすんでいた。
特に朝は、灰色の紗をかけたよう。
a0054240_21225874.jpg


a0054240_21242213.jpg


昨夜の雨で土が濡れているし、寒いので庭仕事はやめて防府へ布探しに行く。
この前作ったハイビスカスのバッグに使ったバティック、
a0054240_213896.jpg
なかなか(生地が)好評で、
「どこで買ったの?」
と訊ねられたが、思い出せない。
ネットで検索しても、似たようなものはあるが、同じものは見つからない。
家計簿にはどこの店で買ったか書いてあるし、その日のブログにはだいたい買ったものの写真を載せているので探してみたが、見つけられなかった。
光のJOYと防府のマツバラには電話をかけてみたが、そういう生地はないとのこと。
後は防府のハニービーしかないので、今日行って確かめようと思っていた。
残念なことに、ハニービーでは、
「確かにその生地は置いていたけれど、もうないし、どこのメーカーかは分からない。
でもUSコットンだとは思う。」
と回答を得た。
せっかく防府まで行ったのだから、この前からシャトレーゼのどら焼きにはまっているので、防府店にグーグルマップで探しながら行ってみた。
だいたいの場所は分かっているのだが、桑山の辺りは道がないので、結局ぐる~っと大回りして、桑山中学校まで行ってそこからまた戻ってきた。
a0054240_21124224.jpg

それでもなんとかたどりつけたのだから、スマホって本当に便利。
防府の街並みは、ところどころに田んぼや畑が残っていて、昭和に建てられた家が多く、生まれ育った西宮の震災前の姿によく似ている。
だからてくてく歩いていても苦にならなかった。
時間があれば桑山公園にも行ってみたかったが、そのまま帰る。

昼食後の甘い物は、春らしく桜餅と鶯餅。
a0054240_21292920.jpg

これは「めいじや」のもの。
生菓子なので、どら焼きより先に食べなきゃ…ね。

夕食はいつもと雰囲気を変えて、キーマカレーをナンで食べる。
畑で青々と茂っている香菜をトッピングしてみたが、なかなかいける。
a0054240_2132138.jpg


a0054240_21184898.jpg
「あめがあがってよかったね~。」
# by hideko0611 | 2017-03-28 21:33 | 山口観光 | Comments(0)

降ったりやんだり

a0054240_20504527.jpg
「ユスラウメ」

一日中雨が降ったりやんだり…。
それも昨日のポイント予報ではずっと☁マークだったのに、今見ると(予報ではなくすでに結果になっているが)ずっと☂マークに変わっている。
帯状ではなく点状の雨雲が次々やって来た。
朝はちょっと遅れただけでいつも通りの時刻に散歩に行けたが、夕方はいつ行けばいいか悩んでしまった。
雨雲レーダーによると、30分おきぐらいに雨雲がかかってきて、実際、降るのだもの。
もう無理かと思いつつ、これが最後と思って5時前に家を出た。
5時半頃、最後の雨雲がかかっていたが、空が明るかったので、(もう降らない、もし降ってもたいしたことはない)という自分の勘を信じて…。
結果は…
大丈夫だった。
でも、今(夜の9時)もまた降っている。

午前中は手話サークルのゲームの準備に、10時前にFさん宅へ。
家の中で作業をしている最中に、外では雨が降っていた。
ユンノリ(韓国のすごろく)の盤と駒と説明の紙を作るのに2時間半ほどかかった。
午後は家の25年診断の結果を説明しに業者さんが来て、いろいろ話を聞く。
その後は久しぶりにゆっくりパッチワークをした。
ワイドショーで稀勢の里ネタを楽しく見ながらの作業。

だから今日は写真も撮らず。
a0054240_2143823.jpg
「ひざしをあびてるのは、きのうのボクだよ。」
# by hideko0611 | 2017-03-27 21:06 | お天気情報 | Comments(0)

奇跡の逆転

a0054240_19441482.jpg
「ムラサキケマン

絶対に無理だと思っていた稀勢の里の逆転優勝で、2時間たった今でもなんだかぼーっとしている。
特に贔屓の力士というわけではないのだが、横綱昇進が本当の実力だったということをはっきり示すためにも、優勝してほしかった。
本割でめったに立ち合いの変化をしない稀勢の里が変わった。
絶対に負けられないという強い思いが表れていたが、同時に負傷の深刻さもうかがわれた。
もうこれで十分…と思っていたが、優勝決定戦でも見事に小手投げを決めて優勝。
今場所見違えるように本来の力を取り戻してきた照ノ富士だが、まだ万全の状態ではなかったとということもあるだろうが、劇的な幕切れだった。
a0054240_20121943.jpg

もちろん私は立ち上がって叫びましたとも!
家の食卓でね。
表彰式では、初優勝の時以上に涙があふれていた。
a0054240_20104219.jpg

この二日間どれほど苦しかったのだろうと想像して、私も目頭が熱くなった。

夕方から少し天気が崩れそうな感じだし、千秋楽はタイムスケジュールがふだんより少し早いので、3時半過ぎに夕方の散歩に出かけた。
北の方の空に黒い雲がかかっているのが気になる。
a0054240_2004064.jpg

上に行ったので、時間は早めに帰って来たが、途中から雨が降り出した。
それでもあまりひどく濡れることはなかった。
もし散歩が続いていたらずぶ濡れになったであろうぐらいの降りがその後しばらく続いたので、ぎりぎりセーフだったことになる。
碁に行っていたよたろうさんも私と同じぐらいに帰って来たので、二人とも本当に運がよかった。
というわけで、千秋楽の今日はなんと4時半から桟敷席宴会に突入していた。
稀勢の里の優勝のおかげで、お酒がさらにおいしくなった…というわけ。

朝は洗濯物を外干し出来るぐらい晴れていた。
a0054240_20231387.jpg

「ボクもあさひをいっぱいにあびてるよ~。」
花壇の雑草抜き、時にハナニラ一掃大作戦をする。

たくさん出てきた土筆を、あちこちからかき集めてきた。
a0054240_20183680.jpg

いつもは卵とじにするのだけれど、今回は佃煮にすることにした。
穂も食べられるような若いものだけを100本ほど摘んだ。
うちの畑とガードレール下の斜面にけっこう生えている。
面倒なのははかまを取ること。
a0054240_206836.jpg

こういうちまちま仕事は苦にならない方だけれど、右手の親指と人差し指の先がアクで黒く染まってしまった。
2分ほどゆでて水にさらしてアクを抜いた後、ごま油で炒め、みりん、しょうゆ、酒で味付けして出来上がり。
a0054240_20333714.jpg

それほどおいしいというものでもないが、春の訪れを感じさせてくれる食材だ。
# by hideko0611 | 2017-03-26 20:25 | スポーツ観戦 | Comments(0)

春は少しずつ

「スノーフレーク」
a0054240_20242015.jpg

この花もきれいだけれど、どんどん増殖して辺り一面をおおってしまうのと、花と比べて葉の占める面積が広すぎるのとで、定期的に減らされる運命にある。

さすがに、夜中の1時半に寝ると、朝6時半に起きるのが精いっぱい。
今朝はペン習字の練習も家計簿&日記も、ラジオ体操前には出来なかった。
朝も
a0054240_205801.jpg
夕方も、
a0054240_2115590.jpg
太陽が薄雲の後ろに隠れている。
東京では桜が開花したというのに、なんだかとっても寒い一日。
でも、陽光桜が数輪開花していた。
a0054240_20305564.jpg

そのほかにも少しずつだが、日に日に見かける花の数や種類がふえてきている。
土筆もだいぶふえてきた。
a0054240_216585.jpg

この辺りは犬の散歩コースなので避けて…ほかに行って摘んで来よう。

午前中は寒いので庭仕事はせずに、ピアノの練習を少しする。
午後は手話サークル。
来週の総会の資料を綴じるために、役員会はないが1時に行った。
今日が今年最後のサークル。
来週からは4月で新年度なので、役員(事務局)としての仕事が始まる。
そろそろ挨拶状を作ったり、名簿を印刷したりしなければならない。
前の担当者から、ひな形を全部USBメモリーでいただいているので、新規作成するものはほとんどないのはとても助かる。

昨日からイズミで駅弁大会が始まっている。
前回も行かなかったので、今回は行こうと思って、サークルに行く前に寄って、定番のますのすしと大阪の淡路屋さんの4種類入った駅弁を買って来て、夕食に二人で分けて食べる。
a0054240_20443818.jpg

汁物代わりに白菜と豚肉などの鍋も作った。
a0054240_20484662.jpg

昨日も豚汁を作ったが、寒いのでそういうものがとってもおいしい。
a0054240_2184223.jpg
「さんぽがおわったから、つぎはなにをしょうかな~。」
# by hideko0611 | 2017-03-25 21:10 | 四季の移ろい | Comments(0)

無事に卒業

a0054240_0473172.jpg
「ヒヤシンス」

もうすぐ午前1時。
なぜこんなに遅くなったかというと、最後の手話ステップアップ講座の後、ブルガリア料理のオーセムで打ち上げをして12時前に帰って来たから。
真夜中にバイクで徳山から帰って来るのは初めてだ。
3月にしては寒い日だったが、さすがに真冬のような底冷えではなくてよかった。
オーセムの料理はどれもおいしかった。
最後にホールケーキがつく。
こちらがお願いしたメッセージがお皿に書かれている。
a0054240_113555.jpg

見た目もきれいだし、スポンジがとってもおいしかった。
手話奉仕員養成講座に1年間(週1回、46講座)、ステップアップ講座に3年間(月1回、36講座)通った夜学生生活もこれでおしまい。
講座がスタートした時は15名ぐらいいたけれど、最後まで残ったメンバーは8名(うち1名は仕事で福山に出向中)。
同じ目的(しかも手話というコミュニケーションツール)で学んでいるだけあって、皆、気が合い、楽しくやって来れた。
これからも2ヶ月に一度ぐらい集まろうという話になっている。
今回は私がお店との連絡をしたが、次回からは幹事は回り持ちで。

というわけで夜が遅いので、これにておやすみなさい。
a0054240_134873.jpg
「ボクはひるまからおやすみなさい。」
# by hideko0611 | 2017-03-25 01:04 | 手話 | Comments(0)

勝手にマナーモード

a0054240_20131342.jpg
「ハナニラ」
白は白でそれなりにきれいんだけどね。

ピアノのレッスンは遅々たる歩みながら、なんとか進んでいる。
今日は「6 進歩」が上がった。
この前、突然「7 清らかな流れ」が、ころころ転ばなくなってきた。
転ばないというのは、ちゃんとリズム通り指が動くという意味。
「8 優美」の左手も。
猛練習をしたわけでもなく、ある日突然一つ階段を上がった感じで、とてもうれしい。
と言っても、ほかに指遣いの間違いなどがあるのは相変わらずだが…。

午後3時頃に、家の25年診断に業者の人が来られるので、快がいると邪魔になるから、少し前に散歩に連れて行く。
外壁や床下を全部点検するようだ。
「終わったら電話ちょうだいね。」
と、よたろうさんに言って、のんびり散歩していたが、いつまでたっても電話がかかって来ない。
そろそろ待ちくたびれた頃に、(もう家のすぐそばまで来ていた)家の方から
「お~い!」
と大声で叫びながら、よたろうさんが自転車で下りて来た。
私のスマホがマナーモードになっていたみたい。
どうしてマナーモードになっていたのかが謎だ。
2、3日前から充電するときの、ジャン!という音がしないなぁと思っていたが、その頃からだろうが、マナーモードに設定した覚えは全然ないのだ。
「勝手にマナーモード」仕様になっているのだろうか?
この話には続きがあって、じつはよたろうさんが下りて来る少し前に、山の方から、
「お~い!」
というやまびこのような声が聞こえた気がしたのだ。
空耳だとは思いながら、なんだかよたろうさんの声に似ているなぁと思っていたら、やっぱりよたろうさんが家から叫んでいたのだって。
(私がもう近くまで帰って来ているかと思って呼んだらしい。)

a0054240_2034161.jpg

「いつになったら、おうちにかえれるの~?」

陽光桜のつぼみがすっかりふくらんでいる。
a0054240_2042212.jpg

2、3日したら咲くのではないだろうか。
# by hideko0611 | 2017-03-23 20:36 | 日常の謎 | Comments(2)

さださんと共に

a0054240_19401055.jpg
「ハナニラ」
このように青っぽい花は残して、白いのは(猛繁殖するので)どんどん抜いていくのだ。

a0054240_2033377.jpg
フライパンを新しくしたので、オムレツがきれいに焼けて気持ちがいい。
やっぱり道具は大事だ。

早朝のペン習字の練習を始めて二月半、書き込み式の本を2冊終えて、次はどんな練習をしようかと思案中。
学校で教えていた頃、子ども達によくやらせていた視写(写し書き)をすることにした。
では、何を写すか?
般若心経の本がたくさん出ているが、それもちょっと…。
自分の持っている本の中から探してみて、さだまさしさんのエッセイ(コラム)「日本が聞こえる」にしてみた。
a0054240_19495855.jpg

一つのエッセイがだいたい400字詰め原稿用紙2枚分ぐらい。
さださんらしく、日本語がきれいに使われていて、一文が短いし、漢字と平仮名のバランスもいい。
その日によって、時間がある時とない時があるが、どこで終わってもいいことにしている。
平仮名はだいぶ気をつけるところが分かってきた。
漢字の基本的なところを今度はちゃんと学ぼうと思って、一冊新しい本を買ってきた。
とにかく今は書くことが楽しい、それでいいと思っている。

午前中、いろいろな用事、それもよたろうさんがらみの用事で、あちこち走り回った。
いよや、整形外科、イズミ、丸久、アルク…。
風が冷たかった。
ちょっと疲れて午後は読書をしながら昼寝をしてのんびりする。
2時半にはむっくり起き上がり、花が咲いてしまう前に引き上げた大根を煮ものにしたり、漬物(生漬)にしたりした。
夕方の散歩もやっぱり風が冷たい。

a0054240_19594234.jpg
耕した畑の土の上でエサを探すハクセキレイ。
a0054240_2011345.jpg
朝の散歩の後、のんびりと景色を眺める快。
# by hideko0611 | 2017-03-22 20:04 | 日記 | Comments(0)

春の雨

a0054240_20472612.jpg
「菜の花(「食用)」

昨夜の雨は午前中に上がるとは思っていたが、いつ上がるかが微妙なところだった。
8時頃にはほぼ上がっていたものの、雨雲レーダーによるとその後も次々やってきそうな気配。
でも、空が明るくなってきたので、10時頃に1回目の散歩に出る。
青空がのぞいているのに、時折小雨がぱらつく変な天気だった。
a0054240_20245765.jpg

帰って来たのが11時で、夕方の4時にはまた2回目の散歩に出たので、なんだか一日中散歩していたような気がする。
白っぽかったが、土筆を1本発見した。
春の雨の後は、土の匂い、草の匂いが空気の中にあふれている感じ。
散歩の途中まではよく晴れていたのに、
a0054240_20574132.jpg
帰って来た頃から空が白っぽい灰色になってきたと思ったら
a0054240_20534666.jpg
、夜にはまた少し雨が降ってきた。

庭仕事には向かない天気なので、午後、来年のサークルの仕事に備えて、ノートの準備をする。
a0054240_2036255.jpg

1年分のカレンダーを書き写した。
こんなちまちました仕事はけっこう好き。
ここが埋まって忙しくなってくるのは、あんまり好きじゃない。
その後、やりかけで止まっていたタペストリーのアップリケ、ようやく花一つを刺し終える。
a0054240_20375216.jpg

あと7つ(うち4つは花びらの数が半分だけ)刺さないといけない。
中央の花芯部分も。

夕食は今年最後の蕪と鶏ひき肉の煮物と、これからが旬の菜の花の辛子和え。
冬と春のバトンタッチ献立だ。
a0054240_2041473.jpg


a0054240_2050933.jpg
満開のハクモクレンの下の快。
# by hideko0611 | 2017-03-21 21:02 | お天気情報 | Comments(0)

ふつうの日が続く

a0054240_21223915.jpg
「椿(白)」
なぜだか、開いた時から花びらが黄ばんでいるのが残念。

今日も特に予定はなく、のんびり出来る日。
お彼岸なので、朝の散歩の後に二人でお墓参りに行って来た。

花壇のミョウガのテリトリーの草を抜いてきれいにする。
肥料と枯れ葉どっさりを入れてやらないといけないとよたろうさんに言われた。
都忘れやカンパニュラ、スターチスなど、これから咲く花たちにハイポネックスを施したり、アブチロンやアジサイの枯れている部分を切ったり、細かい庭仕事を少しした。
暖かくなってきたので、様子を見ながら少しずつ、家の中の鉢を温室へ、温室の中の鉢を外へ出している。

午後4時前には雨が降り出すという雨雲レーダーのお告げだったので、2時過ぎには散歩に出る。
相変わらず、何者かの探索に余念がない快。
a0054240_2130434.jpg

雨は4時頃から降り出したが、最初は小雨。
夜になって雨音が大きくなってきた。
この雨が上がったら、ワラビや土筆が一斉に顔を出すかも…。
# by hideko0611 | 2017-03-20 21:32 | 日記 | Comments(0)

ふつうの日

a0054240_2011940.jpg
「ミツマタ」

日中は暖かくて、ストーブをつけることもなく過ごせた。
出かける予定もないので、午前中は庭仕事。
午後は読書とピアノの練習。
買い物にも行かず、家にあるもので夕食を整える。
切り干し大根がおいしく出来た。
a0054240_20135315.jpg


庭仕事は
〇裏の落葉の片づけ
〇夏菊、カモミールなどの植えつけ
〇草抜き
そろそろ水やりもちゃんとやらないといけない季節になってきた。
草を抜いていると、百合の芽が出始めていたり、都忘れの花が咲き始めていたりするのに気がつく。
白や黄色の蝶がひらひらと舞い、いかにも春という感じ。
明日は春分の日なんだものね。
春は景色がかすむ日が多いが、今日もそんな感じだった。
a0054240_2010686.jpg

午前中2時間かけて、今が満開のハクモクレンの写生をしていたよたろうさんは、顔が真っ赤に日焼けしてしまった…。
a0054240_20203596.jpg


a0054240_2016327.jpg
「きょうのさんぽはいつもとちがうみちだよ。」
# by hideko0611 | 2017-03-19 20:21 | 日記 | Comments(0)

震災の記憶

a0054240_19451494.jpg
「(Kさん宅の)椿(覆輪)」
Kさん宅シリーズはこれにておしまい。
お世話になりました。

今日の手話サークルは10時から。
赤十字の方に、防災(減災)についてのお話を聞いて、ハイゼックスというポリ袋を使った非常食調理の実習をした。
準備が9時からだったので、朝が少しあわただしかった。
ここ数日、溝を通る何者かの匂いに激しく反応している快が、飛ぶように散歩をしてくれたので時間は大丈夫だったが…。
a0054240_20125460.jpg


毛布を使ってガウンのようにする着方を習った。
最初は毛布を横にしていたが、縦にして羽織るのだと教えてもらった。
ストッキングをひも代わりにして、着物を着付ける要領で巻きつけていく。
とても暖かい。
a0054240_1952650.jpg


ポリ袋調理は空気を抜いて出来るだけ真空にするのがポイント。
お米は洗わずに炊く。
吸水をしないし、米と水が同量ということで硬いのではないかと心配していたが、思っていたほどではなかった。
水の量を普通に2割増にした人は柔らかすぎる感じだった。
ただ、時間がたつと硬くて食べにくいだろう。
鯖缶と野菜の煮物、野菜のスープはとてもおいしかった。
ただポリ袋のままでは、汁物はとても食べにくい。
阪神淡路大震災のとき、温かいもの、汁気たっぷりのものが何日も食べられなかった辛さを思い出した。

セイヨウミザクラは昨日ぐらいからすっかり満開。
a0054240_2001753.jpg

今年もたくさん実をつけてくれそうだが、また熟すと同時に、ヒヨドリの大群に一日で持っていかれそうだ。
まだあまり暖かくならないので、モクレンも一気に開くことなく長持ちしている。
ただ、空が青くないので、あまりきれいに見えないのが残念。
a0054240_207025.jpg

桜はまだまだ。
でも、一足早く咲く陽光桜の蕾が少し色づいていた。
a0054240_2024726.jpg

# by hideko0611 | 2017-03-18 20:10 | 手話 | Comments(0)

今日は島地へ

a0054240_2030791.jpg
「オキザリス<セルヌア>」

今朝も霜がおりていた。
午前中は読書会(阿川佐和子さんの「強父論」)。
午後から学び・交流プラザで会議のあるよたろうさんと待ち合わせて「由紀」さんでランチ。
その後私は島地の出雲大社分院にお供えと榊料を届けに行く。
20日(月)のみたままつりによたろうさんが行く予定だったが、天気予報ではどうやら雨のようなので、先に届けに行った。
原付バイクの杏ちゃん、二回目の遠出。
今日は全部で40Kmほど走った。
佐波川ではカモ(種類は分からない)が水を切って泳いでいる。
a0054240_2041892.jpg

9月のお彼岸に行った時に崩れていた崖は、いまだ修復の真っ最中だった。
a0054240_20451090.jpg

帰る頃から雲が多くなり、寒くなってきた。
帰って熱い紅茶を飲んで温まる。

大相撲は白鵬、豪栄道の休場は残念だが、稀勢の里が連勝を続け、若手が頑張り、面白い展開になっている。
昨日、幕内最年長で、連日上位との対戦が続いている豪風がとても素敵な発言をしていた。
「とても贅沢な時間を過ごさせてもらっている。」
なんだかうるっときてしまった。
今日は十両の北播磨VS里山 幕内の宇良VS石浦の小兵対決が面白かった。
頭を低くしての攻防は見ごたえがあった。

畑で採れた人参は葉っぱを捨てるのがもったいない。
a0054240_2057644.jpg

どうやって食べようか、クックパッドで検索して、人参本体と葉っぱをレンジで加熱して、ツナとマヨネーズ和えにした。
島地で買って来た水菜は油揚げと炊いてみた。
どちらも、もしょもしょするかと思ったが、そんなことはなかった。
えぼ鯛の干物を焼いて、島地温泉の温泉卵を添える。
明日は人参葉を炒めてみよう。

a0054240_2059265.jpg
「きょうもおか~さんはいちにちるすだったね。」
# by hideko0611 | 2017-03-17 21:01 | 山口観光 | Comments(0)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
プロフィールを見る
画像一覧