<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

冬支度

a0054240_21564332.jpg
「野菊」

9月の最終日は、昨日と同じように、日なたと日陰の温度差、そして朝夕と日中の温度差が大きな一日だった。
火、水の雨の後、また季節が一歩進むということなので、早々とストーブ、ファンヒーターを物置から出して来た。
ついでに灯油も注文し、いつ寒くなってもいいように準備だけしておく。
と言っても日中は半袖でも過ごせるぐらいなんだけど。

花が終わった千日紅(白とえんじ)、ストロベリーフィールズを抜いて(どれも一株だけ、来年蒔く種の分を切って干しておく)、プランターの土を空ける。
女郎花の切り戻しもした。

午後は手話サークル。
行事の打ち合わせで三役は嶽山荘まで行って来た。
1時間ほどかかったので、今日はほとんど活動は出来ず。
でも行事の日程や内容がほぼ決まったのでよかった。

夕焼けが見えないかと海の方を見ていたら、うっすらと由布岳が見えた。
a0054240_225515.jpg

夏の間はほとんど見えなかったと思うので、久しぶり。

<9月読書記録>
「ソロモンの偽証」(上・中・下)       宮部 みゆき
「70からはやけっぱち」          野際 陽子
「鑑識・米沢の事件簿2 知りすぎていた女」  ハセベバクシンオー
「昭和あの日・あの味」
「ポケット版 大阪名物なにわみやげ」     井上 理津子・団田 芳子
「ペテロの葬列」               宮部  みゆき
「コンビニ人間」               村田沙耶香
「菜の花食堂のささやかな事件簿 きゅうりには絶好の日」  碧野 圭
「希望荘」                  宮部 みゆき
「誰か」                   宮部 みゆき
「生と死と」                 吉田 とし
「負の方程式」(短編)            宮部 みゆき
「名もなき毒」                宮部 みゆき
「ひかりの魔女」               山本 甲士
「しっかり母さんとぐうたら息子の人生論」   対談 沢村 貞子・植木 等
「桜ほうさら」                宮部 みゆき
「給水塔の町」                泉 麻人
                                  以上19冊

by hideko0611 | 2017-09-30 22:17 | 四季の移ろい | Comments(0)

今日の空は

a0054240_21463827.jpg
「オキザリス<パルマ>」

秋は空を見るのが楽しい。
日によって、時間によって、雲の形がさまざまに変化する。
a0054240_21493841.jpg

雲ひとつない青空も秋はひときわ高く(深く)感じられる。
a0054240_2211849.jpg

木の葉の隙間から見上げる空もまたいい。
a0054240_2234658.jpg

そんな青空を背景に、木のてっぺんでポーズをとっているのは、しばらく見なかったヒヨドリさんだった。
a0054240_2245592.jpg

今日は日なたはものすごく暑く(皮膚が熱く感じる)、日陰はものすごく涼しいという、くっきりとした天気だった。
たぶん空気は冷たくて、日差しが強かったということだろう。
家の中でも、日当たりのいい部屋と廊下では、全然温度が違う。
朝の散歩の後、くつろいでいる快。
a0054240_21555965.jpg

何を血迷ったか、暑い日差しの下で昼寝をしている快。
a0054240_2159012.jpg

(この後すぐ、我に返って木陰に戻って行った。)

今夜はギョーザと、カニ缶入り中華風炊き込みご飯、ワカメスープ。
a0054240_2212761.jpg

畑のニラが今食べ頃。
うちの家ではニラが食べ頃になったらギョーザを作ることに決まっている。
タネを作るところまでが私で、包んで焼くのがよたろうさんの仕事。
よたろうさんは水を多めに入れて、蒸し焼きに近い形で焼いてくれる。
皮が足りなくて残ったタネはハンバーグ風にそのまま焼いてしまう。
カニ缶は昨日開けて半分以上残っていたのをカニ玉にしようかと思っていたが、スーパーでもらったレシピにこれがあったので作ってみた。
しょうが、ごま油を入れて炊くのが中華風。
仕上げにパクチーをトッピング。
しまった、白ごまをふりかけるのを忘れていた。

by hideko0611 | 2017-09-29 22:13 | 山口の自然 | Comments(0)

雨が上がって

a0054240_21342465.jpg
「ムクゲ(八重)」

朝には雨はすっかり上がっていた。
嶽山の頂上付近から立ち上った霧(水蒸気)があっという間に雲になり、ものすごいスピードで形を変えながら動いていく。
a0054240_21375364.jpg

朝のニュースで、今日は千葉の方に大雨が降るという警戒情報が出ていて、親戚の家のある富津市や君津市の名前も挙がっていたので心配になって夜電話をしたが、小さながけ崩れがあっただけで、家の近くに被害はなかったようだ。
こちらも昨日の雨は時間も長く、降り方も強かったので、この前の台風の時よりも植物が倒伏しているのが目立った。

午前中はピアノのレッスン。
一ヶ月間が空いたので、後半あまり練習をしていなかった。
仕上がったと思っていた「13 スティリアの女」の指遣いが途中で突然分からなくなってしまったが、なんとか上げていただいた。
「銀の龍の背にのって」はやっぱり難しい。
途中で挫折してしまいそう。
終わってから、学び・交流プラザへ行って、machicoさんに干支のタペストリーと見本を渡す。
あとの円の大きさやお正月らしい小物はお任せする。
それから文化会館の泰盛堂に行って、よたろうさんに頼まれた紙を買う。
高い紙だけれど、いくら墨を重ねても絶対破れないんだって。
せっかく徳山まで行ったので、2、3の店に寄ってみたが、あまりめぼしいものはなかった。
フロスで波佐見焼の手頃な価格の食器を少し買う。
ブルーの大柄な模様とゆったりとした形が気に入った。
そろそろ食器棚を整理しなくては…。

あちこちでモズの高鳴きが聞こえる。
a0054240_21564280.jpg

遠~い電線の上にとまっているものを撮影してズームしたので、こんなにボケボケだけど、これはモズのはず。
a0054240_2155639.jpg

ツバメはすっかりいなくなってしまった。

by hideko0611 | 2017-09-28 22:12 | 日記 | Comments(2)

来年は戌年

a0054240_21283444.jpg
「ギンモクセイ」

朝雨が降りそうな時は、4時頃からスマホの雨雲レーダーで降り出す時刻を確認する。
今日もそうしたら、なんとか7時半頃までは大丈夫らしい。
というわけで、6時から散歩に行く。
結局降り出したのはもっと遅かったから、いつも通りに行っても大丈夫だった。
早く帰って来たので、よたろうさんを手伝って、下の畑の草抜きと、モロッコ豆の支柱の立て直しをする。

雨の日は、家の中で出来る仕事をする日。
今日はmachicoさんに依頼されていた、来年の干支(犬)のデザインを考えた。
柴犬が座っているところ、寝ているところ、走っているところ…どれも可愛いが、一年中飾って飽きのこないタペストリーにするとなると、デザインが限られてくる。
犬小屋の中で伏せってこちらを見ているところというリクエストだったので、一旦書いてみたが、ちょうど届いた来年の影山直美さんのカレンダーにヒントをもらって、少し体を起こしてみた。
こんな感じ。
a0054240_2140274.jpg

所で柴犬というのは薄茶色一色ではない。
個体差はあるが、顔にも体にも(足の先にも)白いところがある。
二色にすると、パーツが増えてアップリケがやりにくいのと、うまく混色の感じが出るかが分からないのとで、大急ぎでざっと作ってみた。
アップリケの縫い目がとても雑だけれど、とにかく犬の体まで仕上げる。
目を刺しゅうすると、とたんに生き生きした表情になるのが楽しい。
a0054240_2144959.jpg

明日がピアノのレッスンなので、だいたい仕上がったところでしばらくお休みしていた稽古を1時間する。
手話サークルの行事の電話打ち合わせの仕事も入り、けっこう忙しい一日だった。
午後から雨が強くなり、夕方の散歩はなしで、早めに快を玄関に入れる。
明日の朝は雨が上がっているはず。

by hideko0611 | 2017-09-27 21:48 | パッチワーク | Comments(0)

さあ、種蒔き

a0054240_20432126.jpg
「コスモス」
うちのは背ばっかり高くなって、全然花が咲かない~。

今朝の薔薇色雲。
a0054240_2045655.jpg

明日は曇→雨の予報なので、この色は見られないだろう。
青い空を見ていると、それだけで幸せな気持ちになれる。
a0054240_211539.jpg


a0054240_2135818.jpg


雨の前の晴れというのは、庭仕事に最適なのだ。
今日は頑張って、午前、午後約2時間ずつ、外に出る。
菊を定植するために掘り上げてあった水仙を花壇のあちこちの空いてるところに植えていく。
日本水仙、黄花水仙、大杯水仙があるはずなんだけれど、球根がごちゃ混ぜになっていてよく分からない。
来春咲いたら印をつけて、整理しよう。
フリージアの球根も三色(黄・ピンク・赤)、プランターを分けて植えつけた。
種蒔きもどっさりした。
ゴテチャ、ルピナス、マトリカリア、カスミソウ、サポナリア。
うちで採った種と、コースケさんちからいただいた種。
さあ、それぞれうまく発芽してくれるだろうか?
楽しみだ。
球根と種が片付いたので、ついでに温室も少し片付ける。
もう少ししたら、耐寒性のないものをしまいこまないといけない。

相変わらず採れ続けるオクラ、今日はまた天麩羅にした。
カボチャとオクラを食べたいというだけのことで、天麩羅にするのだ。
あとは玉ねぎ、レンコン、ゴーヤ。
レンコン以外は全部うちで採れた野菜の精進揚げ。
a0054240_20564495.jpg

大葉も採っていたのに、揚げるのを忘れていた。

a0054240_2059718.jpg
「よんだ?」

by hideko0611 | 2017-09-26 21:04 | 趣味の園芸 | Comments(0)

二人でネットかけ

a0054240_20105553.jpg
「時計草」

夜明けの空の一瞬の薔薇色を今日も見られた。
a0054240_20183329.jpg

久しぶりに旧道にも日が差して明るい。
a0054240_20203598.jpg


昨日買ってきたキャベツと白菜、春菊の苗をよたろうさんが植えてくれたので、午前中、防虫ネットを二人でかける。
さっそく蝶が下見に来ていたので、危ないところだった。
私はそのほかに朝顔の鉢を空けてきれいにし、カンパニュラの苗をプランターに植える。
午後も庭仕事の続きをしようと思ったが、日差しが強くて暑かったので、すぐに断念して、「桜ほうさら」を楽しく読む。
さすがに冷房は必要なくなったが、まだまだ暑い。
「残暑」という言葉は正確には立秋から秋の彼岸の中日までの暑さを言うらしいが、まだまだ残暑が厳しい。

数日前刈った草を始末していた時に、服の隙間から入り込んだ蟻に刺された跡が、けっこういつまでもかゆくて腫れがひどい。
蟻さん、じゃなかった蟻酸おそるべし。

夕方、久しぶりに碁の帰りのよたろうさんと待ち合わせて一緒に帰る。
a0054240_20231444.jpg

少し涼しくなってきたので、快が早くから散歩に行けるようになった。
それはいいのだけれど、日がどんどん短くなってきた。
なんだかちょっぴり寂しい気持ちになる。

by hideko0611 | 2017-09-25 20:24 | 趣味の園芸 | Comments(0)

キャベツと白菜を尋ねて

a0054240_211353.jpg
「(長府の)萩」

昨日書き忘れていたことがあった。
不思議な偶然のお話。
往きの電車の中で、新山口から乗って来た人が私達の前の座席に座った。
ふと顔を見たら、なんと源氏物語の講師の先生だった。
先生は気がついておられなかったので、私の方から立って行ってご挨拶をする。
(よたろうさんも。)
下関まで行かれるとのことだった。
先生のネクタイがよたろうさんの好きな象の柄だったので、一言二言お話しして、私達が長府で下りる時にもう一度ご挨拶してお別れした。
それだけなら、なんということもないのだが…。
帰りの電車でもまたお会いしたのだ。
新山口に電車が着いた時に、窓の外からトントンとノックする人がいる。
またまた先生だった。
たぶん電車から降りて歩いている時に、窓から見つけられたのだろう。
こんなこともあるんだね。

今日はようやく太陽が拝めたが、それも午後からだけで、洗濯物はあまり乾かなかった。
私は秋植え・秋蒔きの野菜の苗や種を買いに走り回る。
久しぶりに米沢園芸まで行ってみた。
白菜とキャベツ、春菊の苗。
グリーンピースとスナックエンドウとそら豆の種。
キャベツは品種によって葉の柔らかさがだいぶ違うので、いつも迷う。
今回は「北ひかり」と「金系201号」にしてみた。
「輝」も一つ入れておく。
白菜は中が黄色いタイプのもの。
じつはなかなかそろわなかったので、ジュンテンドー、農協、ナフコといろいろ回って数をそろえたのだ。

今場所は休場が多くて、あまり見る気がしなかった大相撲だが、今日は十両と幕内の優勝決定戦が面白かった。
今日だけで今まで物足りなかった分を補えたくらいだ。
十両は私が贔屓にしている阿炎が優勝した。
名前の通り、阿修羅像に似ている阿炎。
しゃべると今時の普通の若者みたいだった。
幕内は豪栄道と日馬富士のどちらにも勝たせたかったが、日馬富士の優勝。
本当は十両は安美錦、幕内は嘉風が優勝してくれたら、言うことはなかったんだけれど、安美錦は幕内復帰が確実になったし、嘉風は技能賞を獲ったのでよかった。

車のガラスに映っている快。
a0054240_21231057.jpg

ちょっと幻想的?

by hideko0611 | 2017-09-24 21:25 | 趣味の園芸 | Comments(0)

長府散策

a0054240_21534050.jpg
「(長府の町で見かけた)ハイビスカス」

久しぶりに世間の休日に合わせて、よたろうさんとお出かけ。
一日晴れ…と思っていたので、よたろうさんの絵の材料を探しに長府へ行ってみた。
でも結果は一日中曇っていたし、絵の材料も見つからなかったが、まぁいいことにする。

最初は長府庭園へ。
アイスキャンデーをなめながら
a0054240_21565962.jpg
園内を散策する。
小川が流れていて、
a0054240_21593089.jpg
小さな滝もある。
a0054240_2211469.jpg

木道を歩いていくと、
a0054240_2234884.jpg
やっぱり今は彼岸花が花盛り。
a0054240_2253440.jpg

パンパースグラスも目立っているし、
a0054240_227427.jpg

睡蓮も少し残っていた。
a0054240_22102264.jpg

こうしてあちこち歩いているうちに、やぶ蚊に首筋をどっさり刺されてしまったのはプチ不幸だった。
それから向かいの市立美術館で「川原慶賀の植物図譜(シーボルトの見た日本)」展を見る。
色や形はもちろん、質感まで実物そっくりの細密な植物画には驚いた(一人ずつ大きなルーペを持って絵を鑑賞していく!)が、当時(江戸時代後期)の日本人の風俗や行事を絵にしたものが面白かった。
特に、見合い、結納、結婚、出産から始まり、死、埋葬と人の一生を描いたシリーズは、描かれている人物達の表情や動作に心情が垣間見えて、哀しいようなおかしいような…。
美術館の敷地内にある大きなオブジェ(ペガサスと浮遊している人?)が、とても気に入った。
a0054240_22192510.jpg

撮ったときは気がつかなかったが、トンボも並んで飛翔している。
見る角度によって、また違った感じになる。
a0054240_2221121.jpg

それから少し歩いて功山寺まで行く。
a0054240_22243865.jpg


a0054240_22263431.jpg

最後は毛利邸へ。
庭園の見える濡れ縁で、よたろうさんは15分ほど座禅をし、私は文庫本を読んで過ごした。
a0054240_22285770.jpg

武家屋敷の並んでいたであろう土塀の続く街並みを歩いていると、川にアヒルがいた。
a0054240_22325352.jpg

最初は2、3羽だと思っていたら、50羽以上いたのでびっくりした。
a0054240_22343817.jpg

餌をやったり、世話をしたりする人(行政か?)がいるのだろうね。

by hideko0611 | 2017-09-23 22:37 | 山口観光 | Comments(0)

白と黄色と

a0054240_2023642.jpg
「ツルボ」

雨が降らないうちに…と、6時前に散歩に出る。
今にも降りそうな空だったが、大丈夫だった。
雨が降らないうちに…と、9時過ぎに買い物に出る。
雨具をしっかり着こんで行ったが、大丈夫だった。
結局降ったのは昼過ぎに少しだけ。
でも太陽は顔を出さず、4日続きのどんよりした天気だった。
というわけで、朝食前に、刈った草を始末したり(一輪車4杯分!)、旧道の草を抜いたりしただけで、あとは読書三昧。
土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」が面白い(山本耕史君の多才さが秀逸)ので、中古本で買った岩波ブックレットの「しっかり母さんとぐうたら息子」(沢村貞子さんと植木さんの対談)を読んだ後、「名もなき毒」を最後まで読んでしまう。
「誰か」と「名もなき毒」は再読になるが、前に読んだときよりもいろいろ感じるところが多い作品だった。
9月は宮部みゆき読書月間になってしまった。

夕方も曇り空の下を散歩。
肌寒いと思って長袖で少し厚手のトレーナーを着て行ったら、途中から暑くなってまた大汗をかいてしまった。
25℃前後というのは微妙な気温だ。
(湿度は高め)
快は元気に歩く。
a0054240_20332497.jpg


白の彼岸花には微妙な色の違いがあり、真っ白なもの、黄色がかったもの、赤みがかったものなどがある。
a0054240_20344786.jpg

品種の違いだろうか?
交配したものだろうか?
いずれにしても、自然ではあまり見かけないが、うちの家では白の方が繁殖している。
a0054240_20364543.jpg

by hideko0611 | 2017-09-22 20:38 | 趣味の園芸 | Comments(0)

初めての店

a0054240_21421487.jpg

「ノウゼンカズラ(ピンク)」
散歩道の途中、バイパスの隧道を抜けたところで見つけた。
よく見かけるオレンジ色の種類よりも花期が遅いみたいだ。

曇りの日が二日続いた後の晴れ間はうれしかったが、午後からはまた少し曇ってきた。
同時に少々蒸し暑くなり、夕方の散歩から帰ったら汗をしっかりかいていた。
それでも日が沈むとあっという間に気温が下がってくる。
a0054240_2153975.jpg
「きょうもやっぱりとちゅうでひとやすみっ。」

パッチワークの後、8名でランチに行く。
前回は雨の合間に快の散歩に行くため、参加出来なかったので、今日は行けてよかった。
久米のイオンタウンの中にある「倉式」というコーヒー店。
サイフォンで入れるコーヒーが売り物のようだ。
皆さんサンドイッチ系だったが、私は朝がパンだったのでご飯系で…とトマトと海老のドリアにする。
平日だというのに、ランチタイムを過ぎてもいっぱいの人。
女性の割合、若い人の割合が多かった。
ここのイオンタウンに行くのは初めて。
宮脇書店やDAISOも入っている。

夏はあちこちではびこっている雑草の一つ、コミカンソウに、名前の通り小さい蜜柑のような実がつき始めた。
a0054240_2159435.jpg

季節が少しずつ移り変わっていくにつれて、雑草の種類も次第に変わっていく。
花がほとんど終わったジニアをプランターから抜いた。
そこにルピナスやゴテチャの種(春に採っておいたもの)を撒こう。
庭仕事の季節がまた始まる。

by hideko0611 | 2017-09-21 22:10 | B級グルメ | Comments(0)