<   2016年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

マーガレット世代

a0054240_20511336.jpg
「千両(黄色)」

ほんの少しの朝焼けは天気が崩れるしるしだろう。
a0054240_20541522.jpg

あっという間に11月も終わってしまった。

昨日の烏影絵劇団にスズメが入団していた。
烏先生の講義を受けているところ。
a0054240_214687.jpg


今日は廊下に並べている小さな本棚6つをきれいにする。
ここはコミックばかり。
思い立って数えてみたら1600冊以上あったので、我ながら驚いてしまった。
まだ別な部屋と物置にもあるので、合計は2000冊以上になるだろう。
マーガレットコミックスがまだビニルカバーをかけてあった時代のものもある。
「ベルサイユのばら」「エースをねらえ」など。
「エースをねらえ」なんて、あまりに読み過ぎて、綴じの糊が取れてしまっている。
廊下の床も拭いてきれいにした。
その後寝室の掃除。

a0054240_2174610.jpg
「このごろゆうがたのさんぽがはやいねっ。」
by hideko0611 | 2016-11-30 21:11 | 読書 | Comments(0)

烏のいる風景

a0054240_21125038.jpg
「サフラン」

今日は一日じゅうよく晴れたので、布団も干せたし、トイレのマットなども洗ってすぐに乾いた。
こういう日がもう少し続いてくれたらいいのになぁ。

電線にとまっているカラスが、電線についている部品(?)と一体化して、なんだか影絵のような面白い絵になっていた。
a0054240_21174652.jpg

カラス2羽もいい雰囲気。
a0054240_21214622.jpg

読書会のTさんにお借りした「八咫烏シリーズ」第4巻「空棺の烏」を昨夜やっと読み終えた。
猿が登場するとドキドキしてしまう。
ファンタジーはあまり得意ではないのだが、「守り人シリーズ」とこの「八咫烏シリーズ」は、設定こそファンタジーだが、描かれているのは現実と同じく、普通の人の営みなので面白く読める。

今日は「11(いい)29(にく)の日」なので、ちゃんとステーキを食べる。
「あさイチ」でも肉の特集をやっていた。
よたろうさんがおいしく焼いてくれた。
あいかわらず野菜が高いが、畑のカツオ菜と厚揚げの煮物や、ツルムラサキの和え物でビタミン補給もちゃんとする。
a0054240_21324172.jpg
「ボクもいいおにくもらったのかな?」
by hideko0611 | 2016-11-29 21:35 | 読書 | Comments(0)

冬の花を待つ

a0054240_21121067.jpg
「ヴィオラ」
これから庭の花が少なくなる時期、どんな寒さにも雪にも負けず春まで咲き続けてくれる優れもの。

日差しがあったせいで、昨日に比べると寒さはましだった。
庭で気持ちよくのびのび眠る快。
a0054240_21201670.jpg

しばらくしてからもう一度見たら、日が陰ってきて寒くなったのか丸まって寝ていた。
a0054240_21213937.jpg

久しぶりに洗濯物を外干ししたが、午後から曇ってきたので早めに取り込む。
昨日に続いて、本棚の片づけをし、そのままテラスと応接間の掃除に突入する。
シンビジウムの花芽が上がっているのを温室からテラスに運び入れた。
ストレリチア(極楽鳥花)も3本花芽が上がっている。
シャコバサボテンも今年はしっかり花が咲いてくれた。
テラスに鉢植えをたくさん並べると狭くなるが、花が咲いてくれると冬の間楽しめる。

週末に来る友人に招待の電話をかけた時に、
「人に来てもらったら、本棚が(家も)きれいになるから~。」
と言ったが、まさにその通り。
ちょっと早めに年末の大掃除を始めたようなものだ。

大相撲が終わったのは寂しいけれど、ピアノの練習もゆっくり出来るし、夕方の散歩から帰ったらすぐにお風呂に入って温まれるし、いいこともある。
最近は3時過ぎには夕方の散歩に出るが、それでも帰って来た4時過ぎには日がだいぶ傾いている。
今から2週間ほどが一番日没の早い時期。
それさえ過ぎれば、一日一日(夕方の)日脚が伸びていくので、もう少しの我慢だ。
by hideko0611 | 2016-11-28 21:31 | 趣味の園芸 | Comments(0)

今年の大相撲も見納め

a0054240_21414732.jpg
「ムベ」
アケビと違って、熟しても口を開かないが、中身は同じで甘いらしい。
でも果肉と種がしっかりくっついていてとても食べにくいので、食用価値はないとウィキペディアに書いてあった。
(猿が食べるそうだ。)

昨夜からの雨は当初は夕方6時前まで降り続くような予報だったので、快の散歩にいつ行こうかと心配していたが、午後1時過ぎにはやんだので散歩に行けてよかった。

今週末に本好きの友人2名を家にお招きしている(本を肴に飲む予定)ので、本棚の片づけを始めた。
一旦全部取り出して、棚と本の埃を払い、また元に戻すだけの簡単な作業だが、とにかく量が多いので(本棚の数が大7、小7)時間がかかる。
今日で半分ぐらい終わった。
a0054240_2253792.jpg

これは時代小説とコミック&手芸の棚。
この機会に本の数を数えてみようかと思い立って、一段だけ数えてみたが、そこで挫折してしまった。
(夏樹静子さんの本だけで92冊あった!)
神田神保町で買って宅急便で送った庄野潤三全集、図書館の古本市やブックリサイクルで手に入れた本、高校生のときに買って、受験勉強の合間に読んでいた眠狂四郎シリーズや山本周五郎全集etc.ちょっとずつ思い出に浸りながら並べていく。
今度生まれ変わったら、とびきりの美人やオリンピックに出られるようなスポーツマンにならなくていいから、全部の本を前後2列じゃなくて1列ずつ並べられる家に住みたいなぁといつも思っている。
(つまり今の倍の本棚が必要になるってこと。)
本を読むのはもちろん大好きだが、本の背表紙を眺めているだけでも幸せな気分になる。
貴金属も骨董品も美術品もブランドものも持たない私の最大の贅沢。

来年の干支のタペストリーのアップリケが終わった。
a0054240_2295070.jpg

梅の花と南天の葉っぱは手抜きをしてフェルトでやってみようと思っている。
自分でデザインしてみると、配置に悩むし、カーブの細かいところがアップリケしにくかったりする。
なかなか難しいものだ。

大相撲は昨日すでに鶴竜の優勝が決まっていたので、今日は千秋楽だというのにあまり気分が盛り上がらなかった。
場所前は豪栄道の綱取りや、高安の大関挑戦などでおおいに盛り上がっていたのに、どの夢も潰えてしまった。
石浦や玉鷲、遠藤などの活躍、嘉風の全力を出し切っての相撲などは見ていて楽しかったけれど…。
十両は最後まで小柳、佐藤、青狼が三つ巴でもつれて面白かった。
優勝決定戦にはならずに佐藤が優勝。
贔屓の幕内力士は、勢、松鳳山は勝ち越したが、輝、千代の国、嘉風、遠藤、高安は負け越し。
贔屓の十両力士は、安美錦、宇良、里山はなんとか勝ち越したが、琴恵光は負け越し。
贔屓の幕下力士は、豊ノ島も阿炎も4勝3敗でなんとか勝ち越し。
贔屓の力士だけ集めて部屋を作りたいなぁ。
今度生まれ変わったら、それにも挑戦してみよう。

a0054240_22305242.jpg
「このうえをあるいていって、ジャンケンでまけたほうがどくんだよ。」

a0054240_22325337.jpg
「ボクがかった~!」
by hideko0611 | 2016-11-27 22:35 | スポーツ観戦 | Comments(0)

今日も駆け足

a0054240_23312859.jpg
「野ブドウ」

一年に一度開かれる、一番最初に赴任した学校のメンバーの会に参加するため、日帰りで神戸・大阪に帰って来た。
会場はいつも同じ、新神戸駅からすぐのANAクラウンプラザホテル。
ロビーで待ち合わせということだったが、ロビーがどこにあるか分からなくて、うろうろしてしまった。
ロビーは1階だとばかり思っていたら、4階だった。
36階の展望レストランでワインを飲みながら、豪華なランチをいただく。
a0054240_232216.jpg


a0054240_2325152.jpg

4時間半、わいわいにぎやかに話して解散した。
今回は7名とにぎやかになり、ものすごく久しぶりの人もいたけれど、全然みんな変わっていない。
もう80歳を超えた方も二人おられたが、どちらも見た目も中身も10歳は若い。
見習いたい限りだ。
やっぱり性格がおおらかでゆとりのある人は、若々しいのかもしれない。
社交ダンスやゴルフという、体を動かす趣味をずっと続けておられることも大きいと思う。
同期の友人の一人は、ご両親の介護で大変な中、今日の会で気分転換をしようと楽しみにしていたそうだ。
また来年も元気で皆さんと会えますように…。

その後私は三宮~元町を駆け抜け(キャシーマムのお店や、いつも行く陶器屋さん)、阪神電車で梅田まで出て、予定より早い18時59分新大阪発の新幹線で帰って来た。
雨が降り出していることは分かっていたので、最終電車で帰るのはちょっと辛かったのだ。
ジパング倶楽部の使えるひかりかさくらで、徳山に停まるものは少なくて、20時20分の前はこれしかなかった。
幸い雨はまだそれほどひどくなく、あまり濡れずに帰れてよかった。
ただ、早く帰ったために時間がなかったので、見ようと思っていた阪神の日本キルト展も見られなかったし、行列に並ばないといけない老祥記の豚まんや阪神のいか焼きは泣く泣くあきらめた。
赤カブの漬物もいつものコーナーにないので訊ねてみたら、最近全然入荷しないんだって。
でも、水茄子の漬物や、鰊の昆布巻、香住のエテカレイ(旅館の朝食についてくる小さなカレイの干物)などはちゃんと買えた。
土曜日の都会は人でいっぱい。
デパートの中も人でいっぱい。
人に酔ってしまいそう…。
それにしても、新幹線で2時間から2時間半で行けるというのは、本当に速い。
バイクで徳山まで30分かかるから、二往復している間に行って来られることになる。

a0054240_23272263.jpg
「ボクはおか~さんがいくときに、わんわんほえてこうぎしましたっ!」
by hideko0611 | 2016-11-26 23:28 | 関西観光 | Comments(0)

今日は5人

a0054240_2137213.jpg
「レウィシア」

今日も寒さは続く。
日中、日なたや日のあたる部屋にいると暖かいが、日が陰ると、とたんにぐんと寒くなる。
明日は日帰りで関西に帰るので、冬のごちそう、温かいおでんと豚汁を二日分作っておいた。
そんな寒い中、夜はステップアップ講座に行く日だ。
真冬と同じ完全武装して出かける。
さすがにオーバーズボンとムートンブーツは身に着けなかったが、フリース付ジャケットにマフラーを巻いて行った。
それほどの寒さではなかったが、これから先のことを思うと…心配。
仕事の都合で福山に転居したMさんのほかに、本日は欠席が2人で、総勢5人と、ちょっと寂しかった。
おまけに人数が少ないので、どんどん指名されること!
勉強にはなったけれど、ね。
本日の課題は「読み取り」。
講師のWさんの手話はとても読み取りやすいが、それでも一つ引っかかると、頭が真っ白になってしまう。
例えば私の番の時に、「東京」「JR]に続いて「テレビ」という単語が出て来た。
実際に東京のJRの中でテレビが見られるらしいのだが、それを知らなかったら、もうそこで思考がストップしてしまう。
なんでテレビ?という感じになるのだ。
でも、今日読み取りをしている中で、少しだが情景が目に見えていることを感じた。
情報センターまつりで買って来た「目からウロコの手話」という本の中で、繰り返し「ろう者は映像が見えて、それをもとに手話をしている」ということが出て来る。
それを読んで以来、いつになったらその境地に達することが出来るのだろうかと思っていたが、ほんの少しは私にも見えているのかもしれない。
寒いので、終わったら飛ぶように家に帰って来た。

下から撮った快。
a0054240_21595323.jpg
「ボクはさむさにはつよいんだぞ~。」
こちらは下から撮ったジョウビタキ。
a0054240_2213450.jpg

「アタシ(ボクかも)もさむさにはつよいのよ~。」
by hideko0611 | 2016-11-25 22:05 | 手話 | Comments(0)

冬の訪れ

a0054240_20593413.jpg
「サザンカ」

晩秋から一足飛びに初冬になる。
東京では54年ぶりの11月の積雪らしい。
昨日湯たんぽが届いた。
容量3.6L トタン製 尾上製作所の製品。
a0054240_2135122.jpg

これで朝までぬくぬく睡眠ライフを楽しめそうだ。
ただし持ち運びの時は重い!
よたろうさんは最近一週間以上湯たんぽジャンケンに負け続けているので、重いのを二つ運ばないといけなくなる。
今日は自分の分は自分で運んで、手助けをしてあげた。

気温は低くても午前中はよく晴れていたので、階段でひなたぼっこをしている快。
今にも落ちそう…。
a0054240_21312393.jpg

あっ、落ちた~。
a0054240_21325610.jpg


ピアノの稽古日。
ブルグミュラーの最初の曲「素直な心」が上がる。
一か所だけ失敗してごまかしたが、後は気持ちよく弾けた。
あと2曲はもう一回。
「アラベスク」は左手の指遣い、「牧歌」はスラーが課題。
ブルグミュラーはポピュラー曲やスクリーンミュージックなどに比べると、弾きこんでいけばいくほど、自分のものになっていく感じがする。
まだまだ先は長いけれど、頑張ろう。

終わってからdocomoショップに行く。
今日はすいていた。
私のスマホ、今朝はどうもなかったが、念のために設定が間違っていないか、また対処法はあるのかを訊ねてみた。
設定は間違っていないとのことで、対処法は中のカードを無料で交換することが出来ると言われたが、今のところ問題がないのでやめておく。
その後もトラブルはなかったので、たぶん大丈夫だろう。

よたろうさんがのびのびになっていたサツマイモの収穫を午前中にしてくれたので、私は午後、干していた芋をひっくり返す作業をした。
紅あずまと紅はるかがあるはずなんだけど、入り混じってしまっている。
食べたら分かると思うが、外見では全く分からない。
大きいのから指ぐらいのまで一輪車で二回運ぶほど採れた。
a0054240_21244292.jpg


夕方の散歩の途中で、さっと時雨がきて、その後虹が見えたが、一瞬で消えてしまった。
a0054240_21261572.jpg

家に帰ってみたら、雲が多いのに由布岳がかすかに見えた。
a0054240_21283392.jpg

完璧に晴れていても見えないこともあるのに不思議だ。
by hideko0611 | 2016-11-24 21:36 | お天気情報 | Comments(0)

スマホの反乱

a0054240_21105475.jpg

「ツルムラサキ」
よたろうさんが一度苗を買って来て植えたらしい。
その後はこぼれ種が毎年旺盛に育って、
a0054240_21171158.jpg
夏から今頃まで、緑のものが足りない時に重宝している。
ぬめりがあるので健康に良さそうだし、色もきれい。
おひたし、ごまあえ、汁の青みなど、なんにでも使える。
今はまっているのは、クルミの刻んだのと混ぜて、ごまドレッシングであえたもの。
花のあとには、こんな黒い実が出来る。
a0054240_21124794.jpg


一日じゅう、どんよりとした曇り空。
a0054240_21443263.jpg


a0054240_21461638.jpg

時々ぱらつくが、日中は雨というほどは降らなかった。

スマホにもだいぶ慣れた今日この頃なのに、突然位置情報が取得出来なくなってしまった。
よたろうさんのはどうもなくて、私のだけ。
Yahoo!天気の位置情報がダメになっただけかと思っていたら、そのうちデータ通信が全てだめになってしまった。
それでは困るので、買い物には行かないつもりだったが、猫の砂や料理酒などを買いに行くついでに、docomoショップに行ってみる。
ところがお店に入る前に、もう一度確認したら復旧していた。
念のために見てもらおうと思ったが、開店早々だったし、祝日と言うこともあってとても混んでいたので、今日はそのまま帰る。
ところが家に帰ったらまただめになっていた。
その後も何度かOKになったりダメになったり…の繰り返し。
取説も読んだし、ネットの相談室も訪ねてみたし、いろいろ試してみたが、どれをしたらOKというわけではなく、なんだか突然つながって、また突然だめになる。
今のところ(夜の9時半)は大丈夫なんだけど、明日どうなっていることやら…。

帰ってから、少しだけ庭仕事。
アイリスの球根、桜草、マトリカリア、ムラサキハナナを植えつける。

今日のうれしい出来事。
〇料理酒についていたくじで500円のクオカードが当たっていた。
〇最近はまっている鳥獣戯画のガチャガチャでやっと狐が出て来て、ウサギと蛙と猫と四つそろった。
もう一つミミズクがあるのだけれど、これはあんまり可愛くない(絵巻のどこにいるのかも、なかなか分からなかった)ので、これでおしまいにする。
a0054240_21321437.jpg


a0054240_2134873.jpg


a0054240_2136989.jpg
帰り道にはしょっちゅう不動柴になる快。
あっ、あそこにも不動柴が~。
a0054240_21381632.jpg


干支のパッチワーク、円のくり抜きアップリケだけ終わった。
今年は水墨画の本から自分で写した絵を使ってみるつもりだけれど、うまくいくかしら?
a0054240_21411984.jpg

by hideko0611 | 2016-11-23 21:48 | 日常の謎 | Comments(0)

残念!

a0054240_19594385.jpg
「(よそのおうちの)菊」

小雪だというのに、暖かいのを通り越して、生暖かいというか暑いというか、そんな小春日和が続いているが、それも今日でおしまいのようだ。

庭仕事はシランの植え替え。
花壇の中で勢力を広げていた白と紫を掘り上げて、庭の隅に移動させる。
日当たりが悪くなるのが、どういう影響があるかちょっと心配。
だから、白か紫かよく分からない株を少し残しておいた。
ヨルガオを全部引き上げて、種を採っておく。
どっさり採れたが、この子は発芽率が非常に悪いのでどうなることやら…。

よたろうさんと待ち合わせてレイナ・イサベルのバイキングランチをしようと思っていたのに、火曜は定休日だった。
しかたがないので敦煌のバイキングに変更する。
徳山近辺は火曜が定休のお店が多い。
よたろうさんが謡で月に三回火曜日に徳山へ行くので、ちょっと困るのだ。
今度、月曜日の篆刻の前に再挑戦することにする。

今朝は上に散歩に行き、ちょっと違った道を通ってみた。
a0054240_20111589.jpg


a0054240_20125572.jpg

道が違えば、見える風景も違う。
a0054240_20143015.jpg

見える風景が違えば、気分も違う。
by hideko0611 | 2016-11-22 20:15 | 山口の味 | Comments(0)

鉄とトタンとブリキ

a0054240_20121225.jpg
「(よそのおうちの)菊」
こんなスプーン咲きがうちにもあったのだけど、ポンポン咲きとかスプーン咲きとか、珍しい品種はすぐに絶えてしまう。

夜、なんだか音がするので、窓から外を見たら雨が降っていた。
このところまた雨や曇りが多い。
今の時期に雨が多いことを、「さざんか梅雨」というのだと、「情報維新!やまぐち」のお天気コーナーで教えてもらった。
「菜種梅雨」「梅雨」「秋雨」のようにメジャーではないし、毎年必ずあるわけではないらしい。

干支のタペストリーに取りかかることは出来なかった。
明日から寒くなりそうなので、私の湯たんぽの買い替えに、バイパスの徳山を過ぎたあたりにある金物屋さんに行ってきた。
私の湯たんぽは小さいので、すぐに冷めてしまう。
まだそれほど寒くないからいいようなものの、寒くなってからでは遅いので…。
でも、その金物屋さんには湯たんぽはなかった。
(プラスチックの湯たんぽはあった。)
最近はなかなか入って来ないとお店の人が言っていた。
帰ってからパソコンで調べてみると、ネットでは買えるようだ。
調べているうちに分かったのは、湯たんぽにはステンレス製とトタン製があること。
メーカーから考えると、よたろうさんのはトタン製、私のはステンレス製だった。
熱伝導率はステンレスの方が小さいから、私の方が冷めにくいはずなんだけれど、容量が小さいので冷めてしまうみたい。(容量は私のがが2.4L、よたろうさんが3.6L。)
そしてステンレス製の方値段が高い。
いろいろ考えて、よたろうさんのと同じ、尾上製作所の3.6Lのトタン製にした。
送料無料で1980円。
(ステンレス製の3.6Lだと6000円近くする。)
尾上製作所は姫路にある会社で、バケツ、ジョーロ、湯たんぽなどのトタン製品を主に扱っている。
トタンは鉄に亜鉛メッキ、ブリキは鉄に錫のメッキだということもはるか昔に習ったな~と思い出した。
というわけで、午前中は買い物(犬や猫のえさも切れていた)、午後は花壇の菊苗の整理(花が終わったものはいい株を残して切り戻し、名札をつけ、、ほかの同じものは抜いていく)、シャスターデージーの植え替えをして、短い晩秋の一日は過ぎていった。

お歳暮でアワビ、サザエ、車海老という豪勢なものをいただいた。
今日はサザエのつぼ焼きと、車海老のグリル焼きにしていただく。
どちらもごはんのおかずにはならないので、冷凍しておいた具を使ってちらし寿司を作り、畑の水菜を採ってきて、油揚げと煮浸しにした。
西宮のお酒「白鷹」によく合う夕食完成。
a0054240_20341574.jpg

桟敷席で大相撲を観ながら、おいしく食べる。
今日の快はたっちがお好き。
a0054240_20361817.jpg


a0054240_20381487.jpg

by hideko0611 | 2016-11-21 20:42 | お買い物 | Comments(0)