あの歌 この曲

a0054240_19295984.jpg
「グリーンネックレス」

一日中曇りの暗い日だった。
a0054240_2055552.jpg

行こうかどうしようかと迷いながら、明日は日曜日だし…と、結局近くの病院に行って風邪薬をもらって来た。
二日前に来院したよたろうさんの状態を訊かれたので、その風邪をうつされたと言うと、看護婦さんに、
「まあ~、仲がいいのね~。」
と言われてしまった。
私の後に来た男の人二人も、
「どうされました?」
と受付で訊かれて、
「風邪です。」
と答えていた。
二日続けて37℃台の微熱だったが、今日は一度も出なかった。
軽い頭痛も倦怠感もなくなり、あとは咳と鼻水のみ。
風邪のせいか、薬のせいか、食べ物がおいしくないのが困りものだ。
帰りにイズミに寄ったら、駅弁まつりをやっていたが、大好きなます寿司も買う気になれなかったんだもの。

よたろうさんに作ってもらった篆刻を押して、タペストリーの隅に縫いつける。
a0054240_19405361.jpg

今は茶色のむら染めでパイピングをしている途中。
ここ一両日で完成すると思う。

「トロイメライ」を練習していると、アルファ波が出ているのかとても気持ちがよくなり、いつまでも弾いていたくなる。
まだ音をたどりたどり…の雨だれ状態でこう言うのもおこがましいけれど。
今日、ネットで注文していたNHK学校音楽コンクールの小学校の課題曲集の楽譜が届いた。
a0054240_2022688.jpg

昭和23年から58年までのもの。
戦後わずか3年で、合唱コンクールが行われていたことに感慨を覚えてしまう。
子ども達と歌った懐かしい曲がたくさんある。
私が音楽会で伴奏をした「おーい海」(山川啓介作詞・山本直純作曲)と、大好きな「未知という名の船に乗り」(阿久悠作詞・小林亜星作曲)が載っているので買ったのだ。
楽譜を見てみると、なかなか難しそう。
a0054240_1959439.jpg

本当にこんなのを弾いていたのだろうかと思ってしまう。
少しずつ、少しずつ弾いていきたい。

久しぶりにおなか丸出しの快。
a0054240_2094688.jpg


a0054240_20123416.jpg

「え~、もうおしまいなのぅ~?」

by hideko0611 | 2016-01-30 20:13 | ピアノレッスン | Comments(0)

冬の雨

a0054240_1843776.jpg
「シンビジウム」

同じ週のうちに、一日中雪の日と、一日中雨の日があるとは…。
風邪の症状が続くので、ラジオ体操もやめて、朝8時までベッドにもぐっていた。
午前中は着替えたものの、そのままベッドで有川浩さんの初エッセイ集「倒れるときは前のめり」を読んで過ごす。
午後は気を取り直して、ピアノの練習とキルティング。
なんとか雨雲の中心が通り過ぎたので4時前に散歩に出る。
それほど濡れずに行って来られた。
今夜も早く寝ることにしよう。
今日は写真もなしでごめんなさい。

by hideko0611 | 2016-01-29 18:41 | お天気情報 | Comments(0)

リズムが苦手

a0054240_18554496.jpg
「アネモネ」

朝の散歩から帰った頃から降り始め、後は一日じゅう小雨が降りしきる。
明日も雨だと分かっているので、夕方の散歩も雨具に身をかためて出かけた。

ピアノのレッスン二回目。
「だいぶ練習しましたね。」
と、先生に言っていただく。
でも、いつもエレクトーンで練習しているので、ピアノの鍵盤はとっても重くて、弾くのに力が要る。
そちらに気をとられていると、せっかくなめらかに弾けるようになったところまで間違ってしまった。
一か所リズムを間違えて弾いていた箇所を指摘していただく。
今日は「トロイメライ」も少しやった。
音符の長さがいろいろなので、きちんと1、2、3、4と数えながら弾くように言われる。
私の前の生徒さん、「ナウシカ」の中の曲をとってもなめらかに弾いておられたが、扉を開けて出て来られたのを見ると、私より年長の男性だったのでびっくりぽん。
よ~し、私も頑張るぞ~。

よたろうさんも私も風邪が治らないので、よたろうさんは午前中、近くの病院へ行って薬をもらってきた。
(水飴だけでは駄目みたい。)
私は行く暇がなかったので、市販の風邪薬を飲んでいる。
頭痛も寒気もしんどさもないのだけれど、体全体が風邪を訴えている感じ。
熱は微熱程度。
寝るほどの体調ではないので、ストーブをかけた部屋でぬくぬくとキルティングを進める。
キルティングの作業が一番楽しい。
何も考えずに無心にちくちくしているのは精神衛生上とてもいいように思う。
少しずつふっくらしてくるのもうれしい。
a0054240_1991932.jpg


友人にもらった手作りマスクをしてピアノのレッスンに行った。
a0054240_19112261.jpg

せめて可愛いものでも身につけたいので。

a0054240_1913557.jpg
「これはこのまえ、ゆきがようやくとけたひのボクだよ。」

by hideko0611 | 2016-01-28 19:13 | ピアノレッスン | Comments(0)

ホッと一息

a0054240_19292835.jpg
「ゼラニウム」

ようやく晴れた。
地面に白いところが全然なくて、空に太陽を見るのはずいぶん久しぶりのような気がする。
気温も徐々に上がり、夜は部屋のストーブをつけなくても大丈夫なぐらい暖かくなってきた。
手が冷たくないので、ピアノの練習も1時間半頑張った。
よたろうさんに聴いてもらい、自分でも録音して聴いてみたが、楽譜を追うのに精いっぱいだったり、ところどころ駆け足になったり…というのがよく分かる。
もちろんまだミスなしで最後まで通すことも出来ない。
でも明日の二回目のレッスン、少なくとも一回目よりは弾けると思う。

パッチワークはボーダーをつけて、キルティングの準備(しつけ)まで。
a0054240_19462994.jpg

スカイの生地の上下がきちきちになってしまい、これでパイピングをするとすごく詰まった感じになるので、ボーダーをつけてみた。
干支のタペストリーの周囲に使ったのと同じ、マツバラで買ったむら染めのバティック。
どんな色にでも合うので、とても気に入っている。
これでキルティングをして、あとは額縁代わりに茶系のパイピングをする予定だ。
雪と寒波のおかげで、ずいぶんはかどった。
まあ、毎年私は12月から3月ぐらいまでが農閑期のようなもので、パッチワークがどんどんはかどる時期になっている。
庭仕事が始まる農繁期には、時間がないというよりも疲れて針を持つ気になれないのだ。
でも、今年は少しずつでも年間通してやれるようにしよう。

寒さのせい…ではなく、いつも一足先に風邪をひくよたろうさんにうつされて、昨日ぐらいから咳が出る。
いつもの通り、イソジンうがいで乗り切ろうと思っているが、ちょうど家に水あめがあったので、大根をつけてみた。
a0054240_19511258.jpg

子どもの頃は今よりも体が弱く、しょっちゅう風邪をひいていた私に、祖母がよく作ってくれたもの。
その頃の水あめは大きなガラスの瓶に入って売っていて、その中に大根をつけて、汁が出てきたら飲み、しなびた大根を取り除いては、また新しい大根をつける。
そうして水あめがなくなる頃には咳がおさまっていた…ような気がする。
まあ、同時にお医者さんにも行って薬をもらっていたから、どれが効いたかはよく分からないけれど。
そういえば、よく思い出すのだけれど、そのお医者さんの子どもが私と同級で、その子に「赤毛のアン」を借りたのが、アンとの出会いだった。
講談社版の鈴木義治さんがイラストを描いているシリーズ(表紙が紫色で麦わら帽子のイラスト)。
懐かしくて、絶版になっていたのをアマゾンの中古本で全部そろえて持っている。
その子は小学校の途中で引っ越してしまったので、その後のお付き合いはないのが残念だ。
彫子(ほりこ)ちゃんという珍しい名前の、賢くて優しく可愛い女の子だった。

a0054240_205976.jpg
「ボク、みみにピアスつけてるの~。」
a0054240_2063040.jpg

「ねっ?」

少しでも春を感じさせてくれるもの。
いよかんとはっさく(どちらも家になったものをいただいた)。
a0054240_2085886.jpg

まだまだかたいけれど、庭の梅の蕾のふくらみ。
a0054240_20113099.jpg

by hideko0611 | 2016-01-27 20:13 | パッチワーク | Comments(0)

冬の嵐が過ぎても…

a0054240_19433420.jpg
「ゼラニウム」

ようやく寒気が去ったと思ったのに、今日は一日中曇っていて、しょっちゅう冷たい小雨が降っているので、昨日より寒かった。
いつも不思議に思っているのだけれど、雪が降っているときに太陽が出ていることがよくあるのはどうしてだろう?
雨が降っているときに太陽が出ているのは天気雨とか狐の嫁入りとか言って、特別な場合に限られるのに。
雪雲は空いっぱいに広がらないことがあるからだろうか?
理科系でない私にはよく分からない。
ここまで書いて、ちょっとネットで調べてみた。
「日本海側や山沿いに雪を降らせていたものが、 時々山脈を越えて太平洋側にもやってくる時にみられる現象」
と書いてある。
「風花」という素敵な名前がついている。
「吹越」という別名も。
いずれにしても、昨日、一昨日はまだ太陽が顔を出していたのに、今日は一日中暗くて陰気だった。
それでもちゃんといつも通り朝夕二回の散歩には行って来た。
庭にいる快も、つまらないような感じだったので。
a0054240_20223232.jpg
「やっぱりさんぽがすきっ。」

今日もピアノの練習とシクラメンの葉脈の刺繍をして過ごす。
a0054240_20325058.jpg

刺繍をしながら「鴨川食堂」の3話を見る。
これは原作の小説がある。
最近食をテーマにした小説が多く、私もだいぶ読んでいるが、どれもなかなか面白い。
(出て来る食事も美味しそうで、実際に作れそうなものが多く参考になる。)
「居酒屋ぼったくり」シリーズ、「最後の晩ごはん」シリーズ、「佳代のキッチン」シリーズ、「食堂のおばちゃん」etc.
萩原健一さんは久しぶりのドラマ出演だ。

明日は本当に少し暖かくなるようだ。
でもその後また天気は崩れる予報…う~ん。

by hideko0611 | 2016-01-26 20:33 | 日記 | Comments(0)

冬の嵐 おしまい

a0054240_1936288.jpg
「(よその)椿」

この冬一番気温の低い朝。
冷蔵庫の中に入ったような寒さ…とよく言うが、たぶん冷蔵庫の中の方が暖かいと思う。
間違いなく氷点下の寒さ。
これほどの寒さはしばらく経験がない。
朝は家じゅうのガラス窓がばりばりに凍っていた。
外の風景を撮ろうと思っても、窓が開かない。
しかたがないのでガラス越しに撮ってみる。
a0054240_1942861.jpg

今回もそれほど積もってはいない。
雪を触ってみるとひどく凍ってもいない。
でもどこもかしこも一面が白いのは、この冬一番かもしれない。
玄関の中の快が
「出してくれや~い。」
と言うので出してやったら、文字通り庭じゅう駆け回っていた。
a0054240_1946419.jpg

でもそれって、喜んで…というよりも、足の裏が冷たくて…という感じがするんだけど。
快が外に出たらいつも一番に飛んで行くつくばいの水はもちろん凍っていて、沸騰したお湯をたくさんかけてようやく氷が全部融けた。
長椅子の上の雪だけでも払ってやろうと思ったら、
「ボク、じぶんでやる~。」
a0054240_19494139.jpg


a0054240_1954444.jpg


a0054240_19555483.jpg

思っていた通り、昨日よりも雪の融けるのが遅い。
11時半頃にようやく散歩に出る。
(もちろんその前に途中まで下見に行った。)
やっぱり途中からまた雪が舞ってきた。
昨日も今日も散歩は一回だけ。

それでも日中は昨日より少し寒さがましなので、ピアノの練習もしたし、快のえさが切れていたのでジュンテンドーまでひとっ走りしてきた。
人間の食材は、あと数日持つぐらい買い込んだり採ってきたりしていたのに、快のカリカリをすっかり忘れていた。
バイクで走っても空気がものすごく冷たい。
でも、夜、快を玄関の中に呼ぶために外に出たら、昨日、一昨日の寒さはもう消え失せていた。
まだ雪も舞っているし、寒いことは寒いが、明らかに今日の午後までの空気の異常な冷たさとは違う。
夜の窓も全然凍っていない。
寒気団がやっと移動してくれたのねとうれしくなる。

シクラメンの花が全部咲いた。
a0054240_2082545.jpg

次は葉脈を刺繍して、露(ビーズ)をつけて、キルティングをすれば出来上がり。

夕食はたっぷりの食材で、煮物(かつお菜・厚揚げ・平天)と
a0054240_20133327.jpg
粕汁(ごぼう・大根・にんじん・ネギ・油揚げ・舞茸・鮭)。
a0054240_20155924.jpg

煮物はよたろうさん作。

by hideko0611 | 2016-01-25 20:21 | お天気情報 | Comments(0)

冬の嵐 2日目

a0054240_21384131.jpg
「フキノトウ」

昨夜、雪は予想していたほど降らなかった。
朝の風景はこんな感じ。
a0054240_21404448.jpg

朝食後、これなら散歩に行けそうかと思ったが、念のために私だけ歩いて確かめに行く。
すると、あまりの寒さに雪ではなくてアスファルトの道路そのものが凍って足がすべりそうになったので、やっぱりやめておく。
日差しはほんの少ししかないが、それでも太陽の力というのは偉大なもので、時間がたつにつれて、だんだん雪が融けてきた。
ところが今度は白いものが舞い始めた。
濡れると寒いのでやっぱりやめておく。
でも今日は一日じゅうこんな調子みたいなので、午後からは駅伝もあることだし、まだ降っていたが10時半過ぎに快を連れて散歩に行く。
道路の雪は全くなく、凍ってもおらず、歩き出すとそれほど寒くもなく、無事に散歩を終えて帰って来た。
その後、雪の降り方が激しくなったので、散歩に出るタイミングがちょうどよかったことになる。
結局今日一日はほとんど積もらなかったが、雪はずっとちらついていた。
そして今(夜の10時)、窓の外を見たら雪が盛大に降っている。
それも斜めに。
明日の朝の方が今日より積もっていて、融けるのも遅く、散歩に出るのが大変かもしれない。
山口の雪は多くなかったが、気温の方は確かにここ数年経験がないぐらい一日じゅう低かった。
今も窓が凍りついていて開かない!

というわけで、今日は一日パッチワーク三昧。
シクラメンのタペストリーを作り始める。
部品を全部並べると、出来上がりはこんなふうになる。
a0054240_220670.jpg

土台布には豪勢に、シェイズのスカイ生地(ちょっと高い)を使う。
花は赤系のむら染め生地(キャシーマムの38オリアレファ)の濃いところと薄いところを組み合わせる。
教えていただいた通りに、花茎はバイアスでとるとアップリケがとっても楽だった。
今日一日で葉っぱと花茎を全部仕上げた。
a0054240_22332571.jpg

明日も散歩以外出かけない(出かけられない)ので、花が仕上がると思う。

大相撲は琴奨菊が悲願の初優勝。
同級生の豊ノ島と花道で抱き合っていたのがいいシーンだった。
これで稀勢の里、豪栄道も発奮するだろうし、豊ノ島や嘉風のようなベテラン力士もまだまだ活躍するだろうし、来場所が楽しみだ。
それにしても今場所は大砂嵐、照ノ富士、遠藤などの休場が残念だった。
熱戦が増えて来ると怪我も多くなるような気がするが、皆さん早く治ってほしい。
病気の時天空関(足技などを繰り出すくせ者で、今日は何をするのかとても楽しみな人)も復帰されますように。
これで桟敷席はしばらく閉鎖。
夕食の支度を散歩から帰ってからやれるので、午後の時間にちょっと余裕が出来る。

こんな寒い日の夕食はもちろん鍋(白菜・ネギ・春菊・鶏団子・豚肉・牡蠣・えのき)。
machicoさんのブログによると、昨日の夕方イオンタウンのスーパーでは豆腐もネギもなかったそうだ。

a0054240_22264328.jpg
「もちろんこれはきょうのボクじゃないよ。」
快は玄関で丸くなって寝ています。

by hideko0611 | 2016-01-24 22:27 | お天気情報 | Comments(0)

冬の嵐 1日目

a0054240_20404146.jpg
「カランコエ(黄色)」

朝散歩に行く前に(つまり午前7時前に)掃除機をかけるようになって2週間以上過ぎた(17日目)。
不思議なもので、それを始めてから、ほかのこともてきぱきやれるようになってきた。
時々その時間に洗濯機も回してしまう。
隣の家が離れていて、もう一人の家人もすでに起きているので、掃除機をガーガーかけても、洗濯機をゴーゴー回しても、誰にも迷惑をかけない。
もっと早くこうすればよかった。
でも、日の出がだんだん早くなってラジオ体操の後すぐ散歩に出られるようになったら、これは無理になってくる。
まあ、その時になってからどうするか考えよう。

ポイント予報では昨夜すでに少し雪が降るような感じだったが、大丈夫だった。
いつも通りに掃除機をかけてから散歩に行く。
空はちょっとだけ不穏だけれど、
a0054240_20441698.jpg
背後から青空もちょっぴりのぞいている。
a0054240_20455741.jpg

午前中に生ごみを下の畑のコンポストに入れに行き、ついでにまだ採っていなかった人参とサニーレタスを収穫してくる。
食用菜の花もぽっちり。
昨日採ってきてもらった春菊も一緒に並べて、流しの横に小さな菜園が出来た。
a0054240_20495833.jpg

そのまたついでに花がだいぶ終わりかけている水仙を切ってきて、二つの部屋に飾る。
とてもいい匂いに包まれる。
家じゅうのストーブ、ファンヒーターの灯油をチェックして補充しておくのも忘れなかった。

手話サークルは役員会なので1時に行く。
作ったばかりのウールのバッグに初めて荷物を詰めて持って行く。
a0054240_21152943.jpg

A4のファイルが横向きにすっぽり入るサイズで作ったので、いろいろな習い事や会議に持って行くのに便利だ。
自分もこの大きさのものを作りたいという人が二人もいた。
行く途中からすでに降り始めたが、雪でもみぞれでもなくて雨だった。
山の方(つまり私の家のある辺り)は白いものに包まれているので、今日は役員会だけ出席して、サークル活動はお休みして帰り、すぐ散歩に行く。
案の定、家を出たときから、今度はちゃんとした雪が降って来た。
みるみるうちにひどくなるかと思いきや、すぐにやんで、また少し降って…という繰り返し。
それでも寒さは厳しくなってきた。
碁に行っていたよたろうさんにも
「雪が降り出したよ~。」
と電話をかけて帰宅を促したので、今日の大相撲桟敷席はなんと4時半にオープン。
湯豆腐や焼き鳥を食べ、にごり酒を飲みながら観戦する。
白鵬が稀勢の里にあっけなく敗れるという波乱があり、また優勝の行方が混沌としてきた。
日馬富士も鶴竜に敗れる。
豊ノ島と琴奨菊の優勝決定戦になったりしたら最高なんだけれど。
天気も大荒れらしい明日、土俵の上も大荒れになるかもしれない。

a0054240_21175040.jpg
「こんやはここでねるんだよ~。」

by hideko0611 | 2016-01-23 21:20 | お天気情報 | Comments(0)

冬の嵐の前

a0054240_20325839.jpg
「ギンギアナム(ピンク)」

ニュースでも天気予報でもワイドショーでも、明日から明後日にかけての荒天(寒気・風・雪)について、これでもかというぐらい注意を促してくれている。
それにしても、これだけ暖冬だった後に、冬の嵐がやって来ようとは…。
本当に異常気象だ。
a0054240_20431729.jpg
この雲がその前触れだろうか?

よたろうさんの薬をもらいに整形に行って、帰りにまた越冬隊の買い出しをして来た。
なんだか今日のスーパー(アルク)はいつもより混んでいたような気がする。
皆さんも冬ごもりの買い出しだろうか?
ついでによたろうさんに頼んで、数日分の畑の野菜(白菜、キャベツ、九条ネギ、春菊、大根、かぶ)を収穫してきてもらった。
これで食料に関してはもう安心。
後は、雪も寒さもなるべくひどくありませんように…と祈るばかり。

と言っても、今日のところはまだそれほどの寒さではなく、ピアノの練習をしたり、ハンバーグを作ったり、ウールのバッグの裏を仕上げて完成させたりして、のんびり一日を過ごす。
散歩もいつも通り。

大相撲、全勝の琴奨菊が豊ノ島に敗れた。
二人は同い年のライバルらしい。
自身も2敗でまだ優勝戦線に食い込んでいるということもあり、豊ノ島が試合後のインタビューでも、今まで見たことがないぐらい真剣な顔つきだった。
これで優勝の行方が分からなくなってきた。
日馬富士VS白鵬の結果によって、決まるような気がする。
休場者も多く、盛り上がらないかと思っていた今場所だが、終盤に来て俄然面白くなってきた。

私の足の下でバンザイポーズの快。
a0054240_20511471.jpg

by hideko0611 | 2016-01-22 21:00 | お天気情報 | Comments(0)

白くないけど寒い一日

a0054240_2004013.jpg
「(雪の中の)デージー」

今朝はさすがに道の雪は全部消えていたが、
a0054240_2044030.jpg

(どうしてこんなとこをとおれなかったのか、ボクにはよくわかんない。)by快
近くのお家の屋根に残った雪は、垂れ下がったまま凍っていて、ちびちびつららも見えている。
a0054240_2064250.jpg

もちろんすべる心配も全くなく、いつも通りに散歩に行く。

今日はパッチワークの日。
仕上がったバッグ二つを持って行き、皆さんにみていただく。
「持ち手の色がいい。」という意見が一番多かった…。
いつものようにお菓子を配り合ってのティータイムの時に、何かの間違いで私のお菓子がとっても少なくなっていて、皆に訴えたらあちこちからお菓子が飛んできた。
欠席の人がいて、どこに人が座っているのかよく分からなかった模様。
(私は欠席の人の席に座っていた。)
皆さんの優しさに感謝。
a0054240_2013345.jpg

イズミのパン屋さんのパンまであった。

徳山まで書道用品を買いに行っていたよたろうさんと待ち合わせて、太陽ラーメンでランチ。
阪神ファンの大将と、
「今年は楽しみだね~。」
「ベンチを見るのも楽しみね~。」
と二言、三言話す。
荷物が多かったので(何しろバッグが二つ!)一旦家に帰ってから、買い物に行く。
ここ三日間買い物に行かなかったし、土曜日からまた恐ろしい寒波と⛄がやって来るようなので、南極越冬隊のような気分で買い出しをする。
帰ってから買ってきたものをそれぞれの場所に入れて、ピアノの練習を30分。
やっぱり練習を続けていると、少しずつ指が動くようになってきたのでうれしい。
3時過ぎから散歩に出る。
お相撲が見たいのと寒いのとで、このところ散歩に出る時刻がとっても早い。

一旦家に帰って来たときに、庭のどこにも快がいないと思ったら…
a0054240_20225287.jpg

こんなとこにいた!
a0054240_20244627.jpg
珍しく知らん顔をしているんだもの。
普通は振り向いてくれるんだけどね。
a0054240_20271746.jpg

by hideko0611 | 2016-01-21 20:28 | パッチワーク | Comments(0)