野菜の時間

a0054240_214191.jpg
「クリスマスローズ<えんじ色>」

雨が降るのは夕方からだと言っていたのに、正午前には降り出した。
それも突然で、ここしばらくのしょぼしょぼ雨ではなくて大粒の本格的な雨。
雨具を持たずにイオンタウンに買い物に行っていた私はだいぶ濡れてしまった。
それでもジャケットは一応防水なので、ジーンズが濡れただけで済んだのが何よりだった。
雨はそのままずっと同じ調子で夜の初めまで降り続いたので、快の夕方の散歩はパス。
私は雨の日の定例の仕事、家計簿の整理と、たまっていた十年日記つけにいそしむ。
ちょうど今日で11月も終わることだし。
ついでに机の周辺も少し片づけた。
明日も雨なら部屋の大掃除をすることにしよう。

去年の今頃はよたろうさんの足腰の調子が最悪だったので、畑にも出られず、畑は草ぼうぼうだったが、今年は緑の野菜が元気に育っている。
a0054240_21171948.jpg

もう小さなブロッコリーが出来ているそうだ。
最近野菜を蒸し器で蒸しただけの温野菜にはまっている。
ブロッコリー、カリフラワー、じゃがいも、にんじんなど、どれも野菜の味が濃くなっておいしい。
蒸し時間のめやすもだいぶ分かってきた。
マヨネーズや塩、カレー塩などで食べているが、つけるものも工夫してみよう。

「あさはさんぽにいけたのにぃ~。」
a0054240_21192030.jpg


<11月読書記録>
「彼女(たち)について私の知っている二、三の事柄」  金井美恵子
「誰にも書けないアイドル論」  クリス松村
「恋歌」            朝井まかて
「花競べ 向嶋なずな屋繁盛記」 朝井まかて
「ちゃんちゃら」        朝井まかて
                     以上5冊
by hideko0611 | 2014-11-30 21:23 | 趣味の園芸 | Comments(0)

晩秋の日差しの下で

a0054240_21214277.jpg
「河原なでしこ」
なぜこの季節に…と思うが、次々開花している。

昨夜の雨は朝にはすっかり上がって、今日は快晴とはいかないが、一日じゅうまあまあの日和だった。
珍しく午前中からパッチワークの針を持つ。
やっぱり同心円のエコーキルトはすることにした。
午後は手話サークルへ。
今日は新しい人が一人見学に来ていた。
最初から積極的に、教わったばかりの手話を使って会話に参加しているので、きっと上達が早いと思う。
停滞気味の私も見習って頑張らなくては。
今日は報告事項をさせてもらう。
「しめ縄」という手話を教えてもらった。

フィギュアのNHK杯、男子は思いがけない結末になった。
伏兵の村上大介選手が逆転優勝。
ジャンプが全て完璧に決まっていた。
プレッシャーが大きかったと思われる無良選手は逆に得意のトリプルアクセルも決められず3位、ちょっと残念だった。
でも羽生選手(4位)と共にグランプリファイナルには出場出来るので、そこで本当の決着がつく。
その前に全日本があるが、女子の加藤選手なども含めて、新しい若手がどんどん出てきているので楽しみだ。
昨日今日と、よたろうさんも珍しく、篆刻をしながら9時までライブで観ていた。

昼間、庭に快がいないと思ったら・・・
a0054240_21401691.jpg
こんなところにいた。
a0054240_21375364.jpg

反対側をのぞいてみると・・・
a0054240_2142143.jpg

雨の後の穏やかな日和が気持ちいいのだろう。
by hideko0611 | 2014-11-29 21:45 | 日記 | Comments(0)

短い一日

a0054240_22191072.jpg
「ハゼの紅葉」
昔はこの実をしぼったロウでろうそくを作っていたので、この辺りでもあちこちに生えている。
カエデに負けないぐらいの燃えるような赤が美しい。

午前中はなんとかもっていた天気が、午後2時頃には早くも崩れ始める。
買い物やよたろうさんの薬をもらいに整形に行くのは午前中にすませていたので、午後はゆっくり家の中で過ごす。
夕方の散歩は行けないかと思っていたが、ちょうど4時前には上がったのでいつも通りに行き、夜はまた降るということなので、快は玄関へ。
曇りや雨のときは、いつも以上に日が暮れるのが早い感じで、今日なんて4時頃には薄暗くなっていた。
そうなるとなんとなく気がせくし、心細い感じがする。
そのかわり散歩の時間が早くなると、夕食&晩酌の時間も早くなる。
夜の時間がゆったりするので、こちらはOK。

フィギュアのNHK杯はペアも放送してくれるし、ライブなので結果だけを先に聞くこともないからしっかり観る。
無良選手が今回も素晴らしい滑り出し。
この人の力強いジャンプは魅力的だ。
羽生選手は怪我とその後の練習不足の影響かジャンプが決まらず5位発進。
でも体は大丈夫なようで、本当によかった。
まだ若いのだから、失敗も挫折もすべて次につながる大切な経験になると思う。
村上選手も宮原選手も、大きなミスなく堂々と滑って3位と4位といういいスタート。
これは明日も目が離せない。

パッチワークは、??のタペストリーの落としキルト一匹分終了した。
周囲の同心円のエコーキルトをしようかやめようか迷っている。
しない方が楽ではあるが、今まで毎年していたし、布が落ち着くのでやっぱりやろうかな。

「きょうはまじめなボクです。」
a0054240_22385842.jpg

by hideko0611 | 2014-11-28 22:47 | 日記 | Comments(0)

宮島もみじ(饅頭)狩

a0054240_2281061.jpg
「うちの菊⑬(オレンジ)」

よたろうさんと小旅行。
暖かい晴れの日も今日でおしまいという感じだし、ちょうど紅葉も見頃のようだ。
紅葉狩にどこに行こうかと迷った挙句、長門峡は電車の便が悪いし(帰りが12時台から3時台まで飛ぶ)、防府の毛利氏庭園はちょっと近すぎるし・・・で、もみじ饅頭で有名な安芸の宮島へ行くことにした。
日本三景、世界文化遺産。
今までに友人と二度行ったが、よたろうさんと行くのは初めてだ。
久しぶりなので、フェリーでないと行けないぐらい海の向こうだということをすっかり忘れていた。
じつは私は船がとっても苦手。
酔うのではなく、あの不安定な揺れがだめなのだ。
昔、佐賀の呼子でグラスボートに乗ったとき、ちょうど台風が接近していて、ひどく揺れたのがトラウマになっていると思う。
でも飛行機の揺れもだめだから、関係ないかも・・・。
とにかく船に乗るというだけでドキドキしたけれど、わずか10分、大きなフェリー、静かな瀬戸内海、穏やかな天候ということで、地上にいるのと何ら変わらないほどの安定感だった。
a0054240_22202325.jpg

海上から大鳥居を見る。
a0054240_22235098.jpg

あっという間に到着。
鹿がお出迎えしてくれた。
a0054240_2228696.jpg

ここの鹿は奈良の鹿と違って餌付けはしていないようだ。
野生なので触ったり餌をやったりしないでくださいと書いてあった。
商店街を通って
a0054240_22322223.jpg
厳島神社へ。
a0054240_22342672.jpg


a0054240_22361883.jpg

さて、肝心の紅葉の方は、ロープウェーに乗って行かないと見ごたえのあるところには行けないようだったが、時間がないので、その手前で鑑賞する。
少し散り始めている感じだった。
紅葉に鹿・・・とくるとまるで花札だ。
a0054240_22402276.jpg


a0054240_22431132.jpg


a0054240_22452164.jpg

地面に落ちている葉っぱもきれいだ。
a0054240_2302611.jpg

あなごめしの「うえの」さんは午後1時を過ぎても順番待ちの人がいっぱいなので、
a0054240_22491526.jpg
買って帰り夕食にする。
いつも通り、本当においしい!
a0054240_22541423.jpg

そのほかのお土産は、だいだい果汁醤油と元祖手焼きのもみじ饅頭。
a0054240_22561542.jpg


「きょうはかいくんのかわりにボクのアップだよ。」
a0054240_2258738.jpg

by hideko0611 | 2014-11-27 23:03 | 広島観光 | Comments(0)

紅葉黄葉

a0054240_2248245.jpg
「うちの椿①」

朝、いつものように旧道を歩いていると、突然快が何かを見つけて走り出した(よくあることだけど)。
a0054240_22524972.jpg

イノシシかと思ったら、大きな木の一部だった。
いったいどこから、何が原因でここに転がってきたのか、まったく分からない。
それほど雨も降っていないし、もちろん風も吹いていないのに。
昨日は一日灰色の空だったので、朝から青空がのぞいていると、それだけでうれしくなる。
a0054240_22563750.jpg

それなのに、卓球が終わった頃にはまたまた曇り空で、すぐに雨が降り出した。
昨日と同じようにしょぼしょぼ雨。
雨具を持って行かなかったけれど、ジャケットでほとんど濡れないぐらいの雨だったので助かった。
昨日のよたろうさんの二の舞になるところだった。
よたろうさんに頼まれたもの(絵を描く紙、謡の本、月謝袋)を買い求めたり、駅に用事で寄ったりしていたら、またまた昼食を食べそびれそうになり、急いで閉店間際の「くうかい」に入ってうどんを食べる。
もちろんトッピングは全部売り切れていたので、温泉卵だけつけてもらい、美味しくいただく。

7時のニュースで、今年の紅白に中島みゆきさんが出場するということを聞いて、半分寝かかっていたのに(早い!)あっとという間に覚醒する。
全く予想もしていなかっただけにとってもうれしい。
もちろん「麦の唄」を歌うんだろうけど、会場で歌うのかな。
北海道の余市からかな。
ほかの歌もメドレーで歌ってくれないかな。
薬師丸ひろ子さんも出場(なんとこれが初!)ということで、これまたうれしい。
コブクロがいないのは残念。
ソチオリンピックは今年だったのにね。

??さん二匹アップリケ完成。
a0054240_2384693.jpg

あとはキルト芯と裏布を重ねて少し落としキルトするだけ。
額に入れればそれで完成なんだけど、私はやっぱりパイピングするつもり。

文化会館前のカエデがきれいに紅く染まっていた。
a0054240_23192524.jpg


a0054240_2314183.jpg

イチョウはもういたるところで黄色い明かりのようになっている。

快のリードも新調したので、きれいに赤くなった。
a0054240_23221965.jpg

by hideko0611 | 2014-11-26 23:26 | 日記 | Comments(0)

ようやく針仕事シーズン

a0054240_23533553.jpg
「シャコバサボテン」
今朝は雨だと分かっていたので、快の散歩は無理。
ということで、ラジオ体操もパスして好きなだけ朝寝坊してもいいと、よたろうさんの許しを得ていた。
ところが・・・
早起きの習性が身についてしまったのか、単に年をとって早く目が覚めるようになったからか、7時20分には起きてしまった。
独身の頃、休みの日はお昼前まで寝ていられたのに・・・。

散歩は11時過ぎに行ったが、結局一日中しょぼしょぼ雨は降っていた。
a0054240_074473.jpg

謡から帰って来たよたろうさんが見慣れない雨具を着ていると思ったら、往き(9時頃)にすごく降られてしまい、もう古くなっていた雨具が用をなさなくてびしょ濡れになったので、ワークマンで急遽新しいのを買ったとのこと。
お気の毒でした。

私は午前中は冷蔵庫の残り半分(野菜室・冷凍室・扉のポケット)の大整理。
そこで発見されたもの(ユリ根・鮭の粕漬・黒豆の煮たのetc.)で、夕食の献立はまかなえた。
午後と夜はパッチワーク。
二枚目の未のアップリケと、モンステラのバッグのアップリケをどんどん進める。
庭仕事から手が離れたので、ようやくパッチワークを手にとれるようになってきた。
これから春までが私のパッチワーク強化期間。
そしてパッチワークをやり始めると、たまっていた録画ドラマがどんどんはけていく。
「相棒」の第一話がやっと見られた。
初回は2時間スペシャルなので、なかなか見られなかったのだ。
秋ドラマは「さよなら私」「Nのために」「昨夜のカレー 明日のパン」「キャロリング」など、見るものがたくさんあって忙しい。

今日はなぜだか、散歩の途中で「横向き きちんと座り」が多かった快。
a0054240_0213880.jpg


a0054240_0254311.jpg
右を向いたり左を向いたり。
by hideko0611 | 2014-11-26 00:27 | パッチワーク | Comments(0)

イチョウ色に染まる

a0054240_22255280.jpg
「ハナキリン」

暖かい日は続く。
そして今夜から明日の午前中は雨の予報。
明後日が「その他プラスチック」の日なので、処分する予定の壊れたプランターやプラスチック製の鉢を水でざっと洗って乾かしておく。
セツコさんからいただいたマトリカリヤの苗を下の畑と花壇に分けて植えた。
同じ日にいただいた京鹿の子の苗はすぐに植えたが、マトリカリヤは黒いビニルポットに植えたのを下さったので、どこに植えようかと迷ってしばらく置いたままにしていた。
小さいけれど、花つきがよくて可愛い花。
よたろうさんは下のカズラ(葛)と連日格闘して、だいぶやっつけてくれた。
木の高いところに巻きついているツルは木の枝ぐらい太くかたくなっていて、とてもほどけない。
下の方で切ってあるので、後は枯れるのを待つしかないようだ。
私も枝切り鋏で少し応戦してみたが、難しい。

ずっと気になっていた冷蔵庫の中を半分掃除する。
ちょっと魔窟になりかけていた。
いけない、いけない。
定期的に掃除しないと、食べ忘れたものが哀れな末路をたどってしまうのだ。
今回は杏ジャムが・・・。

イチョウの葉がどんどん落ちて、掃除をする人は大変だろうが、世界が黄色に染め上げられてなかなか美しい。
小学生とイチョウはよく似合う。
a0054240_2238681.jpg

柴犬とイチョウもよく似合う。
a0054240_22402946.jpg

by hideko0611 | 2014-11-24 22:45 | 趣味の園芸 | Comments(0)

勤労の日

a0054240_2246013.jpg
「ボンザマーガレット」

日の出前の空がかすかに薔薇色の朝は、気持ちよく布団を離れられる。
a0054240_22484050.jpg

まあ、いずれにしてもここ数日は、湯たんぽ要らず、ストーブ要らず、散歩の上着要らずの暖かさだ。
これでまた冷え込んできたら、こたえるだろうな。

年末仕事の一つ、応接間の障子の張替をよたろうさんがやってくれた。
私は紙を貼るときに端っこを持つのと、余分な紙を切り落とすための物差しを押さえるのとが仕事。
ついでにレースのカーテンを洗ったり、窓を拭いたり、障子の周辺をきれいに掃除したりして働く。
今日は台所の大掃除・・・と思っていたんだけれど、そういう仕事に時間を使ったので、ガスコンロ周辺の掃除だけにしておく。
暖かいと仕事がはかどるなぁ、

大相撲で白鳳が大鵬に並ぶ32回目の優勝。
日本人よりも日本人的な白鳳。
優勝した後は感無量といった感じだった。
今までの優勝シーンを振り返る場面で、中島みゆきさんの「麦の唄」がバックに流れるものだから、パブロフの犬状態になって涙ぐんでしまう。

夜は「Nのために」2回分を見ながら、未のタペストリー、一枚アップリケまで仕上げた。
a0054240_23232182.jpg

終わってから型紙を比べてみると角がえらく顔の上の方にある。
でももうやっちゃったので、いいことにしよう。
鬼門の足は意外とスムーズにいった。

初物の銀杏を炒って、晩酌のときにつまむ。
a0054240_2345468.jpg

大根とすじを炊こうと思って大根を畑から抜いてきたら、政所のおいしい肉屋さんにすじ(アキレスじゃない切り出し肉の方)がなかったので、しかたなく4品おでんにする。
あれもこれも…と入れていくと、何日も食べないといけないぐらい出来てしまうので、大根以外に鶏の手羽先と丸天と厚揚げだけ。
a0054240_239166.jpg

それでもけっこうおいしい。

よたろうさんと待ち合わせた時に、飛びつく瞬間の快。
a0054240_23153315.jpg


a0054240_2313251.jpg

両手がばんざいになっている。
by hideko0611 | 2014-11-23 23:18 | 日記 | Comments(0)

紅葉すすむ

a0054240_20441629.jpg
「ヒメツルソバ」

防府のアスピラートでパッチワークの教室の展示会があると聞いたので、ハニービーの先生の教室かと思って行ってみたが、そうではなかった。
(ミシンキルトが主だった。)
同じ場所でソロプチミストのバザーがあったのでそこをのぞいて帰る。
バングラディシュの巾着やフェアトレードのチョコレートなど少し買い求めた。
防府駅前の欅の紅葉がきれいだった。
a0054240_2144334.jpg

駅の構内に紅葉便りがあったので見てみると、けっこう見頃のところが多い。
a0054240_21134385.jpg

そろそろ色あせはじめや落葉のところもある。
来週じゅうには見に行かなくては。

午後は手話サークル。
いつもなら2時に行けばいいのだけれど、クリスマス会のゲームの相談をするので、1時間早く行く。
そのため少し慌ただしかった。
今週はパッチワーク、読書会(一日)と出ることが多かったので、今日が終わってホッと一息。
それぞれの活動は楽しいんだけれど、外に出るときは気持ちも慌ただしくなるし、家の中のことが十分出来ないので、そういう日が続くとなんだか落ち着かない。
明日からはゆっくり家で過ごそう。

読書会の課題図書だった、朝井まかてさんの「恋歌」が面白かったので、同じ作者の本で文庫化されているものを買ってみたら、これまた面白い。(「花競べ 向嶋なずな屋繁盛記」)
巧い小説だと思うし、何より読後感が爽快だ。
また気に入りの作家さんが一人ふえた。

今日も遅くなったので、夕方の散歩は上へ行く。
思いがけないところに美しい紅葉が見られた。
a0054240_20584340.jpg

ちょうど太陽が山の端に沈むところ。
a0054240_2102391.jpg

下に行くと1時間はかかる散歩が上だと30分ですむので、これからしばらく土曜日は上に行くことになる。

a0054240_2183963.jpg
「どっちにしても昼は寝とこうっと。」
by hideko0611 | 2014-11-22 21:09 | 四季の移ろい | Comments(0)

年に一度の本づくり

a0054240_2130292.jpg
「ヴィオラ<野うさぎミーモ>」

今朝の空。
いつも低いところに雲があってのぼってくる太陽がきれいに見えないのに、今日はきれいな真ん丸だった。
a0054240_21465075.jpg

ごみを捨てに集積所まで行く途中で、もう開花している水仙を2輪発見。
a0054240_22233187.jpg

あまりの早い開花にびっくりする。
いつもどんなに早くても、12月の声を聞いてからだったと思うんだけど。
遅い時は年が明けてからのこともある。
平均は年末近くかな。
うちの水仙は今年は植え直したから開花が遅いだろうし、咲かないものも多いと思う。

快のいる方の庭の草抜きが終わったよたろうさんの朝の仕事は、斜面の草刈り。
a0054240_21523079.jpg

ここが終わった頃には、また畑の草が伸びているのでそちらと格闘しないといけない。
その繰り返しだ。
去年は今頃から足腰の調子が悪くなって、暖かくなるまでほとんど仕事が出来なかった。
薬を飲んでいるので今のところは大丈夫だけれど、本格的に寒くなってきたらどうなるか、ちょっと心配している。

私は読書会の文集を印刷製本する日なので、今日は一日仕事。
始まりもいつもより早く9時半集合だった。
午前中にページ番号順に原稿を貼っていく仕事をする。
干支の馬の絵が必要になったので、私が家まで取りに帰ってきた。
お弁当を食べて、「恋歌」(朝井まかて著)の読書会を1時間ほどやってから印刷、製本にかかる。
紙を折ったり、1枚ずつ取っていって製本したりしていると、大学のクラブ(児童文学研究会)の機関誌を作ったときのことや、教師時代に子どもたちの文集を作ったときのこと、研究冊子を作ったときのことなど、いろいろ思い出す。
3時頃、仕事はすべて完了。
急いで買い物をすませて帰ったが、どうも雲行きが怪しい。
帰った頃にぱらぱら降って来た。
でも雨雲レーダーでは大丈夫そうだったので、時間も少し遅くなったことだし、久しぶりに上に散歩に行く。
それ以上降られることはなかったが、夜に雨が降ると天気予報で言っていたような気がして、快は玄関ホテルにお泊りいただいた。
(8時過ぎからきっちり降り始めた。)

カエデも少し色づいてきた。
a0054240_2159232.jpg


a0054240_2272135.jpg

来週ぐらい、よたろうさんと近場に紅葉狩りに行く予定にしている。

a0054240_22195184.jpg

よたろうさんの草刈りを監督している快。
by hideko0611 | 2014-11-21 22:21 | 読書 | Comments(2)