一年の半分

a0054240_2152731.jpg

「半夏生」

6月最後の日は夏越の祓え。
買い物帰りに山崎八幡宮で茅の輪くぐりをしようと思っていたのに、忘れてしまった。
輪はまだ明日も残っているかしら。
曇りの予報だったと思うのに、太陽が出て暑い一日。
a0054240_2205038.jpg


午後からよたろうさんと母の部屋のいろいろな片付けものをする。
当たり前のことだけれど、二人でやると労力も時間も半分ですむ。
一度にするのは無理なので、毎日少しずつやっている。
この機会に、自分の物やほかの部屋も整理しようと思っているんだけれど、だんだん暑くなるので途中で挫折してしまいそうだ。

「きょうはみつけたよ~。」
a0054240_2158352.jpg

「みつけられた~。」
a0054240_2223261.jpg


<6月読書記録>
「志士の風雪 品川弥二郎の生涯」  古川 薫
「竜宮ホテル」           村山 早紀
「竜宮ホテル 猫たちのいる時間」  村山 早紀
「おしまいのデート」        瀬尾 まいこ
「半熟AD]             碧野 圭      以上5冊
今月は漫画に読みふけっておりました・・・。
by hideko0611 | 2014-06-30 22:07 | 日記 | Comments(0)

庭に出る

a0054240_2249778.jpg

「グラジオラス」

いろいろなことに取り紛れているうちに、6月も終わろうとしている。
晴れた日は真夏並みの暑さなので、すっかり忘れていたが、まだ梅雨の最中だった。
やっと前半が終わったところで、今までは去年に比べると雨量は少なかったけれど、7月はまとまった雨が降るらしい。
約10日ぶりに庭仕事を少し。
水やりだけは欠かさなかったが、目が行き届かなかったので、雨に当たったインパチェンスがだめになっていた。
地植えにしたヒマワリももう一つ生育がよくない。
プランターに残した方が大きく育っているぐらい。
根を傷めてしまったのだろうか?
ほかの植物も、これからの雨で根腐れをおこさせないように気をつけよう。
今日は植物の状態をチェックしながら、水やりを丁寧にして、少し草抜きをしただけ。

a0054240_2305984.jpg

「どうしてアタシ(ボクかもしれない)にきがつかないのっ?」
a0054240_23124253.jpg

by hideko0611 | 2014-06-29 23:05 | 趣味の園芸 | Comments(2)

旅立ち

a0054240_5574321.jpg

「ブルースター」

ブログを一週間お休みして、ご心配をおかけしました。
6月22日に、同居していた主人の母が93歳で永眠いたしました。
入院して五日目、突然のことでしたが、安らかな最期でした。
家族、親族(千葉・東京・京都と遠方の孫も全員来てくれました)とご近所の皆様に囲まれて旅立ちました。

お世話になりました皆様、ありがとうございました。
by hideko0611 | 2014-06-29 06:13 | 日記 | Comments(2)

木は下へ

a0054240_20591353.jpg

「ストケシア」
花壇で今花盛りなのがこの花。
宿根草の中で、毎年順調に花を咲かせ、株がやたら増えすぎず減りもせず・・・という優等生の一つ。
a0054240_20504785.jpg

花の色も紫2種(濃いめと薄いめ)、白、ピンクと4種類ある。
今のところピンクはまだ咲いていないが、たぶん咲いてくれると思う。

昨日のポイント予報では朝から(というより夜中から)雨だったのに、朝起きてみるとまだ降っていない。
もちろん快の散歩にも普通に行けた。
その後午前中はも降りそうで降らず、結局降り出したのは手話サークルの途中だった。
今日の手話サークルは、その前に聴障会のサロンがあったので、聾者の参加が9名ととても多くてたくさん会話出来てよかった。
いつもこんなだといいのになぁ。
手芸の得意なTさんは、もうめがねケースを完成。
私より絶対上手だ。
風邪をひいて先週は欠席だった最高齢のWさんが、元気になって来ておられたので安心した。
帰りは雨がだいぶ降っていたので、持って行った雨具をしっかり着込んで帰る。
しばらく前に買った新しい雨具は今のところとてもいい具合で、まったく濡れない。
夕方の散歩はパス。

土建業者さんに貸していた土地(下の畑の残り半分)が返却されることになった。
整地もほぼ完了。
a0054240_2113811.jpg

ここまで畑にするにはとても手が回らないので、木ものを植えることにしようとよたろうさんと話し合っている。
秋になったらいろいろ果樹を植えようと思っているが、まず今鉢植えにしている木もの(椿・山茶花類や花が終わったアジサイなど)を地植えにする予定。
スモークツリーも地植えにしたら大きくなるだろう。
耐寒性のある木ものは出来るだけ下に持って行き、鉢は減らしていかないと、移動、植え替えなどが大変だし、木にとってももちろん地植えの方がいいに決まっている。

a0054240_21211357.jpg

「きょうはあめがふったから、だいぶまえのボクだよ。」
by hideko0611 | 2014-06-21 21:24 | 趣味の園芸 | Comments(1)

蟻がぞろぞろ

a0054240_22284664.jpg
「カラー」

昨日はすっきり晴れていたのに、
a0054240_2158484.jpg
今日はまた朝から曇っている。
a0054240_2223545.jpg

いくら雨が少な目とは言っても、やはり梅雨の真っ只中だ。
明日は雨の夏至になりそう。

快が変な物を拾い食いしないように、たえず地べたを見て歩いているので気がつくのは、この季節、蟻の行列がじつに多いこと!
長くて蟻の数も半端じゃなく多い。
写真ではよく分からないけれど、快の後ろにぼんやりと見える黒いすじがそれ。
a0054240_228838.jpg

家の中に入ってきませんように。

みかんさんに長い間借りっぱなしになっていたタカラヅカ関係のビデオをお返しする。
ポチタマクリニックで夕方5時に待ち合わせして、お貸ししていた漫画と交換。
おいしいパンもいただく。
今日は山口の方へ仕事で出かけておられたということなので、山口のパン屋さんかな?
今度聞いてみよう。
辛子をはさんだフランスパンとか、大きなコッペパン風の中にウグイスあんが入ったのとか、ちょっと変わっていて面白い。
またゆっくりお茶でもしたい。

「おとうさんとらぶらぶさ~。」
a0054240_22215659.jpg

by hideko0611 | 2014-06-20 22:24 | 日記 | Comments(0)

初夏の花木たち

a0054240_2348637.jpg
「(児玉公園の)ジャカランダ」
数年前の冬の寒さで桜並木に面した方の木は枯れてしまったが、トイレの前の木は今満開。
a0054240_23512819.jpg

最近は苗も売っているが、熱帯~亜熱帯の植物なので、屋外での冬越しは難しそうだ。
葉っぱはネムの木にも似ている。
こちらもそろそろ花の季節。
a0054240_23554833.jpg

ノウゼンカズラもあちこちで見かける。
a0054240_0101877.jpg

そして桜並木の緑はすっかり濃くなった。
a0054240_002728.jpg


パッチワークのポーチがもう一息で仕上がる。
周囲のパイピングをして、ファスナーを付けるところまで出来た。
あと、底をつまんでマチを作り、中袋を縫いつけたら出来上がり。
うれしくてついつい夜更かししてしまった。
今まで作ったポーチはほとんど友人にあげてしまったので、自分用のは久しぶり。

「くさむらをあるくと、かおがぬれちゃうの。」
a0054240_045763.jpg

私は靴とジーンズが濡れて、散歩から帰るたびに靴下とジーンズをはきかえなくてはならない毎日。
by hideko0611 | 2014-06-20 00:08 | 四季の移ろい | Comments(0)

a0054240_2152654.jpg
「うちのアジサイ」

雨は意外としぶとく、今日もやんだかと思えばまた降り始め、一日中ぐずぐずしていた。
快の散歩はほとんどやんだのを見計らって9時半頃に家を出る。
雨の後の道はすべりやすい。
いつもはいているすべりにくいトレッキングシューズが昨日の雨で濡れてしまったので、普通のスニーカーだと特に危ない。
「こういうみぞぶたとかきんぞくのところがいちばんきけんで~す。」
a0054240_21135636.jpg

「つぎにきけんなのはおちばがうすくつもっているところで~す。」
a0054240_21193253.jpg

二回ほどつるつるすべりそうになりながら、なんとかこらえた。
ところが夕方、のぼりの傾斜が急なところで、ついにつるりとすべってしまった。
おまけに、すぐ前にいた快のしっぽのあたりにつんのめったので、びっくりした快に恫喝されてしまった。
やっぱり雨の後は、近道でも急な道は通らないことにしよう。

昨日の決心通り、漫画の本棚をきれいにする。
a0054240_2126045.jpg

本棚の整理は本を全部取り出して、棚を雑巾でふき、本も乾いたタオルでふいてまた入れるだけ。
ここに並んでいるだけでも1000冊以上あるので、それだけの作業でもけっこう時間がかかる。
少しずつ増殖した本を横積みに積み上げていたのをやめて、どうしても入りきらない分は物置へ。
一部ブックオフへ持って行くものもある。
貴金属も骨董も何一つ持たない私の一番の財産は本、特に漫画類かもしれない.
物置にも、まだこの半分ぐらいの量が箱に詰めて置いてある。
by hideko0611 | 2014-06-18 21:52 | 読書 | Comments(0)

雨の日は漫画を読もう

a0054240_20341831.jpg
「うちのアジサイ」

思っていたよりも早く、9時頃には雨が降り始めた。
雨がたっぷり降る前に挿し芽や植え替えをしておくといいので、少し濡れながらも白の千日紅をプランターに、ヒマワリとコスモスを花壇に定植してしまう。

午後は(時々昼寝をしながら)漫画三昧。
「海街diary」は5巻まで読み終わった。
a0054240_20435946.jpg

予想以上に面白かった。
登場人物のさまざまな人生が、温かいまなざしで切り取られていて、私の好きな世界だ。
7月に6巻が出るので楽しみ。
吉田秋生さんのほかの本を書店で探しているうちに、ずっと買い続けているシリーズものの新刊が出ているのを見つけて買ってきた。
a0054240_2046533.jpg

どちらも同じような話の繰り返しなんだけれど、ほんわかと温かい世界が好きで、ずっと読み続けている。
「夕焼けの詩」はもう62巻。
「あぶさん」も「釣りバカ日誌」も「じゃりんこチエ」も途中でやめてしまったが、これだけはずっと続いている。
最近見つけたのがこれ。
a0054240_20511684.jpg

「フイチンさん」という漫画をご存じだろうか?
1957年から1962年まで「少女クラブ」に連載された上田トシコさんの漫画で、その上田さんの漫画家人生を「仁」や「六三四の剣」の村上もとかさんが描いている。
同時期に活躍した「サザエさん」の長谷川町子さんに比べると知名度は低いが、個性的な漫画家だった。
なぜ村上さんが上田さんのことを描こうとしたのかは分からないが、同じ漫画家として何か感じるものがあったのだろう。
そういえば、漫画の棚も久しぶりに整理しなくては・・・。

雨がずっと続いているので夕方の散歩はパスしようとしたら、6時頃小降りになり、快が散歩前の定位置で待っているので、日没と競争で連れて行く。
6時半に家を出て、いつもなら1時間以上かかるところを40分で帰って来た。
さすがに今日は快も座り込みはしなかった。

a0054240_2131038.jpg

「おと~さんのくさかりをかんとくしているのは、きのうのボクだよ。
きょうはあめなのでしゃしんとってもらえなかったの。」
by hideko0611 | 2014-06-17 21:06 | 読書 | Comments(0)

まだまだごろごろ

a0054240_21222070.jpg
「うちのアジサイ」

今日も相変わらず景色がかすんでいる。
a0054240_2129281.jpg

夜は窓を開けて寝ていると寒いくらいだ。
でも日中は蒸し暑い。
今年の梅雨は予報通り雨が少な目だけれど、明日はまた崩れそう。
その前に・・・と、三回目の水仙の球根掘り出し。
まだまだ出てきてバケツ半分になる。
もっと深く掘ればまだ出てきそうだけれど、ここでギブアップ。
a0054240_21254980.jpg

そろそろ腐葉土と堆肥を混ぜて土壌改良をしよう。

バイクの後ろかごにつけていたカバーが破れてしまった。
中身を詰め込みすぎて、ふた部分のファスナーが少しずつ外れて来て、とうとう2、3日前に全部取れてしまったのだ。
ふたをひらひらなびかせて走るわけにもいかないし、新しいのを買いに行って来た。
a0054240_21375944.jpg

その時展示品のバイク(原付)を見ていたら、とても種類が少なくなっている。
私が乗っているSCOOPYももう作っていないんだって。
DIOはあるけれど、国産品じゃない。
シンプルな扇風機も石油ストーブも最近は大手の電機メーカーは作っていないし、なんだかちょっと寂しい。
利益率が低いからだろうか?

「頂」のつけ麺を食べてみた。
具は焼き豚、きゅうり、薄焼き卵。
麺は水洗いせずに熱いままにしてみる。
なかなかおいしかった。

a0054240_21425655.jpg

「このてつぼうだったら、ボクでもさかあがりができそうだ~。」
by hideko0611 | 2014-06-16 21:45 | 趣味の園芸 | Comments(2)

梅採り仕事

a0054240_449275.jpg

「うちのアジサイ」

夕食後お風呂に入ったら、そのまま(お風呂の中ではないし、ちゃんと着替えたが)朝までぐっすり寝てしまった。
夕方自治会の広報を配りに走り回ったから疲れたのかも。
たった8軒なんだけれど、ほとんどの家に行くために坂を上り下りしなければならない。
この辺りの郵便や新聞を配達する人は大変だなぁ~といつも思う。
というわけで、明け方起きてこれを書いている。

ここ二日風景がひどく霞んでいる。
a0054240_4595497.jpg

太陽もはっきり見えないぐらい。

梅の実を採って、4軒に配って回る。
今年は少し成りが少ないような気がする。
でも、変わらず大きな実で、皆さんに喜ばれた。
うちは残ったらブランデー梅酒にしてもいいけれど、今までつけた梅酒がまだまだ残っているので、今年はあまり梅仕事をする予定はない。
梅ジュースはあまり飲まない(甘すぎるし、ほかのもの<アルコール>を飲むので)し、梅ジャムは酸味が強いし、梅干しもいっこうに減らない。
田舎では、たいていの家に梅と茶の木はあるのではないだろうか。
お米を作って、一年分の梅干しとお茶があればそれだけで心強かったのだと思う。

a0054240_5153239.jpg
地味な夕食にサクランボが彩を添えてくれる。
今年初物の枝豆は、塩加減が絶妙に決まったと自画自賛。
カボチャの味付けも。
アジはジョーさんが釣って届けて下さったものを、よたろうさんが自家製干物にしてくれた。
スパム入りのゴーヤチャンプルーは昨夜の残り。

家を守る犬その①
a0054240_5195735.jpg

「だって、ここがすずしいんだも~ん。」
家を守る犬その②
a0054240_5233257.jpg

「だって、ものみったらこわいんだも~ん。」
by hideko0611 | 2014-06-16 05:26 | 四季の移ろい | Comments(0)