<   2014年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

嵐のあと

a0054240_22473528.jpg

「タンポポ」

雨は朝までしっかり降り続き、雨量もかなり多かったみたい。
快がいつも水分補給する山からの湧き水も、今日は小さな激流と化している。
a0054240_22535975.jpg

そこで水を飲めなかったからって、アスファルトの小さな水たまりの水を飲まなくったって・・・。
a0054240_22555694.jpg

うちの家の前にまで、カニがやって来ていた。
a0054240_22581982.jpg


雨は8時前には上がったけれど、雨雲はその後も何度かやって来て、時折強い風も吹く花嵐の名残の一日。
そんな中、家の近くでもあちこちで桜が満開になった。
a0054240_236439.jpg


a0054240_2375972.jpg


a0054240_2391698.jpg

昨日の雨でもなんとか散らなかったようだ。

やっぱり、4月1日からの消費税UP前の買い物をちょっぴりしてしまう。
と言っても、トイレットペーパーやティッシュペーパー、ラップぐらいだけれど。
スーパーなどは明日早じまいをするか、明後日遅くオープンするかして、棚卸をしたり、値札を付け替えたり大変みたい。

by hideko0611 | 2014-03-30 23:15 | 四季の移ろい | Comments(0)

花の命は短くて

a0054240_20172367.jpg

「オキザリス<セルヌア>」

午後から花嵐。
あっという間に満開近くになったソメイヨシノが雨にうたれている。
散ってしまうのもあっという間かもしれない。

雨が夕方にはひどくなりそうなので、手話に行こうか迷ったけれど、来週の総会で議長をすることになっているので、その時の確認がしたくて出かける。
ちょうどよたろうさんも同じ場所で水墨画連盟の役員会があるので、往きはいっちゃんの車で送ってもらい、帰りは二人でバスで帰って来た。
議長は手話はしなくてもいいと言われていたんだけれど、せっかくやるならちゃんと自分で手話をしたい、と思ってお願いした。
議長のしゃべることは定型文が多いので、それを覚えておけばいいのだ。
ただ、あまり使ったことのない単語(監査とか、質疑応答とか、予算とか)もあるので、忘れないようにしなくては。

雨なので夕方の散歩はパスして、帰ってから早目にお風呂に入って体を温めた後、たけのこご飯をしかける。
煮物の方はよたろうさんが担当。
どちらも夕食においしくいただく。
雨で木の芽を採って来られなかったのが残念だ。

雨が降り始めているのに、平気で寝ている太っ腹(?)の快。
a0054240_2057957.jpg

by hideko0611 | 2014-03-29 21:00 | 手話 | Comments(0)

桜と筍

a0054240_2215367.jpg

「西洋桜草」

初めて図書館の読書会に参加。
参加者は13名。
自己紹介の後、一人ひとりが読後の感想を述べて、さらにみんなでディスカッションをした。
今日で辞められる方の挨拶などもあって、読書会に費やした時間は実質1時間ほど。
自分自身の体験(青春の思い出など)も交えて、思ったことを素直に言い合える雰囲気だった。
もっと長い時間話し合いたかったぐらい。
これならなんとか続けられそうだ。
読書会の後、友の会(ボランティア)の人は残って、古本市の準備をする。
と言っても、段ボール箱から出して、バーコードをマジックで消したり、リボン図書のシールで隠したりして、机の上に並べるというだけの簡単な作業なので、30分ちょっとで終わる。
並べた後、私も3冊本をいただいて帰る。
芳志料として1冊10円。
a0054240_22172689.jpg


終わってから、今日はよたろうさんが一日家にいてくれるので、昨日気になっていた東川の桜を見に足を延ばす。
昨日よりもさらに開花が進み、すでに八分咲きぐらいの木もある。
トータルしても五分咲きを超えていたと思う。
川に向かって枝が伸びている感じは、西宮の夙川を思い出させる。
a0054240_22224369.jpg

陽光桜とソメイヨシノが、ピンクの濃淡のコントラストを作り出している。
a0054240_22254599.jpg

背景に高い建物があったり、
a0054240_2228393.jpg

石油タンク(最近操業を停止した)があったりするのも、変化があって面白い。
a0054240_2231621.jpg

近くの会社の入り口にある枝垂れ桜がみごとだ。
a0054240_22335141.jpg

バイクを押しながらの短時間の散歩だったが、十分今年の桜を堪能した。

セツコさんちから、立派な筍をいただく。
a0054240_22373990.jpg

うちは筍が採れる山はないので、ご近所からこうしていただくと、とっても嬉しい。
コイン精米所から無料のぬかをもらってきて、さっそくゆでる。
明日、たけのこご飯&ワカメと筍の煮物を作る予定。
a0054240_2242314.jpg

「それはボクにもたべられるの?」

by hideko0611 | 2014-03-28 22:42 | 四季の移ろい | Comments(0)

目にも舌にも春

a0054240_1522314.jpg

「カラスノエンドウ」

昨日が雨で行けなかったので、今日卓球に行って来た。
いつもと曜日が違うので知っている人がいないのじゃないかと思っていたが、ジョーさん、ヨーコちゃん、トモコさん初め、よく知っているメンバーばかりだった。
初めての人と打つのも刺激があって面白いが、なじんだ人達と打つと気を遣わずに楽しく練習出来る。

昨日の一日中雨から一転して、からりと晴れて初夏並の暖かさ、いや暑さ、かな?
雨と暖かさで、桜の開花が一気に進む。
徳山の桜並木は、もう三分咲きぐらい。
4月6日の「こあ」の桜まつりの頃は、だいぶ散っているのではないかと心配する。
a0054240_1585319.jpg


a0054240_204124.jpg


a0054240_221389.jpg


東川の桜はもう少し開花が進んでいる。
開花時期の早い陽光桜も多いので、この週末は見頃だと思うけれど、天気予報では雨。

春・・・と言えば、こんな楽しみも。
ワラビやフキが採れ始めたので、よたろうさんが煮物を作る。
a0054240_2244853.jpg

どっちがどっちかよく分からないけれど、生のアオサノリの佃煮と、フキの葉っぱの佃煮も。
a0054240_2265252.jpg

私は、よたろうさんがいただいてきたザボンの皮(白いワタの部分だけ)の砂糖煮を作る。
今日の日差しでよく乾いた。
a0054240_2315584.jpg

グラニュー糖をまぶして出来上がり。
a0054240_2332198.jpg


タンポポと快。
a0054240_212436.jpg

抜け毛が頭の方にまで到達してきて、たてがみみたいになってきた。
a0054240_2142532.jpg

桜と快。
ツーショットで撮るのは難しい。
a0054240_2452792.jpg

by hideko0611 | 2014-03-28 02:33 | 四季の移ろい | Comments(0)

雨の日は針を持とう

a0054240_20274653.jpg

「大杯水仙」

結局一日中雨。
夕方は霧で何も見えない。
a0054240_20461388.jpg


a0054240_20505059.jpg

それでも、朝(8時半頃)も夕方(4時頃)も、雨の合間をぬって、なんとかほとんど濡れずに散歩には行けた。
「(行くなら)今でしょ!」
という読みが当たるとうれしい。

雨の日は色々たまっていたことを片付ける日。
この前のパッチワークで時間内に完成しなかったアロハシャツのポケットティッシュ入れを仕上げる。
a0054240_2123769.jpg

十日間の10年日記を書き、家計簿もつけた。
机の上も少し片付け始める。
そうしたら、今頃になって、古いパソコンからデータを移す方法を書いた本が出てきた。
パソコンを注文した日にエディオンでもらってきたのだった。
パソコンが届いたときについていたマニュアルより、よっぽど詳しい本。
先にこれを見ていたら、Outlookのアドレス帳も移せたのにね~。
いつも肝心なときに、必要なものが見つからないのだ。
(それを整理が悪いと言うのだよ。)
それでもプリンターにつないで印刷することも出来たし、はがきソフトのデータも移せた。
ここ2、3日はブログのトラブルも起きていないし、インターネットはさくさく開くし、今のところはうまくいっている。

うっかりしていたら、世界フィギュアが始まっていた。
今日は男子のショートプログラム。
予約録画しているからいいようなものだが、町田君の会心の演技(1位)をLIVEで見逃してしまった。
久々の小塚君(髪が短くなってイメージが変わっていた)も。
羽生君は珍しいショートのミスで3位発進。
でも明後日は後れを取り戻すだろう。
明日の女子は最初から見なくっちゃ。

a0054240_20552567.jpg

「きょうはあめなのでしゃしんをとってもらえなかったから、みっかまえのボクだよ。」

by hideko0611 | 2014-03-26 21:02 | パッチワーク | Comments(0)

あちこちに春

a0054240_21264657.jpg

「ムラサキケマン」

晴れは昨日までで、今日からしばらくは曇天が続くという週間予報だった。
確かに朝からこんな雲。
a0054240_21301874.jpg

いつ降り出すか分からないので、卓球に行こうかと思ったがやめておく。

結局データを移す方法が分からなかったので、パソコンのアドレス帳から友人のメールアドレスを、手でせっせと書き写す。
なんというアナログ!
今日は、古いパソコンを引き取りに来てもらうことになっていた(安心引き取りサービス)。
それが午後2時から4時の間の約束だったが、2時過ぎには、もういつ降り出してもおかしくないような雲行き。
快の散歩に早く行きたいし、よたろうさんに頼んでもいいんだけれど、何かトラブルがあったら私でないと分からないし・・・と悩んでいたが、4時前に何とか来てもらえた。
パソコンを送り出して、すぐに散歩に出る。
途中で雨が降り出したが、幸い家に着くまで大降りにはならなかったのでよかった。
(本格的に降り始めたのは6時前。)

畑の食べきれなかった葉もの野菜が、今一斉に花を咲かせている。
まずは水菜。
a0054240_2147528.jpg

次はターサイ。
a0054240_21483192.jpg

ブロッコリー。
a0054240_21494972.jpg

カブの花は黄色いのに、
a0054240_21511181.jpg

なぜ大根の花は白いのだろう?
a0054240_21534751.jpg

とにかく今、畑は菜の花が花盛り。

山口も桜の開花宣言が出た。
曇ってはいても、すっかり春の気分なので、「いよや」で苺大福を買ってみた。
a0054240_21575311.jpg

あんこ少な目のあっさり味でおいしい。

by hideko0611 | 2014-03-25 22:02 | 四季の移ろい | Comments(0)

痛たた・・・

a0054240_20403115.jpg

「ローズマリー」

朝と昼の気温差がとても大きい。
日中はカットソ一枚でも過ごせるぐらいだった。
母をデイサービスに送り出した後、よたろうさんの畑仕事を一時間ほど手伝う。
エンドウの茎をまた折ってしまった私はエンドウ畑から追放されたので、イチゴの周囲の草を抜いた。
イチゴの茎はとっても強いので、ぐいぐい草を抜いても大丈夫。

昼食は、よたろうさんには「勝平」の広島風お好み焼、私には「くるりんぱ」の大阪風モダン焼を買って来た。
私達夫婦はお好み焼の好みが全く違うのだ。
そしてお好み焼には、これがなくっちゃ。
桜の季節にだけコンビニで販売されるオリオンビールの「いちばん桜」を一本ずつ。
a0054240_21122463.jpg

ポカポカ日和にお昼からアルコールを摂取した当然の結果として、午後からは眠くなってしまい、録りためた「なぞの転校生」を見ながら、のんびり過ごしてしまった。
3時頃、ようやく活動モードのスイッチを入れて、温室の植物の水やりをした後、アジサイの枯れている部分の枝を剪定し始める。
でも、まだ手が目覚めていなかったのだろうか。
剪定ばさみで左手の小指の先も一緒にちょっぴりチョッキンしてしまった。
よたろうさんにバンドエイドを巻いてもらって、出血は止まったが、けっこう痛かった。
時々こういうバカなことをしてしまうので、気をつけなくちゃ。

このあたりで一番早く開花するソメイヨシノは、小学校の東門のところにある小さな木。
今日通ってみたら、五分咲きぐらいになっていた。
a0054240_21153610.jpg

山桜も開花の早い木が一本、家の近くにある。
a0054240_21173688.jpg

里も街もピンクに染まる華やかな季節まであと少し。

a0054240_21202627.jpg

「ふわぁ~、きょうもあったかくってねむたいよ~。」
快の毛がだいぶ抜けてきた。

by hideko0611 | 2014-03-24 21:23 | 趣味の園芸 | Comments(0)

草抜き日和

a0054240_20402589.jpg

「キランソウ」

数日ぶりに寒さがゆるんで、春本番という感じ。
お寺の桜の蕾がピンクに色づいている。
a0054240_20465324.jpg

このまま暖かい日が続いたら、一気に開花が進みそうだ。
庭にやって来たジョウビタキが、何か白い物をくわえていると思ったら、快の抜け毛(抜き毛?)だった。
後ろのハクモクレンにピントが合ってしまったのが残念。
a0054240_20503769.jpg

きっと巣作りに使うのだろう。
くわえて飛んで行ってしまった。

いい気候なので、台所の掃除をしようか、部屋の片づけをしようか・・・と掃除モードに入りかけていたが、午後はよたろうさんを手伝ってラッキョウ畑の草抜きをする。
エンドウの畑の草抜きも続けてやって、合計2時間。
その後、私は庭の草抜きを1時間。
今日はもんぺと作業ブラウスにちゃんと着替えて、本格的な庭仕事スタイルでやった。
園芸用帽子、腕抜き、長靴ももちろん忘れずに着用。
カラスノエンドウの根っこがとても太くてかたいことや、エンドウの茎はちょっと何かが当たっただけでもすぐに折れてしまうぐらいもろいことが分かった。

一昨日アップするのを忘れていたが、お墓参りの後、道で土筆をどっさり採って来て、卵とじにする(よたろう作)。
a0054240_213633.jpg

そろそろワラビも生えてきている頃だろう。

a0054240_219180.jpg

「おみずをのむときも、たっちのボクで~す。」

by hideko0611 | 2014-03-23 21:12 | 趣味の園芸 | Comments(0)

初体験

a0054240_2152857.jpg

「レンギョウ」

霜がおりて寒い朝。
ホトケノザの花まで白くコーティングされている。
a0054240_218786.jpg

先週の土曜日からずっと外に出ることも多かったし、新しいパソコンの設定に苦労していたので、なんだか気忙しい一週間だった。
昨夜もブログを書いていたら、カーソルが勝手にぴょんぴょん飛んでしまうし、90%書いたものが突然消えてしまうし、文字サイズが勝手に小さくなるし、大変だった。
パソコン本体の問題なのか、ウィンドウズの問題なのか、ブログのサイトの問題なのか、それもよく分からない。
・・・と書いていたら、また全部消えてしまってやり直し。
カーソルも飛んでしまった。
今朝、一つの方法で対処したんだけれど、今の様子を見ると不安だ。

午後はいつもの通り手話サークルへ。
養成講座で一緒だったYさんが見学に来られた。
講座に来る必要などないぐらい、手話をマスターされている方。
さらに上を目指しておられるらしい。
私も自分なりに力を伸ばしていきたいものだ。
今日は私が報告事項を手話でやるように言われた。
これはみんなが順番にやることになっているが、もちろん私に回ってきたのは初めて。
分からない単語は教えてもらい、よくないところは後で指摘してもらえるので、とても勉強になる。
何より大勢の前で手話をするという場数を踏むことに意味があると思う。

a0054240_21205751.jpg

向こうに興味深いことがあると、たっちする快。

by hideko0611 | 2014-03-22 21:22 | 手話 | Comments(0)

小さな旅

a0054240_23571721.jpg

「ミニアイリス」

出雲大社周防分院の春の祖霊祭(みたままつり)に行く予定の日。
5時頃目覚めたときには、まだ大きな雨音が聞こえていたので、これでは行くのは無理だろうなぁと思っていた。
ところが一眠りして起きた6時半のラジオ体操タイムには、さっきまでの雨がうそのように晴れていた。
というわけで、予定通り9時に出かける。
途中でいつも寄る売店「あおがえる」をのぞいてみたら、徳地産の卵を売っていたので買ってから行く。
a0054240_0125173.jpg

出雲大社は徳地の島地というところにあり、バイクで25分という近い距離だけれど、一応山口市になる。
a0054240_0114060.jpg

以前はよたろうさんと二人で行っていたが、自転車ではちょっとしんどい距離なので、去年から私が一家を代表して参加している。
11時に式次第が終わり、その後直会(なおらい)という食事を皆でいただくことになっているが、私は次の予定があったので、お先に失礼させてもらった。
(お弁当はちゃんともらって帰り、夜皆でいただいた。)
次の予定というのは、湯野温泉に回って、
①日帰り入浴をする
②美味しいと評判のお蕎麦屋さんに行く
この二つ。
湯野温泉に行く途中の道は、くねくね山道の下りが続いている。
ガードレールがないところも多く、道幅の狭いところもあって、以前はちょっと怖かったが、今はもう慣れたので平気だ。
a0054240_1056531.jpg

湯野温泉の看板が、年々古びてきているような気がする。
a0054240_021845.jpg

お昼どきだったので、まずはお蕎麦屋さんへ。
周南リハビリテーション病院の近くにあるベーズベーアン(b’s b-an)という、お蕎麦屋さんらしからぬ名前のお店。
a0054240_115759.jpg

3年前に出来たお店だそうだ。
評判通り美味しかった。
入浴はいつも行く国民宿舎へ。
やっぱり温泉のお湯はあったまるなぁ~と湯船の中でくつろいでいて、ふと窓の外を見ると、あらまあ、雨がしっかり降っているではないか。
さっきまでは、こんな青空だったのに・・・。
a0054240_0311265.jpg

通り雨だったようで、国民宿舎から出た時にはもう上がっていたので、全く濡れずにすんだ。

a0054240_036436.jpg

「ふわぁ~、おかえりなさ~い。」
この直前まで、首をがくりと垂れて、死んだように眠っていた快である。

by hideko0611 | 2014-03-22 00:38 | 山口観光 | Comments(0)