<   2013年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

また本が・・・

a0054240_07582.jpg

「ストレリチア」
10日ほど前からようやく一つ開花。
この後、もう少し下の方が開くのかどうか分からない。

雪雲と思しき空模様だけれど、こちらはまだ初雪にはならず。
a0054240_012205.jpg

それでも外は寒くてとても庭仕事をする気になれないが、日差しがあるので、南向きの部屋の中にいれば暖房はなくてもぽかぽかと暖かい。
a0054240_034307.jpg

「にわもあったかいよ。」

午前中は買い物のついで、いろいろ事務的な用事をすませる。
図書館に本を返しに行ったら古本市をまだやっていたので、残り少ない本の中からまためぼしいものを探し出してきた。
a0054240_0331941.jpg

自分の読みたい本を探し出す作業そのものが楽しい。
掘り出し物は、米内山明宏さんの「手話は語る」。

午後はパッチワーク。
キルトラインが途中でつながらなくなってしまい、何とか無理やりつなげたが、目立たないかとちょっと心配だ。

夕食はよたろう農園の白菜をメインにした八宝菜(にんじん・タマネギ・豚肉・海老・しめじ・椎茸入りなので七宝菜)。
a0054240_0274151.jpg
農薬を使わないので、外葉は虫食いだらけだけど、今年の白菜は大きくてずっしりと重い。
畑に行ったら、夏野菜組の中でただ一人、いまだにがんばっているピーマンが、どっさりつけた実を寒風になびかせて寂しそうだった。
近いうちに肉詰めにして食べてやろう。

寒さは明日から少しゆるむようなのでよかった。

by hideko0611 | 2013-11-30 00:31 | 読書 | Comments(0)

すっかり黄色

a0054240_0483379.jpg

「ブーゲンビリア」

すっかり真冬の寒さになった。
暗いし寒いし曇っているし・・・というわけで、散歩は朝食後にする。
マフラーを巻いて、毛糸の帽子をかぶって、毛糸の手袋をはめて、ダウンを着て散歩に行ったら、帰って来たときにはしっかり汗をかいていた。
今日は一日のんびり過ごせる日。
しばらく前から頼まれていたよたろうさんのズボンのすそ上げをし、ついでに取れかけていたボタンをつけ、これまたついでに私の取れてしまったジャケットのボタンをつけ、パッチワークを少しする。

よたろう農園の冬野菜が採れ始めた。
水菜、菊菜(春菊と言うよりこちらの方がなじみがある)、かぶ、白菜・・・。
どれも鍋に入れたらおいしいが、それだけでなくいろいろな料理で食べてみよう。
今日はかぶの鶏そぼろ煮と菊菜の胡麻和え。
a0054240_104869.jpg

菊菜は売っているものに比べて茎が長いので、もったいないからそれも食べたが、しゃきしゃきしておいしい。
今日の「やさい通信」はテーマが春菊で、生のままキムチにしているのを見た。
菊菜も水菜もかぶも、今なら生でサラダにできるぐらい、柔らかくてみずみずしい。

イチョウの葉っぱがどんどん黄色くなり、
a0054240_135435.jpg
どんどん落ちては積もっている。
a0054240_123739.jpg

掃除が大変だろうなぁ。

by hideko0611 | 2013-11-29 01:06 | 四季の移ろい | Comments(1)

秋の味覚をいただく

a0054240_23465019.jpg

「(総合福祉センターの)厚物菊」

天気予報どおり、9時頃から冷たい雨がしとしと降り始める。
ハイファイセットの「冷たい雨」か、日野美歌さんの「氷雨」を口ずさみたくなるような雨。
それでも雨ということは、まだそれほど上空の気温は低くないということだろうが、明日は雪の予報。
今夜は天気予報が見られなかったので、このあたりにも雪マークがついているかは分からないが、初雪がちらつくかもしれない。
そんな雨の中、防府までちょっと出かける。
ハニービーにこの前買ったフレンチジェネラルのカットクロス(ローズ色)を取り置きしてもらっているのを引き取りに行って来た。
12月上旬までには取りに行くと言っていたのだけれど、行けるときに行っておかないと12月はあわただしいからね。
天気もよくないし、午前中で帰って来た。

午後はアイロンがけ。
これで夏物がやっとかたづいた。

夕方の散歩で、私も快びしょ濡れになる。
このまま夜まで冷たい雨が降り続いたらいやだなぁ・・・と、初めて手話養成講座をサボってしまいたくなったが、もちろんそんなことはせず、ダウンの上に雨具を着て完全武装で出かける。
ところが雨は上がっていて、寒さも先週よりましなぐらいだったのでよかった。

a0054240_021668.jpg

「またボクはくさのみだらけっ。」

しばらく前に、セツコさんちからギンナンをどっさりいただいた。
拾ってきて、水につけて実の部分をくさらせてこのギンナンにするのが、匂いもきついし大変なのだ。
せっかくなので中身が見える方がいいと思って、100円ショップで買った大きめのガラス瓶に入れて置いている。
いただいた時に、きれいに薄皮がむけなくて困っていると言ったら、お玉の丸いところでころころしたらいいと教えて下さった。
ついでに封筒に入れてレンジで加熱するやり方も。
今まではギンナン割りでひびを入れて、ギンナン炒りで炒っていたので手間がかかったが、あっという間に出来る。
そして薄皮も教えられた方法でやってみたら、こんなにきれいに取れた。
a0054240_0114495.jpg

封筒で加熱する方法も、薄皮のむき方も前から聞いたことはあったのだけれど、実践するのは初めて。
いいことを教えていただいた。

いっちゃんが木に登って、残っていた次郎柿とすぼ柿の実を採ってきてくれた。
a0054240_0192751.jpg

ギンナン同様、労せずして美味しいものをもらってしまう。
もう実が熟しすぎて柔らかくなってしまっているもののあるが、きっと甘いことだろう。

by hideko0611 | 2013-11-28 00:23 | B級グルメ | Comments(0)

冬の青空

a0054240_0282729.jpg

「(総合福祉センターの)菊」

ヒロちゃん夫婦は9時前の列車で千葉へ帰った。
謡に出かけるよたろうさんと一緒に二人を駅で見送って、帰ってから快の散歩。
晴れた日の太陽が高く上がってからの散歩は気持ちがいい。
a0054240_0325839.jpg

夏の間蝉の声がうるさかったお寺の桜も、落葉してすっかり初冬モード。
a0054240_0361297.jpg

先週の寒さで嶽山の紅葉もだいぶ進んだ。
a0054240_0401343.jpg

帰ってから来客の布団類を干し、洗濯をするが、こんな天気の日は何をしても気持ちがいい。
でもそれも今日だけのことで、明日からまた天気は崩れ、その後雪も降りそうな寒波がやってくるという予報だ。

午後はのんびり買い物にバイクを走らせる。
電話の子機の調子がおかしいので、エディオンに修理に持って行き、よたろうさんのラジオサーバーポケットを注文する。
取り寄せになるので手に入るのは一週間ほど先になりそう。
年賀状つくりに備えてプリンターのインクも補充しておく。
はりきってさあやろう、という時に限ってインク切れになるんだもの。
トレスまで回ってパンを買って帰る。
今はここのくるみパンやレーズンパンが気に入っている。
風は冷たいが、走っていて苦になるほどではなく気持ちがいい。

a0054240_0592265.jpg
「ここはちょっとせまいようなきがする・。」
a0054240_103037.jpg
「こっちのほうがひろいけど、まだあしがでちゃうよ~。」

by hideko0611 | 2013-11-27 01:00 | 日記 | Comments(0)

今日もご馳走

a0054240_21394237.jpg

「ヴィオラ」

昨夜はちょっとした冬の嵐。
雨も少し降ったが、風が強かった。
朝になったら庭の椅子が倒れていたぐらい。
雨は10時頃まで降り続いたので、散歩はその後に行った。
だからヒロシさんと卓球に行こうと計画していたのが、午後にずれこんだ。
バイパスを走るバスで職安前まで行く。
バスから降りたら、急に冷たい風が強く吹きつけてきた。
寒冷前線が通過しているのが、目に見えるようだ。
1時間卓球をして(ヒロシさんはビジター 私と打って、私のレッスン中はジョーさんが相手をして下さった)、帰りはちょうどいい時間のバスがなかったので、南へ下りて郵便局前からバスに乗って帰って来た。
その間、ヒロちゃんは福川に住む同級生に家に遊びに来てもらってティータイム。
帰って来たその足で、またすぐ散歩に行くのはちょっとしんどかったが、それでもがんばって行く。

今夜は寄せ鍋(白菜・菊菜・ねぎ・・・以上自家製 タラ・豚肉・鳥団子・・・自家製 しいたけ・豆腐)。
a0054240_2244795.jpg

千葉のお土産の干物どっさりのうち、大きな金目鯛も焼く。
a0054240_2254369.jpg


昨日イズミの家庭用品売り場で面白いものを見つけたので買ってみた。
レンジにそのまま入れられるプラスチックの籠。
a0054240_2231333.jpg
もちろんそのまま丸洗い出来る。
朝のパンを盛って、ちょっと温めるのに便利だ。
探していたお魚型のスポンジは見当たらなかったので、結局アルクで買った。
a0054240_22424121.jpg
このスポンジは手で握った形がとてもしっくり来るので気に入っていて、ずっとこればかり。
汚れてきたら流しなどを洗うのに使い、もっと汚れたらよたろうさんのすずりなどを洗うのに使う。
寿命の長いスポンジである。

a0054240_22342534.jpg

「はやくさんぽにいきたいよぅ~。」

by hideko0611 | 2013-11-25 22:34 | B級グルメ | Comments(0)

今夜はご馳走

a0054240_2149664.jpg

「吉祥草」

午前中、ヒロちゃん夫婦とよたろうさんには岩合さんのねこ達と動物園の子象さん達に会いに行ってもらう。
私は母と留守番をしながら、庭仕事&家の中の掃除。
今日も穏やかな小春日和なので、仕事がはかどる。
a0054240_21333350.jpg

庭仕事は、昨日いっちゃんがオキザリスとあと2種類苗をくれたので、それを鉢や花壇に植えてしまう。
掃除は収納スペースの中や棚の上という、日頃気になりながらなかなか出来ないところをきれいにした。
ヒロちゃん夫婦は、ねこも象も可愛かったと喜んで帰って来た。
どちらもなかなかの人出だったそうだ。

よたろうさんに知人から秋穂の活き車海老がお歳暮に届く。
おがくずに埋もれた海老を掘り出すと、ぴちぴち元気に動いていた。
今夜のメインは豪勢に車海老の塩焼き。
もちろん刺身でも食べられる新鮮な海老だが、全員に希望をとったところ、皆塩焼きを選んだのだ。
あとの献立はヒラメの昆布じめ、牡蠣フライ、スモークサーモン、グリーンサラダ。
a0054240_21152597.jpg

ワインのすすむ献立であった。
ワインはボージョレではなく、イエローテイルのシャルドネ。
ボージョレはいつものように、12月頃近くの酒屋さんに船便が入るのを待つのだ。
牡蠣フライは、あると思ったパン粉がちょっとしか残っていなくて心配したが、なんとか足りたのでよかった。
揚げたてはさくさくしていておいしい。

a0054240_2121689.jpg

猫や犬につく草の実のうち、ねばねばしていて取れにくいのがコレ。
a0054240_21224918.jpg

快が隣に座り込んでいる間に取ってやる。

a0054240_21252282.jpg

「ボクもおか~さんも、あしがながいね~。」

a0054240_21302160.jpg

「いちょうもようのじゅうたんだ~い。」

by hideko0611 | 2013-11-24 21:40 | B級グルメ | Comments(0)

ぽっかぽか

a0054240_2115915.jpg

「ノボタン<リトルエンジェル>」

千葉のヒロちゃん夫婦が今日から三泊四日で来訪。
いつものように往きは東京からの高速バスで、8時頃徳山に着いた。
小春日和に誘われて、駅からぽくぽく歩いて上がって来たとのこと。

防府の裸坊祭り(私ははだかん坊祭と言って、よたろうさんに笑われた)に出かけて行ったよたろうさんとヒロシさんは、お神輿だけ見て帰って来た。

先週の寒さで紅葉・黄葉が一気に進み、山のハゼも、
a0054240_2136940.jpg

公園の桜も、
a0054240_21383410.jpg

駅前通りのイチョウも
a0054240_21433570.jpg
太陽を浴びてきれいなこと。
「あったかくてねむくなっちゃったよ。」
a0054240_2146042.jpg

by hideko0611 | 2013-11-23 21:49 | お天気情報 | Comments(0)

猫に会う

a0054240_1435420.jpg

「うちの菊⑨」

なんだか予定のいっぱい詰まった日。
まず、美術博物館で岩合光昭写真展「ねこ」の初日。
岩合さん本人が来館され、ギャラリートークとサイン会がある。
ずぅっと昔、スノーモンキーよりももっと前、岩合さんが最初に出会った愛猫「海ちゃん」や、アフリカのセレンゲティの生き物たちの写真を撮っておられた頃からのファンなので、できれば行きたかった。
でも鑑定団のときみたいに何時間も行列して待つほど時間の余裕がなかったので、開館(9時半)ちょっと前に行ってみて、あまりに行列が長かったら写真展だけ見て帰ろうと思っていた。
結果は前から52番目でサイン会の整理券をゲット。
でも行列が階段の上に誘導されたので、開会式は上から見下ろす形になってしまい、失礼しました。
a0054240_1531171.jpg

猫の写真は今まで何度も写真集やカレンダーなどで見ているけれど、大きなパネルで見るとまた感じが違う。
見て歩きながら、思わずひとりで微笑んでしまった。
ギャラリートークは幾つかの写真について撮影裏話を披露して下さった。
猫と犬のツーショット写真の場合は、
「はい、息を止めて~と言いました。」
泳ぐ猫(!)の写真の場合は、
「前に見た写真では猫の頭が濡れていたので、きっと放りこんだに違いない、そんなことはしたくないと思ったので、現地の人に『猫を抱えて水の中に入ってそっと離して下さい。』と頼みました。」
「海ちゃんの写真コーナーの前はいつも足早に通り過ぎる、見てしまうと涙が出てくるので。」
「どうしたら猫の可愛い写真が撮れるかと質問されるが、猫はどう撮っても可愛い。」
本当に猫が好きなんだなぁと、言葉の端々から感じられる。
サインの後、握手をしていただいた。
a0054240_254628.jpg

岩合さんの手は乾いていて温かかった。
帰りに宮脇書店に注文していた「二十四節気七十二候」のカレンダーを受け取りに行き、トレスでパンを買い、卓球教室でトモコさんに柚子ジャムを渡す。
午後からも皮膚科(今日で最後)に行ったり、エディオンに来場記念品(今回はランタンにもなる懐中電灯なので欲しかったのだ)をもらいに行ったり、つまりどれもたいした用事ではないものの、あれこれ回って忙しかったというだけのこと。

a0054240_211827.jpg

夕方の散歩で、道の脇の溝の枯れ草の下に隠れていたイノシシの子どもを発見した猟犬の快。
たまたまカメラを持っていなかったのが残念。
持っていてもたぶん撮れなかったと思うけれど。

by hideko0611 | 2013-11-23 02:13 | 猫のいる風景 | Comments(0)

朝寝坊

a0054240_21221861.jpg

「うちの菊⑧」

明け方からつけっ放しにしている枕もとのラジオが、地域のニュースが終わってもラジオ体操にならないので、
(やった~、まだ6時なんだ~。)
と思って喜ぶ。
そして念のために時計を見て驚いた。
だって7時だったんだもの。
ラジオ体操の音楽が鳴っていても全く気がつかなかったのは初めて。
昨夜寝るのが2時頃だったので、眠かったのだ。
a0054240_21282321.jpg
「おひさまがたかくのぼっちゃったよ~。」
集団登校をする小学生の一団を見かけた。
a0054240_21302796.jpg

すっかり朝寝坊。

パッチワークが終わってからmachicoさん、ヤチヨさんを誘ってランチ。
政所の通りに面している喫茶店、「アフリエ」で日替わり定食をいただく(880円)。
肉(しょうが焼き)と魚(鮭)があって、どちらもおいしかった。
小鉢二品の味つけもおいしく、味噌汁は熱々を出して下さる。
食後のコーヒーを紅茶に替えてもらえたし、お店の人も感じがよかった。
また行きたいお店。

a0054240_21371042.jpg

「おとうさんといっしょっ。」

眠いので今日はこれにて失礼します。

by hideko0611 | 2013-11-21 21:38 | 日記 | Comments(0)

若者たち

a0054240_022172.jpg

「オキザリス<ペンタローズ>」

朝焼けの薄いオレンジ色の雲がなぜか西の空にだけ見える。
a0054240_05350.jpg

冬型の気圧配置にともなう冬空も三日連続。
空の低いところにむくむくした雲、高いところにたれこめるような雲。
その合間に青空と太陽が時折顔をのぞかせる。
朝も
a0054240_082617.jpg

夕方も
a0054240_091832.jpg

写真には写らないけれど夜も。
夜は月明かりに照らされた雲が、まるで紺青のむら染め生地のように見える。
雲にさえぎられた太陽光線が、一瞬こんな不思議な明るさになることも。
a0054240_032357.jpg


卓球を早めに上がり、皮膚科へ寄って帰る。
だいぶ皮膚が再生しているということで、先生が黒く色の変わった表皮をほんの少しめくって見せて下さった。
下はきれいなものだったので安心する。
その感じが何かに似ていると思ったら・・・
夏に日焼けした皮がめくれるあの感じだった。
たしかに日焼けも軽い火傷だからね。
もう一回金曜日に行けば通院は終わる予定。

新南陽図書館の横を通ったら古本市をやっていたのでのぞいてみる。
9日からやっていたようでめぼしい本はあまりなかったが、それでも好きな著者の本など5冊を引き取ってきた(1冊10円)。
a0054240_1223648.jpg
いつも物産展に合わせて開催されるのだが、今年は会場が福川のふれあいセンターに変わったため、気がつかなかった。

午後レンジが届く。
これで母の牛乳も快の鶏肉もOK。
ついでに古いブラウン管のテレビを処分してもらった。
昨日テレビを移動した際に、うまくつながらなかったビデオを見てもらったら、ビデオ側の接続端子を出力ではなく入力につないでいたことが分かった。
これですべてOK。
その後2回目の柚子ジャム作りをする。
25個とはいえ今回のは大きかったので、量的には前回の35個よりもたくさん出来た。
ということは、皮を切り刻むのがとっても大変だったということ。
一昨日、右肩~手がやけにだる痛いと思っていたが、この作業のせいだったに違いない。
明日もまた痛くなるかもしれない。
今回は一つの鍋の分に、しぼっておいた柚子果汁を加え、その分砂糖も少し足して重量の7割5分にしてやってみた。
白砂糖だけでなく、きび砂糖も少し混ぜてみた。
明日味が落ち着いたところで、完成させることにする。
せっかくなので、いろいろ試しているのだ。

手話養成講座の後、2回目の食事会。
前回と同じレイナ・イサベルのバイキング。
今回は急に都合が悪くなった人もいて、参加者5名とちょっと寂しかったが、シニア3人、ヤング2人で5人家族のように和気藹々と食事&おしゃべりを楽しむ。
ヤングの二人にスマホやラインについていろいろ質問して教えてもらう。
考えてみると、こちらに帰って来てから同年輩からちょっと上のお友達はどっさり出来たが、20代~30代前半の若い人と話す機会がほとんどなかった。
若い人の知識もそうだが、感性や考え方に触れられるのは、とても刺激になる。
講座が終わっても、お付き合いを続けたいものだ。
スマホ&ラインを始めようかとちらっと考えてしまった。
御幸通のイルミネーションを少し眺めて帰る。
デジカメのどのモードで撮ればいいのか分からず、今回はキャンドルモードで撮ってみたがやはり失敗。
a0054240_058344.jpg


a0054240_120418.jpg
買ったカメラ屋さんで教えてもらおうかな。

a0054240_1436100.jpg

朝は玄関の扉の前で散歩を待つ快。

by hideko0611 | 2013-11-21 01:07 | 手話 | Comments(0)