<   2013年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

象は今日も元気!

a0054240_033732.jpg

「ツワブキ(斑入り)」
花も普通のツワブキとは違っていることに初めて気づいた。
普通の花はこちら。
a0054240_052371.jpg


空気がかすんでいるのは黄砂なのかPM2.5の影響なのか分からないが、今朝もこの通り。
a0054240_075710.jpg

朝は日の出と共に、夕方は日の入りと共に散歩をする季節になってきた。

卓球の帰りに、動物園をのぞいてみる。
年間パスポートを持っているので、毎日でも行けるのだ。
スリランカから来た2頭の子象さんたちが、少しは落ち着いたかなぁと思って見に行った。
動物園は小学生や幼稚園・保育園児でいっぱい。
a0054240_0111035.jpg

もちろん象さん効果である。
象さんの名前は男の子がミリンダ(左)、女の子がナマリー。
a0054240_0144358.jpg

この前ほどうろつくことはなかったが、それでもせかせかとえさの干し草を食べたり、頭からかけたりしていた。
スリランカ人の調教師さんも、この前は二人だったが、今日は一人。
もう一人日本の飼育員さんがいた。
ぽかぽか陽気の昼下がりなので、動物たちはそろって気持ちよくお昼寝ちゅう。
イノシシも、
a0054240_0181023.jpg

ドールも、
a0054240_0192675.jpg
プレーリードッグも。
a0054240_0243382.jpg

タヌキもキツネもジャッカルも。
みんな楽しそうに夢の世界に遊んでいた。

今日はさすがに寒くはないだろうと、それほど防寒対策をせずに手話講座に行ったら、やっぱり帰りはふるえるほど寒かったので、次からはしっかり着込んで行こう。
厳寒期にはバスで行った方がいいかもしれない。

a0054240_0305667.jpg

「おと~さん、おかえり~。」
by hideko0611 | 2013-10-31 00:31 | 山口観光 | Comments(1)

あれこれと

a0054240_2216495.jpg

「オキザリス<バリアビリスホワイト>」

今日も気持ちのよい秋晴れが続く。
a0054240_22212985.jpg

振り返って海の方を見ると、景色が少しかすんでいるのは黄砂だろうか?
a0054240_2220123.jpg

予定通り、しっかり庭仕事をする。
鉢やプランターを冬に向けてだいぶ移動した。
これから開花していく菊を表に出す。
シンビジウムの鉢は全部温室に入れた。
このランは少し寒さに当てる方がいいと「趣味の園芸」に書いてあったような気がするが、そろそろ霜がおりそうなので、念のために入れておく。
ホテイアオイの鉢やアロエも中へ。
こうして空いたスペースに種を蒔いたプランター類を並べたので、だいぶすっきりした。
あと、オリエンタルリリーの球根を掘り上げ、土を替えてもう一度植えなおす。
盛夏に切り戻したセージ類がまた大きく育ってきたのをひもでくくってコンパクトにしておく。
ほかにもこまごまとした仕事をいくつか。
外にいると快適なので、何時間でも作業をしていたくなる。
今日は4時間を庭仕事に費やした。

忙しく過ごしていたせいか、炊飯器の予約ボタンを押すのを忘れていたが、よたろうさんが早めに気がついてくれたのでよかった。
6時20分頃には無事炊き上がる。
時々こういうポカをしてしまう。
今夜の献立はもやし鍋(豚バラ肉、キャベツ、ねぎ、えのきだけ、もやし)とうるめいわしのメザシ)。

a0054240_22412489.jpg

「ゆうがたのそらがきれいだったよ。」
a0054240_22422383.jpg


a0054240_22441841.jpg

by hideko0611 | 2013-10-29 22:48 | 趣味の園芸 | Comments(0)

犯人はだれ?

a0054240_23562622.jpg

「ハイビスカス」
涼しくなってから、花がよく咲き始めた。
真夏の暑さには弱いのだ。

久しぶりに朝をのんびり過ごす。
出かけるのもいいけれど、何も予定がない日というのもいいものだ。
この前花壇に定植した草花の葉っぱが何者かに食べられて、のきなみボウズになっていることに気がつく。
芽はいっぱい出ているのでまた植え直したが、同じことが起こりそうで心配だ。
根切り虫なら茎がばっさり切れているはずなのに、そうはなっていないで葉っぱだけ。
よたろうさんに訊ねたら、バッタではないかとのこと。
明日寒冷紗をかけておこう。
紫花菜と白花かすみ草は、そのほかにも花壇の空いたところにあちこち植えておく。
美女なでしこは宿根草なのでプランター二つに植えておいた。
アジサイの鉢を全部家の裏に持って行き、西洋サクラソウのプランターを表に出す。
蕾がふくらんできた菊のプランターも移動しようと思ったが、アジサイの鉢が重くてたくさんあったので力つきてしまった。
続きはまた明日。

一日じゅうよく晴れて、暑くも寒くもない気持ちのいい日。
こういう日が続くといいのに。
朝夕は冷え込むようになったので、部屋にファンヒーターを運び込み一昨日初めてつけた。
よたろうさんの衣替えも終わる。
今週末はもう11月。
本当に早いなぁ。

「きょうのボクのしゃしんを、おか~さんがぱそこんにいれるときにけしちゃったんだって~。」
a0054240_019921.jpg

「だからこれはきのうのボクだよ。」
by hideko0611 | 2013-10-29 00:23 | 趣味の園芸 | Comments(0)

暖かいのはいいけれど

a0054240_23513060.jpg

「羽毛ケイトウ」

昨日に引き続き、朝9時に家を出て夕方5時に帰るという、私にしては忙しい一日。
昨日はお楽しみだったが、今日は勉強。
手話養成講座の講義3コマを受講しに、徳山の保健センターに行く。
朝から日が差しているので、昨日ほどの過剰防衛はせずに家を出る。
でも一日中過ごす室内がどのぐらいの温度か分からないので、行く途中でイズミに寄ってひざ掛けを買って行く。
これからの長い冬の日々、夜の養成講座に必要だろうと思って。
先日亡くなったやなせたかしさんに敬意を表してアンパンマンのキャラクターひざ掛けにしようかとも思ったがやっぱりやめて、赤地に黒猫(ひとみやものみにそっくり!)のふわふわフリースひざ掛けにする。
a0054240_0191979.jpg

それが思った以上に暖かくて、後ろの席のTさんにおおいにうらやましがられる。
Tさんは、
「私も買いに行くっ。」
と言っていた。
寒くなかったのはいいのだけれど、朝10時から4時まで3コマの講義というのはそれなりにきついもので、特に昼食後の2コマ目が睡魔との戦いになる。
自ら望んで最前列に座ったのはいいけれど、そこで居眠りするのは講師の先生に失礼なので、ミントの力を借りてなんとかやり抜く。
a0054240_02451100.jpg

今日のお弁当はこちら。
a0054240_0263021.jpg

福祉施設で作っているお弁当で、冷凍食品や出来合いのお惣菜は使っていない手作り感満載のおかず。
ご飯ももちもちしておいしかった。
買い物をして帰る時間はないので、用意しておいた食材でよたろうさんに白菜鍋を作っておいてもらい、ひざ掛けと一緒に朝買っておいた駅弁大会のますのすしと柿の葉寿司で夕食にする。
a0054240_0331441.jpg


二日半雨に降り込められ、二日間朝から晩まで外出しているうちに、種蒔きをした草花たちがすっかり大きくなっているのを明日植えてしまおう。
しばらく晴れが続くようなので、来週(もう今週になるのかな?)秋の庭仕事の残りをやってしまい、一区切りをつけようと思う。
a0054240_0381374.jpg

よたろうさんが白萩を短く切り戻してくれたので、庭のテーブルから海がよく見えるようになった(露出の関係で海が写真に写っていないけれど)。
そういえば今年は庭ガーデンをほとんどしなかったなぁ・・・。

「おか~さん、きょうもおでかけなの~?」
a0054240_0402377.jpg

by hideko0611 | 2013-10-28 00:41 | 手話 | Comments(0)

アップルパイな日々

a0054240_2361745.jpg

「オキザリス<パルマピンク>」

天気は曇りがちながらも何とか回復し、手話サークルで予定通り徳佐へりんご狩りに行く。
20名参加(聴者11名、聾者8名、運転手さん1名)。
いつも県内で一番気温の低い徳佐へ行くので、完全武装をしていく私。
ヒートテックの下着にカットソー、長袖セーター、フリースの上にさらにジャケット。
頭にはニット帽。
つけなかったけれど、手袋も持って行った。
その結果は・・・
りんご園に着いたときにちょうど時雨れてきて、初冬の寒さ。
冬仕様スタイルは大正解だった。
でも午後は日も差してきて、マイクロバスの中はぽかぽか。
帰りはTシャツ1枚でもいいぐらいだった。
重ね着をするのではなくて、分厚い防寒上着だけを持って行った方がよかったかもしれない。
さてりんご狩りの話。
じつは私はりんごに限らず、〇〇狩りと名のつくものは今回が初めて。
食べ放題と言ってもそれほど食べられるものでもなし、お土産に買って帰るばかりだった。
今回おじゃましたのは、ふじいリンゴ園さん。
今なっているのは、ぐんま名月、ふじ、王林。
a0054240_2317183.jpg

曇り空がバックなのが残念だけれど、たわわに実った赤いりんご(これはふじ)は見ているだけで楽しい。
でももちろん見ているだけではなく、果物ナイフを片手に、もいでは分け合いながら食べる。
a0054240_23241567.jpg

次に来るときは、薄いプラスチックのまな板とお手拭を持ってこよう。
果物はそれほど量を食べられない私は、1個半ぐらい食べただろうか。
甘味と酸味のバランスのよいふじ、甘味の強いぐんま名月、やはり甘味の勝っている王林。
ふじとぐんま名月を半々に買って帰る。
a0054240_23215130.jpg

自分で採ってもいいんだけれど、ご主人にお願いすると、高いところでよく色づいたのをもいで下さる。
木の下に敷いてあるシートの小さな穴からクローバーが顔を出していたり、
a0054240_23354613.jpg

ほぼ完全に地面近く伏している木がちゃんと実をつけていたり、
a0054240_2337924.jpg

植物の生命力を感じる光景があちこちに。
本日のお弁当は、須々万のうおふくのお隣にあるグリーンさんのもの。
a0054240_2328173.jpg

シンプルだけれどおいしかった。
りんごとは別腹。
そしてさらに別腹で、なんと向かいが林檎の樹ららだったので、またまたアップルパイを買い、出来立ての熱々をその場でいただく。
バスの中で出されたクイズでなんと私は1位を獲得。
その賞品もアップルパイだった。
りんごジュースも。
a0054240_23331567.jpg

昨日今日と、樹ららのアップルパイが私のところへ引き寄せられているみたい。
帰りに山口県の旧県庁舎を見学する。
こちらが旧県庁舎。
a0054240_23442026.jpg

こちらは旧県会議事堂。
a0054240_23455684.jpg

両方が残っているのは山形県と山口県だけなんだって。
建物の雰囲気がいいので、今日も結婚式の前撮り写真撮影をしていたり、旧県会議事堂の方は演劇に使用されたりしていた。
県庁の付近は紅葉が始まっていた。
a0054240_23493148.jpg

秋を楽しんだ一日。

a0054240_23535378.jpg

「さんぽがおそかったから、きょうのボクのしゃしんがない~。
これはきのうのボクだよ~。」
by hideko0611 | 2013-10-26 23:55 | 山口観光 | Comments(0)

食欲の秋

a0054240_21192923.jpg

「マユハケオモト」

雨は正午過ぎまで昨日と同じ調子で降り続く。
いくら秋の長雨とはいえ、これだけずっと同じ調子で長時間降るというのは、やはり台風の影響なんだろう。
雨がやんだらすぐに快を外に出し、昼食後すぐ散歩に連れて行ってやる。

午前中雨に降り込められたおかげで、私の衣替えを全部やり終えることが出来た。
この雨が上がると週末は寒くなると言っていたので、ちょうどよかった。

午後は買い物に走り回る。
夕食にさんまを食べようと思ったのに、塩さんまがなかなか見つからなくて、アルク→ヴェスタ→生協→マルキュウと回り、最後にやっと手に入れることが出来た。
よたろうさんはは生さんまではなく、塩さんま派。
そしてはらわたが大好き。
そして私ははらわたが苦手なので、さんまの開き派。
ということでこうなる。
a0054240_21304032.jpg

いただきもののカボスがあったのでしぼってみたが、やっぱりさんまにはスダチの方がよく合う。
大根おろしももちろん添えたけれど、今大根が高いこと!
1本200円近くする。
この秋初めてのさんまだ。

政所にあるシャディのサラダ館の前を通ったら、「林檎の樹ららのアップルパイがあります」と書いてある。
急いで中に入ってみたら、冷凍ではなくちゃんと普通のアップルパイがあった。
それもカスタード入りのも。
a0054240_21353561.jpg
今日徳佐まで車を走らせて買って来られたとのこと。
あまり店頭に並ばないぐんま名月もあったので一袋買う。
じつは私は明日手話サークルで徳佐にりんご狩りに行く予定になっている。
でもぐんま名月(あかぎとふじの交配)は珍しいので、つい買ってしまった。
明日行くりんご園には、どんな種類のりんごがあるか楽しみだ。
雨が上がってよかったが、徳佐は山口では一番気温の低いところなので、今日出したセーターを着ていった方がいいかもしれない。

a0054240_2257639.jpg

「ボクはくいしんぼだけど、『まて』ができるんだよ。」
a0054240_22593580.jpg

「ほら、ねっ。」
a0054240_2316162.jpg

「『よしっ』といわれたら、はぐはぐはぐ・・・。」
by hideko0611 | 2013-10-25 23:01 | B級グルメ | Comments(0)

秋雨しとしと

a0054240_22163861.jpg

「クロガネモチ(だと思う)」

台風がとってもノロノロしか進まない。
台風に刺激された秋雨前線の影響で、雨は一日中ほぼ同じ調子でずっと降り続く。
少し雨脚が弱くなることはあってもやむことはなく、強くなってもそれほど豪雨にはならない。
そこが梅雨や夏の雨と違うところだ。
朝の散歩は行かなかったが、夕方もパスするわけにはいかないので、ちょうど4時前に少し小雨になったのを見計らって散歩に行く。
昨日から24時間以上玄関に閉じ込められていた快は、ストレスがたまっていたのか、散歩中もハイテンションだったが、帰ってからも雨の中で石垣の上から降りようとしない。
夜になってようやく玄関に入れた。
明日も午前中は雨が続くようだ。
土・日と出かける予定があるので、明日中に上がってほしいものだ。
もちろんどこへも出かけなかった今日したことは、台所の片付け少しと、アイロンがけ。
あと、よたろうさんの衣替えを手伝い、自分の部屋を少し片付ける。
TSUTAYAのカードを更新した時に、レンタル1本無料で借りてきた「大奥~永遠 右衛門佐・綱吉篇」もやっと見られた(明日が返却日)。
こちらよりも、テレビでやっていた多部未華子ちゃんの「家光・有功篇」の方が切なさが優っていたように思う。

心配していた「あまロス」にはならずに、「ごちそうさん」を毎日楽しく見ている(杏ちゃんの着物が可愛い!)が、じつはその前に再放送でやっている「ちりとてちん」も面白い。
リアルタイムでも毎日ちゃんと見ていたので、ストーリー展開もせりふもよく覚えているのに、十分楽しめる。
考え方が後ろ向きで脇役ばかりだった主人公が、落語の世界で自分の生き方を見つけていくお話。
朝ドラの名作の一つだと思う。

a0054240_22405290.jpg

「きょうもしゃしんをとってもらえなかったので、1しゅうかんまえのボクです。
だからこれはあめをよけているんじゃなくて、おひさまをよけているんだよ。」
by hideko0611 | 2013-10-24 22:41 | お天気情報 | Comments(0)

ゆかいな仲間たち

a0054240_23285819.jpg

「ツワブキ」

台風の進み方が遅いのか、予報よりも雨の期間が遅れている。
昨夜から降ると思っていたのに降り始めたのは午後2時頃から。
だから午前中卓球に行くことが出来た。
今日はなぜか私以外全員(7名)が男性。
皆さん仕事をリタイアされてからの卓球教室参加なので、私より少し~だいぶ年上のお兄さん達。
性格はいろいろで、穏やかで控え目な人、理論的な解説が好きな人、面倒見がいい人、明るい雰囲気にしてくれる人etc.
シニアの部活といった感じ。
買い物をしての帰り道にはもう降り始めていたので、帰るとすぐに快を2回目の散歩に連れて行く。
そして本格的に降り始めた4時には玄関に入れた。
今日一番困ったのが手話養成講座への往復だ。
なぜか水曜日は週の中の晴れの特異日なのか、4月から雨に降られたのは一回だけで、その時はバスで行った。
今日はどうしようか迷った。
というのも、バスで行くとき、往きはまだ明るいので歩いてバス停まで行くが、帰りが遅くなると一人で歩いて帰るのは怖いので、タクシーを利用しないといけなくなる。
それほどひどい降りではないので、バイクで行くことにした。
ところが、考えてみると、こちらに帰ってから夜の雨の中を走るのは初めてになる。
風防を下ろしていると、水滴とそこに反射するライトが邪魔で、大変危ない。
結局風防は上げて、顔を雨で濡らしながら走った。
道の端は水たまりがたっぷり溜まっているので、いつものように端を走れない。
暗いので道路のでこぼこがよく見えず、これまた怖い。
いつもより時間をかけてたどり着く。
雨具も防水スプレーでもかけてやないと、下に雨水がしみこむぐらいだ。

卓球と手話のダブル日程で疲れてしまい、目がつぶれそう。
今日は雨なので写真も1枚も撮れなかった。
ということでお休みなさい。
a0054240_23563321.jpg

「これはきのうのボクです。」
by hideko0611 | 2013-10-23 23:58 | 卓球 | Comments(0)

これからはじまる

a0054240_22563460.jpg

「ヒメツルソバ」
昨日のミゾソバと同じタデ科だけあって、花はよく似ている。
ヒマラヤ原産の植物で、日本には明治時代にロックガーデン用に導入されたらしいが、今ではあちこちで立派に野生化している。
それでも園芸店で売られているのは、買う人がいるのだろうね。

よく晴れて、また暑さがぶり返してきた。
a0054240_23344642.jpg
でもこの晴天も今日まで。
明日から土曜日まで、二つの台風の影響で雨が続くようだ。
いろいろ予定があるのに困ったもんだ。
大きなごみ箱を外に出して洗ったり、切れた蛍光灯を買いに行ったり、通常の買い物をしたりしていたら、思ったほど庭仕事は出来なかった。
やっぱりやろうと思ったら、朝からすぐ庭に出ないとだめだね。
二鉢残していた朝顔を片付け、オリエンタルリリーの球根をプランターから掘り上げていつものように土を入れ替えただけ。
掘り出した球根は、花壇に植えるか深めの鉢に植えるか迷っているところ。
プランターも少しずつ減らしていこうと思っている。
ヤナギバルイラソウは掘り上げてみたら、きれいに株が分かれたので、お花友達3人にお分けする。
1年で株が見違えるように大きくなった。

来年のカレンダーや手帳が書店や文房具店に並ぶ時期になったが、来年から三度目の10年日記をつけてみようと思って、先日購入した。
最初の10年、1994年~2003年は、時々まとめ書きしながらも何とか1冊書き上げた。
次の10年、2004年~2013年は、こちらに帰って来た2006年末から、ブログを始めたこともあってやめてしまった。
また始めて見ようかと思い立ったのは、来年でちょうど暦が還るという人生の大きな区切りの年になるから。
5年日記にしようかとも思ったが、10年という先の見えない大きな区切りの方が面白いし、7年後の東京オリンピックも視野に入れたかったから。
今までの10年日記はとても大きくて重い。
というのも、一日分の書くところがけっこう多いので当然そうなる。
書くところがあまり多くなくて、取り扱いしやすいもう少し小さなサイズのものを探していたら、イオンタウンのTSUTAYAにちょうどいいサイズのものがあった。
単行本とほぼ同じサイズ。
a0054240_23232142.jpg

中身はこんな感じで、
a0054240_23245393.jpg
あまり負担にならずに書き続けられそうな分量。
どんな花が咲いたとか、どんな庭仕事をしたとか、そういうことが中心になるかもしれない。
ページを開くと、目の前に十年間の真っ白な未来が広がっていてちょっとわくわくする。

a0054240_23313632.jpg

「そのみらいのなかにボクもいるよ。」
by hideko0611 | 2013-10-22 23:32 | お買い物 | Comments(0)

花壇の模様替え

a0054240_230437.jpg

「ミゾソバ」
ほとんど真っ白なものもある。
a0054240_234579.jpg


今朝はちょっぴり朝焼け。
a0054240_235311.jpg

一日中晴天の予報なので、台風が近づいて天気が崩れる前に・・・と、サツマイモを掘ってしまう。
a0054240_238761.jpg

この前半分近くをよたろうさんが一人で掘ったので、この倍ぐらい採れたことになる。
左が安納芋で、右が紅あずま。
その後も一日買い物にも出ず、ひたすら庭仕事をする。
今日は以前からの懸案事項だった花壇の模様替えに手をつける。
まず、コスモスを植えていた後に、種を蒔いて芽が出たもののうち、紫花菜、ムギセンノウ、白花カスミソウを一部植えてみる。
ここ数年、ここにはチューリップの球根をよたろうさんが植えていたのだけれど、チューリップは花の咲いているわずかの間しか見ごたえがないし、花後は球根を太らせるためにしばらくそのままにしておかないといけないので、一年草や多年草を植えることにした。
ついでに、ヤナギバルイラソウの矮性種(紫とピンク)が、
a0054240_22355820.jpg

別の花壇の真ん中に植えてしまっていて、日当たりがよくない(第一背の高い草花に隠れて全く見えない)ので、掘り上げてそこに植える。
株がとても太っていたので、株分けをして、お花友達のセツコさんとサチエさんに配達してきた。
矮性じゃない方のヤナギバルイラソウも、今年の春に日陰から移動させたら、花をいっぱいつけて株も大きく育ったので、少し掘り上げてお花友達のユキエさんににお分けする約束になっている。
a0054240_0261147.jpg

これがヤナギバルイラソウ。
ヤナギバルイラソウと言えば、水やりをしていたらパンパン音がして、小さい粒のようなものが四方八方に飛び散ってびっくりしたが、どうやら熟した実がはじけて種が飛び散ったみたい。
種は当たると痛いぐらいの勢いだったし、数もすごかったから、何事かと思った。
そして午後からはアヤメ科の草花が生い茂っている花壇の一角を大整理する。
全部をシャベルで掘り起こし、地下茎のものと球根のもの分類して、そのうちの元気そうなものを一部植えつけて残りは思い切って処分した。
恐ろしい勢いで増殖している彼岸花の白もだいぶ処分した。
今年の春も一部を掘り出したんだけれど、またそれ以上にはびこってしまったのだ。
これまた日当たりのよくないところ(やはり花壇のど真ん中)に植えてしまっていたジャーマンアイリスを掘り上げて、そこに植える。
a0054240_23401549.jpg
つまり今までは、成長した後のことをあまり考えず、地面の空いているところに次々植えていたわけ。
これからはもう少し計画的にやっていこう。
サチエさんに分けていただいたきれいな色のカキツバタ(これまた日陰になっている)もアヤメつながりでそこに植え替えたいんだけれど、カキツバタを植えているの辺りは草が生い茂っていて、スズメバチが今日もブ~ンと恐ろしい羽音を立てていたので、またにする。
明日も一日庭仕事をして、いろいろ片付けてしまおう。

a0054240_23421728.jpg

これを快のキツネポーズと呼んでいる。
by hideko0611 | 2013-10-21 23:43 | 趣味の園芸 | Comments(0)