<   2013年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

動物たちののびのびのひび

a0054240_22344464.jpg

「カキドオシ」

手話サークルの皆さんと、秋吉台サファリランドに行って来た。
徳山にある「ひまわりの会」主催の行事に、「さくらの会」からも私を入れて5名が参加。
よたろうさんが午後の碁を休んでくれたし、往きは福川駅前に9時半頃バスがやって来て、帰りは4時半頃下ろしてもらえるという日程なので、参加することが出来たのだ。
秋芳洞には3回行ったことがあるが、サファリランドは初めて。
じつはほかのサファリも一度も行ったことがないので、楽しみにしていた。
天気は午後から晴れると言う予報だったのに、一日中曇り、帰る頃には雨が降るというあいにくの天気だったけれど(家の方は降らなかったみたい)、車の中から見るので支障はなかった。
午後はずっとレストランでおしゃべりしていたし・・・。
エサやりバスではなかったので、動物達はそれほど近くには寄ってこなかったが、広いところでのびのび生活している動物達を見ると、こちらも幸せな気持ちになれる。
a0054240_22571625.jpg

a0054240_22581671.jpg
a0054240_2302462.jpg
このぐらいのアップで撮れるぐらいの距離までは近づけるのだ。
a0054240_22502598.jpg
a0054240_22512088.jpg
a0054240_22521810.jpg
a0054240_22532057.jpg
a0054240_22542744.jpg
a0054240_22554347.jpg

お昼は「レッサーパンダを見ながら食事が出来る」というのが謳い文句のレストランでバイキング。
a0054240_2332552.jpg

指定された席がレッサーパンダから遠かったので、残念ながら見ながら食事は出来なかったが、後で顔をこすっているところを撮影。
a0054240_2352164.jpg


手話での会話はそれほどたくさんは出来なかったが、なんとか次のような交流は出来たのでうれしい。
①(サービスエリアのトイレで久しぶりに会ったIさんに挨拶したところ、最初私のことが分からなかったみたいで)
「ごめんなさいね。
帽子をかぶっておられるので分からなかったわ。」
(私)「あ~、そうですよね。
それに髪の毛も短くしたし。」
「とても若く見えますよ。」
(私)「ありがとうございます。」
②(八代から来られている、初めてお会いしたTさんに)
(私)「「あなたのおうちから鶴(八代盆地は本州唯一のナベヅルの越冬地)は見えますか?」
「よく見えますよ。
すぐ近くです。」
(私)「お家は高水の駅からは遠いのですか?」
「とっても遠いですよ。」
(私)「それでも周南市なんですよね~。」
③Hさんに、
「昨日バイクで走っているところを、ボクは自転車ですれ違って手を上げたのに、全然気がつかなかったね。」
と話しかけられ、
(私)「ごめんなさい。
私はいつもみんなに、前だけを必死で見て走っていると言われます。」

いつも手話を通訳して助けてくださるKさんと、バスの中で隣になり、たくさんお話して、人生の深い部分のお話も聞けたし、「ひまわりの会」の代表のMさんは、昔、西宮(夙川の近くの殿山町)におられたという縁があることが分かったし、グルメのMさんにこのあたりのおいしい店情報も聞けたし、とても充実した一日だった。
おまけにお土産に買ったお菓子、ベイクドドーナツ(メイドイン周南)とバームスティック(メイドイン博多)がどちらもなかなかおいしかった。
a0054240_23303353.jpg


a0054240_23314082.jpg

「ボクもさふぁりでのびのびかけまわりたいよぅ~。」

by hideko0611 | 2013-03-31 23:38 | 山口観光 | Comments(0)

プチ花見

a0054240_218282.jpg

「ムラサキサギゴケ」
この季節、草の花には赤紫、青紫系のものが多い。
このほかに、ムラサキケマン、カキドオシ、カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、キランソウ、ヒメオドリコソウetc.

山口はこの週末がお花見のピークだろう。
今年はよたろうさんと二人でお花見をするのは無理なので、買い物の途中で街の中の桜を楽しんでいる。
小さな公園にも必ず桜は植えられていて、その下で家族がお花見の宴を開いているほのぼのした風景。
a0054240_21162748.jpg

ブランコに揺られながら桜を眺めたかったが、さすがに年齢を考えてやめておく。
a0054240_2118025.jpg

樹形の美しいケヤキとツーショット。
a0054240_21191789.jpg

建物を背景にした桜もいい。
a0054240_21202894.jpg

道でばったり出会ったパッチワークのヤチヨさんは、
「今、永源山に行って来たんです。
チューリップもきれいでしたよ。」
a0054240_2123199.jpg

月曜日に行ってみようかな。
下から見上げる桜も風情がある。
a0054240_21253488.jpg
下の黄色い花はなんの菜の花だろう?
カラシナっぽいんだけれど。
手話はろう者の方がおられなかったので、春に関係ある言葉をお互いに出し合ってみた。
a0054240_21293753.jpg

横にかかっているのは、Hさんに見せようと思って持って行った私の桜のタペストリー。
それにしても、春に関係ある言葉ってけっこう限定されていて、なかなか思いつかない。
ほかの季節ならもっと多様な発想が出来そうだ。

春の風物詩の一つ、ツクシを昨日散歩の途中で見つけて摘んできた。
なかなか見かけないと思っていたら、もうすっかり育ちきっているものが多かった(そういうのはおいしくない)。
a0054240_21324373.jpg

「こ、これってたべられるんですかぁ~。」
よたろうシェフが、夕食の一品にたまごとじにしてくれる。
a0054240_21343274.jpg

by hideko0611 | 2013-03-30 21:35 | 四季の移ろい | Comments(0)

曇りの桜

a0054240_22553847.jpg

「レンゲ」
レンゲ畑を見つけると、わけもなくうれしくなってしまう。
a0054240_22572711.jpg

「ボクはわけもなくにおいをかいでしまうよ。」
a0054240_22584863.jpg


おとといは雨、昨日は晴れ、そして今日は花曇り。
桜の色がぼやけて見える。
a0054240_2313013.jpg

若山城の登山口で、
「桜はまだ満開じゃありません。」
と猫が通りがかりに教えてくれた。
a0054240_2334384.jpg


イズミのお楽しみ抽選会で、久しぶりにピンクの玉を出して、3等の500円分商品券をゲット。
ガラポンを回しながら、宝くじのCMでキムタクが歌っている「ひたすらまじめに♪」という歌を心の中で歌ってみたら・・・効果があったみたい。
よたろうさんには、
「そんなことで運を使ってどうするの。」
と言われたが、まあいいや。
帰りは交通事故と交通違反に気をつけてゆるゆる帰る。
イズミでは駅弁大会もやっていた。
絶対に買わずにはおれないますのすしのほかに、今回は京都の旬のたけのこご飯弁当を買ってみた。
a0054240_23111463.jpg

上品な薄味でおいしかったが、量も上品だった。
お昼に3人で分け合って食べる。
もちろんこれだけではなく、私とよたろうさんは、ラ王の味噌味も。
うん、なかなか好みの味。
それから今日イズミでラ王が山積みになっていた。
昨日なかったのは発売が遅れただけかもしれない。

庭仕事は午後と夕方で1時間半。
ひたすら草を抜く。
草抜きはやり出したらやめられない。
暑くなくて、腰が痛くならなかったら、一日中でも抜いていられそう。
今日は珍しくちゃんと手袋をつけて作業した。
去年のブログを見ていたら、素手で草抜きをして手が荒れて困ったと書いてあったので。
去年の今頃、もちろん桜はまだまだ、なんとマイマイガの幼虫がすでに大量発生していた。
ホトトギスが通路にまで進出していたので、撤退してもらう。

by hideko0611 | 2013-03-29 23:26 | 日記 | Comments(2)

晴れの桜

a0054240_221269.jpg

「椿<紅獅子>」

満月(ホントは昨日だけど)が、煌々とあたりを照らしている。
閉じ込められっぱなしだった昨日とうって変わって一日じゅう外で楽しく過ごした快は、夜も元気に月の光の中を跳びはねている。

午後2時間庭仕事。
まず1時間半ほどかけて、裏の草をだいぶ抜いた。
その後、花壇で増えすぎた八重の水仙をごっそり抜いて処分する。
そうしないと花壇が全部水仙で埋め尽くされてしまいそうだ。
彼岸花も少し減らさなくては。
増えてほしい花は手をかけてもなかなか増えず、放っておいても増えるものはどんどん増えていく・・・。

ラ王の袋麺を食べてみた。
マルちゃん正麺や麺の力と比べると、麺が少し細め。
スープはけっこうこってり目でおいしかった。
具は明宝ハムと山口の特産野菜はなっこりー。
a0054240_2293161.jpg

これはぜひ味噌味も食べてみなくっちゃ・・・と思ったが、アルクには影も形もない。
イズミにもない。
マルキュウに行ってみたら、山積みになっていた。
これは明日食べてみよう。

夕方の散歩は、桜を見ようと思って、若山保育園の前でよたろうさんと待ち合わせ。
でも、ここの桜はまだ五分咲きぐらい。
a0054240_2218678.jpg

すぐそばにある一本の木は、梢の方まで咲いている。
a0054240_2228293.jpg
a0054240_222911.jpg
やっぱり桜は青空をバックに見上げたい。
春休みになったので、外で遊ぶ子どもの姿がふえてきた。
それをうらやましそうに見ている快。
a0054240_22195199.jpg

自転車でよたろうさん登場。
a0054240_22221463.jpg

「おかえり~。」
a0054240_2225870.jpg
a0054240_2224266.jpg

これがいつものご挨拶。
枝垂れ桜の蕾が、遠くから見てもはっきりと赤みを増してきた。
開花も間近のようで楽しみだ。
a0054240_22315630.jpg

by hideko0611 | 2013-03-28 22:39 | 日記 | Comments(0)

雨の桜

a0054240_23384253.jpg

「花桃」

予報以上に長時間雨は降り続いた。
夜中の何時頃降り始めたか分からないが、ラジオ体操が終わった頃はほとんどやんでいたので、朝の散歩には行けた。
帰って来た頃からまた雨脚が強くなり、結局夕方の4時頃までやむことはなかった。
雨量はそれほど多くなかったと思うが、気温が上がらず寒い一日。
これで3週連続雨の水曜日になった。
それでも卓球に行く。
きょうはスマッシュが不思議なぐらいよく決まった。
最後まで振り切れたからか、ラケットの面の角度がよかったのかは分からない。
この感覚が続けばいいんだけど。
徳山の桜はほぼ満開。
雨なのが惜しまれるが、まだ花散らしの雨にはならないだろう。
「こあ」の前の桜並木。
a0054240_23474333.jpg
a0054240_23492065.jpg

「こあ」の桜まつりは予定どおり4月7日に実施するそうだが、もちろん完全に花は終わっているだろう。
東川沿いの桜。
a0054240_23513566.jpg
a0054240_23523116.jpg

近くの会社の敷地内に、みごとな枝垂れ桜(糸桜と書いてあった)の木があった。
a0054240_2354798.jpg

小雨に濡れながら、写真撮影だけのミニお花見。

夕食はよたろうさんも私も大好きなハンバーグを作る。
母も自分のお皿の分を完食。
a0054240_2357158.jpg

脂のついた洗い物がどっさり出るけれど、苦にならなかった。

快の日記
きょうボクはなんと、なんとさんぽのときいがいは、2じかんだしてもらっただけで、ずうっとげんかんですごしました。
a0054240_035689.jpg
あんまりきゅんきゅんなくからって、といれかな?っておと~さんがおひるすぎににわにだしてくれました。
でもさむかったので、おか~さんがかえってきたら、すりすりしてだっこしてもらい、またげんかんにはいったんだよ。
「はるのあめきち」さんは、ずいぶんながいをするおきゃくでした。
またくるね、といってかえっていきました。
a0054240_054263.jpg

by hideko0611 | 2013-03-28 00:08 | 日記 | Comments(0)

ひとみの優雅な生活

a0054240_2335339.jpg

「ナガミノヒナゲシ」
この花は、花弁が大きくてきれいなタイプと、小さくて貧相なタイプがあって、こちらは前者。
これならポピーと言っても通用しそう。
あれっ、もしかしてこれはほんとうにポピー?

東京の方でしか売られていなかった日清のラ王袋麺をアルクで見つけた!
a0054240_23253146.jpg

昨日3月25日から全国展開しているらしい。
醤油と味噌のどちらにしようか迷った挙句、まず王道の醤油味にする。
私の中の「まるで生麺」ブームはすでに去り、やっぱりサッポロ一番醤油味が一番おいしいなぁというところに落ち着いているが、やっぱりマルちゃん正麺、麺の力と食べてきたら、これも一度は食べてみないと。
今日のお昼は昨夜の寄せ鍋の残りで雑炊にしたので、明日以降、出来るだけ早く試食してみよう。

午前中、暖かい日差しを浴びて、ふわふわのお布団の上で爆睡しているひとみ。
a0054240_23285160.jpg
その後、窓を網戸にしておいてやると、自分で開けて好きなときに外に出て行く。
時には自分で開けて入って来ることもあるが、たいては夕方下で「入れてちょうだい」と待っている。
夜はずっと部屋にいるが、ストレスがたまらないので暴れることもなく、私も安眠出来るのは何より。
朝5時半頃に食事の催促をするのでえさを入れてやると、食べてから必ず布団の中にもぐりこんできて、私の腕枕ですやすや眠る。
私も一緒に寝たいのはやまやまだけど、そろそろラジオ体操の時間なのでそういうわけにはいかない。
私が起きてからもひとみは布団の中や布団の上で午前中はいい気持ちで眠っているというわけ。
トイレはちゃんと猫用トイレでしているが、不思議なことに大は絶対に外でして来る。
この生活のままでずっと暮らしていけたらいいんだけど・・・。

ミエコさんに借りたキルトラインプレートのおかげで、パッチワークも順調に進んでいる。
でも午前中はちゃんと庭仕事を2時間した。
クレマチスの芽が伸び始めているので支柱にからませ、鉢の草を抜いて土を少しほぐし、肥料をやっておく。
クレマチスは、どうしてあんな針金みたいな枯れたような茎から、みずみずしい芽が出てくるのか不思議だ。
つるをからませているときも、気をつけないとぽっきり折れてしまいそうになる。
その後はせっせと草抜き。
今日もメドーセージなど、株が広がりすぎているものを心を鬼にして整理していく。

快の日記
「ふゆの かんき」さんはかえったとおもうのに、きょうもボクはゆうがたからげんかんにいれられました。
おか~さんはゆびをはさまないように、とってもしんちょうにどあをしめていたよ。
こんどは「はるの あめきち」さんがくるんだって。
んっとにも~。
よなかにくるといったり、あさからくるといったり、じかんをまもらないしつれいなおきゃくです。
a0054240_23575384.jpg
ボクはばいくにのるれんしゅうをしようとおもいます。

by hideko0611 | 2013-03-27 00:00 | 猫のいる風景 | Comments(0)

かなり花冷え

a0054240_23124038.jpg

「ヒゴスミレ」
エイザンスミレと教えられていたが、葉っぱの切れ込みを確かめたら五つだったので、ヒゴスミレが正しい名前。

サンプラーキルトのキルトラインが、落としキルトをしている間に消えてしまっていた。
何しろ2年前に描いたものだし、しるし付け用の白いペンは消えやすいのだ。
そのラインを描くものさし、というか型どりする道具(キルトラインプレートと言うらしい)が、確かミエコさんに借りたものだったと思い出し、昨日℡をしたらやっぱりそうだった。
もう一度貸してもらうお願いをして、今日お家まで受け取りに行ってきた。
a0054240_23235893.jpg

(緑色の下敷きのようなものがキルトラインプレート)
お家がちょっと分かりにくいところにあるので、申し訳なかったが、大きな道のバス停のところまで出てきてもらった。
今度はちゃんとお家に行けるように場所を確認して、ついでにちょっとお家にお邪魔して、お茶をいただく。
買い物をして12時には帰らないといけないので、30分ほどしかいられなかったが、菊の挿しどきの話や、パッチワークの話で楽しいひとときを過ごす。

午後1時間ほど庭仕事をする。
ふえすぎているカクトラノオを半分に減らし、後は草抜きと水やり。
チューリップの周りの草を抜くときに、こぼれ種から芽が出ていたコスモスまで1本抜いてしまった。
(ここの一角は春はチューリップ、秋はコスモスの二部制)
葉っぱが独特の形をしているので、1本抜いただけで気がついたが、時々こういうことがある。
気をつけなくては。

このあたりで一番早く咲いた桜の木が、満開に近くなってきた。
a0054240_23435436.jpg

忠魂碑の周りなどは、まだまだ見頃にはほど遠い。
私の家の近くは山桜が主なので、一足早く開花が進んでいる。
a0054240_2347452.jpg

ソメイヨシノほどの華やかさはないが、控えめな色味もそれなりに美しい。

快の日記より
せんしゅうは「はるの あらし」さんがきて、きょうは「ふゆの かんき」さんがくるとおか~さんがいっていました。
だからボクはゆうがたのさんぽがおわったら、やるきまんまんのおか~さんに、そのままげんかんにいれられてしまいました。
ちぇっ。
ぼくは「ふゆの かんき」さんもきらいだいっ。
ボクをいれるのをいそぎすぎて、おか~さんはじぶんのみぎてのくすりゆびを、げんかんのどあにはさんでしまって、ずいぶんいたそうにしていました。
でも、ほねはおれていないっていってました。
ボクのしっぽやはながはさまれなくてよかったよ。
もうすぐ「はるの のんき」さんがきてくれるからがまんして、こんやははやねします。
a0054240_23415142.jpg


夜が寒くなるとのことだったので、今夜は寄せ鍋。
a0054240_23493768.jpg

春菊とネギはよたろう農園からの採りたて。
あとの具は、白菜、なめこ、湯葉、はるさめ、豆腐、豚バラ肉、鶏肉だんご。

by hideko0611 | 2013-03-25 23:54 | パッチワーク | Comments(0)

おにぎり賛歌

a0054240_23103926.jpg

「ヒヤシンス」

昨日のことで書き忘れていたことがある。
人なかにお出かけなので、珍しくイヤリングをつけていった。
トルコ石のぶら下げるタイプのもの。
家に帰って来たら、片方どこかに落としていた。
私が今までに落としたイヤリングの数は数え切れないぐらい。
耳たぶが人より小さい(薄い)からだと思う。
ピアスにするのは怖くていやだし・・・。
このイヤリングは奈良のならまちで買ったもので、お気に入りの一つだった。
どこで落としたか見当がつかないが、一応ブティック(頭からかぶって試着したので)と、手話サークルのあった保健福祉センターに電話をかけて調べてもらったがなかった。
たぶん見つからないだろうな、と9割がたあきらめていた。
ところが見つかったのだ、それも思いがけないところで。
いつものように夕方の散歩の帰り、快を自転車のかごに乗っけてよたろうさんと二人で歩いていたら、よたろうさんが、
「こんなところにイヤリングが落ちてる~。」
a0054240_21475288.jpg

快の視線の先にある青いものは・・・
a0054240_21495414.jpg

「それ、私が落としたの~っ!」
そこは切通しを越えてちょっと行った、家まであと500mほどのところ。
ちょうど私達が歩いている道の左の路肩に、なくしたイヤリングの片方が落ちていた。
バイクで走りながら落としたということになるが、もっと遠いところだったら歩かないから分からないし、転がって溝に落ちていたら見つからないところだった。
快がくわえてぱっくんしたら大変だったし、本当に運がよかった。

庭仕事は午前中2時間まで、と決めたので、今日もそのルールに則って作業する。
しばらく前に買ってあった紅色のホタルブクロの苗をどこに植えようかとずっと考えていたが、フジバカマや秋明菊(ピンクの一重)の近くに植えることに決めた。
花が咲く季節は違うけれど、和のグループとしてまとめておく。
ついでにフジバカマと吾亦紅もそこに移植した。
その場所を作るために、八重の秋明菊は掘り出して、同じものが植わっている別な場所に持っていった。
その後、草をバケツ一杯抜く。
まだやりたいことはあったが、きっぱりとやめて昼食の支度。
と言っても、昨日と今日は文化会館に詰めっきりのよたろうさんのためにお弁当を作ったので、
a0054240_2284224.jpg
その残り。
a0054240_22101790.jpg

おにぎりに巻いたのは、よたろうさんは焼き海苔、私は塩海苔(一つは高菜の漬け物を巻いた)。
3種類の海苔をその日の気分に応じて巻き分けている。
a0054240_22133814.jpg

ちなみに今日のおかずは、塩鮭・卵焼き・ソーセージ炒め・瓜の粕漬・ほうれん草の胡麻和え・切り昆布と活魚揚げの煮物。
うさぎさんりんごと伊予柑、バナナがデザート。
昨日は散らし寿司に、おかずは穴子の柳川風・コロッケ・切り昆布と活魚揚げの煮物だった。
私はおにぎりが大好き。
今日はお弁当なので、かつおぶしや梅干し、塩昆布を中に入れたけれど、普通の食事のときは、何も入れない、何も巻かない塩むすびが一番。
炊きたてのご飯で握って、まだ温かいうちに食べるのが最高だ。

夜更かししないように、テレビもパッチワークも9時までと決めた。
その後ブログを書いて、遅くても11時には寝ることにする。
というわけで、おやすみなさい。(ただいま11時33分)

「きょうは、きのおもちゃでひとりあそびさっ。」
a0054240_2229586.jpg

by hideko0611 | 2013-03-24 22:31 | B級グルメ | Comments(0)

桜咲く

a0054240_0551199.jpg
「ソメイヨシノ」

東京、福岡などあちこちで桜が満開になっているらしいが、ここ山口は平均すると三分咲きといったところ。
それでもあたりの景色がすっかりピンク色に染まってきた。
朝の仕事を全部すませ、いっちゃんに後はお任せして文化会館の作品展を見に行く。
よたろうさんの篆刻と、machicoさんのパッチワーク(ハワイアンキルト)の体験教室をのぞいてみたが、着いたのが11時半だったので、どちらもすでに午前の部は終わっていた。
machicoさんと体験教室に来ていたお友達がお昼を食べるのに、私も入れてもらう。
文化会館内の食堂「岐山」は、私は初体験。
表のお料理サンプルが、今はこの辺りではあまり見かけないぐらい立派!
a0054240_056698.jpg

3人とも和風おろしハンバーグで意見が一致する。
野菜たっぷりでおいしかった。
a0054240_057883.jpg

窓から見える文化会館の桜は七分咲き。
a0054240_0585497.jpg
a0054240_0595393.jpg
お友達はmachicoさんの横浜時代の知り合いで、今度は山口で再会という方。
私と年齢も一緒で、家庭の様子も似ているので、すぐに意気投合。
またゆっくりお茶会をすることを約束する。
私はその後作品展示を見て回る。
ハワイアンキルトのコーナーで、知人のIさん(パッチワークを初めてまだ2年)がサンプラーキルトの大作を出品しておられるのに感心した。
キルティングの縫い目もとってもきれい。
私もがんばらなくっちゃ。
篆刻はよたろうさんの作品がとっても多い。
a0054240_0535873.jpg

文化会館を出て、そのまま手話サークルに行く。

今夜は遅くならないぞと思って、夕食の後片付けをさっさとすませて上に上がろうとしたら・・・
9時からNHKで「北の英雄 アテルイ伝」が始まったので、つい観てしまう。
それが10時半までだったので、結局またこんな時刻になってしまった・・・。

頭にかんざしつけた快。
a0054240_0525415.jpg
a0054240_123112.jpg

by hideko0611 | 2013-03-24 00:49 | 日記 | Comments(0)

なかなか切れない

a0054240_2343146.jpg

「山桜」

昨日ブログがアップ出来なかったのは・・・
8時に寝てしまったから。
連日の睡眠不足が限界に達して、昨日は夕食の後片付けもよたろうさんに任せて寝ることにした。
夜、録画した番組(主としてドラマ)を観ながらパッチワークをしていると、時間がどんどんたっていき、いつも11時近くなってしまう。
それから夕食の後片付けをして、ブログを書いていると、寝るのが午前1時とか2時とか、試験勉強をしている学生みたいな生活になってしまうのだ。
あんまりそういう生活が続くと、体によくない。
でも、パッチワークのきりのよいところにくると、ドラマがまだ続いているし、ドラマが一つ終わるとパッチワークが中途半端なところだし・・・その繰り返しで、両者がぴったり一致するまでやってしまうのだ。
直線の編み物や刺し子、パッチワークのキルティングやアップリケのように、ひたすら同じ動作を繰り返す手芸って、かっぱえびせん効果がとっても大きい。
とり憑かれたように、手が止まらないのだ。
赤い靴効果と言ってもいいかもしれない。
針を持ったら、死ぬまで縫い続けるの~、なんてね。

というわけで、ここからは昨日(あっ、また日付が変わってしまったので、すでに一昨日)のこと。
珍しく金曜日の卓球に行く。
なぜか来ている人がとても少なくて、しかもラージのお一人以外)全員女性だった。
前半はこの前Kさんに教えていただいたことに気をつけて、下切れサーブの練習を一人でする。
今までラケットを斜めにして切ろうとしていたが、ボールの下をこすろうとしたら水平にしなくてはいけないということがやっと分かった。
少しコツが分かったが、まだまだ切れていない。
たぶん手首の動かし方に問題があるのだろうなぁ。
Kさんは手首をあまり動かしちゃダメと教えて下さったような・・・。
よたろうさんが明日(つまり今日)からの文化会館の展示の準備で家を早く出ないといけないので、30分早く卓球教室を抜けて帰る。

午後は庭仕事をしようかと思ったけれど、パッチワークのログキャビンの続きをしたかったので、インドア生活を選択。
a0054240_051824.jpg

まっすぐ縫わないといけないと思って、ログキャビンは苦手だと今まで敬遠していたが、角と角を突き合わせる必要がないので、けっこうやりやすい。
そしてサイズが小さいので、すぐに一つが完成する。
ちまちま、ちくちくはとっても楽しい。
でも1枚目は縫って折り返したところをきちんと引っ張らなかったので、出来上がりサイズが小さくなってしまった。
2枚目はそれに気をつけてやってみる。

a0054240_082223.jpg

「おと~さん、じてんしゃこぐのをかわりましょう。
おと~さんは、かごにおはいんなさい。」

by hideko0611 | 2013-03-24 00:10 | 卓球 | Comments(0)