<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

こんなの見つけた

a0054240_22261094.jpg

「ルリタマアザミ」
普通のものよりちょっと小さいミニタイプ。
ちょうど去年の今頃、須々万の「うおふく」で買ったもの。
地植えにしてしっかり根づいたみたい。

降ったりやんだり曇ったり、一瞬だけど晴れ間がのぞいたり、目まぐるしく変わった今日の天気。
なんだか買い物に行きそびれてしまった。
午後はちょっとだけ・・・のつもりで庭に出て、結局3時間近くみっちり草抜きに励む。
庭仕事用の服にも着替えず、手袋もしないで、湿った土をいじくり続けていたものだから、当然手の指はすごいことになってしまった。
やり始めたらやめられないものの一つが草抜きだ。
おかげでちょっと腰が痛い。
でもだいぶ花壇がすっきりした。

ガラスコップの残りや紅茶カップ、ティーポットなどを漂白する。
ガラスコップの曇りをとってきれいに洗い上げる方法をネットで調べていたら、ほかの食器を洗うスポンジ(油汚れがついている)とは別のものを使うというのがあった。
なるほど、と思い、先日ナフコでいろいろ見比べた結果、こういうものを買ってみたが、なかなかのすぐれもの。
布巾のような、ネットのようなたわし。
a0054240_22395012.jpg

泡立ちは多すぎず、少なすぎず。
どんな形にでもなるので、ポットの注ぎ口のような細いところでも洗いやすい。
a0054240_22415887.jpg
a0054240_22421160.jpg

スポンジよりも固めの生地なので、茶渋もよく落ちる。
洗って干しておくとすぐに乾いて衛生的。
a0054240_22431279.jpg

さらに気になる時は重曹でこすってみる。
このやり方にしてから、今までとは明らかにガラスコップの輝きが違ってきた。
それからネットでは、毛羽立たない布巾できゅっきゅっとこするという方法と、そのまま伏せて乾かすという方法の両方があったが、これは簡単なそのまま乾かす方を採用している。
別にCM料はもらっていないが、このたわしは旭化成の「ズビズバサラッシュ網たわし」249円也。

また降りそうな空模様になってきたので、
a0054240_22523625.jpg
急いでかごに詰め込まれた快王子様。
a0054240_22521895.jpg

by hideko0611 | 2012-06-30 22:54 | お買い物 | Comments(0)

梅雨の晴れ間

a0054240_23354257.jpg

「ストケシア」
これが一番よく見かける薄紫色。
ピンク(赤紫?)と白もある。
a0054240_23371365.jpg
a0054240_23373072.jpg


洗濯物が外に干せて、一日で乾くだけでずいぶん幸せな気分になる。
でもそれはとっても暑いということでもある。
そろそろ真夏日、最高気温が30℃を越す日も近いようだ。
暑いけれど、土が乾いているうちに・・・と庭仕事。
よたろうさんにエビネの植え替えをしてもらい、その間私は裏庭の草抜き。
去年植え替えようと思って山野草の土(1280円!)を買っていたのにやらなかったから、今年は花がもう一つ冴えなかった。
このエビネは私が山口に帰る前、よたろうさんが愛好者の方と知り合いになって分けていただいたもの。
いろいろな種類があって、咲きそろうととてもきれい。
その後、プランターに植えていたフリージアの球根を掘り出し、土の始末をざっとしておく。
小さい球根がいっぱい出来ていたけれど、それも植えたら花が咲くのかなぁ。
とにかく乾かして、ネットに入れて保存しておこう。
あと、本格的な夏になる前にやらないといけないことはいくつかある。
〇ナデシコの挿し芽
〇シャコバサボテンの植え替え
〇クンシランの植え替え
〇(枯れそうになっている)カンノンチクの植え替え
それから温室の掃除、整理。
ぼつぼつやっているんだけれど、ほかの仕事に追われてなかなかきれいにならない。
まず、古い土や肥料をなんとか片付けないと・・・。

買い物に行ってレジでお金を払うときに、今日は
「2000円です。」
と端数のないきりのよい数字になった。
めったにないことなので、なんだかうれしい。
a0054240_2356536.jpg

こういう時いつも、子どもの頃に見た
「がっちり買いまショウ」
というTV番組を思い出す。
何も商品がもらえないのが残念。

暑いし、自転車はないし、草むらにへたりこむ快。
a0054240_031712.jpg

その横にしゃがみこんでみると、涼しい風が吹き抜けて、快の動きたくない気持ちがよく分かる。
でも水分補給をして、がんばって歩く快。
a0054240_05033.jpg

見上げると、青い空には白っぽいお月様。
a0054240_0112637.jpg

私とよたろうさんの水分補給は、帰ってからのお楽しみ。
よく冷えた淡麗グリーンをぐぐっと一杯。

by hideko0611 | 2012-06-30 00:07 | 趣味の園芸 | Comments(0)

戦いの始まり

a0054240_23152720.jpg

「オリエンタルリリー」

梅雨3週目は、雨の日は意外に少なく日曜日だけ(その代わり一日中降っていた)、ムシムシした曇天の日がほとんどだった。
今日は久しぶりの青空がのぞいて、どっさりの洗濯物が乾いたのでうれしい。
コースケさんちから、赤の千日紅(背が高くなって枝別れするタイプ)の苗をいただいたので、ルピナスを抜いたプランターに植える。
ルピナスは種が出来たので採ろうと思って置いていたが、雨にあたって腐ってしまった。

台所の収納は、数が足りなかったプラスチックケースを100円ショップに取り寄せてもらって、ようやく保存食品の棚が完了。
a0054240_23323475.jpg

今まではA4サイズのケースに重ねて入れていたので、取り出しにくい上、あることが分からず同じものを買ってしまうという失敗がよくあった。
(春雨、麩、チヂミの粉などがだぶっていた。)
缶詰はA4サイズのケースの方がたくさん入ったので、それにする。

昨日の夕方、ブトに右足首の外側(骨が出ているところの横)を刺されてしまった。
七分丈のデニムパンツをはいていて、靴下が卓球用の丈の短いものだったので、その隙間をやられてしまった。
しかも腹のたつことに、家の中までついてきて、そこでちくっと刺したのだ。
ブト独特のいや~な痛痒さに、
(やられたっ!)
とすぐ分かった。
いつものように、一日たった今、右足がブーツを履いたように、足の甲はもちろんふくらはぎまで腫れている。
左足とは別人の足のようだ。
今年最初の本格的なブトの攻撃。
虫に刺されると腫れがひどい私にとっては、また辛い季節が始まる。

「おとうさん、おかえり~。」
a0054240_2347875.jpg

今日もポチタマクリニックの前で、碁帰りのよたろうさんと待ち合わせ。
その後銀行に行くよたろうさんについて行き、
a0054240_23485468.jpg

帰りは我が家のマイカーで、王子様のお帰り~。
a0054240_23503348.jpg
散歩道で遅く開花する方のネムノキも、すっかり満開になっていた。
a0054240_23514183.jpg

by hideko0611 | 2012-06-28 23:51 | 日記 | Comments(0)

ロールケーキにはまる

a0054240_22145220.jpg

「ランタナ」

しばらく前から、ロールケーキを食べたい!という思いにとりつかれている。
「深夜便のつどい」で光市へ行った時に、光ロールで有名な「シェ・ヒロダン」というお店を見つけられなかったのがきっかけ。
光はたびたび行くにはちと遠いし、お店は駅からかなり離れた場所にあるので、バイクでないと行けない。
一度だけ光までバイクで行ったけれど、さすがに遠くてもう一度行く気にはなかなかなれない。
そうしているうちに、この週末、柳井のお菓子屋さん「果子乃季」本店で「あじさい祭」があり、お花友達のTさんご夫婦と行くことになった。
あじさいを見るのが目的だけど、私はひそかに「こんがりブリュレロール」を買って帰ることを楽しみにしていたのだ。
「スポンジにメープルシロップを沁み込ませ、香ばしく焦がしたロールは、表面はパリパリなかはしっとりふんわり、生クリーム、カスタード、そしてキャラメルクリームの甘さとキャラメリゼしたほろ苦さの絶妙なハーモニー」
とちらしに書いてある。
う~ん、おいしそう。
メープルシロップとカスタードとキャラメルクリームがトリプルで楽しめるロールケーキなんて夢みたい!
ところが日曜日は雨なので行けなかった。
「果子乃季」はあちこちにあっても、これは本店に行かないと買えないお菓子なのだ。
がっかりしていたところへ、今日machicoさんから尾道のロールケーキを届けていただく。
a0054240_22355585.jpg
初めて快を見てもらえる機会だったのに、最近家の下に車が停まると、猛烈に吠えたてる快。
(どうやらそこまでが自分のテリトリーだと思っているらしい。)
ごめんなさいね~。
人に吠えているのではないのですよ。
呉にお住まいの娘婿さんが買って来てくださったということで、いただいた時はまだクリームが少し凍っていた。
明日まで待とうかと思いながら、待ちきれずに夕食後いただいてしまう。
a0054240_2236775.jpg

堂島ロールほど生クリームが多くなく、適当な量で、とってもおいしい。
しばらく思い設けていただけに、なおさらおいしい。
幸せ。
本当にありがとうございます。
光ロールの方も、光から卓球に来ているFさんが、
「いつでも買ってきてあげる。」
と言ってくださったので、光まで行かなくても食べられることになった。
これまたうれしい。
朝9時から買えるから、10時から始まる教室に十分間に合うんだって。

a0054240_22401985.jpg

これがふだんの、人には友好的な快の姿。

by hideko0611 | 2012-06-27 22:46 | B級グルメ | Comments(0)

輝きを求めて

a0054240_2159488.jpg

「ホクシア(フクシア)」

二日続きの終日どんより曇り空。
洗濯物が乾かないよ~。
せめてぴかぴか光るものを見たい・・・と、ガラスコップを次から次へときれいにする。
日頃使っているものも、一年間一度も使っていないものも、食器棚に並べているだけで曇ってくる。
ハイターで漂白して、重曹をつけて磨いて、それでも落ちない汚れは洗剤をつけて洗い、伏せて自然乾燥。
この順番でいいのか、そもそもこのやり方でいいのかよく分からないまま、やってみたけれど、まぁきれいになったみたい。
今さら遅いけれど、夜、本棚にあった「おばあちゃんの知恵袋(宝島社)」で探してみたら、「クレンザーで磨いてお湯を通す」と書いてあった・・・。
あと、下駄箱の掃除。
夜や雨のときに快を玄関に入れるので、玄関に出ている靴をしまえるスペースを作らないといけないので、整理をかねて。
日頃ほとんど革靴をはかない生活をしているので、ついでによたろうさんのと一緒に磨いておく。
それにしても、下駄をはかなくなっても下駄箱、筆を入れなくても筆箱・・・箱類はなかなか死語にならないものだ。
土が湿っているので、植え替えや大々的な草抜き等の庭仕事はやれない。
一つだけ芽が出たルコウ草を植木鉢に植えたり、折れてしまったトケイソウの茎を鉢に挿してみたり、目についた鉢の雑草を抜いたりという細かい仕事だけする。

散歩道で5月に紫色の花をたくさん咲かせていた桐が、実をつけていた。
こちらも鈴なり。
a0054240_22263164.jpg
桐の実ってずいぶん大きい。
一つがイチゴぐらいの大きさ。
この実は何かの役に立たないのかな?
こんなに大きくて、こんなにどっさりあるのでもったいない気がする。
a0054240_22273641.jpg

「のいちごみたいにたべられたらいいのにね~。」

by hideko0611 | 2012-06-26 22:33 | 日記 | Comments(0)

増殖し続ける本

a0054240_2252444.jpg

「山アジサイ」

普通のアジサイよりも一足早く咲き始める山アジサイ、上の写真は6月2日のもの。
(あれ?赤い花だったはずなのに・・・。)
と思っていたら、しだいに白かったところが赤くなってきた。
下の写真は6月7日。
a0054240_2264557.jpg

そして、今日見たらまだ咲いている。
それも真っ赤になって。
a0054240_22101387.jpg

色がどんどん変わっていくところもアジサイの楽しみの一つ。
とにかく赤い花のアジサイがほしくてたまらなかった去年、花の終わりかけたこの山アジサイを米沢園芸で見つけて喜んで買ったのだった。

今週はずっと梅雨らしい天気が続くようだ。
今日は一日中曇天。
棚の飾り物をきれいにする。
去年全部洗ったら、こけしが一つ色落ちしてしまったので、今年はそれは化学ぞうきんで拭くだけにして、陶器や磁器、石で出来ているものは洗剤を入れたお湯で洗う。
曇りの日というのは(雨の日よりも)あまり行動的になれず、今日したのはそれだけ。
よたろうさんは私が火をつけたので、部屋の片付けに取りかかり、午前中かけて本の整理をしていた。
私もまた本棚の整理をしないと、、新しい本の入る余地がなくなってきている。
去年物置を作ったときに整理して以来だから、ほぼ1年たつ。
だいたい1年で100冊ぐらいふえているので、そりゃ入らなくなるはずだ。
今年は図書館をずいぶん利用したので、1月から今日までに読んだ56冊のうち40冊は図書館の本。
でも図書館で借りると、期日までに読まなくてはいけないという強迫観念に襲われるのがちょっといやなので、最近はまた家の本を読んでいる。
これから1年間、書店にも図書館にも行かなくていいぐらいの未読の本が本棚に詰まっているんだもの。

3時間ごとのポイント予報では3時から雨になっていたので、3時過ぎに快を散歩に連れ出す。
(結局雨は降らなかったが。)
いつも4時過ぎによたろうさんが碁を打っている会館へ行くのだけれど、今日はトイレも散歩も終えて3時40分頃に会館に着いてしまった。
ちょうど1局始めようとしていたところなので、先に帰ろうかと思ったけれど、近くの知人のお家にご挨拶に行ってまた戻って来たら、
a0054240_22352917.jpg
ちょうどいい時間になった。
a0054240_22482183.jpg

a0054240_22355831.jpg

快をなでなでしているのはよたろうさんではなく、1回目会館に行った時に、一足先に出てきた碁仲間のおじさん。
そうそう、昨日あの雨の中を、よたろうさんは雨具を着て自転車で会館(今日の会館よりもずっと遠い場所にある)まで碁を打ちに行ったのだ。
今月の猫カレンダーのお言葉通りである。
a0054240_22463747.jpg

by hideko0611 | 2012-06-25 22:49 | 読書 | Comments(2)

梅雨真っ只中

a0054240_20205047.jpg

「オリエンタルリリー」

一日中雨が降るといっても、台風や豪雨の時を除いて、たいてい少しは小やみになる時間帯があるものだが、今日は同じ調子でずぅっと降り続いた。
さすがの快もずっと玄関前の濡れないところでじっとしているので、今日はそのままにしておく。
時々玄関の中に誘導すると、入っては来るものの、すぐに
「だしてくれや~い。」
とドアをかりかりかいて催促するので、また出してやる、の繰り返し。
雨の時も散歩を嫌がらないのはいいような、困ったような・・・。
a0054240_2045371.jpg

「こんやはふてねのはやねだいっ。」

今日もところどころ片付けや掃除をする。
湿っぽいのでどうせなら水回りを・・・と流し磨き。
引き出しを二つほど整理して、よたろうさんの衣類整理の続きに着手。
a0054240_2046123.jpg
やり始めるとはまってしまい、とことんきれいにして自己満足。
私の部屋の方が汚くなってきた。
明日はきれいにしよう。
片付けをしていると、迷子になっていた物が出てくるので面白い。
収納や整理をちゃんとやり始めると、洗い物や洗濯をするのも楽しくなってくるのは不思議だ。

昨日、今日の夕食のプラス一品。
〇キャベツのざく切りとキュウリの輪切りを塩麹であえてしばらくおいて軽くしぼったもの。
〇湯むきしたトマトとみじん切りにしたらっきょうをオリーブオイルをくわえてあえたもの。
今の季節にぴったりのさっぱり味で、彩りもきれい。
野菜やらっきょうが自家製なので、よけいにおいしく思える。
塩麹は魚の切り身の塩焼きにプラスしてもコクが出ておいしくなる。
たんぽぽさんのブログに刺激されて使い始めたが、なかなかのすぐれた調味料だ。

by hideko0611 | 2012-06-24 20:46 | 日記 | Comments(0)

そしてみんな最終回

a0054240_22444855.jpg

「サボテン(種類は不明)」

毎日天気を気にしながら、その日の行動を決める日が続く。
明日はまた雨のようなので、食材を多めに買っておこうとか、水やりをしすぎると過湿になるからやめておこうとか、快にはしっかりトイレをしておいてもらおうとか。
午前中に庭仕事を少し。
草を抜いたのと、表舞台の鉢やプランターの入れ替え、整理をした。
花が終盤に差しかかっているアジサイと、これからどんどん咲いていこうというハイビスカスが同居している。
表舞台には、原則として開花している鉢とプランターを置くことにしているので。
a0054240_22513470.jpg
a0054240_22514881.jpg
a0054240_2252566.jpg

うっとうしい梅雨空の下、ここだけはぱっと明るく華やかだ。
いっちゃんにオジギソウとフウセンカズラを持って帰ってもらい、最後の紫色の菊苗をサチエさんちに届けたので、これでだいたい植えつけるものは片づいた。
梅雨どきは乾燥を好む植物が過湿にならないように気をつけないといけないけれど、たいていの植物は天からの恵みの水を思う存分吸って一日で見違えるように成長している。
緑のエネルギーが庭いっぱいに充満している感じ。
草も同じように成長しているのは困りものだけど。

4月スタートのドラマがほぼ今週で最終回を迎える。
結局全部観たのは、「カエルの王女さま」「もう一度君に、プロポーズ」「陽だまりの樹」の三つ。
コミックで全部読んでいるはずなのに、「陽だまりの樹」のラストが思い出せないまま、最終回を観る。
やっぱりそうだったのか・・・というちょっと悲しい最後。
でも、観終わった後にしみじみとした余韻が残る、手塚治虫さんらしい作品。
「カエルの王女さま」はタカラヅカ時代の天海祐希ファンにとってはこたえられない内容だったろう。
初回と最終回に出てきた「風になりたい」は、タカラヅカを退団するときに最後の舞台で歌った歌だと思う。
岸部一徳さんの若いときを、実の息子さんが演じていたり、濱田マリさんがみごとな筋肉の持ち主であることが分かったり、久野綾希子さんの歌がちょっぴりだけど聴けたり、いろいろ面白いおまけのあるドラマだった。

a0054240_23224979.jpg

「快、ネムの花がきれいだよ。(よたろう)」
「ボク、それよりもネムくなってきちゃった・・・。」

by hideko0611 | 2012-06-23 23:25 | テレビウォッチング | Comments(0)

おいしいものいろいろ

a0054240_2313396.jpg

「カトレアクローバー」

梅雨入り2週目は、七日のうち五日が雨。
そのうち終日降ったのは一日だけだけど、降水量はかなり多い一週間だった。
と言っても、山口はまだ少ない方で、ここ数年同様、記録的な豪雨になっている地方もある。
本当に気候が変わったとしか思えない。
亜熱帯のような感じ。
今日のように天気がいい時は、出来るだけ洗濯物をどっさりしておきたい。
昨日整理をしていて見つけたよたろうさんのTシャツやポロシャツでしみのあるものを漂白しながら洗う。
1枚、上の方に柄があるものに漂白剤がついてしまい、むら染めのようになってしまった・・・。
おそるべし、漂白剤(塩素系)の威力。
おかげでほかのTシャツ等は、真っ白に洗い上がった。
それが終わってから、菊川の支所に自治会に配当される草刈りのジュース代を受け取りに行く。
新南陽の支所の方がずっと近いんだけど、うちの地区は菊川に所属しているので、いつも遠くまで行かないといけない。
ちょうど支所の前に、移動販売のパン屋さん(防府のメルヘン)が来ていて、人がいっぱい集まっていたので、ついつられてクリームパンとアップルパン(名前は違ったかもしれないが、りんごの甘煮がのっているパン)を買ってしまう。
このパン屋さんは、毎週金曜日にポチタマクリニックにも来ていることを思い出した。
見かけたことはないが、クリニックの入り口に貼り紙がしてある。
そう言えばその昔、ロバのパン屋さんというのがあった。
実際に見かけたことはあるようなないような・・・。

うれしいいただきもの。
手作りのラベンダースティック。
a0054240_23394127.jpg

う~ん、いい香りだ。
甘夏のマーマレードをケイコさんに届けに行ったら、ちょっと待っててねと中に入って持って来て下さった。
今回のマーマレードはちょっと失敗作。
実をたくさん入れてみたらおいしいかなと思って皮2個分に、実は4個分も入れてみた。
そしたら実は水分が多いので、重量の6割の砂糖を入れたのが、水分が蒸発した分8割ぐらい入れた感じになり、少々くどい甘さに。
でも、原料の甘夏をいただいたケイコさんちにだけは届けることにした。
ヨーグルトに入れるとちょうどいい甘さなので、その旨を伝える。
去年は実は全く入れずに皮だけで作った。
本には皮3個分に実1個分というレシピが載っていた。
どういうのがいいか、いろいろ試してみよう。

畑のニラの新しい葉が生えそろったので、夕食にギョーザを作る。
キャベツもよたろう産。
うちの家はニラの生育に合わせて、ギョーザを作るのだ。
ニラは切った後、化成肥料をパラパラ撒いておくと、すぐにまた新しい葉が生えてくるすぐれもの。
キャベツとニラを細かく切るのがけっこう大変だけど、手作りギョーザはやっぱりおいしい。

お手が上手に出来るようになった快。
a0054240_2352533.jpg

ただしまだごほうび付き。

by hideko0611 | 2012-06-22 23:53 | B級グルメ | Comments(0)

雨のち曇りのち雨のち曇りのち雨のち曇りのち雨

a0054240_2341239.jpg

「花菖蒲」

雨がやまないので、パッチワークは荷物を極力減らして行く。
と言っても、家を出る頃にはだいぶ上がりかけていたので、殺風景なバイク用雨具ではなく、モンステラと鳥柄のレインコートを着て出かける。
雨の時に海と散歩するときによく着ていたもの。
快は長い丈のものにはじゃれつくので、しばらく着ていなかった。
パッチワークは先生のご都合で7月と8月がお休みなので、寂しくなる。
公民館の建て替えのために3年近く使えなくなるので、その前にお別れ展示会(?)を物産展と同時にすることになり、それまでに作品をいくつか仕上げなくてはいけなくなった。
そろそろ庭仕事も一段落なので、教室がお休みの7月、8月で頑張らなくては・・・。
帰る頃にはいったん上がっていた雨が、午後にはまた降り始めたので、午後は夏蜜柑のマーマレードを作ったり、アイロンがけをしたり、雨の日らしい過ごし方をする。
収納モードのスイッチがいまだ切れない私は、その後よたろうさんの衣類の入っている箪笥をきれいに整理する。
私の箪笥と同じように、たたんでからくるくるまるめる収納法で、見やすく取り出しやすく入れてみた。
快の散歩時間にはすっかり上がっていた雨が、帰路につく頃には、またまた降り出す。
急いで帰ろうと、またまた快を自転車の籠に詰め込む。
a0054240_013571.jpg
なんだか修行僧のような顔をしている快。
雨がザーザー降り出した午後7時頃、空が異様に明るいことに気がつく。
a0054240_051520.jpg
雨雲と太陽が同時に空に存在していたみたい。
そういえば今日は夏至だった。
山口の日没時刻は7時29分。
この写真の撮影時刻は7時24分だから、残照の明るさだったんだろう。

by hideko0611 | 2012-06-22 00:07 | 日記 | Comments(0)