<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

あったか晦日

a0054240_2159915.jpg
「クリスマスローズ」

山口に帰って6回目の大晦日。
なんと、そのうち4回が雪だった。
今年は今までで一番穏やかで暖かい。
遠い昔、実家を出て一人暮らしを始めた年の大晦日もこんな感じの日だった。
手袋をしないでバイクに乗って買い物に行っても、寒くなかったことを覚えている。
生まれて初めて自分一人でおせちを全部作った(と言ってもそれほどたくさんの種類ではないが)時のBGMは、中島みゆきさんのB面コレクションのテープ(!)の繰り返しだったことも。
11月に引っ越したので、ちょうど1ヶ月ほどたち、自立とか、自活とかいう気分に満ち溢れていたあの頃。

1年最後の日も、いつも通り、ラジオ体操と快の散歩から一日が始まる。
散歩のおじさんが、
「今日は珍しく由布岳が見える~。」
と声をはずませて教えてくれた。
もちろん大分県の由布岳のこと。
a0054240_2138656.jpg

晴れた日は海の向こうに遠く九州の国東半島の山々が見えるこの辺りでも、由布岳まで見えるのは年に2、3回しかないとよたろうさんが教えてくれた。
空気が澄んでいるということかな?
鉄塔の後ろの方に見えるんだけど、写真であまりはっきり分からないのが残念。
それでも朝はやっぱり霜が下りているし、
a0054240_21392197.jpg

ドラム缶にたまった水が、いかにもこんなふうに氷が張っていきますという説明のような状態になっていた。
a0054240_21413439.jpg

日中は快もだらけるほどの陽気になる。
a0054240_21425089.jpg
a0054240_21485878.jpg
a0054240_21563697.jpg
a0054240_21565445.jpg

朝一番でキッチンマットを洗い、台所の床を拭き、黒豆を煮て、栗きんとん(今年もおいしく出来た)を作ってから、今年最後の買い物(イクラとなます酢、卵)を買いに行く。
a0054240_21515498.jpg

午後は煮しめを作り、お墓に榊とお飾りを持って行き、掃除(大掃除とは恥ずかしくて言えない)の残りをして、今年もなんとかつじつまを合わせて一年の仕事を終える。
自分の部屋の掃除は残ってしまったが、2日、3日に箱根駅伝を観ながらゆっくりやろう。
今年はどこへも行かず、箱根にどっぷりひたることをよたろうさんに宣言している。

今年は3月に東日本大震災という大災害があり、個人的には2月に海が虹の橋に行ってしまい、10月にひとみが交通事故で大怪我をするというショックな出来事がありました。
いつものように淡々と日々の生活をブログを綴るのも辛いし、本当のことを書いて、読んで下さっている方まで暗い気持ちに巻き込むのも申し訳ないし・・・と悩みながらも、それでも書くことで、またコメントやメールをいただく中で、少しずつ心の傷を癒してこれたような気がします。
本当にありがとうございました。
来年も同じような日々になると思いますが、よろしければ続けて遊びに来て下さい。
皆様、どうぞよいお年を。
a0054240_21555818.jpg

「らいねんもよろしくですぅ~。」
by hideko0611 | 2011-12-31 21:56 | 日記 | Comments(4)

落ち葉と格闘

a0054240_2235740.jpg

「(2号線近くのお家の)菊」

天気が少し崩れそうなことを言っていたが、時々日が差す一日。
それほど寒くもない。
夕方の空は青空と灰色がせめぎ合っていた。
a0054240_22917100.jpg

明日は晴れて、久しぶりの穏やかな大みそかになるようだが、元日に雨マーク。
雪ならともかく、雨の元日って・・・ちょっと似合わない感じ。
あれよあれよという間に、今年もあと二日・・・というか、もう夜の9時半過ぎなので、あと一日とちょっとになってしまった。
午前中に、予約していたおもちとヒラメを受け取りに行く。
お正月にはいつもよたろうさんが、大きなヒラメをさばいて昆布じめにしてくれるのだ。
「さっきまで活きてたよ~。」
と、福川の生協に入っている魚屋のおじさんが言っていたが、一部を刺身にして夕食に食べたら本当にとってもおいしかった~。
今日は家の中の掃除もしたけれど、ずっと気になっていた庭の落ち葉を拾ってかたづけることに力を入れた。
もちろん全部拾いきることは出出来ないけれど。少しだけスッキリ。
よたろうさんは、旧道に降り積もった落ち葉を掃き集めて、ところどころにかためておく作業に午前中ずっと取り組んでいた。
これでもだいぶきれいになったのだ。
a0054240_2143459.jpg

そうそう、夕方この道を散歩していたら、一体のお大師様の頭がこんもり盛り上がっている。
a0054240_2145233.jpg

ちょうど仏像の螺髪状態。
よく見たら、昨日はずした古い帽子が落ちていたらしく、散歩の人がかぶせてくれたのだった。
こちらが正しい姿。
a0054240_2146250.jpg

どんぐりが供えてあるのが見えるかな?
この道は、福川のまちの人の散歩コースになっているので、時々こういうことがあるのだ。

おせち料理の下ごしらえは、昨日から水につけておいたかずのこをダシにつけ、黒豆もさました煮汁につけておくところまで。
明日は栗きんとんと煮しめを作らなくては。
栗きんとんは、ちゃんと裏ごしもして、しっかり練りながら煮詰めるレシピで去年作ってみたらおいしかったので、ちょっと手間はかかるけれど、今年もそれでやってみるつもり。
去年レシピをノートに写しておいたので、あれこれ料理の本をひっくりかえさなくてもよくなった。
おせち料理の本や切抜きがたくさんあるので、どのレシピがおいしかったのだかよく分からなくなって悩んでしまう。
黒豆も栗きんとんも年に1回しか作らない料理なんだもの。

快が昨日から男の子スタイルでトイレが出来るようになった。
少しずつ大人に近づいていることを実感する。
ただし、まだ足をあげるのは地面から10cmほどだけど。
a0054240_2213050.jpg

by hideko0611 | 2011-12-30 22:02 | 日記 | Comments(0)

予定のつづき

a0054240_21193517.jpg

「(福川駅近くのお宅の)カンアヤメ」

昨夜遅くまでかかって編みあげた毛糸の帽子と前かけを、お大師様につけて差し上げる。
いつも思うんだけれど、色鮮やかな新しい赤を身につけたお大師様は、なんだかうれしそうな表情に見える。
a0054240_21241932.jpg

じつは今年の秋に、十一体のうち、一体の首が消失した。
原因も、首の行方も分からない。
悪戯をする人もいないだろうが、カラスや小動物の仕業だとしたら、首は下に落ちていると思うんだけど。
よたろうさんが石を掘って作るといっていたが、年末には間に合わず。
それでも前掛けだけはつけてあげたが、こちらはとても哀しそう。
年月がたつにつれて、石がもろくなっていることは確かで、今日も2回ほど前かけや帽子をつけているときに、お大師様ごと転落しそうになった。
首が取れそうになっていたり、台石からはずれかけていたり・・・。
私達が下で作業をしている間、海もそうだったが、快もずっと石垣の上からのぞきこんでいる。
もう石垣の上の姿も堂々たるもの。
a0054240_21304046.jpg

何枚か撮った中に、可愛い表情のものがあったので、アップにしてみた。
a0054240_21313948.jpg

よたろうさんは、旧道の伸びた木の枝を切ったり、草を刈ったりしているので、私はその間に徳山までお正月用の肉などを買いに行って来た。
赤木鮮魚店にも寄ってみたが、鰆の西京漬は作る端から売れたそうで、キングサーモンの西京漬だけ購入。
行く途中、車の中から女の人に声をかけられた。
ブログを見て下さっているさちさんだった。
私のピンクバルサは目立つので、それで分かったみたい。

午後は、神殿と床の間をきれいにして、お正月の支度を整える。
明日おもちとお飾りをお供えすればいいだけ。
毎年のことながら、25日からの1週間は3倍速ぐらいのスピードで時間がたっていくなぁ。
明日は各部屋の大掃除をして、明後日はおせち料理を少し作って・・・なんとかやりとげなくちゃ。
by hideko0611 | 2011-12-29 21:42 | 日記 | Comments(2)

予定通り

a0054240_2144049.jpg

「(福川小学校前の花壇の)キンセンカ」

今朝も昨日よりは少しましだが、一昨日、一昨昨日(「さきおととい」で変換したら、こんな漢字になった)並みの寒さ。
霜は今まで一番ひどかった。
そういうのを「大霜」というようだ。
この辺りの方言かと思っていたら、広辞苑にちゃんと載っていて、季語にもなっている言葉だった。
霜のおりることなどほとんどないところで生まれ育ったもので、知らなかった。
置いてあるタイヤにも一面の霜。
a0054240_21491718.jpg

近所に住む、快を可愛がってくれるお姉ちゃんが、車の凍ったフロントガラスにかけるために家から持って出るやかんが残されている。
そのやかんにしきりに興味を示す快。
a0054240_21515318.jpg

それでも日中は、昨日までとは比べ物にならないぐら暖かい。
なので・・・やっぱり午前中に「こあ」の歳末市にひとっ走りしてしまった。
ぽっかり浮かんだ白い雲も、昨日までとは全く違う。
a0054240_2222946.jpg

a0054240_21541793.jpg

鹿野ファームの焼豚、去年は醤油味を買ったので、今年は塩味にする。
来年は味噌味にしよう。
近くの中学生が販売のお手伝いをしていた。

買い物には行ったが、今日はちゃんと年末仕事の予定をこなしていった。
買い物に出る前に、マット類を洗い、トイレ2ヶ所と洗面所をきれいにしたし、午後は窓拭きのまだすんでいなかったところを全部拭いた。
お大師様の毛糸の帽子も、洗っては使い・・・を3年繰り返してきたが、今年はまた新しく編んだ。
やっぱり計画表を作ったのは効果的。
やり終えた仕事を線で抹消していくのはとてもうれしい。
よたろうさんはお飾り12個を作り上げる。
a0054240_2275359.jpg

縄をなうのが一番大変なんだって。
指紋がなくなってしまうといつもぼやいている。
快も1本縄をもらって大喜びで、
a0054240_2244420.jpg

一生懸命破壊していた。
a0054240_2252928.jpg
明日は二人でお大師様の周辺を掃除して、帽子と前掛けをつけてあげ、お飾りをお供えする予定。
by hideko0611 | 2011-12-28 22:08 | 日記 | Comments(0)

予定は未定

a0054240_20303832.jpg

「(散歩道途中のお宅の)侘助」

雪の降った昨日、一昨日よりも、今朝の方が気温が低い。
湯たんぽでぬくぬくした布団から出るのが、ちょっと辛い。
でも日中の寒さはだいぶゆるんできた。
5泊6日の旅を終えて、寒気が去っていったのだろう。
それでもまだ空はいかにも冬の雲。
a0054240_20584478.jpg

昔のテレビドラマ、木下恵介・人間の詩シリーズで「冬の雲」というのがあったなぁ。
主題歌が仲雅美さんの歌うポーリュシカ・ポーレ(時々急に思い出して口ずさみたくなる歌の一つ)で、ニヒルな二枚目時代の田村正和さんや近藤正臣さんが出演していた。
ストーリーはすっかり忘れているし、「冬の旅」とごっちゃになっているが、確かに冬の雲という雰囲気のドラマだったような気がする。

朝から晴れたらマット類の洗濯をしようと思っていたが、それほどでもないので、大掃除の意欲はすぐにしぼみ、白菜の本漬と、
a0054240_20353418.jpg
洗面所の掃除、冷蔵庫の整理をしたのみ。
仕事もしないで、パソコンで「年末にする仕事」の一覧表を作って遊んでしまった。
a0054240_2142140.jpg

毎年手書きで作るんだけれど、パソコンに残しておけば、次の年も使えることに気がついたのだ。
この時に、すでに終わっている仕事も書き出すのがポイント。
やり終わったら、線で抹消していくんだけれど、そうしておくと最初からどんどん消せるのでうれしくなる。
仕事をしていた頃も、学期末や学期初めにはいつもこんなことををしていたなぁ。
表を作り終わったら安心して、ベッドに寝ころんで「とりぱん」12巻を楽しく読み終えてしまった。
ちょうど部屋にやって来たひとみが、そばにやって来て添い寝をしてくれた。

散歩中に、私とよたろうさんがよその人と出会って話をしていると、時々こんな風にかしこく待っている快。
a0054240_20444080.jpg

そのちょっと前まで、よたろうさんの手袋をくわえていたことが嘘のよう。
a0054240_2045487.jpg

by hideko0611 | 2011-12-27 20:59 | 日記 | Comments(0)

あと1週間

a0054240_20501958.jpg

「マサキ」

今年最後の卓球に行く。
朝は草の上などにほんの少し雪が残っていたが、出かける前には洗濯物を外に干せるぐらいの日差しになっていた。
ところが、卓球の帰りに、お正月用のソーセージを買いに、下松の「グルメロード安田」まで足をのばしたら、宮脇書店の辺りまで帰って来た頃に、急に冷たい空気にすっぽりおおわれた感じになり、寒くてたまらない。
今年の冬、バイクに乗っていて、凍えるほどの寒さに襲われるのは初めてだ。
それでも、デオデオでなくなりかけているプリンターのインクを買ったり、いよやでおもちの注文をしたり、生協でヒラメの予約をしたり、やらなければいけないことは全部すませて帰って来た。
もう今年中は、徳山まで遠出はしないつもり。
食パンは「穂の香」があるし、「こあ」の歳末市も特にほしいものはないので。
そう言いながら、年末は寒さがゆるむということなので、またふらふら出かけるかも。
いやいや、その暖かい年末に、少しは掃除・片付けをしなくては・・・。

今週の土曜日が大晦日なので、ちょうど週の終わりで今年が終わるという区切りのよさ。
マンハッタナーズの手帳を来年のもの(右)に替えて、
a0054240_2116447.jpg
1月の予定を書きこんだり、
a0054240_21164498.jpg
必要な情報を今年の手帳から写したりすると、気持ちが新たになる。
必要な情報と言っても、山口や大阪までの列車の時刻とか、観てみたいDVDのタイトルとか、たわいもないことだけど。
そもそも私の今の生活では、手帳の必要性はそれほどないんだけどね。
それでも新しい手帳はなんだかうれしい。

久しぶりに快をよたろうさんの自転車のかごに乗せてみた。
いやがって暴れるかと思っていたら、まんざらでもない顔をして家まで乗っかって帰ったのがおかしい。
a0054240_2119864.jpg
a0054240_2119245.jpg

それにしても、こんなにちっちゃかったのに、
a0054240_21231815.jpg

今ではかごいっぱいにぎゅうぎゅう詰まっている。
by hideko0611 | 2011-12-26 21:19 | 日記 | Comments(0)

ホワイトクリスマス

a0054240_21442137.jpg

「(ご近所の)クロガネモチ」

今年初めての積雪で、ホワイトクリスマスとなった。
a0054240_22164277.jpg

と言っても、地面が真っ白におおわれるほどではないし、凍ってもいなかった。
それでもこの前買ったショッキングピンク長靴を履いて散歩に行く。
a0054240_2214029.jpg

生まれて初めて積もっている雪を見た快は・・・
a0054240_2224819.jpg
予想通り、まず一生懸命食べていた。
私達よりも早く散歩している人がいるようで、足跡が残っている。
それも下りばかりなのが不思議。
よたろうさん&快(もちろん私も)の足跡も雪の上に刻印されていく。
a0054240_22142914.jpg

よたろうさんが雪玉を作ってやったら・・・
a0054240_22151969.jpg

好きなボールだし、雪で出来てるのでかじれるし、大喜びしていた。
a0054240_22161674.jpg

竹林や雑木林にうっすらと積もった雪がきれいだ。
a0054240_22171754.jpg

雪はその後も午前中降り続いたが、
a0054240_22393938.jpg
それほど積もらず、日が差してくるとすぐに溶けてしまった。

今日は高校駅伝を男女共しっかり見る。
実業団駅伝のように、どこが勝つかを見たいのではなく、一人ひとりの選手をよく見たいので、家事をしながらの片手間ではなく、テレビの前に座り込んでしっかり観戦した。
女子は岡山興譲館の2連覇はならず、愛知の豊川高校が終始リードをして、留学生だけに頼らない優勝を成し遂げた。
男子は昨年ゴール直前で逆転された広島の世羅高校が、留学生の活躍もあって圧倒的な強さで優勝。
連覇というのがどれほど難しいかよく分かる。
この大会に出場している選手の中から、やがて箱根や実業団で活躍する選手も出てくるのだろう。
楽しみに待っていよう。
テレビに集中・・・とは言っても、パッチワークのロケラニのアップリケをしながら観ていた。
こういう時でもないと、なかなかゆっくり出来ないから。

夜は全日本フィギュアの女子を楽しく観る。
昨日の男子の残りは、ちゃんと朝のうちに観ておいた。
スポーツ観戦としては邪道だと思うが、今日もネットで結果を先に知ってから、安心して演技を味わった。
浅田選手、鈴木選手、村上選手が1、2、3位という妥当な結果に終わった。
ショートで1位だった村上選手は残念だったが、男子の羽生選手と共に、まだまだこれから伸びていく選手なので、近い将来全日本で優勝することもあるだろう。
今日はスポーツ観戦の一日にして、年末仕事は引き出しのスプーン・フォーク類を整理しただけ。
by hideko0611 | 2011-12-25 22:19 | スポーツ観戦 | Comments(2)

ホワイトクリスマスイブ

a0054240_2149122.jpg

「ヤツデ」

今日もいつ降るか、いつ降るかと思って待ち構えているのに、時折みぞれが降る程度だった。
北風と太陽じゃないけれど、雪雲と太陽が空で競い合っている感じ。
a0054240_22301915.jpg

夜になると冷え込みが厳しくなり、窓から入って来たひとみが濡れているので屋根を見ると、雪で白くなっていた。
このままでは明日の朝、道が凍っていそうで心配だ。
ホワイトクリスマスになるかも。
今年はケーキも鶏料理もしないでおこうと思っていたのに、2日前の冬至をすっかり忘れていて、柚子湯は1日遅れ、かぼちゃを食べるのはは2日遅れになってしまった。
その分を取り返すために、ケーキは新南陽駅前のモンパリで、小さなのを買って来た。
a0054240_2227729.jpg

一応小さくてもろうそくがついている(1本だけ)。
a0054240_22271873.jpg

鶏のから揚げはセブンイレブン御製。
そういえば、今年はクリスマスミュージックも全然聴かなかったなぁ・・・。

年賀状の添え書きを書き終える。
小学校の時の先生や友人に書いていると、あっという間にその頃の自分に引き戻される。
ついこの前生まれたばかりのような気がする若い友人の子どもさんが、もう小学校入学。
こちらに来てから、5年の時が流れたことを実感する。

昨日から全日本フィギュアが始まった。
世界大会は日本選手と、あと気になる外国人選手を見ていればいいが、全日本はこれから頭角を表しそうなジュニアの選手もしっかり見ておきたいので、最初から最後まで目が離せない。
今日は男子のフリーと女子のショートで7時から4時間もある。
楽しみはもうちょっと分けてくれたらいいのに。
日本でやっていても放送はライブではないので、ネットで実況中継を確認しながら、ちょっと遅れたテレビを見ている。
昨日の男子ショートでは高橋選手が4回転を成功させ、完璧な演技でトップに立った。
今日の女子ショートは村上選手が、冒頭の3回転ー3回転も含めてジャンプをきれいに決め、トップに立った。
やっぱり最初の難関をクリアすると、波に乗れるのだろう。
真央ちゃんは落ち着いたスケーティングで僅差の2位。
明日のフリーが楽しみだ。
まだ10時だけど、暖房が暖かいからか、眠くてしかたがない。
実況中継は最後から2番目の羽生選手の演技が始まったところなので、間もなく全員が滑り終える。
結果を確認したら、それぞれの演技は明日録画したものをゆっくり観ることにしよう。

「ボクもねむいですぅ~。」
a0054240_22195868.jpg

抱っこしているのはいっちゃん。
by hideko0611 | 2011-12-24 22:35 | 日記 | Comments(0)

寒波がじわじわ

a0054240_21114645.jpg

「ガーデンシクラメン」

今日からほとんどの小中学校は冬休み。
a0054240_2147433.jpg

金次郎さんも暖かくしてゆっくり休ませてあげたい。
まだそれほど寒くはならない。
今にも雪が降りそうな雲だけど、ほんの少し時雨れただけ。
a0054240_2119050.jpg

とても寒いことを予想して、昨日おでんの材料を買って来ていたので、予定通り煮込む。
茶飯もおでんもとってもおいしく出来た。
今日した年末仕事。
小さな漬け物桶に白菜のあら漬を二株だけする。
あとはお風呂の大(中)掃除と、年賀状の添え書きを少し。
去年届いた年賀状を見ながら、その人の顔を思い浮かべ、ほんの1行、2行だけれど、手書きの文字を入れる。
とりぱんの12巻が発売になったので、予約していた明屋書店に買いに行く。
じっくり味わいながら楽しんで読もう。

三城で新しい眼鏡を作ったときに、お店に並んでいた犬を発見した。
口が眼鏡ケースになっている。
口の中が眼鏡拭きと同じ材質なので、レンズの保護にもなる。
コーギーやミニチュアダックスなどの洋犬しかいなかった(「わさお」もいたけれど、あまり似ていなかった)が、調べてもらったら柴犬もあるということなので注文した。
昨日受け取りに行ったら・・・
a0054240_21304868.jpg

耳が小さいせいか、あんまり柴犬っぽくなかったけど、まあいいや。
それに眼鏡を入れてみたら・・・
a0054240_21314859.jpg

半分しか入らなかった・・・。

夜、湯たんぽを入れてやるときに見てみたら、ものみはカン母さんと一緒にちゃんと猫小屋に入っていた。
2匹寄り添っていたら暖かいんだろう。
これで一安心。
明日あまり寒いようなら、昼も湯たんぽを入れてやろう。

a0054240_21374825.jpg

散歩の途中、湧き水のところで必ず水を飲む快。
もっと小さかった頃、下の水に届かないので、よたろうさんが手の平に水をすくって飲ませてやった。
a0054240_21415111.jpg

それでは飲ませにくいし、こぼれるので、小さな入れ物にくんでやったら、すっかりそれが習慣になってしまった。
今ではちゃんと下の水に届くんだけどね。
by hideko0611 | 2011-12-23 21:50 | 日記 | Comments(2)

寒波に備えて

a0054240_2182026.jpg

「水仙(ペーパーホワイト)」

寒くなるぞ~と待ち構えていたわりには、夜になってもまだ大丈夫。
本格的な寒波は明日からかな。
カン母さんとものみは、最近日中は2匹でしっかり抱き合って猫団子になっている。
a0054240_21365813.jpg

夜は湯たんぽを入れてある猫小屋(本来は犬小屋)に入っているカン母さん。
去年はものみが猫小屋によく入っていた。
二冬目を迎えるものみは、今年はどこで夜を過ごしているのだろう。
ひとみは夜はもちろん、昼間でも寒くなってくると、私の部屋でぬくぬく過ごしている。
最近、夜はよたろうさんの布団の上で寝ることもふえ、よたろうさんが、
「寝られない!」
とぶぅぶぅ言っている。

午後から寒くなるということなので、ゆっぴーさんから連絡をいただいた赤木鮮魚店の海老を買いに行くついでに、いろいろな買い物を午前中にすませておく。
5泊6日の寒波に備えて、食材をしっかり買い込んだ。
古いのは水が入って来るので、雪道散歩に備えてワークマンで新しい長靴(作業用)を買ったが、女性用であったかいのはショッキングピンクしかなかった。
これを履くと目立つだろうな~。
お昼過ぎによたろうさんの忘れ物を届けに、ふれあいセンターまでひとっ走りしたが、家を出たとたんにちょっぴり時雨れてくる。
a0054240_21194451.jpg
ふれあいセンターに着いて嶽山を見上げたら、虹がかかっていた。
a0054240_21182938.jpg

虹って普通は空にかかるものだと思うが、山の中腹にかかる低い虹だった。
a0054240_21193463.jpg

ふれあいセンターのクリスマスツリーがひっそりと光っていた。
a0054240_21201420.jpg

せっかく行ったので、図書館で本を借りてきた。
草野たきさんの「透きとおった糸をのばして」「ハーブガーデン」、「漱石の妻(鳥越碧)」「すき・やき(楊逸」、小路幸也さんの「猫と妻と暮らす」「ラプソディ・イン・ラブ」の6冊。
2週間で読めるかしらん?
来年は図書館を大いに利用しよう。

昨日のお菓子はどちらも、お店で買った物にひけをとらないぐらいとってもおいしかった。
a0054240_21265161.jpg
a0054240_2126594.jpg

タダオさんちとケイコさんにおすそ分けする。

いただき物の青森の林檎と、その林檎のお礼に贈るついでに取り寄せたみかん(愛媛の興居島のはれひめ)が箱でど~んと置いてあるので、とても豊かな気持ちになる。
a0054240_21342526.jpg
野菜は畑に大根、カブ、里芋、ほうれん草、高菜、レタス2種類、春菊、ネギ、キャベツ、白菜、物置にタマネギ、サツマイモがあるので、これまたお大尽気分。
キャベツや白菜はものすごい虫食いのために三分の一ぐらい葉っぱをむかないといけないが、中は柔らかくておいしいし、何より無農薬の安心野菜。
今日も2軒に大根とカブを配って来た。

年賀状の印刷終了。
プリンターの調子がもう一つ良くないので心配したが、1枚だけ無駄にしたほかはうまくいった。
明日から添え書きをして、25日には出せそうだ。

本当にたっちの好きな快クン。
a0054240_21475221.jpg

by hideko0611 | 2011-12-22 21:49 | 日記 | Comments(0)