<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

またまた消えていく

a0054240_2012043.jpg

「シュウメイギク」

快に振り回されているうちに、9月が飛ぶように過ぎて行った。
雨が上がった明日から、気温が急激に下がるそうだ。
明日は山口国体の開会式。
萩まで卓球を観に行きたかったが、たぶん人が多くて入れないだろうと思ってあきらめる。
山口県代表として出場する吉田海偉&石川佳純選手を生で見たかったんだけどなぁ。
郵便局に行ったら国体の記念切手が売り出されていたので、せめてそれだけでも買っておく。
a0054240_20244668.jpg

ちょるるTシャツと、卓球のちょるるピンバッジは去年のうちに買ってある。

昨日の和光に続いて、また一つ閉鎖の知らせにショックを受ける。
こちらに帰ってから、よっぽど緊急の時以外は、ほとんどそこでバイクの給油をしていた給油所が今日で閉鎖されることを知った。
看板を見ると8月25日付けで閉鎖のお知らせが出ていたんだけれど、バイクが故障したりしてしばらく行くことがなく、見過ごしていた。
閉鎖の理由は、40年以上たっている地下に石油タンクのあるところは、土壌汚染を防ぐためになんらかの設備投資をしないといけないことになったが、それが無理なため・・・ということ。
安全面から言えばしかたのないこととはいえ、自分のなじんだ場所がまた一つなくなることは寂しいし、給油所の人達のこれからのことも気になる。
従業員に20代前半の青年が一人いて(経営者の方のお孫さんかな?)、素朴で爽やかで気に入っていたのだけれど、彼の姿も見られなくなってしまう。
「体に気をつけて・・・いい仕事が見つかるといいね。」
と、せめてものはなむけの言葉を贈る。
一番新しい女性の従業員の人は、同じシェル系列の給油所に勤めるということなので、またそこに行くねと話す。
バイクの給油は一ヶ月に平均3回。
この5年間で、それでも100回は通っただろうな。
「暑いですね。」
「明日から雨になるそうよ。」
ぐらいの挨拶を交わすだけの人達だったが、まぎれもなく私の山口生活の一こまだった。
偶然だけど、せめて最後の日に給油に行けて、二人と言葉を交わせてよかった。

今日も熟睡、部屋でくつろぐひとみさん。
a0054240_2025074.jpg

by hideko0611 | 2011-09-30 20:29 | 日記 | Comments(2)

また一つ・・・

a0054240_20412038.jpg

「キンモクセイ」
彼岸花がお彼岸前から咲き始め、田の畦一面が赤く(時には白く)染まる頃に、今度は金木犀が咲き始める。
というより香り始める。
花が黄色くなる前から香りはしているが、色づくと一気に香りも強くなる。
香り始めてから三日で満開。
枝を切って来て花瓶に挿すと、家中の空気が変わる。
今家の中は、その香りと、今年三度目の花を咲かせている夜香木の香りでむせ返るようだ。
夜香木の方が強い香り。

徳山の和光の服地売り場閉店のお知らせ葉書が来た。
a0054240_2144324.jpg

48年の歴史に幕を閉じるとのこと。
服地売り場は手芸用品売り場でもある。
去年YOUMEタウンの中のトーカイが撤退して、ちょっとした物を買いに行くのに不便になったが、さらに不便になる。
こちらに帰って来て間もない頃は、パッチワークの布地もよく買っていたが、最近は主として手芸用品のお世話になっていた。
葉書の挨拶文の中に、
「ここ数年間ニーズの変化に対応すべく、懸命な努力をしてまいりましたが、抗することが出来ず閉店に至り、ご愛顧いただいておりますお客様には大変ご不便をおかけすることになりました。」
とあった。
a0054240_2151433.jpg

洋服を手作りする人が減ったことが、一番の痛手だろうが、パッチワーク教室でも先生や古くからの生徒さんが、
「最近パッチワークの本が少なくなったね。」
とよく話しておられる。
洋服以外でも、手作り製品を買う人は増えても、作る人は減ってきていることも間違いないだろう。
大きなデパートの中の布地&手芸用品売り場がどんどん縮小してきているのも、ここ数年の風潮。
3月にオープンした博多阪急には、手芸用品売り場そのものが設置されていなかった。
まあ、布地はこれから一生使う分ぐらいはストックしているし、ネットや先生経由でも買えるけれど、手芸用品がいる時には、バイパスのトーカイか防府のマツバラまで行かないといけない。
店じまいセールをのぞきに行って、この5年間の別れを告げて来よう。
また徳山駅前が寂しくなった。
パッチワークのソーイングケース、パイピングとファスナーつけが終わった。
a0054240_2195114.jpg

ファスナーを閉めると・・・
a0054240_2193463.jpg

あとは、ファスナーの端っこを布で隠して、糸を通せば出来上がり。

夕方は1時間、部屋の中で遊んだ快と私。
快がけっこうハァハァするぐらい遊んでやる。
a0054240_2183812.jpg
今日はカメラのストラップをかじらなかった快。
かしこくなっているところも少しずつ見つかってきた。
by hideko0611 | 2011-09-29 21:11 | 今昔物語 | Comments(2)

一月

a0054240_2051964.jpg

「リンドウ」

快が我が家に来てから、今日でちょうど一月になる。
来てから2、3日はぬいぐるみのようにおとなしかったのが、今では庭中を全力疾走するぐらい元気いっぱい。
毎日少しずつかしこくなっているところと、少しずつ自我が出てきて言うことを聞かなくなっているところがあり、毎日子育て奮闘中。
a0054240_20281371.jpg

来た時はこんなの。
a0054240_20453988.jpg

今日は、この前とは別な扉の下から、忍法むぐむぐの術で脱出してきた。
裏庭で作業をしていたら、すぐそばをうろうろしているのでびっくり!
やっぱり10cmぐらいのすき間。
ホントに油断も隙もありゃしない。

卓球は10人という適正人数。
今日はなんだか先生のレッスンの時から、ドライブどころか普通のフォアやショートがちゃんと入らないという不調。
だからその後、久しぶりにマシンでフォア打ちとショート打ちをする。
後半ダブルスの試合をした時に、一つ学んだことがある。
レシーブの時に、サーブをする人の顔を一切見ないで、ラケットとピン球だけを凝視するのだ。
そうすると球の種類が少しは見極められそうな感じがした。
下回転、横回転、切れていない・・・。
苦手なS時さんのサーブをその方法でレシーブしてみると、いつもよりとれたような気がする。
みんなはサーブの時にどこを見ているのだろう。
一度訊いてみたい。
買い物をして帰ると遅くなるので、お昼はロックタウンの中のタッコマンでたこ焼きを買って食べる。
エビ玉というのがあったので、それを注文してみた。
外観は普通のたこ焼きだけど・・・
a0054240_20181219.jpg

中にたこの代わりにエビが入っている!
a0054240_2019493.jpg

牛玉というのもあったが、牛肉がどんな形状で入っているのだろう?

朝夕の気温差が大きいので、一日のうち何回も着替えないといけない。
昨日なんて夕方の買い物に、上は厚手の長袖シャツ(ノースフェイスのトレッキング用)、足元はサンダルというおかしなかっこうで行ってしまった。
夜も布団をかぶったりはいだり、窓を開けたり閉めたり、けっこう忙しい。
蚊が多いのはあいかわらずで、快と遊んでやったりトイレに行かせたりしていると、そのたびに数個刺されている。
蚊取り線香もつけられないし、困ったものだ。
毎年12月頃まで、蚊に悩まされる。
(犬のフィラリア薬も12月まで飲ませないといけない。)
これも地球温暖化の弊害の一つだと思う。

ブルーベリージャムの汁がTシャツについてしまった。
今年買ったものなので、え~んと思いながらすぐに洗濯する。
洗濯石鹸をつけると、紫色から青緑色に変わるが、なかなか落ちない。
でも手洗いした後洗濯機にかけたら、いつの間にかきれいにとれていた。
Tシャツの地色がグレーだったということもあるし、ついてからそれほど時間をおかずに洗ったからだろう。
後でガーゼ布巾で実験してみた。
a0054240_20322861.jpg

a0054240_20434866.jpg

アントシアニンはみごとな試薬だ。
この後しばらく洗剤液に浸けておいたら、やっぱりほとんどとれた。
汚れはすぐに落とすことが大事というの実感する。
by hideko0611 | 2011-09-28 20:35 | 柴犬との暮らし | Comments(2)

だ・る・ま・さ・ん・が・・・

a0054240_20574372.jpg

「木立ベゴニア」

政所のお茶屋さんでいただいたノボタンの花が咲いた。
a0054240_21241845.jpg
なぜか花びらが半分ちぢかんでいるのが惜しい。
きれいな藤色。

もう少しで9月も終わり・・・ということで、テレビ界は番組改編の時期。
火野正平さんの「にっぽん縦断こころ旅」の秋編がスタートした。
「人生下り坂最高~!」
の決めゼリフと一緒に。
「人の一生は重きを負うて遠き道を行くがごとし」と言った徳川家康や、山本周五郎の「ながい坂」の主人公が聞いたら目をむくだろう。
まずは神戸からスタート。
ひやしあめ、そばめし、鉄人28号のモニュメント、大阪のおばちゃん、明石海峡大橋、明石公園・・・みんな懐かしい。
と言ってもそばめしは食べたことがないし、鉄人も実物は見たことないんだけどね。

晩ご飯も終わって6時前後に、最後のトイレタイムで快をケージから出してやる。
ちゃんとかしこくトイレをすませる時もあれば、
「わ~い、まただしてもろた~。」
とただただはしゃぎまわるだけの時もある。
今日はちゃんとかしこい快くんだったが、
「ハウス。」
と呼んでも、ちょっと離れたところの庭先で立ち止まって来ようとしない。
(ケージは玄関の中)
ご飯のときはすぐに飛んで入って来るのだが、もうおなかはいっぱいだし、もう少し遊びたいし・・・というところだろう。
そこで私はさっさと玄関の扉を閉めて、10数えてから開けてみたら・・・
いつの間にか扉のすぐそばまで来ていて、さっさと入ってきたが、まるで「だるまさんがころんだ」をしているみたいでおかしかった。

快が来てからあまりかまってやれなかったものみを、久しぶりに抱っこしてやる。
a0054240_2195367.jpg

その様子を見つめる快。
a0054240_21102514.jpg

by hideko0611 | 2011-09-27 21:24 | 柴犬との暮らし | Comments(2)

失せ物探し

a0054240_21315719.jpg

「木立ベゴニア」

a0054240_2156235.jpg

空は秋の雲になってきたが、日中はまだまだ暑い。
今日電気代の請求書が届いたが、やっぱり8月よりも高かった。
もちろん去年の9月よりも高い。
7、8月と我が家なりに節電をしてきたのに、残念。

午前中に、トーカイにファスナーを買いに行く。
50cmのが必要なのに60cmしかなかったのでカットしてもらい、その間にワックスコード(ろう引きの糸)などを買っていたら・・・ファスナーを買わずに帰ってしまった。
家に電話があったそうだ。
なんとなくファスナーも一緒に袋に入っているような気がしていたんだけど。
また明日取りに行かなくては・・・。
今日はちょっと探し物があったので、その後スーパーを五つ巡る。
三田川のコープ、たから、イズミ、アルク、福川の生協。
バイクがなければとても出来ない業だ。
ところで私の原付はまだ直らない。
もう一月以上になる。
一生懸命修理してくれているのにあんまり催促するのも悪いので、お店に問い合わせることもしていない。
最近は近所の人にも
「まだ直らないの?」
と訪ねられる始末。

午後は昨日プランターから出した土を片付けた後、海と遊んでやる。
おもしろいポーズもいくつかあるんだけれど、1対1で遊んでいると、写真を撮る暇がない。
デジカメのストラップにじゃれつくし。
a0054240_21545852.jpg

最近私と快のお気に入りの遊びは、私が隠したテトラを快が探し出すこと。
たまにテトラの代わりに私が隠れて見つけてもらうこともある。
海もそうだったけれど、犬は探し物が大好きだ。

なんとも無防備なひとみの寝姿。
a0054240_21544110.jpg

by hideko0611 | 2011-09-26 21:57 | 柴犬との暮らし | Comments(2)

秋の陽を浴びて

a0054240_1948948.jpg

「木立ベゴニア」

大相撲は、山口出身力士の豊真将が10勝5敗の好成績で千秋楽を終え、来場所の三役が確定した。
郷土の力士というだけでなく、勝っても負けても礼儀正しい豊真将を、よたろうさんも私も応援している。
いつも幕内下位の時はいい成績なのに、次の場所上位に上がると負け越して番付が下がる・・・の繰り返しだったが、ここ2場所ほどは力強い相撲がふえてきた。
今場所は不調とはいえ、三大関を倒しての10勝というのは立派。

シルバーウィーク最終日は気持ちのよい秋晴れ。
友人夫婦&Yちゃんは萩観光を楽しんで帰っただろう。
私は久しぶりに庭仕事をする。
そろそろ夏の花を始末していかないといけない時期。
まず朝顔を片付けた。
種を10個ほどずつ採っておく。
西洋朝顔のパーリーゲイトとヘブンリーブルーはまだしばらく咲き続けそうだ。
a0054240_2004719.jpg

それから3年間プランターに植えっぱなしだった百合の球根を掘り上げる。
年々花のつきが悪くなって、特に今年は虫にやられたこともあってほぼ花は全滅だった。
掘り上げてみると、スカシユリとオリエンタルリリーの球根はちゃんと残っていた。
a0054240_20233126.jpg

土を入れ替えて植え直すことにする。
あとジニア、カクトラノオなど、花がほとんど終わったものも片付ける。
そういう作業を外庭でやりながら中庭で快を放してやり、時々様子を見てやっていたが、なんと10cmほどの柵の隙間を快がむぐむぐとすり抜けて出て来てしまった。
その様子はまるでスライムみたい!
出てきたばかりのボーっとしているところを捕まえて中に入れたら、また出て来てしまった。
大きな石で隙間をふさぎ、またまたボーっとしているところを捕まえて中に入れる。
a0054240_209468.jpg

「えへっ。」
今日はいつもよりも長い時間外に出してやったので、快は疲れたのかケージの中ではぐっすり昼寝と夜寝をしている。
活発な仔犬なので、たくさん遊ばしてやる必要があるみたい。
私も長い時間外で日光を浴びたので、ちょっと疲れた。
パッチワークの内側がほぼ完成。
a0054240_2014857.jpg
あと、周囲をぐるりパイピングして、ファスナーをつけたらだいたい出来上がり。
明日、50cmファスナーをトーカイに買いに行かなくては。
by hideko0611 | 2011-09-25 20:18 | 趣味の園芸 | Comments(2)

5年ぶり、そして初めての出会い

a0054240_216813.jpg

「(サチエさんちの)ムラサキルーシャン(リンゴアザミ)」

淡路島に住む友人夫婦が、1歳半になったばかりの子どもさんを連れて、遊びに来てくれた。
じつは快を世話して下さったのが、その友人のお父さん・・・というわけで、快の顔も見に来てくれたわけ。
淡路から山口に来るのに、一旦徳島に渡り、四国を通って、今度は瀬戸大橋を渡って来たとのこと。
彼女は実家が高知なので、その方が自然なのかもしれない。
3時半過ぎに到着。
私は快を連れて家の前でお出迎え。
今日は別な来客もあって、快はいろんな人になでなでしてもらい、とっても興奮していた(写真を撮る暇もなし)。
1歳半のYちゃんは快に飛びつかれてもこわがりもせずに、にこにこしていた。
縦横無尽に駆け回っていた快がテーブルの上のジュースを引っくり返しそうなので、まもなく退場してもらう。
あとはYちゃんが引き継いで、応接間を縦横無尽に駆け回る。
a0054240_21155210.jpg

さすがに行動力のある(スノボー、ラフティングなどアウトドア大好き)ご夫婦の子どもだ。
萩に宿をとっているということなので、5時前にはお別れ。
萩まで遠いので到着が遅くなるのではないかと心配していたが、後で地図で確かめたら車だと津和野へ行くよりも近いことが分かった。
萩は電車で行くとぐる~っと回ってとっても遠い。
6時半過ぎには「萩に到着」というメールを受け取り、安心する。
短い時間だったが、5年ぶりに会えてうれしかった。
ダンナは友人の懐妊をきっかけに禁煙に成功したとのこと。
よかった。

その後私は、山崎八幡宮のお祭を覗きに行く。
a0054240_21313676.jpg
ブログ友達のゆっぴーさんが、同時開催されている「宮の前ゆめ祭り」という地域のイベントで受付をしているということなので、会いに行って来た。
「宮の前ゆめ祭り」は今年が第一回のようだ。
個の方向に向かっていく時代に、こういう地域の活動が新しくスタートするというのはいいなぁ。
誰か中心になって声をかける人がいたのだろうね。
おでんを売っている人に声をかけたら、その向こうの食券を売っている中の一人がゆっぴーさんだった。
a0054240_21315034.jpg

「ゆっぴーさん?」
「hidekoさん?」
ゆっぴーさんも忙しそうだし、私も6時には帰らないといけないので、ほんとに二言三言話しただけだけど、予想していた通りの明るく温かい感じの方だった。
ブログを通じて知り合った人と実際に会うのはゆっぴーさんで3人目。
平安時代など、文のやり取りだけで恋愛が成立したことを不思議に思っていたが、ブログを始めてからなるほどと納得出来た。
書くこと、読むことで人と人の心はつながっていく。
私の場合はもちろん、(ほぼ)同世代か下の世代の女性とのつながりだけど、ね。

今日は二つのうれしい出会いがあった日。
by hideko0611 | 2011-09-24 21:45 | 日記 | Comments(0)

秋色の風景

a0054240_21584818.jpg

「ツルボ」

とうとう朝の室温が20℃を下回って、19.9℃。
涼しいを通り越して、半袖パジャマでは寒い!
(今夜から長袖にした。)
でもラジオの天気予報によると、このまま一気に冬になるのではなく、ゆっくりと秋が深まっていくそうな・・・。
だから、急いで衣更えをしなくてもいいそうだ。
でもバイク用の皮手袋は出しておく。
朝早く、必要があってセブンイレブンまでひとっ走りしたら寒かったので。

お彼岸なので、よたろうさんは島地の出雲大社分院のおまつりに行く。
途中の景色を撮影してきてねと頼んでおいた。
稲刈りが終わった田んぼと赤い彼岸花の取り合わせは、今の季節ならではの風景。
a0054240_2149522.jpg
a0054240_21491596.jpg
a0054240_21493291.jpg
また私も須々万の方へ走って、自分の目で見て来よう。
私は家で掃除、洗濯、快との遊び、アイロンがけ、草花の水やり(ついでに、倒れかけていたコスモスを助け起こす)、パッチワーク、買い物といつものように一日を過ごす。
パッチワークはピンクッションとはさみ入れを作った。
a0054240_21524136.jpg
まだ縫いつけてはいない。
夕方、よたろうさんとお墓参りに行く。
この前の墓掃除の時もちょこちょこ咲いていたツルボが、今日は咲き乱れていた。
a0054240_2158186.jpg
ネットで調べてみると、
「秋の初め頃に、突然茎を伸ばし始め、うす紫色の花を咲かせる」
とあったが、彼岸花といいツルボといい、本当に
「あ~る日突然♪」
といった感じで花が咲く。

「おか~さん、ちょっとくるしいよ。」
a0054240_21575684.jpg

by hideko0611 | 2011-09-23 21:59 | 山口の自然 | Comments(2)

空気が変わった

a0054240_20323748.jpg

「ナンバンギセル」

今朝の室温は21℃台。
シャワーではなく湯ぶねに浸かること、肌掛けではなく羽根布団をかぶることが心地よい季節の到来。
バイクに乗るのも、長袖シャツにジャケットを羽織って行く。
それでも日中はやっぱり暑いので、半袖に逆戻り。
この急激な寒暖の差は、体に悪そう。

パッチワークの本体のキルティングが終わった。
a0054240_20152090.jpg

やっぱりしつけを細かくかけると、キルティングをしてもしわがよらない。
この当たり前のことに、ようやく気がつく。
次は、ソーイングケースの中身のピンクッションやはさみいれ、ポケットなどを作る。

昨日、卓球の友人から梨をいただく。
a0054240_20181771.jpg

須金の福田フルーツパークの梨。
この辺りで作られているのは青梨(二十世紀)が多い。
鳥取県が二十世紀の生まれた場所だからかと思っていたが、じつは二十世紀は千葉県松戸市で発見され、その後鳥取県に導入されて特産品になったらしい。
山口県では秋芳梨という名前の二十世紀がブランド品になっている。
私は幸水、豊水といった赤梨系が好きなんだけど、今年は青梨もいつもの年よりおいしい気がする。
味覚の上でもいよいよ秋本番。

a0054240_2031735.jpg

おすわりはとっても上手になった快。
by hideko0611 | 2011-09-22 20:36 | 四季の移ろい | Comments(2)

かろうじて1勝

a0054240_17235251.jpg

「ヒマワリ」
去年採れた種を蒔いて育ったもの。
種を蒔くのが遅かったので、彼岸前にようやく咲き始めた。
枝分かれしないタイプ。

雨は降らないようなので、予定通り卓球に行く。
風邪っぽかったのもほとんどよくなった。
イソジンの効能、畏るべし。
今週は祝日が多いせいか、出席者は多かった(13名)。
Kお姉様に最初打っていただく。
自分から、
「お相手お願いします。」
と言えるようになったのは、大きな進歩。
今まで、自分より格段に技術が上の人には、萎縮してしまってなかなか声がかけられなかった。
レッスンの後は、S時さん、K田さん、D井さんとペアを交替して3試合。
2勝1敗。
勝った試合というのも、最後はかろうじてラケットに当てただけの球が、相手コートの端っこに入って勝てたので(セット数は3-2)、あんまり勝った気がしない。
でも楽しい試合だった。

台風の通過と共に、また秋の空、秋の空気になってきた。
a0054240_17425287.jpg

朝夕の室温は24℃台になり、窓を開けていると寒いくらい。
バイクも半袖で乗っていると(卓球の帰りで暑かったので)寒かった。
今度こそ本当の秋になっていくのかな?

快、コースケさんちにご挨拶に行く。
その帰りに撮影。
a0054240_17405173.jpg

このおすまし顔からは考えられないぐらい、やんちゃ坊主。
by hideko0611 | 2011-09-21 17:46 | 卓球 | Comments(0)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
プロフィールを見る
画像一覧