寒さの底

a0054240_20562117.jpg

「(福川小学校そば 盆栽好きのお宅の)白梅」

今朝の応接間の室温は2℃で、寒かった1月16日と同じ。
ただし窓は凍っていなかった。
それでも1日中空気は冷たく、海の水入れに張った氷は、日中も完全に溶けることはなかった。
卓球に行っても、しばらくハロゲンヒーターの前に張りついてからでないと、練習を始められないぐらい寒い。
今日は、きわめておじさま度高し(6名)。
風邪で10日ほど休んでおられたNオトーサンが復帰。
私は奥様と温泉にでも行っておられてお休みなのかと思っていた。
この寒い季節に、湯治に行って、日がな一日温泉に入れたら極楽だろうなぁ・・・。
女性は私とベテランのKおばさまだけなので、若干のおばさま度が加わる。
寒いので、お昼にくうかいのうどんを食べて帰る。
時間が早かったので、久しぶりにえび天が残っていてよかった。
帰ってからはもっと寒いので、時間は早いけれどお風呂をわかして入る。
温泉でなくても、それなりに至福のとき。
その後は暖かい部屋の中で、「冬のサクラ」を見ながらパッチワーク。
人のいい役の多かった高島政伸さんが、「臨場」で冷酷非情なイメージ(実際はそうでもないことが分かってくるが)の役を演じてびっくりしたが、今回もそれ以上に怖い役。
役者としての幅が広がったということだろう。
今井美樹さんは久しぶりの主演。
「想い出にかわるまで」「あしたがあるから」などのトレンディードラマ全盛の頃から数えると20年ぶりになる。
けっこう好きな女優さんだった。
だから今回のドラマを見ることにしたわけ。
明日から2月。
寒さはしだいにゆるんでくるということなのでうれしい。

昼間は日当たりのよい裏の崖の途中にいるものみ。
ちょうど2階の廊下の窓と同じ高さになる。
a0054240_21161550.jpg

by hideko0611 | 2011-01-31 21:05 | テレビウォッチング | Comments(0)

大阪も山口も・・・寒い

a0054240_20534977.jpg

「カランコエ」

今朝はまたほんの少し雪が積もっていた。
でも窓は凍っていなかったし、下の応接間の室温も3℃だったので、この冬一番寒かった1月15日よりはほんのちょっとましということ。
雪はすぐに溶けたが、もちろん今日こそどこへも行かずに、二度目の白菜漬(あら漬)をしたり、昨日一昨日買い込んだ食材で煮しめを作ったりして、あとはテレビを見ながらパッチワーク。
桜のタペストリーの表布が完成した。
a0054240_2141517.jpg

その後は、この前つないだヘキサゴンのバッグのキルティングをする。
大阪国際女子マラソンは赤羽由紀子さんの初優勝。
昨年の途中棄権の悪夢を払拭する余裕の走りだった。
でも大阪も気温が低く、向かい風が強かったようで、記録は2時間26分を切ることは出来なかった。
そう言えば、たしか去年はずっと冷たい雨の降り続く過酷なマラソンだった。
大阪のマラソンは今年が30回目で、今年からコースが変わっていた。
関西に住んでいた時には、いつも友人の応援に行ったNHKのある馬場町は通らない。
高低差の大きい大阪城の中を通らないようになったんだ。
友人は3時間24分44秒。
いつもながらよく走っていると、ひたすら感心する。

a0054240_21174241.jpg

「そのホネ、ぼくのですけど~。」

by hideko0611 | 2011-01-30 21:20 | パッチワーク | Comments(0)

寒くても市へ

a0054240_20285115.jpg

「ブーゲンビリア」

朝は思ったほど寒くなく、雪も降っていないので、やっぱり福川の29(ふく)市に行って来た。
a0054240_21173075.jpg

今日の収穫は、高瀬のオレンジケーキ、地元のお米少々ととっくり沢庵。
a0054240_2052484.jpg

それと福川漁協のえび天初をはじめ、魚のお惣菜(セグロの南蛮漬、干物、天麩羅のトリオと魚ロッケ)。
たくさんあるのは、土曜日に来てくれるいっちゃんと分けたから。
a0054240_2053369.jpg

魚ロッケ(ギョロッケ)というのは、魚のすり身にパン粉をつけて揚げたもので、コロッケのように見えるところからつけられた名前。
ウィキペディアによると、佐賀県唐津市で昭和初年代に商品化されたのが最初だそうだ。
このあたりのスーパーでは、たいていどこでも練り物売り場に並んでいる。
練り物が好きな人ならきっと好きだろう。
12月のふく市は厳しい寒さにも関わらず、8時30分のオープンと同時にたくさんの人が殺到して、漁協のお惣菜なんて飛ぶように売れていて、先頭に並んでいたはずの私は一つも買えなかった。
それは年末だったからか、今回もよく売れてはいたが、8時30分ちょうどぐらいに行って、ちゃんとこれだけ買えた。

暖かくはならないが、午前中は庭仕事がなんとか出来るぐらいの気温。
花がほとんどないのはしかたがないにしても、せめて来客から見える家の表側に元気な植物を並べようと思って、プランターや鉢を並べ替える。
ついでに草抜きもした。
今までは菊が咲き終わった後のプランターや、耐寒性はあるはずなのに、今年の霜や雪、例年にない寒さに枯れてしまった植物の鉢がわびしく並んでいたのだ。
替わって登場したのは、花はまだまだだけど、芽が出てきたチューリップ、
a0054240_2123287.jpg
ヒヤシンス、葉が青々と伸びているフリージア、シラー・ベルヴィアナ、バビアナ、小さな花を咲かせているヴィオラ(昨日の写真の)など。
買い物に行く時にお花友達のTさんに出会って今年最初の挨拶をかわしたけれど、やっぱり今年の寒さは異常で、たくさん枯れてしまったと嘆いておられた。
地上部が枯れても、葉が落ちても、春になると復活するものもあるんだけれど、今年はそのままだめになってしまうものも多いんじゃないかと心配している。
水仙もぼちぼち咲いてきてはいるが、例年になく遅い。
沈丁花はいつも通り、もうすぐ咲きそう。
でも葉が傷んでいるね~。
a0054240_2125721.jpg


午後は昨日と同じく、時々雪が激しく舞うものの、積もる気配はまったくなし。
でも夕方の散歩の時など、2号線では雪が真横にびゅんびゅん飛んでいた。
歩道橋の下を通るよその柴犬を、海が興味深そうに見ていたので撮ってみたら、写真の中に白い雪がしっかり写っている。
a0054240_21163562.jpg

by hideko0611 | 2011-01-29 21:26 | B級グルメ | Comments(0)

寒い時にはおいしいものを

a0054240_21554350.jpg

「ヴィオラ」

昨夜、海は一度も鳴かなかった。
イノシシ三兄弟は、我が家に近寄らなかったようだ。
でも今日の日中は時々鳴いていたので、まだ油断は出来ない。

今週二度目の卓球に行く。
去年の4月から始めたFさん(ご主人の方)が、どんどんうまくなっておられる。
奥様の方はかなりのベテランだったけれど、ご主人は全くの初心者だったのに、今ではバックのスマッシュをばんばん打ってこられる。
すごいなぁと感心する。
私も2月は週2なので、ちょっとがんばってみよう。
明日から2、3日、また寒さが厳しくなり、雪も降りそうなので、いつものように食材を買いこんで帰る。
徳山の「こあ」で、高瀬味噌と田中豆腐店の豆腐と厚揚げ、
a0054240_2212532.jpg
戸田の「ゆーとぴや」で高瀬こんにゃく(にしみこんにゃく)と夜市ごぼうと地物の苺を購入。
a0054240_22122129.jpg
直売所を二つも回ったのは、高瀬味噌以外、そこにしか置いていないものだから。
あと、「たから」の肉屋さんで焼肉用カルビと普通の牛肉、近鉄松下のユーハイムでフランクフルタークランツ(金曜日の午後にしか入荷しない)と、おいしいものを手に入れる。
a0054240_22162178.jpg

(すでに一かけ食べている。)
これで1月中買い物に行かなくても大丈夫。
あと3日だけどね。
今日はおいしいものがもう一つ手に入った。
卓球に来ているKさんが、途中で帰ったんだけれど、今から宮島に行くというので、「うえの」という店のあなご飯がおいしいんだよ、もし買えたら買って来てねと頼んでいたら、夕方「買って来たよ~。」と電話があった。
大神の人なので、ポチタマ動物病院まで届けて下さる。
広島の福屋駅前店で数量限定で売っているぐらいなので、なかなか手に入らない。
a0054240_22232684.jpg

本当にここのあなご飯はおいしい。
あなごもご飯も。
a0054240_22234136.jpg


この前大阪のジュンク堂で樹村みのりさんのコミック「愛ちゃんをさがして」を買って来たのを、昨夜読んだ。
この人は萩尾望都、竹宮惠子、大島弓子、青池保子、木原敏江、山岸涼子など昭和24年頃の生まれ、いわゆる「花の24年組」の一人だけれど、寡作で政治や社会にテーマを求めた重い作品もあり、独特の世界を持っている。
漫画というより小説に近いかもしれない。
最近はほとんど新刊を見かけなかったので、懐かしくて買ってみた。
自分の飼った(関わった)猫たちとの思い出を描いたもので、大島さんの「グーグーだって猫である」とはまた一味違った猫物語。
我が家の猫たちとも重ね合わせて読んだので、途中で何度か涙することもあった。
樹村さんの作品の中では「菜の花畑のこちらがわ」シリーズがいい。
また読み返したくなった。

a0054240_22372692.jpg

「アタシ、おなかの毛がだいぶはえてきたの。」(byものみ)

by hideko0611 | 2011-01-28 22:44 | B級グルメ | Comments(0)

駆けめぐるイノシシ

a0054240_1792845.jpg

(名前は不明)

2日前から、海が我が家の崖の上や家の裏のあたりをとても気にしている。
昨夜は夜鳴きも激しく、私が2回なだめに出て行った(寒かった!)。
行ってやるとすぐに鳴き止む。
1回目の10時半頃は、私の耳にもはっきり、がさがさ茂みをかき分ける生き物の音が聞こえた。
かなり大きな音なので、猫やたぬき程度ではないようだ。
2回目の12時頃は、その音は聞こえなかった。
その後はもう鳴かなかったから、そやつはどこかへ行ってしまったのかもしれない。
そして今日、夕方の散歩に旧道を下り始めたら・・・
梅の木やフキがある斜面(我が家の土地)を、イノシシの子どもが1匹、また1匹、さらにもう1匹、合計3匹がぴょ~ん、ぴょ~んとすごい勢いで駆け降りて行くのが見えた。
私とほぼ同時にそれを見つけた海がすごい勢いで引っ張ったので、写真が撮れなかったのが残念。
イノシシが駆け降りた斜面をくやしく見つめる海。
a0054240_21123387.jpg

その後イノシシ坊や達は、旧道へ駆け上がり、さらに山の方へ駆け上がって姿を消した。
ここがイノシシの通り道。
a0054240_2113282.jpg

イノシシが平地をすごいスピードでまっすぐ走る(猪突猛進ねっ。)ことは知っているし、何度か目撃したことがあるが、あんなに短い足なのに、あれほど身軽に斜面を駆け降りたり、駆け上ったりすることが出来るとは知らなかった。
花河原には以前からイノシシがたくさんいるのだけれど、ここ数日我が家の周辺に出没しているのはなぜ?
単に通り道にしているならいいんだけど、近くに住みつこうとしているのなら、どうかお引取り願いたい。
海の夜鳴きは近所迷惑だし、そのたびになだめに行く私も寝不足になってしまうよ~。

by hideko0611 | 2011-01-27 21:22 | 山口の自然 | Comments(0)

ドイツとフランスの甘い味

a0054240_20445281.jpg

「(タダオさんちの)葉牡丹」

今年最初のお菓子教室。
私にとっては3年目のスタートになる。
今日は私がだいぶ前に先生にリクエストした、ドイツのケーキ、フランクフルタークランツを作った。
ユーハイムなどドイツ菓子の店で売っている、バタークリームたっぷりのケーキ。
ケーキ生地(ザントクーフェン・・・砂のような生地という意味らしい)にも、上にぬるバタークリームにもバターがたっぷり入っていて、とってもカロリー高そう。
生地が焼けたところ。
a0054240_20502593.jpg

この生地をよく冷まさないと、バタークリームをぬった時に溶けてしまうということで、今日は布巾をかぶせて外に置いていたら、見事に冷えひえになった。
冷蔵庫より、外の方が寒かったかもしれない。
横3枚に切ってバタークリームをぬったところ。
a0054240_20525239.jpg

ここにスポンジケーキをフードプロセッサーにかけて細かくしたものをたっぷりかけて、
a0054240_20533669.jpg

最後に粉糖をかけて出来上がり。
a0054240_2054269.jpg

もう一つは最近流行っているマカロン。
今日はココナッツ入り。
a0054240_20544477.jpg

ところでマカロンと書きながら、マコロンだったかマカロンだったかふと迷ったので、調べてみる。
最近流行っているカラフルなものは、フランス菓子のマカロン。
中にクリームなどがはさまっていることが多い。
ケーキ屋さんなどで売られていて、、1個がけっこう高い高級菓子。
そうそう、もらいもののクッキー詰め合わせの中に一つ入っていた。
a0054240_21285299.jpg
マコロンというのは、日本でそれを元に独自に発展したお菓子なんだって。
色は茶色でひびわれたようになっていて、袋菓子として売られている。
どちらかと言えば駄菓子に近い。
両方ともメレンゲに砂糖(アーモンドプードルも)を混ぜたものが基本になっているところは同じ。
今日作ったのは両方の中間のような感じだった。

今日も終日小雪がちらつく寒い1日。
週末はさらに寒くなるようだ。

by hideko0611 | 2011-01-26 21:17 | お菓子の家 | Comments(0)

おおさむ 大寒

a0054240_173530.jpg

「(タダオさんちの)葉牡丹」

1年中で一番寒い大寒の時期とはいえ、本当に寒い。
どのくらい寒いかというと、ストーブと床暖房を両方つけていても寒いくらい。
朝食後、お茶を飲みながらテレビをつけてみたら、「名曲探偵アマデウス」で私の好きなスラブ舞曲をやっていたので、しっかり見てしまう。
次に、「はなまるマーケット」にチャンネルを変えると、私が青春時代一番好きだった西城秀樹がはなまるカフェのゲストだったので、これまたしっかり見てしまう。
郷ひろみも最近またブレイクしている感じだし、野口五郎の歌唱力も健在だし、御三家そろってもう一度活躍してくれないものだろうか。
その後、今日の「てっぱん」と「リトル・チャロ2」を見て、ようやく朝食の片付けに取りかかった。
その後もパッチワークをしながらテレビを見続ける。
「冬のサクラ」1回分と、「フリーター、家を買う」の3回分。
つまり午後もずっと家の中にいたということ。
野菜は畑にあるし、いろいろな食材をお土産に買って来たので、寒い中を買い物に行かなくてもいいのだ。

夕方の散歩で海が行きたがるので、河内社に上る手前を横に入ったところにある姫塚まで行く。
a0054240_17435675.jpg

a0054240_17432133.jpg

反対側に回ってみると、
a0054240_17433265.jpg
a0054240_17434340.jpg
じつはここは我が家の崖の真上にあたる場所。
昼過ぎに海がそっちの方を向いてわうわう吠えていたが、どうも何かがうろついていたようだ。
姫塚(姫墓とも言う)というのは、杉氏に若山城を攻め落とされたことを知って自害した陶(すえ)氏の姫を葬ったと言われているところ。
そのあたりの詳しい歴史はよく知らないのだけれど・・・。

明日も寒いのかなぁ・・・。

by hideko0611 | 2011-01-25 17:45 | 四季の移ろい | Comments(0)

急ぎ旅2日目

急ぎ旅の2日目。
一人でもちゃんとラジオ体操をして、スコーンとコーヒー牛乳、ヨーグルトの朝食。
前日買った物をマンションの前のセブンイレブンから宅急便で送り出したり、簡単に掃除をしたり。
最後に電源を切っているかを何度も指差し確認して、9時過ぎに部屋を出る。
法要は尼崎の親戚のお寺ですることになっている。
バスを降りてから、だいぶ道に迷ったので、着いたのは開始時刻の11時ぎりぎりだった。
1時前に義弟に尼崎駅まで車で送ってもらう。
せっかくなので商店街の途中まで、ちょっとだけ駆け足で回ってみた。
a0054240_211322.jpg

おいしいきくらげ天が名物のお店「枡平」はもちろんあったけれど、なんばのたこ焼きの有名店「わなか」の支店が見当たらなかった。
a0054240_21131872.jpg

撤退したのだろうか?
やっぱりここも買い物客でいっぱい。
a0054240_21105881.jpg

阪神タイガースの優勝を祈願する鳥居が、アーケードからぶら下がっている。
a0054240_2112893.jpg

今年は南陽工高の岩本君や一二三君が入団したので、また本腰を入れて応援しよう。
電車で大阪まで出て、阪神・大丸で食料品を調達して、いつものように荷物の重さに手がちぎれそうになりながら、15時22分発の新幹線に乗って帰って来た。
そうそう、今では阪神電車がなんばまで延長したので、そのまま奈良へも行けてとても便利。
a0054240_21193748.jpg

合併したので、阪神・阪急の両方の百貨店で同じカードが使えるのも便利。
でも本当に、阪神間は変化のスピードが速い。
1年10ヶ月帰っていなかったので、すっかりおのぼりさん状態だった。

さて、一夜明けて今日から普通の生活に戻る。
寒かったけれど、もちろん卓球にも行った。
今日は月謝を払う日で、次の月は週2にした。
ラケットのラバーも交換して、心機一転頑張ることにする。
今日は買い物の必要がないのでさっさと家に帰ったが、昼からは何度も雪が激しく舞う荒れた天気だったので、そうしてよかった。
このまま積もるのかと思ったけれど、わりとあっけなくやんでしまった。
夕方の散歩の時は普通の天気。
a0054240_21313355.jpg
a0054240_21323475.jpg

「あしたのてんきはどうかな?」
そろそろフキノトウが出ているのではないかとよたろうさんが探しに行ったが、これ1個しか見つからなくて残念。
a0054240_21341380.jpg

それでもよたろうさんがフキ味噌にした。
今年は寒いので遅れているみたい。

by hideko0611 | 2011-01-24 21:39 | 関西観光 | Comments(0)

急ぎ旅1日目

a0054240_231916.jpg

「(尼崎 東光寺の)ソテツ(花と実)」

この土・日、父の十三回忌の法要に出席するために西宮に帰っていた。
土曜日の朝7時29分に、福川駅から列車に乗る。
ちょうど朝日がのぼるところ。
a0054240_23144172.jpg

そして今日、日曜日の夕日が沈みかけた17時18分に徳山に戻って来た。
a0054240_23155015.jpg

とってもあわただしかったので、このブログも更新出来なかった。
昨日は冬晴れ。
青空を背景にした大阪のビル群が、久しぶりに見るせいかとても美しく感じられた。
昔ながらのマルビル、改装が進んでいる阪急百貨店etc.
a0054240_23193835.jpg
a0054240_23194941.jpg
a0054240_23202323.jpg

いつもなら地下を通ることが多いのに、きりりと寒い風の中、地上を歩いて行く。
まずは堂島のアバンザへ。
アマゾンと宮脇書店・明屋書店でたえずチェックしているので、それほど新しい発見はなかったが、文庫の在庫が豊富なのはうれしい。
小林信彦さんの文庫2冊と、コミック売り場で久しぶりに樹村みのりさんの新刊を買う。
そこから今度は茶屋町まで歩く。
MBSをのぞいてみたが、新しいらいよんちゃんグッズは発売されていなかった。
a0054240_23481822.jpg
a0054240_23482944.jpg

古書のまちで、探していたキャサリン・ヘップバーンの自伝「Me」を見つけたのはうれしかった。
a0054240_23493385.jpg

探し回ったのではなく、2軒目に入った店で映画の本の並んでいる場所を訊くと後ろの棚だと言われたので、振り返ったとたん、パッと目についたのは奇跡みたいだった。
次はキディランド・三番街・阪急へ。
物も人もあふれている!
a0054240_2354898.jpg
そこまではスムーズだったんだけれど、阪急から阪神へ行こうとしておおいに迷う。
大阪駅周辺はここ何年もずっと工事をしているので、どんどん分かりにくくなって、まるで迷路のようだ。
なぜだかヨドバシ電器の前に出てしまい、ぐるっと大回りしてようやく阪神へ。
a0054240_23522774.jpg

今度は阪神電車で福島まで行き、書道用品の店「書遊」で、よたろうさんの篆刻に使う青田石を買う。
その後さらに足を延ばして(と言っても電車で・・・だけど)元町へ。
a0054240_23533962.jpg

洋傘(これもよたろうさんの)の店、包丁の菊秀、食器のサノヤなど昔よく行っていた店を回って三宮へ。
万歩計を持って行けばよかったと思うぐらい、いや~歩いた、歩いた。
今日は法要を終えたらすぐに帰らないと行けないので、昨日で買い物をほとんど済ませようと思っていたので。
そうやって回っていると、なくなってしまった店やコーナーがずいぶんあった。
阪急は建て替えのためにスペースが狭くなっているからしかたがないとはいえ、煮豆の佃浅、タカラヅカのDVDなどを置いていた売り場がなくなっている。
古書のまちも、紀伊国屋の映画関係の専門店が撤退していたし、かっぱ横丁もずいぶん店が変わってしまった。
私が知っている店だけでもこれだけ目につくのだから、大阪全体ではいったいどれだけの変化があるのだろう。
なんだか、万人受けする、同じような店ばかりがふえてきている気がする・・・。

眠くなってきたので、途中だけれど今日はここまで。

by hideko0611 | 2011-01-23 23:57 | 関西観光 | Comments(0)

今日もおいしいお弁当

雪や寒さに負けて行けなかった今週の卓球にようやく行く。
けがから復帰したSさんやジョーさん達と楽しく試合をする。
Sさんの変則サーブが少し取れるようになったかなと思ったが、またちょっと変化をつけられるとダメ。
難しい。
でも前よりは落ち着いて取れるようになった。
卓球の全日本選手権が開催中で、明日からはテレビ放送も始まるので録画予約してある。
上手な人の試合は、見ているだけで楽しい。
卓球の後で、近鉄松下のうまいもの大会をのぞいてみる。
ゆっぴーさんのブログに載っていた、豊橋の稲荷ずしと富山のますずしを購入。
a0054240_20575761.jpg
a0054240_2058755.jpg
どちらも味はおいしかったが、寒い時期だけにしかたがないけれど、ごはんがかたくなっているのが残念。
母もおいしいと食べてくれたのでよかった。
いなりずしは普通のとじゃこがのっている(ごはんにはごま)のと、わさびがのっている(ごはんの中にも入っている)のと3色セット。
7個入りで551円とは安い。
私はますずしが大好きで、駅弁大会ではたいてい買っている。
たまにスーパーでますずしのおにぎりを見かけても買うぐらい好き。
12時過ぎに行ったら、あと2個しか残っていなくて、私が買った後、おじさんが急いで最後の1個を買っていた。
ほかの駅弁、空弁もほとんど売り切れ。
1時に宮脇書店でパッチワークの人と待ち合わせをしていたので、会場を一回りしてさっさと出てきた。
昨日午前中で帰った方に、コピーを渡しに行ったのだ。
周陽の団地の方なので、宮脇書店まで来ていただき、私も探していた本を2冊(佐藤多佳子さんの「聖夜」と小川糸さんの「ペンギンと青空スキップ」)買って帰る。
今日はけっこう寒くて、運動をした後こうしてバイクで走り回っていたら、体が冷えてしまった。
帰ったら、今日は珍しく家にいるよたろうさんが、タダオさんと一緒にしいたけの菌をこの前切った木に植えているところだった。
いつ頃採れるのか楽しみだ。

by hideko0611 | 2011-01-21 21:14 | 卓球 | Comments(3)