<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

あと一月

a0054240_2153554.jpg

「サルビア・アズレア」
じつはこの写真は10月28日に撮影したもので、今はもう冬モードに入っている。

来年の手帳を買いに宮脇書店に行く。
去年から使っているマンハッタナーズの手帳が、この辺りではここにしか売っていないので。
a0054240_21122793.jpg
左が今年使っていたもの、右が今日買った来年のもの。
スケジュールがゆったり書けるように、スリムタイプじゃない方にした。
と言っても、今の生活ではスケジュール表は部屋のホワイトボードで十分なんだけれど、新しい手帳を買うともうすぐ新しい1年が始まるという気持ちになる。
書くところは12月分からあるので、さっそく使い始める。
そう、明日からもう12月。
この前まで暑かったので、今年も秋はどこかへ落としてきたような気がしてならない。
青空公園のケヤキの黄葉。
a0054240_2114521.jpg

ケヤキは樹形が好きだ。
隣の桜の木は大半が落葉していた。
a0054240_21144924.jpg

きれいな葉っぱを3枚ほど拾って、買ったばかりの本の間にはさんで帰る。
お昼はよたろうさんと待ち合わせて、マサラでハンバーグカレー(私)&カキフライカレー。
ここのカレーはいつ食べて満足するおいしさ。
いろいろ食べてみようと思いながら、ついつい大好きなハンバーグかメンチカツのカレーにしてしまう。
ところでメニューにメンチカツとあるからそう書いたけれど、私の言語体験ではミンチカツ。
検索してみると、関西を中心に西日本ではミンチカツ。
西日本でも中国・四国はメンチカツのところが多いようだ。
スーパーの揚げ物コーナーでもメンチカツになっている。
関西ではメンチは「メンチを切る(にらみつける)」に通じてよくないからとウィキペディアにあったが、肉のことはミンチというのだからミンチカツの方が自然だと思うんだけどね。

今日はまた変わったポーズで階段を使って寝ている海。
a0054240_21264235.jpg

by hideko0611 | 2010-11-30 21:28 | お買い物 | Comments(0)

山口の出会い

a0054240_2053095.jpg

「ディアスキア(ディアスシア)」

朝起きて、寒いなぁと温度計を見たら13℃台だった。
散歩に行くと、草が白い。
今年の初霜だ。
a0054240_20542826.jpg
a0054240_20543681.jpg

散歩のおじさんに、
「寒いですね~。」
と言うと、
「今朝は大霜じゃ。」
との返事。
我が家の辺りは、下の福川のまちから20分ほど上って来たところにあるので、朝、昼、夕と散歩の人がよく通る。
朝の人達とはだいたい顔見知りになり、最初は挨拶だけ、そのうちに少しずつ世間話をするようになってきた。
実はどの方も名前は分からないんだけれど。
犬を連れていて、その犬が誰にでもまとわりついていくものだから、そこから話のきっかけが出来るわけ。
よたろうさんはよたろうさんで、道から見下ろせる畑で働いているものだから、やっぱりそれが話のきっかけになる。
毎朝通るのは、夫婦が2組、おじさんが5人ほど。
でも海が散歩に行く道がいろいろなので、会う時と会わない時があるが、ずっと顔を見ないとどうされたのかなぁと心配になる。

卓球は2時間みっちり、ダブルスの試合と先生のレッスンで体を動かす。
今日は月曜日のレギュラーはほとんど全員出席、全部で12人という盛況ぶり。
Nジュニアに会ったのは夏以来で、二人で
「お久しぶりっ。」
ベテラン漁師さんから譲っていただいた網を破ってしまったと言っていた。
彼も先週日曜日のさかなまつりで魚を売っていたんだって。
人が多すぎて、魚も売っている人も全然見えなかったものなぁ。

毎日会う人、定期的に会う人、たまに会う人・・・山口の知り合いもだいぶふえたなぁ。

a0054240_21221759.jpg

さねもりが先日来、首のところに大怪我をしていて、こんなふうにじっとしていることが多い。
毛並みも急に汚くなったみたいで、一応この子も知り合い猫なので、ちょっと心配。
by hideko0611 | 2010-11-29 21:26 | 卓球 | Comments(0)

寒いので・・・

a0054240_17204493.jpg

「ナツヅタ」

嶽山の雑木林が日一日と色を増していく。
a0054240_2126416.jpg
晴れて風が冷たい一日。
朝食の後、よたろうさんとのどかに「きょうの料理~たらの西京漬」(録画)を見ていたら、
「あっ、今日はふく市と日日市の日だった!」
と気づく。
ふく市は毎月29(ふく)日(ただし今月のように29日が月曜日の時は会館が休館日なので28日)に、福川のふれあいセンターで開かれる。
浜のえび天、高瀬の味噌、こんにゃく、茶、地元の野菜などの店が5、6軒並ぶ。
日日市はカフェ日日の駐車場横で、パン、惣菜、野菜、こんにゃく、ジャム、花などの店がやはり5、6軒並ぶ。
日日市の方は、ちょっと若者向きでおしゃれな感じ。
どちらも8時半からだけど、ふく市の方はすぐに売り切れて終わってしまう。
今日も9時過ぎに行ったら、えび天はもちろん売り切れていた。
とっくり沢庵も今回は出ていなかったので収穫なし。
日日市で大きな白菜1個(150円)と、高瀬のにしみこんにゃくの柚子入り(130円)を買って帰る。
にしみこんにゃくというのは、最初「煮しめこんにゃく」がなまっているのかと思っていたが、前回の日日市で店の人が、
「にしみはうちの苗字です。」
と言っていた。
やわらかさがちょうどよいので、最初ゆーとぴやで見つけて買った時から、ひいきにしている。
何も入っていないプレーンのほかに、柚子、唐辛子、ごま、青海苔入りがある。
今までは煮て食べていたが、作りたてだということなので、今日は刺身こんにゃくにして食べてみたらおいしかった。
常設の直売所で私がよく行くのは次の二つ。
ゆーとぴやは毎週金・土・日曜に戸田駅前の店舗で開催される。
こあは徳山の文化会館前の桜並木にある店で月~金曜に開いている。
ここに行けば、地元のほしいものはたいてい手に入る。
あとはJAの直売所や百円市も、菊川、新南陽、須々万、鹿野など、各所にある。
いろいろ巡って、安くて新鮮なもの、珍しいものを見つけるのが、私の買い物の楽しみの一つ。

寒いのでバイクのカバーにすっぽりくるまっているのは、ちゃっかりしたものみ。
a0054240_2124594.jpg

寒いので外の仕事は最小限にしておいて、午後は2時間たっぷり昼寝をする。
寝るつもりはなかったんだけれど、本を読みながらついうとうとと・・・そのうちしっかり寝てしまった。
寒いので海の散歩も3時半に出発。
碁会所の会館が今日は餅つき大会で使えないからお休みのよたろうさんも一緒に。
だからいつもにもまして短い1日だった。
散歩から帰ってもまだ日が高かったので、海と遊んでやる。
a0054240_21223912.jpg

テトラが投げられるのを待っている時の海は、えらく可愛らしい。
by hideko0611 | 2010-11-28 21:30 | お買い物 | Comments(0)

祭へ

a0054240_21231020.jpg

「菊」
この菊は黄色のポンポン咲きだったはずなのに、二度目に咲いたらこういう花になっていた。
こんなことってあるのだろうか・・・?

防府天満宮の裸坊祭なので、どんなお店が出ているかな~と行ってみる。
裸坊祭は御神幸祭というのが正式名で、菅原道真公が太宰府へ下る途中、防府に立ち寄った際の送り迎えの儀式を伝えるもので、今年で1007回目。
a0054240_21552521.jpg

御神体を乗せた御網代輿(おあじろこし)を白装束姿の裸坊数千人が、勝間の浦の御旅所まで練り廻すんだけれど、重さ500キロもある御網代輿が天満宮の大石段を滑り降りるのが迫力満点のようだ。
それは夜のことなので見られないのが残念。
今は裸坊とは言っても裸でかつぐわけではないが、昔はふんどし一丁だったらしい。
まだ午前中なので、屋台もたくさん出てはいるが、準備中のところが多い。
a0054240_21521110.jpg

これが御網代輿の台車。
a0054240_21534798.jpg

この急な石段を滑り降りるのは怖ろしそう・・・。
a0054240_215528.jpg

天満宮にお参りはしたが、後はいつものようにハニービーでキルトに使う布を買い、その近くの雑貨屋さんをのぞいただけで帰って来た。
夜は人出も多く、さぞ賑やかなことだろう。
防府も紅葉がきれいだった。
こちらは駅前のカエデ。
a0054240_2292351.jpg

そして天満宮のカエデ。
a0054240_2295780.jpg


帰ってからは、部屋で「とりぱん」の10巻、木皿泉さんのエッセイ「二度寝で番茶」を読んでまったりと過ごす。
今日も朝日と共に朝の散歩に出かけ、
a0054240_2224719.jpg
夕日と共に夕方の散歩に行って来た。
a0054240_2231274.jpg
a0054240_2232651.jpg

朝の散歩の時に、海の足にコセンダングサの枯れた茎(長さ50cmぐらい)がくっついて離れず、海はやっきになって振り落とそうとしていた。
あまりにも取れないのでパニックになった海は、二回も道から足を踏み外して(ちょうど道が狭いところだったので)大騒ぎだった。
(その後、私が取ってやった。)
まだ種がくっついている。
a0054240_2284066.jpg

by hideko0611 | 2010-11-27 22:11 | 山口観光 | Comments(0)

大阪の味、山口へ

a0054240_17342647.jpg

「菊」

秋の庭仕事はだいたい終わったけれど、小さなことがまだまだ残っていた。
思ったほど寒くならなかったので、今日も外に出る。
今日は赤玉の中粒、腐葉土、バーミキュライト、肥料を混ぜて培養土を作り、チヨコさんにいただいたボンザマーガレットの挿し芽がついたのを大きな植木鉢に植え替える。
去年は地植えにしたら花壇の半分を占めるぐらい巨大化したが、夏に刈り込んで枯らしてしまった。
もう一つ、春咲き(早咲きとも言う)グラジオラスの球根をプランターに植えた。
こんな花が5月頃咲く。
a0054240_18542616.jpg
このグラジオラスの名前が分からなくなって、ネットで調べたけれど分からない。
私の去年のブログによると「エルビラ」になっているんだけれど、それは球根についていた名前だったみたい。
検索しても、私のブログぐらいしかヒットしないんだもの。
どうやらインプレッシブ(ピンクに赤い模様)、プリンスクラウス(白に赤い模様)が正しいようだ。
グラジオラスも種類が多いし、掛け合わせたり、種苗会社がそれぞれ命名したしりして、よく似たものがいくつかあるのかも。
あと、菊の咲き終わった分を剪定したり、久しぶりに楽しい草抜きをしたりする。

うれしいニュース。
イズミで旭ポンズを売っていた!!
a0054240_21552569.jpg
今家に1本あるのだけれど、いつまであるか分からないので、とにかく1本買っておく。
あと2本ぐらい買いだめしておこう。
この味が山口の人に受け入れられるか、また少し高め(698円だった)なので買ってもらえるか、ちょっと心配。
これからずっと常置してくれるといいなぁ。
萩の夏みかんマーマレードとこのぽん酢は、デパートでもなかなか手に入らない貴重品。
このブログを読んで下さっている、周南在住の皆さん、どうか一度買って試してみて下さい。
水炊きが一番合うかも。
大阪人の一番人気のぽん酢がコレ。
そもそも大阪人は何にでもぽん酢をかけるんだって。
この前、(やしき)たかじんが言っていたけれど、
「ぽん酢はソースの代わりが出来るが、ソースはぽん酢の代わりは出来ない。」
私は、湯豆腐、焼き魚(の大根おろし)ぐらいしか思いつかないけれど。
大阪の市場では、一升瓶の旭ポンズも売っている。

皇帝ダリアが盛りを過ぎてきたので、写真を撮っておく。
a0054240_2231353.jpg

まだ蕾はついているが、落花も進んでいる。
結局、花は幾つぐらい咲いたのだろう?
今ざっと数えただけでも50は超えているようだ。
庭仕事をしていたら、ちらしをポストに入れに来たおじさんが、
「これは何という花ですかね~。」
と訊ねてきた。
道からもよく見えるので、ちょっと自慢したくなってしまう。
a0054240_2274366.jpg

海も道からよく見えるので、ついでに自慢してしまおう。
by hideko0611 | 2010-11-26 22:08 | B級グルメ | Comments(0)

夏の終わり

a0054240_21434668.jpg

「菊」

夜が更けるにつれて、少しずつ寒くなってきた。
ただ今(午後9時44分)部屋の温度は18.4℃。
外を見ると、雨はもうやんでいるようだ。
1時間ほど前に部屋にやって来たひとみはだいぶ濡れていたけれど、今は猫えさ(カリカリ)とソーセージを食べ終わり、湯たんぽにもたれて幸せな時間を過ごしている。

千日紅がいつまでも色あせないので、ずっとそのままにしていたが、さすがに葉っぱはほとんど茶色くなってしまった。
a0054240_21484849.jpg
そろそろ潮時かなと思って、今日とうとう全部引き上げる。
ドライフラワーにするには少し色が抜けすぎているので、来年蒔く分だけ採っておいて、後は処分した。
a0054240_21504215.jpg

ヨルガオもハクモクレンに巻きついていた分は抜いて、これも種を採っておく。
千日紅もヨルガオも、ずっと種を採っては蒔き、我が家で命が続いている。
これで長い夏もようやく終わったという感じがする。
でも、百日草(2種類)は植えた時期が遅かったので、まだ残してあるのだ。
プランター四つと小さな鉢四つ分の土をあけたので、草や鉢底石をより分けたり、ふるったりするだけでずいぶん時間がかかった。
雨が降りそうだったので、なんとか今日中に片づけてしまう。
夕方、最後まで外で頑張っていたシンビジウム(12鉢)とクンシラン(9鉢)も温室に入れる。
「満室」という札を下げなければいけない。

アーティーチョークのおいしい食べ方をブログを見て下さっている方から教えていただいたが、外国のお話で読んでおいしそう!と思い、実際に食べてみてもおいしかったのがメープルシロップ。
何の話かというと、「大きな森の小さな家」。
テレビの「大草原の小さな家」でもなく、福音館の豪華な箱入りでもなく、昭和40年発行の講談社「少年少女文学全集」13巻が、ローラ達との初めての出会い。
この本では、「とうちゃん」「かあちゃん」という表現になっていた。
メープルシロップは「サトウカエデのおさとう」。
この話はおいしそうな食べ物(チーズ、ソーセージなど・・・もちろん全て手作り)がいっぱい出てくるんだけれど、このサトウカエデのシロップをパンにつけて食べるシーンもおいしそう。
最近朝のトーストにメープルシロップをたっぷりかけて食べるのにはまっている。
しばらく前に、「きょうの料理」に載っていたので、久しぶりにホットケーキ(バナナ入り)を焼いてかけたのが始まり。
普通の砂糖やジャムよりも優しい甘さで、パンにしみこむぐらいかけてもしつこくない。
フジで「エクストラライト」というのを買ってみた。
メープルシロップの一番絞りらしい。
色も薄めでさらさらしている。
a0054240_2210632.jpg


a0054240_22144431.jpg

よたろうさんに頭をなでなでしてもらう海。
この後おやつをもらってホクホク顔。
a0054240_22154054.jpg

by hideko0611 | 2010-11-25 22:24 | 趣味の園芸 | Comments(0)

太陽と共に

a0054240_2111060.jpg

「キチジョウソウ(吉祥草)」
この花が咲くと、その家に吉事があるそうな・・・。
この前、玄関横の植えこみに茂りすぎていて整理したのがこの草。
一部は鉢植えにした。
だからいっぱい咲いている。
どんな吉事があるのか楽しみにしておこう。

朝焼けの空を見ながら、散歩に出発。
a0054240_2162119.jpg

よたろうさんははしごを最大限伸ばして、最後の崖仕事に励んでいた。
a0054240_217048.jpg

どんな大丈夫と言われても、高いところは危ないので、今日で終わってホッとする。
山道の途中で日の出を見る。
a0054240_2111847.jpg

夕方は散歩の途中で日没を見る。
a0054240_214235.jpg
a0054240_2112139.jpg

a0054240_2144392.jpg
秋から冬にかけては、太陽が昇ると活動が始まり、沈むと終了するという、自然のリズムに合わせた生活になる。
だから1日がとっても短い。

お菓子教室はタルト2種。
紫イモのタルトと、
a0054240_21144890.jpg
a0054240_2115232.jpg

洋梨のタルト。
a0054240_21153272.jpg

どちらもと~ってもおいしかった。
フードプロセッサーを使うので、タルト生地は簡単に出来る。
紫イモの皮をあつあつの時にむくのが一番大変だったかな。
紫イモは、いつ見てもびっくりするぐらい、本当に思いっきり紫色。
洋梨はコンポート(砂糖煮)にして、カスタードクリームの上に飾る。
煮汁はクラッシュゼリーに変身。
a0054240_2120295.jpg

季節の味を十分味わうことが出来た。
by hideko0611 | 2010-11-24 21:24 | お菓子の家 | Comments(0)

完成

a0054240_21164747.jpg

「アベリア(ハナゾノツクバネウツギ)」

とうとう今朝からラジオ体操は室内ですることになった。
寒いからではなく、まだ太陽が出ていなくて暗いから。
今朝の山口の日の出は6時54分。
だいたい毎日1分ずつ日の出の時刻が遅くなっていき、一番遅いのが1月中旬の7時20分頃。
少しずつ冬に近づいていく。

ダイ・ステッチワークがとても気に入って、2作目の「小鳥とチューリップ」を仕上げた。
100円ショップで小さい額(フォトフレーム)を買って来て入れたら、よたろうさんが
「印を押したらいいよ。」
というので、アドバイスに従ってみる。
a0054240_21354277.jpg
印はずっと前によたろうさんが彫ってくれたもの。
1作目の「椿」も同じように印を押し、こちらは裏打ちまでしてもらう。
a0054240_21355375.jpg

なかなかいいねと二人とも満足する。

a0054240_2139382.jpg

少し傾いた黄金色の日差しを浴びながら、真面目に散歩をする海。
アップにしようと思ったら・・・
a0054240_21404761.jpg

鼻しか撮れなかった・・・。
by hideko0611 | 2010-11-23 21:41 | パッチワーク | Comments(0)

瓶ふたたび

a0054240_17461623.jpg

「イソギク」

朝から雨。
この雨がまた寒さを引き連れて来るようなことを、ラジオの天気予報が言っていた。
朝も夕方も、海の散歩時間はうまい具合に晴れてくれたのでよかった。
(写真はどちらも夕方。)
a0054240_2120536.jpg
a0054240_21201813.jpg

今(午後8時半)、外から帰って来たひとみがぐっしょり濡れていたので、夜になってまた降っているようだ。
明日は祝日だし、明後日はお菓子教室なので雨ニモマケズに卓球に行く。
今日はまだ経験の浅い方とずっと打っていた。
自分もちゃんと出来ないのに、アドバイスをするのは難しいものだ。
でも、人に説明していると、自分自身の動作も一つひとつ確認しながら練習出来る。
マリコさんが、食用ほおずきジャムを試食させてくれた。
酸味がけっこう強いのはほおずきそのものの味なのか、添加されているクエン酸の味なのかよく分からないが、大人の味。
以前食べたことのあるルバーブジャムよりもおいしい。
ルバーブやアーティチョークは、外国の話を読んで、食べてみたいと憧れたものの、食べてみたらそれほどでもなかった代表格。
もちろんおいしい食べ方はあるんだろうけど。
ウィキペディアによると、食用ほおずきは実そのものが甘酸っぱいようだ。
見たことはないが、ストロベリートマトという名前で出荷されているんだって。
秋田や北海道で生産されているそうだが、このジャムは島根のもの。

11月1日からごみの分別方法が変わって、調味料(塩こしょう・ソース・オイスターソースなど)の空き瓶のラベルやキャップも全部きちんとはずして、中もよく洗うようになった。
そうすると、ガラス瓶ってどれもきれいな形をしている。
口が細いものが多いので、一輪挿しに使えそう。
我が家では、花屋で花を買うことはほとんどなく、庭の花をちょこっと摘んだり、散歩の途中で見つけたきれいな野草を摘んで帰ったりするので、そういうものを挿すのにぴったりだと思う。
試しにいろいろ挿してみた。
a0054240_2105046.jpg

なかなかいいんじゃない。
瓶はきちんと分別すれば、またガラスになって再生(リサイクル)されるんだろうけれど、それぞれの家でもう一度使う(リユース)方が手軽でいい。
ジャムやはちみつの瓶は、前から残しておいて、人にジャムをあげる時に使ったり、家でもいろいろな物を入れて使っているが、調味料の小さな瓶は今まで全部捨てていた。
これからは一輪挿しとして第二の人(瓶)生を送ってもらおう。

海のおもしろ話を二つ。
①玄関前に寝ている海が、今日はガーゴーいびきをかいて寝ていた。
②コースケさん家の息子さんの奥さんに、
「まあ、足が短くて可愛い犬!」
とほめられた。
a0054240_21125523.jpg

「ほっといてちょうだいっ。」
by hideko0611 | 2010-11-22 21:13 | 卓球 | Comments(4)

今日もまつりへ

a0054240_1739441.jpg

「菊」

去年も行った周南さかなまつりによたろうさんと出かける。
晴海町の魚市場(卸売り市場)が会場。
a0054240_21415133.jpg

大分行きのフェリーが出て行くところだった。
a0054240_21423747.jpg

9時か9時半からかなぁと思って、9時半に徳山駅新幹線口で待ち合わせをする。
よたろうさんがその後、文化会館に用があるので、今日は自転車とバイクで別々に出かけたわけ。
さかなまつりは10時からで、それまで店が開かない。
a0054240_21433361.jpg

みんな仕切りの外で、何重にも取り囲んで待っている。
10時の合図で開門(?)。
たちまち人が店に殺到して、何が並んでいるかを見るのもやっとという状態。
a0054240_2101324.jpg

生きているワタリガニ2匹1000円をよたろうさんがゲットした。
私はこういう争奪戦はとっても苦手。
生簀から出したばかりの鯖を買おうとしたら、1匹1500円だったので断念する(最初は500円と聞き間違えていた)。
あとは昼食用に握り寿司などと萩のふぐ入り天(練り物)を買って、早々に退散する。
25分待って、15分しか会場にはいなかったことになる。
よたろうさんと別れた後、私は商店街の和光でお大師さんの新年の帽子と前かけ用の赤い毛糸と赤い布を買う。
その後、昨日、今日と2割引セールをやっている米沢園芸へ足を延ばす。
御幸通のイチョウが鮮やかな黄色に色づいていた。
a0054240_21404381.jpg
a0054240_21405711.jpg
12月から始まるツリーまつりのイルミネーションは、もうすっかり取り付けが終わっている。
ハイポネックスは2割引の対象外だったが、小さなフリルのシクラメンを見つけて買って来た。
さかなまつりでは卓球のトモコさんに、米沢園芸ではパッチワークのタカコさんに声をかけられる。

午後はフィギュアのロシア杯を観ながら、ダイ・ステッチワークを仕上げる。
a0054240_213753.jpg
フィギュアの結果は先にインターネットでチェックしているので、ドキドキすることなく観られるが、それでいいのかどうか・・・。
羽生結弦クン(私はゆずたんと命名している)は、スピードと柔らかさ、しなやかさがとても魅力的。
4回転を決められなかったのと、なんでもないところで転倒したのが惜しまれる。

a0054240_21461240.jpg

今日は鉄塔のところで、動くもん海(かい)。
a0054240_2147766.jpg

by hideko0611 | 2010-11-21 21:48 | 日記 | Comments(0)