<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

試してみる

a0054240_21181564.jpg

「カモミール」
今年はよく咲いたので、花を摘んで乾燥させ、カモミールティーを入れてみよう。
安眠効果があるそうな・・・。

昨夜は早くからベッドに入り、久しぶりに本を読み始めたら、面白くて眠れなくなった。
ワーキングマザーが主人公の、碧野圭「辞めない理由」。
12時になったので本を閉じ、灯りを消したが、しばらく頭が冴えて眠れなかった。
・・・というわけで、私の睡眠不足はまだまだ続く。

卓球教室で久しぶりにサナエちゃんと一緒になる。
1ヶ月ぶりぐらいかな。
今日工夫してみたこと。
①サナエちゃんのしっかり回転がかかっているドライブを返球する時に、ラケットを振らないで面の角度を意識して、当てるだけにしてみたら、ちゃんと返ることが分かった。
後で訊いてみたら、そうするとナックル(無回転)になり、相手が取りにくくなるそうだ。
②先生とのレッスンでドライブを返球するときに、一呼吸待って(遅く)ラケットを振ってみると、少しいい感じだった。
これが「ためる」ということなのだろうか?
後半は、カットサーブやツッツキの練習を始めて間もない人と一緒に、私もサーブの球をしっかり上に上げる練習をする。
自分の課題は十二分に分かっているつもりなんだけれど、改善する方法はなかなか見つけられない。
でも、自分でいろいろ工夫するのも面白いものだ。

午後、お花友達Tさん来訪。
途中で電話がかかってきて、
「家がなくなったよ~。」
切通しのところまで来ると、初めての人はみんな(あれっ?)と思うようだ。
以前サナエちゃんとマキちゃんに来てもらった時もそうだった。
家が途切れて、山の中に迷い込んだ感じになるもので。
その後もう一度電話がかかってきて、私が途中までお迎えに行ってきた。
確かに初めての人は、駅からの距離と風景にびっくりするだろうなぁ。
今日来られたTさんとのお付き合いは、去年赤いアジサイを探していた時に、とてもきれいな赤色の花を見かけたので、思わずバイクを停めて見とれていたら、たまたまその家の人がそこにおられて、
「なんでしょうか?」
あんまりきれいな赤いアジサイなので見とれていたことを話すと、一つ鉢植えを鉢ごと分けて下さったのが始まり。
今日は我が家の庭をくまなく案内する。
世話が行き届いていないので恥ずかしいが、花好き同士は、珍しい種類の花を見つけてはいろいろ話すだけで楽しいのでいいのだ。
一時間ほど花を見てもらって帰られた。
その後、ジュンテンドーの土4袋安売りが今日までなので、もう一度買いに行って来る。
今日は赤玉の中2、鹿沼1、鉢底石1というラインナップ。
これでたぶん普通の鉢とプランターの植え替えはいけるだろう。
クンシランや薔薇は、また特別な土を用意しないといけないが。

子育てでお疲れぎみのカン母さん、珍しく猫小屋(旧犬小屋)でお昼寝。
a0054240_21415917.jpg

どうみのいなくなった傷心から少し立ち直った(ように見える)こたろうは、坂の途中でお昼寝。
a0054240_2144220.jpg

海はムカデを見つけて、思わずたっち。
a0054240_21443958.jpg

冬毛が半分ぐらい抜けた。
by hideko0611 | 2010-05-31 21:50 | 卓球 | Comments(0)

ようやく

a0054240_2059897.jpg

「オオキンケイギク」

昨夜もやっぱり、女子の試合は夢の中で観た。
中国の壁はあまりにも厚い。
いずれにしても、今夜からは寝不足から解消されて、ぐっすり眠れる。

あいかわらず初夏と呼ぶのがはばかられるほどの低い気温だが、風邪気味だった母の体調もよくなり、ようやく植え替え作業に取りかかる。
こたろうが種を蒔いたプランターや、古い土の山(つまり土がやわらかいところすべて)をトイレにするのは困ったものだ。
3年前に一株買ったサンセベリアが元気に育って株をふやしたので、お花友達二人に分ける。
それでもまだ3鉢分残った。
これは生協のレシート3000円分を集めて応募する抽選で、3000円当たった記念に買ったもの。
下が買ったときの写真だけれど、なかなか立派な株だ。
a0054240_14392980.jpg

たしか1000円しなかったと思う。
冬に水を一切やらないということさえ守れば、後は手のかからない植物。
たんすに入れておく(!)といいそうだと母が言っていた。
一昨年は花が咲いたんだけど、去年は咲かなかった。
どういう条件がそろえば咲くのか、よく分からない。
今日はそのほかにカランコエ類の植え替えをする。
カランコエ類は水やりの加減が分からず、どうも苦手だ。
いくつかあった鉢がどんどんだめになり、数が少なくなっていたが、お花友達のチヨコさんにどっさり分けていただいた。
5月、6月は種蒔き、挿し木、植え替えのシーズンなので、お花友達どうし物々交換をするのが楽しい時期。
自分の家にないものをもらうのももちろんうれしいが、その人の家にないもの分けてあげられるのも同じぐらいうれしい。
自分がうまくふやせた(育てられた)ということなので。
明日の午後、一人新しいお花友達(福川駅近くの人)が、我が家の花を見に来訪予定。
ちなみに、今のところお花友達はしょっちゅうやり取りする人が4人、時々の人が3人。

明日で5月も終わり。
ラジオ英会話も「リトル・チャロ」も、なんとか続いている。
1日10分、15分という短い時間で、週5日(チャロは4日)なので、それほど負担はない。
でも後から分かったのだけれど、ラジオ英会話はレベル4(高校生程度)なので、実はちょっこし難しい。
もちろん予習もしないとついていけないので、それもちょっこし大変。
「リトル・チャロ」はレベル2~4。
幅があるのは、日本語字幕があるときは2で、すべて英語、それも音声だけのときは4なのだろう。
アニメということもあり、こちらはなんとかついていける。
まあ、1日に合計25分であっても、英語を耳にし、少ししゃべってみることの積み重ねは、無意味ではないと信じよう。
「裸の王様」に出てきた‘simpleton(まぬけ)’という言葉と、犬や猫の呼び方を覚えただけのような気もするが。

「行ってらっしゃ~い。」
a0054240_2152233.jpg
「おかえり~。」
a0054240_21523387.jpg

by hideko0611 | 2010-05-30 21:58 | 趣味の園芸 | Comments(0)

大勝負

a0054240_21354463.jpg

「ガウラ(白蝶草)」

世界卓球、今日はいよいよ準決勝、そして対中国戦。
実力世界NO.1の中国を相手に、勝てる確率は非常に少ないとは思うが、いい試合をしてほしい。
昨日は男子の勝利は見届けたけれど、女子の試合はさすがに眠気に勝てず、テレビをつけたままベッドに入り(というのはほとんど観られなかったってこと)、今朝勝ったことを知る。
女子の試合はなんと5時間にも及んだそうだ。
ロシアとの時差がアメリカとのように昼夜完全逆転ではないので、つい観てしまい、本当に毎日寝不足だ~。
今日は男子は残念ながら0-3で敗北したが、吉田も岸川も1セットを取ったし、水谷も一方的に負けたわけではない。
今は女子の第一試合、愛ちゃんが1セット先取という好スタート。
また寝られないじゃないか~。
というわけで、今夜もまたまたこれにて失礼。
a0054240_21464490.jpg

たれちゃんでした。
by hideko0611 | 2010-05-29 21:49 | 卓球 | Comments(0)

熱戦続く

a0054240_21315.jpg

「ヤマアジサイ」

やった~!
吉田海偉がフルセットの末、勝利。
これで日本が香港に2勝。
あと1勝で準決勝進出、つまりメダル確定。
昨日も一昨日も、なぜか吉田の試合中に睡魔に襲われて、最後まで勝敗を見届けることが出来なかったのだけれど、今日は時間も早いし、フォアハンドドライブ同士の息詰まる戦いだったこともあり、ちゃんと観られた。
終わり頃は私も一緒にガッツポーズをしたりして。
さすがに雄叫びは上げなかったが。
話が前後するが、昨日の男子のオーストリア戦もものすごい戦いだった。
水谷が2セット取られた後、3セットを取って勝利したのは、しびれる試合だった。
世界卓球に出るような選手は、どの国もどの人も本当に巧い。
ちょっとしたミスや、ネットイン、エッジボールという運・不運が明暗を分けるぐらいだ。
ここまで書いているうちに、岸川も2セット連取。
あと1セット取ればいいんだ。
福原愛ちゃんも団体戦が好きだと言っていたが、観ている方としても団体戦の方が面白い。

午前中は卓球、買い物をして帰って、午後は庭仕事。
千日紅の種を蒔いて、ベゴニアを植え替えて、サンセベリアの株分けをする。
今年はなかなか完全に暖かくならないので、庭仕事が大幅に遅れているが、6月上旬までには植え替えの必要なものはすませておかなくては。

それでは卓球を真剣に観戦するために、今日はこれにて御免。
a0054240_21183554.jpg

by hideko0611 | 2010-05-28 21:19 | 卓球 | Comments(0)

寝ちゃいました

a0054240_2015572.jpg

「ヒメジョオン」
茎を折ってみると中が詰まっているので、ヒメジョオンだと分かる。
(時期的にもそうだけど。)
空洞があるのがハルジオン。

電気の点検と、ケーブルテレビのチューナー取り外しの人が来るので、午前中は玄関、階段を中心にちょっこし力を入れて掃除をする。
何かがあると家がきれいになるのでいいことだ。
ケーブルテレビはいくつかCS放送が見られるコースに入っていたんだけれど、時間が合わなくて観ることがほとんどないので、基本コースだけにして後は解約した。

異常気象がずっと続いている。
もうすぐ6月だというのに、「暑くない」じゃなくて「寒い」。
風は北風。
散歩のとき、よたろうさんとそんな話をしていたら、童話の「北風のくれたテーブルかけ」の話になった。
子どもの頃、よたろうさんがこの劇でテーブルかけから出てきたごちそうを食べる役をしていて、パンがのどにつまったことがあるんだって。
ところでこのお話、どんなストーリーだったかというと、ちゃんと思い出せない。
食べることに関しては極度に記憶力のいい私は、テーブルかけにお願いすればごちそうがたちどころに出てくることしか覚えていなかった。
よたろうさんもよく覚えていなかったので、今ネットで調べてみたら、
①北風にパンを焼く粉を吹き飛ばされた少年が、それを返してもらいに北風の家に行って、代わりにごちそうを出すテーブルかけをもらってくる。
②宿屋のおかみさんにそのテーブルかけをすりかえられてしまった少年は再び北風のところへ行って、金貨を出すヤギ(ヒツジ)をもらってくる。
③また宿屋のおかみさんにそのヤギをすりかえられてしまった少年は、三度目の北風のところへ行って、悪いやつをぶってくれる杖をもらってくる。
④その杖もすりかえようとした宿屋のおかみさんを杖の力でこらしめ、今までの二つの宝も取り返してめでたしめでたし。
こういうお話だった。
グリム童話かと思っていたら、ノルウェーの民話だった。
それにしても、こんなに宝物を次々くれるなんて、人(?)jのいい北風だこと。
寒いけれど、1日中からりと晴れた気持ちのいい天気だった。
a0054240_20342089.jpg
a0054240_2034301.jpg

太陽の角度や日の入りの時刻は普通に5月末なのに、気温が4月初めというのはなんだか不思議な感じ。
夕方の西の空は冬の雲。
a0054240_20351599.jpg

明日も寒いみたい。

ところで昨日の夜は、世界卓球を観ながら、一番いいところで寝てしまった。
吉田海偉も観られなかったし、水谷が世界ランク3位のボルに勝った試合も2セットまでは確かに観ていたのに、気がついたら試合が終わっていた・・・。
男女とも決勝トーナメントに進めることになってよかったが、今日を含めてあと4日間、卓球観戦の夜が続く。

カン母さんは本当にたっちが上手。
a0054240_20425765.jpg

食べ物に対する執着心がなせる技。
a0054240_20443564.jpg
食べる前のおすわりも出来ているような気がする。
by hideko0611 | 2010-05-27 20:55 | 卓球 | Comments(0)

眠いし観たいし聴きたいし

a0054240_207336.jpg

「アマリリス」
「白花桃色ぼかし」と書いてある球根を買ったはずなのに、なぜか思いっきり真紅・・・。

すべて解決し、昨夜こそゆっくり寝られるはずだったんだけれど、卓球の世界選手権の男子のテレビ放映がなんと深夜0時10分から2時まであったので、それを録画するために起きていた。
卓球教室のNジュニア君に頼まれたので、DVDに録ろうと思うと、パソコン内蔵のテレビで録ることになる。
このテレビは録画になると電源を切っていてもいったん起動してしまうので、画面を最小化して音と映像を消さないといけない。
おまけにラジオ深夜便は、2週間に一度の石澤さんがアンカーを務める日。
さらに2時台は「思い出のスクリーンミュージック ラブ&バラード特集」、3時台はちあきなおみ特集。
昨夜はとうとう、録音しようとラジカセを用意したが、録音テープって最長が120分、つまり片面60分しか録れない。
1時間ごとに起きて録らないといけないわけだ。
結局寝てしまって、聴きたい部分は録れなかったが、寝たり起きたりの繰り返しで、朝の眠いこと。
夜眠れない人の友であるラジオ深夜便を、夜よく寝られる人が聴く方法はないのだろうか?
昼間に再放送してくれたらいいのに。
昼間明るい太陽のもとで聴くと雰囲気が出ないのだろうか?
石澤さんの声が好きなんだけれど、今料理や洗い物をしながら台所で聴いている杉田二郎の声もいい。
テレビではフォーク大全集などの番組で、「戦争を知らない子どもたち」1曲だけを繰り返し歌っているが、ほかにも好きな曲はいっぱいある。
声質が似ているから、フランク永井の歌もカバーしているし、なかにし礼作詞、宇崎竜童作曲の歌謡曲っぽい歌もとてもいい。
周南フォークジャンボリーで、こちらへ来てくれないかなぁ。

お菓子教室は一つ目はキャラメルバナナシフォン。
シフォンケーキにバナナキャラメル(つぶしたバナナを砂糖と水を煮つめたキャラメルに混ぜる)を入れたもの。
もう一つはレモンパイ。
レモンカスタードクリームとメレンゲをパイ生地に乗せて焼く。
a0054240_20315590.jpg
パイ皿にちょうどおさまるようにパイ生地を伸ばすのも、
a0054240_20303832.jpg
メレンゲを上にきれいにかぶせて角を立てるのも、
a0054240_20313934.jpg
a0054240_20311447.jpg
一台分ちゃんとやった。
どちらも好きなケーキ。
レモンカスタードクリームを作る時、先にやっていた人達がコーンスターチを入れるのを忘れてしまい、いつまでたっても固まらなくて、気づいたみんなで大騒ぎ。
でもいったん冷ましてからコーンスターチを入れてやり直して、無事完成する。
私は作業が遅かったので、間に合ってちゃんとコーンスターチを入れることが出来たが、もちろん私もそれまですっかり忘れていた。
最近私は、お菓子教室で失敗しても「おどろかない・たじろがない」をモットーにしている。

さあ、夜の9時。
今から世界卓球を見よう。
日本は今のところ三戦三勝。
今夜の放送は夜遅くまで続きそう。
また寝不足になるかも。

a0054240_2040321.jpg

母さんのお乳を飲むたれちゃん。
a0054240_20404288.jpg

一番よく人前をうろうろしているたれちゃん。
by hideko0611 | 2010-05-26 20:52 | 日記 | Comments(0)

騒動の顛末

a0054240_2027217.jpg

「シラン」

昨夜はひとみの来訪もなく(なんだか平安時代、公達が通ってくるのを待っている姫になったような風情・・・)、ひとみの出入りで入り込んだ蚊も昼間のうちにアースを噴霧し、その後はアースノーマットをつけて撃退し、ぐっすり眠り込んでいた。
その時・・・
熟睡していた私の髪を引っ張るものがいる!
手を伸ばすと、なんだか小さい生き物に触った!
ぱたんと何かが落ちる音もする!
そういうことを2、3回繰り返しているうちに、突然ひらめいて、同時に完全に覚醒した。
「あのねずみだぁ~っ!!!」
過去に何度かハムスターを飼ったことがあり、脱走されたこともある私には覚えのある行動。
夜になると枕元を駆け抜けるちいさな足音。
そしてなぜか髪の毛を引っ張り(草とまちがえている?)、伸ばした手の先に毛の生えた体が触れる。
まったくおんなじだ。
土曜日の夜、ひとみが取り逃がした野ねずみが、そのまま私の部屋に丸二日間ひそんでいたのだ。
足に何かが触ったと思ったので、私が扉を開けた隙に脱走したと思っていたのは錯覚だったのだろうか?
日曜の夜もひとみがまだ部屋にいたので、ねずみは息を潜めていたのだろう。
そういえば、ひとみが夜中にテレビの後ろあたりをとても気にしてもぐりこんでいこうとしたのは、ねずみに気がついていたからに違いない。
そしてひとみのいない昨夜、とうとう姿を現したのだ。
それが夜中の2時半頃。
テレビの後ろやベッドの後ろをのぞきこんでみたが、暗いのでよく分からない。
捜索は朝になってからすることにしたが、やっぱり気になってよく寝られないまま一晩を過ごした。
そして今日。
絶対に手でつかまえられないことは分かっているので作戦を立てた。
ネズミ捕りに入ってもらおう。
チーズや、人参、バナナをつけて朝からずっと置いていたが、いっこうに入ってくれない。
自分から入ってくれないなら追い込むことに作戦変更。
まずは居場所を確かめなくては。
和だんすや本棚の後ろに入り込まれたらやっかいなんだけれど、幸いそういう大きな家具は壁にぴったりくっついている。
そうなると考えられるのは、パッチワークの布が入っている3段×2のケースの後ろ。
でも、そこにはいなかった。
次に可能性があるのはベッドと窓の間の隙間。
そうっとのぞいてみると・・・
いた!
机との境目のところで、茶色い塊がじぃっとしている。
意外におとなしい動き。
a0054240_20592660.jpg
70cmの長い物差しを使って、ベッドの頭の方に追い込んでいく。
そしてその先に、ねずみ捕りの入り口を開けて待ち構えていた。
ところがねずみはなかなか動いてくれない。
進んでは戻り、また進み・・・を繰り返している。
戻ることが出来ないように、少しずつ退路を本などで塞いでいった。
もう少し・・・というところまでいったのに、危険を感じるのか、ねずみ捕りの中には入ろうとしない。
そうこうしているうちに、あらまぁ、逃げられてしまった。
今度は布の入っているケースの後ろに入り込む。
でも、これはチャンス。
そこは二方が壁、一方が和だんすに囲まれているため、ケースの向きを横にすれば完全に閉鎖された空間になる。
そこへネズミ捕りを入れて、もう一度物差しでつんつんとつついてみた。
繰り返すこと数回、ようやく全身が入ったのを見届けて、ばねをぱちんとはずして閉じこめる。
やった~!
しっぽがはさまったけれど、扉にはほんの少し隙間があるので大丈夫。
これがお縄になった野ねずみ。
a0054240_2172871.jpg

アカネズミと思われる。
実はなかなか可愛らしい。
目が黒い待ち針のようで。
(後でよたろうさんが「野ぶどうのような目」と可愛く表現していた。)
一瞬飼ってみたい衝動にかられるが、すぐに現実にかえってあきらめる。
以上の作業を私は一人でやりとげた。
自分で自分をほめたい気分。
謡の稽古から帰ってきたよたろうさんに見せた後、旧道の山の中に帰してやる。
「ありがとう、ありがとう。」
と何度も頭を下げながら(もちろんウソです)、野ねずみはすぐに木々の間に消えていった。
それにしても運のいいねずみだ。
ひとみに息の根を止められることもなく、家の中で餓死することもなく、捕まえた人間に退治されることもなく、無事に帰れたのだから。
帰ったら、今回の冒険の一部始終を仲間に語っているかもしれない。
もうひとみに捕まるんじゃないよ。
というわけで、一見落着。
もちろんその後、部屋中隈なく掃除機をかけて、雑巾がけをしたので、思いがけず部屋がきれいになった。
それにしても、寝ている間に鼻の頭をかじられなくてよかった。
鼻の頭どころか、部屋中にある何本ものコードも、たくさんの布もかじっていない(と思う)。
ただ一つ犠牲になったのは、株分けをしてせっかく新しい芽が育ってきていた多肉植物のリトープスが食べられてしまったこと(手前にある方)。
a0054240_21225458.jpg

部屋の中にねずみがいることを確信したのは、これが見つかったから。
野ねずみの食べられそうなものがそれしかなかったのだろうから、しかたがない。
でも、成長が遅い植物で、やっとここまで大きくしたのに、よりによって一番大きな株を食べられてしまったのが悲しい。
株分けをした時に二鉢にして、もう一つをよたろうさんの部屋に預けていたのが幸いだった。
無理だとは思うが、無事なところをもう一度挿しておく。
a0054240_21232798.jpg
その時カッターナイフで切りながら思ったけれど、食べられた方の株は、確かに水気をたっぷり含んでいかにもおいしそうだった・・・。
by hideko0611 | 2010-05-25 21:34 | 山口の自然 | Comments(0)

新メニュー

a0054240_20122191.jpg

「オダマキ」

今回の雨はあまりひどくなかったのでよかった。
今日前線が移動していった関西の方はどうだったのだろう?

お昼はHottoMottoに「「トルコライス」の幟がたっていたので、思わず買って帰る。
今日からの新メニューだった。
トルコライスというのは、長崎(ほかの地域もあるようだ)の洋食屋さんで出される盛り合わせ料理で、豚カツ、サフランライス(ピラフ)、スパゲティー、サラダを一皿に盛ったもの。
最近はコンビニでも売られているし、ファミリーレストランのメニューにもなっているようだが(どちらも期間限定だったみたい)、食べたことはなかった。
このお店のものは、カレーハンバーグ、とりかつ、スクランブルエッグとウィンナー、スパゲティナポリタンという内容で、本場のものとはちと違っていた。
a0054240_20424786.jpg

いろんな料理がちょっとずつ楽しめるというのはいいよね。
価格は450円。

ひとみを少しずつほかの猫たちの中に戻そうとリハビリ中。
a0054240_20513220.jpg
a0054240_2049589.jpg

こういう光景も久しぶり。
ピンクバルサのサドルをなぜかこたろうがかじるものだから、今カバーをかぶしているんだけど、それがめくれかかっている・・・。
a0054240_20561092.jpg

知らん顔で、バイクカバーを布団に熟睡中のこたろう。

よたろうファームでそら豆とえんどう豆が収穫できるようになった。
a0054240_20533437.jpg
a0054240_2054470.jpg
どちらも実がちゃんと入っていておいしい。
a0054240_2054338.jpg

そら豆はしょうゆ豆風に甘辛く煮て、えんどう豆はたまごとじにする。
by hideko0611 | 2010-05-24 20:59 | B級グルメ | Comments(2)

小脱走

a0054240_1738335.jpg

「夏蜜柑」
散歩のとき(今日は無理だけど)、どこからともなく漂ってくる夏蜜柑の花の香りの爽やかさ。
同じ木に、まだ昨年の実もついている。
a0054240_17405258.jpg


予報どおり、1日雨。
ただ思ったほど雨脚も強くないし、風も雷もいっこうに登場しない。
午後から確かに雨量はふえた。
午後7時48分現在、山口県東部には大雨洪水警報が出ている。
また、近所で土砂崩れがおきなければいいけれど。
予定通り、夏物と冬物の入れ替えをする。
タカラヅカビデオは、ファンタジックな「PUCK(涼風真世さんトップ)」とシリアスな「エールの残照(天海さんトップ」を見ながらの作業。
その間中、ひとみはあいかわらずソファの上で長く(時には丸く)なって寝ている。
a0054240_17512864.jpg

ひとみは、昨夜とうとう心配していたことをしでかした。
獲って来たねずみを家の中で取り逃がして、見失ってしまったのだ。
(つまりねずみが部屋に入ってから息を吹き返した。)
ソファの隙間に逃げ込んだねずみは、私がよたろうさんに助けを求めに行っている間に、扉の隙間から部屋の外に出て逃げてしまった。
そのまま行方不明。
つまり、ねずみはまだこの家の中のどこかにいるのだ~~~!
野ねずみだから出るところがあれば出て行ってくれるのだろうけど、あいにくの雨だし、蚊が入り込まないように戸を開けっ放しにしていることはないから、出る余地がない。
何かをかじったり散らかしているような形跡があれば、そこにねずみとりをしかけるよりしかたがないが、ほんとにもうっ。
もちろん昨夜もずっと雨が降っていたのだから、そんな中を狩りに出て行かなくてもいいのに~。
by hideko0611 | 2010-05-23 19:53 | 猫のいる風景 | Comments(0)

雨支度

a0054240_2001174.jpg

「ペラルゴニウム」

今日の午後から雨になり、明日は大雨・・・と、天気予報で昨日から繰り返し警告している。
雷や風もおまけについてくるそうな・・・。
雨が降り出す前に・・・と、2時前に海を散歩に連れて行く。
「まだいきたくないよぅ~。」
と抵抗するのを、いつになくぐいぐ引っ張って、
「とにかくトイレだけしなさい!」
観念した海はわりと近場でちゃんと用をすませ、
「もういいでしょう。」
と水戸黄門のように言って、帰って来た。
大雨に備えて、去年の夏の雨続きでだめにしてしまった、ミセバヤの鉢とブルーファンフラワーのプランター、いっちゃんの母の日のプレゼントのカーネーションの寄せ植えを温室にしまいこむ。
花をつけ始めている万年青は、もちろんずっと温室の中。
蕾をどっさりつけた薔薇の「プリンセス・ミチコ」は摘んで部屋の花瓶に挿す。
a0054240_2072436.jpg

蕾の数は多くてきれいなのに、開花すると病気と害虫のダブル攻撃で絶対にきれいな花が咲かない株。
せめて部屋の中に入れたら、ちょっとはましかな。
ついでに温室の中を片づける。
猫たちが入れるように、猫小屋(本来は海のために買った犬小屋)にシートをかぶせて、雨が降り込まないようにしてやる。
温室とこことどちらかに入れるように。
雨は4時頃から降り始める。
仔猫3匹のうち、たれちゃんが母さんと一緒に、しょっちゅう前庭に姿を現すようになった。
今日夕食に猫缶をやったら、いっちょまえに食べている。
ただし体が小さいので、半分以上お鍋の中に入り込んでいるのがご愛嬌。
a0054240_20125860.jpg

その後部屋に戻ったら、ちゃんとひとみが窓の外で、
「あめなのでいれてねっ。」
と待っていた。
猫缶の残りをやるとほくほくと食べている。
a0054240_2015485.jpg

今、夜の8時だけれど、本格的に雨が降り出した。
明日こそ夏物の服を出して衣更えをしよう。
by hideko0611 | 2010-05-22 20:18 | 日記 | Comments(0)