<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

あっぱれ!

a0054240_22575041.jpg

「ヒメヒオウギ」

午前は私がパッチワーク、午後はよたろうさんが謡の稽古のため、今日の畑仕事はお休み。
その代わり、午後から母と一緒にカランコエ類、金のなる木の植え替え、その後一人でクレマチスなどの植えつけ、朝顔と夜顔(種袋には夕顔と表記されているが、正しくは夜顔)の種まきをする。
3日ほど畑にかまけて庭に目をやらなかった間に、イチゴが赤く色づき始めていた。
おいしいといいのだけれど。
a0054240_23313166.jpg


夜は世界卓球を観戦。
女子シングルス、平野も福原も2回戦敗退と言う残念な結果だったが、なんと17歳の石川佳純(山口県出身)が世界ランク10位の香港のチョウ・ガナを倒すという快挙をなしとげた。
それも3ゲームを取られ、4ゲーム目も3-9から逆転して勝ち、その後は5・6・7ゲームを連続で取るというあっぱれな勝ち方。
チョウ選手が精神的なあせりから自滅した部分もあるが、石川が積極的に攻めていたのは確かだ。
3回戦、4回戦、その後準々決勝ということなので、まだまだ先は長いが、今日のようないい試合を見せてほしい。
今回の世界卓球は個人戦なので、時間の都合上全部の選手の試合がテレビで放映されない。
吉田海偉も見たかったのに~。
それから何台もの卓球台で同時に試合が進行するのでライブの映像ではない。
そのためついついネットで先に情報を得てしまい、実は石川の勝利も先に知っていた。
ただし、何かの間違いだと思っていたけれど。
ライブで見ていたらもっと感動しただろう。
勝った瞬間、飛び上がって喜んでいる姿は、まだまだあどけない17歳。

最近海は母におやつのパンを投げてもらって、それをキャッチするようになった。
a0054240_23351976.jpg
a0054240_23353451.jpg

日に日に上手になっている。
これまたあっぱれ!
by hideko0611 | 2009-04-30 23:37 | 卓球 | Comments(0)

④半分植えた

a0054240_21423924.jpg

「アイリス」

今年も茶摘みの季節がやって来た。
八十八夜は5月2日なんだけれど、今年は暖かいせいか、新芽の伸びるのが早い。
ちょっと早いけれど、少しでも柔らかいうちに・・・とよたろうさんと2人で、朝8時半から、梅の木の近くの分だけ(お茶の木はあっちこっちにある)摘みに行く。
a0054240_1842868.jpg
すっかり体になじんだ園芸(農業)ファッション。
これが着心地のよいソフトリネンシャツなんだ。
摘んでいるうちに、長靴の中の左足首にちくっとした痛痒さが走る。
(まさか!)
と思いながらさぐってみると、私の天敵ブトだった。
長靴の中まで入り込んで来るとは、なんという油断のならないヤツ!
ほとんど隙間はないはずなのに・・・。
「もんぺを長靴の外に出すんだよ。」
とよたろうさん。
a0054240_18493310.jpg
つまり右足のようにするわけ。
もっと早く教えてよ~。
お茶の新芽は本当にきれいな翡翠色。
a0054240_1851414.jpg

1時間半ほど摘んで、母が摘んだ庭の分と合わせて、炒って(鉄なべで加熱して)熱いうちにもむ。
針のようになるといいらしいが、なかなかうまくはいかない。
a0054240_18495438.jpg
ざるに広げて干し、途中で何度か返しておいたら、夕方にはほぼ乾いていた。
a0054240_18503052.jpg
a0054240_18505174.jpg

天気予報で1日晴れということを確かめてから摘まないと、その日のうちに乾かないのだ。
あさって、もう一度別な場所のお茶を摘むつもり。

午後からは畑仕事3日目。
昨日よりさらに疲れてヨレヨレになっている私。
今日は溝を1本掘るのがやっと。
鍬をふるうというのは、かなりの重労働だ。
途中でだいぶよたろうさんの手を借りる。
でも、今日かぼちゃ2種類4本の苗を植えたので、買って来たものは一応植えられた。
a0054240_20472945.jpg

土地のだいたい半分ほどを六つの畝にすることが出来た。
a0054240_20342749.jpg
畝は全部で12本になる予定。
畝に十二支の名前をつけておき、どこに何を植えたか記録に残しておいて、連作を防ぐのだ。
これからはあせることなく、少しずつやっていこう。
一応一区切りついたお祝いに、2人で外ビールで乾杯していると、ポテトチップスが欲しかったのか、ひとみがお座りをして待っていた。
ひとみにしては珍しいポーズ。
a0054240_20255397.jpg

海を初めて畑に連れて行ったが、何も面白いものはなかったみたいで、すぐに立ち去った。
a0054240_20265256.jpg

by hideko0611 | 2009-04-29 20:35 | 趣味の園芸 | Comments(0)

③掘っては植えてみた

a0054240_18324013.jpg

「桃色タンポポ(園芸種)」

畑仕事2日目にして、もう疲れてきた・・・。
昨日より土が硬いのは気のせいだろうか?
よたろうさんが徳山で謡の稽古日だったので、今日の作業は2時半~5時。
農作業をするには暑くもなく寒くもない、ちょうどよい気候。
(バイクに乗ったり、散歩したりするには、ちと寒い。)
先日買ったユニクロのソフトリネンシャツは、肌触りがさらさらとしていてと~っても着心地がいい。
この夏重宝しそうだ。
母が
「私もほしい。」
と言っているので、明日買いに行ってみよう。
ユニクロの商品はすぐサイズ切れしてしまうし、このシャツは長袖なので、もうあんまり残っていなかったような気がする。
昨日植えた西瓜には虫が来ないように、肥料袋のおおいをつけた。
朝、よたろうさんが新聞紙を巻いていたら、通りかかったタダオさんが、
「新聞紙では、雨が降ったらすぐだめになる。」
と注意して、肥料袋を持って来てくれたのだ。
a0054240_21572359.jpg

夕方になると、今度はコースケさんが通りかかって、
「袋を少し切って短くした方がいい。」
とアドバイス。
a0054240_21582727.jpg

本当に持つべきものは良き友、良き隣人だ。
今日は私は溝を1本掘っただけ。
それで出来た一畝に、とうもろこしの苗10本と、タカノツメ2本を植えつけた。
a0054240_21584685.jpg
a0054240_2159191.jpg

「腕だけで振り下ろさずに、腰を使って!」
と、よたろうさんに鍬使いの指導を受けてやっていたら、腰ではなくて太ももに少し乳酸がたまっている・・・。
夜、宅急便で大阪の友人から、彼女が一人で作ったえんどう豆どっさりと、1年物の梅酒が届いた。
西宮に帰って会った時も、いつもいろいろ気配りをしてくれる友人の一人。
ありがとう。
えんどう豆の調理は明日に回して、さっそく梅酒の方をお味見する。
なかなかおいしい。
ワイングラスに一杯飲んだだけなのに、畑仕事の疲れと合わさって、急速に睡魔が・・・。
卓球の世界選手権が開幕したので、それを見ていたのだけれど、いいところで目がふさがってしまった。
それでも最後は頑張って目を開けて見る。
そのかいあって、男子の14歳の丹羽孝希が、ゲーム数3-3の接戦から、最後7ゲーム目はジュースまで粘って勝利を手にした。
まだ一次予選だが、2連勝。
これからしばらく、卓球観戦を楽しもう。

梅酒を飲まなくても眠い海。
a0054240_2154926.jpg

背中にテトラをしょっている?
同じく梅酒を飲まなくても眠いこたろうの大あくび。
a0054240_21535692.jpg

こちらはホワイトタイガーに見えなくもないこたろう。
a0054240_21551543.jpg

by hideko0611 | 2009-04-28 22:04 | 趣味の園芸 | Comments(0)

②掘ってみた

a0054240_17551153.jpg

「ヒラドツツジ」

先週の卓球は5人と寂しかったが、今日は9人でにぎやか。
マキちゃん、サナエちゃんに2人そろって会うのも久しぶり。
マキちゃんから愛媛帰省みやげでいただいた甘夏がとってもみずみずしくて、酸味も強すぎず、とてもおいしかった。
a0054240_21524663.jpg

今日の卓球で、一つだけ進歩したと自分で思うことがある。
試合中のサーブミスは1本か2本はあったが、サーブやサーブレシーブが(というか試合そのものが)怖くなくなってきた。
もちろん教室のメンバー同士の和気藹々とした試合だから・・・ということはあるが、それでも以前は、ややこしいサーブを受ける時もすごく緊張したし、とにかく自分にサーブが回ってくるのがとってもいやだった。
今日試合の最中にふと気がつくと、そのどちらも感じていない。
別にうまくなったとか、自信がついたとかいうわけではないが、少しずつ試合に慣れてきたということだろうか?
それでもやっぱりダブルスは、私が足を引っ張るので、私のペアは負けてばっかりだったが、最後に2セット取って勝てたのがうれしい。
皆さんともだいぶ親しくなり、5月には徳山で飲み会をすることになった。
こちらでのそういう会は初めてなので楽しみ。

体を動かして帰って来て、午後はまた体を使って一働き。
そう、いよいよ畑つくりにとりかかった。
本当は植えつけをする2週間前に苦土石灰を撒いたり、1週間前に堆肥を入れたりしないといけないのだけれど、もう苗を買ったので、落ち葉をすきこんでとにかく植えることにする。
でも畝は作らないといけないし、苗を植える周囲の土は広く耕しておく必要がある。
小学校の小さな学校園しか耕したことのない私。
最初は、土に鍬を入れることもろくに出来なかった。
また土が硬いったらありゃしない。
開拓者になった気分。
今日の私の仕事は畝を立てるために、畝にしたいところの横に溝を作ること。
土が全体に盛り上げてあるので、そうすると、溝以外のところが畝になるわけ。
a0054240_21492677.jpg

もちろん溝の土を横に上げるので、さらに畝は高くなる。
やっているうちに、少しずつコツがのみこめてきた。
腰が入っていなくて、腕だけでやっているとよたろうさんに指摘されたが(卓球と同じだ!)、それでも最初に比べると見違えるほど土が掘れていく。
今日は西瓜の苗を4本植えた。
a0054240_21483548.jpg

私が昨日買って来た(普通のと小玉)のに、よたろうさんがまた別な種類(マダーボール)を買って来たのだ。
植えつけて水やりをした後、枯れ草でマルチングしておく。
a0054240_21484994.jpg
その後、家の畑の方に、赤チシャの苗を植え、ネギを植え替える。
a0054240_2149921.jpg

食事の支度の時に、ちょこっと使う野菜は家にある方がいいのだ。
ところで今作っている畑は、我が家から道路を隔てて向かい側にある。
a0054240_21494695.jpg

昔はもっと低かったところを、道路が出来た時に埋め立ててもらったもの。
作業をしていると、我が家の猫たちもやって来た。
なんと母さん猫まで登場。
でもすぐに帰って行った。
ひとみはなんだかおずおず・・・といった様子でやって来る。
一番好奇心の強いこたろうだけが、あっちこっち走り回っていた。
a0054240_21475150.jpg
海は石垣の上で見物(監督)しているだけなので、ちょっとすねぎみ。
a0054240_21481250.jpg

午前中、ユキヤナギの生垣もきれいに剪定して、今日は1日よく働いたよたろうさんであった。
a0054240_21504797.jpg

そうそう、今日やっとソリティア上がりました~。
a0054240_22212076.jpg

by hideko0611 | 2009-04-27 22:00 | 趣味の園芸 | Comments(0)

①買って来た

a0054240_21253556.jpg

「ヒラドツツジ」

昨日の土曜日から広い意味でのゴールデンウィークに入っているらしい。
まぁ、多くの人にとっては、次の土曜日からの5連休がうれしいお休みだろうけれど。
今日は雨が降ってはやみ、やんでは降り・・・という、わけの分からない天気の1日だった。
昨日から2日間、防府駅の近くで緑化祭をやっている。
植木市も出ているとよたろうさんが言ったので、午前中行ってみようかと思っていたのに、家を出ようとしたとたんに、さーっと驟雨。
結局行かなかった。
そして昨日と同じように、パッチワークとソリティアで休日。
ソリティアって、こんなに上がらないものだっただろうか?
a0054240_21445729.jpg

昨夜はとうとう1時半まで、とりつかれたようにやり続けてしまった。
今日は合間あいまにやっているけれど、いまだ一度も上がらず。
明日からは、新しい畑仕事に取りかからなくていけない。
今日、かぼちゃ、すいか、とうもろこし、サニーレタスの苗と、小豆、枝豆(って、大豆だよね~)の種(豆)を買って来た。
a0054240_21452181.jpg
あと、サトイモとアスパラガスも作りたいな。
タダオさんちから、ミニトマトと落花生、キュウリの苗を分けていただくことになっている。
連作できないので今年はあきらめていたナスも作れる。
植える前に土を耕して元肥を入れないといけない。
野菜は連作障害が起こりやすいので、計画的に取り組まなくては。
農業というより、ちょっと大きな家庭菜園。
道を通る人みんなからよく見える場所なので、枯らしたり、トウがたつまでほうっておいたりすることのないようにしないといけない。
さて、どうなることやら。
来年の春は、海の好きな麦(イネ科の雑草しか食べない)も作ってやろう。
a0054240_21525949.jpg

by hideko0611 | 2009-04-26 21:44 | 趣味の園芸 | Comments(1)

はまってしまう

a0054240_21504291.jpg

「ナニワイバラ」

天気予報はよく当たる。
雨のち曇り、夕方は晴れ・・・その通りだった。
東日本~北日本は明日も暴風が吹き荒れるそうだが、山口はこのままおさまりそうだ。
若葉冷えというらしいが、ストーブをつけたいぐらい肌寒い1日。
私の部屋のストーブは、夜になってから灯油が切れてしまったので悲しい。
久しぶりにエアコンをつける。
今日は天気がよくないので、庭仕事は一休み。
買い物も朝早く手近ですませて、家でゆっくりする。
パッチワーク、サンプラーキルトの1枚目のパターンをようやく仕上げる。
a0054240_2254771.jpg
細かいのは苦手だな~。
これは1辺16cmでやっているが、実は型紙では1辺8cmになっている。
本当は1辺24cmでやりたいぐらいだ。
これをいろいろなパターンで最高25枚作ってつなげるのだけれど、それはとても無理なので、最低9枚、できれば16枚、今年1年かけてやろうと思っている。
次に大きなバッグのキルティングの続きをする。
こちらは大きいし、ただちくちく縫うだけなので気が楽。
「ジャッジ」と水谷豊主演の「土曜ワイド劇場 法律事務所」を見ながら針を運ぶ。
どちらも法廷ものだが、全く趣が違う。
天気の悪い日にはもう一つ、花の作り方の勉強もしている。
a0054240_22392898.jpg

我が家の植物を本で調べて、肥料や水やりの仕方、植えつけの方法、耐寒性など、必要なところをメモしていく。
と言っても、実際は数が多いので、一つひとつ肥料や水やりの仕方を変えるということはなかなか出来ないのだけれど・・・。
ところで、宿根草がちゃんと次の年も生き残って花を咲かせたり、去年以上に成長したりするのはとてもうれしい。
特に冬の間に葉を全部落として、枯れてしまったかと思っていた枝や茎の部分に緑色の部分をぽっちり発見した時の喜びは大きい。
(時には予想外に、枯れ枝はそのままで地面から出てくることもある。)
中には一年草なのに、何もしないでも冬を越して生き延び、すでに花まで咲かせているがんばり屋さんもいる。
このペチュニアがそう。
a0054240_22211413.jpg

この写真は数日前で、今はもっと大きな花がきれいに咲いている。
ペチュニアは雨に当たると弱いという話を聞いたような気がするが、今本で調べてみると、
「じょうぶで初心者でも育てやすい」
と書いてあった。
今年は挿し芽でふやしてみよう。

今日はよたろうさんは三つの用事(防府で水墨画教室・福川で碁・新南陽で会議)で朝から晩まで留守。
私は一人で海の散歩も早めに行ったので、夕食前にお風呂に入り、食後ゆっくりパッチワークの続きをしようと思っていたのに、突然インターネットゲームのソリティアがやりたくなった。
最初はルールもすっかり忘れていたが、思い出して(ウィキペディアで調べて)やり始めると、すっかりはまってしまった。
いっこうに上がらないので、ますますはまる。
結局2時間近くやってしまった。
というわけでのどかな1日。
(ブログを作り終わったら、もう一度挑戦しようっと。)
by hideko0611 | 2009-04-25 22:46 | 日記 | Comments(0)

藤のお花見

a0054240_2103758.jpg

a0054240_2053712.jpg
「クレマチス」

畑の整地が終わった。
a0054240_21512560.jpg

土は新しく運びこんだのではなく、今まで中央部分に小山のように盛り上げて置いてあった分。
それを削っては伸ばし、削っては伸ばし・・・それにしても作業が早い。
なお、畑地の広さは1.4aぐらいだということ。
5aなんてとんでもなかった。
それでも広いよ~。
宮脇書店で野菜作りの本を1冊買って来る。
最初は野菜の種類が100種とか140種とか多く載っている本を手にしていたが、そんなに最初からよくばっても・・・と思い直し、基本のものについて詳しく載っている本に変更した。
結局「趣味の園芸 やさいの時間」の別冊で、35種類の野菜の育て方が載っている初心者向けの本を購入。
a0054240_2153298.jpg

これは春夏編なので、秋冬編(まだ出ていない)も入れると、60種類ぐらいになるのかな?
なんでもまず、本から入る私(時には本だけで終わってしまうこともある)。
よ~く読んで、まず何を植えるか決めよう。

徳山の桜並木はあっという間に葉桜。
a0054240_21163039.jpg
考えてみると、ついこの間のような気がするが、満開の頃からもう3週間たっている。
2号線と東川の交わるところに、とてつもなく大きな藤の花のカーテンがある。
a0054240_21241652.jpg

前から2号線をバイクで走るたびに気になっていたのだけれど、今日やっとゆっくり眺めることが出来た。
崖のようになっていて、下を川が流れている。
横を大きな道路が走っているとは思えない景色だ。
a0054240_21233934.jpg
a0054240_21235439.jpg

藤は大きな木につるをからめているのだけれど、結果的に全体が藤の大木のように見える。
ここは夏になると蛍も見られるようだ。
a0054240_21231819.jpg
実は子どもの頃、このあたりに住んでいたよたろうさん、東川でオイカワ、ハヤなどを獲ったことがあると話してくれた。
でも下水道が完備するまでは、とても汚い川だったそうな。
かつて日本中多くの、街なかを流れる川がそうであったように。
時間がある時に、一度川のところまで下りてみたい。
曇っていたのと、カメラのレンズが汚れていたのと、もう花が盛りを過ぎていたのとで、写真ではあまりきれいに見えないが、そばによると独特の甘い匂いに包まれる。
気がつけば、もう後1週間で5月だ。
(それなのに寒の戻りとかで、北海道は雪が降り、私も洗濯しようかと思ったセーターをまた着ている始末。
明日はまた春の嵐らしいし・・・気候がぐじゃぐじゃになっているような気がする。)

門柱のところで置物状態になっているひとみ。
a0054240_21324596.jpg

by hideko0611 | 2009-04-24 21:46 | 山口の自然 | Comments(0)

うちの「やさいの時間」

a0054240_22174072.jpg

「ミヤコワスレ」

もうすぐ我が家に広い畑がやって来る。
土建関係のお仕事をしている人に、車や資材置き場として貸していた土地が、5月から返ってくることになったので。
半分は別な土建業者の人が使っている。
けっこう広い土地で、返却する時は畑地にして返すという約束なので、いろいろなものが作れそう。
でもそんなに広い畑は必要ないし、来客用の駐車場があった方が便利なので、そのまた半分だけ畑として利用することにした。
今、土をどんどん入れて整地しているところ。
a0054240_22512970.jpg

興味深そうな海。
a0054240_22582572.jpg

畑の広さを考えるために、算数で習ったり教えたりしたa(アール)という単位を、生まれて初めて実際に使ってみる。
久しぶりなので1aがどれだけの広さだったか一瞬考える。
10m×10mの100㎡だったよね。
たぶん5a近くあるのではないかとよたろうさん。
今まで斜面の小さな畑で大根とじゃがいも、庭の一部でキュウリ、トマト、ナス、ほうれん草、オクラ、カブ、ブロッコリー、カリフラワー、ネギ、ニラ、大葉などを作ってきた。
わ~い、これで庭はすべて花作りをすることが出来る。
でも当然のことながら、仕事がまたふえるということ。
うね作り、水やり、草抜き・・・。
できるだけ手のかからないものにしようと、何を作るか、今3人で思案中。
私としては、いろいろな野菜をちょっとずつ育ててみたいんだけど。
サトイモや落花生など、広い土地でないと出来ないものも、これからは大丈夫。
赤土ではないので、サツマイモはおいしく出来ないのだそう。
とうもろこしや枝豆、西瓜なんかがいいなぁ。
でもそういう人間がおいしく食べる部分がむき出しになっている作物は、カラスにとってもおいしい標的で、ネットをしないと全部やられてしまうそうだ。
ネットの下からでも入って来るんだって。
明日、宮脇書店に野菜の本を買いに行って研究してみよう。
1.害虫がつきにくいもの
2.水やりにうるさくないもの
3.誰が作ってもおいしくできるもの
がいい。
そんな都合のいいものがあるだろうか?
「趣味の園芸」の姉妹編で「やさいの時間」を放送しているので、これからはそれも真剣に見なくては。
「やさいの時間」に西城秀樹が出演して、種蒔きや間引きをしているのがちょっと不思議な気がするが。
by hideko0611 | 2009-04-23 23:02 | 趣味の園芸 | Comments(0)

竹笑う

a0054240_18204724.jpg

「シラー・ベルビアナ」

「山笑う」季節になった。
ここで暮らしていると、滴るような新緑のエネルギーを全身に浴びているような気がする。
a0054240_18263351.jpg
a0054240_18264681.jpg
a0054240_1826594.jpg

同じくエネルギー旺盛なタケノコが、どんどん地面から顔を出すのはいいのだけれど、今日久しぶりに海の散歩でお墓に行ってみると、うちのお墓の後ろにタケノコが2本と、すでに竹と呼べるものが2本生えていてびっくり!
a0054240_1826795.jpg
3月に来た時にはなんにもなかったのに・・・。
山道でタケノコの伸びかけたのを見つけたら、折っておくのがルールらしい。
そのままにしておくと、すぐに竹に成長してしまい手がつけられなくなるから。
海も驚いて見つめる竹の生命力。
a0054240_2152220.jpg


今日はお菓子教室の日。
今日のメニューはイチゴのムースとミモザケーキ。
a0054240_18312513.jpg
ミモザケーキとは何者か初めて知った。
スポンジケーキを焼いて、横に5層に切る。
3層は間にレモンカスタードクリームをはさんでおく。
周囲に生クリームを塗って、残り2層を1辺8mmくらいの立方体に切り、生クリームの周囲につけていく。
a0054240_18311236.jpg
それがミモザの花のイメージ。
なんだか工作をしているみたいでおもしろかった。
レモン汁をたっぷり入れたカスタードクリームは、ほどよい酸味でさっぱり夏向き初夏の味。
私は最初、苦手なので避けていた卵白と卵黄とに分ける作業に思い切ってチャレンジしたが、1個目にして卵黄に少し傷がつき、卵白に混じってしまい大あわて。
卵白は、ちょっとでも異物があるとうまく泡立たないわがまま者なのだ。
混じった卵黄を取り除いて、なんとか無事に乗り切ったが、その後は無難な作業にのみ専念する。
(イチゴのへたを取るとか、スポンジケーキを切り刻むとか。)
本当に卓球をしてもパッチワークをしても、料理をしても、どうしてこんなに不器用なんでしょう?
でも夕食の肉じゃがはおいしく出来た。
こちらに帰ってから、煮物を作ることが多いので、煮物の腕はだいぶ上がったと自負している。
by hideko0611 | 2009-04-22 21:16 | お菓子の家 | Comments(0)

15分のドラマ

a0054240_17515888.jpg

「ツルニチニチソウ」

昨日は強風のために、列車の延着や停止もあったとよたろうさんが言っていた。
午後からの雨と風は、夜になるとさらに激しくなり、夜中は台風なみの風が荒れ狂っていた。
ちょっとした春の嵐だ。
この前、風が強い時に飛んでいった庭の椅子は、ちょっと奥まったところにしまっておいたので今回は大丈夫。
植木鉢が2、3個ひっくり返っていたり、背の高いサポナリアが倒れかけていたりの被害ですんだ。
今日はよたろうさんが石垣の周囲の草を刈ったり、花が終わった水仙の葉っぱをくくったりしてくれた。
私はプランターの整理や、ひまわり・とうがらしの種蒔きなど。
1,2節折り取って乾かしていたシャコバサボテンの葉も植える。
咲き終わったサクラソウやプリムラの花柄を全部きれいに取ったら、ずいぶんすっきりした。
毎日数時間庭に出ていると、だいぶきれいになるものだ。

午後は数日ぶりにパッチワークをする。
針を動かしながら、録画番組の中から、私一人で見るもの(ドラマ)を選んで楽しむ。
今日は昔のNHK朝ドラ「ほんまもん」(ケーブルテレビで毎週三話連続でやっている)と、土曜ドラマ「ジャッジ」。
今やっている朝ドラ「つばさ」は全然見ていない。
私の好きな番組は、毎年9月からのNHK大阪放送局製作のものに多い。
東京という街は好きなのに、朝ドラはなぜか関西系がホッとする。
「ほんまもん(2001年)」は池脇千鶴主演で、放映当時は、童顔の彼女が天才的な味覚を持つ料理人というのに少し違和感があった。
思い切りはまった「ちゅらさん」の後番組だっただけに、ちょっとこちらのテンションも下がっていたのかも。
その後「大阪物語」「ジョゼと虎と魚たち」などの映画を見て、彼女の演技や存在感に惹かれるようになった。
黒門市場など、私にとって懐かしい景色も登場する。
ちなみに歴代の朝ドラの中で、私の選ぶベスト5は
5位 「天うらら」
4位 「純情きらり」
3位 「芋たこなんきん」
2位 「ちゅらさん」
1位 「ちりとてちん」
番外として、「オードリー」「さくら」「ファイト」も心に残っている。
by hideko0611 | 2009-04-21 21:36 | テレビウォッチング | Comments(0)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
プロフィールを見る
画像一覧