<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

泡盛で乾杯!

a0054240_1842280.jpg

a0054240_2133198.jpg
                  「(今年最初に咲いた)クジャクサボテン」
 
最近我が家の居酒屋メニューに、泡盛が加わった。
実は今まで2人とも飲んだことがなかったのだ。
「ちゅらさん」でよくみんなが飲んでいたけれど、沖縄のお酒で、焼酎の仲間で、ちょっとアルコール度数が高い・・・というぐらいの知識しかなかった。
調べてみると、だいたいそれであっているのだけれど、
・米が原料(タイ米が多いらしい。)
・黒麹を使う
という特徴がある。
詳しく知りたい方は、こちらのホームページをどうぞ。
米が原料とは思わなかった。
九州が芋焼酎が多いので。
飲んでみた感想は、原料が米だからか、あっさりしていて飲みやすい。
今までに2本飲んだが、どちらもおいしかった。
a0054240_18534858.jpg
a0054240_1854288.jpg
違いはよく分からない。
度数が30度と普通の本格焼酎(25度が多い)より少し高いので、私はオンザロックではちょっときつくて、水割りにしている。
甘みも感じられて、私にしては珍しく、おつまみがなくても飲める。
今日3本目を買ってきたが、初めて古酒(くうす)が入ったものにした。
古酒は芳醇だというので楽しみにしている。
a0054240_18542548.jpg

値段も1000円前後と手頃なので、2人で当分はまってみることにした。

今日の海。
近所の花好きの姉妹のお家へ、千日紅の苗を分けてあげるために散歩の途中で寄ったら、大好きなお姉ちゃんがいて、大喜び。
朝の散歩でいつも車で出勤するお姉ちゃんに、
「海ちゃ~ん。」
と声をかけてもらうのだ。
(もともと海は若いお姉ちゃん好き。
 オス犬はたいていそうらしい。)
「お父さんの足がじゃま。どいてっ!」
a0054240_1921273.jpg

「わ~い、わ~い。おねえちゃ~ん、会いたかったよぅ~。」
a0054240_18593198.jpg

その帰り道、田んぼにずるっと落ちて、足がまた真っ黒けに。
a0054240_190475.jpg
a0054240_1902155.jpg

今日のコースは、足を洗える手頃な溝がなかったので、家に帰ってホースの水をかけられて、めちゃくちゃ嫌がっていた。
by hideko0611 | 2007-05-31 19:06 | お気に入り | Comments(0)

友達はどこ?

a0054240_15293379.jpg

                      「シモツケ」

海がほとんど毎日のように通る道に、チャコちゃんの家はある。
海が通ると、チャコちゃんはまず塀から顔をのぞかせる。
a0054240_1532040.jpg

それからおもむろに塀に前足をかけて立ち上がり、思い切りわんわんと吠える。
最初の頃、大きい犬だと思っていたが、塀が低いのでそう見えただけで、実際は海よりひと回り小さい。
a0054240_15332116.jpg

私達人間だけが通るときは、吠えないでしっぽを振るのだけれど、海がいると必ず吠える。
(この写真を撮った時は、海を遠ざけていた。)
しっぽを振りながら吠える。
まあ、犬がしっぽを振るのはうれしい時だけではなく、興奮している時もだから、チャコちゃんがどんな気持ちなのかはよく分からない
毎日のように通っているのに、慣れてくれない。
海は、チャコちゃんが散歩でうちの方まで上がってきても吠えないのだけれど・・・。
番犬の役目をしっかり果たしているチャコちゃんである。
こちらも、家の横を通ると必ず吠えるクロ。
a0054240_15375385.jpg

ちょっと顔がこわい。
この子は本気で吠えてくる。
こちらはお隣の柴犬リュウ。
a0054240_15405968.jpg

柴犬つながりで、仲良く・・・というわけにはいかない。
海に犬の友達を作ってやるには、どうすればいいのだろう。
こちらには公園も、ドッグランも、もちろんドッグカフェもないので。

今日の海。
朝のうちは天気が悪かったので、つまらなくてこんな顔。
その後、今日はしっかり遊んでやった。
a0054240_1542546.jpg

犬は本当にその時の気分によって、表情がまったく違う。
それだけではなくて、顔がちょっと上向きか下向きかでも、まるで別の犬のように違って見える。
どちらも今日の散歩中の海なんだけどね・・・。
「あ」
a0054240_2027543.jpg

a0054240_20254953.jpg

「うん」
a0054240_20272781.jpg

a0054240_17463425.jpg

by hideko0611 | 2007-05-30 15:46 | 柴犬との暮らし | Comments(1)

すずめ船長

a0054240_1711965.jpg

                            「野イバラ」

髪を切りに行った。
パッチワークで一緒の人に教えてもらった、隣の新南陽駅前の「NOA]という美容院。
久しぶりのショートにして、すっきりした。
感じのいいお店だったので、しばらくここに通おうと思う。

その前に、「パイレーツ・オブ・カリビアン~ワールド・エンド~」をよたろうさんと見に行った。
映画館(もちろんシネコンではない)には、中年女性の2人連れが数組。
2時間50分という超大作だ。
本当は、映画は1時間30分~40分ぐらいが一番いい。
集中力が持続するのは、それぐらいなので。
まあ、娯楽の要素を徹底的に盛り込んであるので、飽きることはないが、ずっと座っているのにちょっと疲れる。
2作目から話が続いているが、1年前の夏公開なのですっかり忘れていて、登場人物の立場や関係をつかむのに苦労した。
先が読めないストーリー展開。
ちょっと予想外の結末。
CGを駆使した迫力満点のアクション。
途中で
「これ、花いちもんめだ~。」
と2人で笑ったシーンがあった。
吉本新喜劇のようなギャグもところどころにちりばめてあり、笑える。
ジョニー・。デップ初め出演者も監督も、楽しく遊びながら作っているという感じがする。
キーラ・ナイトレイ扮するエリザベス・スワンが一作ごとに、どんどん強くたくましくなっている。
ジョニー・デップのジャック・スパロウは相変わらず。
いいかげんで情けなくて、でもここぞというところで、かっこいい。
今さらだけど、スパロウってすずめだったんだ~。
かわいいネーミングだね。
今日はジョニー・デップの下敷きを買った。
これで漢字の勉強も楽しくやろう。
検定は6月10日だ。

今日の海。
いつものようにテトラを投げて取って来る遊びのときに、たまたま通り道に置いてあった竹が、地面から20cmぐらいの高さで、高跳びのバーのようになっていた。。
最初はとまどっていたが、そのうちぴょーんと飛び越えるようになった。
a0054240_1730893.jpg

やった~、海の芸が一つ増えたと喜ぶ。
でも、だんだん賢くなって、横を回って帰ってくるようになってしまった。
省エネの海である。
a0054240_17304724.jpg

これは木にひっかかったテトラを、とってほしいと見つめているところ。
a0054240_17313480.jpg

by hideko0611 | 2007-05-29 17:41 | 映画 | Comments(0)

勝負服

a0054240_14405211.jpg

「アスチルベ」

今週から、卓球の練習は月曜日に行く。
よたろうさんが1日家にいる日なので、お昼ごはんが遅めでもだいじょうぶだから。
今日は、前半私と同じくらいの技術の方が1人いて、2人でさっと交代しながら先生の球を打つという練習をして楽しかった。
後半はマシーン相手に練習。
自分ではちゃんとしたフォームで打っているつもりなのに、やっぱり直されてばかり。
今日一つ自覚したのは、私は打つときにラケットを卓球台より下から振り上げていること。
だから時々ラケットが台にぶつかって音を立てる。
もちろんこれは大間違いなので、気をつけよう。
今日、卓球靴下を買った。
a0054240_158498.jpg

ちゃんとTSP(ヤマト卓球株式会社)製。
試合に出るわけではないから、卓球用ウェアはいらないけれど、ちょっとだけ卓球選手気分を味わうため・・・ではなくて、運動をするときは厚めの靴下の方がよいので。
卓球は、テニスに比べるとスマートなウェアではない。
ショートパンツは昔と変わらず。
以前は球が白だったので、色の濃いウェアばかりだったが、今は何色か混ざった感じのものが多い。
福原愛ちゃんや地元山口の石川佳純ちゃんがスポーツニュースに出た時に、ウェアもよーく見てほしい。
この前先生に言われて、ラケットの持つところを少し削ったので、持ちやすくなった。
a0054240_1536234.jpg

今のところ、私の卓球装束はこれだけ。
ちなみにスポーツタオルは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウ船長のイラスト入り。

装束と言えば、私の夏の庭仕事用のフル装備がこちら。
散歩にもこれで行きたいぐらいだが、よたろうさんに止められる。
a0054240_1573380.jpg

普賢まつりで買った、い草の帽子、もんぺ、腕ぬき、手のひら部分がゴムで出来ている軍手、長靴。
ピンクのカフェエプロン(スカートではない)は、ポケットに剪定ばさみやデジカメを入れておくのに便利なのだ。
蚊帳のような上着は上に引っ張り上げて帽子をかぶると、顔や首筋を蚊やブトに刺されるのを防いでくれる。
a0054240_1517375.jpg

でも猛者の蚊やブトは、網の目の隙間から刺すことがあるので、本当は長袖の服で、首にはタオルというのが正しいのだ。
手首や足首の肌が1cm出ていても刺されるのだから、油断がならない。
これから私と蚊やブトとの激しい攻防戦が秋の終わりまで続くのだ。
部屋には、
①見つけた時用の、すぐやっつけるキンチョール
②今は見つからないが不安な時用の夜じゅう守ってくれる電子蚊取り
③それでも刺された時用のウナクール(もろこしヘッドの方が気持ちがいいのだけれど、お店になかった。)
の3点セットが常備してある。
a0054240_15172364.jpg


今日の海。
a0054240_15222695.jpg
a0054240_15224037.jpg

海が座ったり伏せたりするときに、後ろ足を2本そろえて横座りするのは、小さい頃からだということが分かった。
a0054240_1522616.jpg

犬はみんなこうなのだろうか?
行儀悪いんだけれど、かわいいと私達は思っている。
by hideko0611 | 2007-05-28 15:27 | 卓球 | Comments(2)

眺めのいい部屋

a0054240_14383343.jpg

                  「矮性ダリア(フローラルスター)」

今日の黄砂は昨日以上。
島がほとんど見えない。
a0054240_15431616.jpg

いや~、暑い。
関西も関東も、こんなに暑いのだろうか?
私達の部屋のある2階の方が、1階よりはるかに暑い。
屋根に近いからだろう。
私の部屋は東と南に窓があるので、風が通りぬけるときは、とても気持ちがいいのだけれど(だから夜は窓を開けていると、ちょっと肌寒い。)、昼間は一番暑い。
日光がさんさんと照り注いでいるから。
・・・なんて、ぜいたくな悩み。
眺めもとてもいい。
嶽山や海(かいではなく、うみ)の写真はこの部屋から撮る。
朝や昼は家事や庭仕事、買い物などで、この部屋でゆっくりすることは少ないが、夕食の後片づけをすませ、お風呂に入ってから(だいたい8時30分頃)、寝るまで(だいたい12時頃)は、ここでゆっくりくつろいで過ごす。
ブログを作る、パッチワークをする、音楽を聴く(今聞いているのはさだまさしの
12枚もののCD「ストーリーズ」)、読書をする、漢字検定の勉強をする、家計簿をつける、インターネットで遊ぶ、時にはDVDを見る・・・3時間、4時間があっという間に過ぎていく。
机に向かって座ったとき、目には好きな物だけが映ってほしい。
a0054240_1573539.jpg

友達からもらった、私の好きな真っ赤なバラの花の絵。
a0054240_1574936.jpg

阪神タイガースが18年ぶりに優勝したときのペナント。
a0054240_158270.jpg

東京谷中のいせ辰で買った「猫のうき世風呂」の江戸千代紙。
これは西宮に残してきたもう1枚の「猫の寺子屋」の方が、断然面白い。
子猫たちが習字のけいこ中に、取っ組み合いをしたり、変な字を書いたり、好き放題なことをしている絵だ。
根津・谷中は好きなまちで、東京へ行くと必ず寄る。
a0054240_158171.jpg
これも友達からもらった有田の深川製磁の陶製の額。
「これを見ると心が落ち着くから。」
との言葉を添えて。
a0054240_1584876.jpg
これはアメリカで買った人形。
台所で使った古布で出来ているので、焼け焦げかシミかがあるのだけれど、それがいい味を出している。
これももう一つあって、西宮で留守番をしている。
a0054240_159711.jpg
いろいろな機会に買い求め、(もらったものも)、気に入った猫のイラストや写真。
「ヒマで悪いか」「ホドホドがエエ」という言葉が気に入っている。
あと「良寛さんのいましめ」も貼ってあるのだけれど、これについてはまた今度。

今日の海。
海がテトラをキャッチするのはじょうずになったけれど、デジカメのシャッタースピードが遅いので、キャッチした瞬間を撮るのはなかなかじょうずにならない。
なんとか撮れたのがこれ。
「お~、落ちてくるぞ~。」
a0054240_1511650.jpg

パクッ!
a0054240_15111789.jpg

by hideko0611 | 2007-05-27 15:18 | お気に入り | Comments(0)

成長

a0054240_1802471.jpg

                           「ホタルブクロ」

朝から晴れて、暑いけれど気持ちのいい1日。
あたりの景色がかすんでいるのは、黄砂のせい。
今日は全国的にかなりひどかったようだ。
a0054240_1957122.jpg

いつもはこういう景色。
a0054240_22415563.jpg

天気がいいので、布団を干し、たくさん洗濯をし、家にあるコップやガラス食器をすべて洗って漂白した。
ついでにお茶と紅茶(うちは誰もコーヒーを飲まない)用の食器を一つの食器棚にまとめる。
震災の後、よたろうさんが帰ったとき、私が帰ったとき...と、その都度持って帰ったものを、この際ちゃんと整理しようと思ったので。
洗って布巾の上に並べていく。
あっというまに乾いていくのが気持ちがいい。
a0054240_186372.jpg

夏のいいところだね。

夏野菜が少しずつ実をつけ始めた。
どれも接木じゃないので、ちゃんと育つか心配だったけれど、なんとか食べられそう。
きゅうりとトマトはちゃんと実を結んでいる。
a0054240_18113166.jpg
a0054240_18114595.jpg

一番弱々しかったなすびも、葉っぱの虫食いにもめげず、ちゃんと花をつけた。
a0054240_1812265.jpg

「親の小言となすびの花は、千に一つの無駄もない」
というぐらいなので、だいじょうぶだろう。
「親の小言」と言えば、別に小言ではないが、母が以前言っていたことが正しいことが証明された。
冬中ほったらかしていた多肉植物の一部が、色は緑から褐色に変わり、みずみずしかった肉厚の葉はしぼみ、もうてっきりだめになったと思っていた。
でも母が「大丈夫!」と太鼓判を押したので、ほかのと同じように植え替えたが、1ヶ月たち、2ヶ月たっても、全然変化がない。
何度こっそり処分しようと思ったかしれやしない。
ところが・・・今日見てみると、根元からちゃんと元のみずみずしい緑の葉が顔を出しているではないか。
a0054240_2011928.jpg
a0054240_2013324.jpg

あきらめていただけに、とてもうれしい。
このようにうれしい復活のニュースと共に、今日は淋しい引退のニュースも。
私がファンになったばかりのポール・ニューマンが、今日俳優人生に幕を下ろした。
82歳という高齢なので、もう新しい作品にはあまり出演しないだろうとは思っていたが、はっきり引退を宣言されると残念だ。
50余年の俳優人生だった。

昨日散歩のときに、よたろうさんが突然、
「海の兄弟たちは、どうしてるんだろうね。」
と言った。
「たぶん、高知で暮らしてるんだろうね。」
と私。
同じときに生まれた兄弟犬たちは、海と顔や姿形、性格は似ているのだろうか?
一度会ってみたいものだ。
海の小さいときの写真はデジカメで何枚か撮ったが、すぐに消してしまっているので、写真をもう1回カメラで撮ってみた。
生後46日目で、片手に乗るぐらい小さかった海。
鼻づらが黒くて、「ぬすっと顔」と私達にからかわれていた海。
a0054240_20204477.jpg
a0054240_20205728.jpg
a0054240_20411763.jpg

このときから、2年の月日が流れた。
a0054240_22391136.jpg

by hideko0611 | 2007-05-26 20:29 | 趣味の園芸 | Comments(0)

雨のち晴れ

a0054240_1752810.jpg

「つるばら(アンジェラ)」

昨夜は私がぐっすり眠りこんだ真夜中に、また前線が通過したらしい。
空っぽにしておいた水やり用のバケツに、雨水がたっぷりたまっていた。
目測では、200mmぐらいあるんだけど・・・。
雨は午後になっても降り続く。
小やみになったかと思うと、またザーッと降り出すので、散歩に行けない海は小屋でふて寝。
a0054240_17562586.jpg

私達は晴耕雨読で、のんびりできるのでうれしい。
と言っても、読書ではなく、私はパッチワーク、よたろうさんは書道や水墨画を楽しむ。
結局3時頃にようやく雨が上がったが、それと同時に青空がのぞき、太陽が照りつけてきた。
a0054240_1825639.jpg

急激な天候の変化は、嶽山を見ても分かる。
上から朝7時 昼2時 夕方4時。
a0054240_20385157.jpg
a0054240_2039556.jpg
a0054240_20391927.jpg

散歩コースにある溝の水が、白く泡立って、勢いよく流れている。
a0054240_1812632.jpg
a0054240_1814442.jpg

今日海が足を汚したら、こんな中に入らないといけないところだった。

季節がまた少しずつ移ってきている。
昨日散歩コースで見つけたのが、桑の実。
a0054240_18124665.jpg

野山の木の実の中では、一番おいしいと私は思っている。
西宮市の総合教育センターの中に1本あるので、行った方はぜひ味見を。
食べた後、ちゃんと「や~ま~のはたけ~のくわのみを~♪」と「赤とんぼ」の歌を歌っておいた。
そうしたら、今日はすぐ近く(小学校のビオトープ)で赤とんぼを発見。
西宮でよく見かける茶色っぽいタイリクアカネではなく、本当に真っ赤なとんぼ。
何アカネなんだろう。
小さいけれど、左の方を飛んでいるのが見えるかな?
a0054240_20484860.jpg

田んぼの溝には、ヒキガエルがいた。
a0054240_1814978.jpg

じつは私、ちゃ~んとこのカエルに会うのは、何十年ぶりかになる。
海はカエルを見つけたら、かまいたくてかまいたくてしょうがない。
食べるわけじゃないのだけれど、ちょっかいを出して、なかなかその場所を離れようとしない。
また、カエルが次から次へと出てくるんだから!
やっとのことでカエルから引き離して、引っ張り上げたところ。
ジャーンプ!
a0054240_20442528.jpg

カエルと言えば、このところ、夜窓を開けていると、ゲコゲコ、ガアガアとカエルの合唱の賑やかなこと。
すぐ近くで鳴いているように聞こえるが、ほんとはちょっと離れた田んぼから聞こえるのだって。
西宮の家はマンションのすぐ前が小さな田んぼだったから、やはりカエルの鳴き声はよく聞こえたが、カルテットとフル編成のオーケストラぐらいの違いがある。
ツバメが電線にとまっているのを見かけた。
うちは犬や猫がいるので、巣をつくりに来てくれなくて残念。
ツバメが巣をつくった家には幸せが来るというから。
a0054240_20203577.jpg

でも、今日四つ葉のクローバーを3つも見つけたから、ちょっとは幸せが来るかも。
a0054240_20245765.jpg


今日の海。
「雨に濡れた草が、おいしいですよぅ。」
a0054240_20264453.jpg

肩の毛もだいぶ浮いてきた。
「もう少しできれいになるから、待っててね。」
a0054240_20255961.jpg

私もそろそろ髪を切ろう。
by hideko0611 | 2007-05-25 20:46 | 四季の移ろい | Comments(0)

イチョウの受難

a0054240_139191.jpg

「ヨウラクツツアナナス」

上の写真の花の名前を調べるのは、かなり苦労した。
古くからうちの庭にあった花だが、母は名前を知らないと言う。
よたろうさんが
「アナナスの仲間だよ。」
と言うのだが、それだけでは範囲が広すぎて調べられない。
「アナナス」は、パイナップル科の総称で300種類もあるというのだから。
いろいろな本や図鑑をひっくり返しても、似ているものも「アナナス」とつくものもない。
「おりおりの花」を1巻から1ページずつめくっていって、5巻目にやっと「ツツアナナス」というのが見つかった。
「アナナス」とついているが、この花とはあまり似ていない。
でも、あきらめきれない。
説明の中に、葉がのこぎり状になっているとあったので、触ってみると、ほんの少し指先にひっかかる感じがする。
「やったぁ、これだ!」
とぞくぞくっとした。
後はインターネットで調べてみると、同じものの写真がすぐに出てきた。
「ツツアナナス」の中でも「ヨウラク」が前につく種類だと分かった。
だから普通の「ツツアナナス」とは似ていなかったのだ。
「ヨウラク」は「瓔珞」(仏像などが首や胸にかけている装飾品)だって。
知らなかったことが分かったときは、本当にうれしい。
本やインターネットという磁石や地図を手に、知らない土地で目的地にたどり着いたような気持ち。
ところで、今知りたいことが一つある。
福川駅前のイチョウ並木は、1、2度このブログにも書いたけれど、去年の台風の塩害にもめげず、新芽を出してぐんぐん緑におおわれてきていた。
a0054240_13223050.jpg

幹の途中からもどんどん葉っぱが出ているので、なんだかモニュメントか「青い鳥」に出てくる木の精のようになっている。
ところが1週間ぐらい前に、この並木が全部、思いっきりカットされてしまった。
a0054240_13251368.jpg

電線に当たっているからだろうか?
でも、切ったところでまた伸びてくると思うのだけれど・・・。
家の草花も、
「思い切って剪定したら、いい芽が出る。」
と母は言うのだが、それと同じだろうか?
市の人が作業していた時に、訊ねてみればよかった。
ちなみに我が家の木々も少し剪定された。
a0054240_13454062.jpg
これは樫の木。
この木のおかげで、台風の強風が少しやわらげられる風よけでもあり、葉っぱは腐葉土になるというありがたい木。


今日の海。
工事が終わり、涼しくて気持ちのいい玄関前の日陰で、3日ぶりにのびのびくつろぐ。
a0054240_13314699.jpg

a0054240_13391927.jpg
でも、これではドアを開けた時に、しっぽがはさまってもしかたないよねぇ。
私達はこの頃、ドアを開ける前に、
「海、開けるよ。」
と声をかけるようにしている。
海の好きなこのスペースには、犬小屋と同じく犬猫用の殺虫蚊取り線香をつるして、水も置いてやっているのだ。
by hideko0611 | 2007-05-24 13:32 | 日常の謎 | Comments(0)

チャレンジ

a0054240_219468.jpg

                                   「セキチク」

今日から卓球教室に通い始めた。
とっても唐突なようだが、前からやりたいと考えていた。
左の肩が上がらなくなって、もうすぐ1年になる。
いわゆる五十肩だ。
整形外科や接骨院にも行ったけれど、いっこうによくならない。
前に右の肩が同じ症状になった時も、治療ではよくならず、結局ある日突然治った。
半年以上かかったけれど。
この頃、少しよくなってきたので、そろそろ運動を始めようと思っていた。
よたろうさんが、駅近くのふれあいセンターのトレーニングに、週2回通っている。
私も誘われていたが、機械相手に黙々とやるのは、どうも性に合わない。
かと言って、何かスポーツとなると、運動のセンスがない私にはちょっとつらい。
学生時代から、私が人なみにできる(つまり楽しめる)スポーツは卓球と水泳とマラソンしかないのだ。
あくまでも人なみにであって、得意という意味ではない。
卓球は中学時代にクラブで、少しだけかじった。
悲しいけれど、試合に出た思い出はほとんどない。
クラブの友達は大好きで、交換日記で恋の悩みを打ち明けあったりしたけれど。
インターネットで近くの卓球教室を調べてみたが、見つからなかったのに、昨日下松からの帰り、2号線を走っていたら「卓球教室」という大きな看板を見つけた。
a0054240_21133638.jpg
のぞいてみると、わりといい雰囲気なので通ってみることにした。
1週間に1回2時間コース。
曜日はいつでもいいし、時間も午前と午後があって選べるのがいい。
久しぶりにラケットを握る。
足の開き方、曲げ方、左手の構え方、右手のグリップの握り方・・・すべて出来ていない。
1球ごとにアドバイスを受けるが、一つのことに気をつけるとほかのことがお留守になる。
先生(教室のオーナーでもある)に指導を受けるほかに、マシーン相手の練習もした。
これがなかなか面白かった。
なんだか、星飛雄馬の大リーグボールを打ち込むために特訓している、花形満の気分になって(鉄球は飛んでこないけど)、はりきってラケットを振る。
a0054240_21251515.jpg
いい気分で打っていると、遠くの方で、ほかの人の相手をしている先生から
「グリップ!」とか
「足の位置!」
とか声が飛ぶ。
指導は厳しいけれど怖くはなく、いかにも「コーチ」という感じの方。
年配の男性にもラリーの相手をしていただいた。
テニスと違って(試合は別だが)、コート内を走り回ることはないけれど、けっこう汗をかく。
額を流れる汗をタオルでぬぐうのも久しぶり。
あと、今日の参加者は女性が3人。
皆さん、試合に出られるような方で、ちょっとみそっかす気分だが、まあいいや。
「エースをねらえ!」(ただし前半)の岡ひろみになったつもりでやってみよう。
(私の精神形成に、漫画の与えた影響って大きいなぁ。)
それよりも、長い間自己流でやってきた悪い癖が直るかが心配。
言われたとおりに体を動かすことが、なかなかできない私なので。

今日の海。
工事は今日で終わり。
やっぱりじゃまをするので、朝からつながれている。
よたろうさんが玄関のドアを開けた時に、そこに寝ていてしっぽを挟まれるし・・・。
よっぽど痛かったらしく、しばらくぷんぷん怒っていた。
そのストレスか、放してもらってからはなんと4回も大脱走。
a0054240_217816.jpg

(このビデオは、今日コンビニで500円で売っていたのを衝動買い。)
これは最後の脱走の時に、よたろうさんが追いかけるまねをしたら一目散に帰って来たところ。
a0054240_216466.jpg

それにしても散歩のときは、こんなに暑そうにだら~っとしているのにね。
脱走のときのすばしっこいこと!
a0054240_2182133.jpg
a0054240_21351513.jpg

by hideko0611 | 2007-05-23 21:22 | 卓球 | Comments(2)

バラ 薔薇 ばら

a0054240_1828791.jpg

                          「わが家のバラ(中輪)」

あちこちで、バラが今を盛りと咲いている。
インターネットで、近くにバラ園がないか探してみた。
隣の下松市の高架下に、「ボランティアロード 道のオアシスバラ園」として400本ほどのバラが植えられているというページが出てきたので、そこを訪ねていくことにした。
地図で見ると、以前行った「グルメロード安田」というソーセージの店のすぐ近くなので、方向音痴の私でも迷わず行けそう。
40分足らずで到着。
a0054240_1842960.jpg
a0054240_1844579.jpg
残念なことに盛りを過ぎていたので、一株全体がきれいに咲いているというのは、ほとんどなかった。
でも、入ったとたんにバラの芳香に包まれて、幸せな気分になる。
ほかに誰もいないのもよかった。
すぐ隣を車がびゅんびゅん走っているけれど、そこは私だけの世界。
a0054240_18245710.jpg

匂いをかいだり、きれいに咲いている一輪を写真に撮ったり、ゆっくりとした時間を過ごす。
バラのお家にもぐりこんだ蜘蛛を発見。
a0054240_18597.jpg
a0054240_2115822.jpg
a0054240_21202582.jpg
a0054240_1862538.jpg

a0054240_18301636.jpg

a0054240_2059785.jpg
a0054240_2131574.jpg
まちの中でも、見ごたえのあるばらがある。
これは徳山の駅の近く。
木にからみついて、こんなにのびのび大きくなっているつるバラ。
a0054240_1874740.jpg

これはいつもの福川の散歩道。
よたろうさんの好きな一重のバラ。
a0054240_18105475.jpg

バラはよその家のバラでも、見ているだけで幸せな気持ちになれる。
バラの匂いもそう。
シャンプーや、ボディーシャンプーがバラの香りだと、お風呂が楽しくなる。
資生堂の「ばら園」のシリーズが好き。
今作っているパッチワークの手提げも、バラ模様のクロスを並べて、楽しくちくちく縫っている。

今日の海。
私が出かける前は、工事の道具や材料を並べた青いシートの上で、うれしそうにしていた。
a0054240_18183922.jpg
帰って来たら、つながれてしょんぼり。
a0054240_1819198.jpg

遊ぼうよ~とよたろうさんにまとわりついて、仕事にならないのでつながれてしまったらしい。
まあ、つないでいたのは1時間半ぐらいのことで、その後すぐ散歩に連れて行ったので、がまんしてもらおう。
今日も海は、ほとんど昼寝をしていない・・・。
a0054240_18195510.jpg

by hideko0611 | 2007-05-22 18:20 | 四季の移ろい | Comments(1)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
プロフィールを見る
画像一覧