<   2007年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

おいしい薬

 庭の金柑の実がだいぶ実ったので、咳によく効く砂糖煮を作る。
a0054240_15203435.jpg

 ジャムとほぼ同じ要領。
 ①よく洗ってへたをとり、もう一つつまようじで穴を開ける。
 ②2回ゆでこぼしをしてあくをぬく。
 ③かぶるくらいの水を入れてやわらかくなるまでゆで、金柑の重量の約半分の砂糖を2~3回に分けて加える。
 ④さらにあくをとりながら煮詰める。
 ⑤ある程度煮詰まったら一度火を止めてさまして砂糖をしみこませ、また煮詰める・・・を3回ほど繰り返す。
a0054240_15205515.jpg

  種を取るのは大変なので、各自食べる時に取ることにした。
  今回は実を50個収穫して、びんに3つ分出来上がった。この砂糖の量で中に少しすっぱさが残り、お茶受けなどにちょうどいいのだが、家族の要望に応えて我が家では砂糖をだいぶ追加した。
 海は落ちていた金柑の実を1個ゲットして、いそいそとくわえていったが、かじってみるとすっぱかったのだろう。そのままかじりかけでほったらかしてあった。あまり果物が好きではないのかも。友達の家の柴犬「太郎ちゃん」はスイカを食べるというので、海にも夏にやってみたが、「ぺっ!」とされてしまった。
 そのかわり、草は良く食べる。決まった種類だけだが、散歩の途中でいつまでもはぐはぐ食べている。これが本当の道草だ。消化を助ける薬になるのだろうね。
a0054240_15211646.jpg

 こちらはもぐらでもいたのか、土の中に顔半分つっこんで発掘作業中の海。この後鼻づらが黒くなって「ぬすっと顔」と私達にいつも笑われている。
a0054240_15212886.jpg

 
by hideko0611 | 2007-02-28 15:23 | B級グルメ | Comments(2)

温故知新

  隣の町まで買い物に行った帰り、いつもと違う道を通る。駅前をまっすぐ北に上がる「政所」と書いて「まどころ」と読む一帯。
a0054240_10314732.jpg
  昔の街道筋らしく趣のある建物が並ぶが、肥料とか結納用品とかの店なのが残念。お菓子屋があればいいのに・・・・と思っていたら、あった!と言っても、きわめて現代的なローソンが。山口でローソンに入るのは初めてだ。
 そこで明治のリッチストロベリーチョコを発見。前通っていたパソコンスクールの先生のブログで見て、ずっと探していたのだ。(こちらのスーパーには置いていない。)苺果実70%使用という、名前通りリッチなチョコレート。メタリックピンクの包み紙も可愛い。定番の茶色の包み紙のものより一回り小さくて、値段は2倍。(ローソン価格210円)
a0054240_1033731.jpg

 「チョッコレイト、チョッコレイト、チョコレートはめ・い・じ」
コマーシャルソングも懐かしい。タイガース(野球チームではない)というか、ジュリーの甘い声が蘇る。、国産のものではやはり明治のチョコレートが美味しい。シンプルな板チョコもいいが、間に苺がはさまったストロベリーチョコもいい。
 わくわくしながら食べてみた。う~ん、少しすっぱめで、大人の味。食べているとだんだん美味しくなってくる。早春の味。沈丁花の白は早春の香り。
a0054240_1040718.jpg

by hideko0611 | 2007-02-27 10:31 | B級グルメ | Comments(0)

ねむい・・・

 アカデミー賞の発表。と言っても昨年は新作映画をあまり見ていないので、知らない映画ばかりだけれど。菊地凛子さん、残念でした。「バベル」はぜひ見てみたい。
 映画と読書を両立させるのは難しい。特に洋画は一瞬目をそらすと、10年ぐらい時がたっていたり、人が入れ替わっていたり、なんのこっちゃ・・・・ということもあるので、とても「ながら視聴」は無理だ。
  前の職場で映画が大好きで年間100本ぐらい見ているUさんにに、映画の見方と共に映画の面白さを教えてもらった。基本的に活字人間の私は(絵本も絵ではなく、字から読む。)映画はストーリーと気に入りの俳優を追う見方しかしていなかった。ここ20年ほどは映画館に足を運ぶこともほとんどなかったが、4年前から新作映画・試写会・レンタルビデオ・・・しまいにはWOWOWの録画までして、何かに憑かれたかのように映画を見始めた。(今はもう少し落ち着いている。)
  ずっと見ていなかった分、見逃した面白い映画もいっぱいあるだろうが、限られた人生の時間の中でどれを選ぶかは難しい問題だ。「ショーシャンクの空に」「カッコーの巣の上で」などUさんに紹介してもらったほかに、コラムニストの中野翠さんの感性に共感するところが多いので彼女の「ぺこぺこ映画日記1993~2002」(講談社)を参考に、旧作は探している。「許されざる者」「ストレイト・ストーリー」「サイダーハウス・ルール」など。
  
  レンタルビデオが旧作5本で525円と3本借りるよりお得なので、1週間に5本ずつ借りたが、見る時間を作るのがなかなか難しい。この2週間で見た13本のうちでは「誰も知らない」「チョコレート」「シャンドライの恋」「この森で天使はバスを降りた」などが面白かった。週に3本ぐらいがちょうどいいかも。夜見ることが多いので、最近寝不足ぎみ。写真は寝不足でもないのに、眠くて目がつぶれそうな海。
a0054240_14545799.jpg

  ぽかぽか日ざしの中、家の裏の斜面に母が植えた沈丁花が芳香を漂わせている。
a0054240_17553024.jpg

  同じく母が植えた乙女椿も咲き始めた。
a0054240_1757192.jpg

by hideko0611 | 2007-02-26 14:56 | 映画 | Comments(0)

大人の習いごと

いつの間にか庭では木瓜の花も咲いている。
a0054240_11103354.jpg
 
  仕事をやめてから曜日の感覚が薄れている。あれほど待ち遠しくうれしかった休日も、今ではスーパーが混むなぁとか、郵便局や役所が休みで不便だなぁとか、マイナスイメージが強いぐらいで、そのほかは平日との区別もあまりない。考えてみると専業主婦の生活って初めてなんだよね。
 毎日、家事のほかに必ずしている、と言うかしようと心がけていることがいくつかある。その一つがピアノの練習。 
 と言っても、エレクトーンで音色をピアノにして弾いているのだけれど。20年ぐらい前に買った、軽量の電子ピアノに取って代わられる前の一番重厚なタイプのエレクトーン。ピアノと違って引き取ってくれるところはないので、山口まで私と共に旅してきた。
a0054240_1184186.jpg

 子どもの頃にピアノを習ったことがないので、教師になるために大学時代に少しレッスンに通ったけれど、指が思うように動かない。仕事の上ではずいぶん苦労した。
 休職中の昨年9月から、今度は純粋な楽しみのために独学で練習を始めた。「のだめカンタービレ」ではなく、「純情きらり」(どちらにしてもミーハーではある)の影響と、主人の妹の旦那が忙しい会社勤めの傍ら、ピアノを楽しんでいる姿に刺激を受けて。今はそういう人が多いようで、書店や楽器店には、「大人のピアノ」の楽譜コーナーがちゃんとある。右手も左手も指番号と階名がすべて書いてあり、音符も大きい「<すぐひける>はじめての 久しぶりの大人のピアノ」シリーズが一番練習しやすい。その中でもモーツァルトを集めた1冊は、なじみがあるのと、さすがにモーツァルト・・・簡単に編曲してあっても魅力のあるメロディーなので、弾いていて楽しい。1曲ずつぽちぽち練習している。

 昨日やっぱり駅弁を買いに走った。海鮮かまめし(新潟)と甲斐の貝炊きこみ飯(山梨)。どちらも初めてだが、まあまあの味。
a0054240_1120731.jpg

by hideko0611 | 2007-02-25 11:10 | 音楽 | Comments(2)

私的美味しんぼ① お菓子編

 隣の駅前にある大きなスーパーで「駅弁・空弁大会」をやっているというチラシが入っていた。
 西宮にいた頃は月に1回ぐらいはどこかのデパートの物産展に行っていたなぁ。
 関西のデパートに出店したり、物産展にあまり出したりしない美味しいものがある。豊島屋の鳩サブレーがその一つだ。20年ほど前、同僚の東京出張土産にもらって以来のお気に入り。1~2回なんばの高島屋で見かけたことはあるが・・・。サブレーとは
「(フランスの町の名から)小麦粉・バター・卵黄・砂糖などを混ぜて焼いた、さくっとした口当たりのクッキー(by広辞苑)」
  各地の銘菓にいろいろなサブレーがあるし、洋菓子店、菓子メーカーも作っている。でもこの鳩サブレーが大きさといい、口当たりといい、味といい、私の中ではサブレの王座を占めている。フォルムもずんぐりむっくりしていて可愛い。まあ、なかなか手に入らないという希少価値もあるのだろう。一度思い切ってどっさり取り寄せをしたら、さすがに飽きてしまった。
 東京に大学時代の友人がいるので遊びに行くと、必ず東京駅のデパートで買って帰る。主人の妹夫婦が埼玉にいるので、こちらに帰って来る時には鳩サブレーを・・・とおねだりして買ってもらった最後の1枚。
a0054240_1211788.jpg

 西宮に帰った時に調達してくるお菓子が神戸にある松井ベーカリーの「まぼろしのラスク」。これは前の職場の息子のような若い子に教えてもらった。今でも帰るたびに買って来てもらう。今までラスクはそれほど好きではなかったのだが、ここのはラスクの域を超えている。まずはそのまま、さくさく食べて楽しんでから、次は紅茶に浸して違った感触を楽しむのだ。1枚で2度美味しい。プレーンと紅茶味がおすすめ。
a0054240_13233282.jpg

 今はほとんどの物が取り寄せられるけれど、やっぱり現地に行って食べたり、人に買ってきてもらったりする方が美味しい気がするのはなぜだろう?自分や人がそれを手に入れるためにかけた手間や思いがプラスされるからだろうか?

  梅が満開だ。桜と違って、ちらほら咲きの方が風情があるが、それなりにいいものだ。
a0054240_1862925.jpg

by hideko0611 | 2007-02-24 13:29 | B級グルメ | Comments(1)

猫です よろしく

 昨日お風呂に入って窓を開けたら、すぐそばにいた(給湯器に乗っていた)猫の黒チビと目が合ってしまった。猫しか通らないと書いたけれど、本当にいた!
  海はまぎれもないうちの飼い犬だけれど、飼い猫でもないのにうちに居座り、毎日ごはんをえらそうに催促する猫が何匹かいる。今のところ常連は4匹。
a0054240_15351692.jpg

  朝、海が散歩に行って庭にいない時には、玄関先で「ごはん まだ?」の猫版をやっている。よく似た黒トラが2匹(「お母さん」と 「ごん」)、黒が2匹(「鼻黒」と「黒チビ」)。
  お母さんは顔もでかいが態度もでかい。ほかの猫が先におなべに顔をつっこむと、必ず猫パンチをくらわして追い払っている。ほかの3匹も一目おいているようだ。写真で頭をなべの中深くつっこんでいる黒っぽい方がお母さん。
  ごんはこの前書いたように、家の中に忍びこむのが上手だが、(あたりを少しも汚さず、おなべの中のものだけをきれいに食べる特技あり。)それ以外は性格のいい子で、よく人に慣れているし、海にも慣れている。時々石垣の上で海とごんが寄り添って座っているのは微笑ましい風景。ごんが海をせっせとなめてやっている。
  黒チビは一番小さいくせに気が強く、海を恐れることなく立ち向かい、フーッと追い払っている。
a0054240_17511811.jpg

  鼻黒はクールな性格。
  
  昨日母とプランターの土を入れ替え、今日春ものの苗を買ってきて植えた。
  ブルーデージー・さくら草・ノースポール・ガザニア・アルメリア・チョコレートコスモス。咲くのが楽しみ。
a0054240_1751356.jpg

by hideko0611 | 2007-02-23 15:54 | 猫のいる風景 | Comments(0)

お風呂の幸せ

 我が家のお風呂場は北側に窓がある。家の北側は山の高い崖なので、ネコのほかに通る者はなく、湯ぶねにつかって窓を開けても人に見られる心配はない。朝や夏の夕方に、崖に生えている季節ごとの木や花、その向こうに見える青い空を見上げながら、ウグイスや蜩の声を聞くのはちょっとした露天風呂の気分。自然の中で暮らすことの幸せをかみしめる。これがその景色。本当は窓の格子と網戸越しだけれど。
a0054240_15101243.jpg

 食いしんぼの海が幸せをかみしめるのは、おなかがいっぱいになった時。小さい頃の海を主人が水墨画に描いて公民館の福川まつりに出したが、その題名が
「ごはん まだ?」
その題名と水墨画には珍しい題材のせいで、知り合いには好評だった。
  
a0054240_1521715.jpg

  今でも海はごはんどきになると、玄関の前で立ったまま固まる「ごはん まだ?」ポーズをしている。目が真剣だ。
a0054240_1524130.jpg

  ちなみにこちらは食べ終わった後の満足げな海。上の写真と同じように見えるけれど、ちゃんと座っている。首ひもを新しく編んでやった。
a0054240_1510291.jpg

by hideko0611 | 2007-02-22 15:12 | 日記 | Comments(0)

遊びをせむとや 生まれけむ

  海は寝るのも食べるのも大好きだが、遊ぶことももちろん大好き。我が家に来てから1年9ヶ月、今までにおもちゃをいくつか買ってやったが、お気に入りは二つ。噛むとキューキュー鳴るプラスチックのテトラポットと、ひものついたボール。どちらも「遊ぼうよ~。」とくわえて持って来て、人間と引っ張りっこするのだ。
a0054240_2037166.jpg

  こっちが取り上げたら遠くへ投げてやる。海は全身で喜びを表して突進していく。取ったらまた持ってくる、その繰り返し。
  大事なおもちゃなので、かまってもらえない時にかじって1匹遊びをするのはもちろん、何もしなくても自分のそばにちょんと置いていることが多い。それはそれは大切そうに両手で抱え込んでいることも。歩哨に立つ石垣の上にも持っていくのだが、たまに下に落としてしまい、悲しそうにのぞきこんでいる。
a0054240_2255767.jpg

  ひもボールは噛んでぼろぼろにしてしまうので、使わない時には取り上げて物干し竿にかけておく。「取ってほしいなぁ~。」とじっと見上げている姿が可愛い。
a0054240_2112535.jpg

 今日も晴れて暖かいので、私は今日は風呂場の大掃除と台所の床磨き。人間は遊んでばかりはいられないのさ。
by hideko0611 | 2007-02-21 20:50 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

バラ作りスタート

  バラの苗を買いに米沢園芸に行く。もう少しで隣の下松市・・・という所なのでけっこう遠いが、このあたりでは一番大きな園芸店なので頑張ってバイクを飛ばした。(それでも30km/時よっ。2号線の途中で取り締まりをしていたけれど、私は絶対大丈夫!)
a0054240_2123418.jpg

 バラの苗は2月頃までに植えないといけないので、時期が少し遅く、あまり種類はなかったが、「はじめてのバラづくり」の本と首っ引きで、品種名を確かめていった。結局買ったのは
 ○ミス・ハープ(ハイブリッド・ティー系の黄色 剣弁高芯咲きと言って花びらの先がとがっていて、大輪のいかにもバラという感じの品種)
 ○プリンセス・ミチコ(フロリバンダ系のオレンジ色 半八重咲きで中ぐらいの大きさの花がたくさん咲く品種)
 どちらも四季咲きで春から秋にかけて3~4回花を咲かせる(はず)。
a0054240_21232719.jpg

 山の中の暮らしの良いところは自家製の腐葉土が使えること。葱とブルーベリーに挟まれたところに、直径と深さ50~60cmの穴を掘って、腐葉土と肥料を入れて植えた。病気と害虫に弱いので明日からしっかり世話をしよう。ターシャ・チューダーの庭へ向けての第1歩。これでまた1日にすることが増えた。あっという間に1日が過ぎていく。
 今日も春を思わせるような気持ちのよい天気。羽毛のような雲を浮かべた浅葱色の空が少しずつ染まっていく、きれいな夕焼けが見られた。
a0054240_21235868.jpg

by hideko0611 | 2007-02-20 21:26 | 日記 | Comments(2)

我が家の北登(ほくと)

 昨日の「ザ!鉄腕DASH」で防府・周南のご当地食材を使った鍋が出てきた。モクズガニをつぶして作るガニ鍋は主人も昔食べたと言っていた。川でとれるモクズガニではないが、海でとれるワタリガニが魚屋の店先に時々並ぶ。香住や柴山にズワイガニを食べに行きたいなぁとたまに思うけれど、旬のワタリガニもけっこう美味しく、中にはこんなに大きいのもある。
a0054240_14263721.jpg

 「ザ!鉄腕DASH」を初めて見たのは、坂の多い尾道のまちを自転車をこがずに山から海まで行けるかというテーマの時だった。ばからしいと言えばばからしいことに本気で取り組む遊び心というか、大人になっても心の底に眠っている子どもの部分をそのまま番組にしたことに妙に惹かれた。それ以来ずっと見ている。今の私の暮らしはDASH村支部のような気がすることがある。出てくる柴犬「北登」も海とよく似ていて、やんちゃで野生的な犬だし。
 今日は少し外仕事。バラを植える穴を掘ったり、畑の区切りにレンガを積んでいったりした。海は手伝わないでじゃまばかりするので、庭の方に閉じ込めていたが、わんわんとあまりに吠えるので行って見たら、少し開いていたガラス戸のすき間から、猫が家の中に入り込んでいたのだった。海、今日もえらいぞ。やっぱりバイクカバーが空高く飛んでいった時にも、吠えて知らせようとしたに違いない。ふだんはこんなだけど。
a0054240_186476.jpg

  そして忍びこみ猫はこちら。名前は「ごん」。
a0054240_214179.jpg

by hideko0611 | 2007-02-19 14:28 | B級グルメ | Comments(2)