カテゴリ:お天気情報( 196 )

雨季が始まる

a0054240_20362090.jpg
「ダリア(ピンク・ポンポン咲き)」
残念ながらうちの花ではない。
うちのはまだ発展途上。

今日から雨雲レーダーと首っ引きの日がまた始まる。
いつものように5時前にスマホの雨雲レーダーで確認したら、7時半頃に雨雲がかかっているので、これは大変!とすぐ散歩に出る。
曇っているせいか、いつもの5時頃よりさらに暗い。
結局雨はその時間帯は降らなかった。
朝のうちに、プランター二つ分(ゴテチャとカンパニュラを引き上げた分)の土を空けて、ざっと処理し、雨で倒れないようにコスモスに支柱を立てておく。
その後も、雨が降る前に…と、玄関の蛍光灯が切れているのを買いに行くついでに、西瓜にかける防鳥ネットや、雨続きを懸念しての食材などを買いに行ったが、まだまだ雨は降らない。
降り始めたのは手話サークルに出かける12時過ぎから。
その後はずっと降り続いたので、夕方の散歩はなし。

手話サークルはバスや自転車で来られる聾者が欠席のため、みんなで10名。
家で作った梅ジャムを持って行って、ビスケットにのせて食べてもらう。
「もっと酸っぱいかと思ったけれど、おいしいねっ。」
との感想。
先週草抜きなどに忙しく働く合間に、梅仕事もいくつかやったのだ。
梅ジャムはよたろうさん。
私は梅シロップと切梅の塩漬けを作る。
うまく出来るといいのだけれど。

今夜の9時。
雨が激しくなってきた。

合歓の花が咲き始めている。
a0054240_20501088.jpg

いつも地面に落ちている花を見て気がつき、
a0054240_205222.jpg

それからおもむろに上を見上げるのだ。
これは昨日撮影したもので、今朝は落ちている花も上で咲いている花も、一挙にこの数倍にふえていたが、カメラを持って行かなかったので撮影出来ず。
a0054240_20535423.jpg
「もちろんこれもきのうのボクだよ。」
by hideko0611 | 2017-06-24 20:54 | お天気情報 | Comments(0)

雨、あめ、アメ

a0054240_2013147.jpg
「うちの芍薬(濃いピンク)」
牡丹の花つきはイマイチだが、芍薬は「これでもかっ」というぐらい花をつける。
この違いは何なのだろう?

夜中から夜まで、かたときもやむことなく雨が降り続いた。
というわけで、かわいそうだが、今日は一度も散歩に行けなかった。
こんな日は一年の中でもめったにない。
夕方の7時頃にはほとんどやんでいたから、
a0054240_20235477.jpg
もう1時間早ければ…。
その分私の仕事はずんずんはかどった。
物干し場のサンルームと応接間を掃除して、冬物のジャケットや毛布を洗って、手話サークル関係の仕事をどっさりやった。(料理教室のちらし、役員会のレジュメ、ろうあ者大会・体育大会のスタッフ一覧表を作った。)
最近さぼりぎみだったピアノの練習もやったし、雨の日はけっこう生産的になる。

明日は早めに散歩に行ってやろう。
a0054240_2022676.jpg
(3日前の快)
by hideko0611 | 2017-05-09 20:24 | お天気情報 | Comments(0)

霧の朝 黄砂の夕

a0054240_22194975.jpg
「ハルジオン」
「ヒメジョオン」との区別が難しい花。
と言っても、今の時期に咲いているのはまずこちらだろうし、これだけはっきりしたピンク色だとよく分かる。
夏が近づいてくると両者が入り乱れて咲いている。

雨は5時半頃にはやんでくれたのでよかった。
今日は忙しい土曜日なので、雨がやむのを待って、散歩を遅らせることが出来ない。
まだ山や海に霧がかかっている中を散歩する。
a0054240_22253190.jpg


a0054240_22583433.jpg


a0054240_2301561.jpg

帰って来て、濡れた足を一生懸命なめている快。
a0054240_22564373.jpg

気持ちが悪いのだろうか?

午前中は源氏物語(「宿木巻」)。
この時代、親や夫という頼りにする人がいない女性は、本当に心細かったのだろうなぁ。
講義中、前に座っておられる方(私より少し年上とお見受けした)の机上に、年代物の文法の本が置いてあったので、休憩時間に見せてもらった。
動詞の活用などが、皆載っている。
「高校時代のよ。」
と聞いてびっくり。
「漢文のも持ってます。」
と聞いてなおびっくり。
読書会に新しく入ったOさんが、会員のことを
「文学少女がそのまま大人になった感じ」
とエッセイに書いておられたが、読書会や源氏物語の講義に参加している人達は(私も含めて)、たしかに永遠の文学少女達だ。
その方は鳥獣戯画の絵の入った布バッグも持っておられたので、尋ねてみたら、やっぱり展覧会に行かれたそうで、それも京都も(複数回)、福岡も(2回)行かれたとのこと。
私も鳥獣戯画は好きなので、とても親しみを感じてしまった。

お昼は銀南街の「でん」でカレー(家庭的な味!)を食べて、井筒屋でお菓子を買って(ミニ小城羊羹とか、ユーハイムの新製品、レモンバームクーヘンとか)から手話サークルへ。
連休中だからか、今日も参加者は10人と少なめ。
手話の勉強で、連休中の出来事を報告し合う。
高知の四万十川へ旅行した人、孫が初給料でお花をプレゼントしてくれて感激した人、ずっと仕事(福祉関係なので)だった人、山口の美術館へ「ジブリ展」を見に行って、見上げるような作品もあり、見るのに疲れた人etc.
私はプランターの土の入れ替えで疲れた話をした。
須々万のYさんから山ウドをいただく。

夕方は、今度は霧ではなく、黄砂で山も海も霞んでいた。
a0054240_22515139.jpg


a0054240_2253453.jpg

by hideko0611 | 2017-05-06 23:01 | お天気情報 | Comments(0)

降りこめられる

a0054240_20171574.jpg
「キエビネ」

それほどひどい降りではなかったが、昨夜未明に降り出した雨が、一日中降り続いた。
朝の散歩はパスして、夕方も行けないんじゃないかと思ったぐらい。
いつものように雨雲レーダーと首っ引きでやきもきしていたら、5時半頃にはなんとか上がりそうな気配だ。
そのちょっと前に雨具を着こんで散歩に出た。
あと30分遅かったら、あきらめるところだった。
18時間ほど降っていたことになる。
台風でも梅雨でもないのに、これほど降り続くことはめったにない。
たいてい途中でちょっと上がったり、12時間ほど降り続いたらやんだりするものなのに…。
蛙がうれしそうにげこげこ鳴いているのが、一度だけ聞こえた。

その代わりいつものように雨の日仕事ははかどった。
①私の衣装ケースの衣替え
②よたろうさんの冬物シャツのアイロンがけと片づけ
③パッチワークの使いかけの生地や、買ってきたまま置いてあった生地の片づけ
④よたろうさんのお気に入りのパジャマの補修
後、ピアノの練習とパッチワークを少し。
たまりにたまった録画番組は、三つほどはけた。
(「カルテット」はまだ4回までしか見ていない。)

明日からしばらくは晴れが続きそうだ。
やれやれ…。(快)
a0054240_20361761.jpg

「これはおとといのボクだよ。」
by hideko0611 | 2017-04-26 20:39 | お天気情報 | Comments(0)

春の大嵐のあと

a0054240_20234160.jpg
「イカリソウ」

昨日は予定通り早寝をした。
雨音で目が覚めなかったところを見ると、夜の雨はそれほどひどくはなかったようだ。
4時過ぎに目が覚めたので、期限が今日までの図書館の本(北村薫さんのエッセイ「「愛さずにいられない」)を1時間半かけて読んでしまう。

朝の散歩で、何か異変がないかチェックしておく。
旧道は中ぐらいの木が一本、根から抜けて道に倒れていた。
a0054240_20314774.jpg

念のために、後で家から上の方へもバイクで行ってみたが、今回は土砂崩れは起きていなかった。
水を張った田んぼにアオサギがたたずんでいたのを撮影してきた。
a0054240_20382498.jpg

そばまで寄ってみたら…
a0054240_20421765.jpg

飛んで行ってしまった。
a0054240_20434114.jpg

水の量もそれほど多くなかった。
a0054240_20462564.jpg

うちの家の庭や畑の植物の被害もなかったが、一昨日出したばかりのサボテンと多肉植物を載せた棚が倒れて、鉢がみんなひっくり返っていた。
散乱がひどかった割に、割れた鉢は一つだけだったのが幸い。
それは棚そのものが不安定だったからなので、よたろうさんがしっかり固定してくれた。

昨日の天気予報で、今日は黄砂がひどいので洗濯物は部屋干しで、と言っていたので、郵便局、図書館などで用事を済ませて帰って来てからは、家の中で過ごす。
それほどひどくはなかったような気がするが…。
今年は手話の検定試験を受けて見ようかと思っているので、手話の単語を覚えることに時間を使っている。
今、4級の単語を手話事典で調べながら覚えているところ。
日頃サークルの会話で使っている単語には限りがあるので、5級の単語でも知らないものがたくさんある。

夕食にテレビで見た金太郎のソテーを作ってみた。
a0054240_20544876.jpg

味はおいしいが、小骨が多いので私はちょっと苦手。
付け合わせは食べおさめの菜の花(もうほとんど花が開いてしまった)と、走りのスナップエンドウの和え物。
マヨネーズとぽん酢で和えてみた。
by hideko0611 | 2017-04-18 21:03 | お天気情報 | Comments(0)

春の大嵐

a0054240_1715546.jpg
「コバノミツバツツジ」

春の嵐の一日。
昨日の予報では朝6時の段階ではすでに雨が降っていて、その後一日(夜中まで)降り続くことになっていた。
それもどんどん雨脚は激しくなるとのこと。
これはとても散歩は無理だと思っていた。
実際、ラジオ体操の前にはもう雨が降っている。
でもしつこく雨雲レーダーをチェックしていたら、8時前からしばらく雨雲の切れ目があるではないか。
というわけで、途中で降られるのは覚悟で、雨具に身をかためて散歩に出たが、ほんのちょっと濡れただけで帰って来られた。
その後もしばらくは小雨程度だったが、昼前からだんだん情勢が怪しくなってきた。
だから今日は昼前から快は玄関暮らし。
私はいつものように、雨の日でなければ出来ないことをして有意義に過ごす。
雨だけれどサンルームに干し場はあるので、よたろうさんの冬物が地層のようになっていたのを発掘して、洗濯をどっさりする。
厚手の長袖シャツはクローゼットから撤退してもらった。
靴下も厚手の物と薄手の物を入れ替える。
これが午前中の仕事。
午後は実家に手紙を書いたり、サークルの事務局の仕事をしたり、読書会の原稿の直し(一か所だけ)をしたり、デスクワークに励む。
ペン習字の自主学習をしているおかげで、字(文)を書くことが苦でなくなってきた。
午後はどんどん雨脚が激しくなり、警報まで出る。
おお、たった今(5時10分)猛烈な雨(82mm)の豪雨予報が出た!
被害が出なければいいけれど…。
写真で見るとそれほど降っている感じはしないが、
a0054240_17241312.jpg

雨雲レーダーで見ると、真っ赤っかがもうすぐやって来る。
a0054240_1720918.jpg

今夜は夕食を早くして、早く寝よう。

a0054240_1726164.jpg
「これはもちろん、きのうのボクだよ。
けさ、おっきなたぬきをみつけたのに、おか~さんはカメラをもってなかったんだよ~。」

今年の桜は色が濃い気がするね、と昨日手話サークルで話が出た。
昨日の夕方落ちている花びらで確かめてみたが、確かにそんな気がする。
a0054240_17291430.jpg

今日の嵐で、ソメイヨシノは全部おしまいだろうね。
しだれ桜もだいぶダメージを受けているだろう。
昨日はまだこんなにきれいだったけれど。
a0054240_17332346.jpg


あ、とうとう周南に赤雨雲の塊が到達した!(午後5時40分)
a0054240_17404780.jpg

by hideko0611 | 2017-04-17 17:34 | お天気情報 | Comments(0)

雷ごろごろ

a0054240_19391697.jpg
「桃色タンポポ」
「ももクロ」ではなく、「ももタン」である。
花壇が少しずつ華やかになってきてうれしい。

今日は天気予報で☂マークはなかったと思うのに、天気が目まぐるしく変わり、雷が鳴るわ、雨がザーッと降ってくるわ、またお日様が顔を出すわ…の忙しい一日だった。
朝も夕方も雨の前に散歩を終えられてラッキーだった。
特に夕方は、快が上に行ってくれて、すぐトイレをすませてくれて、さっさと走って帰ってくれたからよかったものの、そうでなかったらずぶ濡れになるところだった。
というわけで、写真も雨が降る前のぼんやりした積乱雲を撮っただけ。
a0054240_2002410.jpg

久しぶりの雷が鳴って、快も散歩が終わってリードを外したとたん玄関に入ってくれた。
a0054240_2044091.jpg
「きのう、さくらのはなびらのみちをあるいたボクだよ。」

雨の午前中は、手話検定試験の3級のDVDを見る。
3級から単語が格段に難しくなった。
というわけで、3級の勉強を本格的にすることに決めた。
3級だけのDVD付きの本をアマゾンに注文し、5級の単語から、練習に取りかかる。
午後は手話サークル。
なぜか今日も出席者が少なくて8名(聾者3名、聴者5名)。
皆さん用があるのか、体調を崩されたのか、どうしたのだろう。
ちょっと心配だ。
by hideko0611 | 2017-04-15 20:10 | お天気情報 | Comments(0)

雨上がる

a0054240_20284339.jpg
「キクモモ」

長雨は今日も続く。
予報では昼過ぎまで雨だったが、ラジオ体操の後、いつものように雨雲レーダーでチェックしてみると、少し雲の切れ間がある!
空も少し明るい。
というわけで、いつも通り7時前に朝の散歩に出る。
濡れることなく帰って来られたが、暖かすぎて汗だくになったので、すぐにお風呂に入る。
でも、その後また雨が降り出し、結局昼過ぎまでやまなかった。

今日は「遥かなる甲子園」や「どんぐりの家」「わが指のオーケストラ」など、ろう者を描いた漫画を描いておられる山本おさむさんの「『どんぐりの家』のデッサン」を読む。
それらの漫画の創作過程を文章化されたもの。
自身の差別されてきた体験、ろう者や手話との出会いなどが描かれている。
ろう教育の歴史にも触れており、なかなか読み応えのある本。

夕方はまだ空には厚い雲があったが、降る心配はないのでゆっくり散歩した。
桜の花は意外とまだ散っていない。
お墓のそばに植えられている桜。
a0054240_20383119.jpg

桜越しに見る海。
a0054240_20401665.jpg

明日はよたろうさんと花見酒が飲めるかな?

a0054240_20424510.jpg
快は何を見ているのやら。

日曜日のこと。
バイクが信号待ちをしている時に、足元を見たらなんと四つ葉のクローバーが1本ぴょんと出ているではないか。
信号が青に変わるまで時間があったので、下りてすぐに摘み取った。
帰ってから雑誌の間に挟んで押しておく。
a0054240_2047272.jpg

幸せというのはこんなふうに、探し求めるものではなくて、自分の足元にひっそりと隠れているものかもしれない。
そう、青い鳥のように。
by hideko0611 | 2017-04-11 20:50 | お天気情報 | Comments(0)

今日も一日しとしとと…

a0054240_2038354.jpg
「木瓜(暗紅色)」
これは昔むかし、私が買って来て植えてもらった株だ。

菜種梅雨の季節とはいえ、よく降るなぁ…。
今日もほとんど一日降っていて、いったんやんだのに、夜になってまたしっかり降り始めた。
と言っても、朝も夕方も散歩には行けた。
雨は優しい春雨。
でも、昨日までの暖かさから一転、また寒くなってきた。

今日は一日勉強をした。
なんだかそんな気分だったので。
手話や「ろう運動の」歴史を、今まで出席した講座のメモから抜き出してまとめたり、この前読んだ「手話を生きる」の大事なところを抜き出して書いたり。
ペン習字の練習にもなって一石二鳥。
「ろう者とは、日本手話という、日本語と異なる言語を話す言語的少数者である」
という言葉に、目から鱗が落ちたような気持ちになった。
「手話という言語があるから、聞こえないということは障害というよりむしろ少数派なのだと言えるようになった」
「手話は日本語と対等の力を持っている」
「日常生活はもとより、学校教育や思索研究、芸術表現、そして個人の人格の形成に至るまですべてを担う、人間の言語のひとつだ」
ピアノの練習も、指使いの難しいところを集中的に一生懸命やった。

よたろうさんは歯医者さんに行って、3時間も帰って来なかった(飛び込みだったので)。

夕方の散歩で久しぶりに雉(♀)に遭遇した。
藪の中から出て来て、低空飛行して行ってしまった。
雨が降っていたのでカメラは持って行かなかったから写真は撮れなかったが、もし持って行っていても、撮影は難しかっただろう。
この前から鳴き声はよく聞いていたが、会えてうれしい。

a0054240_20553132.jpg
「リードであそぶのはやめてちょうだいっ。」

知人の家のしだれ桜、去年は全然咲かなかったが、今年はもうすぐ開きそう。
a0054240_20572948.jpg

by hideko0611 | 2017-04-10 20:58 | お天気情報 | Comments(0)

桜は咲いてきたけれど…

a0054240_1818690.jpg
「ムラサキサギゴケ」

結局朝まで降り続いた雨が止んだのを見計らって、散歩に出たのに、また途中で降り出した。
もちろん事前にちゃんと雨雲レーダーで確認してから行ったのに~。
ただし、空が暗いのは気になっていた。
やっぱり自分の動物的な勘も信用しないといけないね。
途中、いつものようにチヨコさんちのガレージで雨宿りさせてもらう私と快。
a0054240_182266.jpg

気温が高いので、多少濡れても気にはならなかったが、それでも帰ったらすぐにお風呂に直行。
お湯がなかったので、シャワーを浴びる。
夕方の散歩は、今度は暑すぎて大汗をかいてしまい、また帰ったらすぐにお風呂に直行。
またお湯がなかったので、シャワーを浴びる。
ちょっと運の悪かった私。

雨が降っている間に桜が咲き進んでいるが、灰色の空をバックにしているので、あまり魅力的に見えない。
a0054240_1827314.jpg

忠魂碑の辺りの桜も満開に近づいている。
a0054240_18291212.jpg

うちの家に一番近いソメイヨシノ。
a0054240_18312120.jpg


夕方から霧が出てきた。
a0054240_18372071.jpg


a0054240_18391752.jpg

石炭を運ぶ船のクレーンが、霧の中から突然現れたような不思議な風景。
a0054240_183549100.jpg

しばらくたつと、島も全部見えなくなってしまった…。
a0054240_18412418.jpg


風邪がなかなか抜けないので、今日も家でゆっくり過ごす。
この前図書館の新刊コーナーで見つけた「手話を生きる」(斉藤道夫著 みすず書房)を一気に読んでしまった。
by hideko0611 | 2017-04-07 18:43 | お天気情報