カテゴリ:柴犬との暮らし( 113 )

朝日と共に

a0054240_209317.jpg
「うちの菊③(ピンク)」

ラジオ体操が終わって(6時40分)すぐに家を出る。
旧道の終わり頃に山の端から上ってくる朝日に出会う。
a0054240_20133783.jpg

本日の山口の日の出は6時36分。
外でラジオ体操が出来るのもあと10日ほどだろう。

明日と明後日、学び・交流プラザで、毎年恒例の「ふるさとふれあい物産展」が開催される。
その時に同時開催される古本市の準備に図書館へ行って来た。
図書館が新しくなったので、廃棄される本が少なく、今年は少し寂しい古本市になりそうだ。
作業も早く終わって12時前には図書館を出た。
私の当番は日曜日の午前中。

午後はようやく乾いた土の再生をしようと思っていたが、あれこれ用事があって何度もバイクで山道を下ったり上ったりして、結局何も出来なかった。
夕方の散歩は上に行って短時間で終わったので、帰ってから夕闇迫る中を1時間ほど庭仕事をする。
再生した土でルピナス、ゴテチャ、レゥシアを植えて、またプランターや鉢の土を空けてざっと仕分けておく。
寒くもないし、もちろん暑くもないので、仕事がどんどんはかどる。
でもまだ耳元で蚊がブ~ンと飛び回っていた。
さすがに以前ほど元気がないのと、私が厚着をしているのとで、全然刺されなかったけどね。

草の中に顔をつっこむので、あちこち草の実だらけになっている快。
a0054240_20293446.jpg

どこか見えるかな?
そう、顔の横です。
a0054240_20264516.jpg

by hideko0611 | 2016-11-04 20:30 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

忠犬(?)

a0054240_2210313.jpg
「ヒメツルソバ」
「ヤサシイエンゲイ」によると、
「ヒマラヤ原産の植物で、日本には明治時代にロックガーデン用に導入された」
「持ち前の強健さと繁殖力から半ば野生化しているものも…」とのこと。
もともと雑草なのかと思っていた。
園芸店で苗を売っているのを見たときはびっくりした~。

晴れの翌日は雨というあまりうれしくなパターンが止まってくれて、今日もなんとか晴れの一日。
この好天はしばらく続きそうなのでうれしい。
今日の庭仕事は、千日紅を抜いたプランターを空けて、土と鉢底石、根や草の残骸とに分ける。
ずっと水やりもしていないのに、おととい降った雨で土がじっとり湿っていて、ふるうのはとても無理なので、しばらく乾かしておくことにする。
この土を再生したら、今、発芽中のゴテチャを植えるのだ。
ヤグルマギクは一向に芽が出ないが、大丈夫だろうか?
しばらくやっていなかった草抜きも1時間ほどやった。
夏ほどはびこっていないけれど、ドクダミ、カタバミなどがびっしりと花壇をおおっているので、なかなか土が見えてこない。
これは当分かかりそう。
今夜は霜注意報が出ているので、ノボタンもそろそろ入れなくては…。

よたろうさんの下着の入れ替え(夏物と冬物)をしたり、菊を知人に届けたり、塩鮭の取り寄せ注文をしたり、クリーニングに持って行ったり、先日から気になっていたこまごまとした用事を片づける。

昨夜、カバーのサイズを測るために出した湯たんぽに、さっそくお湯を入れて寝てみた。
まだそれほど寒いわけではないが、足元がぬくぬくしているととってもほっこりして、よく寝られるような気がする。

今日は少しアップで撮れたジョウビタキさん。
さらにトリミングしてみた。
a0054240_22262762.jpg

頭は灰色なのね。
こちらは飛び立つ瞬間のトビさん。
a0054240_22275876.jpg

これはどう見てもスズメくんだろう。
a0054240_22462815.jpg

バードウォッチングが趣味のNご夫妻とお知り合いになれたおかげで、鳥に興味を持ち始めたが、なかなか見分けることも、いやそれ以前に見つけることも難しい。
鳴き声を録音しておいて、何の鳥か教えてもらおうかと思っている。
一方いくらでもアップで撮影出来るうちの犬さん。
a0054240_223091.jpg

×24ズームのデジカメではこれが限度か。

まさに秋の夕日はつるべ落とし。
5時過ぎには山の端に隠れようとしている。
a0054240_22354668.jpg

逆算すると4時前には散歩に出ないといけない。
今日はよたろうさんとすれ違いになってしまった。
後ろからおと~さんが来るにちがいないと待ち続ける快。
a0054240_2233432.jpg

by hideko0611 | 2016-11-02 22:37 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

道の途中で一休み

a0054240_21103414.jpg
「君子蘭」
この鉢一つだけ花が遅くて、今咲いているところ。

聴障会の手話についての学習会に一日参加してきた。
会場が学び・交流プラザだと思いこんでいたら、チラシで確認したところ総合福祉センターであることが分かり(こちらの方が少し遠い)、お弁当を作っていたこともあって、少し時間に遅れてしまった。
Tさんや、サークルの人達も多数参加していた。
もちろん聴障会の会員の人達もたくさん。
昨日のサークルと二日続けて手話を読み取ったり使ったりしていると、少し慣れてくる。
毎日少しの時間でも手話に触れられたらいいんだけど。

ジュンテンドーでスイカ、トマト、ナス、ピーマンの苗を買って来て、夕方よたろうさんに畑に植えてもらう。
明日が雨なので、その前に植えるとちょうどいいと思って、学習会の帰りに買って来た。
スイカは大玉1本、小玉3本(全部種類が違う)。
去年はスイカがどっさりなって、どれもおいしかったので、今年もとっても期待している。
小玉の方が冷蔵庫に入れやすくていい。
ナスは庄屋大長。
トマトは中玉。
キュウリは苗にするのか種にするのか分からなかったので、今日は買って来なかった。
トマトももう少し買って来た方がいいかもしれない。
トマトは雨が多かったせいか、ミニトマト以外は去年は全然だめだった。

今日から大相撲が始まるのに、なぜか録画を忘れていて、今日は大関戦からしか見られなかった。
特に波乱はなし。
安美錦のはたき込みを見たかったなぁ~と思って、深夜その日の全取組を放映しているのを録画して、明日見ることにする。
明日からはちゃんと桟敷席でゆっくり観戦しよう。

少し気温が上がってきたので、今年最初の快の水浴び(足だけ)。
a0054240_21383274.jpg

「よいしょっと。」
a0054240_21411922.jpg

そのあたりで見かけたトンボ。
この前と同じく、羽が茶色いのもいたけれど、透明で黒っぽく見えるのもいた。
a0054240_21473996.jpg

これはアサヒナカワトンボの♂みたい。
もしかしたら羽が茶色なのは、同じトンボの♀かもしれない。
だってすぐ近くを一緒に飛び回っていたんだもの。
たぶん同種だろう。
ところで、こんな細い道で突然止まらないでほしい快。
a0054240_21305080.jpg

おまけにそこで座りこむのはやめてほしい快。
a0054240_2133344.jpg


「きょうもアタシはきもちよくねてるの~。」
a0054240_21355266.jpg

by hideko0611 | 2016-05-08 21:50 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

なんと5匹も!

 
a0054240_20261.jpg
「(周防大島の)みかん畑」
よたろうさんのカメラから引っ張り出したもの。

雨が何時頃から降り出すか、いつものように雨雲レーダーと夕方の散歩の時刻を相談する。
3時過ぎには降ってきそうなので、1時半に散歩に出た。
空が暗いせいか、快も早く散歩に行きたがっていたのでちょうどよかった。
急に降り出してもいいように、すぐに帰って来られる上の方に行った。
ちゃんとトイレもすませてくれて、雨が降る前の2時半頃に帰って来る。
雨が降り始めたのは予報通り3時半頃。
よたろうさんにも連絡して濡れる前に帰って来てもらったのでよかった、よかった。

今朝、ちょっと恐ろしいことがあった。
信号を渡って帰路についていたら、突然目の前にリードのついていない茶色い中型犬が現れた!
よく見ると首輪もついていないので、野犬だと分かった。
と、思う間もなく、今度は白い犬が!!
あらあら、次はまた茶色い犬が!!!
なんと、合計5匹もの野犬の群れ!!!!!
幸い犬たちは、私と快の方をちらっと見ただけで、道路から山の方に駆け上がって行ってくれたのでよかったが、もし襲ってこられたら大変なことになるところだった。
人の来ない辺りに野犬がいることは前から分かっていたが、実際に目の前で見たのはこちらに帰って来て初めてじゃないかな。
(鳴き声は聞いたことがある。)
それもこんなにどっさり一度に見るなんて…。
たぶんまた遠くに行ってくれたと思うけれど、また会ったらいやだな~。

「ボクはやけんじゃないよね~。」
a0054240_20234071.jpg

でも、全身に草の実をつけているおまえさんは、半分野生児です、快。
a0054240_2026157.jpg

今夜はかぶと鶏団子の煮物、ぶりの照り焼き、えびの塩ゆで。
a0054240_20282045.jpg

by hideko0611 | 2015-12-02 20:31 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

のんびり散歩

a0054240_20454720.jpg
「ブーゲンビリア(白)」

ようやく朝から晴れた。
a0054240_2054199.jpg


a0054240_20555886.jpg

先週の金曜日から今日までの一週間で、なんと四日間、ほぼ終日雨。
まるで梅雨のようだった。
毎日急き立てて歩いていた快を、今日はゆっくり散歩させてやる。
a0054240_2114564.jpg

イノシシの掘り返した跡をくんくんする快。
a0054240_2143617.jpg


パッチワークの後、一旦家に帰ってすぐに防府へ行く。
干支のタペストリーのパイピング分の生地を買うのを忘れていたので、追加購入するためにマツバラへ。
ついでに今日もらった型紙のバニティ用のラミネート生地も少し買って来た。
ラミネート生地は今まで縫ったことがないけれど、ミシンで縫えるそうだ。(というか、逆に手縫いは出来ない。)
型紙通りに裁って縫うだけなので、やってみよう。
もちろんその前にタペストリーを仕上げなくては。
庭仕事がだいたい区切りがついたので、パッチワークの季節労働者はこれからが稼ぎ時。
by hideko0611 | 2015-11-19 21:15 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

快 花火に怯える

a0054240_22533643.jpg
「紫苑」

一人暮らし一日目。
よたろうさんは10時に福川駅から電車に乗って東京へ。
駅まで歩いて出るので、いつものようにバイクで荷物を運んであげる。
帰って来て洗濯をしてから(今日も気持ちのいい秋晴れ!)
a0054240_2324362.jpg
地道な庭仕事に取りかかる。
まずは水やりをして、ハイビスカスについたハマキムシを退治して…プランター二つに一昨日買って来たカンパニュラを植えつける。
菊の苗2本は花壇の空いているところへ。
挿した菊がいっぱいあるのに、朱色とピンクの八重という珍しさに惹かれてつい買ってしまったもの。
夏じゅう何も植えていなかったプランターの土を空けて、次に植えるもの(ゴテチャとかフリージアとか、種や球根を採ってあるもの)の準備をする。
この好天の間によく乾かして、ふるって、再生させるのだ。

手話サークルは記念誌の打合せがあるので1時に行く。
Mさんがどんどん印刷を進めて下さったので、もうほとんど出来上がっていて、後は製本をするばかり。
不器用な私には苦手な製本作業だけれど、皆さんの足を引っ張らない作業を担当して頑張ろう。
作業日は10月5日になった。

夕方からじわじわと一人を実感する。
この五日間は料理を休業させてもらって、のんびりすることにしたので、手話の帰りにイズミですぐ食べられるものを買って来た。
一人の食事はすぐにすんでしまうので、夜はゆっくりパッチワークをする。
バッグのアップリケがぐんと進んだ。
この連休でアップリケは終わってキルティングまで進めそうだ。
連休はどこへ行っても人でいっぱいだと思うので、庭仕事とパッチワークをして過ごそうと思う。
と言っても22日は友人と出かける楽しい予定があるし、21日と23日はしなければならない用事があるので、何も予定がないのは明日20日だけ。

今朝、小学校の運動会の開催を知らせる花火が6時半に上がった。
例年より少し音が大きい気がしたが、ふと見ると快がかたまってぶるぶるふるえていた。
比喩ではなく、本当に遠くから見ても分かるぐらいに。
痙攣してばったり倒れるんじゃないかと心配になったが、よたろうさんが頭をなでてよしよしと安心させてやると、しばらくたって平常に戻った。
そのせいではないだろうが、朝寝タイムのときももいつもの場所ではなく、草の陰で埋もれて寝ていた。
a0054240_23161383.jpg

去年までは平気だったのに、不思議。
カラスが鉄塔に大集合していたのもそのせいかな?
a0054240_23212973.jpg


コースケさんちの稲刈りが終わった。
案山子さんもお役目終了。
a0054240_23192175.jpg

by hideko0611 | 2015-09-19 23:25 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

ハッピーバースデー快

a0054240_216833.jpg
「カサブランカ」
よたろうさんが絵の題材にしようと考えて、畑で大事に育てていたカサブランカがみごとに咲き誇っている。
明日からの台風に伴う風や雨で傷む前に…と、切ってきた。
絵を描き終ったら、私の部屋にも1本もらう予定(4本ある)。

猛暑の一日。
昼間は、青空をバックに、思いっきり背の高い入道雲がそびえていた。
台風の影響もあるのだろうが、真夏以上の暑さだ。
おかげで洗濯物はぱりぱり乾く。
鉢植えもどんどん乾くので、しっかり水やりをしたら、ハマキムシがハイビスカスやサクラアオイ(つまりアオイ科の植物が好きなのね)にどっさりついていたので、巻かれてしまった葉を処分し、薬をかけておいた。
草も抜きたかったが、その前に倒れそうな背の高い植物は切り戻したり、支柱をしっかり立て直したりして、台風に備える。
一昨日の夜の強い風で枝が折れたのか、朝の散歩のときに旧道の終わりの方で、垂れ下がった太い枝が頭にゴ~ンとぶつかった。
それがこれ。
a0054240_21265766.jpg

ちょうど私の頭ぎりぎりの高さだったので、気がつかなかったのだ。
(私はいつも快を見ているので)。

a0054240_21282755.jpg
「きょうはボクのたんじょうびだよ。」
快は4歳になりました。
お祝いのちくわです。
a0054240_21313261.jpg

by hideko0611 | 2015-07-15 21:33 | 柴犬との暮らし | Comments(2)

快を知る人

a0054240_2028381.jpg
「アズーロコンパクト(ロベリア)」

夕方の散歩のとき、横を走り抜けて行った自転車の男性が、スピードをゆるめて少し先でとまっている。
スマホで何かを確認しているようなので、捜している場所があるのかと思って
「どこかお捜しですか?」
と訊ねてみたが、違ったみたい。
そしてその人が、
「ブログ書いておられます?」
「はい。
あれ、見て下さってるんですか?」
ご自分も柴犬(12、3歳)を飼っておられるそうで、家もそれほど遠くなかった。
快を見て分かったに違いない。
快の写真を撮ってもらってお別れした。
このブログを見て下さっている方の中には、私が全く知らない人も何人かいるとは思っていたが、実際に会ってみるとびっくりする。
犬(特に柴犬)の好きな人、花の好きな人、田舎ののんびり暮らしにあこがれている人、それぞれどこか引っかかるところがあって見て下さっているのだろう。
人と人とのつながりって面白いと思ってしまう。
そしてそういうつながりを可能にするインターネットは、確かに世界を変えたとも思う。

a0054240_2135882.jpg
「ボクはよくしたから『かいく~ん』ってよばれるよ。」

午前中、よたろうさんは謡の稽古で徳山へ、私は防府のマツバラへ。
手話サークルの中に、干支のタペストリーを作りたいという人が8人もいる。
昨日布地を整理したときに、使えそうな色や柄のものを探したけれど、もう一ついいものがなかったので、それを探しに行った。
いろいろ見繕って買って帰る。
そのほかの買い物も少しして、2時間ほどで帰って来た。

ご近所にご不幸があったので、それを部落の人たちに連絡して回ったり、いつもの通りためにためた家計簿と日記をつけたりして午後が終わった。
そろそろ寒くなってくるかなと思って上にフリースを着て散歩に行ったら、汗をびっしょりかいてしまった。
今年の秋は気温が上がったり下がったりの繰り返し。
だから服も着たり脱いだり、袖をめくったり忙しいことこの上ない。
でも明後日からは本当に寒くなりそうだ。
いやだなぁ。
by hideko0611 | 2014-11-11 20:59 | 柴犬との暮らし | Comments(0)

一緒の時間

a0054240_0333633.jpg

「オオイヌノフグリ」
日当たりのいいところでは、寒の最中から咲き始めている。

夜の雨が午前中いっぱい残っていたので、朝の散歩が12時前になる。
(それまで快は玄関にいた。)
朝夕まとめて1回にしようとも思ったが、扉のところに座って散歩を待っている快がけなげなので、やっぱり連れて行ってやる。
(いざ散歩を始めると、ちっともけなげではないが・・・。)
a0054240_0425360.jpg

どうやら、溝の中をタヌキかイタチかハクビシンが通って行ったようだ。
毎日、朝50分、夕方1時間10分ほど、合計2時間、快と一緒に散歩する。
2時間というのは24時間の中で占める割合がけっこう大きい。
起きている時間の中ではもっと大きい。
その時間をほかのことに使えたら・・・と考えることがないわけではない。
でもそうやって引き算で考えるのではなく、毎日2時間を快といういのちと一緒に過ごせると足し算で考えることにした。
こう思うようになったのは、前の犬、海の命日がもうすぐやって来るからでもあるし、「柴犬ゴン」シリーズなどの著者、影山直美さんちのゴンが16歳で旅立ったからでもある。
残念ながら犬や猫のいのちは、人よりはるかに短い。
その限りある短いいのちと一緒に過ごせる時間を大切にしたいと改めて思った。
そうそう、犬といえば、姫野カオルコさんの「昭和の犬」、二日で読み終えたが、面白い小説を読んだという満足感でいっぱい。

今夜は「くばら」の鍋シリーズの初体験、「じゃがいものうま鍋」。
a0054240_1248.jpg

なんとバター醤油味。
じゃがいもは細長く切ると煮えやすいと袋に書いてあったのでそうした。
a0054240_1162454.jpg
たしかにじゃがいもがおいしい。
白ネギとキャベツも入れたけれど、タマネギやニンジンを入れてポトフ風にした方がおいしいかもしれない。

午後はよたろうさんの水墨画用の紙を買いにモール周南へ。
いつも月に一回文化会館に紙や筆などを販売にくる広島のお店が、3月までは下松にくるのだ。
雨がやんだと思っていたのに、細かいのがまだ降っているし、それが上がっても空はどんより暗い。
往きは遠石にある「二幸」というお菓子屋さんでチョコレートまんじゅうを、
a0054240_131489.jpg
a0054240_1151147.jpg

帰りは星の湯の前にある、「たこの星」のたこ焼きを買うという私のお楽しみつき。
a0054240_118294.jpg

ここのたこ焼きはこの近辺では一番好き。
水曜が定休日なので、卓球の帰りに寄れないのだ。
家に着く4時頃になって、ようやく少し空が明るくなってきた。
たこ焼きをおいしく食べてから、快と夕方の散歩に出かける。

a0054240_1241793.jpg

「おひさしぶりのひとみです。」
by hideko0611 | 2014-01-31 01:24 | 柴犬との暮らし | Comments(2)

一日に二度

a0054240_022013.jpg

「うちの菊⑪」

昨日の説明はまたまた間違っていたらしい。
飛び出しているのは骨ではなくて、脊椎の一つひとつをつないでいる椎間板なんだって。
私もちゃんと本を読んで勉強しないと。
坐骨神経痛の本はすぐに買ってよたろうさんに読ませてある。

冷たい雨の降る午前中は、よたろうさんと二人でこたつむり。
録画したTVのだめかわ犬合宿を見ながら、私はパイピングをし、よたろうさんは「居眠り磐音」の最新刊(昨日買って来てあげた)を読む。
雨は午後になるとほぼやんだので、1時過ぎに1回目の散歩。
イチョウの木がほとんど葉っぱを落としてしまい、寒々とした風景。
a0054240_0375357.jpg

今日の散歩はこの1回だけにしようかとも思ったが、天気も回復したので4時過ぎに2回目の散歩。
さすがに下へ降りるロングコースはたどる気になれず、久しぶりに上へ行くショートコース。
ちょっぴり薔薇色の夕空を眺めながら帰って来た。
a0054240_0524048.jpg


a0054240_045515.jpg


手話養成講座はグループに分かれて聾者とのフリートーキングだった。
よく知っている人だったし、分かるまでゆっくり何度でも手話をして下さるのでよかった。
来週は1人ずつ手話で意見(でなくてもよい)発表をする。
話したいテーマと内容は決めているので、それをきちんと文章にして、手話の練習をしていくことになる。
おっと、その前に土曜日のクリスマス会のゲームの説明をちゃんと考えて練習しないといけないんだった。

a0054240_048193.jpg

「いしがきのこっからさきはいけないんだよ。」
by hideko0611 | 2013-12-19 00:53 | 柴犬との暮らし | Comments(0)