カテゴリ:趣味の園芸( 415 )

さあ、種蒔き

a0054240_20432126.jpg
「コスモス」
うちのは背ばっかり高くなって、全然花が咲かない~。

今朝の薔薇色雲。
a0054240_2045655.jpg

明日は曇→雨の予報なので、この色は見られないだろう。
青い空を見ていると、それだけで幸せな気持ちになれる。
a0054240_211539.jpg


a0054240_2135818.jpg


雨の前の晴れというのは、庭仕事に最適なのだ。
今日は頑張って、午前、午後約2時間ずつ、外に出る。
菊を定植するために掘り上げてあった水仙を花壇のあちこちの空いてるところに植えていく。
日本水仙、黄花水仙、大杯水仙があるはずなんだけれど、球根がごちゃ混ぜになっていてよく分からない。
来春咲いたら印をつけて、整理しよう。
フリージアの球根も三色(黄・ピンク・赤)、プランターを分けて植えつけた。
種蒔きもどっさりした。
ゴテチャ、ルピナス、マトリカリア、カスミソウ、サポナリア。
うちで採った種と、コースケさんちからいただいた種。
さあ、それぞれうまく発芽してくれるだろうか?
楽しみだ。
球根と種が片付いたので、ついでに温室も少し片付ける。
もう少ししたら、耐寒性のないものをしまいこまないといけない。

相変わらず採れ続けるオクラ、今日はまた天麩羅にした。
カボチャとオクラを食べたいというだけのことで、天麩羅にするのだ。
あとは玉ねぎ、レンコン、ゴーヤ。
レンコン以外は全部うちで採れた野菜の精進揚げ。
a0054240_20564495.jpg

大葉も採っていたのに、揚げるのを忘れていた。

a0054240_2059718.jpg
「よんだ?」
by hideko0611 | 2017-09-26 21:04 | 趣味の園芸 | Comments(0)

二人でネットかけ

a0054240_20105553.jpg
「時計草」

夜明けの空の一瞬の薔薇色を今日も見られた。
a0054240_20183329.jpg

久しぶりに旧道にも日が差して明るい。
a0054240_20203598.jpg


昨日買ってきたキャベツと白菜、春菊の苗をよたろうさんが植えてくれたので、午前中、防虫ネットを二人でかける。
さっそく蝶が下見に来ていたので、危ないところだった。
私はそのほかに朝顔の鉢を空けてきれいにし、カンパニュラの苗をプランターに植える。
午後も庭仕事の続きをしようと思ったが、日差しが強くて暑かったので、すぐに断念して、「桜ほうさら」を楽しく読む。
さすがに冷房は必要なくなったが、まだまだ暑い。
「残暑」という言葉は正確には立秋から秋の彼岸の中日までの暑さを言うらしいが、まだまだ残暑が厳しい。

数日前刈った草を始末していた時に、服の隙間から入り込んだ蟻に刺された跡が、けっこういつまでもかゆくて腫れがひどい。
蟻さん、じゃなかった蟻酸おそるべし。

夕方、久しぶりに碁の帰りのよたろうさんと待ち合わせて一緒に帰る。
a0054240_20231444.jpg

少し涼しくなってきたので、快が早くから散歩に行けるようになった。
それはいいのだけれど、日がどんどん短くなってきた。
なんだかちょっぴり寂しい気持ちになる。
by hideko0611 | 2017-09-25 20:24 | 趣味の園芸 | Comments(0)

キャベツと白菜を尋ねて

a0054240_211353.jpg
「(長府の)萩」

昨日書き忘れていたことがあった。
不思議な偶然のお話。
往きの電車の中で、新山口から乗って来た人が私達の前の座席に座った。
ふと顔を見たら、なんと源氏物語の講師の先生だった。
先生は気がついておられなかったので、私の方から立って行ってご挨拶をする。
(よたろうさんも。)
下関まで行かれるとのことだった。
先生のネクタイがよたろうさんの好きな象の柄だったので、一言二言お話しして、私達が長府で下りる時にもう一度ご挨拶してお別れした。
それだけなら、なんということもないのだが…。
帰りの電車でもまたお会いしたのだ。
新山口に電車が着いた時に、窓の外からトントンとノックする人がいる。
またまた先生だった。
たぶん電車から降りて歩いている時に、窓から見つけられたのだろう。
こんなこともあるんだね。

今日はようやく太陽が拝めたが、それも午後からだけで、洗濯物はあまり乾かなかった。
私は秋植え・秋蒔きの野菜の苗や種を買いに走り回る。
久しぶりに米沢園芸まで行ってみた。
白菜とキャベツ、春菊の苗。
グリーンピースとスナックエンドウとそら豆の種。
キャベツは品種によって葉の柔らかさがだいぶ違うので、いつも迷う。
今回は「北ひかり」と「金系201号」にしてみた。
「輝」も一つ入れておく。
白菜は中が黄色いタイプのもの。
じつはなかなかそろわなかったので、ジュンテンドー、農協、ナフコといろいろ回って数をそろえたのだ。

今場所は休場が多くて、あまり見る気がしなかった大相撲だが、今日は十両と幕内の優勝決定戦が面白かった。
今日だけで今まで物足りなかった分を補えたくらいだ。
十両は私が贔屓にしている阿炎が優勝した。
名前の通り、阿修羅像に似ている阿炎。
しゃべると今時の普通の若者みたいだった。
幕内は豪栄道と日馬富士のどちらにも勝たせたかったが、日馬富士の優勝。
本当は十両は安美錦、幕内は嘉風が優勝してくれたら、言うことはなかったんだけれど、安美錦は幕内復帰が確実になったし、嘉風は技能賞を獲ったのでよかった。

車のガラスに映っている快。
a0054240_21231057.jpg

ちょっと幻想的?
by hideko0611 | 2017-09-24 21:25 | 趣味の園芸 | Comments(0)

白と黄色と

a0054240_2023642.jpg
「ツルボ」

雨が降らないうちに…と、6時前に散歩に出る。
今にも降りそうな空だったが、大丈夫だった。
雨が降らないうちに…と、9時過ぎに買い物に出る。
雨具をしっかり着こんで行ったが、大丈夫だった。
結局降ったのは昼過ぎに少しだけ。
でも太陽は顔を出さず、4日続きのどんよりした天気だった。
というわけで、朝食前に、刈った草を始末したり(一輪車4杯分!)、旧道の草を抜いたりしただけで、あとは読書三昧。
土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」が面白い(山本耕史君の多才さが秀逸)ので、中古本で買った岩波ブックレットの「しっかり母さんとぐうたら息子」(沢村貞子さんと植木さんの対談)を読んだ後、「名もなき毒」を最後まで読んでしまう。
「誰か」と「名もなき毒」は再読になるが、前に読んだときよりもいろいろ感じるところが多い作品だった。
9月は宮部みゆき読書月間になってしまった。

夕方も曇り空の下を散歩。
肌寒いと思って長袖で少し厚手のトレーナーを着て行ったら、途中から暑くなってまた大汗をかいてしまった。
25℃前後というのは微妙な気温だ。
(湿度は高め)
快は元気に歩く。
a0054240_20332497.jpg


白の彼岸花には微妙な色の違いがあり、真っ白なもの、黄色がかったもの、赤みがかったものなどがある。
a0054240_20344786.jpg

品種の違いだろうか?
交配したものだろうか?
いずれにしても、自然ではあまり見かけないが、うちの家では白の方が繁殖している。
a0054240_20364543.jpg

by hideko0611 | 2017-09-22 20:38 | 趣味の園芸 | Comments(0)

白と緑と薄緑

a0054240_19484695.jpg
「デュランタ<アルバ>」

一日中完全な曇り。(夜、ほんの少し降った。)
a0054240_2044385.jpg

だんだん雨に向かっていく曇りではなく、いつまでも同じ状態の曇り空。
昨日もそんな感じだった。
こういう天気の日は非活動的になってしまう。
午前中は買い物に行き、午後は書店で帯の文句(売り切れ続出・スーパーおばあちゃん小説)に惹かれて買った文庫本「ひかりの魔女」(山本甲士著)を一気読み。
お酒の一気飲みは体に良くないが、本の一気読みは心にも体にも悪くはない。
ただ、読み終わった後、そのままぐうたらしそうだったので、少し庭仕事をする。
鉢の並べ直しと草抜きで1時間半ほど。
少し蒸し暑く、蚊も飛んでいるので、あまり生産的なことをする気になれなかった。
そろそろ種蒔きをしないといけないし、掘り返したままの水仙の球根も植え直さないといけないんだけど…。

去年よたろうさんが白ゴーヤの苗を買って植えた。
今年は買っていないのに、こぼれ種から生えたものが実をつけている。
ただ、緑のものと交配したのか、薄緑になってしまった。(右側)
a0054240_2002459.jpg

ぶつぶつの大きさが大きいのが白ゴーヤの特徴。
完全な白だと、料理をしたときにあまりおいしそうに見えない。
ゴーヤチャンプルーだと、豆腐の白と一緒で二色になってしまう。
今年の薄緑はちょうどいいかもしれない。
白ゴーヤ系は苦味が少し弱いような気がする。
今日はゴーヤチャンプルー。
a0054240_203316.jpg


曼殊沙華がただ今花盛り。
a0054240_2071059.jpg

by hideko0611 | 2017-09-20 20:08 | 趣味の園芸 | Comments(0)

畑も衣替え

a0054240_20392879.jpg
「ヒメヒマワリ」
この名前で呼んでいる花が何種類もある。
たぶん正式名はあると思うけれど…。

夜が明けてもなんだか暗い。
そんなに早く雨が降るとは思わなかったが、いつもの時刻に散歩に行くと、帰り道でちょっと不穏な気配。
快を引き立てて帰って来たら、案の定、家に帰り着いた後降り始めた。
と言っても、それほどひどく降らなかった。
その後も時折、霧雨のようにしとしと降る。
秋雨前線がやってきて、いよいよ本格的な秋の到来。

去年は柿がほとんどならなかったが、今年は今のところ順調に実をつけている。
大きな風台風が来なければ、たくさん食べられそうだ。
これはうちの次郎柿。
a0054240_20455942.jpg


今夜はよたろうさんに夕食をすべてお任せした。
a0054240_2053434.jpg

しし唐&万願寺のじゃこ炒め、モロッコ豆、厚揚げ、じゃこ天の煮物にもしし唐が入っている。
あとは季節のさんま。
しし唐、万願寺、モロッコはうちの畑で採れたもの。
畑は今日ミニトマトを引き上げて、夏のものがだいぶ終わってきた。
ゴーヤとオクラはもう少しだけ採れそうだ。
今日、大根、蕪、聖護院大根の種を買って来たし、ジャガイモの種イモは8月のうちに買ってある。
今度は冬野菜の準備だ。
白菜、キャベツの苗もそろそろ準備しなくては。

a0054240_2056176.jpg
「ゆうがたあめがひどくふってきたから、おさんぽにいけなかったのっ。」
by hideko0611 | 2017-09-06 20:56 | 趣味の園芸 | Comments(0)

菊を立てる

a0054240_19562561.jpg
「鶏頭」

久しぶりに、日中ほとんど冷房なしで過ごせた一日。
日差しは相変わらず強いが、湿度が50%程度と低かったことが原因だろう。
だから久しぶりに午前中、水やりの後で庭仕事をした(合計2時間)。
菊がずいぶん倒れかかっているので支柱を立て、枯れた下葉を落としていった。
増土もしてやった方がいいようだ。

あれほどにぎやかだったセミの声がぱたりとやんで、虫の音があっちでもこっちでも聞こえるようになってきた。
特に夜になると、家の周囲で大合唱が始まる。

毎日夏野菜ばかり食べていたが、春にどっさりいただいたタケノコを茹でて冷凍していたのを思い出し、今夜は厚揚げ、鶏肉と一緒に煮物にしてみた。
あとはゴーヤの佃煮、ザーサイときゅうりの和え物とやっぱり夏野菜を使う。
冷凍していたカマスも焼いた。
ゴーヤチャンプルーに入れたスパムが残っていたので、卵を焼いて一緒に「おにぎらず」にする。
a0054240_2052688.jpg


a0054240_2093314.jpg
今朝はいつまでも私にくっついていたい快だった。
by hideko0611 | 2017-08-30 20:10 | 趣味の園芸 | Comments(0)

一仕事終えて

a0054240_6101597.jpg
「ドクダミ(八重)」

6月20日(夕食後爆睡)
斜面の草の処理をほぼやり終える。
かき集めれば、今まで処理したのと同じぐらいあるのだが、きりがないし(もう次の青い草が顔を出している!)、私の足とがんぜきの歯(というのだろうか?)が、どちらも悲鳴を上げているので、この辺りで一区切り。
斜面での作業は本当に足にこたる。
特に踏ん張る方の右足。
股関節というか、太ももというか、その辺りに、今まで感じたことのない痛さが宿っている。
それでも雨が降る前に、予定していた仕事が終わってよかった……。

午後は天気が気になるので3時過ぎから早めの散歩に行き、帰ってから2時間ほどベッドでのんびり読書をする。
「ツバキ文具店」(小川糸著)を読み終えた。
テレビドラマもよかった(皆さん適役だった)が、本も面白かった。
テレビドラマと言えば、13日に野際陽子さんがお亡くなりになったのが寂しい。
理知的で美人で素敵な方だった。
「やすらぎの郷」に今日の放映分も出演されているので、複雑な気持ちになる。
中学時代、思いっきり「キイハンター」にはまっていた。
共演した千葉真一さんと結婚されたときは、とっても嬉しかったことを覚えている。
ご冥福をお祈りいたします。
by hideko0611 | 2017-06-21 06:23 | 趣味の園芸 | Comments(0)

そして今日も

a0054240_21592892.jpg
「花菖蒲(薄紫)」

午前中はパッチワーク。
この前リクエストしたランチョンマットの型紙をいただいたので、それも作ってみたいし、東京ドームのパートナーシップキルトの「生命の木」も期日が迫っているし、この前取りかかったばかりリネンとバティックのバッグも進めたいし・・・と、千手観音になりたい気分だ。
そしてどれも我慢して、午後はジャングル開拓団の任務を果たす。
一昨日、昨日に比べると気温が高いので、午後の一番暑い盛りの作業はキツイ。
それでもやればやっただけきれいになるので、やりがいはある。
梅雨入りしてから雨が一日しか降っていないが、そのうちまた降り出すと思うので、今のうちにやれることはやっておこう。
今日は酔芙蓉に巻きついていたクズをはずし、よたろうさんが刈った草を一輪車で4回分運んで片づける。
無理をせず、少しずつ、でも続けて・・・がこういう大仕事をやるときのコツだと思う。

夕方の散歩で、久しぶりにお公家さん眉の麿(まろ)に出会う。
a0054240_22112632.jpg

by hideko0611 | 2017-06-15 22:13 | 趣味の園芸 | Comments(0)

続続 ジャングルを拓く

a0054240_2062432.jpg
「花菖蒲(白に青のふちどり)」

駅の近くで伝書鳩を飼っている人がおられるようで、時折まとまって飛んでいるのは見かけたが、最近よく家の近くにもやって来る。
今日はこんなにどっさりいた。
a0054240_20144041.jpg

草刈りをして落ちた草の実でも食べに来るのかな?

ジャングルを拓く作業三日目。
ジャングルと言うと大げさに聞こえるかもしれないが、斜面の植えてある木の間を縫って歩いていると、本当にそういう感じがする。
a0054240_20163224.jpg

クズが巻きついている辺りは特に。
上ったり下ったりしながら、目についたクズをどんどん切っていく。
だいぶきれいになった。
a0054240_20183964.jpg

バナナの葉の枯れたのも片付けたいんだけど、高いところにあるので、なかなか取れない。
一番大変なのは、刈ったり切ったりした草を上まで持って上がること。
がんぜきでかき集めようとしたら、すぐに壊れてしまった。
手で抱えて持って上がるのが一番いいみたい。
午前中2時間、午後1時間やって、汗びっしょりになった。

作業の後、ベッドに寝転んで、読書会の課題図書「錦」(宮尾登美子著)を読み終える。
昼寝をしないでも、体を横にしているだけでずいぶん体力は回復する。
すっかり元気になって、夕食の準備と掃除を終えて、夕方の散歩へ。

a0054240_2025454.jpg
「おか~さんがおしごとしてるのをみはってるボク。」
by hideko0611 | 2017-06-14 20:25 | 趣味の園芸 | Comments(0)