カテゴリ:四季の移ろい( 264 )

日暮れ時

a0054240_21172033.jpg
「サルビア」

午前中、少しだけ庭仕事。
球根の残りを花壇に植えてしまった後、温室の中にまだ入れていなかった鉢を少し仕舞いこむ。
木立ベゴニア、デュランタ2種、月下美人など。
鉢の数もだいぶ減らしたけれど、ワゴンや衣装ケースなど家の中から温室に入れたものも多いので、耐寒性のないものを全部入れようとすると、いろいろ整理しないといけない。

1時にKさん、Fさんと駅で待ち合わせて、手話サークルの20周年記念式典に必要なものを買いに行く。
サンリブに行く予定だったが、品物はデオデオで買えてしまったので、サンリブにはお茶をしに行った。
帰ってすぐ散歩に行く。
日がずいぶん短くなって、3時を過ぎると早や夕方の気配。
影がこんなに長くなった。
a0054240_21251475.jpg

散歩の後で買い物に行ったので、帰りは6時を過ぎてしまい、もちろん日はすっかり沈んでしまっていた。
ふと見上げた空には細い三日月。
a0054240_21294642.jpg

空の低いところには残照が残っている。
家からはあまり見られない景色だ。
by hideko0611 | 2015-10-16 21:30 | 四季の移ろい | Comments(0)

冬の足音

a0054240_21545938.jpg
「うちの椿<小公子>」
前の飼い犬の海が死んだときに、思い出に…と買ったのが、この椿とソメイヨシノ。
この4年間全く咲かなかったのに、今年は蕾をいくつかつけて、こんなに早く咲いた。
ソメイヨシノもこの春初めて花をつけ、だいぶ木も大きくなった。

今朝はラジオ体操の前に短時間雨が降っていたようで、地面が濡れていた。
昨日の二の舞にならないように、雨雲レーダーで確認してから散歩に行ったが、今日は大丈夫だった。
でも昼前に買い物に行ったときに、また空が暗くなってきたので急いで帰ったが、少し濡れてしまった。
それでも家に帰り着いた後、どっと降ってきたから、まだ運がよかったのかもしれない。
昨日と今日の雨は、まさに時雨。
さ~っと降って、さっとやむ。
すっかり晩秋から初冬の気配だ。
空も午前中はずっとこんな感じに、黒雲がたれこめていた。
a0054240_22211167.jpg

よたろうさんの部屋に炬燵を出して、窓ガラスの手前に障子をはめ込んで冬支度。

何を間違えたか、よそのお宅の沈丁花が咲いていた。
a0054240_22103240.jpg

暑くなったり寒くなったり、異常気象に驚いたのだろう。
ツツジや桜では時々見かけるが、沈丁花は初めてだ。
不思議なことにそれほど香りがしない。
辺り一面に満ちている金木犀の香りに遠慮しているのかもしれないね。
a0054240_22153113.jpg


a0054240_22191559.jpg
「これはボクんちのだよ。」
by hideko0611 | 2015-10-12 22:23 | 四季の移ろい | Comments(0)

ちょっとだけ寒い朝

a0054240_21431271.jpg
「ミゾソバ」
一面に咲いていると、なかなかきれいだ。

今朝は気温が低くて、吐く息が白かった。
いつの間にそんな季節になったのかと驚いてしまう。
散歩から帰って来た私と快を2階の窓からよたろうさんが撮っていた。
a0054240_21465357.jpg

今日は謡の稽古日なので、朝の畑仕事はしないで練習していたのだ。

出かける予定がないので、ゆったりとした気持ちで一日過ごす。
洗濯ものをどっさりして、布団を干してカバーを冬物に替え、よたろうさんに手伝ってもらって扇風機をしまい、ストーブを出す。
庭仕事はクジャクサボテンの草を抜いて温室に入れ、芍薬を切り戻し、青花ホオズキを抜いてしまう。
花壇が広々としたので、水仙の芽が出ていることに初めて気がついた。
山茶花も2種類咲いていたし、季節は確実に進んでいる。
二日続けて由布岳が見えた。
珍しいことだ。
a0054240_21573912.jpg

by hideko0611 | 2015-10-06 21:58 | 四季の移ろい | Comments(0)

芋名月

a0054240_195101.jpg
「ゴールデンピラミッド(ヤナギバヒマワリ)」

午前中は庭仕事。
木曜日から天気が崩れるようなので、今日から三日間、九月の間は少し庭仕事を片付けることにする。
今日したことは。
〇ミヤギノハギの切り戻し
〇ナデシコの挿し芽
〇花壇の一角の煉瓦がなかったところに煉瓦を並べる
〇ゴテチャの種蒔き
2時間かけてあまりたくさんのことは出来なかった。
午後もやれば出来たが、無理はせずに洗濯、買い物、掃除などをする。

イノシシの活動が活発になってきた。
旧道は掘り返した跡がかなり前から目立っていたが、
a0054240_19584697.jpg
一昨日の朝、すぐそばの木がガサガサ大きく揺れたので怖くなり、それから朝は広い道を通ることにしている。

中秋の名月は別名芋名月。
昨日はちゃんこ鍋をしたので、一日遅れで里芋の田楽にする。
うちの里芋はねっとり柔らかくて人に差し上げても評判がいいのだ。
a0054240_2071283.jpg
今夜はスーパームーン。
少し雲がかかっているが、さすがに大きい気がする。
a0054240_20134712.jpg

by hideko0611 | 2015-09-28 20:15 | 四季の移ろい | Comments(0)

月の光

a0054240_22163741.jpg
「風船唐綿」

文化会館で今日まで開催されているパッチワーク展に行って来た。
藍染などの和布が多く使われているグループだったが、ハワイアンキルトもあり、ランドスケープキルトとでも言うべき、お地蔵さんのいる田舎の風景あり、ポジャギあり…で、いろいろ刺激を受けて帰って来る。

大相撲は千秋楽。
照ノ富士が執念で鶴竜に勝ち、優勝決定戦へ。
それは鶴竜が制したが、よく頑張った。
でも来場所以降に響かなければいいのだけれど。
その昔、貴乃花が膝の大怪我を抱えながら武蔵丸を倒して優勝した時のことを思い出してしまった。
(小泉さんが『痛みに耐えてよく頑張った!』と絶叫した時)
安美錦もなんとか勝ち越し、嘉風は殊勲賞・技能賞のダブル受賞。
北の富士さんは敢闘賞も上げればいいと最後まで言っておられたが、私もそう思う。
栃ノ心と勢も今日勝って敢闘賞だったし、ずっと調子の悪かった松鳳山が十両優勝したし、だいたいにおいて満足。
朝ドラの「まれ」も終わり、また一つ季節が動いて行く。

中秋の名月。
今年は天気に恵まれて、はっきりくっきり見えた。
これは月の出直後の東の空の月。
a0054240_21501475.jpg

部屋の中だけど、ススキとコスモスを少しばかり花瓶に挿してみる。
a0054240_21532351.jpg

私とよたろうさんが月を見ていると、快も鼻づらを突き出して一緒に見ていた。
a0054240_2156656.jpg

by hideko0611 | 2015-09-27 22:14 | 四季の移ろい | Comments(0)

夏に逆戻り

a0054240_19352394.jpg
「ススキ」

昨日以上に暑い一日。
ずっと半袖で過ごし、バイクで走るときも上着なしでOKだった。
夜は冷房を入れたくなったぐらい(入れたよ)。

午前中の庭仕事は、裏の片付けをした。
散歩の途中のお家でいただいた美男蔓の小さな芽を四つ、発泡スチロールの箱に植える。
ナデシコの挿し芽もした。
ついでにその辺りの崖の草を抜いておいた。
鉢やプランター(の中身)をまた少し処分した。
少しずつ少しずつ減らしているが、まだまだたくさんある。
クリスマリスローズの鉢を表に出してやる。
去年は花のつかなかった鉢があるが、今年はどうだろう?

ついついいろいろやってしまい、洗濯もしたので、手話サークルの役員会はぎりぎり間に合う時刻に着いた。

大相撲、照ノ富士は膝の靭帯を傷めながら強行出場したが、やはり本来の相撲はとれず三敗目。
安美錦も勝ち越しを目前に足踏み状態だ。
明日の千秋楽、いろいろ気がもめる。
明日は早く散歩に行こう。

a0054240_19461137.jpg

「きょうはかいだんにすわってみたよ。」
by hideko0611 | 2015-09-26 19:49 | 四季の移ろい | Comments(0)

冬支度も始まる

a0054240_2003020.jpg
「秋明菊」

昨日の雨はすっかり上がって、朝からまばゆいばかりの秋の日差し。
a0054240_19385198.jpg


a0054240_19404288.jpg

日差しをもろに受けた快の顔、なんだか陰影が濃い。
a0054240_19425762.jpg


今日の朝食。
a0054240_19451950.jpg

サニーレタスだけがうちの野菜。
夕食はポトフ。
a0054240_19471057.jpg

じゃがいも、タマネギがうちの野菜。
夏野菜はナス以外、ほとんど終わってしまった。
そろそろサツマイモが収穫できそうだ。
よたろうさんはキャベツと白菜を植え終わって、カブ、大根、人参、ほうれん草など、冬野菜の種を蒔いている。

パッチワークの後、図書館で桃太郎など猿の登場する絵本を何冊か借りて帰る。
来年の年賀状の題材にするのだ。
猿ってなまじ人間ぽいだけに、かわいくてしかも猿らしくするのはなかなか難しい。
その後、米沢園芸までひとっ走りして、出荷されたばかりのカンパニュラやジャーマンアイリスを買って来る。
いろいろと冬支度もスタートさせなくては。

大相撲、今日はなんだか立ち合いの不成立が多かったような気がする。
立ち合いのときに両手をきちんと土俵につかない人が多いのは、前から気になっていたが、行事さんに指導でもあったのだろうか?
安美錦は負けてしまったが、相手がこれまたひいきの豊ノ島なので、しかたがないことにする。
by hideko0611 | 2015-09-17 19:57 | 四季の移ろい | Comments(0)

夏から冬へ

a0054240_19314234.jpg
「野菊」
今、気がついたんだけど、花にくっついている白いものって何?

朝から雨が降りそうだったので、快の散歩は短時間上へ行ってさっと帰って来る。
トイレもすませてくれたのでよかった。
結局夕方は雨が強くて散歩に行けなかったから。

午前中、雨がひどく降らないうちに、自治会の用事で支所へ行ったり、買い物をすませたりしてしまう。
そして午後はよたろうさんの服の夏物と冬物を入れ替える。
アイロンがけや洗濯もして、だいたい完了した。
でもまた寒暖の差が大きいので、完全な入れ替えはもうちょっと先になる。
夏物の整理と言えば、食品もそう。
冷凍庫のアイスクリームは数日前に食べ尽くした。
素麺はにゅう麺に出来るので置いておくとして…、麦茶のパックがあと五つあるので、それも片付けなくては…。
冬でも麦茶を飲むという人がいるが、うちは冬はほうじ茶なのだ。

冷凍庫の整理をしたときに見つけておいた、ふきとじゃこの佃煮や、すじの煮物などが、いいおつまみになり、今年二回目の塩さんまとで桟敷席夕食。
a0054240_19481379.jpg


a0054240_20239100.jpg

今日も土俵際でもつれる面白い取り組みがたくさんあった。
安美錦3勝目。

a0054240_20115139.jpg
「あめはいつやむのかな~。」
by hideko0611 | 2015-09-16 20:13 | 四季の移ろい | Comments(0)

秋が少しずつ

a0054240_206209.jpg

「ヤナギバルイラソウ(矮性)」

朝からからりと晴れて、今日も光の加減で景色が美しい。
a0054240_20171578.jpg

ラジオ体操で外に出るときに、半袖では寒かったので、あわてて長そでのカットソーに着替えた。
もうすぐ南に旅立つツバメたちが、そろって電線にとまり、
a0054240_2021225.jpg
名残りを惜しむようにあたりを眺めていた。
a0054240_20223373.jpg


a0054240_20355315.jpg
「ひかりのなかのボクだよ。」

用事があったので、午前中徳山駅までひとっ走り。
バイクで走るのに一番気持ちのいい季節だ。
午後はキャベツと白菜の苗を買いに、今度はジュンテンドーと農協までひとっ走り。
よたろうさんは今朝ジャガイモを植えたので、明日これを植えてもらう。
今年は種ジャガイモがとても少ないそうで、あちこちでもう売り切れていた。
ようやく南陽園芸で2kgだけ買うことが出来てよかった。
異常気象がいろいろなところで影響しているんだろうなぁ。
栃木、茨城の方は、大雨の大変な被害が出ている。
雨雲がずっとかかり続けているというのは、昨日のこの辺りでも(程度は全く違うが)同じだったが、普通はそんなにないことではないだろうか?
鬼怒川の堤防の決壊映像は衝撃的だった。
人的被害が少ないことを願うばかりだ。

今夜は野菜がメインの天麩羅。
カボチャ、タマネギ、大葉、レンコン、海老、みょうが。
a0054240_2034945.jpg

by hideko0611 | 2015-09-10 20:39 | 四季の移ろい | Comments(0)

片蔭求めて

a0054240_21233350.jpg
「ナツズイセン」

つい1週間前までの、雨や曇りが続いた日々などなかったように、連日かんかん照りの猛暑が続いている。
そんな中を散歩する私と快は、お互いに一生懸命日陰を探して歩いている。
昨日の源氏物語の講義の中で夏の季語としての「片蔭」という言葉を教わった。
両側に木の生い茂っている旧道は、ほぼ1日中日陰。
建物が少ないバイパス沿いは、ほぼ1日中日なた。
そして山を切り開いたメイン道路は、時間によって日陰の出来る場所が異なっている。
日なたで足を停めると、じりじり焼けつくような暑さだ。
ここからしばらく日陰がないというところに出るには、覚悟がいるぐらい。
もうすぐ家…というところの、最後の難所。
快も足を踏み出すのをためらっている。
a0054240_21354470.jpg


午前中は部落の墓掃除。
草が茂っていて大変だろうと思っていたが、すでにどなたかがほとんど草刈機で刈って下さっていたので、それほど時間はかからずにすんだ。
9時半頃に終わって、以前から約束していたので、手話サークルのKさん宅へ遊びに行く。
昼食を買って来てねと頼まれていたので、焼きそば、サンドイッチ、巻寿司などを少しずつ買って持って行き、二人でおいしく食べながら2時間ほどおしゃべり。
帰ってから洗濯をしたり、洗ったものをタンスに片付けたり、アイロンがけをしたりしていると、それだけで大汗をかいてしまった。
そしてまた夕方は片蔭を求めながらの散歩。
帰りは山道を通ったので、涼しく手気持ちよく座り込む快。
a0054240_2145325.jpg


a0054240_21492924.jpg

by hideko0611 | 2015-08-02 21:45 | 四季の移ろい | Comments(0)

山口でのびのび自由に生きる柴犬「海」&「快」と、のびのび気楽に暮らす私の日記


by hideko0611
プロフィールを見る
画像一覧