カテゴリ:四季の移ろい( 274 )

まだ暖かい小寒

a0054240_20411446.jpg
「黄水仙」

そろそろ寒くなりそうかな~と、久しぶりにユニクロの極暖下着を着たのに、夕方の散歩から帰ったら汗びっしょりになっていた。
つまり今日もかなり暖かかったということになる。
それでも今日は「小寒」。
朝も一年中で一番遅いとき(正確には明日から四日間が一番遅い。山口では日の出時刻が7時21分)。
曇っているとよけいに暗く、散歩に出るのが遅くなってしまう。

布巾やたわし、ごみ袋類の入った引き出し四つを整理し、1時間草抜きをして、あとはせっせとちくちくする。
もうキルティングのゴールが見えてきたので、ラストスパート。
デザインがクリスマスローズなので、今からの時期に持ちたいから、頑張って仕立てるところまでさっさとやってしまおう。

よたろうさんは今年初お稽古(書道)。
私は明日のパッチワークからお稽古が始まる。

左足首の捻挫は、ひどくならずにすみそうだ。
正月早々転んでしまったわけだが、「あさが来た」の中で、
「お正月から転ぶのは、福が転がり込んでくるからおめでたい。」
と、あさちゃんが言われていたので、私もそう考えることにする。
でもこれ以上転ばないように気をつけよう。

久しぶりにけんちょう(もどき)を作ってみた。
a0054240_218929.jpg

山口の郷土料理のけんちょうが、どうしてもうまくつくれない。
本当は大根と人参と豆腐を炒め(炒り)つけて作るのだけれど、それだと大根が硬いままになってしまうので、私は野菜をゆでちゃうが、それは邪道だろう。

鳥は高いところにとまりたがるのか、ハクモクレンの一本だけ高い枝に、よく来てとまっている。
これはジョウビタキだろう(12月31日撮)。
a0054240_20583113.jpg

今日はヒヨドリが来ていたが、すぐに飛んで行ってしまった。
メジロもよくやって来る。
冬枯れの野や庭の中で、鳥たちが彩とにぎわいを添えてくれている。
a0054240_214335.jpg
「ボクもそえてるよっ。」

by hideko0611 | 2016-01-06 21:10 | 四季の移ろい | Comments(0)

ぽかぽか冬至

a0054240_2019757.jpg
「夏ヅタ」

暖かい冬至。
まさに一陽来復だ。
もしかしたらこのように暖かくて穏やかな晴天は、今年最後かも…。
今のうちに、新年をすがすがしい頭で迎えようと美容室へ行って来た。
皆さん考えることが同じようで、珍しく混んでいて、午前中いっぱい(3時間ぐらい)かかった。
美容室の私の座った椅子は一番窓に近いところで、外の景色が見える。
鏡の中にも外の景色が映っていて、道路がちょうど窓の外の景色と連続のように見えるのだけれど、じつはそれは後ろの窓の景色。
だから窓の外を走って来た車が、鏡の中では突然消えたような感じになる(分かるかな?)。
分かってはいても、なんだか不思議な世界に迷い込んだような気分になる。
ついでにカットしてもらう美容師さんの手元を見ていたら、当たり前なんだけれど左右が逆なので左手で鋏を持っているように見える。
そのことを言ったら、
「そうなんです。
左利きですかって言われることがあります。」
とのこと。
改めて見ると、鏡って本当に不思議だ。

午後年賀状の残りの添え書きをしてしまう。

夕方の空はまた天気が崩れる前のうろこ雲。
a0054240_20294756.jpg

イチョウの木もだいたい葉っぱが散ってしまい、一番色づきが遅かった数本だけが最後の輝きを放っている。
a0054240_20332441.jpg


今夜は柚子湯。
そしてカボチャももちろん食べる。
油が残っているのでトンカツも揚げたから、なかなかずっしりとした献立。
a0054240_20372937.jpg

これでこの冬は風邪はひかないだろう。

a0054240_20434697.jpg
殊勝な顔をしている快。
何があったというわけではないけれど。

by hideko0611 | 2015-12-22 20:44 | 四季の移ろい | Comments(0)

初みぞれ

a0054240_22325756.jpg
「水仙」

夜中に窓からのぞいてみたが、屋根は白くなっていなかったので一安心。
それでも今朝は寒かった。
ヒートテックの極暖を着込んで散歩に行く。
道も凍っていなかったので、またまた一安心。

日差しがあるので、パッチワーク教室のときも室内はぽかぽかあったかだったが、時折急に白いものが舞う。
みぞれだと思うけれど、一応初雪とカウントしよう。
午後もそんな感じで、海がきらきらまぶしいほどよく晴れていたのに、
a0054240_22545460.jpg
次の瞬間にはさっと暗くなり、雪かみぞれか分からないものが降って来る。
ひどくなるといけないので、早目に(3時頃)散歩に行った。
風が冷たいが、その後も雪にはならなかった。
今夜が今回の寒波の底らしい。
防府まで雪だるまがやって来ている。
a0054240_22475919.jpg

冬将軍がやって来るのを待ち構えている快。
a0054240_22433290.jpg

「ん?よんだ?」
a0054240_2244553.jpg


午後から夜にかけて、マイナンバー個人カード申請のための写真を加工したり、よたろうさんの年賀状を印刷したり、読書会の感想メモを書いたり、その他諸々の事務仕事をする。
プリンターの調子はやっぱり悪く、前回会得した手差しのタイミングでなんとかやれたが、ほかのことをやりながら印刷出来ないというのは困りものだ。
寝るのが遅くなってしまった。
今夜も湯たんぽで足元ぬくぬくで寝ようっと…幸せ。

by hideko0611 | 2015-12-17 22:49 | 四季の移ろい | Comments(0)

まだまだあったか冬日和

a0054240_19424979.jpg
「ヤブツバキ」

昨日の夜は、ステップアップ講座から帰ってから、よたろうさんと焼酎のお湯割りをお供に、グランプリファイナル男子ショートを見ていたので、寝るのが遅くなってしまった(午前1時前)。
ファイナルはさすがに見ごたえがある。
結果こそ最下位だったもののパトリック・チャン選手ののびるスケーティングも魅力的。
金選手のジャンプも小気味がいい。
6人中3人も出場している日本人選手の応援をしながら、ハピエル・フェルナンデス選手にも頑張ってほしい。
フリーも楽しみだ。
今日は女子のショートだけれど、そういうわけで眠いので、録画してあるから明日観ることにする。
勝敗がそれほど問題ではないので。

午前中、掃除・洗濯をしたり、夕食用に手羽先と大根を煮込んだりしてのんびり過ごす。
年賀状の続きまでは、手が回らなかった。
まだ今日も暖かい。
NHKの気象予報士(山口)の山口さんによると。12月12日、つまり今日からは暖かくても小春日和という言葉は使わず、「冬うらら」「冬ぬくし」「冬日和」と言うらしい。
今度寒くなるのは木曜日あたりから。
十年日記によると、去年の12月は寒くて今頃はもう時々雪も降っていた。
今年の初雪はいつかしら?

大根の下ゆでの段階でほかのことをしていて思いっきり焦がしたにも関わらず、煮物は美味しく出来た。
a0054240_1956263.jpg

煮物は文句なしに美味しいけれど、ちょっとほかの大根料理も考えなくては。

a0054240_19574525.jpg
「きょうのボクはかわいい?」

by hideko0611 | 2015-12-12 19:59 | 四季の移ろい | Comments(0)

プチ紅葉狩り

a0054240_2192060.jpg
「イロハカエデ」

夜が明けるのが一日一日遅くなり、今朝は散歩に出た時にはまだ太陽が顔を出していなかった。
(それでも十分明るい。)
山から出てくるから、よけいに遅いのだろう。
旧道の終わりのところ、歩道橋の上で日の出を見る。
a0054240_21133880.jpg

一旦頭を出すと、あっという間にどんどん出てくる太陽。
a0054240_21151845.jpg

今朝の日の出時刻は7時7分。

晴れているので、紅葉を見にちょっとだけ出かける。
緑地公園(万葉の森)のメタセコイヤがきれいだとよたろうさんに教えてもらったので、午前中洗濯を終えてからバイクを走らせた。
異国情緒のある独特のシルエットがきれいだ。
a0054240_2120248.jpg


a0054240_21215897.jpg


a0054240_21233638.jpg

時間がなかったので、入口の辺りを少し歩いただけで引き返す。
美術博物館のイロハカエデも見て帰る。
a0054240_21264631.jpg


a0054240_2129295.jpg

「こあ」の前の桜並木はすっかり葉が落ちてしまっていた。
a0054240_21324040.jpg


いい天気だから…と布団を干して行ったのに、帰る途中で雲がかかって時雨がさっと走る。
よたろうさんが家にいたので電話をして取り入れてもらった。
結局家の辺りは降らなかったみたいだ。
夕方の散歩の時も、今にも降りそうなぐらい灰色の雲が頭上に垂れこめてきた。
a0054240_21402334.jpg

でも降ることはなかった。
そんな天気なのに、なぜか由布岳がうっすら見えているのは不思議な感じ。
a0054240_21421110.jpg


今夜の夕食はよたろうさんの作。
a0054240_215014.jpg

ぶり大根と大根葉の炒め物の大根尽くし。
いつもはぶりのアラを使うけれど、今日は天然の切り身が安かったのでそれを使った。

a0054240_2146316.jpg
「おか~さんとならんでもみじをみてからおうちにはいるのっ。」

by hideko0611 | 2015-12-08 21:50 | 四季の移ろい | Comments(0)

おでんと菜飯

a0054240_19475361.jpg
「よその菊(黄色)」

こんなに寒くなったのに、夜中に蚊に刺されてかゆくて目が覚めた。
ブーンとうなっていたので、薬を撒いておく。
冬でも部屋の中はあったかいからね。

予報通り、どんどん寒くなってきた。
風も強い。
イチョウの落ち葉が風でびゅんびゅん舞っていた。

パッチワークは忘年会(昼食会)もあったので、週間予報では雨だったのが、日中は降らないでいてくれてよかった。
それでも午後からは、いつ降ってもおかしくないような不穏な空模様。
a0054240_19595733.jpg

今日も早めに2時半から散歩に行く。
帰ってからおでんを煮込んだ。
雨が降って買い物に行けなくても大丈夫なように、昨日のうちに練り物、こんにゃく、厚揚げは買っておいたのだ。
寒くなることも分かっていたし…。
畑から大根を抜いて来て、もうだいぶくたってきている物置のじゃがいもと共にどっさり入れる。
というわけで、大鍋いっぱい出来てしまった。
a0054240_19583913.jpg

昨日のカブもそうだけれど、新鮮な大根は水分が多く、料理の調味料を少し濃いめにしないと、味が薄くなってしまうことが分かった。
葉っぱは、虫が一緒にお鍋に入らないようによく洗ってゆで、細かく刻んでごま油で炒め、かつおぶし、じゃこ、白ごまを混ぜて味付けをして、ご飯に混ぜて菜飯にする。
a0054240_2044027.jpg

大根1本を使い切るおでんと菜飯は、寒い冬の定番料理だ。

雨は夕方から降り始める。
雪になるかと思ったが、今のところその気配はなし。
でも、いよいよ本格的な冬の到来だ。

a0054240_20155828.jpg
「あしがちべたいので、ここにのっかってるのっ。」

by hideko0611 | 2015-12-03 20:17 | 四季の移ろい | Comments(0)

冬の日

a0054240_23172477.jpg
「チェリーセージ<ホットリップス>」

昨日以上に寒くなる。
それでも午前中は日が差していたのでまだよかった。
a0054240_23231834.jpg

よたろうさんの薬をもらいに行ったり、ユニクロにヒートテックの極暖(本日お買い得の日!)を買いに行ったりして走り回ったが、それほど寒くなかった。
午後は今にも雪が降ってきそうな空模様。
a0054240_23253856.jpg

パイピングの仕上げをしながら、肉じゃがを煮込む。
タペストリーが1枚ようやく完成した。
a0054240_23264437.jpg

これは西宮の実家に送る分なので、もう1枚作る予定。

夕方の散歩の途中で時雨れてきた。
冷たい雨なので、もう少し遅かったらだいぶ濡れるところだった。
a0054240_2331793.jpg
灰色の景色を見ている快。

夜はご近所の方がお亡くなりになったので、お通夜に行く。
まだ少し時雨れていたと思うのに、車の窓から見ると満月が煌々と輝いていた。
イルミネーションもあちこちで煌めいている。
寒い日はよけいに輝きが増すような気がする。

by hideko0611 | 2015-11-26 23:34 | 四季の移ろい | Comments(0)

寒気がやってきた

a0054240_2041732.jpg
「カロライナジャスミン」

思っていたより早く、10時頃にはもう雨が降り出した。
雨雲の動きは早く、2時頃にはやんだけれど、今日の庭仕事は出来なかった。
そして予報通り寒くなってきた。
しばらく季節外れの暖かさが続いていたので、よけいに体にこたえる。
ヒートテック、オーバーズボン、タートルのフリースというユニクロのお助け三点セットで、これからの寒い季節を乗り切っていくのだ~。

ホットカーペットを入れた部屋で、ぬくぬくとタペストリー作りを進める。
キルティングが終わって、周囲のパイピングに入った。

冬野菜が、蕪、大根に続いて白菜も食べられるようになった。
外の葉が虫食いだらけだったので、戦々恐々としながら中を切ってみたら、中はとってもきれいでしっかりと葉も巻いていた。
今日は豚バラ肉とミルフィーユ鍋にする。
a0054240_20505068.jpg

周防大島の柚子胡椒ならぬ蜜柑胡椒で食べてみた。
a0054240_20513363.jpg

白菜に豚バラ肉の脂とコクがしみておいしい。
人参もだいぶ太ってきたよ。
a0054240_20595326.jpg


a0054240_20552739.jpg
「ゆうひをあびているのは、きのうのボクだよ。」
久々に流し目王子の快。

by hideko0611 | 2015-11-25 20:56 | 四季の移ろい | Comments(0)

季節はすすむ

a0054240_19313250.jpg
「オキザリス<バリアビリスホワイト>」

二日続きの雨がようやく上がった。
a0054240_19331664.jpg

せめて一日で上がってほしいものだ。
ねっ、快。
a0054240_19351328.jpg


よたろうさんは朝から謡の会で、学び・交流プラザへ。
そしていつものように忘れ物をして私が届けに行く。
午前中は帰ってから、さいたまマラソンを観てのんびり過ごす。
午後はいろいろな選択肢があったんだけれど、気持ちよく晴れているので、やっぱり庭に出る。
花の終わった植物を抜いたり切ったりまとめたり、草を抜いたりして、のんびり過ごす。
またまた暑いぐらいの一日だった。

雨が降ったり、あちこちに行ったりしているうちに、紅葉がどんどん進んで、今年は紅葉狩に行けないまま終わってしまいそうだ。
山の中のハゼの赤も、いつもの年ほど目につかない。
広報を配りに行ったついでに、近くにあるカエデをちょっと眺めてきた。
a0054240_19431884.jpg

ピラカンサスが真っ赤に色づいていた。
a0054240_19452448.jpg

ヤブツバキもいつの間にか咲き始めている。
a0054240_194714.jpg

落葉の方が早かった駅前通りのイチョウ並木も、だいぶ黄葉が進んできた。
a0054240_1949497.jpg


a0054240_1952221.jpg
「あきがどんどんすすんでるねっ。」
快の体に草の実がどっさり。
a0054240_19553537.jpg


ちらし寿司の具を冷凍していたのを思い出したので、今日のマス席の献立はちらし寿司。
柚子の果汁を少し入れてみた。
a0054240_19573978.jpg

ほんのり香りがする。
次は柚子果汁だけで作ってみてもいいかな。

by hideko0611 | 2015-11-15 19:59 | 四季の移ろい | Comments(0)

大根仲人

a0054240_19535524.jpg
「ストレリチア(極楽鳥花)」
3年前、チヨコさんに株分けしてもらったが、その年は咲かず。
2年前に咲いて、なぜか去年は全く咲かず。
そして今年、4本花芽が上がってきて最初の花が咲いた。
まさか隔年咲きではないと思うけれど…。
来年は株分けをして誰かに分けてあげよう。

三日連続☂の予報だったが、結局昨夜が一番よく降ったみたい。
今日の日中も、何度か雨雲が通過して雨になる。
親戚に大根をもらい過ぎて余っているという読書会のMさん宅にいただきに行き、いつも大根の生漬をするというパッチワークのYさん宅に届けに行く。
大根をとりもったというわけ。
ちょっと細めで生漬にはちょうどいいらしい。
うちの畑の大根もちょうどこれぐらいなんだけど、どうも大根漬は苦手。
生漬もぬか漬もうまくいかない。
すぐにかびをはやしてしまうし、味も教えられた通りにやるのに美味しく出来ない。
でも、今年は少しだけ生漬に挑戦してみようかな。
出かけることが続いていたので、今日はのんびり洗濯や冷蔵庫の中の整理をして過ごす。

秋を感じさせるものたち。
①よたろうさんがわらを編んで作ってくれたすぼ柿。
a0054240_2073324.jpg

②山の雑木の中で、ようやく目につくようになったハゼの紅葉。
a0054240_20102036.jpg

③お酒のつまみにおいしい銀杏。
a0054240_20141168.jpg

ちゃんと銀杏割りと銀杏炒りを使って炒り、薄皮はお玉の背でころころしてむくという手間のかかる作業なので、相撲観戦をしながらやるのがちょうどいい。
私がしている間に、よたろうさんがカレイを煮てくれた。
ちなみに、昨日嶽山荘まつりで買った長皿がこちら。
a0054240_20175373.jpg

銀杏のほかの二品は、ふるさとふれあい物産展で買ったウニと牡蠣の甘露煮。
(おつまみ3種盛)
④昨日にもましてイチョウの黄葉が降り積もった駅前の道。
a0054240_20223969.jpg

あんまり気温が高いので、すっかり忘れていたが、昨日は立冬だった。
雨が上がったら、また気温がぐっと下がりそうだ。

by hideko0611 | 2015-11-09 20:24 | 四季の移ろい | Comments(0)